サラリーマンなど、会社勤めをしている方であれば当たり前の事として捉えていると思いますが、どの会社であってもそれぞれ役職というものがあり、年齢や業績などに応じて役職が上がっていく、いわゆる出世コースというものがあります。

サラリーマンは、一人一人が会社のために良い成果を収めて貢献することが求められます。

自分の業績や成績だけを考えていれば良いかもしれませんが、だんだん上の役職に付くようになるとそうもいきません。

割り当てられた部署内での、全体としての業績であったり、会社全体の利益を上げるための戦略を考えたり、実際に皆をまとめて盛り上げ、指導していくことも必要になってきます。

会社にはどんな役職があるか、ご存知ですか?

意外とほとんどの人が、知っているようで知らないことも多いかもしれませんね。

もちろん、会社が大手企業なのか、中小企業なのかによっても変わってきますが、最初は平社員から始まって、主任、係長、課長、次長、部長といったところでしょうか。

さらに上の役職までいくと、常務とか専務、社長、会長などさまざまあって、それらはいわゆる役員という立場になります。

あくまでこれは大手の場合ですが、色んな役職や立場があることが分かりますよね。

では、その中で「部長」というのはどんな立場にある人なんでしょうか。

ある程度上の立場にいるようですが、部長に対する世間のイメージと実際のところはどうなのかをまとめてみました☆

あなたの部長に対するイメージは?

意外と「部長」という呼び名はよく耳にすることはあっても、実際にどんな役割を担っているのかまでは分からないものですよね。

あなたが「部長」と聞いて抱くイメージはどんなものがありますか?

どんな突然の事態にもいつも冷静で、動揺することなくどっしり構えてくれる、頼もしい存在でしょうか。

時には厳しく、でも優しさも持ち合わせている、人間性としてもできた人でしょうか?それとも、いつも部下に対してただ命令や指示ばかりして、自分だけは楽をしようとしているイメージでしょうか。

人それぞれ色々なイメージをお持ちだと思いますし、もしかしたら身近に頭に思い浮かぶ人がいるかもしれません。

ちなみに、「芸能人の中で上司にしたいランキング」の中でよくトップ10に名前が挙がる人として、タモリさんや所ジョージさん、関根勤さんやウッチャンナンチャンの内村光良さんなどがいます。

ユーモアや面白さも兼ね備えていながらも、しっかりとリードしてまとめてくれる上司がいいな~というのが多くの人の理想でもあり、抱くイメージなのかもしれないですね。

部長という役職

ではまず、部長のイメージについて考える前に、実際に部長という役職についている人がどのような役割を担っているのか、どんな仕事をする立場にある人なのかというのを取り上げてみたいと思います。

部長とは、“部”と呼ばれる組織や団体の中で設立される、組織の“長”を指して用いられます。

辞書を引いてみると、「組織の中で、部下を監督する役職に就く人」となっています。

その組織は、企業や社会団体の組織だけでなく、もっと身近なところでは学校にも部活動やクラブ活動という組織を置いたり、地域社会の中でもさまざまなクラブ活動や役員会などがあり、どの組織内においても「部長」というリーダーが存在するものです。

ではそれぞれの団体や組織における、部長の働きや役割について見てみましょう。

会社の部長

部長と聞いて一般的にすぐに思いつくのは、やはり会社などの企業内での「部長」という職でしょう。

会社での部長というポジションは、企業の大小関わりなく、発言力や影響力がそれなりに高い職ですし、社会的にも評価の高いポジションであると言えます。

部長に就く人は、自身が管轄している組織や部署全体を管理しまとめるのはもちろんのこと、会社全体のことを考えて管理したり、行動を取ることが求められています。

ですから、会社全体の利益のために、組織内のビジョンをしっかり持っていたり、それを部下にしっかり語れる人でなければなりません。

さらに部長という管理職までなると、会議に参加したり、人材や業務をマネージメントするスキルも必要になってきます。

人前で話すスキルや、プレゼンテーション能力に優れていることも大切になってくるでしょう。

また部下をまとめるためには、信頼関係を築くうえでのリーダーシップが取れる存在でなければなりません。

こうしたことを考えると、それなりにキャリアを積んできた人でなければなれない立場と言えます。

実際、部長になる人の平均的な年齢は50代だそうです。

ちょうど子育ても終わって落ち着きや余裕が出てきており、それでいてまだまだ脂の乗った、ちょうど良い年齢層と言えるかもしれません。

学校の部長

学校にはクラブ活動や、部活動と呼ばれる組織があります。

どの部にも必ず必要になるのは、それぞれのクラブやチームを取り仕切る「部長」の存在です。

スポーツならば、「主将」とか「キャプテン」という呼び名で呼ばれることもあるかもしれません。

学校での部長の仕事は、部員をまとめたり、日々の部としての活動内容を把握しまとめる仕事や、顧問や先生とよく連携して部を盛り上げていくための秘策を考えるといった事があるでしょうか。

そうした面を考えると、大差はあるものの、会社での部長に求められることと似ていますよね。

部員からの信頼を集めている人でなければならないでしょうし、実績があって、それなりに評価されている人が選ばれるかもしれません。

人脈や、部員からの信頼の厚い人が部長としてふさわしいと考える人もいるでしょう。

いずれにしても、リーダーシップがあって頼りがいがある人が選ばれることが多いに違いありません。

その他の部長

学校や、会社だけでなく地域社会の中でも、さまざまな役員会やクラブ活動、研究会や同好会と呼ばれる集まりや組織はたくさんあります。

どれにおいても、その組織の“長”は絶対に必要です。

その組織を監督し、管理したり、かかる費用をまとめて集めたり、その組織で行なわれる活動内容を考え、発信し盛り上げていくためには、いわゆる「部長」のようなリーダーが必要になってくるからです。

部長に対する世間のイメージ

こう考えると、私たちの身の回りにはいつも「部長」という役割を持つ組織や団体があることに気づかされます。

では、部長と聞くと世間の人はどんなイメージを抱いているのでしょうか。

実際どうかはともかくとして、一般的に抱かれがちなイメージをいくつか取り上げてみたいと思います。

イメージがあるという事は、実際に頭に浮かぶ人が具体的にいるからかもしれませんが、そうしたイメージを持たれやすい要因なんかも考えてみたいと思います。

偉そう

部長という立場はかなり上の方なので、実際に偉いんですが、やはり立場があるからこその上から目線を、イメージとして抱く人も多いかもしれません。

「自分は椅子に座ってばかりで、いつも命令しかしなそう」とか「自分は偉いんだぞと言わんばかりにふんぞり返って、何もしなそうだ」、「下っ端をこき使って、威張っていそうな感じがする」というイメージでしょうか。

リーダーになる人は、偉そうだというイメージをたいてい持たれやすいものですね。

みんなの前で発言する機会も多いですし、まとめるために「~しなさい」とか命令口調になることが多いのも、そうしたイメージを持たれやすい要因と言えるのかもしれません。

怖い

「部長って怖そう」と思う人も多いみたいです。

会社内ではそれなりの権限や権力を持った存在ですから、気に障ることをしたり、失敗して機嫌を損ねたりなんかしたら、別の場所に移動させられるなどして出世に影響したり、クビにしたりされるのではないかと思って、怖い存在と考えている人もいます。

「いつも怖い顔をしていそうだ」とか「無表情でつかめないと思ったら、いきなり高圧的なものの言い方をして来たりなんかしそうで、気を遣いそうだ」といったイメージを持って怖いと感じる人もいるようです。

社員一人一人のモチベーションを上げて、会社の業績をアップさせないといけないわけですから、時には本当に言い方や話し方が怖いとか、きついと感じることもあるのかもしれないですね。

頑固そう

部長と聞くと、いつも無表情でむっつりと黙っていて、こうと決めたら自分の意見や考えを絶対に変えなそうなイメージありませんか?

どんなにいいアイディアを出しても、「俺の方が経験があるんだから、何でも分かってるんだ」と言わんばかりの態度で(時には実際に口にすることもあったり)、自分の決めたルールや考えが絶対だと思っていそうなイメージがあるかもしれません。

しかもそのせいで部下がとばっちりを受けたり、失敗をしても絶対に自分の失敗やミスだとは認めなそうな、プライドの高さも持ってそうです(笑)

部長の年齢層を考えても「頑固一徹」な感じがするのかもしれません。

すぐ怒りそう


偉そうで頑固そうだとしたら、やっぱり次はすぐに怒ってきそうなイメージも持ってしまいますよね(笑)

「理不尽だと思えることでも一方的に怒ってきそうだ」とか「何か失敗したらすぐ怒鳴ってきそうだ」と思う人も多いみたいです。

普段からのモノの言い方が怖いというのも、そうしたイメージを持たれてしまう原因かもしれません。

他にも、「気分屋で、急に怒り出したりしそうだ」とか「機嫌を損ねてすぐ怒りだしたりしないように、ものすごく気を遣いそうだ」というイメージを部長に対して持っている人もいるみたいですよ☆

考えが古そう

自分が仕事を教わってきたやり方が今でも通ると思っていそうだ」という意見もありました。

実はその指導方法や考え方は今の時代には合っていなくて、もう古かったりするのにその変化についていけなそうだ、ということなのです。

「私の若い頃はこうだった…」的な時代遅れな常識を押し付けてきそうだ、というイメージもあるようです。

昔のやり方や習慣に固執して、あまり意味がなかったり理不尽なこともあるのに、それに気づかず、というよりは執着して考えを変えなそうだ、というのが、今の若い人たちが持つ部長というイメージみたいです。

時代もマニュアルもセオリーも以前とは変わってきていることに気付いて、柔軟な変化を求められる時代なんでしょうね☆

融通がきかなそう

考えが古そうだというのにも関連しますが、「融通が利かなそう」というイメージを持つ人もいます。

自分の価値観を絶対に曲げなかったり、会社の中で決められたことや、命令されたマニュアル通り的なことしか部下に指示できなくて、柔軟性に欠けそうだと思われているという事です。

他にも「どうでも良い、小さいことやささいな事まで細かそう」というイメージもありました。

「融通が利かない」というのは良い視点で見れば、手抜きや妥協が決してできない「真面目」だという見方もできると思いますが、やはり頑固一徹な感じや、石頭なイメージを持ってしまうんでしょうね。

話を聞いてくれなさそう


頑固で融通が利かない…となれば、やっぱり話しを聞いてくれなそうと思ってしまうのは当然かもしれませんね(笑)

自分のやり方を曲げられないプライドを持っていて、こちらの話し、特に下っ端の話しなんか耳を傾けてくれなそうだ、というイメージがあるみたいです。

「自分の部下が何か意見でもしようものなら、頭ごなしに否定して聞く耳持たなそう」とか「一方的に怒るだけ怒って、こちらが状況を説明しようとしても口答えするな、とか言い訳するなと言って聞いてくれなそう」という声もありました。

さらには、仕事の面でもプライベートな事でも、相談したいと思っても面倒だと感じられそうだと思う人もいるようです。

やはり責任も重い立場にあるので、忙しそうにしているイメージもあるのかもしれませんし、これまでに自分が成し遂げてきた結果や実績に対するプライドもあるので、それが部下の話しを聞いてくれなさそうと思われてしまう要因なのかもしれません。

ベテラン

なんだかんだ言っても、部長という座につけたという事は、それなりのキャリアやスキルを積んで認められてきた証拠なので、部長イコール(=)ベテランというイメージもあります。

特に20代の若手の社員からすれば、部長クラスの人は4,50代が多いですから、父親ほどの年齢の差がある人のことはベテランと感じるに違いありません。

仕事のキャリアはもちろんのこと、人生の先輩としてもベテランです。

さまざまな修羅場や試練もくぐり抜けて今があると考えると、その経験から学んでみたい存在かもしれません。

尊敬している

部下から「僕が(私が)いちばん尊敬しているのは部長です」なんて言われたら、こんな嬉しいことはないですよね。

でも実際に、人生の先輩でもあり、良き上司としていつも優しく、時には厳しく愛情をもって接してくれる、部長のような上司を尊敬している、と答える人は結構多いみたいです。

部下として部長のような上司を尊敬する理由としては、やはり「部下思いなところを感じる」とか、「気遣いや思いやりにあふれた上司だ」ということが挙げられるでしょうか。

「仕事のミスがあっても自分がすべて責任を負うから、思いっきりやりたい事をやりなさい」なんて言ってくれる、心の広いどっしり構えた部長さんがいたら、本当に尊敬しますし、仕事で恩返ししたくなっちゃいますよね。

指導方法も適切で、教え方も丁寧で分かりやすく、部下の扱い方がとてもスマートで、それでいて知識も豊富で仕事レベルが全然違う、そんな部長さんは、尊敬に値すると思われる存在になるでしょう。

仕事ができる

部長という役職は、年齢さえ上になって経験さえ積めば、誰でもなれるというわけではありません。

コミュニケーション能力も求められますし、人前で話したり仕事を割り振るスキルも必要になります。

部下一人一人の可能性やスキルを見抜いて、個々の特性を生かした仕事を与える必要がありますから、観察力に優れている必要もあります。

会社全体の利益や業績を上げることも求められますから、適応力や柔軟性があり、いつでも安心して頼れる包容力も必要です。

また、自分自身も長年積み上げてきた実績や成績が評価されての、会社からの信頼の証として与えられたポジションであることを考えても、「仕事ができる人」というイメージを持つのはあながち間違ってはいないと言えるでしょう。

真面目そう

「会社の犬」「仕事の鬼」と感じてしまうくらい、仕事への取り組みが真面目過ぎるというイメージもあるようです。

勤務中は目一杯働くべきだ、と考えて「私語厳禁」だったり、ちょっと一息いれようとか、少し気を抜こうなんて余地がなさそうだというのが、部長へのイメージです。

他にも「頼まれたら嫌とは言えずに何でも引き受けてそう」とか「休みを返上してでも仕事をしようとして、常に100パーセント全力投球な感じ」「それを部下にも求めそう」という意見もあります。

有休はとらなそうだったり、仕事が終わったら自宅に直帰してそうなイメージもあるみたいですね。

総合的に評価すると、几帳面で仕事バカなところがある、堅物な存在というところでしょうか。

ところで部長といえば…

世間の人たちの、部長に対して抱くイメージをいくつか取り上げてみましたが、常に偉そうで、怖くて頑固で、考えが古いところがあって、融通が利かない、話しを聞かずに一方的に怒鳴る時がある、それでいて尊敬できるところを持ち、仕事ができて、とても真面目なベテラン部長さん、とまとめてみると、部長と言えばこの人!!と思いつく、有名なある人が頭に浮かんできませんか?

ギャグマンガとして長年さまざまな世代の人から読まれ、愛されてきた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」いわゆる「こち亀」に出てくる、両さんの鬼上司の大原部長です。

こち亀の部長

こち亀はもちろん、両津勘吉のハチャメチャぶりも見どころですが、その両さんが唯一ビビる存在でもあり、両さんの暴走を唯一止められるのが、この大原大次郎という部長の存在です。

この二人のやり取りも、こち亀の見どころの一つでしたよね♪

大原部長と言えば、昔ながらの頑固一徹オヤジで、仕事への取り組みや責任感が強い真面目な部長です。

両津が仕事中に遊んでいたり、ふざけていたりすると「この、ばかもーーん」と怒鳴りつけて、厳しく説教するのが特徴的です。

両津に対してだけでなく、なっていない若者に対しても、はっきりした口調で毅然と叱り飛ばすことのできる、昭和オヤジの一面を持っています。

時代の変化についていけずに、両津からバカにされたり融通が利かないところもありますが、プライドを捨てて部下から教えてもらおうとする、かわいらしい一面も持ち合わせていましたよね。

それでも部下からの信頼はとても厚く、何かあると頼りにされるのが大原部長です。

普段はあんなに両津のことを叱り飛ばしていても、家に招いて泊まらせたり、一緒に旅行に行ったり、呑みに行く時もあります。

家では、自分の娘や孫たちを溺愛する、優しいデレデレな父親の一面もあったり、将棋や盆栽や時代劇をこよなく愛する、人間味あふれる部長さんです。

彼のイメージも大きい

大原部長のさまざまな一面を取り上げてみると、世間の思い描く「部長」のイメージと非常に似通っているところが多数あると思いませんか?

1976年から40年に渡って国民から愛されてきたコミックですから、今部長クラスの年齢の人たちも愛読してきたでしょうし、今の若い世代の人たちからも支持されてきたと思います。

影響力の非常に強いマンガでしたから、部長とはこういう存在なのだと植え付けられてきた部分も多いかもしれませんね。

大原部長に憧れて、こんな部長を目指したい!と志してきた、現在部長の役職に就いておられる方もいるかもしれません。

部長の実際のところ

では実際のところ、部長というのは皆さんにとってどんな存在であり、どのような役割を担っている人たちなのでしょうか。

もちろん、これから挙げる例がご自分の会社の部長さんとまったく当てはまらないところもあると思いますし、必ずしもすべてが同じであるというわけではありません。

大まかにいえば、部長とはこんなところがある人もいる、という見方で見てもらえたらと思います。

数字に厳しい

どこの会社や企業においても、達成しなければならない目標やノルマというものがあります。

それは売上かもしれまんし、企業成績としての数字に表れるかもしれません。

部長という立場は管理職ですから、会社全体の利益に貢献するための対策を立てたり、実際にその部署をまとめて、その目標を達成するための手段を講じるのが仕事です。

それを具体的に数字で出して、部下に求めることも部長としての仕事なので、どうしても数字に厳しくなってしまうところがあると思います。

「この数字をいついつまでに達成しなさい」「締め切りまであと◯日しかないぞ」とか、「こんな数字ではまだまだ足りないぞ」「これでどうやって数字を作り出せるんだ」などと、数字にこだわってハッパをかけるのも、部長の役割なんです。

もちろん、部下からすれば数字だけがすべてではないので、それに至るまでのプロセスも評価してほしいと思う事があるかもしれません。

プロセスまできちんと把握して改善したり、励ますのも上司としての務めでしょう。

それでも、部署の管理をする立場としては、数字で管理したり、把握できる事柄もあるということ、そしてそれが部長の仕事だという事です。

確認作業を怠らない

部下が作り上げた書類や、仕事内容すべてに目を通すのも部長の仕事です。

確認作業をすることで、ミスや記入漏れがないかをチェックして、他企業や顧客へのクレームを無くし、会社の信頼を深めることにつながっていきます。

部下の行なう仕事の安全面の確認を行なうのも、部長の果たす役割です。

そのようにして、働く社員たちのことも、また会社全体のことも把握して見守るのが「部長」であるということなのです。

仕事熱心

やはり仕事への取り組みが真面目で、仕事熱心だったからこそ、今の立派な役職に就けているといっても良いでしょう。

責任感が強いと言っても良いかもしれませんね。

いつも椅子に座ってふんぞり返って、何でも部下任せにして怠けている人は重要なポストも仕事も割り当てられないですよね。

会社もその人の仕事への取り組みを評価したからこそ、今部長という役職に就いている存在の人なんだという事です。

仕事のできる部長であれば、部下をよく見ていて、上手に全員に仕事配分もでき、さらには的確な指示も出すことでしょう。

知識もいっぱい持ち合わせていて、部下の質問や相談にはどんなことでも、的確に答えてくれる、頼もしい存在であるに違いありません。

自分にも他人にも厳しい

自分にも甘く、他人にも甘い人が上司だったら、逆に信頼して付いていけるでしょうか。

やはり仕事ですから、公私混同せずに真面目に仕事に取り組み、間違っていることはきちんと諭してくれる上司の方が、部下としては安心です。

部長という立場は、部下を育てるのも仕事です。

次を担ってくれる若手を新たに生み出さなければなりません。

そのためには自分にも厳しく、時には頑固なまでに自分を追い込もうとするかもしれませんし、部下の成長を願うからこそ、時には厳しく接することもあるのだと思います。

「なんか部長が自分に厳しいように感じるのだけど、嫌われているのではないか」と思う方がいたら、それはむしろあなたへの期待の表れなのかもしれません。

あなたの可能性を上司として見いだしているからこそ、つい厳しく熱を込めて教えてしまうのかもしれないですね。

意外と親身

普段は無愛想で、なんだか近寄りがたい…と感じる部長さんでも、よく知ってみたら意外と親身になってくれて、優しくて人間味あふれる人だったということもよくあります。

会社にいる時は、勤務中なので必要なこと以外話さなくて、少しぶっきらぼうな存在に感じるかもしれませんが、仕事が終わった後に「一杯一緒にどうですか?」なんて誘ってみたらとっても喜ぶと思います。

仕事の相談や、恋愛や家庭の事など、プライベートな相談も親身に乗ってくれるでしょう。

自身の人生経験も含めて、熱く語ってくれるかもしれません。

人生の先輩として、部長から学べることはたくさんあると思います。

自分の方から積極的に頼ってみてください。

部下のことを大切にしてくれる部長は、人生においてかけがえのない存在になるはずです。

仕事以外ではのほほんとしている

仕事の時は厳しい表情で、ちょっと近づきがたい存在に感じる部長かもしれませんが、実は仕事が終わった後の部長は、のほほんとした、ただの一人のおじさんかもしれません。

やはり部長という立場ゆえに、仕事の時はどうしても厳しくならざるを得ないと思いますし、それだけ仕事に誇りを持っているということだと思いますが、実際の性格は少し抜けていたり、お茶目な部分も持ち合わせているかもしれません。

仕事以外の部長を知ると、結構人間味のある、優しくて近づきやすい存在なんだと分かってもっと身近に感じると思いますよ。

お酒が好き

仕事後まで部長となんか一緒にいたくないなんて思わずに「一緒に一杯どうですか?」なんて誘ってみるのはどうでしょうか。

部長クラスの人になると、これまで色んな人との付き合いの中でお酒もたくさん飲んできたと思います。

美味しいお酒を教えてくれたり、呑み方をレクチャーしてくれたりなんかもするかもしれません。

このお酒にはこんなグラスや陶器で飲むのがいいんだ、なんて教えてくれたりするかもしれません。

お酒を一緒に飲み交わすことで、グッと部長との距離が縮まるかもしれませんし、人間味あふれる部長の新しい一面なんかを発見したりして、あなたにとってさらに尊敬できる存在になるかもしれません。

家族を大事にしている

こち亀に出てくる大原部長もそうですが、あまり多くは口にせず不器用ながらも、奥さんや子供たちのことをとても大切にしている人は多くいると思います。

50代になってくると、今度は子供たちが結婚して孫が生まれている年代かもしれません。

普段は寡黙で表情をあまり見せない部長でも、お孫さんの話しを振ったりすると一気に笑みがこぼれて、嬉しそうに孫自慢をすることもありそうです。

話しが止まらなくなったり、頼んでもいないのに写真まで見せてきたりすることもあるかもしれません。

あなたの会社の部長さんも、子供や奥さん、お孫さんの写真を実は携帯に保存していたり、待ち受けにしていたり、家族のことを一番に考えて大切にしている、優しい一人の父親かもしれませんよ。

部長も意外と怖くはない!?

こう考えると、これまで少し遠い存在だった部長という存在も、結構身近に思えてくるのではないでしょうか。

仕事をしている時は責任ある立場なので、怖いと感じることもあると思います。

でもそれなりにキャリアを積んできているので、学べることもたくさんあります。

仕事への取り組み方や、人生の先輩としても部長からいろんな事を教えてもらうのはどうでしょうか。

勇気を持って自分から近づいて話しかけてみたら、あれ?意外と普通のおじさんだ…と拍子抜けしてしまうかもしれませんよ。