プロポーズといえば、男性から女性にするもの。

少し前まではその考えが当たり前でした。

しかし、時代は変化するもので、最近では女性からプロポーズをする、「逆プロポーズ」が少しずつ増えてきています。

逆プロポーズは女性が勇気を出して男性に「結婚してください!」と伝えるのですが、それって男性的にはアリなのでしょうか?

男性が結婚に対して曖昧な態度の場合には、女性からプロポーズをしたくなる気持ちは分かりますが、折角逆プロポーズをするならきちんと成功させたいですよね。

そこで、男性からしたら逆プロポーズはアリなのかと、逆プロポーズを成功させるコツをご紹介します!

彼氏からプロポーズされない!?それなら逆プロポーズしちゃおう

ある程度の年齢になってくると、男性でも女性でも、一度は結婚について考えることがあると思います。

付き合う年数は浅くても、お互いにそれなりの年齢になっている恋人同士や、付き合っている年数の長い恋人同士などでは、お互いに結婚に関して話し合う機会もあるでしょう。

もしまだ話し合っていなくても、どちらかは心の中で結婚へのタイミングを意識していることでしょう。

とくに女性で「将来子どもを産みたい」と考えている人にとっては、肉体的な負担から早めに結婚したいと考えている人も多いです。

しかし、肝心の男性はというと、中々結婚に対して煮え切らない態度の人もいます。

男性には男性で、仕事や私生活が落ち着いたらと、自分なりのタイミングがあってまだプロポーズをしないだけかもしれません。

また、若い男性では「まだ結婚は早い」と考えている人もいると思いますが、そんな彼氏の態度は彼女にとっては不満の種になってしまいます。

そこで思い切って、彼からのプロポーズを待たずに、彼女の方から逆プロポーズをしちゃいましょう!言葉選びやタイミングさえしっかりと考えてすれば、案外上手くいくかもしれませんよ。

逆プロポーズはあり?それともなし?

誰でも一度は「逆プロポーズ」という言葉を聞いたことがあると思います。

それほど、近年になって逆プロポーズという概念は世間一般へと広まっています。

しかし、実際にそれをしたことのある女性は、まだまだ数が少なく、また身近で逆プロポーズをした夫婦がいるという話もあまり聞くことはないでしょう。

実例はまだ少数派ですが、逆プロポーズの考え方自体には賛成という人は増えています。

一方で、「プロポーズは男性からするもの・されるもの」という考えを持っている人にとっては、逆プロポーズはとても受け入れられないものでしょう。

例えばあなたの周りにいる男女に聞いてみても、逆プロポーズがあり派となし派で分かれることと思います。

では、あり派となし派それぞれで、どのように意見が分かれているのでしょうか?

「あり」派の意見

逆プロポーズがありという考えは、何も女性に限った話ではありません。

積極性のある女性はもちろんですが、男性でも「逆プロポーズを受けたい・受けるのに抵抗がない」と考えている人は少なからずいます。

とくに最近では男性が恋愛に対して消極的になってきているという傾向がありますので、恋愛や結婚に自分から積極的に行けないという男性にとっては、逆プロポーズは嬉しいものに感じられるようです。

では、具体的にはどのような賛成派の意見があるのでしょうか?

プロポーズはどちらがしてもいい

ひと昔前までは、プロポーズは男性がするのが当たり前という考えでした。

世間一般ではそれが普通のこととされていましたし、女性から逆プロポーズをするなどもってのほかだという意見が大多数でした。

何故なら少し前まで、日本人女性は慎ましやかで大人しく、男性の3歩後ろに下がって歩くことが美徳とされていたからです。

恋愛にも受け身で、結婚しても貞淑な妻であることが社会から求められていました。

そのため、女性が自分から恋愛に積極的な態度を示せば、世間からは不真面目で軽い印象に捉えられ、男性からも引かれてしまうことが多かったです。

しかし時代は変わって現代では、女性も男性と同じように、またはそれ以上に恋愛に対して積極的であることが当たり前になっています。

そのため、男性でも女性でも女性からアプローチをしていくことに何ら抵抗がなくなっているのです。

男女のどちらが積極的でもいい、すなわちプロポーズもどちらがしてもいいという考えを持っている男女にとっては、逆プロポーズは何もおかしいことではなく、ごく普通のこととして受け入れられています。

愛情を感じる


男性によっては、女性から逆プロポーズをされることで、愛情を感じるという人もいます。

積極的な女性が増えたとはいっても、大半の女性は相変わらず恋愛に対して受け身の姿勢だったり、恥ずかしがり屋だったりします。

そのため、普段はあまり愛の言葉を囁くわけでもなく、側にいてくれるものの男性からすれば自分がどれだけ愛されているのかが分からないという人もいるでしょう。

逆プロポーズは、そんな男性の不安や杞憂、疑念などを吹き飛ばしてくれます。

女性自らがプロポーズするということは、男性からプロポーズするよりももっと勇気が要ることです。

それを恐れずにしてくれることで、男性は自分の彼女がそれだけ自分と一緒に生涯を共にしていきたいと考えているのだということが実感出来ます。

そしてそれだけたくさんの愛情を感じられるため、嬉しい気持ちになるのです。

時代錯誤かも

今の若い世代の人や、現代の生活スタイルや世間一般の価値観に慣れてしまっている人にとっては、「プロポーズは男性がするもの」という考え方は、もはや時代錯誤に感じられることかもしれません。

男性の方が収入があり、家族を守り支える立場にあれば、その男性からプロポーズをすることはごく自然なことでしょう。

しかし、最近ではバリバリと働く女性も増えています。

男性顔負けに稼ぐ女性の場合には、必ずしも男性からプロポーズをする必要はなく、「私が稼ぐから結婚しましょう」と堂々と逆プロポーズが出来ることでしょう。

また、精神的に男性よりも女性の方が強い恋人関係においても、女性が男性を支えたいという気持ちから、自然と逆プロポーズをする流れもあります。

恋人同士の両親はもしかしたら逆プロポーズに対して否定的な考えを持っているかもしれませんが、当人同士がそれで納得し、幸せであれば、それが理想的なプロポーズの形と言えるでしょう。

草食系男子が増えている

現代社会の特徴の一つでもあるのが、「草食系男子の増加」です。

草食系男子とは、一言でいえば恋愛に対して消極的で受け身なタイプの男性のことです。

草食動物に例えた言葉であり、一方の女性では肉食系女子が増えていると言われています。

草食系男子は、好きな人が出来ても自分からはアプローチ出来ないことが多いです。

そのため、片思いで終わることも多く、もし付き合えたとしても、精神面で彼女の方が強い傾向にあります。

一見ひ弱なイメージもありますので、女性からすれば頼りにはならないと思えるかもしれません。

しかし、草食系男子と同様に増えている肉食系女子には、そんな頼りない男性を「守ってあげたい」と感じる人も多いです。

自立心が強く、精神的にもタフでサバサバとした性格の女性に多く、草食系男子に対して「可愛い」「守りたい」「自分が支えてあげたい」と思う人は、自ら草食系男子にアプローチをすることもあります。

恋愛に消極的な男性からすれば、自分からプロポーズをするよりも、彼女からされた方が嬉しいと感じることも多く、また安心感もあるようです。

【草食系男子については、こちらの記事もチェック!】

「なし」派の意見

逆プロポーズをなしと考える男女は未だ多く、その考え方も根強いです。

祖父母や両親、親戚などから「プロポーズは男性がするもの」と教えられてきた人は、当たり前のようにその考え方を持っています。

また、プライドが高い男女も、「女からプロポ―ズをするなんてありえない」「男がするものだ」と考えている人が大半です。

この考えを強く持っている男女では、プロポーズのみでなく「家事や子育ては女性の仕事」「デートでお金を出すのは男性側」といったある種の固定観念を強く持っていることが多いです。

もちろん必ずしも全員がそうとは限りませんが。

また、女性にとって結婚は憧れの対象でもあるため、プロポーズから結婚式までを理想的な形で夢見ている人も少なくはありません。

結婚に対して強い願望がある女性では、プロポーズは男性からして欲しいと考えている人も多いです。

逆プロポーズなし派の人の意見は、どのようなものがあるのでしょうか?具体例を以下にご紹介していきます。

迫られるのがイヤ


男性からすれば、女性に逆プロポーズをされるのは結婚を迫られているようで抵抗があると感じる人も少なくはありません。

男性はその場の感情よりも、後先のことを現実的に考えて優先する傾向が強いです。

そのため、結婚に関しても、するタイミングというものを慎重に見極めている人が多いです。

そんな時に女性の方から結婚を迫るようなことをすると、男性が考えている女性との将来の人生プランに狂いが生じますし、その場の勢いだけで頷くことはとても出来ません。

逆プロポーズをする女性もきちんと考えた上でしているとは思いますが、男性からすれば「まだ早い」「焦っているように見える」「迫られている」と感じることが多いです。

また、追いかけられると逃げたくなるのは動物としての本能ですし、遥か古代から男性が狩りをする側の立場でしたので、その男性が、自分が迫られる側になると抵抗を覚えるのはある意味仕方がないことかもしれません。

どちらにしても、迫られるのは自分の逃げ場を失くされることに感じてしまいやすいので、男性が反射的に嫌だと感じてしまうのでしょう。

必死な気持ちにならせたくない

女性から逆プロポーズをすることは、男性にとってはそれだけ必死な気持ちにさせていると捉えてしまうことがあります。

また、女性があまりに結婚に対して必死になっているように見えると、次第にそれが「ただ結婚がしたいだけなのか」という疑問に変わってしまうこともあります。

男性は、「自分と結婚したい」と強く望んでいる女性と一緒になりたいと考えています。

ただ結婚したいだけ、早く子どもが欲しいだけのように思えてしまう女性との結婚には、どうしても抵抗があるのでしょう。

「早く結婚しましょう」と急かされれば急かされた分だけ、自分のことを大切に考えての結婚ではなく、あくまでも自分本意で結婚がしたいだけなのかと思えてしまいます。

そうなると、余計に結婚に対して消極的になってしまい、例え逆プロポーズをされたとしても、その場で断ることの方が多いです。

自分がプロポーズしたい

女性が結婚に対して憧れを抱くように、男性もまた、結婚するまでのシチュエーションを入念に考えていることが多いです。

どのタイミングでどんな風にプロポーズをするのか、プロポーズの言葉までこと細かに考えていつ決行しようかと慎重に考えている人も少なくはありません。

そんな彼の性格を十分に理解していない彼女の場合、自分からうっかり逆プロポーズをしてしまい、彼の気持ちを削いでしまう可能性があります。

大好きな彼女からの逆プロポーズを嬉しいと思う反面、自分から出来なかったことに対してはがっくりと肩を落としてしまうことでしょう。

ペースを保ちたい

結婚に対して真面目に考えている男性ほど、結婚するまでのペースを保ちたいと考えています。

適当な男性であれば、安易に彼女からの逆プロポーズを受けますが、実際に結婚した後で何も考えていないことが多いため、夫婦生活は苦労することが多いです。

しかし、真面目な男性は結婚してからの生活についてもしっかりと考えていますので、プロポーズは仕事が落ち着き収入もある程度安定してからと計画していることが多いです。

それを待たずに女性から逆プロポーズをしてしまうと、気持ちは嬉しいものの男性は困惑してしまうでしょう。

理想的な結婚生活を送りたいと考えている男性ほど、あくまでも自分の理想とするペースを保ちたいと思っているものです。

逆プロポーズを成功させるポイント6個

逆プロポーズは、ある程度きちんと先のことを考えて、そして準備や手順を踏んでからでないと中々成功させることは難しいです。

また、彼氏が結婚に対してどのような価値観を持っているのか、彼自身の気持ちや考え方も十分に理解しておかなければ、逆プロポーズは成功どころか、破局の原因となってしまうこともあります。

そのため、自分の「結婚したい」という感情だけで行動に移してしまわないように、きちんと考えた上で行うようにしましょう。

逆プロポーズを成功させるために重要なポイントを以下にご紹介していきます。

タイミングを見計らう

男性が結婚を口にするタイミングも大切ですが、女性からの逆プロポーズの場合には、それ以上にタイミングを見計らうことが重要です。

とくに彼氏が正社員として働いている場合、彼の仕事の繁忙期や収入面などの安定をよく考えた上で逆プロポーズをしなければ、折角気持ちは嬉しいと受け取ってもらえても、結婚自体はまだ出来ないと断られてしまうことがあります。

また、彼と実家との関係や現在の生活状態などもよく考慮した上で言い出す必要がありますので、タイミングをしっかりと見極めてから彼に逆プロポーズをするようにしましょう。

男性の仕事が落ち着いてきた頃

逆プロポーズは、必ず彼の仕事が落ち着いたタイミングでするようにしましょう。

結婚に対する焦りや願望から一方的に逆プロポーズをしたのはいいものの、彼が繁忙期の場合にはそこまで真剣に考えてはくれないでしょう。

また、「このタイミングで言うか?」と呆れられたリ、不興を買ってしまうこともありますので、「自分勝手で気の利かない女」と思われないためにも、しっかりと彼の仕事の様子を日頃から把握しておくようにしましょう。

男性は仕事熱心な人ほど、忙しい時には仕事以外のことまであまり深く考える余裕はありません。

そんな精神的な余裕がない時に結婚の話など持ち出しても、迷惑に受け取られてしまいますので要注意です。

周りからのプレッシャーを受けた時

自分では中々結婚のタイミングが計れない男性の場合は、女性の方から逆プロポーズをした方が効果的です。

とはいえ、いざ逆プロポーズを受けても、男性はその場で即答していいものかとどうしても悩んでしまうものです。

そこで、男性がすんなりと受け入れることが出来るように、予め結婚しやすい状況を作っておくといいでしょう。

女性でも同じことですが、例えば自分の両親や恋人の両親、周りの友人や職場の上司など、周りで結婚する人が多かったり、または結婚を勧められたりすると、適度なプレッシャーから「自分もそろそろ結婚を考えた方がいいのかな」と考えるようになります。

そのプレッシャーがあまりに重たいと男性は逃げ出してしまいたくなりますが、周りで誰かが結婚することによって、自分も結婚を意識するのは自然なことです。

そのため、逆プロポーズをするタイミングとしては、周りで誰かが結婚をした際に話を軽く持ち出してみて、彼が前向きに考えているようであれば早めに逆プロポーズをしても良いでしょう。

また、結婚している友人や両親に協力してもらい、それとなく男性に結婚の話をしてもらうように頼むのも良いでしょう。

そうやって彼に結婚への適度なプレッシャーをかけることで逆プロポーズは成功しやすくなります。

相手の気が弱くなった時

気持ちが弱くなることは、当然男性にもあります。

むしろ、普段は強く振舞うことの多い男性だからこそ、一度気が弱くなると女性以上にとことん落ち込んでしまうことがあります。

そんな時に側で優しく支えてくれる彼女の存在があると、男性は彼女に対して感謝すると同時に、「こんな人とずっと一緒に居られたらな・・」ということを意識しやすくなります。

男性は女性を守りたいと思うものですが、同時に弱った時には自分も守ってもらいたいと本心では感じています。

その願いを叶えてくれる女性となら、この先の将来も一緒に過ごしたいと強く思うものです。

男性が弱っている時には側で積極的に支え、立ち直ってきたところで「これからもずっとあなたを側で支えていきたい」と献身的な逆プロポーズをすれば、彼の心にはしっかりと響くでしょう。

引っ越しや転勤など

引っ越しや転勤は大きな転機です。

離れ離れになってしまうという事態に陥ることで、恋人同士がこの先も一緒にいるかどうかの選択を迫られます。

付き合いの浅い若い恋人同士では、それでも直ぐに一緒になろうという決意をすることは難しいでしょう。

何より歳が若いとお互いに実家で暮らしていることもあるため、引っ越すからといっていきなり結婚するという形は取れない恋人同士も多いです。

一方で、すでに同棲している恋人同士や、付き合いの長い恋人同士の場合には、その転機にどうするかの選択が迫られます。

引っ越しや転勤は大抵男性に多いですが、中には女性の都合によって移動することもあります。

その機会に思い切って逆プロポーズをすることで、彼の本心や今後についての考えを知れるかもしれません。

どのみち別の場所へと引っ越すことになるのなら、思い切ってこのタイミングで逆プロポーズをするのも良いでしょう。

シチュエーションを考える

逆プロポーズをするにはそれなりのシチュエーションを考えた方がいいでしょう。

とはいえ、男性のように気障な演出や派手な演出をすれば気合いが入り過ぎだと思われて、引かれてしまうことがありますので、やり過ぎは禁物です。

女性から逆プロポーズをする時には、出来るだけソフトに告げた方が良いでしょう。

例えばいつも通りのデートをしている最中に、会話の流れで「そろそろ一緒になろうか?」と軽い調子で言ってみることで、相手の反応を伺えます。

それで相手が戸惑いはしても、嫌な顔をしなければ成功させるのはそう難しくはないので、続けて「じゃあ結婚しようか」とさらっとたたみかけるようにしましょう。

あくまでも軽い調子で告白することがポイントです。

あまり重苦しくあれこれと言葉を並べると、段々と彼は不安や戸惑いの感情が大きくなってきてしまいます。

彼の結婚に対する気持ちの重みを緩和させるように逆プロポーズをするのがおすすめです。

シチュエーションはあまり凝らずに、デートの最中や家でのんびり過ごしている時が良いでしょう。

元々リラックスした状態にしておけば、彼も落ち着いて返事をすることが出来ます。

ちょっとしたプレゼントを用意して

女性の場合は、婚約指輪を用意した状態でプロポーズをされるのが嬉しいですよね。

しかし、男性へ逆プロポーズをする場合には、指輪を用意してしまうと重たく捉えられてしまったり、相手に引かれてしまったりします。

女性の方が仮に稼ぎが多かったとしても、男性は女性からあまり高価なものを受けとることには抵抗がありますし、何より自分自身に対して「男として情けない」と感じてしまうおそれがあります。

そこで、男性へ逆プロポーズをする際には、重たすぎない程度のちょっとしたプレゼントを用意すると良いでしょう。

例えば高価な婚約指輪の代わりに、造花で作られたおしゃれな指輪型の置物をプレゼントしたり、安すぎず高すぎない程度の小物などを贈ると喜ばれることが多いです。

男性の場合には自分の決意の証を指輪という高価な贈り物に変えることが多いですが、女性の場合にはあくまでも気持ちを見せるのがポイントです。

逆プロポーズの言葉は男性が受け入れやすい言葉を

男性のプロポーズでは、シンプルな「僕と結婚してください」という言葉から、「毎朝君の味噌汁が飲みたい」などちょっと捻った言葉までたくさんありますよね。

中には気障なプロポーズもありますが、女性から逆プロポーズをする場合には、出来るだけシンプルな言葉にするのがおすすめです。

あまり凝った告白にすると、男性が引いてしまう可能性があります。

会話の自然な流れで「そろそろ一緒になる?」や「結婚しようか」など、飾らずにストレートに伝えると、男性も理解しやすく、また受け入れやすいでしょう。

答えはあせらずに待とう

女性がプロポーズの返答を男性に待たせることがあるように、男性側もまた逆プロポーズをされたら少し考える時間が欲しいと思うものです。

何も考えずに即答出来るような場合は、すでにお互いが結婚を意識していた場合か、結婚について深く考えていないかのどちらかでしょう。

一般的には、逆プロポーズをされたら少し戸惑い、「考えさせてほしい」と返すものです。

女性によっては、その返答がすでに「断られた」「望みがない」と思えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

彼は真剣に彼女との将来を考えたいからこそ、安易に返答をせずに考えたいと思っているのです。

そのため、もし「待ってほしい」と言われたら、焦らず急かさずに、ゆっくりと返事を待ちましょう。

落ち着かない気持ちはあるでしょうが、それで返事を急かして断れては元も子もありません。

逆プロポーズはプロポーズを呼ぶ

場合によっては、逆プロポーズがプロポーズを呼ぶこともあります。

女性が「そろそろ結婚したいな」と何気なく逆プロポーズをした時に、もし男性も結婚のことを考えていたとしたら、その後で改めて「結婚して下さい」とプロポーズをしてくれることがあります。

彼女の気持ちを尊重しながらも、自分も男としてのけじめをつけたいと思っている男性ほど、逆プロポーズからプロポーズへと変わることが多いです。

逆プロポーズを成功させるためのステップ

逆プロポーズをするにはタイミングを計ることが大切ですが、それ以前にある程度のステップを踏んでおくことが重要になります。

何の下準備も考えもなく、「そろそろいい歳だから」「早く結婚したいから」という理由だけで逆プロポーズをすると、失敗する可能性が高いです。

ですから、逆プロポーズをする前に以下のことを確認しておきましょう。

気持ちを確認する

逆プロポーズをする前に、お互いの気持ちをきちんと確認しておきましょう。

今の恋人関係は良好かどうか、もし不安なことが多いのなら、その不安要素は何なのかをきちんと確認しておきましょう。

自分が相手を好きだという気持ちも大切ですが、彼もよそ見せずにきちんと自分だけを見てくれているかどうかもしっかりと確認しておきましょう。

なぜ待とうとする?

結婚はしたい、その気持ちはお互いにあるのに彼からプロポーズの言葉がなくてずっと待っている女性は少なくないでしょう。

しかし、何故わざわざ彼からのプロポーズを待つのでしょうか?

お互いに好きで、結婚する気があるのなら、女性の方から逆プロポーズをしても何ら問題はないはずです。

もしどうしても男性の方からプロポーズをして欲しいのなら、軽い逆プロポーズからプロポーズを誘ってみるのも良いでしょう。

ずっと待っているだけでは、そのままいつまでも待たされてしまうかもしれませんよ。

本当に結婚したい?

逆プロポーズをする前に、きちんと自分自身の気持ちを再確認しましょう。

あなたは本当に彼が好きで、彼と一緒になりたいから結婚したいと思っているのですか?それとも、「結婚する」ことを重要視しているのですか?

本心から彼と一緒になりたい気持ちがあるのなら、勇気を出して逆プロポーズをしても良いでしょう。

しかしそうでなく、相手がたまたま彼だというだけで、結婚すること自体を重要視しているのだとしたら、結婚後には理想とのギャップに苦労することが多いかもしれません。

収入の壁を乗り越える

結婚を考えた時に、収入と言う大きな壁が立ちはだかります。

二人とも収入が少なければ、この先苦しい生活をしていくことは目に見えています。

しかしそれでもその壁を乗り換えて彼と結婚したいと思えるのなら、その決意を告げて逆プロポーズをしましょう。

けれどもし不安な気持ちの方が強いのなら、その気持ちが落ち着くまではもう少し恋人同士の時間を過ごして、じっくりと彼と相談し合いましょう。

男性に心の準備をしてもらう

いきなりの逆プロポーズでは彼が抵抗ありそうだと思う場合には、予め少しずつ結婚を匂わせておくと良いでしょう。

日々の会話の中で少しだけ結婚を匂わせることによって、彼に自分が結婚したいのだという気持ちを伝えます。

あまりに度が過ぎると引かれてしまいますので、一日に一度その話題を振ったら、その日はもう振らないようにするなど、少しずつ男性に心の準備をしてもらうようにしましょう。

逆プロポーズする日はあえて決めない

二人の誕生日や記念日など、特別な日を選んで逆プロポーズをしてしまうと、気合いが入り過ぎだと思われて、重たく受け取られてしまうことがあります。

そのため、逆プロポーズの言葉同様に、告げる日も特別な日ではなく、あえて何でもない日を選ぶようにしましょう。

そうすることで、彼が気負いし過ぎずに済みます。

彼のお返事に対して区切りをつける

逆プロポーズをする際には、彼に返答を焦らせることも禁物ですが、同時にある程度の期限をもうけた方が良いでしょう。

今すぐではなく、半年や一年程度の期間をもうけて、それまでに返答を出してくれるように一言告げておくと良いでしょう。

そうすることで彼は直ぐに返事をしなくても良くなりますが、同時に期限までには気持ちを固めようとするでしょう。

また、一度その話をしたら、後は彼から話を振ってくるまでは、こちらから返答を急かさないように気をつけましょう。

こちらは区切りをつけたのですから、その期限が来るまでは結婚の話題は持ち出さないようにしましょう。

逆プロポーズ、是非成功させてくださいね!

いかがでしたでしょうか?逆プロポーズをする際の注意点やタイミングなど、少しでも参考になれば幸いです。

実際に逆プロポーズをしている例はまだまだ少ないですが、それでも確実に増えていっています。

それだけ現代の社会では女性は男性に対して受動的ではなく、能動的になっています。

自分が本当に好きで、「この人とずっと一緒にいたい!」と思える素敵な恋人がいるのなら、ためらうことなく積極的に逆プロポーズをしていくべきでしょう。