普段あなたは愛してるよ、と伝えていますか?

パートナーがいる人で、しっかりと言葉に出しているという人は少ないかと思います。

でも、言葉に出して相手に伝えてあげるとたくさんの良い事があるんです。

夫婦になると共同生活をずっと行っていくので、夫婦間の雰囲気づくりって本当に大事です。

毎日一緒に過ごすのに、邪険な雰囲気っていやですよね。

楽しい、みんなから羨まれるような夫婦生活を送るには、良い雰囲気をつくる事が大事であり、愛しているよと伝えるのはその一番初めの大事なステップです。

今回は愛しているよと相手に伝えるための方法だったり、注意すべき点をご紹介していきたいと思います。

愛してるよ、と伝えるための12個の上手い方法

なかなか普段愛しているよ、と伝える事は難しいと思います。

なかなか普段口にしない言葉でもあるので、意識すればするほど恥ずかしいと思うのではないでしょうか。

普段口にしないからこそ、伝えるのが恥ずかしいという事もありますが、特に日本人は恥ずかしいという感情が勝るのではないでしょうか。

ただ、伝えたい言葉は口にしないと相手にうまく伝わりません。

しっかりと自分の思いを相手に伝える事は大事な事ですし、普段伝えているからこそ生まれる思いもあるかと思います。

伝える事と、伝えない事を比べると伝える方が良い事ばかりです。

相手との関係もまた変わったものになりますし、相手も自分の思いを受け取って自分の気持ちを伝えてくれるかもしれません。

なので、普段から相手に対して愛しているよ、と伝えていない人ほど是非積極的に発言してみてはいかがでしょうか。

今回は恥ずかしい、うまく伝えられないという方に向けて、上手に伝える為の方法をご紹介していきたいと思いますので、是非気軽に実践してみてくださいね。

では見ていきましょう。

1. ポジティブな言葉を使って表現する


愛しているよ、という言葉をネガティブな表現で相手に伝えるのはNGですよね。

せっかく素敵な言葉なのに、ネガティブな言葉で包んでしまってはもったいないです。

なので、必ずポジティブな言葉で重ねて相手に伝えるようにしましょう。

そして、普段から相手に対してネガティブな言葉を使っているのは適切ではありません。

普段から良い関係を築くには、素敵な言葉を使って関係を築いていく必要性があります。

素敵な、ポジティブな言葉を使う事によって、お互いの関係や雰囲気がより良い物になって、自然とポジティブな言葉であったり、楽しい会話が生まれるようになります。

なので、普段からの言葉遣いであったり、話の内容をしっかり意識して、楽しい物になるように工夫してみる事が必要だといえるでしょう。

2. 目が合ったら必ず微笑む

お互いに素敵な言葉を送りあうには、二人の間が良い雰囲気に包まれている事が非常に大事です。

なぜなら、素敵な雰囲気に包まれている事によって、自然と素敵な言葉が出てきますし、明るい話題が生まれやすい環境になる事が出来るからです。

そのためには、小さい事かもしれませんが、二人の視線が合ったら微笑みあうというような関係が非常に重要です。

目が合っても知らんぷりではなく、相手との気持ちが重なり合ったときには何かしらのアクションを起こしてあげる事は素敵な事です。

相手に対して愛しい感情があれば、自然とそういう行いが出来るようになりますし、言葉としても相手に伝わるようになります。

お互いに良い雰囲気を作る為には、ちょっとした工夫だったり、気遣いが必要だという事を理解しておきましょう。

3. 記念日や誕生日は忘れない


付き合っている相手や、結婚している相手に対して、特別な日には特別な事をしてあげましょう。

大事にしたい相手に対して、相手の大事な日には何かしてあげる事によって相手は喜んでくれますし、

二人の間に楽しい思い出も共有できますし、特別な気持ちを与える事が出来ます。

ある程度の期間付き合っているとどうしてもマンネリではないですが、相手に対しての気持ちだったり記念日というものを忘れてしまう傾向があります。

なので、ある程度付き合ってお互いにあまり意識しなくなっている状態の時こそ、相手に対してしてあげられる事をしっかり思いましょう。

してあげられる事としては、何かしらのプレゼントを送ってあげたりとか、普段とは違う特別な事を相手にしてあげるとか。

派手な事をする必要はありません。

もちろん、相手に対してブランド物の商品を送ってあげるもよし、おいしいケーキを買ってあげるもよし、特別な料理を相手に作ってあげるもよしですし、肩もみをしてあげるもよしです。

一番大事なのは、相手を敬う、大事にしてあげたいという気持ちが伝わる事が一番大事であるという事を覚えておきましょう。

時には言葉だけではなく、行動などで示してあげるのも大事かと思いますよ。

4. 相手の話をよく聞いて相談にものる

人間が相手に対して嬉しさを覚える事は、自分の話をしっかり相手に聞いてもらえる事です。

特に、親しい仲でしか離せないような内容の話もあったりしますので、

親しい関係だからといって相手の話を話半分で聞かずに、しっかりと相手に共感を示しながら、じっくり相手の話を聞いてあげる事は必要です。

相手の話を聞いてあげて、じっくり理解して共感してあげる事によって相手はストレスから開放されますし、相手との良い関係を築く事も出来ます。

お互いを思いやる事が、良い雰囲気、関係を作る為には非常に大事な事ですので、相手の話はしっかり普段から聞いてあげる事を意識してあげてくださいね。

5. 相手の良い所をたくさん褒める

相手の事を褒めてあげる事って非常に大事です。

どんなに親しい関係でも、相手の事をしっかりと褒めてあげる事は忘れてはいけません。

親しき仲にも礼儀ありではないですが、親しい関係だからこそ相手の事を褒めてあげる事で、良い関係を築く事も出来ますし、信頼関係も生まれてきます。

褒められて嫌になる事ってないですよね?

特に日本人は親しい関係の人の事をあまり褒めずに、けなす習慣がありますので、むしろ親しい関係だからこそ相手の事を褒めてあげられるようにしましょう。

相手の事を褒める事によって、相手も自分の事を褒めてくれますし、自分も相手も嬉しい気持ちで楽しい雰囲気を味わう事が出来ます。

しっかりと普段の雰囲気作りを大事にして、相手との言葉選びも工夫していく事をお勧め致します。

6. 出来るだけ二人の時間を作ろうとする

どんなに忙しい人でも、二人の時間を作るという事は忘れずに大事にしてあげてください。

はっきり言っておくと、忙しいという言葉で時間を作る事をしない行為は、単純に時間を作ろうという意識が欠落しているだけです。

相手に対して大事に思い気持ちであったり、時間を作るという事を優先順位が高い事だと認識してる人は必ず時間を作ってあげます。

二人だけの時間を作る事によって、普段言えない言葉であったりとか、

普段とは違う雰囲気を味わう事も出来ますし、こういう時間を作ってあげる事で、二人の気持ちが通じ合うきっかけにもなります。

まったく二人の時間がなくなってしまうと、言いたい事も言えない状態が続いてしまい、ストレスになったり、

相手との関係がぎくしゃくしてしまったりという事にも繋がってしまいますので、必ず二人の時間はどんなに忙しくても、作ってあげる事を意識してあげてくださいね。

7. 互いの健康を常に気遣う

健康でいるという事は人間的な幸せを感じる上で非常に大事な事ですし、大事な存在同士、気遣いたい事にもなりますよね。

いつまでも健康でいる事で、相手に幸せな時間を過ごしてほしいですし、健康でいる事で一緒に楽しい時間をいつまでも過ごしたいと思いますよね。

相手の健康を気遣ってあげるという事は、相手の命を大事に思いという事です。

相手の命を思いやるのは相手が愛しい存在だからです。

体が弱っている時、精神的に弱っている時に気遣ってくれる相手の事って非常に愛しい存在に思えませんか?

大事な相手の事は、常に気遣ってあげる事が大事です。

それが健康だけではなく、それ以外の事でも相手の事を気遣う思いやりがもてれば、自然と愛しているといえるような関係であったり、雰囲気に繋がるかと思いますよ。

8. 互いの望みを一生懸命叶えようとする


先ほどご紹介した、相手の事を思いやるという事に繋がるかもしれませんが、

相手の望みなどを一生懸命叶えてあげようとする姿勢、考え方を大事にしてください。

好きな人の望みだったり、欲しいものって叶えてあげたり、プレゼントしたいと考えたりした事はありませんか?

人間なら誰しもが思う事ですよね。

自然な気持ちですし、愛しい存在には楽しい、素敵な気持ちになってほしいと思います。

それは相手を思いやる、気遣いにも似た素敵な感情です。

自分が相手に尽くせば尽くすほど、相手もそれと同じく自分に対して尽くしてくれます。

それは高価なものをあげるという意味ではなく、相手に自分の気持ちをプレゼントするような感覚です。

相手の事を思えば思うほど、それは相手にしっかりと伝わりますし、相手もそれを感じて自分に嬉しい事をしてくれると思いますよ。

そうすれば、きっと二人の距離はさらに短くなりますし、お互いに自然に愛していると言える関係になれますよ。

9. レディーファーストをする

レディーファーストはなかなか日本ではまだ浸透していませんが、海外ではかなり浸透していますし、行って当たり前という習慣もあります。

スムーズに女性をエスコートしてあげる事で、気持ちの余裕も生まれますし、相手の気持ちにも変化が生まれるかと思います。

例えば、重い荷物を持ってあげたり、車道から守ってあげるなど、べたな事ですが、

自然とこういった事が出来ると女性は守られている感じが伝わりますし、相手も悪い気持ちにはならないと思います。

しっかりとこういった事が出来るという事は、相手に対する気持ちがなければ出来ませんし、こういった事が行えると相手もこちらの気持ちに気づいてくれます。

こういった気持ちが相手に伝わる事で、自然と相手も言葉にして気持ちを伝えてくれるようになるかと思います。

こういった雰囲気が出来てくると、自然とお互いが言葉を口に出しやすくなり、

継続していけばそれが当たり前となって良い関係が生まれてくるかと思いますので、是非実践してみてくださいね。

10. 家事や仕事を手伝う

役割分担として、一般的に多いのは男性は仕事、女性は家事というイメージですが、これも明確な決まりがあるとは言えないです。

女性にとっては、当たり前と思われる事を嫌う、間違っていると思っている女性もいますので、手伝うという表現自体が嫌いと思う人もいるかもしれません。

ただ、一般的に女性がメインで家事を行っている場合は、たまには男性が家事を行ってあげるという事も必要なのかもしれません。

たまに手伝ってくれるとやっぱり嬉しいですし、何の意識もない人と比べると負担を減らそうという気持ちも伝わるので、嬉しいですよね。

なので、家事や、仕事もしているのであれば、仕事をたまに手伝ってあげる事で、

お互いに助けあっていくという気持ちの確認も出来ますし、良い雰囲気が生まれてくるという事はお互いにとって良い事でもあります。

積極的に、相手の負担を減らせるように、助け合えるように努力をするべきだと意識しておきましょう。

11. ボディタッチをする

ボディタッチを行うという事は、非常に大事なスキンシップです。

ボディタッチをしても問題がない間柄というのは、ある程度の信頼感がなければ難しいです。

なので、普段の会話の中でも、ボディタッチを行っていく事で良い雰囲気が生まれていくかと思います。

なかなか普段ずっと一緒に生活をしているとスキンシップを取っていく事を忘れてしまう傾向があります。

なので、積極的にスキンシップはお互いが取っていくという事を大事にする必要があります。

積極的なスキンシップを取っていく事で、お互いに距離が短い状態になりますし、言葉も自然と出てくる事が期待できます。

12. 相手の好きな食べ物を時々買ってくる

ちょっとした気遣いを受けた時ってとても嬉しく感じませんか?

ちょっとしたものでも、自分の為にしてくれたという事を踏まえると非常に嬉しいですし、暖かい気持ちになりますよね。

そこで、相手に対して好きな食べ物を差し入れてあげたり、プレゼントしてあげたりすると、ちょっとした気遣いでもとても嬉しいですよね。

食べる事って幸せですし、好きなものを覚えてくれていたんだと思う事も幸せです。

また、一緒においしいものを食べるという事についても楽しい時間だったり、大切なふたりの時間を過ごす上でも非常に大切な事であるといえるでしょう。

そんな大切な時間をたくさん過ごしていく事で、きっと相手も自分が大切にしているという気持ちに気づいてくれるはずですよ。

そうなれば、自然と二人の間に愛しているよ、という言葉が言える雰囲気になるかと思いますので、是非実践してみてくださいね。

愛してるよ、と伝えていますか?

あなたはパートナーに普段から愛しているよ、と伝えていますか?

言葉にして伝えるという事は照れ臭いですが、伝えないと伝わらない事もあります。

普段から言葉にして相手に伝えているからこそ、感じられる思いだったり、気持ちが生まれる事もあります。

なので、しっかりと思っている事は相手に伝えてあげる事が大事です。

思っているだけでなく、何かしらの行動で相手に示す事が大事という事ですね。

先ほどご紹介した通り、相手に愛していると伝えられる雰囲気作りがまずとても重要ですし、相手にそれを真剣に受け入れてもらえる環境も大事です。

そういった雰囲気を作る事で、自分も相手も気持ちを伝えられる事ができるようになり、良い関係を築く事が出来ます。

そして、愛していると伝える方法は言葉以外にもあるという事を知っておいてください。

事前にこういった事を知っていると、相手に対して様々な方法で愛情を示す事が出来ますので、しっかり把握して実践してみてくださいね。

では見ていきましょう。

1. 伝え方はいろいろあります


愛していると伝える方法はたくさんあります。

考えてみると、簡単に思いつきますが、普段生活をしている中で実践している人はおそらくあまりいないのではないでしょうか?

しっかり事前にこういった方法を知っておくといざという時に使う事が出来ますし、場面場面に応じて相手に気持ちを伝える事が出来ます。

これからご紹介する3種類の方法を是非実践してみてくださいね。

それぞれ特徴もありますし、方法も違うので、様々な場面で使いわけることができるので、試してみてくださいね。

1. 言葉で伝える

これは一番一般的な方法なので、今更伝えるまでもないかと思いますが、そのまま自然に愛していると言葉で伝える方法ですね。

でも、シンプルが一番という言葉があるように、回りくどい表現方法よりもシンプルに相手に愛していると伝えてあげる事が非常に大事です。

そして、何より一番相手に気持ちが伝わる方法になります。

言われた相手も嬉しいですし、自分の言葉にして伝えるという事はとても嬉しい事です。

照れ臭い方法になるかもしれませんが、これが一番大事なので恥ずかしいという人もたまには言葉にして相手に伝えてあげる事で気持ちがとても伝わりますよ。

逆に、普段言わない人がたまに言葉に出して相手に伝えてあげる事で、より気持ちが伝わるという事もありますので、言葉で伝えるという事は忘れないようにしてくださいね。

2. 表情で伝える

愛しているという気持ちは表情を通して相手に伝える事も出来ます。

これはあまりぱっと思う人はいないかもしれません。

具体的にどういう事かといいますと、例えば相手と目が合った時にどうしますか?

恐らく、どうでも良い人だと目をそのままそらしたりするかもしれませんが、相手が愛しい人だった場合どうしますか?

海外ではウインクをしたり、何かしらの表情で相手にアクションを起こしてあげたりしますよね。

それと同じで、特別な人に対して何かしらの表情で返してあげるという事です。

愛しい人に視線を向けた時に、自然と微笑みが出たりなど、そういった表情で相手に対して特別な思いを持っている事、

他の人とは違うという事をしっかりと伝えてあげる事で表情を通して心の言葉が出てくるかと思いますよ。

3. 行動で伝える

最後に愛していると伝える方法は行動になります。

行動を通して、相手に気持ちを伝えるという事ですが、なんとなく言っている意味はわかるけど、具体的にどういう行動を通せばいいの?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

でもこれってけっこう簡単な事なんですよ。

先ほどご紹介した、愛していると伝えるための12個の方法でもご紹介した通りなんですが、例えば相手に対して特別な料理を作ってあげるとか。

これも一種の行動になるんです。

普段と違う事を相手に対してしてあげるだけでも、そこには何かしらの相手に対する思いがこめられていますよね。

それが自然と相手に伝われば、そこでもう愛しているという気持ちが伝わっているという事になります。

ふたりの時間を作るという行動もその気持ちに直結していますし、相手につらい事があった時に話を聞いてあげる時間を作るという事もそうですよね。

普段のちょっとした事をちょっと考えて相手にしてあげる事で、それが積み重なった時に相手は絶対にこちらの気持ち、気遣いに気づくはずです。

自分がこうしたから相手にこうしてもらいたい、という期待をしてしまうと疲れてしまうので、

期待せずに自然と相手に対してし続けてあげればいつか相手はその気持ち、気遣いに気づいてお返しをしてくれると思いますよ。

2. 状況によって上手に使い分けましょう

これまでたくさんの愛していると伝える方法であったり、伝え方をご紹介していきました。

たくさんの種類があったので、いろんな場面で行う事が出来るかと思います。

適切な場面で適切な方法を是非選択して使用してみてください、きっと相手に伝わると思いますよ。

そして、行う上で一番大事なのが継続をするという事です。

何においても継続するという事は非常に大事な事ですよね。

なので、気分で今日相手に気持ちを伝えようというのではなく、継続的にこういう事をしていこう、気持ちを伝えるようにしようという事を考えて実践していく事は大事です。

もちろん何もしない人に比べればたまにしてあげるだけでもまったく違いますが、せっかくなので継続的に行う事が非常に大事な事です。

継続的に行う事で、相手もそれに気づく回数が増えていきます。

気づく事で、相手もこちらに対して何かアクションを起こしてくれるはずですし、

それがお互いに続けばきっと今までの雰囲気から愛しているよ、と伝えやすい雰囲気に変わっていくかと思いますよ。

愛してると伝えることのメリット


愛していると相手に伝える事で生まれるメリットをここからはご紹介していきたいと思います。

たくさんの良い事がある中で、代表的といいますか、メリットが大きい部分をご紹介していきたいと思います。

正直、メリットばかりでデメリットなんてものはないと思っていただいて良いかもしれません。

普段から愛していると伝えていない人は、是非これを機会に相手に対して気持ちを伝える工夫を行ってみてください。

きっと今までの雰囲気から、良い雰囲気に変わると思いますし、長い夫婦生活だったり共同生活を送っていく中でとても大事な事だといえます。

居心地の良い雰囲気にもなりますし、精神的な安定にもつながるので、実行してみてくださいね。

ではメリットをご紹介していきましょう。

1. すれ違いがなくなる

夫婦ですれ違うが生まれている事ってけっこうありますよね。

夫婦生活を送っていく中で、一番怖いのはぎすぎすした雰囲気だったり、居心地の悪い空気になる事が怖いですよね。

でも、愛してるよ、と毎日伝え合っている夫婦は悪い雰囲気になったりする可能性はぐっと少なくなります。

なぜなら、普段からお互いの気持ちを確認しあっていますし、おたがいに気持ちが通じあっているので、そこから生まれるすれ違いが発生しなくなるからです。

すれ違いが多いと感じている夫婦がもしれあれば、愛していると伝える事から初めてみてはいかがでしょうか?

2. 心の結び付きが強くなる

愛していると相手に伝え続ける事で、相手と自分との心の結びつきが強くなります。

心の結びつきが強いという事は、それだけ自分の中で大切な存在になっているという事です。

心強い、味方になってくれているはずですし、そういう存在が一人でもいると強い自分でいられますよね。

人間、一人では生きていけません。

誰かと一緒に支えあいながら生きていくのが人間ですし、そういう存在がほしいと思うのが人間です。

是非、普段から言葉を伝えあって、そういう関係を築いてみてください。

きっと、自分の中で相手の存在がもっともっと大切なものに感じられるはずですよ。

3. 精神的に満たされ心に余裕を持って楽しく生きられる

精神が安定している事により、普段の生活であったり、仕事であったり、物事に対して嬉しさを感じたりできますよね。

生きていく上での喜びなども感じる事が出来ますし大げさですが、本当に精神的な安定は重要です。

逆に、精神的に安定できていない生活だと何事もうまくいかない事が多いです。

精神的に安定するには、普段の生活で充実した生活環境に身を置く事が大事ですし、安心できる存在がいる事が大事です。

今パートナーがいる人は、是非相手に愛していると言葉を伝えてあげてください。

続ける事で、精神的に満たされ、充実感を味わう事が出来ると思いますよ。

心に余裕を持てれば、何事もうまくいく可能性が高くなりますし、人生が楽しく感じることが出来ると思いますよ。

愛を伝える時の注意

愛していると相手に伝える時の注意点についていくつかご紹介していきたいと思います。

メリットばかりなので、是非相手に伝えてほしいのですが、注意しておかないと空回りしたり、

悪い方向にいってしまうという事に繋がる場合もあるので、しっかりと相手に伝える前に意識しておいてほしい事をご紹介しておきます。

逆に、これからご紹介する事を気を付けていただければ全く問題はありませんので、安心して相手に気持ちを伝えてあげてくださいね。

では見ていきましょう。

1. 必ずしも相手に伝わっているわけではない

これは先ほども少しお話ししたかもしれませんが、相手に伝わっているとは限りません。

特に、継続するという事が大事なので、一回気分で言ってみたというだけでは冗談に聞こえる場合もありますし、相手もその一回だけだと忘れてしまうという事もあります。

継続的に相手に気持ちを伝えて、相手がそれに気づいて、行動に移す所まで是非行ってみてください。

もちろん、こちらが言ったのだから、相手も絶対にこちらに言うべきだという変な平等を求めるのはいけない事です。

良い意味で、期待をせずにこちらの気持ちを相手に伝えるという事をしっかり意識しながら行ってみてくださいね。

2. 伝わらないと全く意味が無い

相手に伝わらないと完全にこちらの自己満足に終わってしまいます。

一番大切なのは相手がそれに気づいて相手も言葉を発信してくれて、良い雰囲気になるとう事が一番大切ですし、それを求めて行動を起こしてほしいと思っています。

なので、相手にまずはしっかりと伝わっているという事を注意して確認してみてください。

その上で継続的に相手に気持ちを伝えてみるという事を実践してみてくださいね。

3. 互いの愛情が同じレベルにあるのが心地良い

愛情が一方的過ぎてはおそらく、あまり心地よくはないですよね。

お互いの愛情が同じくらいにある状態で、お互いの気持ちを伝えて理解しあえる事が非常に大事ですし、嬉しい事ですよね。

逆に、相手の気持ちがまだその地点に達していない状態でレベルの高い言葉を連発してしまっても相手が不安に感じたり、

困ってしまったりする事にもなりますので、今相手と自分んはどれくらいのレベルなのかという事をしっかりと意識する事も大事だという事を覚えておいてくださいね。

4. 周りにたくさん人がいる場所ではしない

海外では普通かもしれませんが、日本ではあまり人が周りにいる状態で過度なスキンシップを取ってしまうと恥ずかしいと思ってしまう人もいますよね。

なので、あまりたくさん人がいる場所では過度なスキンシップを取るのは注意しましょう。

二人っきりで、邪魔をされない空間で思いを伝えあうと、非常に相手も安心して受け止めることが出来るので、しっかりと相手が気持ちを理解してくれる事にも繋がります。

相手を思いやる事も、相手に対する愛情なのでしっかり覚えておきましょう。

5. 相手が自分に好意が無い場合は慎重に

先ほどもご紹介した通りですが、あくまで同じレベルまで愛情が達している状態で気持ちを伝えあわないと空回りしてしまう可能性があります。

特に、男性から女性に対するスキンシップで、男性は女性に比べてボルテージが上がってしまうのが早いので、

女性が追い付いていない状態で過度なスキンシップだったり、発言をしてしまう可能性が高いので、しっかりと女性を思いやって、発言や行動を行う事を心がけましょう。

6. 相手の性格や価値観をよく理解して方法を選ぼう

相手の性格にもよってこちらの行動や方法を変えてあげるという事も非常に大事な事であるといえるでしょう。

例えば、相手がスキンシップはある程度取ってほしいと思っているのであれば、

目に見えるくらいのスキンシップや行動をとってあげる事が適切でしょうし、少しくらい大げさにスキンシップを取ってあげた方が喜ぶかと思います。

でも、内気な女性だったり、恥ずかしがりの女性の場合は部屋で二人っきりの状態だったり、一目を気にしないようにしてあげてスキンシップを取る事が非常に大事ですよね。

なので、相手の性格にもよってこちらの行動や発言を変えてあげる事が非常に大事なのでしっかり覚えておきましょう。

相手に対する気遣いは愛情にも繋がりますので、是非注意してみてくださいね。