私たちが住んでいる日本には春夏秋冬が存在しており、四季の豊かな国であると言われています。

春夏秋冬が存在しているということは、その時々によって気温が様々に変化するという事になるのですが、そうなるとそれに比例して私たちが身を包んでいる衣服に関しても変化するようになりますよね。

そう考えると、私たち日本人は様々なファッションを楽しむことができる国に住んでいると考えることもできます。

ファッションは自分の個性を表す一つの要因であり、相手に対して良い印象を持ってもらうためのツールでもあります。

それを踏まえて考えてみれば、ファッションを追求するということはとても大切なことであると考えることができます。

しかしながら、義務的にファッションを楽しんでも面白くはないと思いますので、自分なりに個性を主張できるようなファッションに身をまとうようにしてみれば良いファッションをすることが楽しくなると思いますよ。

そんなファッションアイテムの中には寒い冬の時期にしか活用することができないようなファッションアイテムも存在しています。

そこで今回はマフラーをテーマにして、マフラーの巻き方のおすすめを男女別にご紹介していきたいと思います。

マフラーの季節になってきましたね!

寒い冬の季節がやってくるという事は、即ちマフラーの季節がやってくると考えることができます。

寒い冬の季節に関しては肌を露出しているととてつもなく冷たい外気に晒されてしまうため、ファッションに関しても様々な工夫を凝らす必要があるのですが、マフラーはそんな私たちの露出された素肌を守ってくれるファッションアイテムとして知られています。

マフラーを首に巻きつけることにより、首元がしっかりと温まるようになりますので、衣服の間などが覆われるようになり熱が逃げるのを防いでくれますし、冷たい外気にさらされるような事も防いでくれます。

つまり、防寒アイテムとしてもとても優秀なアイテムであり、なおかつマフラーはかなりデザインに凝ったものなども販売されていたりしますので、ファッションアイテムの一つとしても優秀なアイテムなのです。

それを踏まえて考えてみればだんだんとマフラーを巻いて外出したくなってくる気持ちになると思います。

マフラーをファッションにプラスするだけで全く違ったファッションの印象を与えることも出来ますし、単純に暖かさの面でも全く感じは違ってきますので、冬の時期にしか取り入れることがないマフラーは積極的に使用して頂きたいおすすめのファッションアイテムです。

マフラー巻き方をマスターしよう!おすすめ10選(女性編)


マフラーは優れた防寒アイテムでありなおかつファッションアイテムでもあるとお伝えしましたが、結局のところマフラーを取り入れるかどうかというのは個人の考え方次第であると捉えることができます。

というのは、マフラーを身につけるのが好きだと感じている方もいれば、マフラーを身につけるのがあまり好きではないと考えている方もいるということです。

人によって価値観が違うように、マフラーに関しても価値観は違ってくるということです。

例えば、ある人からしてみれば身につけることで暖かいし、おしゃれな柄などもあるのでファッションが映えて絶対に必要不可欠な存在だと思っている方もいるかもしれません。

しかし、別の人からしてみれば暖かいアイテムかもしれないけど、なんとなく自分の体に巻きつけたりするのが邪魔くさくて生理的に受け付けないと感じる方もいるということです。

なので個人によって考え方が違ったりしますし、途中で考え方が変わったりするような人もいるかもしれないのですが、結論としてマフラーを身につけたことが無い方の決定的な弱点として、そもそもマフラーの身につけ方を知らないということです。

マフラーを何度も身につけた経験がある方であればマフラーの巻き付け方くらいは知っていると思いますが、マフラーを身につけたことがない方は知らないのが当たり前なのです。

なので、これから寒い季節がやってくる中で今年はマフラーをしてみようかなと思っている方がいる方向けに、ここからはマフラーの巻き方をいくつかご紹介していきたいと思います。

マフラーの巻き方は想像以上にたくさん存在していますので、これまでマフラーを身につけてきた経験がある方でも知らない巻き方だったりすると思います。

なので、普段マフラーを身につけている方も勉強と思って、もしも知らない巻き方があればこの機会に覚えておくようにしてみましょう。

リボン巻き

まずはじめにご紹介する女性におすすめのマフラーの巻き方としては「リボン巻き」がおすすめです。

リボン巻きとはどのような巻き方なのかと考えた時に、その名前の通りマフラーを可愛いリボンのような結び方で巻く方法のことを意味しています。

リボンといえば女性を象徴するようなアイテムであり、形でもありますので、女性ならではのマフラーの巻き方と言えます。

では、リボン巻きとはどのように巻くのかと考えると、日本巻はまず左右のバランスが大切なので、左右のバランスを大体1:2となるように意識をしてください。

そして、長さを調整したらまずマフラーを首にかけてください。

この時に左右のバランスにおいて長い方を手に取り、その状態で長い方を3つに折るように重ねて形作ってください。

そして、短い方を手に取り、それを持ち上げて、首に巻いてある所の輪の中に通すようにしてください。

さらに、首に巻いてある輪の中に通した後は、ほどけないようにきつく引っ張るようにしてください。

ここまでの工程を行えば、後は最終的に形を整えるようにしていただければリボン巻きの完成となります。

こうする事により、可愛い大き目のリボンが出来上がる為、マフラーを主役にしたファッションコーデなども可能となります。

オフタートル風

次にご紹介する女性におすすめのマフラーの巻き方としては「オフタートル風」がおすすめです。

オフタートル風とはどのような巻き方なのかと考えた時に、オフタートル風の巻き方は女性の中でもどちらかといえば年齢層が上のシックな着こなしをしたい方向けの巻き方として知られています。

なので、大人っぽい雰囲気を出したいと考えているような女性の方にオススメの巻き方といえます。

ではオフタートル風の巻き方はどのような方法なのかと考えると、まずマフラーを通常通り首にかけるようにしてください。

首にかけた状態で先ほどご紹介したリボン巻きと同じように片方は少し長めになるように設定をしてください。

片方が少し長めになるように設定をすれば、次にその長く設定した方を手に取って首に巻きつけるようにしてください。

そして、首に巻きつけるときに一周させるようにすればそれだけ完成です。

この巻きつけ方にすることによって、マフラー自体にボリュームがあってもなくても、そこまで問題なく可愛く仕上げる事などが可能になりますので、マフラーを選ばないでお洒落な巻き方を楽しめますよ。

巻き方もとても簡単で、初心者の方でもすぐに実践することが出来る巻き方なので、大人の女性の方で抜け感を意識しながら、気楽にマフラーを巻きたいと思っている方におすすめです。

クロス巻き

次にご紹介する女性におすすめのマフラーの巻き方としては「クロス巻き」が存在しています。

クロス巻きとはどのような巻き方なのかと考えた時に、その名前の通り交差させるような巻き方であり、特徴としては最終的な見た目は綺麗に仕上がるので、清楚な雰囲気などを出したい場合や、すっきりさせたい場合などにはとってもおすすめの巻き方になります。

しっかりと巻いて、主張しすぎないようなシンプルな巻き方として知られていますので、シンプルな分、どんなマフラーでも似合うような巻き方になっています。

クロス巻きの巻き方としては、まず大切なポイントとしてはマフラーの中央の部分に結び目を作っていただく必要性があります。

なので、オーソドックスな巻き方としては自分の首の前に結び目がくるように、事前に首の周りを一周巻いた状態で結び目を作り、そして結び目を作った後は片方の端をその結び目に通し、逆の端も同様に通すようにして、後は形を整えるだけで完成となります。

結び方自体はそこまで曲がない結び方になりますので、シンプルでとても簡単な方法で綺麗目に仕上げることができるようになります。

あまりマフラーを主張させたくない場合や、マフラーが派手な色合いだった時に存在感を抑えたい時に活用してみてください。

ニューヨーク巻き

次にご紹介する女性におすすめのマフラーの巻き方としては「ニューヨーク巻き」が存在しています。

ニューヨーク巻きとはどのような巻き方なのかと考えた時に、ニューヨーク巻きとはシンプルでありながら結び目などが若干ボリュームを持ったようになりますので、綺麗にボリュームを持たせたい時などにおすすめのマフラーの巻き方です。

ニューヨーク巻きの巻き方はどのような方法で巻くのかと考えると、ニューヨーク巻きはまずマフラーの横幅を自分の好みの太さに調整をしていただいて、そこから首にかけてまず一周巻きつけるようにしてください。

首に一周巻きつけた後に、最終的に前に来た両端を結んでいただき、それを綺麗に整えればそれだけで完成となります。

シンプルでそれなりの存在感を与えながら、巻き方自体はとても簡単となっていますので、たくさんの方が行っている定番の巻き方だといえます。

これから初めてマフラーを身につけようと考えているマフラー初心者の方にはとてもお勧めな方法であり、絶対に覚えておきたい巻き方の一つになりますので、これをきっかけに覚えておきましょう。

ちなみにポイントとしては首に巻きつける前の段階の時にきちんと片方が少し長くなるように設定をしておかなければいけません。

なぜなのかといいますと、片方を首に巻きつけるため、巻きつける分の長さを調整しておかないと、左右のバランスが悪くなってしまったり、合わなくなってしまう可能性があるので、注意をするようにしてください。

ボリューム巻き


次にご紹介する女性におすすめのマフラーの巻き方は「ボリューム巻き」です。

ボリューム巻きとはその名前の通り、しっかりとマフラー自体にボリュームを持たせたい時におすすめな巻き方です。

ボリューム巻きでマフラーを巻くのであれば、おすすめとしてはシンプルなコーディネートをしている時にマフラーの存在感を視聴したい時などがおすすめです。

しかしながら、その逆に注意していただきたいのはマフラーに柄が存在しており、マフラーの柄がかなり主張しすぎている場合であったり、全体的にコーディネートが柄が組み合わさってしまったり、たくさんの色が主張している状態だと、最終的に柄や色が反発しあってあまり良くない見栄えになってしまいますので、その点は注意をするようにしてください。

では、具体的なボリューム巻きの巻き方についてですが、ボリューム巻きをする時にはまずマフラーの横幅を自分の適した長さにして頂き、それを首にかけるようにしてください。

そして、マフラーの両端を手に取り、両端をそれぞれ1週ずつ巻くようにして、最終的に自分の首の前の部分に結び目を一つ作るようにしてください。

そうする事でボリューム巻きは完成します。

ちなみに、この時に結び目を前に作っても良いですし後ろに作っても良いです。

結び目を前後変えるだけで全く印象は変わるようになりますので、二つとも試していただいてどちらの方が自分の印象によく写ったのかということで判断をしてみると良いと思います。

ポット巻き

次にご紹介する女性におすすめのマフラーの巻き方は「ポット巻き」です。

ポット巻きとはどのような巻き方なのかと考えた時に、特徴としては前方方向にやや存在感を持たせることができるようなカジュアルな巻き方です。

では具体的にどのような方法で巻くのかと考えると、町方としてはまずマフラーを自分の好みの太さに折って頂き、首からさげるような状態にしてください。

この時に片方を長くして頂く必要性があり、長い方を手に取って首に一周巻きつけていただき、巻きつけることによってできた首の輪っかの部分を手に取って、それを一度ねじってください。

それを捻ることによって小さい穴ができると思いますので、その穴の中にマフラーの先端を通すようにしてください。

この時に片方だけではなく両方の先端を小さな穴に入れるようにして、最終的に形を整えるようにすれば完成となります。

両方の先端が自分の首の前の輪っかに入り、締められて末広がりのような形になりますので、ややボリュームを持たせた巻き方が出来るようになります。

細いマフラーでも太いマフラーでも可愛く仕上がりますので、カジュアルな巻き方がしたいと思っている方にはおすすめですよ。

ダブルクロス巻き

次にご紹介する女性におすすめのマフラーの巻き方は「ダブルクロス巻き」です。

ダブルクロス巻きについては先ほどご紹介したクロス巻きの派生バージョンと考えていただければわかりやすいかもしれません。

名前の通り、先ほどの声を二回繰り返すような形になりますので、特徴としては自分の首元にある程度ボリュームを持たせたような巻き方をすることができると考えることができます。

では、ダブルクロス巻きはどのように巻くのかと考えると、ダブルクロス巻きはまず自分の好みのサイズにマフラーを折るようにしていただき、長さを半分にした状態で自分の首にかけるようにしてください。

そして、輪っかの中に片方の端を通すようにしていただき、通したらさらにもう片方のマフラーの端を逆の方向に通すようにしてください。

そうすることによって、ダブルでクロスし、ボリュームを持たせたダブルクロス巻きの完成となります。

初心者の方は巻き方が少しわかりづらいと感じるかもしれませんが、ポイントとしてはマフラーを重ねた状態の時に必ずマフラーの下の方に位置している方を輪に通すように意識をしていただくとより綺麗に巻けるようになりますので、巻く際の手順などを確認しながら巻いていただくとより綺麗に負けるようになりますよ。

ドレープ巻き

次にご紹介する女性におすすめのマフラーの巻き方としては「ドレープ巻き」が存在しています。

ドレープ巻きとはどのような巻き方なのかと考えた時に、特徴としては自分の首から胸下にかけてまでをボリュームを持たせた巻き方です。

一般的にストールなどを巻いたりするときに用いられる巻き方でもありますが、この巻き方に関してはスタイリッシュにかっこよく巻きたいと思った時におすすめの方法です。

クールな大人の印象を出したい時にオススメなので、大人の女性が主におすすめな巻き方でもあります。

ドレープ巻きのやり方についてはまずマフラーをある程度の幅に折り、その状態のまま自分の両手にマフラーを持ち、自分の首の後ろで固結びをするようにします。

そして固結びをした後に、結び目をずらしながら少しずつ調整をしていくことによって首に垂れ下がるような形でうまく事が可能になります。

もしも結び目などをあまり見せたくないと思うのであれば、首の後ろで結ぶのではなく、首を経由させたあとに最終的に前面のボリュームを持たせている箇所の下の部分で固結びをするようにすればしっかりと首元を締めながら、清潔感あふれるクールな巻き方が出来るようになります。

抜け感を出したい時と、スタイリッシュに決めたい時とに使い分けたりすると細かい表情の変化などを利用することが出来ますよ。

スヌード巻き

次にご紹介する女性におすすめのマフラーの巻き方としては「スヌード巻き」が存在しています。

スヌード巻きとはどのような巻き方なのかと考えた時に、スヌード巻きは先ほどご紹介したドレープ巻きに似たような巻き方であり、首元に巻き付けるような、かっこよい巻き方です。

スヌード巻きのやり方としては、まずマフラーを首にかけた状態で、先端部分を一度結び、ほどけないようにもう一度結んで固結びをしてください。

そして固結びをした後は一度捻るようにして、前方から見た時に8の字になるような形を意識してください。

そして、正面から見た時に8の字の下の〇の部分をそのまま首に入れ込むようにして被り、後はバランスを整えて、家になるように調整すれば完成となります。

これでしっかりと首元に巻きつけるような形でさらに、抜け感を出す事もできますので、先ほどのドレープ巻きよりも抜け感を意識したラフな巻き方が出来るようになります。

ぐるぐる巻き

次にご紹介する女性におすすめのマフラーの巻き方としては「ぐるぐる巻き」が存在しています。

ぐるぐる巻きはどのような巻き方なのかと考えた時に、ぐるぐる巻きはその名前の通り自分の首の部分にぐるぐると巻いて比較的首の部分のみにボリュームを持たせたような巻き方です。

シンプルな巻き方でありながら、なおかつ首元をしっかりとガードしてくれる巻き方になりますので、防寒対策としてもピカイチな巻き方ですし、さらにシンプルなのでどんなファッションにも合わせやすい巻き方でもあります。

ではぐるぐる巻きはどのような方法で巻くのかと考えた時に、やり方としてはまず適度な長さにマフラーを折り、その状態で片方を長くした状態で自分の首にかけるようにしてください。

そして長い方を一度自分の首に巻きつけて一周して、さらにバランスを見ながらもう一度巻き付けてください。

そしてある程度巻終わったら、マフラーの最後の両端に関しては自分のマフラーの一番下の部分でクロスをさせて留めて、マフラーのボリュームの出ている部分の下に隠すようにしてください。

そうすることによって結び目が見えない綺麗なぐるぐる巻きの完成となります。

マフラー巻き方をマスターしよう!おすすめ5選(男性編)

ここまでは女性におすすめのマフラーの巻き方をご紹介していきました。

女性の元々男性に比べて寒がりな方が多かったりしますので、マフラーの着用率もとても高いことが予想されます。

なので、ある程度たくさんの方がマフラーの知識については理解していると思うのですが、男性の中にはあまりマフラーが好きではないという方が着用した経験が少ないという方がいるかもしれませんね。

そこで、ここからは男性向けのマフラーの巻き方についてご紹介していきたいと思いますので、これからの冬に向けてマフラーを着用しようと思っている方、もしくはこれまで着用してきた方も含めてお洒落なマフラーの巻き方を知って頂きたいと思います。

垂らし巻き

男性にオススメのマフラーの巻き方として「垂らし巻き」が存在しています。

垂らし巻きとは、その名前の通り、垂らすという方法であり、最も王道なマフラーの巻き方の一つであると考えることが出来ます。

もはやこの方法に関しては巻いてすらいませんので、正確には巻き方という物も存在していません。

なぜならば、ただ首から下げているだけなのです。

もちろんただ首から下げているだけなので、防寒効果を見込むことができないのですが、おすすめとしては秋口から冬に入りかけくらいの時期にマフラーを利用する際にはこの方法で着用するとお洒落にドレスアップ出来ると思います。

しかしながら、ただ垂らすだけといっても、きちんとファッションとの色合いであったり、柄などを考えて着用しないと全体的にまとまらないようなコーディネートになってしまう可能性もあります。

なので、身につける際にはマフラーの柄や色とファッションをうまく合わせるようにしないと難しいという事を理解しておいてください。

ワンループ巻き

男性にオススメのマフラーの巻き方として「ワンループ巻き」という方法があります。

ワンループ巻きは、しっかりと首元をガードしてくれる巻き方であり、防寒対策にもおすすめですし、シンプルでおしゃれな巻き方としても定評のあるマフラーの巻き方です。

ワンループ巻きはどのような方法でマフラーを巻くのかと言いますと、まずはマフラーの横幅を自分の好みのサイズに合わせるようにしてください。

その状態でマフラーの全体の長さを半分になるように綺麗に半分のところで折りたたんでください。

半分に折りたたんだところで、ちょうど折りたたみの部分の輪が出来ている所に手を入れて、そのまま首にマフラーをかけて、手を入れている所を貫くように片端のマフラーをいれるようにしてみてください。

そうすることによって綺麗にマフラーがすっぽりと収まるようになりますので、綺麗に負けますし、シンプルでどんなファッションにも合うようなマフラーの巻き方が完成です。

とても簡単な方法であり、比較的どんなマフラーでも対応しているシンプルな方法なので、初心者の方などは特に初めはこの方法などを取り入れるようにしてみてください。

プレーンノット巻き

男性にオススメのマフラーの巻き方として「プレーンノット巻き」という方法があります。

プレーンノット巻きは男性らしいダンディな雰囲気を醸し出すことができるマフラーの巻き方です。

こちらの巻き方に関してもどちらかといえば防寒対策というよりかは、ファッションの一部として利用することを想定した巻き方になります。

具体的にどのような方法で巻くのかと考えた時に、まず横幅を自分の好みの幅に合わせた状態で1:2くらいの長さに調節して首にかけるようにしてください。

その状態から、自分が結び目を作りたいと思うような場所でマフラーを交差させて、そこで一周巻きつけるようにしてください。

そしてこの時に巻きつけた端がきちんと上にある状態を確認しながら、首の輪の部分に対して巻き付けたマフラーの箸を下から上へ通して、自分から見て一番遠い場所に輪を作り、そのまま右手に持っているマフラー上から下へ通すようにすれば、あとは微調整を行って完成です。

自分の胸当たりで結び目がボリュームを持ち、後はクールな印象を残すことが出来ますので、大人の男性におすすめの巻き方です。

ジョルジナ巻き

男性にオススメのマフラーの巻き方として「ジョルジナ巻き」という方法があります。

ジョルジナ巻きは、これまでご紹介してきた巻き方と比べて、結び目が特徴的なお洒落なマフラーの巻き方になります。

ジョルジナ巻きの手順としては、まず1:2くらいの長さになるような割合でマフラーを首にかけるようにしてください。

そして、長く設定しているマフラーの方を持って首にかけるようにして一周回してください。

そして、右手でマフラーの端を持つようにして、別の手で巻き付けた時にできた輪を持つようにしてください。

そこから上から下へとマフラーの端を輪の中に入れるようにして、その時に腕を入れる分の隙間を残すようにしておいてください。

そこから、その隙間に右手を上から下へと突っ込んでおき、逆側のマフラーの先を持ち、交差させるように輪の中に別の端を入れてください。

後はバランスを整えるようにすれば完成となります。

ちょっと巻き方がテクニックが必要になりますので、マフラーを巻き慣れていない男性が行う場合は最初は戸惑ってしまうかもしれませんが、何度か繰り返すことによってすぐにスムーズに行えるようになると思いますので、苦手意識を持たずにチャレンジしてみてください。

エディター巻き

男性にオススメのマフラーの巻き方として「エディター巻き」という方法があります。

エディター巻きとはどのような巻き方なのかと考えた時にエディター巻きはとてもシンプルで簡単な巻き方であり、初心者の方でもすぐにまくことが出来るマフラーのポピュラーな巻き方の一つです。

微調整しやすい巻き方になりますので、ゆったりお洒落に巻く方法もあれば、防寒対策にきっちりと巻く方法もありますので、好みで変化を付けることが出来るのがメリットです。

エディター巻きとはどのような手順で巻くのかと考えた時に、巻き方としてはまずマフラーを横の長さを自分の好きなように設定して、片方が長くなるように首にかけてください。

そうした時に長く設定してる方を自分の首に一周巻きつけるようにして、その時にできた首の輪を自分の好みのゆるさに調整してください。

寒い場合はきっちりと巻いて隙間を無くす方が良いですし、おしゃれを重要視するのであれば、少しゆるめると抜け感を作り出すことが出来ます。

あとは左右が同じ長さになるように調整すれば終わりです。

シンプルで簡単な方法なので、その日の気分に酔って巻き方を変えてみるとよりマフラーでお洒落をするのが楽しみになれると思いますよ。

可愛いマフラーの巻き方を覚えておこう!(まとめ)

マフラーの巻き方と一言に言っても、様々な巻き方が存在していますので、巻き方によって全くマフラーの見せ方が変わるということがおわかりいただけたと思います。

巻き方によって寒さに対する感じ方も違いますし、お洒落の魅せ方なども違います。

マフラーの巻き方を知っておくことによって、より自分を魅力的に魅せることができるようになると言っても過言ではありません。

なので、これからマフラーを取り入れようと思っている方は、自分のファッションだったり、自分の印象を客観視した上で、どのようなイメージを周りに持たせたいのか考えながら巻き方を工夫してみてください。

そうすることにより、きっとファッションをコーディネートするのが楽しみに感じてくるはずですよ。