私たち日本人はお金を稼ぐようになると様々な税金が発生するようになります。

例えば、お金を稼ぐことによって所得税、住民税、などが発生したり、国民年金、社会保険なども必ず発生する税金になります。

それ以外にも、お金を稼ぐなくても物を購入したりするときに消費税が掛かったりもする事は誰でも知っている事実です。

税金は支払わなければいけない国民の義務ではありますが、人によっては高い金額なので支払うのをためらいたくなるような場合もありますよね。

しかし、私たちが税金を支払うことによってより良い国づくりを行っていると考えることができます。

様々な便利な事に使われているという事はとても嬉しい事ではありますが、ニュースなどで時々、私たちが支払った税金が無駄な使い道で使われていたという内容を知ったりする事もあります。

そんなニュースを見るたびに高い税金を支払っているのに、もっときちんとした使い道をしてほしいと感じるはずですよね。

税金の使い道をもしも自分達で選択することが出来たらどんなに便利なサービスが作れるのだろうかと考える方もたくさんいると思いますが、今の時代ではあながち不可能な話ではありません。

なぜなら、支払わなければいけない税金を自分で考えて納付し、それによって恩恵を受けることが出来るサービスが導入されたからです。

今回はそんな魅力的なサービスである、ふるさと納税をテーマにして、ふるさと納税を行うメリットと、おすすめの商品についてご紹介していきたいと思います。

ふるさと納税ってオトク?そうでもない?

あなたはふるさと納税を活用していますか?

ふるさと納税は最近聞くようになった言葉ではありますが、比較的最近はそれなりに知名度を誇っているサービスの一つでもあります。

最近ではたくさんの利用者が増えており、ふるさと納税を活用する上でかなり大きな恩恵を受けている人が存在しています。

しかしながら、ふるさと納税を利用したことが無い方であったり、ふるさと納税を詳しく知らない方からすれば、なぜふるさと納税を利用するのか、どのようにふるさと納税にはメリットがあるのかという事を知らない方の方が多いはずです。

自分の考え方次第になると思いますので、利用する事が正しい、間違っているという事はないですが、どうせなら有意義に自分の税金を使う事を選んだほうが自分にとってもメリットが生まれるはずです。

そこで、今回ご紹介するふるさと納税を行うメリットについて詳しく知って頂き、ふるさと納税を利用するきっかけとして考えて頂ければ幸いだと思います。

ふるさと納税とは?


ふるさと納税を利用したことがない方であったり、ふるさと納税の仕組みについて理解していない方はどのようなサービスののか分からないと思いますので、ふるさと納税のメリットなどをご紹介する前に簡単にどういう仕組みのサービスなのかという事をご紹介していきます。

なぜ今ふるさと納税がここまでたくさんの人の関心にあるのか、なぜ魅力的だと感じられているのかという事を考えながら確認してみてください。

どのような取り組みか

そもそもふるさと納税とはどのような取り組みなのかと考えた時に、その名前の通り自分のふるさとをもっと活性化させたいという気持ちを持った納税者の心理を反映させた納税サービスといっても過言ではありません。

例えば私たちが支払っている住民税に関しては、自分が今住んでいる場所に対して支払いを行っていますよね。

しかしながら、そうなってしまいますと自然と都会にはたくさんの人間が集まりますので都会ばかりお金が集まってしまって、人が出て行ってしまう田舎の地域に関してはお金がなくなってしまうという問題が発生してしまいます。

そうなってしまうと最終的に、お金が集まらない田舎の地域に関してはその地域に住んでいる住民に対して満足のいくサービスを提供することができなくなってしまいます。

今まではたとえ自分のふるさとに対して納税をしたいと思ってもそんな事はできませんでしたが、今はふるさと納税というサービスを利用することによって自分のふるさとに対して離れている場所でも地域貢献をすることができる風になっているのです。

そうすることによってふるさとを離れて行ってしまっても、自分のふるさとを活性化させる応援が離れた場所でも出来るようになる、そんな魅力的な納税サービスとして知られているのです。

ふるさと納税の仕組み


ふるさと納税の仕組みはどのような仕組みで成り立っているのかと考えた時に、ふるさと納税は地方自治体に関して寄付を通じることによって地域創生に参加できる制度のことを意味しています。

流れとしては、まず地方自治体に対して私たちが寄付を行います。

そして地方自治体に寄付をすることによってふるさと納税先の団体からお礼品が届くようになります。

そして受領書が送られてくるようになり、それを携えた上で確定申告の手続きをすることによって、寄付を行った人間の所得税の還付であったり、個人住民税に対する控除が受けられるようになるというサービスです。

実質的な自己負担額を2.000にする事が出来るので、かなりお得な仕組みとなっています。

つまり、簡単に言えば、ふるさと納税をすると自分が寄付をした金額の2.000円を超える部分に関しては、所得税や住民税から全額が還付されたり控除されたりするようになるということです。

一応、自分の所得の金額であったり、現在の家族構成などによって控除額の上限などはある程度定められています。

つまり、自分のふるさとに10.000円の寄付をすれば、2.000を超えた残りの8.000円を納税したという扱いになるという事です。

なので、どうせ納税をするのであれば、自分のふるさとに納税して、お礼品をもらった方が普通に納税するよりもとてもお得だよね、という事になるのです。

このお得に関しては、寄付によって様々なメリットがあり、これが2.000円以上の価値を生んでいるからという事になります。

これがふるさと納税の簡単な仕組みです。

手続方法

便利なサービスではありますが、申し込む手続きがとても面倒そうと感じている人がいるかもしれませんが、ふるさと納税の手続き方法についてはそこまで難しい方法ではありません。

なぜならば、最近ではふるさと納税はインターネットで申し込みをしたり支払いをすることが可能になっているからです。

「さとふる」というサービスがあり、これはふるさと納税を推進し地域活性化を促進するための総合サイトとして知られており、このサービスを利用することによってどこの自治体に寄付をするのかということを選ぶことができるようになっています。

つまり、どこの自治体に寄付をしてどういう特産品をもらうことができるのかという事が確認することができるので、難しい操作が苦手だという方でも安心して利用することが出来ます。

「さとふる」を利用すれば申し込み手続きが簡単に行えるだけではなく、お礼品を届けるのに最短でなんと一週間程度の時間しかかからない場合がありますし、さらにはマイページが存在しており、そこで寄付をした金額を確認したりお礼品の配送状況なども確認できますのでとても安心した利用方法が実現することが出来るのです。

最終的に確定申告については別個で必要になりますが、それ以外は特に難しい手続きなどの不要になっていますので、想像以上にふるさと納税は私たちの身近な存在であり、簡単に行えるということを知ってください。

ふるさと納税ってオトク?メリット・デメリット

ふるさと納税の取り組みの仕組みを理解することによって、とても便利なサービスであるということは誰もがお分かりいただけると思いますが、全ての物事にはメリットもあればデメリットも存在しています。

意見するとふるさと納税にはメリットばかりしか感じられない部分があるかもしれませんが、人によってはデメリットに感じるようなこともあります。

なので、その両極端の部分を把握した上で利用するのかしないのかということを考えなければ後悔してしまう可能性もありますので注意してください。

そこで、ここからはふるさと納税のメリットやデメリットについてまとめてピックアップしたものをご紹介していきます。

それらを踏まえた上で、今後ふるさと納税を利用した方が得なのかそれとも損をするのかという事を考えてみてください。

メリット

まずはふるさと納税を行うメリットについてまとめてご紹介していきたいと思います。

ふるさと納税を利用することによって様々なメリットを得ることができ、場合によっては普通に納税するよりも大幅な得を出来る場合もあります。

ふるさと納税を知らずに、何年も利用していない人としている人とでは大きな差が生まれる事もありますので、その点を踏また上で、長い目を見て利用するのが良いのか悪いのか選んでみてください。

どこに寄付してもいい

ふるさと納税を行うメリットに関しては、どこに寄付をしても良いという事が大きなメリットになり得ます。

ふるさと納税という名前なので、自分のふるさとにしか寄付できないと勘違いしている方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。

必ずしも自分が生まれ育った場所にしか寄付をできないというわけではなく、全国各地どこでも自分の好きな市町村に寄付をすることができるようになっているのです。

なので、自分が生まれ育った場所ではなくても、なんとなく自分が好きだと思う市町村を選んで寄付をすることは十分可能であり、それによって得ることができる特産品を踏まえて寄付する場所を考えることもできるのです。

そう考えてみると、私達がこれまで行なってきた納税の中でもかなり自由な納税と考えることができると思います。

自分が納税する場所を選び、どのような特産品をもらうのかというところまで決められるのはとてもお得であり、まさにふるさと納税の最大のメリットであると考えて過言ではありません。

被災地の復旧、復興に協力できる

ふるさと納税を行うメリットとしては、全国各地の被災地の復旧であったり復興に協力することができるというメリットがあります。

今現在も日本の各地で自然災害を受けているような被災地はたくさん存在しています。

原子力発電によって被災を受けた福島県であったり、九州豪雨によって被害を受けている九州北部や大分県、地震によって大規模な被害を受けた熊本県など、今も日本の中には苦しみながら生活しているような地域はたくさんあります。

そのような被災地に対して少しでも力になってあげることができるのがふるさと納税です。

ふるさと納税を経由して自然災害を受けている被災地に寄付をすることによって、そのお金が困っている人々を助けるための資金に変わるようになるのです。

ただ自分が住んでいる場所に納税をするだけではこのような支援をすることはできません。

しかしながら、私市にふるさと納税をすることで簡単に遠慮することができるようになりますので、まさに自分が税金の使い方を考えることができる画期的なサービスであり、とてつもなく大きなメリットと考えることができるのです。

自由な金額で寄附可能

ふるさと納税のメリットとしては自由な金額で寄付をすることが可能だということです。

なぜ自由な金額で寄付をすることがメリットなのかと考えた時に、一般的に私たちが納税をするときに関しては決められた金額を納税しなければいけない場合が多いです。

会社の給与から天引きされるような場合であれば、そもそも選ぶ権利すらありませんし、自営業の方などに関しては振込票などが送られてくるようになっていますので、その前に関しても自分で金額を選んで納付することなどはできませんよね。

しかしながら、ふるさと納税に関しては自分がどれぐらいの金額を収めたいのかということを考えた上で寄付をすることが可能になっています。

だからこそ、自分の手持ちの金額を確認しながら、納税をすることができるようになりますので、余裕がある時にはたくさんの金額を収めることも出来ますし、余裕がない時には少額の金額を収めることができるようになります。

なので、かなり自由度の高い納税サービスだと考えることができますので、ふるさと納税は利便性やメリットが大きなサービスだと考えることができるのです。

自由なタイミングでOK

ふるさと納税は自由な金額で寄付をする事が可能であり、さらに自由なタイミングで寄付をする事が可能なのも大きなメリットの一つだと考えることが出来ます。

本来であれば税金を納めるタイミングは、会社の給料から直接天引きされるタイミング、もしくは振込票などが届いてその振込票に記載されている期限までに支払いを済ませなければいけない場合がほとんどです。

しかしながら、ふるさと納税を利用する場合は自分の好きなタイミングで納税を行うことができるようになっていますので、タイミングが悪い時にはなぜ行わなくても良いですし、自分のタイミングが良い時だけ納税を行うことが十分可能なのです。

なので、お金がたくさんある時にふるさと納税を利用すれば、後はその証明書を保存しておくだけで確定申告の際に提示すれば還付、もしくは控除することが出来ますので、とてもお得なのです。

タイミングを選べるのはまとまった金額を支払いたい時にとても便利なのでふるさと納税の方が一般的な納税に比べて利便性、メリットが高いと判断できます。

確定申告義務がない者も利用可能

人によっては確定申告をすることが面倒に感じてふるさと納税をしたくないと考えてる方もいるかもしれませんが、確定申告義務がない人でも利用できます。

なぜならば、ふるさと納税には現在ワンストップ特例制度というものが存在しているからです。

ふるさと納税ワンストップ特例制度は、簡単に言うと確定申告をしなくてもふるさと納税の恩恵を受けることができるというサービスです。

ちなみにワンストップ特例制度を利用する場合には届け出が必要になります。

さらに一定の条件があり、ふるさと納税を行う自治体の数が5自治体以下であり、なおかつ確定申告が必要ない場合に限るのですが、それでも5自治体以上にふるさと納税を行ったりする場合はあまり多くはないと思います。

クレジットカード払い可能であれば即寄付ができる

人によってはふるさと納税をする時に支払いが面倒だと感じる方もいるかもしれませんが、ふるさと納税のおすすめな理由の一つとしては、クレジットカード払いが可能であるという点です。

現金で支払う場合はどうしても様々な手続きが必要になるのですが、クレジットカード払いだと比較的簡単な手続きのみで支払いをすることができます。

それ以外にも、クレジットカードで支払いをすることによってクレジットカードのポイントも貯めることができます。

なので、ふるさと納税を利用する時にはクレジットカード払いにすれば、さらにお得にふるさと納税を利用することができるというメリットがあります。

特産品がもらえる

ふるさと納税を行う上で最大のメリットと言っても過言ではないのが特産品がもらえるということです。

ふるさと納税を行う自治体によって特産品の種類が異なります。

一般的にはその土地ならではの品物などを贈呈してくれるような場合がとても多いです。

例えば、例を出して考えるならば、滋賀県の近江八幡市にふるさと納税を行うと日本ではとても有名な近江牛が特産品としてもらえるようになります。

普段なかなか食べたりしないようなものでもありますが、納税をするだけでもらえるということを考えてみると、とてつもなくお得だということがわかりいただけると思います。

複数の自治体に寄付できる

ふるさと納税を行う場合は、一つだけの自治体にしか寄付をできないという決まりはありません。

なので、複数の自治体に寄付して、様々な特産品を得ることができます。

特産品をメインで寄付をする自治体を考えても良いですし、被災を受けた地域に支援するために寄付をするということも可能です。

先ほど触れたふるさと納税ワンストップ特例制度を利用する場合は5自治体以内が条件ではありますが、それでも5個までは関係ありませんので、積極的にたくさんの自治体に寄付をする事で特産品という大きなメリットを得ることが出来ます。

デメリット

ふるさと納税にはたくさんのメリットが存在することがおわかりいただけたと思いますが、その反対にデメリットもいくつか存在しています。

このデメリットの部分を把握していなければ、ふるさと納税を利用したことを時には後悔してしまう可能性もありますので、デメリットの部分をよく理解をした上で利用することをお勧めします。

メリットとデメリットを天秤にかけた状態で、どちらが自分にとって魅力的なのかということをしっかり考えることで、ふるさと納税を利用する上で後悔をすることがなくなります。

税額控除を受けるための確定申告が面倒

ふるさと納税のデメリットを考えると、ふるさと納税を行った場合にしなければいけない確定申告の作業がめんどくさいと感じることがあります。

ふるさと納税を行うことによって税金の還付や控除を受けられますが、これは確定申告をしないと受けられません。

確定申告を自分でしたことがない方からしてみればわからないかもしれませんが、確定申告に関しては手続きが面倒くさいです。

たくさんの人が確定申告の時期になると集まりますので、待ち時間が長いですし、手続きも複雑な場合があります。

それを考えてみると、わざわざふるさと納税をして手間をかける必要があるのかと思ってしまうかもしれません。

なので、ふるさと納税をすることによって確定申告をしなければいけないということがデメリットになると考えられます。

減税の適用よりも先に納税することが求められる

ふるさと納税は、あくまで形としては寄付を行っているということになります。

そして、ふるさと納税による還付や控除などは確定申告をした時に行われたり、具体的な金額の変動などについてはよく年の6月以降に支払いをする住民税に変化が訪れるようになっていますので、減税の適用が後になり、先に納税をしなければいけないという事になるのです。

それを踏まえて考えてみると、先に支払いをして後で得をするというようなものになりますので、最初は負担額があるということも考慮しておかなければいけません。

それを理解せずにふるさと納税を行っていると、支払う金額がその年は大きくなってしまう可能性がありますので、ふるさと納税を利用する際にはこのデメリットを考慮した上で利用するようにしましょう。

ふるさと納税を扱ってない地域もある

ふるさと納税は扱っていない地域も存在しています。

全ての地域がふるさと納税を行っているのかというとそうでもなく、ふるさと納税を行っていない地域もありますので、人によっては自分のふるさとに納税をすることが出来ない場合などもあるのです。

特産品のみが目当てでふるさと納税を行うのであれば特に問題はないかもしれませんが、自分の故郷を活性化させたいという思いからふるさと納税を行っているのであれば、その点は大きなデメリットになる可能性があるので、自分のふるさとがふるさと納税を行っているのかどうか確認をした上で利用するようにしましょう。

支払い方法によっては手続きが面倒

ふるさと納税のデメリットの中には、支払方法によるデメリットも存在しています。

先ほど述べたようにクレジットカードでの支払いであればある程度支払い方法は楽なので、そこまで面倒に感じることはないかもしれませんが、支払い方法を現金で支払いたいと考えた場合に関しては手続きが面倒になる場合があります。

もしも現金を窓口で支払う場合に関しては交通費が発生する可能性もありますし、郵便局で送る場合に関しては郵送費もかかりますし、郵送のタイプによっては損害賠償などの対象にならない可能性などもあったりします。

こうして考えてみるとやはりクレジットカードがおすすめなのですが、クレジットカードを持っていない人からすれば選択することができないので、場合によっては面倒な事になりかねません。

それを踏まえて考えてみると、支払い方法によっては大きなデメリットになる可能性があるといえます。

金額に上限がある

ふるさと納税のデメリットを考えた時に、該当するデメリットとしては金額に上限があるということです。

金額に上限があるというのは、つまり控除される金額に上限があるということなのです。

これはどういうことかと言いますと、自分自身の年収や家族構成などによって控除される金額などの限度が設定されており、実際の控除の目安と言われているのが住民税の1割の金額であると言われています。

つまり、例えば、住民税が15万円だったとするならば、控除される金額は15.000円という目安になります。

そして住民税に関しては自分自身の去年の所得にかけられて請求がくるようになりますので、当然所得が多い人の方が住民税の支払いが多いことを踏まえて考えてみると、所得が多い人間の方がふるさと納税をよりお得に使うことができると考えることができます。

なので、所得が低い家庭ではふるさと納税のメリットを大きく感じられないというデメリットなどもあるのです。

その点を把握していない状態でふるさと納税を利用すると、後悔してしまう可能性もありますので、注意をしなければいけません。

ふるさと納税で特産品をゲットしよう♪(まとめ)

ふるさと納税はメリットもたくさんあるサービスですが、それなりにデメリットも存在しているサービスです。

しかしながら、賢く使うことによって大幅なメリットを得ることができるサービスでもあります。

賢く使うことによって様々な特産品をゲットするチャンスにもなりますので、これからふるさと納税を行ってみようと考えている方は、上手に使って魅力的な特産品をゲットしてみてくださいね。