おしゃれな髪色にしたい、だけど自分には何色が似合うんだろう・・・。

迷ったことはありませんか?

似合っていないような気がする、見慣れてはくるが本当に似合っているのかは微妙・・・。

などという事もあるでしょう。

自分に似合う髪色はどうやって見分ければ良いのでしょうか?

今回は、自分に似合う髪色が見つけられる方法や情報、TPOに合わせた色をご紹介します。

ぜひ自分の似合う髪色を見つけてみてください。

髪色が決まらない!

髪色がなかなか決まらないという時どうしますか?

流行の色にしますか?人気色?

友人がしていた髪色?芸能人を真似しますか?

しかし、それらの髪色は本当に自分に似合う髪色なのでしょうか。

人の印象は色が7割


人の印象は色が7割なのです。

人の印象は出会い、数秒で決まってしまいます。

視覚から得られる情報の80%は色です。

そのため色で人の印象は大きく変わるのですね。

色のイメージは大きく分けて3つの分類に分かれます。

その3つは寒色系、暖色系、中性色となります。

まず寒色系は青系の色を指します。

寒色系から与えられるイメージは、冷たい印象が与えられる色です。

視覚的に副交感神経に作用するため、副交感神経が働くと、興奮が鎮まり、食欲が落ちたりする為、冷たい印象だと感じるのですね。

続いて暖色系から受けるイメージは、暖かいイメージが与えられます。

暖色系は赤やオレンジ、黄色などの色です。

暖色系を見ると、自律神経が刺激され、感情が高揚します。

すると性ホルモンの分泌も促され、きんにくの緊張の増大、食欲が増し空腹感も良く感じるようになります。

次に中性系の色とは紫、緑など寒色系と暖色系の色の間に当たるような色です。

中性系の色から与えられるイメージとしては、冷たいイメージと暖かいイメージの両方を感じさせます。

同じ「赤」や「青」にも様々

赤色、青色とはいえ、赤にも色々な赤、青には色々な青があります。

例えば赤は赤でも基本的な赤色、オレンジ色に近い朱色、ピンク色に近いマゼラタ、白の多いピンクに近いライトマゼランタ、茶色に近いえんじ色、ワインレッド、クリムゾンレッド、レンガ色、バラ色などがあります。

他にもたくさんの赤色があるのですよ。

また青は青でも藍色、紺色、ネイビーブルー、コバルトブルー1・2、群青色、水色、サックスブルー、ティファニーブルー、ミントブルーなど様々な青があります。

美容院でどうオーダーすればいいかわからない

美容室で自分がしたいカラーをオーダーするとき、どう伝えますか?

多くの場合、「今より明るめにしてください。」「今より暗めでグレーアッシュで」などと伝えている人が多いでしょう。

しかしそういった伝え方では確実に自分がしたい髪色にはなりません。

本当に伝わらなければいけない情報が全く伝えられていないのです。

美容室でオーダーするとき、本当に伝えなければいけないというポイントがいくつかあるのです。

・明るさ・・・どのくらい明るくするのか(レベルで指定)

・屋外と室内ではどういった見え方になるようにしたいか

・色味・・・アッシュなのかブラウンなのか

・デザインカラーの有りか無しか

・色の濃さは濃いか薄いか

・染め方(グラデーションかナチュラルか一色単か)

などなど・・・具体的に伝えなければいけません。

人それぞれのパーソナルカラーがある

人には人それぞれのパーソナルカラーというものがあります。

パーソナルカラーとは、生まれ持った色に似合う色の事を指します。

肌の色や瞳の色、唇や頬の色味等の雰囲気に合う色がパーソナルカラーといいます。

自分のパーソナルカラーを知ることで、自分をより美しく見せることが出来たり、印象をはっきりとさせたり、清潔感のある雰囲気をかもしだしたり、好感度もアップします。

パーソナルカラーは赤が似合う、青が似合う、ピンクが似合うという判断ではなく、赤の中でどんな赤なのか、青の中でどんな青か、ピンクはピンクでもベビーピンクなのか、サーモンピンクなのかなど詳しい色がパーソナルカラーとなります。

その時、どう見られたいか?という印象によって髪色を変えるのもアリ

他人にはどれぞれ似合う色があるという事はわかりましたが、その時人にどんな印象に見られたいかということで、髪色を変えるのもアリです。

色は印象を大きくかえてくれるので、いつもの自分とは違う自分を演出できるのです。

色の効果を逆手に取ったおしゃれですね。

本当は暖色系が似合うのだけれども、寒色系の髪色でクールに見せたり、寒色系が似合うけれど暖色系にして柔らかく温かいイメージに見せることも出来てしまうのですね。

似合う髪色の4つの系統


パーソナルカラーを元に似合う髪色には大きく4つの系統に分けられます。

つそれぞれの特徴、どんな人が似合うかなどをご紹介します。

大きく分ける4つの系統はスプリングタイプ、サマータイプ、オータムタイプ、ウィンタータイプがあります。

スプリングタイプ

スプリングタイプのカラーイメージとしては、活発的、明るい、可愛い、生き生きとしている、元気が良い、若々しいと言ったイメージです。

春のようにカラフルに咲き誇る花や若葉、温かみのある色が似合います。

日本人はスプリングタイプの人が多いのですよ。

スプリングタイプの人は、イエローベースのヘアカラーが似合います。

黄色味のある色です。

例えば、イエロー、ベージュ、ゴールド、レッドオレンジ、オレンジ、ライムグリーン、などの髪色が似あいます。

これらの色味を合わせてより一層色味に違いが出ます。

サマータイプ

サマータイプの人は、青みを帯びている明度の高い色が似合います。

第一印象はクールです。

子供の頃から大人っぽいね。

と言われることが多かった人はサマータイプの人が多いです。

夏タイプですね。

サマータイプの人はブルーベースの髪色が似合います。

赤みや黄色みを抑えた色が似合うのです。

例えば、ライトブラウン、アッシュブラウン、キャラメルブラウン、ココアブラウン等の色が似合います。

オータムタイプ

秋タイプです。

秋のイメージの色味が似合うタイプです。

ゴージャス感のある色が似合います。

しかしゴージャス感はあるものの、深みのある落ち着いた色味である必要もあります。

ゴージャスな色でマット感もあると、オータムタイプの人は似合います。

例えば、マットブラウン、カッパ-ブラウン、マロンブラウン、チョコレートブラウンなどが似合います。

大人っぽい髪色ですね。

ウィンタータイプ

冬のタイプウィンタータイプです。

冬っぽいイメージになりますね。

ウィンタータイプの人は日本人ならではの黒髪が似合います。

艶のある黒髪が似合うのです。

しかし、黒髪はちょっと・・・。

染めたいなと思ったときは、暗めの色なら似合います。

茶色系なら赤が少々入ったクールブラウンが似合います。

黒髪だと思いイメージもなるので、少々染めると重みが無くなって良いでしょう。

スプリングタイプが似合う人はこんな人

では自分がどのパーソナルカラーでどのタイプなのでしょうか。

まずはスプリングタイプが似合う人はどんな人なのかをご紹介しますね。

比較的色白の黄色みがかった肌色でツヤがある

スプリングタイプがに合う人は、肌に黄色みのある明るい肌色の人です。

艶感もあり透明感もあるでしょう。

また、血色も良く生き生きとした肌を持つ人はスプリングタイプとなります。

良くファンデーションで一番明るめのファンデーションを良く選ぶ人はスプリングタイプの人が多いですね。

また、日焼けをしてもすぐに色が戻りやすい特徴もあります。

瞳の色は明るめのブラウン系

スプリングタイプが似合う人の瞳は明るめのブラウン系です。

少女漫画に出てきそうな瞳です。

瞳の色が明るめではっきりとした印象の人はスプリングタイプですね。

唇は明るいオレンジ系ピンク

唇の色は明るいオレンジ系のピンクの人が似合います。

血色が良い人は唇も血色が良いので、スプリングタイプが似合いますね。

顔のパーツが小さめで丸く優しい印象

顔のパーツが小さめで丸く優しい印象の人は、スプリングタイプです。

目も普通サイズ、鼻もあまり高くない、唇も厚くない、そして顔に丸みがある人はスプリングタイプなのです。

優しそうな顔だねなどと良く言われるでしょう。

かわいい系、若々しい性格

スプリングタイプの人は可愛い系の人が多いです。

更に若若しい性格で笑顔が良く似合うでしょう。

スプリングタイプの人を芸能人でたとえるならば、井川遥さん、上戸彩さん、永作博美さん等が挙げられます。

サマータイプが似合う人はこんな人

続いてサマータイプはこんな人に似合いますよ。

サマータイプの人は日本人で4割くらいいます。

ピンク系の肌で日焼けしていない

肌はピンク系です。

スプリングタイプの人と近いので明るく白めの肌ですが、赤みが少々あります。

そして肌に繊細さがあります。

日焼けをすると赤くなりやすいタイプの人は、サマータイプだと判断できます。

スプリングタイプとサマータイプは判断しにくいかもしれませんが、日焼けをした時の事を思い返すと分りやすいでしょう。

更に暖房の効いている部屋で顔がほてりやすいタイプの人も、サマータイプですよ。

黒やダークブラウンの落ち着いた瞳

瞳の色は黒やダークブラウンです。

落ち着いた瞳で茶色みはありません。

しかし、優しい印象はありますよ。

薄いピンクの唇

唇は薄いピンク色です。

唇の色を活かして、艶を与えるだけの色なしのリップや、優しいピンク色の口紅などを塗り、サマータイプの人に似あう髪色にするととても似合いますよ。

派手すぎずふんわりした印象のパーツ

顔のパーツとしては、ふんわりと下印象を与えるパーツで、良くほんわかしてるね。

優しそうだねと言われるでしょう。

目も言うほど大きくは無く、唇もさほど厚くありません。

鼻も高すぎません。

上品、涼しげ、優雅な雰囲気

サマータイプの人は上品で涼しげで優雅な印象を与える人です。

とても良い印象なので、髪色も赤みを抑えた明るい色にして、その良さを最大限に引き出しましょう。

また、上品で優雅な印象になるので、服はラベンダー色なども良く似合いますのでご参考にしてみてください。

芸能人の方で言うと、黒木瞳さんや北乃きいさん、広末涼子さん等が挙げられますよ。

オータムタイプが似合う人はこんな人

オータムタイプの人の第一印象としては、シックで落ち着いています。

良く落ち着いているね、個性的だねと言われることもあるでしょう。

ナチュラルな印象があり、髪色を良く似合う色にするとリッチでゴージャスに見えますよ。

白すぎず黄色みがかったマットな肌

肌の色は黄色みが強い人です。

ゴールドがかり深い色の肌の人もいますよ。

肌は黄色みがかっているのですが、頬や耳たぶなどには赤みが少ないという特徴もあります。

肌が白いとは言われない、感じないものの、日本人ならではの肌色ですね。

濃いダークブラウンの瞳

瞳は濃いダークブラウンです。

吸い込まれそうな美しい瞳ですよ。

白目と黒目の境目は溶けていくような感じで、はっきりとした境目は無いと言う特徴があります。

ソフトで優しい瞳ですね。

濃いオレンジ系統のピンクな唇

唇は濃いオレンジ系の唇です。

ピンクと言うよりかは、ピンクの仲間ですがオレンジ感が多い色です。

パーツが大きめでくっきりとした印象の顔

目が大きく、肌も高め、唇も厚めでくっきりとした顔だちです。

よくパーツがハッキリしていていいなと言われたり、化粧をするとナチュラルにしているつもりなのに、派手に見えてしまうという事もあるでしょう。

落ち着いている、大人びているお姉さん系

落ち着いているね。

大人びていると良く言われたのではないでしょうか。

年齢を高めにみられる事もあったでしょう。

外人の方に多いタイプです。

日本の芸能人で例えれば、竹内結子さんや安室奈美恵さん、真矢みきさん、優木まおみさん、加藤綾子さんなどが挙げられます。

長谷川潤さんやAIさんなど多国籍の血統が入っている方もサマータイプである人が多いですね。

ウィンタータイプが似合う人はこんな人

ウインタータイプの方は強いオーラがありクールビューティーです。

良くクールだねなどと言われるのではないでしょうか。

色白なピンク系の肌か、青白い肌

ウインタータイプの人の肌の特徴は、ナチュラルピンクであるかニュートラルベージュです。

血色はあまり良くなく、青白い人も多いです。

よく体調がわるいのかと心配された経験があるという方はウィンタータイプの人が多いですよ。

瞳ははっきりとしたブラック

瞳ははっきりとしたブラックです。

ブルーブラック、ダークブラウンであることが多いです。

白目と黒目の境目ははっきりとしていて、目力も強いでしょう。

目つきがきついと言われた事もあるかもしれませんね。

瞳も良く輝いているので、目が異例と言われることもあるでしょう。

濃く深みのあるレッドな唇

唇は深みのある濃いレッドです。

口紅を付けていなくてもメイクして違和感のない感じになるほど濃いレッドな人います。

口が大きいと言われたことがある人も、色が濃いことで大きく見えているという事もありますね。

パーツがはっきりしていてクールな顔立ち

パーツがハッキリしていてとてもクールです。

クールだねと言われることもあるでしょう。

シャープで強さのある印象

ウィンタータイプの人は強さのある印象です。

第一印象がクールなので、話しかけづらいと思われることもあるかもしれませんね。

芸能人の方でウィンタータイプの方は深津絵里さん、黒木メイサさん、剛力彩芽さん、宇多田ヒカルさんなどですね。

似合う髪色に似合う髪型とは?

では似合う髪色を知ったところで、その髪色に似合う髪型はどんな髪型なのでしょうか。

スプリングタイプに似合う髪型は?

スプリングタイプの人が似合う髪型は、かわいらしく若々しく見える髪型です。

ゆるふわ感があるととても素敵な雰囲気になりますよ。

例えばキュートナチュラルボブです。

少し緩く巻き動きを持たせることでとても似合います。

またワンカールストレートロングも良いですよ。

毛先をくるっとワンカールさせることで、丸みが出て可愛らしく見えます。

サマータイプに似合う髪型

サマータイプに似合う髪型は、透明感を感じさせるような髪型がおすすめです。

ウエーブ系の髪型や、アンニュイミディアムなどにレイヤーを入れてもらい、軽くて緩めのウェーブにすることで、夏らしい透明感が感じられます。

ワックスなどを有効に使用し、少々ウェット感を出すのも良く似合いますよ。

更に大胆にフレッシュショートヘアも似合います。

ボーイッシュになりやすい髪型ですが、ピンク系の色を少々プラスしたヘアカラーにすることで、女性らしい可愛さを失いません。

オータムタイプに似合う髪型

オータムタイプに似合う髪型はシックで大人っぽいストレートロングです。

少し毛先を内巻きにすることで、より大人っぽい落ち着いた雰囲気となります。

また、アレンジしたい時はゆるふわミディアムがおすすめです。

細かく髪をミックス巻きしていき、ふんわりほぐしてあげることで、オータムタイプらしい可愛さが引き立つ髪型となります。

ワンレンベースの前下がりストレートミディアムも似合うでしょう。

ウィンタータイプに似合う髪型は

ハッキリとしていてクールなイメージのあるウィンタータイプの方は、髪色自体が暗めのカラーが似合うので、重苦しい印象にならないようにエアリー感をプラスしてあげることが大切です。

髪を大きめにカールしていき、目の上で斜めに前髪を流してあげることで、軽さのあるクールな髪型になります。

また、重くなりがちな前髪は、シースルーバングにしてもらう事で、優しく揺れる前髪が程よいクール感、凛とした感じを醸し出してくれます。

更にショートバングボブもおすすめですよ。

ショートボブにすることでウィンタータイプの良さであるクールな透明感が引き立ちます。

カラーをしに美容室へ行く際に、ついでに髪型も良く似合う髪型にイメージチェンジして見てはいかがでしょうか。

似合う色、目指す色の系統が決まったら

似合う色、目指す系統が決まったら、実践してみましょう。

自分に似合うカラーを取り入れることで、より美しく素敵な方になりますよ。

美容院で系統から伝えて似合う色を判断してもらう

美容室にへ行ったら、パーソナルカラーやタイプを伝えてみてください。

美容室の方は、パーソナルカラーやタイプを良く知っているので伝えればすぐにわかってくれるはずです。

すると系統の中でもより似合うカラーを教えてくれるはずです。

また、性格なども少々伝えると、より似合うカラーを教えてくれるのではないでしょうか。

何回か通い、話をしているうちに性格を理解してもらえ、より似合うカラーにしてくれる事もあるかもしれませんね。

明るい性格の方は、基本となるパーソナルカラーに明るめの色をチョイスしてもらうと良いです。

部分的に数本入れてもらうだけでも印象がグッと変わります。

オレンジ系やアッシュ系の色を入れるのはどうか、美容室で伝えて相談してみると良いですよ。

実はボーイッシュな一面もあるとい場合は、アッシュ系の色を少々入れるのも良いです。

不思議さ、爽やかさがでるので、おパーソナルカラーがかわいすぎるという場合は、少々アッシュ系を入れて可愛さを緩和しましょう。

落ち着いた性格、落ち着いた一面があるという場合は、ブラウン系を混ぜて、艶感や魅惑なイメージを追加しましょう。

美容室でこんなカラーも混ぜてほしいと伝えると程よく混ぜてカラーリングしてくれまるよ。

普段のメイクや服装も髪色に合ったものを意識する

普段のメイクや服装に合ったものをチョイスするように意識してみてください。

スプリングカラーの人に似合うメイクや服装は?

スプリングカラーの人は春らしく穏やかで優しくすがすがしいイメージを崩さないような、より一層引き出すようなメイクや服装をチョイスしましょう。

メイク

メイクの場合は華やかで透明感をなくさないメイクを心がけてください。

アイシャドウはブラウン系がおすすめです。

更にアイホールの部分には温かみを感じさせる薄いピンクを少々混ぜてあげると尚良いです。

立体感を出すために複数のアイシャドウを使うのも良く、目の際のほうにライトグリーン。

アクアブルーなどを使うのも良いです。

又は明るめのブラウンやオレンジも良いですよ。

華やかさを出す為には、ラメ感が入っているアイシャドウを選びましょう。

リップは華やかで若々しさのあるストロングオレンジ、コーラルピンクなどで、少々明るめの色にして、より若々しさを演出してみてください。

逆にローズ系、青みのある口紅は顔色が悪く見えてしまうので、避けたほうが良いですよ。

チークはオレンジ系のものが似合います。

優しい印象を崩さない為にも薄めに塗ると良いです。

頬の一番高い部分、笑ったときに出る部分に塗ると良いです。

服装

スプリングタイプの人は赤やピンクの服が良く似合います。

しかし洋服を赤やピンクのものを着るのは抵抗があるという場合は、バックや靴等の小物で取り入れると良いですよ。

また、黄色、緑等も服装のデザインがかわいらしいものであれば似合いますよ。

ゴージャスなゴールドアクセサリーを身に着けるものも似合います。

パール系のアクセサリーも良いです。

一方、グレーなどの濁った色の服は避けたほうが良いです。

グレーの服を着たい時は、明るめのグレーのものであれば似合うでしょう。

サマータイプの人が似合うメイクや服装は?

サマータイプの人が似合うメイクや服装はどんな感じなのでしょう。

メイク

サマータイプの方が似合うメイクは、青みを基調として薄く柔らかい色を使いましょう。

逆にきいろみが強いカラーや暗い色、鮮やかすぎる色は顔色が悪く見えてしまったり、メイクが浮いて見えてしまうので、気を付けてください。

ベースメイクはナチュラルでピンクベージュのものを使いましょう。

黄色みはないものの方が浮かないメイクが出来ます。

アイメイクはピンク、ローズベージュ、ラベンダー、ブル系のアイシャドウを使うと良いです。

リップはラズベリーやローズピンクのものが良いです。

服装

サマータイプの人は青系の服装が似合います。

空のようにスカイブルーや水色などが良く似合います。

また深みのある青、紫も似合いますよ。

また、薄目のピンク色も似合います。

しかし、一方で黄色の服はあまりに合いません。

黄色は出来るだけ避けたコーディネートがおすすめですよ。

少し地味に見えるような明るめのグレーの服は実はシックにおしゃれに着こなすことが出来ます。

グレーの服を着こなす時は暗めではなく、明るめのグレーを選ぶと良いですよ。

オータムタイプの人に似合うメイクや服装は?

メイク

オータムタイプの人は、青みが強い色や鮮やかな色のものでメイクをしてしまうと、肌がくすんだり青ざめて見えてしまうので注意が必要です。

バイオレッドやロイヤルブルー、ペールカラーやパステルカラーのものは避けましょう。

ベースメイクに使用するのは、ライトベージュやオークルのものを使うと良いです。

アイシャドウはダークブラウン、モスグリーン、カーキ、ベージュ、ゴールドのものを選んでみてください。

リップやチークはピーチ、オレンジ、レンガ色、ブラウンなどのものがおすすめです。

服装

オータムタイプの方は少し黒みの入った深い赤色の服が似合います。

地味に見えぎず派手になりすぎない色が良く似合うのですね。

サーモンピンクやアプリコット系の服装も似合います。

また秋の紅葉のようなイメージを与えるディープオレンジやマスタードなどの色が似合います。

黄色みが深い、深みがある、温かみのある色が良く似合いますよ。

一方、青い物はあまり似合いません。

ディープブルーやコイズブルーのものは避けましょう。

しかし深みのある青であれば似合うので、きを付けて選んでみてくださいね。

青は似合いにくいものの、緑は良く似合いますよ。

モスグリーンやカーキなど濁りのある濃い緑が良く似合います。

とても大人っぽく素敵な印象になりますよ。

ベージュのトップスにカーキのスカートやパンツなどというコーディネートが良く似合うのです。

ネイビーをプラスするのもとても良いのでおすすめします。

更にアクセントとしてアクセサリーはゴールド系のものを付け加えるのも良いです。

べっこう系も似合うので、ネイルにゴールドやべっこう系を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ウィンタータイプの人が似合う服装やメイクは?

ウインタータイプの人はどんな服装やメイクが似合うでしょうか。

<メイク
ウインタータイプの人は強い黄色みのある色や、ぼんやりとした色、薄い色はあまり得意ではありません。

できれば避けたほうが良い色なので意識してみてください。

これらの色を使用してしまうと、顔が青ざめて見えてしまったり、くすんで見えてしまいます。

ベースメイクにはナチュラルカラー、ピンクベージュ、黄色みが抑えられているベージュやオークルなものを選びましょう。

アイメイクには青みのあるカラーがおすすめです。

パウダーピンクやブルー、グレー、パープル系のものを使いましょう。

リップやチークも青みがあるものの方が似合います。

黄色みのあるものは避けましょう。

ピンクやローズピンク、チェリーピンクやワインレッドなどをおすすめします。

服装

メイクや元々の顔立ちとしてはクール系なのですが、その分派手な服を着ても主張しすぎず上手く着こなすことが出来ます。

例えば鮮やかな赤、目立つ真紅でも良く似合いますよ。

目立つ色・迫力のある色でも問題なく着こなせます。

また、鮮やかな濃い青も似合います。

パープルが入ったような青でも大丈夫です。

モノトーンも良く似合うので、濁りのないホワイト、ブラックでまとめたコーディネートも良いです。

逆に濁りのあるグレー系を着てしまうと、かっこよさやクール感が欠けてしまい、良さが引き出されないので避けたほうが良いです。

真っ白なトップスに真っ青なスカートで爽やかでクールな感じにしてみたり、スカートとして似合うカラーをチョイスすることで、かっこよさやクールさの中に、女性らしさもプラスされるのでおすすめです。

白のトップスに黒のロングスカートやパンツを合わせても、メリハリのあるかっこよくクールな印象になりますね。

ピンクと黒の相性もよいので試してみてはいかがでしょうか。

アクセサリーはスプリングタイプの方もサマータイプの方も、オータムタイプの方も、ゴールド系が似合うとご紹介したのですが、ウィンタータイプの方はシルバー系のアクセサリーのほうが良く似合いますよ。

シルバー系のアクセサリーで光沢感の強いものを選ぶとより一層素敵です。

また、シルバーのようなパールアクセサリーも良く似合うので、黄色っぽいパールではなく、どちらかと言えば白やシルバーに近いパールを選びましょう。

自分に合ったカラーでより素敵に・・・

自分に似合うカラーは見つかりましたでしょうか。

様々なカラーの中で自分に良く似合うものをチョイスすることで、より美しく素敵になれます。

最初は難しいかもしれませんが、意識していく家に、自分に似合うカラーを無意識に選ぶことも出来るようになるでしょう。

まずは一番第一印象に影響する髪色を変えて気分も変え、おしゃれに対してのモチベーションを上げて、メイクや服装も意識して変えてみてはいかがでしょうか。

また、自分の好きな色なのに似合わない色だったという事もあるかもしれませんが、服装であれば顔から遠い部分の小物に好きな色をチョイスする、メイクも顔の中心から離れたところに好きな色をチョイスすることで、バランスが崩れることなく、自分の好きな色も楽しめますよ。

これまで自分に似合う髪色にできなかったという方は、是非美容室の方に入念に伝えてみてください。

きっと素敵なお気に入りとなる髪色に出会えますよ。

【他にも可愛い髪色については、こちらの記事もチェック!】