成果を出して自分の評価を上げたい!成果を出すことでやりがいを感じることができる。

現在の日本でも成果を重要に置くようになっている環境ができつつあります。

しかし、それでもみんなが意識の強い日本では未だに成果にこだわることに関してポジティブに考える人がいます。

これは日本人特有のみんながの意識が強すぎる所以であります。

しかし、歴史をたどれば、成果にこだわった人ほどしっかりとした人生を歩んでいる傾向にあり、成果にこだわることは決して悪いことではありません。

成果にこだわることでご自身の成長に繋がるし、いい意味で周囲に影響を与えることもできますよ。

最近では成果主義を掲げる会社も増えて来ているので、今後、成果に対して見方が変わってくるのではないかとも言われています。

良く結果だけにこだわるのはよくないと言われますが、そもそも成果と結果は違います。

成果は成功の意味を表します。

逆に結果はやり遂げた時の状態を意味するので、失敗も含まれます。

結果さえよければいいと言うことば良く聞きますが、実は結果よりも成果が重要なことはほとんどの方にあまり知られていないのではないでしょうか。

そこで今回こちらの記事では、成果に関していろいろとまとめてみましたので、ぜひ、じっくり読んでいただきまして、成果を出すことの重要性を理解して、成果を出す人間を目指しましょう。

️誰よりも成果を出したい!

自己の評価を気にするのは仕方ありません。

なぜなら、私たちは生まれてから学校教育でテストや部活などで順位をつけて競ってきたからです。

そのため必然的に順位が高い人の評価は良く、低い人の評価は悪いといった状況を経験してきたので、結果がすべてという感じを植え付けられている部分があります。

そのため、成果を出そうと躍起になる方もいます。

しかし、成果と言っても成功か失敗かを第3者が判断する場合もあり、そうなるとどんなに結果が良くても成果として認められない場合があります。

ここが難しいところでもあります。

完成形に持ちこんでも最終的に判断する人が成功かどうかを決める場合は成果になるかどうかは自分で決めることができないのです。

それでも成果を出したいと考えて日々励んでいる人はいます。

ここでまずは成果にこだわる人はどのような人かの説明をしていきたいと思います。

成果にこだわる人みんなが同じような人とは限りません。

また、知らないうちに実はご自身も成果にこだわる人だったと言う可能性もありますので、ぜひ、成果にこだわる人についてしっかり理解しましょう。

ここでは良い部分も悪い部分も具体的にわかるように説明しますので、これまでに抱いていた成果にこだわる人の印象が変わるかもしれませんよ。

負けず嫌いな人は成果にこだわる


何事においても負けず嫌いな人は成果にこだわる傾向が強いです。

これは、負けることが許せないと考えている人や、競争する環境で育ってきた方などに多いです。

要は、負けることが自分の評価を下げることという認識が強いのです。

そのため、行きすぎている人だと、どんな手を使っても成果を出そうと走ってしまう傾向もあり、周囲をけり落としてでも成功をつかむというやり方も厭いません。

とにかく成功に突っ走るというタイプなら問題ありませんが、自分のポジションを守るために成功を出そうと考え、使えない、失敗ばかりする相手を排除しようと平気で考える方もいるので気をつけましょう。

真に成果を出そうとする人は、周囲の協力なくして成功はないと考えていて、共に成功をおさめようと考えています。

自分のことばかり考えて成果を出そうとする人には誰もついていきません。

負けず嫌いは決して悪くはありませんが、それを相手に押し付けるのは辞めましょう。

仕事でも勉強でもトップでいたい

とにかくトップでないと気が済まないと言う方は必ずどこにもいます。

要はトップであることが栄誉なことと考えています。

そのため、トップになることに執着している方もいて、どんな手を使ってもトップになると言う考え方を教え込まれる方もいて、そのような人がかなり厄介です。

トップを狙うことは悪いことではありません。

ただ、どんな手を使ってもトップになろうとする考えが良くないのです。

トップを取りたければご自身の力でどうにかすべきです。

この時にトップがとれないとウジウジする方もいます。

真にトップを狙う方は、例えその時にトップを取れなくても、次にトップを取れるように努力する人などです。

どうにかしてトップの地位にいたいと保守的な考えになるのが良くないのです。

保守的になってしまうと目指すではなく、キープになってしまうので、良くありません。

トップを目指すのであれば保守的な考えは辞めましょう。

目指す考えを持たないとトップを取ることなんてできませんよ。

成果を出すためにはどうしたらいいか


このように成果にこだわる人は負けず嫌いやトップにこだわる人が多いです。

しかし、これは悪いことではありません。

このようなタイプで、どんな手を使ってもトップを取る。

保守的な考えの負けず嫌いなど間違った認識を持っている人が多いので、そのような方を成果こだわっていると勘違いしてしまっているのです。

真に成果にこだわる人はしっかり、どうすれば成果を出すことができるのか考えています。

そしてなおかつ愚痴や文句を口にしている人は少ないです。

かの有名な戦国大名・武田信玄は「中途半端だと愚痴が出る いい加減だと言い訳が出る 一生懸命だと知恵が出る」という名言を残しています。

成果にこだわる人は常に一生懸命です。

なんとか成果を出そうと知恵を絞りだしています。

しかし、中には成果にこだわると口にだしていながら、愚痴や言い訳ばかりをしている人が多いのが現状です。

つまり、真に成果をこだわる人を見れていないという現実があるのです。

では、真に成果にこだわる人を見極めるにはどうしたら良いかと言いますと、成果を出すために必要なことをしている人を見つけるのです。

故に次からは、成果を出すためにやるべきことをご紹介します。

それを知ることで真に成果にこだわる人がどのような人かがわかるので、保守的な人や間違った認識の人に利用されずに済みますよ。

また、あなたも成果を出すことを目指せます。

️成果を出すためにやるべき9個のこと

では、ここからは成果を出すためにやるべきことをご紹介します。

主に大きく選別して9個のことがあります。

いきなりすべてを理解しろとは言いません。

ゆっくりで構いませんので、しっかり理解しましょう。

おそらくほとんどの人が成果を出す人に対して抱いている印象が良くない方もいらっしゃるかもしれませんが、それは仕方ありません。

この世の中には間違った認識のまま成果を出そうとしている人が多いので、そのように悪い印象を持ってしまう環境が多いのです。

保守的な考えで排除していこうという傾向が強いのです。

このような人についていってもいいことはありませんし、パートナーに持っても厄介です。

成果をだすためにやるべきことをしている人を見つけて一緒に成果を目指すようにしていきましょう。

そのためにしっかり理解しましょう。

明確な目標を立てる

成果を出すにはいついつまでにこうするという明確な目標を立てることが重要です。

目標がないと人はなかなか動こうとしません。

また、漠然として目標だと、達成できなくても仕方ないと思ってしまう傾向があります。

これは先が見えていないからそうなってしまうのであります。

明確な目標を出すことで、先を見ながら行動できるので、その時その時の対応もしっかりできるのです。

ただ、先を見すぎても良くないので、そこはバランス良くやっていく柔軟性が必要です。

目標を立てることで自分を奮いたたせることができるほかに、相手に意志表示することで協力するという方も現れてきたりするので、成果を出すことを目指すことができますよ。

目標と聞くと大きく立てようとする人がいますが、そんな決まりはありません。

小さなことでもしっかりとした目標になりますので、ぜひ、大小関係なく明確な目標を立てるようにしましょう。

ここからは、まず目標の立て方について説明します。

自分の中での成果に答えを出す

自分でこのようにすれば成功だという成果を明確にしておくことが必要です。

これは相手が成功かどうかを判断する場合もあり、相手の判断によって評価が分かれることがあります。

しかし、そのような場合は、相手が成功かどうかを決めるのであって、相手によっては成功であっても成功と認めてくれない場合があります。

そのようなことで落ち込んでいてはもったいないです。

そうならないために自分で成果を明確にしておくことが大切です。

また、成果を出したことで自分はどうなったのかという答えを出すのも次の成果につながる行動でもありますので、まずは自分の中で成果を明確にし、それによったどこまで成長できた。

何を見つけたなどの答えも明確にしましょう。

ただの成功だけでは意味のある成果と言えませんので、意味のある成果を出すようにご自身でも決めましょう。

まず大きな目標を立てる

目標を立てるとなると大きな目標を立てるべきと言いますが、確かに悪いことではありません。

しかし、立てるにも漠然としすぎると先が見えなくなったり、どうせ叶わないと思ってしまう心が生まれてしまいます。

大きな目標を立てた時の弊害がこれです。

では、どのように大きな目標を立てればいいのかと言いますと、まず漠然としすぎない。

さらに実現性があるかどうかをご自身で判断する必要があります。

実現性がない場合は思い切って切り替えが必要になってくるかもしれません。

また、大きな目標を立てる場合は同時にいついつまでという期限も明確にしないといけません。

ただ、ほとんど大きな目標は小さな目標の積み重ねでもあるので、積み重ねの連続で成し遂げられるようにしていくことが大切です。

その中で小さな目標をつくる

大きな目標を立てたら、小さな目標達成の積み重ねが大切だと前文では説明していますが、これは小さな目標を積み重ねることで大きな目標達成に近づくのと、自信をつけていけるからです。

自信をつけて行くことで、ご自身の成長にも繋がるので、自分自身を高めることができますよ。

これが最初に説明した成果に答えを出していくことにも直結します。

小さな目標でも達成すれば成果になります。

そのことで、目標を達成することの価値を見いだせるので、大きな目標を達成したという気持ちが生まれます。

大小に関係なく目標を達成することはご自身の成長に繋がる大切なことです。

もし、大きな目標を立てたのになかなか達成できそうにない時はその目標を部分的に分けてみて、小さな目標を見つけて達成していきましょう。

計画的なプランを練る

成果を出す人は、目標を達成する日を決めてその日までのプランを練ることが上手いです。

これは何をすれば良いかなどを考えていて、とにかく行動することが大事だと考えているからです。

行動しないことには成果は出ないと考えているので、行動するために1日1日もしくは1時間1時間のプランを練ることにして、常に行動できる状態にしています。

プランを練るのが難しいと思っている方もいますが、これは目標を決めた時に失敗したらどうしようと考えてしまっているからです。

成果にこだわる人は成功するいはどうすべきかと考えるので行動に移すことができます。

計画的なプランを練ることで成果を出すためにできることがいっぱい出てきて、また、そのような考えになってくるので、ぜひ、プランを練るようにしましょう。

逆算して考えるのがやりやすい

成果を出す人は逆算しながら目標を達成していこうと考えている人がいます。

これは逆算することで徐々に目標が自分に近づいているということが実感できるからです。

積み重ねとは違うのかと思う方もいらっしゃるとも思いますが、言葉が違うだけで意味の面で考えたらほぼ一緒です。

例えば100を目標にした時に1,2,3,…とこのようにしていくよりも、100,99,98,…とこのように逆算していく方が気持ち的にも余裕が生まれるらしいです。

これは心理的な側面もありますが、体重などは増えるとネガティブに考える人もいて、減るとポジティブに考える人が多いなどといった考え方に似ている部分があります。

目標達成に近づくにつれ、大きい数字より小さい数字の方が心理的にも余裕を生むので、逆算していくことが大切です。

修正しつつ取り組んでいく

練ったプランをしながら時には、失敗や間違いなどがあるかもしれませんが、その時に重く考えて立ち止まってはいけません。

成果にこだわる人は失敗などをした時はすぐに修正するなどの行動に移します。

行動しないと成果を出せないと考えているので、落ち込んでいる暇が無駄だと思っているからです。

成果を出すには立ち止まってはいけない。

失敗や間違いも成果を出すために必要だと判断し、修正しつつ目指していくのです。

保守的な人はこのような時にいかに自分で責任を負わないようにするかを考えて、責任を相手に押し付けるなどするので厄介です。

このような人は成果にこだわることを間違って考えてしまっている人たちですので、気をつけましょう。