友達が欲しいと思っていても早々作れたら苦労はしないと思う人いませんか?

友達というのは生涯のうちに何人かはできますが、友達というランクで留まってはいないでしょうか?

例えば親友と言えば友達より更に深い付き合いなのだなと思えますよね?

自分はその様に思っている人がいても相手は何も思っていないということもあるかもしれません。

まるで初恋のようです。

でも「友達100人できるかな?」という歌があるように友達は多い方が楽しいですよね。

その友達を増やそうとしても増やすことができない、友達をもっと欲しいと思っている人に友達ができない8個の原因というものをお教えしたいと思います。

心当たりはありませんか?

友達を作るというのはとても難しいですが、自分から行動をしなくてはまずできません。

待っている受け身の状態では友達を増やすことができず、また友達を多く持っていても付き合いが浅いという状態になると直ぐに離れてしまうということもあります。

友達を作るときは量より質です。

見極めることも大切ですが、自分の好きなことをできるようにすると更に友達を増やすきっかけにも繋がるかもしれません。

友達と親友というのはよく別枠で考えられることが多いですが、友達の延長線が親友という形になるのでしょう。

親友を作るようにすると友達も次第と増えていくかもしれません。

友達の増やし方は様々ですが、今回はその一部も紹介したいと思います。

例えば共通の趣味の友達が欲しいとなれば今ではネットというものがあります。

またブログなどを開設して広めるのも良いでしょう。

昔とは違い今ではネットでの交流でオフ会と呼ばれるものもあります。

知り合って仲良くなって実際に会って遊んだりするようなことをオフ会と言いますよね。

その様にして友達の輪を広げたり、飲み会や行事に参加をすることがないという人は積極的に参加をしてみても良いかもしれません。

自分から友達を作るのが苦手な人は多い

自分から友達を作るのが苦手な人は多いということをご存知でしょうか?

普通に考えてみると見ず知らずの人に話しかけたり話題を持ちかけるというのはとても難しいですよね?

ですがそれを何とも思わずに話しをしたりフレンドリーな人も多くいると思います。

自分から友達を作るということが苦手というのは相手のことを気にしてしまうからでもあります。

例えば何か不安なことがあるとそればっかり気にしてしまい接しなくなったり、少しでも嫌なことがあると自分から離れたりするということもあるのではないでしょうか?

相手の顔色を伺ってしまうというような人もいるかもしれません。

自分から声をかけずらいという事は相手と喋りにくいということでもあり、向こうから話しかけてくるのを待つということになります。

自分自身があまり接したくないということであれば離れても良いですが、友達になれそう!なりたい!と思う人から離れるということはあまりしないようにしましょう。

また友達を作るのが苦手な人というのは基本的に受け身の形になることが多いです。

自分から他の人達に話すということがあまりないのではないでしょうか?心当たりある人もいるのでは?

嫌な顔されるかもと不安になる

嫌な顔されるかもと不安になる傾向があるという人は自分から友達を作るのが苦手な人に多いです。

これは相手のことを気にしてしまうというのもありますが、変な話題を振って嫌な思いをさせるのではと考えてしまうような傾向にあるためこの様な考え方をしてしまいます。

フレンドリーな人や友達が多い、友達がいるという人はその人に対してあまりその様なことを感じずになんでも言ってしまいます。

これは相手のことを友達と信用しているからでもあるのです。

仮に何かあると思い、実際に相手からその様なことをされてしまうと友達ではありませんよね?嫌な顔されるかもと不安にもなってしまうことがあると思います。

ですが普段から喋っている人、例えば家族などはその様なことはありませんよね?

何でも言ってしまったり、直ぐに言葉が出たりするのではないでしょうか?

嫌な顔されるかもと不安にならないようにすると友達もできるのではないかと思います。

自分から声を掛けれない

自分から声を掛けれないという人もいます。

例えば喋りたくても喋れないという人がいますよね?

自分から声をかけてこそ相手との会話が繋がるということにもなりますが、自分から声を掛けれないという人は多くいます。

積極的な人であれば何とかして喋ろうと思い発言をしたりしますが、その様なポジティブさを持っているかでも変わってくると思います。

よく人見知りという言葉を聞きますよね?

人見知りな人は相手がどの様な人かを見て知るということです。

なので会って喋るということをする際には相手がどの様な人なのかを見極めてからどの様に喋るということを考えていると思います。

自分から声を掛けれない人というのは自分の前に壁を作ってしまったりするので、その壁を少しずつ低くして相手を受け入れるかどうかだと思うのです。

仮に相手からガツガツ話がきてしまうと逆に身を引いたりするのではないでしょうか?

相手は友好的に接しているつもりでも自分は無理だと思うのであれば無理に友達になる必要もないということを覚えておいてください。

友達は誰でも友達というわけではなく、例えば普通の同級生、会社の同僚など、様々な形で分けられると思います。

自分も友達を選ぶという権利があるので、気をつけるようにしましょう。

一番ダメな状況は嫌々ながら付き合うことです。

仮にガツガツきて声を掛けて貰っているけれど嫌に思うのであればすっと終わらせる、自然消滅をさせるなども良い方法の1つなので覚えておくようにしましょう。

仲良くなれても短い付き合いで終わってしまう

仲良くなれても短い付き合いで終わってしまうなんてこともありますよね。

仲の良さというのはその人達でしか解らないものだと思います。

ふとしたきっかけで全く喋らなくなったりすることもあるのではないでしょうか?

何かあったわけでもなく短い付き合いで終わるということは、そこまでという事にも繋がるのではないでしょうか。

自分はもっと話しをしたいと思っていても相手から連絡が来なかったりするなんてこともあります。

短い付き合いというのは数年であればその様なことが多くあるのではないでしょうか?よくある例としてはネットなどが良い例でしょう。

ネットになると好きに始めることができて好きな時に終わることができます。

また短い付き合いというのはよく大学生ではあるのではないでしょうか?

入学当初はこの人と喋っていたりしていたけれど、今では全く違う人と接しているということもあると思います。

大学などでは様々な人がいるので仲良くなっていても短い付き合いで終わってしまうということが多くあります。

話をしたいと思っていても話かけたりすることができず、常に他の人と接しているという人もいるので、この様な傾向が多いのではないでしょうか?

友達ができない8個の原因

では友達を作ろうと思っていてもできない8個の原因についてお教えしたいと思います。

先ほど言った内容も含まれていますが、基本的には自分から話しかけるということをしなかったり、とても内気な性格でいると友達を作ろうと思っていても難しいです。

友達というのは自分自身が相手にどれだけ打ち明けられたり、話をしたりすることができるかにもあります。

基本的には相手に自分のことを言うということに関しては抵抗がある人ばかりだと思うのです。

他にも常に暗い表情などをしているという人であれば相手にはあまり良い印象をもたれませんよね?

例えば話をしている時でも常に暗い表情だと相手から心配されたりもしますし、暗いということはあまり良い印象を相手に与えません。

また自分のことを出すということが苦手という人もいるでしょう。

先ほどの抵抗があると同じように自分のことを相手に対して言うということはとても勇気のいることだと思います。

他にも様々な理由があると思いますが詳しく見てみたいと思います。

1、他人からどう思われているか気になる


他人からどう思われているか気になるというのはありますよね。

例えば友人の場合だと趣味の話をしていたりその後はどの様に思われたのかなど、友人と別れた後はとても気になると思います。

ですが他人だとすればどうでしょうか。

常に街を歩いている人達の目を気にするということになります。

その様な考えになってしまうとらちがあきません。

気にしすぎるのも良くないのです。

他人からどう思われているか気になるという人はその事を本人に聞くしかないのです。

ですが聞くのも逆に気がひけたりしますよね。

常に他人からどう思われているのか気になったり、他の人の目が気になるという人は友達ができにくい傾向があります。

他人の目というのはとても気になるものです。

あなたの評価は皆様々な意見を持っていますが、気にしていてはとても身が引けてしまうので注意をするようにしましょう。

2、褒められ慣れていない

褒められ慣れていないという人も実はできにくい傾向があります。

友達とも会話の中では相手のことを凄いと思ったりすることが多いと思いますが、逆に褒められるということもあるのです。

褒められ慣れていなくて相手に対して何て言えば良いのか解らない、という人は友達ができにくいのです。

友達との会話では他にも様々なことを話すと思います。

例えば相手が自慢話をしていたのであればそれに対して「凄い!」と思いますがこちらが自慢話をしている時、相手も同じように「凄い!」と思うのです。

その時にどの様に返すのかで会話が更に続くと思います。

その同じ内容について話をするのか、または他の話を更にするのかなど、言葉のキャッチボールがしやすくなるのです。

受け答えなどに関してはとても大事なことで喋るのを止めることはいつでもできますが、続けるというのは難しいですよね。

褒められ慣れてないということは、相手からの言葉に対して返すことができないという事と同じになるので気をつけるようにしましょう。

3、飲み会など大勢で集まるのが苦手

飲み会など大勢で集まるのが苦手だという人もいるのではないでしょうか?

基本的に少数を好む人は友達なども少数で行動をするというのを好みます。

大勢のいる場所というのは1人の状態になってしまうという人も多いのではないでしょうか?

折角の飲み会なのに1人で飲んでいるという人もいたりするのではないでしょうか?

大勢で集まる時には誰かが仕切ったりすることも多く、会話にも中々入りづらいという環境になることが多いです。

そのため友達と思っている人に話しかけても話し辛い、話す人がいないという環境になってしまい、友達がいなくなってしまうというような事もあるのではないかと思います。

それの影響により飲み会などに参加をしないという人も多いのではないですか?

集まっていても話す人がいなかったりするのではないかと思ったりする人もいると思います。

ですが大事なのは、自分から進んで話をしにいくことです。

常に他の人のことを気にしていたりするのではなく、自分から進んで行動をするようにしましょう。

4、集団行動が苦手

集団行動が苦手だという人もいるのではないでしょうか?

集団行動をするという時にあまり同じようなことをしたくない、自分のペースでしたいという人も多いと思います。

ですが自分のペースでするということは、周りにペースを合わせてもらうということになりますよね。

集団で動くという事なのに自分のペースでしていては逆に相手からして見ると自己中心的な考え方になってしまうのではないでしょうか?

集団行動が苦手ということは、それほど自分のペースで進めたいということなので、集団行動が苦手になってしまうと友達も不意にできなくなってしまいます。

5、内向的な性格


内向的な性格というのも友達ができない理由の1つです。

興味を持つことが内向的で、人と関わらなくても良いという考えの人は友達ができない理由にも繋がるのです。

基本的に友達を作るということは、内向的な状態ではなく外交的にならないといけません。

内向的な性格になるということは、自分のことを出さずに常に自分のことしか考えていないということにも繋がります。

人と接するということは常に相手と喋ったり会話をしたりするようなことを言うので、友達も同じように言えるのではないかと思います。

友達と会話をしている際にも自分のことだけを言うのではなく、相手のことを聞くようにすることが大事です。

内向的な性格の人というのはとても多いように見られますが、自分から相手の話しを聞くというのも大事なことなので覚えておくようにしましょう。

【内向的な人については、こちらの記事もチェック!】

6、本心をさらけ出すのが苦手

自分の本心というのは相手に早々出すものではありません。

しかし親友であったり、家族であれば本心を出したりするという人はいると思います。

本心というのは自分の本当に思っている気持ちであり、友達となればその本心を常に隠しているという人も多いのではないでしょうか?

これは普通のことです。

誰でもその様なものを持っています。

ですが誰に対してもこの様な性格の人がいるのです。

本心をさらけ出すということはとても難しいですよね。

例えば相手の人を傷つけたり、何か嫌なことを言ってしまうかもしれない、落ち込むかもしれないなど様々なことを考えると思います。

ですがさらけ出さずにいてしまうと逆に相手から心配をされたり「大丈夫なのかな?」と思われたりする可能性も出てきます。

心の許す友達というのは少なからずいるとは思いますが、誰に対しても本心を出さないということは相手も同じようになってしまい離れてしまうというようなこともあるので注意をするようにしましょう。

7、1人でいるのが好き

1人でいるのが好きだという人も友達ができないという傾向があります。

例えば友達と一緒に行動をしていても1人の行動時間が多いという人はいませんか?1人で見て回るのが好きだから常に1人で行動をしているという人もいます。

友達というのは常に一緒という訳ではありませんよね。

1人で行動をすることもあると思います。

ですが1人でいすぎてしまうと今度は相手が心細くなってしまったり「1人できているようなものなのでは?」と考えてしまうこともあります。

1人でいるのが好きという人で友達と一緒にショッピングなどをしているとなれば、その時はなるべく友達と一緒に動くようにしましょう。

そうすることで好感なども持てますし、相手からもどんどん喋りかけてくれたりするでしょう。

友達を作る上で大事なのは言葉です。

言葉のキャッチボールが成り立たない場合は友達を作ることが厳しいので覚えておくようにしましょう。

8、暗い表情をしている

暗い表情をしているという人も友達ができ難い傾向があります。

暗い表情というのは相手にとっても暗いという印象を与えてしまいます。

例えば明るい人というのはその人と会話したりすることでも周りが明るくなったりするのではないでしょうか?

元気が無い時でも明るい表情をして「元気だしなよ」と言われたら勇気づけられませんか?

ですがこの逆で暗い表情をしていればどうでしょう。

その状態で言われてもこちら側も暗い雰囲気になったりするのではないでしょうか。

表情というのは顔にとても表れるので、暗い表情をしていればそれほど相手にも暗い印象を与えてしまいます。

なので暗い表情はあまりしないように心がけることが大切です。

どうすれば友達ができるの?

できない理由についてお話をしましたが、ではどうすれば友達ができると思いますか?

例えば挨拶をする、明るい表情で言うというだけでもとても効果的です。

また、友達をネットで作るという方法もあります。

ですがこのネットで作るというのはいつでも関係を切れてしまうこともできるので長くという風にはあまり持ちません。

常に長くということであれば実際に何か習い事をしてその人と関わったり、飲み会などに参加をするというのも1つの方法だと思います。

また何より友達を作る方法として会話をするうえでは聞き上手になることがとても大切です。

相手の言葉をよく聞いて会話をするというだけでも相手からしてみればとても話しやすい人だと思い友達ができるのではないかと思います。

様々な工夫を少しだけ意識をするだけで友達というものは増えるものです。

ですがその後が肝心にもなります。

ではどの様なことに気をつければ良いのか見てみましょう。

挨拶をする

実は挨拶をするというのはとても大事なことです。

初めての人でも「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」というのはとても大事なことでマナーの1つです。

気軽な挨拶をすることで相手の印象を良くしたりすることもできます。

挨拶をせずに会話は始まりません。

「親しき仲にも礼儀あり」です。

挨拶をしないとなれば誰でも嫌な気持ちにもなりますし、今後関わりを持たないなんていうこともあります。

挨拶というのは誰もがやっていることであり、まれに疎かに考えてしまうような人もいます。

なので挨拶をするというのは会話をするための第一歩なので、必ず挨拶をするように心がけましょう。

明るい表情で言うとより良い

明るい表情で言うと良いです。

挨拶に限らず他の会話をする時でも明るい表情で物事を言うようにしましょう。

例えば話の内容が暗いものであれば暗く、明るく楽しいものであれば明るく言うことが大切です。

表情というのはその時の調子を表しますが、相手も表情を覗いてきます。

会話をする上では表情というものはとても大事になるので、まずは表情から変えてみてはいかがでしょうか?

飲み会などの集まりに参加する

飲み会などの集まりに参加をすることも大事です。

例えば会社の飲み会などでももしかしたら新たに友達ができるかもしれません。

飲み会などの集まりというのは基本的に1人の人だととても苦に感じられますよね。

楽しくないと思えば尚更です。

ですがその飲み会も1人の友人ができたら行き始めたりするのではないでしょうか?

話す機会というのは仕事上ではあまりなく、仕事終わりに話すということが多いですよね?

その時に飲み会があるとなればその場で話しをしても良いのではないでしょうか。

積極的に参加をしていくと友達もできたりしますし、他の人との輪を広げるチャンスだと思ってください!

毎回参加しなくても良い

毎回参加をしなくてはいけないということはありません。

適度に行くことが大切です。

例えば月に1回あるのであれば2~3ヶ月に1回は行こうという考えで大丈夫です。

毎回参加をするとなれば友達は多くできるかもしれませんが、その時でしか話をしないという人も段々多くなってしまう傾向があります。

毎回参加をせずに数ヶ月おきに参加をすることで、友達を地道に増やすことが大切になるでしょう。

毎回参加をするというのは金銭面や配慮なども気を配ることなので気をつけるようにしましょう。

ネットで作る

ネットで作るということもあります。

今ではオフ会と呼ばれるようなものもありますよね。

ネットではTwitterなどで友達になるという人もいると思います。

共通の趣味を持つ人をフォローしたりしてリプライ(返信)をしたりするというようなこともあるのではないでしょうか?ネットで作るというのは今の環境ではとても簡単に作ることができます。

ですが注意をしなければならないことは、あくまでもネットでの友達ということになります。

仲が良い、実際に会おうということであればオフ会になりますが、自分のことを相手に言い過ぎないようにすることも大切です。

覚えておきましょう。

ブログを始めるのも手段の1つ

ブログを始めるのも手段の1つだと思います。

例えばゲームの話題であればゲーム、趣味の話題であれば趣味といったことを話題にしてブログをすればそれに関する内容を見にくる人達がいると思います。

それに対してコメントをしてくれたとなると、ブログに興味があって見てくれたという事になるので、そこから友達としての輪を広げるということもできますよね。

ブログというのは誰が見ているか解らないというのもありますが、興味がある人であればコメントをしてくれるというようなものなので、ブログを始めるのも友達を作る1つの手段になるのです。

習い事を始める

習い事を始めるというのもあるでしょう。

友達を作るには一番手っ取り早いものではないかと思います。

習い事というのはどんなものでもいいです。

例えば音楽関係なことでも良いですし、習字なども良いでしょう。

習い事というのは決して1人ではやっていないものが多いですよね。

料理教室などであれば他の人も多くいると思います。

料理教室の場合はグループで作成をしたりするといような事もあるので話すきっかけにもなりやすいです。

また音楽関係であれば、それに関する友人と話をしたりすることもできます。

例えば過去に何かを習っていたとなればそれについて聞いたりアドバイスを聞いたりすることもできるので習い事というのは様々なきっかけを作りやすいのです。

仲良くなるきっかけを作りやすい

仲良くなるきっかけを作りやすいのが習い事です。

先ほども言ったように共通の話題を持っているというのは武器になります!それをいかにして相手に言うかが重要になります。

いざ話かけようとすると言えないという状況ではなく、相手に自分もこの趣味を始めたと言うことが大切になるのです。

聞き上手になる

聞き上手になるというのはとても大事なことです。

友達との会話というのは自分が一方的に喋って終わりという訳ではありません。

聞き上手になるということは相手の話も聞くということです。

自分だけが一方的に喋って終わりという環境になっていませんか?普段友達と話をしているという時は相手の人も喋るのではないかと思います。

その言葉のキャッチボールをいかにスムーズにするかで大事になるのではないかと思います。

聞き上手というのはそれほど大事なことなのです。

自分の考えを入れずに聞いてみる

自分の考えを入れずに聞くということが大事です。

これは難しいと思いますが自分の意見を考えずに聞いてみるということです。

簡単に言うのであれば初めて聞くようなイメージです。

考えを入れずに初めて聞く、第三者からなって聞くということをすると相手の話を聞いたりできるのではないかと思います。

友達作りの際に大切な事

友達作りの際に大切な事がいくつかあります。

例えば素直でいたり、とにかく無理をしないということが大切です。

素直ではなく無理をして付き合うというのはそれは友達ではありません!

友達作りの際に大切なことは自分の好きなこと、したい事をするというのも含まれています。

何より自分から動くことも大切ですが、4つの大切なこともあるので細かく見ていきましょう。

素直な気持ちでいる

素直な気持ちでいるというのはとても大切です。

例えば相手がどのように思っているのかと心配する人もいますが、自分の意見は素直に言うということも大切になるのです。

偽りだらけになってしまうと自分が疲れてしまいますし、相手も親友と思っているのであれば本心で言うべきです。

自分の好きな事したい事をする

自分の好きな事、したい事をするというのも1つの大切な事です。

例えば自分の好きなことができず、相手ばかりという気持ちであればそれは相手が自分のことをよく見ていないということにもなります。

相手が気に掛けてくれたりもするときこそ友達だと言えるので、自分の好きな事、したい事をちゃんとする、相手にも伝えるというのはとても大事なことです。

無理をしない

無理をしないというのもあります。

例えば無理して苦手な人と付き合うというのは友達ではありません。

例え仲が良くても相手のことを考えて無理して動くというのではなく、自分はこの様に思う、自分はこうだという事を相手に伝え、そして無理をしないということが一番大事です。

大事な友達と言って無理をするというのはそれは友達ではありません。

注意をするようにしましょう。

量より質で友達を作る

量より質で友達を作ることも大切です。

「友達100人できるかな」という歌もありますが、友達は多い方が確かに良いです。

しかしその友達というのも何よりも大事なのは質になります。

何人も友達がいるという人は親友という分け方で友達と接することがあると思います。

それは量が多いけれど本当の友達、親友と呼べる人が数人しかいないということになるのです。

これは実はとても良いことで、親友というのは量で作れるものではありません。

本当に仲が良ければどんなことがあっても関係が崩れることはないでしょう。

量より質というのはとても大事なことなので覚えておくようにしましょう!

友達を作りたければ自分から動くことが重要

友達を作りたいと思う人は多くいると思います。

ですが受け身な態度で待っていたりしても友達というのはできません。

友達を作りたいのであれば自分から動くことも重要でしょう。

そして相手にちゃんと挨拶から入るようにしましょう。

印象というのはとても大事になります。

大切なことをちゃんと頭に入れて量より質で友達を是非作ってみてはいかがでしょうか?