あなたは健康でいるために日常生活の中で様々なことに気を配ったり、工夫したりする考え方を身につけていますか?

健康でいるという事は、幸せな人生を歩むために必要なことです。

なぜ幸せな人生を歩むためには健康でいなければいけないのかと考えた時に、健康でいられるからこそ病気にかかったり、怪我をしなかったりせずに済むからです。

病気や怪我をしてしまうと、自分の生活を営むことができなくなったり、場合によっては精神的に病んでしまったりする可能性もありますので、幸せな時間を送ることができなくなってしまうからです。

誰しもが一度は風邪にかかったことがあると思いますが、風邪にかかった時には精神的にも落ち込んでしまいませんか?

風邪にかかっている時に精神的に元気な人間などいるはずがありません。

病気や怪我により、不調がずっと続くという事を想定してみれば、幸せな人生を歩むためには健康が必要であるということが明白なはずです。

健康でいるためには様々な事に気を配らないといけません。

なぜなら、身体と一言で言っても、身体には様々な部位がありますので、部位ごとに適した方法を実践しなければいけないからです。

そこで、今回は日本人の大半の方が気にしている歯茎の健康をテーマにして、歯茎の健康を保つためにやりたい事をご紹介していきます。

️お口の健康を気遣ってますか?

私たちの体は私たちが死ぬまで付き合っていかなければいけない大切なパートナーでもあります。

体調が悪くなったからといってそのパートナーを変更することはできるはずがありませんよね。

なので、自らが積極的に自分の体をいたわるという行動を行わなければいけないのです。

なぜならば、他人が自分の体を健康的にしてくれるわけではなく、自分自身が工夫をしたり意識することによって自分の体を健康にしていくことができるからです。

だからこそ、日常生活の行動を見直して、健康に良い行動を取り入れたり、健康に悪い事などは改善するようにしなくてはいけません。

あなたはお口の健康を考えて行動していますか?

普段なんとなく歯磨きをしていたり、気になった時だけ自分なりに気遣った歯磨きをしているだけで満足になっていませんか?
それはとても危険です。

なぜならば、きちんと自分の歯を健康にするために意識をしていないとあなたの大切な歯が将来なくなってしまうことになるかもしれないからです。

歯がなくなってしまうとなぜ困るのかと考えた時に、私たちは食べ物を食べる時に必ず咀嚼しますよね。

食べ物を咀嚼するからこそ食事を楽しめたり、細く噛み砕くことによって栄養の吸収を助けるようになります。

そして、歯があるからこそ正しい発音をすることができたり、表情筋を豊かにしたり、歯を噛み締めることで瞬発力を踏み出せるようになるのです。

歯がなくなるということはこれらの力を半減させてしまうと考えることができ、歯をサポートしている歯茎が健康でなければ歯がなくなってしまうことになるので、歯と歯茎の健康は私たちにとってとても重要な存在ということになるのです。

歯を労わるだけでは足りない


私たち日本人は歯に関しての関心が低い国であるとも知られています。

なぜならば、日本以外の先進国に比べて虫歯や歯周病などの歯に関するトラブルが最も多い国であると知られているからです。

歯に関するトラブルが多いということは、それだけ自分の歯を大切にしていないという証拠であり、歯に関する優先度が低いと考えることができるからです。

では、なぜここまで日本が歯に関する意識が低いのかと考えた時に、私たちは歯医者へ行くことが苦手だから、ということが大きな理由につながります。

歯医者に行くと、どうしても痛そうなイメージを持ってしまいますよね。

それによって、足を運ぶ人がどうしても少なくなってしまいがちで、最終的に歯に関するトラブルが発症してしまいやすくなるということにつながるからです。

そして、トラブルが多い理由を考えた時に、日本人の多くの方が歯に関するケアを勘違いしていることも理由の一つです。

将来歯を無くしたくないから、歯を念入りに綺麗に磨いたりする人間がいますが、良い事ではありますが、根本的な問題が解決できていない可能性があります。

ただ歯を労わるだけではなく、きちんと歯茎までを労わるようにしないと意味がないのです。

そもそも歯茎の役割を考えた時に、歯茎は自分の歯を保護する部位になっています。

だからこそ歯の周りには歯茎が存在しており、歯を支えてくれるのは歯茎です。

だからこそ、歯茎をまずは念入りに労ってあげないと歯が健康になることがありません。

もしも歯茎のケアを怠ってしまったと考えれば、歯茎がもろくなってしまい、歯を支える歯茎が弱くなることによって歯が抜け落ちてしまいます。

なので歯だけを労わっても意味がないのです。

きちんと歯茎を労わらないと歯が守れないという事を正しく理解してください。

歯茎の健康も大切

そもそも自分の歯だけをこれまで労わっていたという方は考え方を変えるようにしてください。

この根本的な考え方を変えなければ、正しい歯に対するケアをすることができなくなります。

歯茎ケア=歯を大切にする行為であると認識してください。

歯茎を大切にすることによって、自分の歯を健康的な状態にするだけではなく様々なメリットを得ることができます。

例えば、歯茎ケアをしっかりと行うことで歯周病を防ぐことが可能になります。

歯周病になってしまうと自分の歯茎が痩せ細ってしまい、歯を支えている骨までも痩せてしまうことによって歯を支えきれなくなって、歯が抜けてしまうようになります。

それ以外にも、歯茎をしっかりと綺麗にすることによって口臭の原因をなくすことにも繋がります。

口臭がひどくなってしまうと人間関係を形成するのが難しくなってしまい、人から嫌われてしまう要因にもなり得てしまうので、これを防ぐということはとてつもなく大きなメリットになります。

それ以外にも、年齢を重ねてくると歯茎が健康でないことが原因で肺炎になってしまう可能性もあります。

なので、歯茎ケアをしっかりと行うことでそれに関連した延長線上の病気などを防げるようになります。

だからこそ歯茎ケアはとても大切なのです。

歯茎ケアを行い、歯も同様に綺麗にする事でいつまでも健康的な生活を送れるようになります。

将来歯が無くなって入れ歯になってしまったり、もごもごしてうまく喋れなくなってしまうのは怖いですよね。

なので、今のうちから行える努力をしっかりと行って、歯の健康を手に入れましょう。

️まず自分の歯茎をチェックしよう


歯茎ケアを行いたいと考えている人は、まずは自分の歯茎の健康状態をチェックするところから始めなければいけません。

なぜならば、歯茎が健康な状態であれば問題はありませんが、もしも歯茎の健康状態が悪いのであればすぐに改善する必要があり、人によっては医療機関に足を運ばなければいけない可能性も生まれてくるからです。

歯茎の健康状態が悪くなっているということは、今のあなたの歯茎ケア、そして日常生活における歯磨きの習慣などが間違った方法を行っている可能性がとても高いです。

なので、単純に健康状態をチェックするだけではなく、これからどうするべきなのか、そして自分の歯に対するケアが正しいのか間違っているのかということがわかるようになります。

だからこそ歯茎の健康状態を頻繁にチェックしてあげる事はとても大切なことなのです。

それを踏まえた上で、自分の歯茎の健康状態をチェックするためにはどうすれば良いのかということを項目別に詳しくご紹介していきます。

これから歯茎ケアを行いたいと思っている方は、今の自分の歯茎がどういう状態なのか正しくチェックしてみてください。

歯茎の色

自分の歯茎が健康かどうかチェックするためには自分の歯茎の色を確認することが大切なチェック方法になります。

では、どのような歯茎の色が健康なのかと考えた時に、健康な歯茎の色は薄いピンク色とされています。

そして歯茎の色が問題となるのは紫色に変色をしている場合、そして黒く変色している場合が危険信号となります。

なぜ歯茎の色は変化するのかと考えた時に、自分の歯茎が腫れているか腫れていないかということが大きな要因になります。

自分の歯茎が腫れてしまうことによって、健康的なピンク色から赤くなったり、紫色になったり、黒くなったりします。

原因としては、炎症が起こっているからであり、なぜ炎症が起こるのかと考えると喫煙、歯の汚れの放置などが原因として考えられます。

喫煙をする事によって、タバコに含まれているタールであったり、ニコチンであったりするなどの有害物質が歯茎にダメージを与えている可能性があります。

そして、歯茎を綺麗にケアをしないことによって、歯茎に汚れが溜まってしまって炎症を引き起こしている可能性があります。

汚れや細菌がそのままになっており、体がその細菌と戦うことによって毛細血管の部分が炎症を引き起こしてしまい赤く腫れてしまうことが原因となります。

なので、自分の歯茎が健康な色をしていないのであれば何かしらの原因が生じていると捉えることができますので、健康の色でないのであればしっかりとケアをしなければいけません。

歯茎の形

歯茎の健康状態を確かめる上で、必ず確認されているのが歯茎の形です。

自分の歯茎の形を気にしたりすることはなかなか日常生活ではないと思いますので、見落としがちなチェックポイントになっています。

歯茎の形を確認する際には、健康な歯茎の形として歯と歯の間が丸みがないような三角形になってるかどうかを確認しなければいけません。

丸みがないような三角形になっていれば健康な歯茎の形をしていると考えることができます。

その反対に、健康ではない歯茎の形に関しては丸みがかったような形になっているのがチェックポイントです。

なぜ丸みがかったような形になってるのがいけないのかと考えた時に、歯茎の形が丸くなっている人は歯茎が腫れている可能性がとても高く、歯肉炎になっている可能性が高いからです。

普段から歯茎をケアして綺麗にしている人間は歯茎が腫れるようなことはありませんので、きちんと歯と歯のあいだの歯茎の形がきれいな三角形になっているのです。

歯茎が丸くなっている人は自分の歯磨きが綺麗に磨けていないという事を、まずは受け止めなければいけません。

その上で、どのようにして歯を磨けば良いのか、どうやって歯茎のケアを行えば良いのかどういうことをよく考え直すようにしなければいけません。

歯茎のかたさ

歯茎に異常がないかどうか確認するためには自分の歯茎を直接触ってみることも大切です。

なぜ自分の歯茎を直接触らなければいけないのかと考えた時に、自分の歯茎の硬さをよく確認していただきたいからです。

特に、歯茎の色が変色していたり、歯茎の形が健康な状態ではない人ほど一度自分の歯茎を触ってみるようにしてください。

自分の歯茎を触った時に、健康な状態であるならばしっかりと歯茎が引き締まっている肌触りになるはずです。

しかし、歯茎の健康状態が悪くなってしまってる場合は引き締まっている状態ではなくぶよぶよとした状態で感触が残ります。

歯茎がぶよぶよとしてしまっている状態は引き締まっていない証拠であり、歯茎が健康ではなくなっている証拠です。

それ以外にも、歯茎をなぞった時に、健康な状態であるならば細かい凹凸が存在するようなスティップリングと呼ばれる状態になるはずです。

しかし、健康ではない歯茎に関しては細かい凹凸であるスティップリングは存在しなくなってしまいますので、これも一つのチェックポイントとして考えるようにしてみてください。

つまり、引き締まっておらず、スティップリングがない歯茎は炎症や腫れている可能性がとても高く、何か原因が存在しているという事になりますので、よく注意して頻繁に確認するようにしてください。

️歯茎の健康を保つための5個のこと

歯茎を健康にしなければいけないという事は十分お分かりいただけたと思いますが、具体的にどのようにすれば自分の歯茎を健康に保つことができるのか、ということがなかなか知識として身につけられない事も歯茎の異常を改善できない原因の一つです。

なぜなら、自分の歯を健康に保つためにどうすれば良いのかということを教えてもらえる機会は日常生活の中には、なかなか存在していないからです。

継続的に歯医者に足を運んでいる人間であれば意識も高いはずですし、歯医者の先生から注意を受けたりする中で、どうすれば良いのかということを学ぶ機会があるかもしれません。

しかし、歯医者に足を運ばない人間や、自分の歯に対しての意識が低い人間はそもそも教えてもらえる機会に恵まれないので、知識も危機意識も低くなってしまうことになります。

なので、ここからはより自分の歯茎の健康を保っていただくために、歯茎の健康保つために行ってほしいことを詳しく項目別にご紹介していきます。

これからご紹介することは、どれも難しいことではありません。

自分がたった少し意識を変えたり、注意するようにすれば良いだけの話です。

将来大切な歯を残したまま健康的な生活をしたいと考えているのであれば、今すぐ行動することによってその未来を守ることができるようになります。

早い段階で改善することによって必ず良い効果が期待できますので、自分の歯や歯茎に対して不安がある方は実践してください。