成果を出して自分の評価を上げたい!成果を出すことでやりがいを感じることができる。

現在の日本でも成果を重要に置くようになっている環境ができつつあります。

しかし、それでもみんなが意識の強い日本では未だに成果にこだわることに関してポジティブに考える人がいます。

これは日本人特有のみんながの意識が強すぎる所以であります。

しかし、歴史をたどれば、成果にこだわった人ほどしっかりとした人生を歩んでいる傾向にあり、成果にこだわることは決して悪いことではありません。

成果にこだわることでご自身の成長に繋がるし、いい意味で周囲に影響を与えることもできますよ。

最近では成果主義を掲げる会社も増えて来ているので、今後、成果に対して見方が変わってくるのではないかとも言われています。

良く結果だけにこだわるのはよくないと言われますが、そもそも成果と結果は違います。

成果は成功の意味を表します。

逆に結果はやり遂げた時の状態を意味するので、失敗も含まれます。

結果さえよければいいと言うことば良く聞きますが、実は結果よりも成果が重要なことはほとんどの方にあまり知られていないのではないでしょうか。

そこで今回こちらの記事では、成果に関していろいろとまとめてみましたので、ぜひ、じっくり読んでいただきまして、成果を出すことの重要性を理解して、成果を出す人間を目指しましょう。

️誰よりも成果を出したい!

自己の評価を気にするのは仕方ありません。

なぜなら、私たちは生まれてから学校教育でテストや部活などで順位をつけて競ってきたからです。

そのため必然的に順位が高い人の評価は良く、低い人の評価は悪いといった状況を経験してきたので、結果がすべてという感じを植え付けられている部分があります。

そのため、成果を出そうと躍起になる方もいます。

しかし、成果と言っても成功か失敗かを第3者が判断する場合もあり、そうなるとどんなに結果が良くても成果として認められない場合があります。

ここが難しいところでもあります。

完成形に持ちこんでも最終的に判断する人が成功かどうかを決める場合は成果になるかどうかは自分で決めることができないのです。

それでも成果を出したいと考えて日々励んでいる人はいます。

ここでまずは成果にこだわる人はどのような人かの説明をしていきたいと思います。

成果にこだわる人みんなが同じような人とは限りません。

また、知らないうちに実はご自身も成果にこだわる人だったと言う可能性もありますので、ぜひ、成果にこだわる人についてしっかり理解しましょう。

ここでは良い部分も悪い部分も具体的にわかるように説明しますので、これまでに抱いていた成果にこだわる人の印象が変わるかもしれませんよ。

負けず嫌いな人は成果にこだわる


何事においても負けず嫌いな人は成果にこだわる傾向が強いです。

これは、負けることが許せないと考えている人や、競争する環境で育ってきた方などに多いです。

要は、負けることが自分の評価を下げることという認識が強いのです。

そのため、行きすぎている人だと、どんな手を使っても成果を出そうと走ってしまう傾向もあり、周囲をけり落としてでも成功をつかむというやり方も厭いません。

とにかく成功に突っ走るというタイプなら問題ありませんが、自分のポジションを守るために成功を出そうと考え、使えない、失敗ばかりする相手を排除しようと平気で考える方もいるので気をつけましょう。

真に成果を出そうとする人は、周囲の協力なくして成功はないと考えていて、共に成功をおさめようと考えています。

自分のことばかり考えて成果を出そうとする人には誰もついていきません。

負けず嫌いは決して悪くはありませんが、それを相手に押し付けるのは辞めましょう。

仕事でも勉強でもトップでいたい

とにかくトップでないと気が済まないと言う方は必ずどこにもいます。

要はトップであることが栄誉なことと考えています。

そのため、トップになることに執着している方もいて、どんな手を使ってもトップになると言う考え方を教え込まれる方もいて、そのような人がかなり厄介です。

トップを狙うことは悪いことではありません。

ただ、どんな手を使ってもトップになろうとする考えが良くないのです。

トップを取りたければご自身の力でどうにかすべきです。

この時にトップがとれないとウジウジする方もいます。

真にトップを狙う方は、例えその時にトップを取れなくても、次にトップを取れるように努力する人などです。

どうにかしてトップの地位にいたいと保守的な考えになるのが良くないのです。

保守的になってしまうと目指すではなく、キープになってしまうので、良くありません。

トップを目指すのであれば保守的な考えは辞めましょう。

目指す考えを持たないとトップを取ることなんてできませんよ。

成果を出すためにはどうしたらいいか


このように成果にこだわる人は負けず嫌いやトップにこだわる人が多いです。

しかし、これは悪いことではありません。

このようなタイプで、どんな手を使ってもトップを取る。

保守的な考えの負けず嫌いなど間違った認識を持っている人が多いので、そのような方を成果こだわっていると勘違いしてしまっているのです。

真に成果にこだわる人はしっかり、どうすれば成果を出すことができるのか考えています。

そしてなおかつ愚痴や文句を口にしている人は少ないです。

かの有名な戦国大名・武田信玄は「中途半端だと愚痴が出る いい加減だと言い訳が出る 一生懸命だと知恵が出る」という名言を残しています。

成果にこだわる人は常に一生懸命です。

なんとか成果を出そうと知恵を絞りだしています。

しかし、中には成果にこだわると口にだしていながら、愚痴や言い訳ばかりをしている人が多いのが現状です。

つまり、真に成果をこだわる人を見れていないという現実があるのです。

では、真に成果にこだわる人を見極めるにはどうしたら良いかと言いますと、成果を出すために必要なことをしている人を見つけるのです。

故に次からは、成果を出すためにやるべきことをご紹介します。

それを知ることで真に成果にこだわる人がどのような人かがわかるので、保守的な人や間違った認識の人に利用されずに済みますよ。

また、あなたも成果を出すことを目指せます。

️成果を出すためにやるべき9個のこと

では、ここからは成果を出すためにやるべきことをご紹介します。

主に大きく選別して9個のことがあります。

いきなりすべてを理解しろとは言いません。

ゆっくりで構いませんので、しっかり理解しましょう。

おそらくほとんどの人が成果を出す人に対して抱いている印象が良くない方もいらっしゃるかもしれませんが、それは仕方ありません。

この世の中には間違った認識のまま成果を出そうとしている人が多いので、そのように悪い印象を持ってしまう環境が多いのです。

保守的な考えで排除していこうという傾向が強いのです。

このような人についていってもいいことはありませんし、パートナーに持っても厄介です。

成果をだすためにやるべきことをしている人を見つけて一緒に成果を目指すようにしていきましょう。

そのためにしっかり理解しましょう。

明確な目標を立てる

成果を出すにはいついつまでにこうするという明確な目標を立てることが重要です。

目標がないと人はなかなか動こうとしません。

また、漠然として目標だと、達成できなくても仕方ないと思ってしまう傾向があります。

これは先が見えていないからそうなってしまうのであります。

明確な目標を出すことで、先を見ながら行動できるので、その時その時の対応もしっかりできるのです。

ただ、先を見すぎても良くないので、そこはバランス良くやっていく柔軟性が必要です。

目標を立てることで自分を奮いたたせることができるほかに、相手に意志表示することで協力するという方も現れてきたりするので、成果を出すことを目指すことができますよ。

目標と聞くと大きく立てようとする人がいますが、そんな決まりはありません。

小さなことでもしっかりとした目標になりますので、ぜひ、大小関係なく明確な目標を立てるようにしましょう。

ここからは、まず目標の立て方について説明します。

自分の中での成果に答えを出す

自分でこのようにすれば成功だという成果を明確にしておくことが必要です。

これは相手が成功かどうかを判断する場合もあり、相手の判断によって評価が分かれることがあります。

しかし、そのような場合は、相手が成功かどうかを決めるのであって、相手によっては成功であっても成功と認めてくれない場合があります。

そのようなことで落ち込んでいてはもったいないです。

そうならないために自分で成果を明確にしておくことが大切です。

また、成果を出したことで自分はどうなったのかという答えを出すのも次の成果につながる行動でもありますので、まずは自分の中で成果を明確にし、それによったどこまで成長できた。

何を見つけたなどの答えも明確にしましょう。

ただの成功だけでは意味のある成果と言えませんので、意味のある成果を出すようにご自身でも決めましょう。

まず大きな目標を立てる

目標を立てるとなると大きな目標を立てるべきと言いますが、確かに悪いことではありません。

しかし、立てるにも漠然としすぎると先が見えなくなったり、どうせ叶わないと思ってしまう心が生まれてしまいます。

大きな目標を立てた時の弊害がこれです。

では、どのように大きな目標を立てればいいのかと言いますと、まず漠然としすぎない。

さらに実現性があるかどうかをご自身で判断する必要があります。

実現性がない場合は思い切って切り替えが必要になってくるかもしれません。

また、大きな目標を立てる場合は同時にいついつまでという期限も明確にしないといけません。

ただ、ほとんど大きな目標は小さな目標の積み重ねでもあるので、積み重ねの連続で成し遂げられるようにしていくことが大切です。

その中で小さな目標をつくる

大きな目標を立てたら、小さな目標達成の積み重ねが大切だと前文では説明していますが、これは小さな目標を積み重ねることで大きな目標達成に近づくのと、自信をつけていけるからです。

自信をつけて行くことで、ご自身の成長にも繋がるので、自分自身を高めることができますよ。

これが最初に説明した成果に答えを出していくことにも直結します。

小さな目標でも達成すれば成果になります。

そのことで、目標を達成することの価値を見いだせるので、大きな目標を達成したという気持ちが生まれます。

大小に関係なく目標を達成することはご自身の成長に繋がる大切なことです。

もし、大きな目標を立てたのになかなか達成できそうにない時はその目標を部分的に分けてみて、小さな目標を見つけて達成していきましょう。

計画的なプランを練る

成果を出す人は、目標を達成する日を決めてその日までのプランを練ることが上手いです。

これは何をすれば良いかなどを考えていて、とにかく行動することが大事だと考えているからです。

行動しないことには成果は出ないと考えているので、行動するために1日1日もしくは1時間1時間のプランを練ることにして、常に行動できる状態にしています。

プランを練るのが難しいと思っている方もいますが、これは目標を決めた時に失敗したらどうしようと考えてしまっているからです。

成果にこだわる人は成功するいはどうすべきかと考えるので行動に移すことができます。

計画的なプランを練ることで成果を出すためにできることがいっぱい出てきて、また、そのような考えになってくるので、ぜひ、プランを練るようにしましょう。

逆算して考えるのがやりやすい

成果を出す人は逆算しながら目標を達成していこうと考えている人がいます。

これは逆算することで徐々に目標が自分に近づいているということが実感できるからです。

積み重ねとは違うのかと思う方もいらっしゃるとも思いますが、言葉が違うだけで意味の面で考えたらほぼ一緒です。

例えば100を目標にした時に1,2,3,…とこのようにしていくよりも、100,99,98,…とこのように逆算していく方が気持ち的にも余裕が生まれるらしいです。

これは心理的な側面もありますが、体重などは増えるとネガティブに考える人もいて、減るとポジティブに考える人が多いなどといった考え方に似ている部分があります。

目標達成に近づくにつれ、大きい数字より小さい数字の方が心理的にも余裕を生むので、逆算していくことが大切です。

修正しつつ取り組んでいく

練ったプランをしながら時には、失敗や間違いなどがあるかもしれませんが、その時に重く考えて立ち止まってはいけません。

成果にこだわる人は失敗などをした時はすぐに修正するなどの行動に移します。

行動しないと成果を出せないと考えているので、落ち込んでいる暇が無駄だと思っているからです。

成果を出すには立ち止まってはいけない。

失敗や間違いも成果を出すために必要だと判断し、修正しつつ目指していくのです。

保守的な人はこのような時にいかに自分で責任を負わないようにするかを考えて、責任を相手に押し付けるなどするので厄介です。

このような人は成果にこだわることを間違って考えてしまっている人たちですので、気をつけましょう。

モチベーションとなるものを見つける

成果を出す人は仕事とは別にモチベーションを上げることを持ってる傾向があります。

これは、そのために自分は仕事をしているのだという仕事に対する思いを持てるため効果があります。

よく何のために仕事をしているのと聞かれると、お金を稼ぐため、家族を養うため、会社を大きくするため、などと答える方は多いですが、いつしか自分への貢献度がないような感じで仕事をしている方もいます。

家族も大切ですが、同時に家族を言い訳に仕事をしているような感じもしてしまいます。

もともと仕事は生活のための手段であり、働く本人がしっかりとした生活ができていないと成り立ちません。

しっかりとした生活とは自分の時間に自分のしたいことができているのかどうかです。

社畜生活になっていたり、会社に自分の身をささげている人もいますが、このような方は目標もなくただ坦々と仕事をしているだけという人が多い傾向があります。

成果を出す人は自分の時間も大切にしています。

また、モチベーションを上げる手段を持っています。

では、ココからはモチベーションをアップさせる簡単な方法をご紹介します。

待ち受け画面

スマホやパソコンの待ち受け画面を見た時にテンションが上がるものにしていると、落ち込んだ時や何かに立ち止まっている時などに見ると回復することがあります。

成果を出す人は常に自分のモチベーションを高めるために、ほんの小さな部分でもケアできるようにしています。

待ち受け画面は何がいいのかと問う人もいますが、はっきり言えばこれといったものはありません。

あなたが見た時にテンションが上がったり気分が晴れ晴れするものなら何でもOKです。

彼女と一緒に写っている写真などにする方もいますし、世界のどこかの絶景を画面にしている方もいます。

中には大好きなアイドルの顔写真の方もいます。

画像を何にしたらよいかわからない人は、まずは自分は何が好きで何を見ればワクワクするか見つけましょう。

壁の張り紙

成果を出す人のデスク周りや部屋には壁に張り紙をしている人が多いです。

特に成果を如実に気にする受験生などは壁に「気合い」「●●合格」などと書いた張り紙を書いて目標を見失わないようにします。

これは効果がある人とない人がいるので、すべての人に通用するものとは言えませんが、自分を奮いたたせるにはいいのではないでしょうか。

また、違ったやり方では、数字を書いて逆算していくようにしていく人もいます。

要は目に見える形にしておくことで、目標をぶらせないようにするなどの対策です。

中には張り紙を大好きなアイドルや映画のポスターにするなどして、テンションを上げるようにする人もいます。

目に見えることでモチベーションを上げることができるそうです。

恋人からの励まし

落ち込んでいる時などに恋人から励ましの言葉などをもらうとモチベーションをアップさせることができますよね。

恋人に限らず自分が良いと思っている人からの声には回復させる力があります。

声をかけられることで一人ではない、応援してくれる人がいるという勇気にも似たような感情が湧くので、モチベーションがアップします。

同時に何かに熱中し、真っ直ぐ走っている時などに声をかけられた時もモチベーションがアップしますよ。

恋人がいないという方も、あなたにとって大切な人や大事にしたい人はいますよね。

そのような方から声をもらうだけでモチベーションアップに繋がります。

無理に声をかけてもらうのではなく、自然と言われるようにしましょう。

ライバルの存在

ライバルがいると競うことができるのでモチベーションのアップに繋がります。

これは競争教育の環境で育った方に多い傾向で、ライバルなくして戦うことはできずとも言う方もいます。

相手と競うことで比べることもでき、同時に相手を観察することもできるので、ご自身のスキルアップにも繋がります。

テレビで言えば、ダウンタウンやウッチャンナンチャン、とんねるずのような関係ではないでしょうか。

お互いに売れても嫌だけど、売れなくなるのはもっと嫌といった関係です。

このように相手を蹴落とすのではなく、お互いに切磋琢磨し合える仲が本当のライバルと言えるのではないでしょうか。

ただ、自分のライバルは自分自身とおっしゃる方もいらっしゃるので、一概に何が正解はわかりませんが、ライバルの存在は大切です。

メリハリをつける

成果にこだわる人は仕事とプライベートをしっかり分けている方が多いです。

これはメリハリのある生活ができていると言えます。

仕事をしっかりしてプライベートを充実させて、プライベートで気分をリフレッシュさせて、仕事に精を出すといった感じです。

このように仕事とプライベートなどを混在させていないので、常に集中して取り組むことができるため、成果を出すことができます。

では、メリハリをつけることでどのような効果があるのか次に説明したいと思います。

やるときはひたすら集中

仕事の時間は仕事という考えなので、高い集中力で仕事に取り組むので成果を出しやすいと言えます。

同時にプライベートの時には仕事のことを考えていないので、思いっきり自分の時間に使うことができ、仕事のことを考えている人よりもリフレッシュできる傾向があります。

つまり、変にストレスをため込んでいないので、日常的に気楽な気分になっている可能性もあります。

このような人は自分だけでなく、相手のことも考えることができるほど心も豊かです。

息抜きも時間を決める

メリハリのある人は休憩時間を大事にする傾向が強く、しっかり休憩時間を取るようにしています。

要は休憩することでリフレッシュし、残りの仕事をしっかり終わらせようと考えているので、しっかり息抜きをします。

休憩時間をただの休憩時間のように使って何もしない人も多いですが、これは非常にもったいないです。

休憩時間にしっかり息抜きをすることも実は仕事の一部なのではないでしょうか。

息抜きをしっかりできる人こそ成果を出しやすいのかもしれません。

コツコツ継続して取り組む

成果を出す人にはコツコツとこまめに継続して取り組む人が多いです。

要は大きなことをするにもコツコツすることで徐々に達成していくことができるので、とにかくコツコツします。

コツコツする人は慎重な人が多く、ミスなく仕事をやり遂げる人が多いです。

このような人は小さいことでも真面目に継続して取り組む姿勢を持っているので、成果を出しやすい人と言えます。

身近でコツコツ派の人はいませんか?いらっしゃったら成果にこだわる人かもしれませんよ。

Todoリストをつくる

Todoリスト=やることリストのようなことです。

やることをリスト化しておくことで消化することもできるし、忘れないので仕事などの効率化にもなります。

もっと強制的にしたい人には、やるべきリストと命令形にしても良いかもしれません。

もしくはモチベーションアップのためにやりたいことリストとしてやりたいことをリストにしてそのために仕事を頑張るといった感じにしても成果を出せる可能性は大きいです。

いずれにせよ、リスト化して目に見えるようにしておくことが成果を出す秘訣とも言えます。

人の力を借りる

成果にこだわる人で間違ってしまうのは、すべて自分一人の力でやろうと考えてしまう人です。

人は支え合ってこそ人です。

故に自分一人でどうにかしようと考えるのは危険です。

それに人それぞれ得意不得意といったことがあるので、不得意なものに努力しすぎても意味がありません。

逆に不得意と認めてしまって、得意な人に協力を募る方が効率が良いような気がします。

恥ずかしがらずに人の力を借りることこそが、成果を出す最もな手段かもしれませんね。

分からないことを人に聞く

わからないことをわからないまましておくことは非常に危険です。

わからないままにしていたことで仇になってしまったという方もいます。

また、わからないままにしておくと、場合によっては相手にも迷惑をかけてしまうので、これでは大変です。

わからない時はわからないままにせず、人に聞くようにしましょう。

成果を出す人は、いろいろな人に物事を聞いてわからないといった状態をないようにします。

わからない時は素直に聞きましょう。

効率的なやり方を教わる

人から物事を教わる時は効率的なやり方を教わるようにしましょう。

もしくは、教わってから効率的なやり方を考えるなどして時間をかけない方法を考えましょう。

そのようにすることで、時間の無駄使いを減らすことができます。

よく効率的にと言いますが、無駄を経験しないと効率かどうかもわかりません。

効率的にと言ってくる人に聞くと、ただ考えるだけで終わってしまう方もいます。

要は効率的にするにはどうしたら良いかを考えるようにするのが大切ということです。

時間を有効に使う

成果にこだわる人は時間を大切にしています。

無駄をなくすようにして時間を有効に使い、時間の効率化を図っています。

時間はお金に変えることができても、お金を時間に変えることはできません。

そのため、時間をかなり大切にしています。

目標ができたら落ち込んでいる暇はない。

成果にこだわる人はよくこのように口にします。

いきなり時間を有効に使えと言われても困ると思いますので、ここからは時間を有効に使う手段をお教えします。

早寝早起きをする

寝る時間を一定に保つことで、自分の行動する時間を多く保つことができます。

もしくは早寝早起きをしっかり実践することで、起きている時間にスムーズに行動できるようになります。

早起きは三文の得という言葉がありますが、早起きをすることで行動する時間が増えるので成果を出しやすくなるところから来ているのかもしれませんね。

ぜひ、早寝早起きを実践してみましょう。

今すぐにでもできますよ。

遊びや娯楽はしばらく我慢

よく仕事終わりに飲み行ったり、カラオケに行ったりなどの遊びをされる方が多くいらっしゃいますが、成果を出したい時には少し我慢するのも大切です。

遊びや娯楽が悪いのではありません。

今集中すべきもの、大切なものは何かと考えたら遊びや娯楽を少し我慢することで成果を出すことができるかもしれません。

成果を出した後にする遊びや娯楽は最高に気分が良いものですよ。

遊びや娯楽は気を紛らわすものではなく、達成の後にするのが最高です。

判断力をつける

成果を出す人は物事の良いか悪いかの判断がしっかりしています。

要は悪いことに手を出しても成果にはならないとわかっているからです。

また、内容などを考査してどうすればよいかなどの判断がしっかりしていることが成功への近道と言われています。

判断が鈍い人はそこで立ち止まってしまうので、先へ進むことができません。

成果を出すには判断力は大切です。

️成果を出すためにはひたむきな努力が必要

いかがでしたでしょうか。

成果を出すにはいろいろと大切なことがあるのです。

あなたの身の回りでそのような方々はいらっしゃいますか?もしくはあなた自身にそのようなことは身についていますでしょうか。

成果を出すには努力が必要です。

成果を出し続ける人を特別な人のように思う方もいらっしゃいますが、特別な人はいません。

みんな努力をしているのです。

保守的では成果はなかなか出せません。

ぜひ、努力をして成果を出すことを目指しましょう。