皆さんも仕事や生活の中で人へ非難する時があると思います。

自分の考えている事と違う時や意見が合わない時、明らかに相手が間違った行動をとっている場合など理由も色々とあるでしょう。

相手が大人しく聞き入れてくれれば問題は発生しませんが、喧嘩になってしまった事などはないでしょうか?

非難の仕方を少し間違えただけでも相手との関係も悪くなり険悪なムードになりますよね。

黙って見過ごしてしまえばそういった事にもなりませんが、ビジネスなどにおいてはそんな事は許されない行為です。

なんとか正しい道へ導くためにも非難というものは必要になってきます。

考えたい事は非難をする相手の性格などです。

気性が荒い人や気の弱い人などそれぞれ違った性格をもっています。

いつも同じような非難の仕方ですと、トラブルにもなってしまいそうです。

気性が荒ければ相手は言い返してくるはずですしその後の対応もちょっと面倒に感じます。

逆に気の弱い人ならば落ち込んでしまって会話にならないかもしれません。

そこで今回のテーマは「非難の仕方」について追及していきます。

人によって対応などを考えなければいけない「非難」ですが、色々な問題点も抱えています。

言い方などにも気をつけないと色々とトラブルの原因にもなってきます。

どんな事に注意していったらいいのかなど、迷ってしまった方もいらっしゃるでしょう。

様々な角度から「非難の仕方」というものをお話ししたいと思います。

非難の仕方はちょっと間違えると大変なことに!

「ちょっと何やってるの!」
ドラマなどで人に非難をするシーンでこんなセリフが思い出されます。

新人がミスをした場合の上司からの一言です。

これは実生活や現在の職場においても言われる・又は言う可能性がありますよね。

どうしても仕事に集中している時には相手に気遣うことを忘れてしまうようです。

ただし、この非難の仕方は本当に正しいのでしょうか?

怒鳴りつけるという事は相手の行動を否定する事です。

この言葉を聞いた新人などはその後の仕事にも影響するかもしれません。

非難するという事は簡単に出来ますが、言葉をある程度選んだりしなければ人間関係にも影響が出ます。

スムーズにいくはずだった仕事も一時的にストップしてしまう可能性だって出てくるでしょう。

そんな事にならないように非難する上でも注意する点はいくつもあるのです。

言い方一つで非難の意味も全く変わってきます。

その辺りの事を確認して頂ければ幸いです。

では最初に、非難の意味から考えていきましょう。

1.非難とは?


一言で言うと相手のミスを取り上げるという意味になります。

人は誰でも必ずミスを起こします。

ミスのない人間など存在しません。

ですが人間は相手のミスをここぞとばかり非難するという行為もします。

ちょっとした手順や間違いを大きく取り上げてしまうのです。

それが間違っているとは思いませんが、必要以上に責めるとしたら意味は全く違ってきますよね。

ミスを指摘して修正してあげる手伝いをする事がとても大切だと思うのです。

指摘は誰にでも出来ることで、自分が新人などの時はミスも繰り返していたのではないでしょうか。

非難するだけなら簡単ですが、その後の対応にも気をつけなければいけませんよね。

そこで実際に非難する場合は、どのようなケースがあるのか見ていきましょう。

1.相手の欠点を責めること

とにかく欠点を責める人がいます。

非難をしている時の人の感情は怒りですよね。

頭にきているから非難を始めるのではないでしょうか。

その場合に口調や言葉ですが、荒い口調で相手をけなす言葉を口にしていませんか?

例えば身体的なものを言葉にだしてみたり、相手にとって非常に嫌がることを言ってしまうと信頼関係はなくなると思います。

欠点を責めるということは存在を認めないということにも思われます。

気が弱い人であれば心にダメージを負います。

このパターンは人の存在自体を否定してしまうことで最悪の結果を生む可能性が非常に高くなります。

2.相手の過失を責めること


仕事などでミスをした場合を考えてみましょう。

相手に過失がある場合にはその過失についてだけ非難するケースが多くなります。

その前の過程など何も考えずに非難する人が多くなっています。

確かに過失がある場合には非難された相手にも責任は発生しますが、本当にその人一人の責任にしてしまうことが正しいのでしょうか?

前の段階からミスを引き継いでしまったケースも考えられますよね。

過失があっても責任問題としてみたら、一人のだけを非難することは少し問題でもあります。

相手の不注意で起きてしまったことでも、その事だけを責めるというやり方は非常に危険でもあります。

色々な状況なども考えてあげなければ相手の気持ちも落ち込んでしまい仕事などにも影響します。

この2点についてですが、とにかく相手のことを何も考えずに非難するというパターンになります。

状況やその時の様子は全く考えずに相手に対してだけの非難です。

これは相手を怒らせる原因にもなりますよね。

黙って聞くタイプの人でなければその場で口論が始まるはずです。

その後の仕事などにもかなり影響もでてしまい会社に迷惑をかけてしまうかもしれません。

ここで覚えて頂きたいことは、責めすぎることは良い結果にはなりにくいと思って下さい。

人間関係を自ら崩していくタイプに多いですが、自分にも相手にも良いことは一つもありません。

2.批判とはどう違う?

基本的に批判と非難は全く違います。

非難は相手のことをけなしたり欠点を責めますが、批判の場合は良い所と悪い所を見極めるという行為になります。

先ほどもお話ししていますが、相手に過失があっても全てが悪いとは限りません。

ここまでの判断は良かったという状況も考えられます。

この部分についてはきちんと評価をしてあげるのが一番の違いです。

確かに相手を責めるという点では同じような行動に思われますが、相手もきちんと認めてあげなければいけませんよね。

すべての行動が悪いという人もなかなかいませんので何かしら良かった点もあると思います。

そうして悪い所も指摘されれば素直に受け入れることも出来るのではないでしょうか。

単に責めたてることはしない行為が批判ですので、違いを確認して下さい。

次からは批判について細かく分けて考えていきましょう。

1.悪い点を検討し判定すること

まずは良い点と悪い点を見極めることから始めます。

相手に過失があっても良い点は見つかります。

その部分に対しては何かしらの評価が必要です。

そうした上で悪い点についても相手に伝えます。

それは相手にも把握してもらうためです。

相手がどこまでが良かったのか分からなければ解決には至りません。

同じようなミスを繰り返すはずです。

そして次に悪かった所を検討していきます。

この部分はどうすればよかったなどをアドバイスしながら理解してもらうことが大切です。

相手が悪かった部分を認め、それについて理解すれば納得しますよね。

相手にしてもただミスを責められるのと違い素直に聞き入れるはずです。

批判で一番大切なことは検討するという行為になってきます。

その行動で本当に良かったのかどうか、考えなければ解決には至りません。

ここが避難とは違うところであり、批判のもつ特徴でもあるのです。

2.正すべきことを考えること

相手にしてみれば、それまで正しいと思ってたことが間違っていたと分かります。

では、今後はどのようにすれば良いのかを考えますよね。

非難されていた時は考えることは出来なかったはずです。

一方的にけなされて全てのことを否定されていたのですから当たり前です。

どれが良いのか悪いのかも分からないままになっていて、次も同じことでミスする可能性が非常に高くなっていました。

批判の場合はこの行動までは正しかったと分かることで、悪かった点についてただすべきことを考えれば答えも見つかりやすいと言えます。

考えるべきスタート地点も違いますし、それさえ分かってしまえば次のミスも防げます。

仕事などにも大きく影響してきますよね。

ミスがなくなれば作業などの効率も上がってきますし、それが会社の利益に関係するのです。

間違った行動を繰り返していればやり直しというものが増えるだけであり、時間を無駄に使ってしまうでしょう。

こうならないように相手にものを言うときにも考えて言わないと意味のないものになってしまうのです。

3.つまり非難は「責める」ことで止まる

ここまでお話しすると非難と批判の意味もだいぶ分かっていただけたのではないでしょうか。

非難は相手の欠点やミスを取り上げて責めるという行為です。

自分の思うがままに言葉を並べあげて相手をとことんけなします。

自分が同じようにされたらどう思うでしょう?

身体的にコンプレックスがある部分などを指摘されたらどうですか?自分が悪かったことも忘れて怒りが沸いてくると思います。

そうなってはいけないのです。

あくまでミスがあればそれを正すようにしなければ何も解決は出来ませんよね。

相手を怒らせることしかできない非難は、誰にも役にも立たないでしょう。

まずは非難すること自体をやめないと相手にも同じように非難される時がきますし、仕事もミスだらけの最悪な結果を生むことになってしまいます。

4.責めるだけだと相手も気分を害すだけ

口論をしている時でも非難するだけの人がいますよね。

相手の悪かった点だけではなく過去のことを持ち出したり全然別の話題まで言いはじめます。

こういった責められる言葉を言われたらさすがに相手も気分を害してしまい、話も聞き入れてはくれないのではないですか?

今の状況に全く関係のないことまで持ち出されたとしたら議論の余地などないはずですよね。

最悪な場合は相手も自分にことを非難するでしょう。

これでは子供の口げんかと一緒です。

大人がとる行為としては最悪とも言えます。

単に相手のことを罵り合うという恥ずかしいものになってしまいます。

そして、人間関係でも信頼は築くことはかなり難しいと言えます。

非難された相手は自分の言葉を聞かなるなるでしょうし同じミスを繰り返します。

どんどん状況が悪化していき色々なことで会社にもダメージが発生します。

これではいけないと思うのです。

改善されることが出来なければ相手に言うことは避けるべきでしょう。

しかし非難を続ける人も実際いますよね。

相手を怒らせるだけの方とはどのような人かを見ていきましょう。

決してこういう人にはならないように気をつけなければいけません。

よく人を非難する人の特徴

相手を怒鳴り散らすだけの人はとても良く似た特徴をもっています。

当事者ではなくても周りで見ている人でさえ気分を害します。

非難という行為は大人のすることではありませんし、誰にも役に立たないのです。

このような人の特徴に自信が出てきます。

これは非難をする人はほとんどの方に関係していることです。

1.自分に自信がある

自分に自信がある人ですが、普段から人に対して見下しているような態度をとるといった行動が目立ちます。

仕事の上では確かに出来るかもしれませんが、周りからは嫌われているはずです。

そして相手のミスを探すことも特徴の一つになります。

仕事が早いぶん相手のミスを探す時間もありますよね。

自分が行う仕事と少しでも違えばそこから非難が始まるのです。

この場合の非難の特徴に「自分であればこんなミスはしない!」といった口調が必ず出てくるでしょう。

自信がある人は自分との違いを口にすることがとても多くなり、なんでこんな簡単なことが出来ないといった文句を永遠と話すはずです。

当然、相手の仕事の良い部分などには一切ふれません。

形が汚い・これもダメあれもダメといったことを周りにも聞こえるような大きな声で話します。

自信がある人はとにかく自分がいかに出来る人間かを見せつけたいという感情が強く相手の気持ちを考えずに行動することが非常に多いのです。

さらに自分がミスをした場合も同じような特徴を持っています。

2.人に厳しく自分に甘い

人は必ずミスをします。

どんなに慣れたものでも多少のミスは出てきてしまうのが人間です。

非難をする人も当然ミスはあります。

そしてその事を誰かに指摘されたときは猛然と反発することも特徴です。

自分はいつも正確でたまたまだといった言い訳をするでしょう。

要するにこういったタイプの人は自分に甘いのです。

いつもは人を非難していても相手に指摘を受けると怒り出すのも特徴になります。

人に厳しくする分自分にも厳しければ周りの人たちもある程度納得して聞き入れるでしょうが、自分に甘い人の言うことなど誰も聞きませんよね?

自分がミスをした時は言い訳しかしない人のどこを信頼していいか分からないはずです。

こういう風になれば仕事にも支障が出てきますし会社のためにもなりません。

いかに自分に自信があるような人でもみんなの輪を崩すような人は会社は求めていません。

そして非難をする人はマイナス的なことしか考えなくなっていきます。

3.被害者意識が強い

非難をする人は非常に被害者意識が強いと言えます。

どのような状況でも自分は悪くないという考えをもっています。

仕事に対してのプライドが高く自信もあることから、ミスをしても素直に認めることが出来ません。

そして最終的には自分のミスであっても人に押しつけるようにもなっていきます。

準備段階や連絡が足りなかったといった言い訳に変わっていくのです。

この段階まできてしまうと周りからは相手にされなくなっていくでしょう。

孤立した状態でだんだんとイライラする時間が増えていきます。

相談できるような人もいなくなりますます被害者意識だけが高くなっていくのです。

このように非難する人は自分の居場所を自ら失くしていってしまいます。

その結果心にも余裕がなくなっていくのです。

4.ストレスが多い

心に余裕がなくなると、人はストレスを感じ始めます。

被害者意識が強いだけあり、そのストレスさえも人のせいに考えてしまいます。

だんだんと非難する対象が広がっていくのもこの辺りと言えます。

関係のない人へも暴言を吐くようになり、自分をとても追いつめていく行動しか出来なくなっていくのです。

それは仕事にも影響してくるでしょう。

自信があったことに対しても少し迷いも感じ始めてしまいミスもするようになっていきます。

それもまたストレスになり誰かのせいにしていきます。

普段の生活でもストレス発散が出来ない状態で常にイライラした気持ちしかありません。

5.自己顕示欲がとても強い

非難をする人は周りに良く見られたいと常に考えています。

これは、自己顕示欲がとても強い人であり自分の存在を見せつけるといった面があります。

仕事の上でも周りにアピールし普段から目立とうとします。

コミュニケーションの一つで考えた場合に自己顕示欲は確かに必要です。

自分を誰かにアピールしなければ色々な場面で苦労することになるからです。

しかし、この場合は少し違ってきます。

大袈裟すぎるアピールはかえって嫌悪感を抱かれます。

他の人への過剰な自己顕示欲は嫌われる原因でもあり孤立するでしょう。

【自己顕示欲が強い人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

6.逆に非難されるとすぐ萎縮する

そして、非難を常にする人というのは相手からの非難にとても萎縮します。

例えばその人の上司から非難されると文句は言えませんよね。

自分がいつも行っていることを上の人にされた場合、とても気持ちが落ち込むのです。

元々のメンタル的な部分が弱いこともあり、一度自信をなくすと中々立ち直ることが難しいと言えます。

逆に部下などに非難されると逆切れする可能性が高いでしょう。

プライドが高いので認めたくない気持ちが勝ってしまいます。

また、批判も受けつけることは少ないと言えます。

自分のミスを認めたくないために悪い部分を考えようとしません。

あくまで非難されて萎縮するのは上司の場合が多いのでご注意下さい。

7.権利をすぐ主張する

この手のタイプの人は権利にも固執します。

どのような場面でも今の自分の立場を口に出すことで安心感を得ているためです。

どういった状況でも考えは変わらないでしょうし、変えることも難しいと言えます。

ですから自分の上司に非難されたときには何も言えなくなってしまうのです。

それがストレスとなり部下を非難するといった悪循環しかありません。

ストレス発散が相手を非難するという行為に変わっていく瞬間でもあります。

8.物事の価値基準が高い

非難をする人は物事に対する価値基準が高いと言えます。

仕事をする上でこの考えは必要でもありますが、その他の考えを受け入れにくいといった面もあります。

自分が考える物事の価値が最優先になりがちですので、違った視点から見ることが不得意になっています。

価値というのは色々な角度から発展できるのですが、あまりに基準を高くしてしまうと違った方法での価値の作り方などに反発してしまう傾向が強いです。

ですから部下などの意見には耳を貸さないという状況にもなっていきます。

どんなに良い案でも自分の価値基準から外れてしまうと認めないからです。

9.人の気持ちを考えない

色々と非難をする人の特徴をお話ししてきましたが、簡単に言ってしまうと全く人の気持ちを考えない人であると言えます。

人の気持ちを考えれば非難するということにも躊躇しますよね。

もしくは言ってしまったあとにフォローなどするはずです。

こういうタイプの人は反省もしません。

言いすぎたなど反省する要素は沢山あるにもかかわらず考えようとしません。

自分に自信があり、それが常に正しいと思っているので非難することが相手にとって一番だと考えています。

相手の気持ちの落ち込みや怒りといったものもわかりませんし、似たようなミスを繰り返されてますます非難する口調なども悪くなっていくでしょう。

これでは会社への貢献も望める状況ではありません。

上司から逆に非難されて一人で落ち込むという結果になります。

非難するということは自分にもいつか返ってくるのです。

そしてそれに気がついた時には自分の味方はいなくなっています。

非難をする時の正しいやり方と注意点

ここまで非難する人についてお話ししてきましたが、相手を非難する事で一つでも特になったことがあるでしょうか?

仕事のミスを減らせるきっかけにもならずに孤立していき、ミスが減らないということは業績も伸び悩みます。

会社の利益にならなければ自分が上司から非難されることになり、その怒りを部下などにぶつけていく事になりますよね。

これでは大人の対応とは言えませんし会社的な目線で考えても必要な人材とは言えなくなってしまうでしょう。

個人の技術的なものは高くとも人を育てていく能力がなければ上司の資格がないからです。

では、こういった事にならないようにするにはどうすればいいでしょう?

最後に非難する時でも、このような事を意識して行動してみて下さい。

1.頭ごなしに非難しない

まずは頭ごなしに非難しない。

これは怒鳴らないという事です。

どうしても声を荒げて話す人がいますが、怒鳴り声は不快でしかありませんし周りも不愉快になります。

威圧的な非難は誰にも聞いてもらえることがなく、ある時から憎しみにかわる場合もあるので注意が必要です。

相手を非難するときでも物事には順序があります。

落ち着いた声で話しかけることから始めて下さい。

これは相手に聞いてもらう準備をするためでもあります。

怒鳴っていても相手は決して聞く体勢には入りません。

反発の気持ちしか生まれずその場をやりすごせばいいといった事になっていくでしょう。

ですから普通の声で話しかけるようにして、聞く体勢になってもらう必要がでてきます。

これが出来ないと何も変わることはありませんのでご注意下さい。

1.非難している方が低レベルに見える

皆さんの目には非難している人がどのように見えるでしょう?

何か大声を出して相手の意見も全く聞かない人は自分よりレベルが低いと感じませんか?

少しでも何かを言えばそれを書き消す勢いでまくし立てる人がレベルが高いとは思えませんよね?自分では気がついてないだけで周りからはバカにされていると思います。

こうなってしまったらもう関係の修復は難しいです。

いくら心を入れ替えたとしても受け入れてもらうまでにはかなりの時間を要します。

そうならないようにするためには次のことが非常に大切になります。

2.感情的に非難しない

まずは感情的にならないことです。

誰かを非難する場合でも冷静に話しかけるようにして下さい。

大声を出せば怒りのスイッチが自然に入ってしまいます。

それでは感情をコントロールすることは不可能です。

相手に話しかける前に深呼吸をして落ち着いた状態になったら初めて声をかけるようにして下さい。

基本的な事ですがこれがとても重要になります。

冷静に話せないと思ったら次の機会にする判断も必要になってきます。

とにかく声が大きくならないようにすることが大切です。

1.冷静に淡々と事実を伝える

次に大事なのは淡々と事実を伝えることです。

この時は相手にも一つ一つの事を確認するように問いかけてミスなどを認識させる必要があります。

この場合でも途中で大きな声が出さないように冷静に進めていって下さい。

この大声というのは相手を挑発することにもなるので本当に注意が必要になってきます。

2.攻撃的に言うと相手も逆切れする場合も

言葉が攻撃的になると人はある程度までは我慢することが出来ます。

しかしながら我慢の限界も存在します。

例えば身体的な部分を言ってしまったり、その人にとってもコンプレックスなどにも触れてしまえば逆切れされることにも繋がってきます。

そして最悪の場合は開き直られるということも考えられますよね。

これは最悪の結果にもなってきますし良いことは何もありません。

3.論点がズレていきがち

感情的になると話の論点がズレていきがちになってきます。

問題とは関係のない過去のミスであったりを持ち出してしまいます。

こうなると話はまとまりませんし相手も不快に感じるでしょう。

これは人間関係にも影響していくので避けなければいけないことですし、部下などへのこういった態度は好ましくありません。

3.欠点ばかり言わない

非難をするときは欠点などを言ってしまうケースが多くなります。

相手の性格や行動にも色々と口を出す人が多いです。

こういった言葉は相手の心をとても傷つけます。

自分が言われたらどのように感じるのかを考えてみるのも必要です。

欠点をいうことは悪口を言ってるようにしか聞こえませんから、周りからの評価も下がります。

こういった態度が連帯感を失くしていき仕事の効率も下がるという結果になるので避けなければいけません。

1.良い点もまじえて伝える

この場合でも相手を褒める言葉をまじえていくことで色々な面に変化が訪れます。

相手も褒められたり自分の良い点を挙げられれば話の内容にも集中してくれますし、ミスということに対して反省の気持ちも出てきます。

悪い点だけをあげたり欠点ばかり取り上げれば相手は話を聞いていないと思っても良さそうです。

その場だけ謝罪して早くこの場から去りたいとしか思っていないでしょう。

ですから、話を伝える為にはきちんと相手の良い所などもまじえながら進めるようにすることが大切です。

4.非難した結果、どうしたいのかも伝える

非難するときの注意点がもう一つあります。

相手にミスを指摘した場合には、このミスをなくす事によってどれだけの成果が上がるかなど、具体的なものを示す必要があります。

そうする為に手段をきちんと指導していくことがとても重要です。

ミスを指摘するのは誰にでも出来ることですが、どうやって効率よくミスを少なくしていくかは伝えなければ理解してくれません。

自分の仕事に自信を持っているということは、その方法もわかっているはずです。

作業などで不具合がある時の対処法も知っています。

こういった情報を共有していくことが大切なのです。

相手が今まで知らなかった方法などを教えることによって非難されたという意識はなくなっていきます。

話を聞き入れる準備まで導いてあげることで自分の信用なども確保して下さい。

1.良くするための非難であることを伝える

最後に非難するということは相手のミスなどを指摘することから始まります。

どこが悪いからこういった失敗になるかを伝えたら、会社のためでもあり相手のスキルアップにもなることを伝えて下さい。

怒られてばかりでは人は伸びません。

どのような状況であれ誰でも良い面はもっています。

悪い点ばかりを指摘すれば人は離れていきますよね。

仕事の作業効率をあげることは、その人自身のスキルもあがってきます。

だんだんとミスが少なくなれば会社の利益にも影響し収入面においても満足が得られる結果になっていきます。

直さなければいけない点は注意し、良い点は褒める。

そして、非難したことは今後のためを考えた上での行動ということを伝えましょう。

まとめ

人を非難することは色々なことを考えなければいけないと思います。

相手の気持ちや周りの態度がいい方一つでだいぶ変わってくるからです。

すぐに感情的になってしまう人は孤立してしまうことが多くストレスも増えていきます。

結果としてあまり良い未来は見えてきません。

今までは怒りに任せて相手を非難していた方も、これからは変えてみる努力をして下さい。

時間はかかるかもしれませんが、相手の良い点も話すようにすればだいぶ態度も変わってくるでしょうし、非難した相手のためでもあるという事をハッキリと伝えるべきです。

穏やかな口調で話されれば相手も内容を理解しようとしますし、双方にとってもメリットですよね。

ただ怒鳴るだけでは人はついてきてはくれません。

今までの非難とは違う、人を良い方向に変えていく非難をするようにしてはいかがでしよう。

きっと色々なことが変化して楽しい未来が待っているはずです。