人類の進化において最も大きなことは、まず第一に二足歩行になったことです。

ほとんどの動物が4足歩行であるのに対し、人間は唯一二足歩行を基礎に生活をしています。

また、同時に脳の発達とともに、意志や考える力、言葉など人間特有の物を持ち始めて進化してきました。

しかし、他の動物との違いは、体の進化が乏しいことです。

他の動物や気候や環境条件などに合わせて体を変化させてきましたが、人間は体の変化に乏しく、その分、考える力や知識のもとに環境を作り変えてきました。

歴史から考えてこのように進化してきた動物は人間しかなく、所謂ホモ・サピエンスの進化には未だに謎が多く、今でも研究がされています。

しかし、ほとんどの方が人類の進化についてはピンと来ていないと思いますが、実は探ると奥が深く、これまでの発展や今後の未来について考えることができる分野になっています。

また、人間は変化は乏しくても日々、実は知らないところで進化しているのです。

外見は変わらなくても知識や考え方などに変化はあり、いつまでも昔の考えでは生きられない場合もあります。

昔の偉人に注目が集まるのは、実は現代でも通用する考えを持っているからです。

もしかしたら彼らはその時代では未来人のような存在だったのかもしれませんね。

もしくは、今の現代にもあなたが知らないだけで未来人として生きている人がいるのかもしれません。

そんなスピリチャル的な考えも良いですね。

そこで今回こちらの記事では人類の進化についてまとめました。

理系的な要素もあれば、文系的な考えの部分もありますので、どなたでも安心して読むことができますよ。

難しく考えては先へ進めません。

ぜひ、簡単に考えて読んでいただけましたら幸いです。

進化するために必要なことで、1つでもピンと来た考え方などがありましたら、ぜひ、あなたの生活に役立てましょう!では、じっくりどうぞ!

️日々進化していく社会や人間

私たちの知らないところで社会もそうですが、人間も日々進化しています。

まぎれもないことは今感じる1秒ごとに進化しているのです。

生物学的な視点で行くと、人間や動物の細胞は日々生まれ変わっているので、今の自分と明日の自分は、自分では気づかないものの、細胞から見れば全く別のものになっています。

また、これまでの考え方と今の考え方に違いがあれば進化と言えますし、知識をいっぱい積むことも進化と言えます。

このようにきづかない部分で私たちは進化をしているのです。

とくに社会は目まぐるしく変化をし、進化もしています。

つい10年ほど前まで存在しなかったものが今は当たり前の物にようになったりしていて、人間が社会の変化についていくのが大変な状況になっています。

実はこの時点で、変化への対応で格差が生じていて、これが経済の格差にも繋がっていると言われています。

進化に敏感な人は次に何をすれば良いか考えているので、利益を生む行動を取ろうとします。

進化に鈍感では次に何をすれば良いかという考えすら浮かばず、むしろ、時に身を任せるといった感じで行動すら起こそうとしません。

進化に敏感にならないと損をしてしまう可能性が非常に大きいのです。

また、最近では、進化を受け入れられないと言う方もいます。

要は、これまで得たことが通用しなくなるのが怖いのと、新たに覚えることを嫌がっている傾向があります。

「自分には必要ない」と言って聞く耳を持たなかったり、頭が固いことも悪く影響しています。

単純に考えて、人間は生まれてから時間が経つにつれて大きくなったり、知識を得たりして成長し進化します。

実は、これは社会も一緒なのです。

人類は自分の進化も認識しなければいけないほかに、社会の進化にも敏感にならないといけないのです。

️人類の進化の経緯


私たちが日々進化していることがわかったところで、ココからは人類の進化について歴史的に見ながら説明していきたいと思います。

もともとは猿と同じような動物だったのが何だかの影響で二足歩行になり、そこから道具をつかったり、言葉を覚えたりなどし、知識を得てそれを活かして生活するようになっていき、そして開発などを行うなどして進化をしてきた人類ですが、歴史的に見ればなぜそのようになったのか、またそれがどう影響したのかなどはあまり知られていません。

しかし、これまでの進化の仕方は間違いなく私たちの今の生活に直結しています。

まずはここから抑えてみることで、進化についてもっと知りたいなどと感じることができるのではないでしょうか。

生まれた時からみんな進化をするようになっています。

進化に敏感になることが今は大切になってきているのだと思います。

人類の進化のおおまかな歴史

歴史的に考えるとはじめは動物でした。

今でも生物学的な側面で見ると人間は動物です。

生物名ではホモと言います。

しかし、言葉や脳の発達によっていつしか人類が動物から切り離されているような感じになっていますが、今でも人間は動物です。

別に他の動物を圧倒しているわけではありません。

一番大きいこととしては何度も言いますが、二足歩行になったことです。

この進化がなかったら今の人類の進化はなかった言っても過言ではありません。

二足で立ったことにより、幅広い行動能力を持ち、そして、言葉などいろいろな発展に繋がったと言えます。

まずは、動物学的な視点からスタートして説明していきます。

生物系で難しそうと思うかもしれませんが、そんなことはありませんので、安心して拝見してくださいませ。

ヒトから人間へ


そもそも当初、人間は脳が発達したことにより二足歩行になり、人類として確立したと20世紀の初めは考えられてきましたが、1924年にアウストラロピテクスの発見によって、その考えが間違いだと言うことがわかりました。

アウストラロピテクスは、二足歩行で生活していたものの、脳の大きさがチンパンジーと変わらないことが分かりました。

よって、もともとは猿と同じように生活していた種族が二足歩行になったことで人類として第1歩を踏み出したと言えます。

つまりは陸地に降りたことを意味し、これまでの木の上などでの生活が主ではなくなり、陸地で生きることが主となったので、そこで生きるために変化をしていくのですが、それが他の動物と違い、体ではなく、脳の発達が進んだと考えられています。

道具を使い始める

陸地で生活をし始めたことにより、人類が所謂道具を使い始めたのが約280万年前と言われています。

研究では骨を使っていたのではないかと言われていますが、それは定かにはなっていません。

石器などを使い始めたと言われていて、ココから次の進化までは約200万年かかっています。

しかし、石器を使い始めたことにより生活に変化ができて、特に食生活は劇的に変化し、今までに食べられなかったものが食べられるようになったことが大きいと言われています。

石器を使うことで火が使用できるようになったので、焼き物などを食するようになり、これまでには得ることができなかった栄養を得ることができるようになったので、それがまた、人類の進化の礎になったとも言われています。

また、火の発達によって、灯りを使うようになったので1日の行動時間が増えたとも言われています。

ある意味、石器の使用は人類の生活に大きな変化を与えるきっかけになりました。

言葉を持つようになる

行動などをするようになり、徐々に同じ種族で小さなコミュニティを形成するようになったことで、文化ができたと言われています。

この時に言葉も使うようになったと言われていますが、脳がまだそれにおいていなかったのかコミュニケーション障害があったと考えられています。

しかし、ココでコミュニティーを形成したことが大きく、言葉の成り立ちに繋がりました。

もし、コミュニティが形成されていなければ、言葉というものそのものができなかった可能性が高く、今の人類に直結しなかった可能性が高いです。

また、いくら言葉ができたと言っても同じホモ種族を見ても得たいのしれないものと思ったらしく、スムーズにコミュニケーションを取るようになるまでに時間がかかりましたが、脳の発達とともにコミュニケーションが取れるように進化していきました。

動物を狩るようになる

今から約8万年前になると脳が発達し、道具なども開発するようになり、もちろんコミュニケーションも取れるようになりました。

そのことでコミュニティで生活することがより大切になっていき、他の動物を狩るようになっていきました。

所謂、食料の確保です。

コミュニケーションが取れるようになったことは大きなことで、自分たちよりも大きな動物を狩るために集団で協力して行うようになったなど、集団生活の部分に大きな影響を与えました。

同時に狩りに必要な道具の作成や、動物の行動を読み取る、獲物の確保方法など各方面で考えるようになったことが視野を広げるきっかけにもなり、また、幅広い考えを持つきっかけにもなりました。

このころの人類は何に対しても好奇心が旺盛だった考えられています。

農業や畜産を始める

そして、約1万2000年前ごろから農業や畜産が始まったとも言われています。

これまでは獲物を狩るや森に行って食料を採取してくるなどのテマヒマがかかったり、体力のいる手段が多かったのですが、より効率化を図ることを考えたことから農業や畜産が誕生したと考えられています。

農業や畜産が発達したことでいろいろな方が食料を確保できる手段を得ることになりました。

同時に小さなコミュニティで生活するようになり、やがて組織化され、強化のために防衛などを考えるようになり、それが王国や帝国などの考えに繋がっていったと考えられています。

コミュニティ同士で物々交換があったのではないかと考えられていますが、同時にコミュニティ同士での争いもあったと考えられています。

このころから今のような感じのコミュニケーションが発達したとも考えられています。

最近の人類の進化

これまでは人類の誕生に関する進化について説明してきましたが、ここからは現代に戻るとして、ここ最近の人類の進化について説明したいと思います。

人類が誕生してからの進化のパターンと、現在の人類の進化の違いについて比較して見るのもいいかもしれませんし、進化の過程を知ることで今後はどのように進化していくのかなどを考えるきっかけになってみても良いと思います。

最近の進化過程も目が離せない部分が大きく、今後の私たちの生活に直結することが多いと感じられます。

ぜひ、ここから抑えることが社会の変化にも敏感になれるきっかけになりますので、しっかり理解しましょう。

ここ数年で人類が開発したもので社会は大きな変化と進化をしていることは間違いありません。

科学技術の発達

何と言っても21世紀の進化には欠かせないのがこの科学技術の発達です。

最近では目まぐるしく発達しているので追いつくのが大変と思う方もいますが、実はそれが盲点なのです。

難しいと思わせることで大きな儲けにつなげようとしている方々が結構いて、実際には難しく感じていない人があらゆることでお金を取ろうと模索しています。

一番わかりやすいのが携帯電話で、1990年代の終わりごろから2000年代の初頭はほぼ無料で販売されていた携帯電話ですが、インターネットやワンセグなど機能をいっぱいつけたことにより携帯電話単体に価値をつけて分割でお金を取るようになりました。

知らないところでお金を取る仕組みを成り立たせていたのです。

分割が終わるころには携帯電話がおかしくなるなど、機種変更をしないといけないなどのこともありました。

何よりも一番大きいのは、スマホの登場です。

電話も、インターネットも、テレビも見られるなど、ある意味ドラえもんの「何でもBOX」のような役割をしていて、まさに科学技術の発達を象徴するものです。

インターネットの開発

20世紀の終わりに登場し、今では誰でも利用しているインターネットですが、何より大きかったのが画面一つで世界のことを知ることができると言うことで、徐々に世界に浸透していくことでインターネットを考えたビジネスも増えて行ったのが象徴的でした。

一時期はこれで情報格差がなくなると言われましたが、インターネットが世界的に広がったことで良くも悪くも情報があふれてしまったので、量の意味での情報格差を解消されても、質の意味での情報格差が広がったことが問題になっています。

また、インターネットは自分が興味のあるものしか見ないと言った観点があり、視野が狭くなってしまっているのではないかとも言われていて、自分の世界だけにのめり込んでしまうなどの危険性が現れています。

今後はインターネットをどう利用するのかが課題であり、インターネットに依存してしまわぬようにしなければなりません。

人工知能の開発

ここ最近注目され始めたのが、この人工知能です。

人類が思っていたよりも早く進化を遂げているので、世界各国でその技術や権利の争奪戦がにわかに起こっています。

ある有名大学のネイティブの教師が、「人工知能ができたら自分はいらなくなる」と口にしているので、その影響力は大きなものになる可能性があります。

すでに取り入れているものもあり、アメリカでは今では家庭的なものになった「AIスピーカー」が代表的なもので、家電をリモートするまでに至っています。

漫画の中の世界だと思われたロボットの世界が近づこうとしている可能性があり、また、人工知能の発達によって人類が奪われる仕事が多数存在することもあるので、私たちの生活にかなりの影響を与えると思うので、ここの分野は抑えておくべきです。

️進化を遂げたからこそ今がある

いかがでしょうか。

人類が誕生してからの進化と最近の進化でした。

物理的なことからデジタル的なことへ移行している感じで、今後はさらに今では考えられないような進化があることがもう予測はできますね。

しかし、ここ最近の進化もよくよく考えると人類が二足歩行を身につけなかったら、そもそもなかったことになっていた可能性も高く、二足歩行になったことで行動を覚え、言葉を覚え、集団生活を成り立たせ、脳を発達していったと言う歴史があり、ひとえに人類誕生の歴史を無視することはできません。

もし、人類の祖先にあたる動物が二足歩行にたどりつかなかったと思うと恐怖でいっぱいになってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

今があるのは過去があるからであり、過去も無視できません。

同時に未来はこうなってほしいと思う考えがなければ進化もないので、過去と未来、両方とも重要な項目と言えます。

これからも進化していくにはどうしたらいいか

人類の進化だけでなく、社会の変化も今では考えられないくらいの速度で進んでいると言われ、まずはそこに置いて行かれないようにすることが大切です。

考え方の違いによって、経済格差が起こっているのも事実であり、進化を素直に受け止める心も必要になってきます。

今後はまさに予測ができない進化があると思いますが、その分、夢物語ではなくなる可能性もあるので、あなたがなりたいことやこうなってほしいことを想像して過ごされると進化に敏感になれるかもしれません。

このように進化に敏感になることで、ご自身の将来についてワクワクすることができますよ。

ぜひ、進化には敏感になりましょう。

️進化をするために必要な13個のこと

ここまでの説明でいかに進化というものが、奥が深いかわかったと思いますので、ここからは進化するために必要なことを説明していきます。

ご自身が進化することで社会に何かしらの影響を与える可能性もあります。

もともと大きな科学技術の発展は一人ではできません。

考える方がいて、実行する方がいて、作る方など多くの方が関わってできたとも言われています。

一人が進化することが社会の発展になるのです。

そのためにも日々、社会の変化や周囲の進化に敏感にならなければならず、また、ご自身も進化したことを周囲に知らしめるという行動が必要です。

そのようなるためにもまずは自分が進化するために必要なことを理解しましょう。

それを理解することで周囲の進化の状況を読み取ることができますよ。

知識を身につける

まず進化に必要なのはご自身の考え方を広げることで、そのために必要なこととしては知識をつけることです。

おそらくほとんどの方が学校や職場などでいろいろな知識をつけることができますが、自分から進んで知識を身につけようとする人は結構少ないです。

仕事に関係ない、自分に関係ない、興味がないなどといった感じで身につけようとしません。

しかし、これが大きな落とし穴です。

知識が足りなかったことで、知らない間にチャンスを逃していることもあります。

知識を多く持っていることでその時その時にきちんと対応ができたりするので、侮れません。

自分には必要ないと思うよりは、身につけておいても損はないといった感じで軽く捉えていろいろと知識を身につけて行くことが今後は大切になってきます。

知識を身につけるにはどうしたらいいかといいますと何に対しても感激することです。

好奇心旺盛になることが大切です。

良い例で言えば、ニュートンです。

彼だけがリンゴが落ちることに感激し、研究をし、万有引力の法則を導きだしました。

このように感激することが大きな進化に繋がることがあります。

新しい経験をする

経験は人を成長させると言います。

多くのことを経験している人は視野が広く、考え方も豊かと言える人が多い傾向がありますが、このようなタイプはまだまだ少数です。

特に日本では地方にそのような方が多くいる傾向があります。

新しい経験をすることで新しい発見や考え方、知識などを身につけることができます。

つまりは新しい提案が自分の所に来るのはチャンスでもあります。

しかし、地方の方々は失敗を先に考えてしまう傾向が強くそのような話が来ても、なかなか受け入れられないことがあります。

結局、他の受け入れた地域で成功したのを見てうちもとなることがありますが、これでは遅いのです。

失敗も経験のうちと言い、失敗することで学べることも多いので、新しいことは素直に受け入れるのが得策だと言えます。

ただ、受け入れるにもしっかり考えないといけないケースがあり、そこを狙って詐欺行為を働く人もいるので気をつけましょう。

人と団結をする

情報やチャンスは人から伝わってきて、集団となって達成することに意義があります。

そのため自分一人でいきがるよりも、いろいろな人と団結することが進化のチャンスでもあります。

人間は文字通り支え合ってこその人なので、一人よがりになっていては意味がありません。

いろいろな人と協力し支え合ってこそ、大きな目標を達成できるのと同時に、大きな進化も成し遂げることができるのです。

団結していれば必然的にいろいろな人とコミュニケーションを取ることができて、いろいろな情報などをゲットできますよ。

もとをたどれば人類が誕生した後にコミュニティが形成されて言葉を覚えて、狩りや農業などが始まりました。

団結することは何かを始めるきっかけになるかもしれません。

ぜひ、団結しましょう。

人間は団結して進化していく生物なのかもしれません。

環境に適応する

環境は人類の進化においてかなり重要な部分であり、大きな影響を与える部分でもあります。

ただ、環境に適応するというのはそこの環境に合わせると言うものではありません。

日々、環境は進化と同じく変化しています。

要は環境の変化を受け入れることが環境に適応していくことと言えます。

いつまでも環境の変化を受け入れられずにいると、考え方が豊かにならないだけでなく、知識も増えません。

環境はこのように人類の進化に大きな影響を与えました。

単純に考えて、寒いから厚い服を着て寒さ対策をするように、環境によっていろいろな考えが生まれるので、環境の変化を受け入れないと時代についていっていない証拠でもあります。

ぜひ、環境の変化を受け入れるようにしましょう。

時代の変化についていく

人類も日々進化していますが、同時に時代も日々進化しています。

歴史をたどれば実はそれが如実にわかります。

時代の変化について行くことが、これから生きていく上で必要なことでもあります。

一昔前はパソコンが使えなくても問題はありませんでしたが、現在ではパソコンが使用できないと話しにならないと言われているほどです。

一昔前では考えられないことが当然になっているのが現代です。

これからもそのようなことが起きると考えられます。

では、時代の変化についていくにはどうしたら良いかと言いますと、情報に敏感になり、なおかつ見極めることが大切です。

インターネットの普及とともに、正しい情報と共に嘘の情報もあふれかえっているのが現状です。

そのため、情報に埋もれるのでなく、情報を手につかみ、なおかつ正しい物を取り入れ、嘘は捨てるようなスキルを身につけるべきです。

環境を大切にする

今、当たり前だと思っているこの環境を大切に思うことが必要です。

当たり前すぎて、普通のことと思う方が多いですが、2011年に東日本大震災が起きたこともあり、日々生きていることが当たり前ではないと思う方も増えてきていますが、それでも今を生きることをありがたいと思う方は多くないかもしれません。

何かあった時のことを考えられていないのが現状です。

日々の生活を大切にすることで、1日を、1分1秒を無駄に考えられなくなりますよ。

今を生きることは当然ではなくありがたいことなのです。

そのように考えれば日々の生活に価値を見いだすことができ、進化もできますよ。

ぜひ、今ある環境を大切にしましょう。

同時に変化も受け入れられるように柔軟になりましょう。

間違いを受け入れる

自分の間違いを受け入れなくなるとそこで進化は止まってしまいます。

間違いをわかることで次に活かそうと失敗から学ぶことができますが、そのような考えを否定的に捉える方もいます。

ここ数年の社会では相手に完璧を求めるばかりに間違いを受け入れることを恥と考え、それを相手に押し付けるような行動をとるような人もいます。

間違いや失敗は自分を成長させるいいきっかけになります。

それを受け入れられないでいると、同じ間違いを引き起こしてしまう可能性もあります。

固定概念を捨てる

なぜかこの固定概念が長年にわたってしみついている方も多く、これを捨てきれないことで新しいことに挑戦できない人も多いです。

これは他人の目を気にしている人に多く、特に日本人はみんなが意識が強いので、なかなか固定概念から抜け出せる人が少ないです。

固定概念を捨てることができないので、新しいことにチャレンジできない故に進化できない人が多数います。

固定概念はあくまでも参考程度と思うことが大切ですが、なぜかそれが自分を決めてしまうものと思っている方が多いです。

固定概念を捨てても、あなたがあなたでなくなることはありませんので、ぜひ思い切って捨てましょう。

異文化交流をする

異なる文化を知ることで幅広い考えを持つことができ、世界を広げることができます。

日本は島国故に異文化の交流が活発でないことが欠点と言われてきました。

そのために外国人と交流することに抵抗を覚える人もいました。

しかし、それでは進化を妨げるだけです。

世界は日本だけではないので、世界各国の人々に触れ合うことでいろいろな発見があるので、交流をしていくことでいろいろな考えが身につき、いろいろとチャンスを広げるきっかけになりますよ。

目標を達成する

目標を達成すると聞くと、大きなことを成し遂げるみたいな感じに捉える人もいますが、そうではありません。

大きい小さいに限らず目標を達成することが進化には必要なのです。

別な言い方をすれば、小さな成功体験を積むことが大切です。

目標を達成することでやりがいや価値観を感じることができるので、また目標を達成したいと考え、そのためにどうすれば良いかと考えます。

まさにこれが進化そのものと言えるのではないでしょうか。

ぜひ、大小に関係なく目標を達成しましょう。

新しい技術を活用する

新しい技術を活用することで、実は町が活性化したり、町の価値が上がったりします。

要は新しい技術をどのように使いこなしたかで、注目が集まりその技術の使い方を学ぶためにその町がモデルになるので、以前よりも外からの注目が集まります。

このように新しい技術を活用することで、ご自身の成長だけでなく、周囲にも影響を与えることができるのです。

地方ではこれが凄くチャンスなのですが、前例がないなどの理由からなかなか活用しようとしません。

前例は関係ありません。ぜひ、活用しましょう。

勇気を持つ

何かする際に必要になってくるのが勇気です。

勇気があれば何でもできると言われているように、勇気を持てば恐れずにいろいろなことにチャレンジできて進化もできます。

しかし、なかなか勇気を持つことができない人も多いです。

実はこれが大きな勘違いで、勇気を持つことは誰でもできます。

要は勇気を持ってキープするのができないだけで、または勇気を難しいものと考えてしまっていることが仇です。

勇気は1秒で持つことができます。

持ったらあとは思い切って使うだけです。

そんなに難しいことではありませんので、ぜひ勇気を持ちましょう。

人間の尊厳を守る

これは相手のことを尊重することに繋がります。

人は支え合って生きていく生物なので、相手を尊重できないと自分を支えることも相手を支えることもできません。

そのためにしっかり人間の尊厳を守ることが大切です。

これはお互いに支え合って協力していくことで進化ができるので、ぜひ実践しましょう。

️人類の進化、これからの未来はどうなる?

人類の進化は以前よりも早く進んでいます。

故にこれからどうなるかは予測がつきません。

現に漫画の世界と思われたことが現実になっているのが現代でもあり、これからもさらに進化を遂げることは間違いありません。

だからこそ、自分の未来に対して理想を高く持つことが時代の変化に敏感になって、ご自身の成長に繋がるのではないでしょうか。

進化に恐れるのではなく、進化を楽しんでより輝かしい未来を築きましょう。