在職中に考えたりすることはありませんか?

例えばそろそろこの場所から離れなければいけないとか、仕事を変えようかなと思う人もいるかもしれません。

在職中に転職活動というのは実は誰でもしていないようで、皆していることなのです。

どれだけの時期を会社で過ごしているのかにもよりますが、在職中に転職を考えるとなれば必ず原因というものがありますよね。

例えば「仕事に飽きがきてしまった」となればそれも立派な理由でしょう。

「この先の将来が不安だから転職をする」というような人もいると思います。

今働いている会社というのはどの様な環境で働いていますか?

様々な不安や不満などが多くあるのではないでしょうか?

実は在職中に転職活動をすべき理由というものがあります。

これは今後どの様なことになっても大丈夫なようにというのではなく、様々な不満があるのであればあるほどメリットに思うことが多く出てくるからです。

ですが逆にデメリットとなることも存在します。

例えば人間関係などが上手くいかないとなれば転職活動して決まればそれは人間関係から抜け出せるということになりメリットになりますよね?

ですが在職中に転職活動をしていて思うように上手く決まらない、時間を多く取られてしまうというような事もあるとそれはデメリットへと変わってしまうのです。

メリットに感じることも多いとは思いますが逆にデメリットも少なからずあるのです。

ですが在職中の転職活動というのはメリットがそれでも大きく取れるので、今悩んでいるという人は是非転職などをしてみてはいかがでしょうか?

また今の会社で不満があったりスキルなども伸び悩んでいるという人は他のところでそのスキルを生かすこともできるかもしれません。

同じ環境に不満というのはそれほど悪い影響を与えてしまうので環境を新たに変えるということも大事になるのです。

そこで在職中に転職活動をすべき9個の理由についてお話したいと思います。

今転職をしようか迷っている人、転職活動をするだけでも気持ちが落ち着いたりするのではないでしょうか?

在職中の仕事に飽きてきた!そろそろ転職?

在職中の仕事に飽きてきた!というようなことはありませんか?

同じ仕事場で5年以上なども働くとどうしても飽きというものがきますよね。

必ずしも好きな仕事をしているからと言っていずれ飽きがきたりするのも事実です。

ですが今の職から離れて次をどうしよう?と考えていたときにその次が見つからないというような事はありませんか?

結局またずっと続けて同じことを何回も思うなんていうこともあるのではないかと思います。

在職中の仕事に飽きてきたということもありますが、ネガティブに捉えるのではなくポジティブに捉えてみてはどうでしょうか?

もし仮に今の仕事に飽きてきたとなれば逆に考えると新しい仕事の意欲が出てきた、転職をして新たな環境につきあいというポジティブさに考えてみると良いと思います。

仕事というのはずっとついてくるものですが、定年退職をするまでの間です。

定年退職をする場合はその後のことはあまり考えなくても良いですが、定年退職ではない状態では次の場所を探さなくてはいけませんよね?

在職中の仕事に飽きがきているという人であれば、一度転職活動をしてみてはいかがでしょうか?

在職中に転職するといい9個の理由

在職中に転職をすると良いメリットがあります。

例えば今の会社の人間関係や不満なことから抜け出せるというのもありますし、逆に新しいところでは収入が増えたりするようなこともあるかもしれません。

在職をしている状態ではあまり要望が聞かなかったのも、もしかすると叶うというようなことがあるかもしれません。

在職中に転職をするというのは環境を大きく変えることでもあるので、収入を得ながら次の仕事を探せるということにも繋がります。

仮にこれが辞めてしまった後に転職活動をするのではなく、在職中に転職活動をするというところにポイントがあるということなのです。

今在職をしているということは、今の仕事場を続けて自分のタイミングで辞めることができるということです。

なので時間をかけてできるという点があります。

ですが逆を言えばこれはデメリットにもなりますよね。

時間を取られてしまうという点に関してはデメリットになるのではないかと思います。

では転職すするといい9個のメリットについて詳しく見てみたいと思います。

人間関係や会社への不信から抜け出せる

人間関係や会社への不信から抜け出せるというようなことがあります。

在職をしていると必ず関わってくるのが人間関係や会社への不信です。

例えば人間関係であれば誰かから距離を置かれたり、陰口などを言われたりというようなことがあると思います。

その様な場所で働くということはそれほど理由というものが必ずありますよね。

例えば収入が良いから、他の仕事が無いからというような理由があると思います。

ですが人間関係ほど病んでしまうようなことはありません。

エスカレートをしている場合は欝になりかけたりするのではないでしょうか。

ですが在職中に転職活動をしていればどうでしょう。

仮に決まったとなれば後は辞表を出すだけです。

人間関係や会社への不信から抜け出すことができて、新たなスタートを切ることができるでしょう。

この様なメリットが一番に感じられると思うので、迷うのであれば是非実行をしてみてください。

収入UPの可能性も


収入がUPする可能性もあります。

収入が上がるというのはとても嬉しいことですよね。

例えば職を変えても同じような内容をしているのに収入がUPするとなればとても嬉しいと思います。

環境が何よりも良いとなれば尚更です。

収入というのは長く続けていればいるほど収入は上がるものではありますが、収入が上がる見込みがないというような状況になった場合はどうでしょうか?

これ以上働き続けても収入、給料が上がらないというようなところは多いのではないかと思います。

またスキルに見合っていないというような人もいるのではないかと思います。

今の会社ではこれだけだが、他の会社では倍近くも違うなんていうようなところがあればそちらを優先してしまいますよね。

そして環境が良いというのも重要になります。

基本的に収入が上がる場所というのはそれほど環境も良いということになるので、今悩んでいるという人がいるのであれば、一度確認をしてみてはいかがでしょうか?

仮に転職活動をしているという人であれば収入UPする可能性が高いです!

新しいスキルや知識を身につけられる

新しいスキルや知識を身につけられるというのもあります。

例えば今の会社ではそれまでのことしかやらなかったことを、他の会社では更に上へと目指せるという可能性もあるのです。

スキルに関しては特に重要で、新たな知識を身につけるというのはそれほど成長をするということでもあります。

その環境が今の場所にはなく、他の場所にあるということであれば転職をしても良いでしょう。

在職中であれば、予習程度に次の転職先のことを勉強しながら通うということもできます。

時間は多くあると思うので、退職をしない限りはゆっくりと知識などを身につけるのも1つの方法です。

新しいスキルや知識というのはとても良いことばかりです。

本当にやりたい仕事に就ける

本当にやりたい仕事に就けるというのも在職中に転職活動をするメリットなのではないかと思います。

本当にやりたい仕事、いわゆる将来の夢などに関わるような事を考えたりもするのではないでしょうか?

今この仕事をしているけれどいずれはこの職につきたい、夢を叶えたいと思う人は少なからずいると思います。

ですが今の環境を変えるとなるとそれなりの覚悟というものが必要になりますよね。

本当にやりたい仕事というのは誰でも願望があると思います。

ですがそれには努力して勉強をしたりと様々な壁を乗り越えなくてはいけません。

その為にも時間は有効的に使うように心がけましょう。

労働環境が大きく変わることも

労働環境が大きく変わることもあります。

在職中になると転職活動をするうえでは環境も次第に変わっていくでしょう。

仮に決まったとなれば後少しの仕事にやる気が出たり、もうこれで終わりだと逆にテンションが上がったりする場合もあります。

行く場所によっても労働環境が変わりますが大きく変わるところもあります。

例えば今までは夜遅くまでという状態が定時終わりで帰ることができたり、残業も少なく帰れたりするというようなこともあります。

また在職中の場合はそれほど大きな仕事というものが来なくなるというのもあります。

もう辞表を出していて次が決まっているとなれば、大きな仕事は来なくなるでしょう。

普段と変わらないような仕事をして早めに終わってという環境も続くのではないかと思います。

労働環境が変わるということは気持ちの持ちようも変わるということです。

辞めるとなればそれなりの覚悟がいりますが、労働環境が変わるということは少なくとも良い方向であるということになるのです。

最新のトレンドや技術の最先端をいけるかも

最新のトレンドや技術の最先端をいけるという可能性もあります。

就職する場所にもよりますが転職活動をしていてお気に入りのところや、最先端をいっている会社というのはどうしても気になってしまいますよね。

仮に面接に行って見事内定を貰うことができたとなればとても嬉しいことです。

今在職している所が仮に少し古めのものを使っていて不満があったりするのであれば、転職をして新しいものを触るということもできるのではないかと思います。

今ではそうですがパソコンなどが良い例でしょう。

パソコンを使う際にはもう古いバージョンのものは使用しませんよね?

新しいものでないとデータが流出してしまうという恐れもあります。

常に最新のものを会社は心がけていますが、最先端というものは無いところが多いのではないでしょうか。

その環境を変えるということでももしかしたら大きな会社へ就職して最先端のものを触れるかもしれませんよ?

収入を得ながら次の仕事を探せる

収入を得ながら次の仕事を探せるというのは在職中の中でも大きなメリットになるのではないかと思います。

仮に収入を得ずに次の仕事を探すとなれば焦りや不安などでいっぱいになるのではないでしょうか。

まず仕事を辞める前に、次の就職先を見つけることが大切です。

在職中の場合はお金に困るということがまずは無いと思います。

例え嫌な場所であっても給料はちゃんと支払われるというような形になるので、収入を得ながら次の仕事を探せるようになります。

この状態だと気持ちの持ちようが大きく違うのではないかと思います。

収入があれば安心して次の仕事の候補などを探せるということになるからです。

これは退職の後に探すより大きなメリットになるのではないかと思います。

余裕を持って選考に臨める

余裕を持って選考に臨むこともできます。

在職となればいざ選考に落ちたとしても次を頑張ろうということになりますが、退職中では逆に焦りへと変わってしまいます。

仮にとある会社への面接をしたとして何社も受けている状態である在職中の人と、無職の状態の人では見る目も違ってくるからです。

仮に退職をしているとしてもその期間が多ければ多いほどまた辞めるのではないかという焦りがあります。

ですが在職中であれば職を変えたいという意思が強いということを優先的に思わせることができるので、在職中である場合はメリットになるのです。

しかしながらデメリットも出てくる場合もあります。

それはゆとりがもてなくなるという点です。

今の在職中の会社に「転職活動に行ってくる」というようなことを言っているのであればゆとりがもてなくなるのではないでしょうか。

「いつ辞めるの?」みたいな事を言われる可能性もあります。

余裕を持って選考に臨むことはできますが、これは同時にデメリットもあるということを覚えておきましょう。

ブランク期間が生まれない


ブランク期間が生まれないというのも大きなメリットの1つです。

仮に会社を辞めて一時してから転職活動をする場合と、会社に働きながら転職活動をするというのでは大きな違いが出てきます。

仮に同じような内容の会社だとしても、期間が空いているのと空いていないのではブランクが出てくるのです。

どんな人でも得意なことに手をつけないという環境はそれほどブランクに近いようになります。

例えばよくやっていたゲームを今やるとあまり動けないなんていうことはありませんか?

昔はクリアしていたのに今ではできないというような人もいるのではないかと思います。

その様な人はそのゲームから離れていった、ブランクが生まれたというようなことになりますが、これは会社でも同じようなことが言えるのです。

会社でも働いていない日が多ければ多いほどそれほどブランクを抱え込むことになります。

いざ復帰していても調子が出ない、いつもできていたことができないというような事にもなりかねません。

なので在職中の間に見つけることで、そのブランクの期間というものを無くすようにすることができるのです。

在職中の転職にはデメリットもつきもの

在職中の転職はメリットもありますが同時にデメリットとなるものも存在します。

例えば転職活動の時間がどうしても限られてしまう、業務の効率化が難しくなるといったような仕事に影響をしてくるものもあれば、周りから言われる、心にゆとりがもてなくなるというような心情の変化、周りからの印象なども様々に変わってくるでしょう。

ではどの様なデメリットがあるのか詳しくみてみたいと思います。

時間が限られている

時間が限られているというのは1つのデメリットなのではないかと思います。

転職活動をするとなれば、面接などにも行かなければなりません。

ですが「土日ではなく平日はどうですか?」というような事が多いと思います。

「土日になると再来週も先だ…」というような事もよくあると思うのです。

在職中に転職活動をするということはそれほど時間が限られているということになるので、好きな時間、自由な時間も奪われてしまうかもしれません。

ですが今の環境を変えたいとなれば、そこは踏ん張り時です!

この様なデメリットもありますが、これを乗り越えた人達は新たな人生を歩むことができるでしょう。

業務との効率化が難しい

業務との効率化が難しいというのもあります。

例えば転職をするかもしれないとなれば今の仕事で大きな仕事はあまり引き受けることができなくなりますよね?

そうなると簡単なものでしか作業ができなくなるということになります。

比較的に仕事の内容にもよりますが、大きなプロジェクトに関わるという人もいますし、中にはそれに関わっていながらも転職活動をしているという人もいるのではないかと思います。

ですがそれは間違いなのではないのです。

ですが効率化を求むのであれば難しい状態にはなります。

業務との効率化というのはその仕事のことしか考ることができないという時に大きく発揮するものです。

転職活動中となればそちらの方にも気がいってしまい、効率が悪くなったりする傾向もあります。

心の余裕が持てなくなる

心の余裕が持てなくなるというのもあるでしょう。

誰に何も言っていないとなると尚更荷が重くなったりするのではないでしょうか。

心の余裕が持てないということはそれほど辛いことだと思います。

嫌な気持ちになったり不安定になったりすることも多いのではないでしょうか。

転職活動が上手くいかなければ尚更です。

ですがこの様な困難を乗り越えてからこそ新たな人生というものが待っているのではないでしょうか。

心の余裕というのは常に隙があらば入りこんできて嫌な思いをさせてしまいます。

これは誰もが経験をすることだと思います。

心の余裕というのはそれほど自分に影響をしてくるものなので、最初は余裕をもてなくなるでしょうが、悪いことは考えないようにすることがオススメです。

そうすれば直ぐにでも明るく考えれるようになるでしょう。

それでも荷が重いという人もいるかもしれません。

そこをいかに乗り越えていくのかが大事になります。

周囲に反対されることも

会社の人達に言ったり、家族などに言うと反対をされることもあるでしょう。

例えば「他に良い会社ないよ?」と上司に言われたりするかもしれません。

「何か悩みがあるなら相談に乗ろうか?」と言う人もいるかもしれません。

ですが環境を変えたいということであれば周りのことを気にせずに行動をすることも大切です。

「会社の迷惑になる」というようなことも言われたりするかもしれませんが、決めるのは自分自身なので自信を持って行動をするようにしましょう。

相手企業とのやり取りや引き継ぎが面倒

相手企業とのやり取りや引継ぎが面倒ということもあります。

例えば長くしていればそれほど相手企業とのやり取りや引継ぎというものを他の人に渡さなくてはいけません。

特に取引では変わることの報告などもしないといけない時があると思います。

仮にしないという状態になったとしても変わった人が電話や引継ぎなどをしてくれるとは思うので大丈夫だと思います。

ですがその様なやり取りや引き継ぎというものはとても面倒に感じますよね。

そのまま辞めて転職ができるならそうしたいと誰もが思うでしょうが、仕事を引き継ぐというのはとても大事なことです。

これも1つのデメリットになるのではないでしょうか。

転職を引き止められる可能性もある

先ほども言ったようなことを似ていますが転職を引き止められる可能性もあります。

基本的に上司や社長などに相談をしたりするとは思いますが、必ず引き止められます。

相手からして言えば欲しい人材ということでずっと長くいたということになるので、相手が引き止めるというようなことは多くあるでしょう。

転職を引き止めないとなれば逆に気持ちが楽になるのではないかと思います。

転職を引き止められる可能性も十分にあるので注意をするようにしましょう。

転職先が決まらないこともある

在職中に転職活動をして1年くらいが経ってしまったということもあると思います。

転職先がなかなか決まらないこともあるでしょう。

ですがいずれ決まると思うので、それまでの辛抱だと思っていてください。

仮にこの日までに転職をするというようなことを決めていたりするのであれば、焦ったりするのではないでしょうか。

他の人にも転職活動をしていると言っているのに「結局残っているじゃない!」と言われたりするかもしれません。

いざ転職をしようと思っていても中々直ぐには決まらないものです。

ゆっくりと時間をかけることが大切になるでしょう。

急がば回れということにも繋がります。

転職先が決まらずとも今目の前の仕事に集中をすることも大事です。

在職中に転職するときのポイント

在職中に転職するときのポイントというものがあります。

例えばやりたいことは何なのかを決めたり、お金を貯めてから転職をしたりなど様々あると思います。

転職をする時にはその会社から離れて別の会社で働くということなので、何かあっても困らないようにすることが大切になるでしょう。

ではどの様なポイントがあるのか詳しくみていきたいと思います。

上司に相談

上司に相談をするということがあります。

勝手に辞めるという訳ではなく「この様な理由があるので辞めさせていただきます、転職します」というような理由を明確に伝えることが大切です。

仮に上司にも言い辛いのであれば「一身上の都合」というよくあるセリフでも大丈夫だと思います。

詳しく聞かれたら明確に答える、人間関係が辛くて転職をするのであればそのことも言うと良いかもしれません。

ですがその事を他の人達に知られたくないということであれば「一身上の都合」を通すかもっと別の言い方を考えるという方法が良いでしょう。

これが仮にアルバイトですとそのままいなくなってしまうという人もいますよね。

ですが会社は違います。

ちゃんと働いてきたものがあるので、上司には必ず相談をするようにしましょう。

やりたいことを明確にする

やりたいことを明確にするということはとても大事です。

例えば転職をしたいと思っていても「では何をするのか?」ということを考えなくてはいけません。

例えば夢があったからその職に就きたいということであれば大丈夫でしょうが、やりたいことを明確にしないで転職をしたいと思っていても、中々転職先などが決まらず、そのまま辞めて無職の期間が長くなってしまうなんていうこともあると思います。

これは大事なポイントにもなるので是非抑えておきましょう。

ある程度の知識を身に着けてから

ある程度知識を身に着けてから転職をするというのもあります。

例えば一通り今の環境で学べるべきものは全て学ぶようにして、そこから新たな場所で活躍をするという方法を取ると良いです。

ある程度知識を身に着けてからのと、何もせずにそのまま転職をするというのでは大きな差が出てしまいます。

ある程度転職先のことを調べておいて、在職中でも学べることがあれば多く学ぶことが大切です。

知識というのは必ずどの場所に行っても役に立つことがあるので、それをいかにして活かすことができるのかが重要になるでしょう。

逃げ転職は避ける

逃げ転職というものもあります。

今の職場があるから逃げるようにして転職をするというのもあるでしょう。

ですがその際にどこでも良いという考えにもなってしまいがちです。

また、今の仕事が本当にきつい、嫌だということであれば転職をすべきだとは思いますが、今でも十分にやっていけているのにも関わらず、何かが嫌だからと言って転職をするというのはなるべく避けるようにしましょう。

例えば人間関係であればそれを改善するように言うということも大切です。

また逃げ転職の場合はまた働いても辞めてしまうという転職の癖というものがついてしまいます。

仮に辛いと思っていても逃げ転職はなるべく避けるようにしましょう。

どうしてもというのであれば転職はしても大丈夫ですが、転職先で同じことにならないようにすることが大切です。

資金が溜まってから転職する

資金が溜まってから転職をするようにすることをオススメします。

これは仮に転職をした際に必要なものがかかってしまう可能性があるからです。

例えば勉強する費用もそうですし、今の会社とは違い様々な場所でプロジェクトを遂行するとなれば交通費などもかかってしまうでしょう。

仮に会社から出たとしてもそれまでは自腹で移動ということになるので、支給されるまではどうしてもお金が多くかかってしまいます。

資金が溜まってから転職をすることでゆとりを持つことができるので、必ず資金はある程度貯めておくようにしましょう。

長期計画を立てておく

長期計画を立てて置くことも大事です。

転職をする際には直ぐにという訳ではなく長い月日をかけてしても大丈夫です。

それまでは在職をしているということなので、長期計画を立てておく必要が出てくるでしょう。

ですがこれをすることで、転職を実際にした際に様々なことで成功をしたりする人もいます。

計画性をもって行動をするということは大事なことです。

覚えておくようにしましょう。

在職中にできることは済ませておく

在職中にできることはなるべく済ませておくようにしましょう。

仮に転職先が決まって退職をした後でも何か手続きをしなければならないとなった場合はとても面倒だと思いますよね。

在職中にできる手続き等はなるべく済ませることが大事です。

副収入を複数持つ

在職していざ退職をしたとなれば必ず働かない期間というものがあります。

それはプライベートを過ごしたりすることもありますが、副収入を持つことで更にゆとりを持って転職活動をすることができるのではないかと思います。

副収入を複数持つことにより、どんな時があっても資金があるというのはとても大きいメリットにも繋がるのです。

業界を絞る

業界を絞るというのもポイントの1つです。

転職をするとなった時は幅広く見るのではなく、カテゴリーなどで分けて考えると良いでしょう。

業界を絞ることで自分のやりたい仕事というのをよく考えたりすることもできます。

周囲に協力してもらう

周囲に協力をしてもらうというのもあります。

例えば今では転職活動などを応援するサイトが数多くあると思います。

そのサイトを利用したり、実際に会社などに見学に行ったりしてみてはいかがでしょうか?

また友人や家族からの紹介なども一度目を通したりすることをオススメします。

周囲に協力をしてもらうというのはとても大事なことで、仕事でも同じようなことが言えます。

在職中であっても他の人達に協力をする、協力をしてもらうようにして、転職活動をこなすようにしましょう。

在職中に転職するのはメリットがたくさん!思い切って転職しよう(まとめ)

在職中に転職するのはメリットがたくさんあります。

思いとどまっている人もいるかもしれません。

周りのプレッシャーを感じてしまうという人もいるでしょう。

ですが自分が決めたことには自信を持って行動をすることが大切です。

在職中に転職をするというのはたくさんのメリットがあるので是非実行をするようにしてみましょう!

今でも転職を考えていたり、会社をどうしようかと思う人は、在職中の間に一度転職活動をしてみてはいかがでしょうか?