皆さんは寝れないときには何をしていますか?

どうしても寝れないときって出てきてしまいますが、やってはいけないことがあるのをご存知でしょうか?

一日中仕事で疲れて今夜はぐっすり寝たいと思い、いざ布団に入っても寝れない・・・

こんなときってありますよね?

目を瞑ってもだんだんと頭が冴えてきてしまって余計に寝れなくなる夜って本当に困ってしまいます。

明日も早く起きないといけないのになどと思うと段々と焦ってきてしまい余計に寝れなくなってしまいます。

そんなときですがやっては駄目な行動をしちゃう人がいるのです。

寝れないからこそ思わずやってしまう行動ってちょっと興味ありますよね?

自分がしてたらどうしようとか色々と考えることにもなりますし、寝れなくなる原因ってちょっとしたことでも起ってしまうのです。

次の日は本当に一日中あくびが出てしまっているような状態で仕事などにも手がつきませんし、効率も悪くなってしまいます。

眠気ばかりが出てしまうので上司に怒られることだってありますよね。

また、このような場合は他人を巻き込んでしまうような事故などの危険性も高くなってきます。

睡眠が十分にとれていない状態ですと普段よりも判断する能力が低下してしまい、とても危険な状態でもあります。

そのような事は頭ではわかっていても、どうして寝れなくなるのだろうと考え始めてしまうと色々と自分なりに寝る工夫をしてしまいますよね。

そのようなときには自分でも無意識にやってはいけないことをしている場合があるのです。

そこで今回のテーマになりますが、寝れないときにやりたくなっちゃうことについて見ていきたいと思います。

自分ではそれがベストだと思っていたことが、余計に寝れなくなるようにしていたとわかればショックですよね。

今まではそんなことなかったのにと思っても、年齢とともに体質が変わってくることも考えていかなければなりません。

寝るという事に意識を集中させてしまっても焦るばかりで良い結果にはなってきません。

段々とイライラとした感情も沸いてきてしまい身体は興奮状態に変わっていってしまいます。

それでは、寝れないときにやってはいけないことって一体どのようなことなのでしょう?それは自分でも気がつかずにやっていることかもしれませんよ。

️寝れないとき…なにをしてますか?

皆さんも寝れないときは色々なことをしていると思います。

本当なら今頃は夢の中のはずが夜中の3時などになってくると焦ってきますよね。

睡眠時間は私たちの生活でも重要な意味をもつ時間ですから出来ればきちんと寝たい。

そんなときに限って寝れないといった状態になってしまうのですから困ったものです。

そういうときに限って朝から会議があったり大事な来客の予定があったりとタイミングも最悪なときってありませんか?

そのうちに眠れると思うことを次々と試してみて余計に目が冴えてしまい結局は一睡も出来なかった経験をした人もいますよね?

とりあえずは栄養ドリンクでその日を乗り切っても、またいつ寝れなくなるのかと思うと不安にもなってきます。

そんな経験がある人はちょっと考えてみて下さい。

自分の行動は本当に正しかったのでしょうか?もしかしたらやってはいけないNG行動をしていたのかもしれませんよ?

やってはいけない行動をしてしまうと身体も起きてしまい脳も働き始めてしまいます。

それではきちんとした睡眠をとることは不可能ですよね。

そのような状況になってしまうことを自分では知らないで行動していたとしたらどうでしょう?何とかして改善しなければいけませんよね?

まず始めはどのような行動がNGになっていくのかを確認していきたいと思います。

自分では全く気づかないでやってしまってた行動もあるかもしれませんね。

寝れないからってNG行動してませんか?


絶対に今夜は早く寝ないといけないときに限ってどうしても眠れないということが起きてしまう時が出てきますよね?

そんなときにはあなたなら何をするでしょう?

なんとなくこれをすれば眠くなるのではと思ってやっていることが案外とNG行動になっているかもしれません。

️寝れないときにやってはいけない21個のこと

寝れないときは自分でも気がつかないうちに色々な行動をしてしまいます。

そしてそのことが原因になってしまい余計に眠れなくなる環境をつくる場合があることを知っておいて下さい。

睡眠を考えるときに一番有効なのは気持ちを落ち着かせることになります。

その方法は後で詳しくお伝えしますが自分のとった行動が余計に寝れなくなる原因を作ってしまうのです。

ご飯を食べる


ご飯を食べると眠くなるからといって寝れないときに食べてしまう人がいますがこれはNGです。

確かに多少は寝れるようになるかもしれませんが、食べてすぐに横になれば今度は身体の中で消化活動が始まってしまいます。

消化にかかるエネルギーが睡眠の質を下げてしまいますし、食べる量によっては胸やけを起こしたりと余計に寝れなくなる原因にもなってしまうのです。

ご飯を食べないとなんだか不安だからといって食べてしまっていた人はやめるようにしましょう。

食べてすぐに横になれば肥満の原因にもなりますし何よりも質の悪い睡眠にしかならずに身体にも悪い影響が出てしまいます。

もし、寝れないような状態が頻繁に続くようであれば自律神経の乱れなども考えられますので医師に相談することも必要です。

寝れないときにご飯を食べてしまう習慣のある方は色々と問題も多くなってきますのでやめるようにして下さいね。

ゲームをする

最近は目覚まし時計の変わりにスマホを枕元に置く人が増えていますよね。

寝れないときについスマホを触ってしまうクセのある人は要注意です。

中でもやってはいけないことはゲームをすること!

これは脳を興奮させるだけですのでますます寝れなくなってしまいます。

こういう時に限って欲しかったアイテムが手に入ったりと、ますますゲームにのめり込んでしまう状況にもなり得ますのでスマホ自体触るのをやめましょう。

また、スマホからはブルーライトが発生してさらに眠りを妨げてしまいます。

これを浴びてしまうと睡眠をとることが難しくなってしまうのでゲームとスマホは控えた方が良いと言えます。

テレビや映画を見る

どうせ寝れないならといってテレビなどを見る行為もアウトですよね。

見ているうちにますます目が冴えてしてしまい気がつけば朝なんて状態になってしまいます。

次の日が休みであればそういったこともたまにはいいでしょうが、仕事であるならばやめるようにしましょう。

映画などの場合は最後まで見たくなってしまいますし、続きものならばさらに悪い結果になります。

録画していた番組なども見始めてしまうと止まらないですよね。

これは身体にも負担を書けてしまいますし仕事にもかなり影響してきます。

ちょっと見れば眠くなるかもといった行動がさらにひどい状況になってしまいますのでやめるようにして下さい。

ネットサーフィンやPCで仕事をする

寝れないからといってパソコンをするのも完全にNG行動になります。

パソコンでネットサーフィンや仕事を始めてしまうと、気がついたときには起きる時間になってしまう可能性が高いですし、そこから寝ることなど出来ません。

特にネットサーフィンの場合は自分の興味のあるサイトを次々と開いていくことになってしまい完全に目が覚めた状態になります。

そこから寝れようにするにはかなりの時間もかかってきますし、眠れたとしても浅い睡眠となり身体の疲れも取れません。

パソコンを始めてしまうと絶対に良い結果は得られませんのでやめるようにしましょう。

運動をする

寝れないときに考えることの一つが運動をすることです。

身体が疲れれば寝れるのではないかと思いがちですが、これもNG行動の一つになってきます。

運動をすると脳の動きも活発になってしまいかえって目が冴えてきてしまいます。

さらに運動を続けていけばお腹も減ってきてしまい、真夜中の食事なんてことにもなりかねませんよね。

食事をすればさらに悪い結果になってしまうので、そういった危険性を含む運動はやめるようにして下さい。

翌日も身体がダルイといった状態で会社へ行かなければいけませんし良いことは何一つありません。

部屋の掃除

寝れないのであれば部屋の掃除をしてみようという人もいます。

こういう時って普段はやらない所までやってしまいがちになり、完全に目が覚めるという状態になってしまいます。

掃除を始めると夜中の掃除って案外たのしいと思ってしまうのでさらに悪い方向へ向かっていくことになります。

掃除を始めると夢中になってしまうので最終的には一睡もできないという人も出てくるはずですし、そこから寝ることはほとんど無理だと思います。

部屋は綺麗になったけど結局は後悔してしまうことになるので掃除もNG行動としてやらないようにして下さい。

長電話

寝れないから誰か友達に電話しようという人もいますよね?

話し出すと会話も弾んでしまい楽しい時間を過ごしているようにも感じますが、これは自分の相手も寝れなくなるのでやめるようにしましょう。

電話なども脳を興奮させる原因になってしまいそれが続けば完全に目が覚めた状態になってしまいます。

話しているうちは感じないかもしれませんが身体は疲れているためにダルさも出てきてしまうものです。

電話が終わっていざ寝ようとしてもそこからの睡眠はほとんど不可能といってもいいでしょう。

布団に入っても目が冴えてしまい、今度は電話をかけることも出来ずに朝を迎えるという結果になってしまいます。

このような行動をとってしまうと本当に一日中眠くて辛い日になってしまうので電話などはかけないようにしましょう。

また相手の睡眠も邪魔することになりお互いの為になりません。

そういったことが何度も続けば二人の関係にも影響してきますのでやめるようにして下さい。

お酒を飲む

どうしても寝れないときにお酒を飲む人もいますが、こういう時のお酒は不思議と深酒になってしまいます。

寝れないから強めのアルコールを飲むという人が多いのですが、気がつけばかなりの量のアルコールを飲んでしまうことになります。

アルコールは多少であれば効果も期待できますが、大量に摂取した場合は眠りも浅くなり気分が悪くなることもあり得ますよね。

二日酔いの心配も出てきますし次の日の朝は最悪な状態も予想されます。

布団に入って寝れないからといってお酒を飲む行動は次の日にかなり辛い状況をつくる原因にもなりかねませんので注意したいことですし、できるだけ飲まないようにして下さい。

カフェインの摂取

コーヒーや緑茶を飲んでスッキリしようとカフェインを摂取する人もいますがカフェインは興奮作用があるので目が冴えてしまいます。

中でもコーヒーは目がギンギンになってしまい余計に悪い状況を作り出してしまうのでやめて下さい。

喉が渇いているのであればカフェインのないものやミネラルウオーターといった飲み物をとるようにして下さい。

コーヒーは飲んでしまったらますます寝れなくなる可能性が出てきますのでやめるようにしましょう。

考え事をする

寝れなくなるとあれこれと考え事をしてしまうこともありますよね?

あの日はどうして失敗してしまったというようなネガティブな内容になってしまうと最悪の結果になってしまいます。

人は考え事でも自分の失敗したことなどを考えだすと、どうしても対策方法を知りたくなります。

そして、それを知るために思わず手にしてしまうのがスマホやパソコンになってしまうのです。

考え事だけでも寝れなくなってしまうのにスマホなどを触ってしまえばそこからネットサーフィンが始まってしまいますよね?

さらに体験談を探してみたりと、どんどん睡眠から離れていくことになります。

考え事をするだけで次の日が本当に辛くなってしまう可能性が高くなり、身体にもかなりの負担をかけることになります。

布団の中で考えるだけでも寝れなくなりますしスマホを触ってしまえば一睡もできなくなってしまうのでやめるようにして下さい。

読書をする

寝れないからといって本を読んだりする行動もいけません。

読書をすればだんだんと続きが気になってしまいますよね?そして最後まで読み切ってしまいたという気持ちが強くなってきます。

そのような気持ちになってしまえばどんどん睡眠時間がなくなることになります。

そして気がつけばせいぜい3時間ほどしか眠ることは出来ないといった時間になってしまい起きてしまう人のほうが多いのではないでしょうか?

結果的に昼間に眠くなってしまい仕事にミスも出てきますし、眠いときには事故にあうケースも多くなってきます。

寝不足はかなり判断力の低下にも繋がってきてしまい、普通の思考とは全く違うことを理解して下さい。

読書をするということはかなり危険な行動にも繋がってきますのでやめるようにしましょう。

1日の振り返り

寝れないときに限って仕事で失敗をしてしまったりとタイミングが悪いときも出てきてしまいますよね。

そんな時に一日を振り返るようなことをしてしまうとますます寝れなくなります。

人の心理的なものですが考え事をしている時には次々と悪いことを連想していくものです。

例えば仕事でのミスを考え始めてしまったときは過去のミスといったものも気になってきてしまい、どうすればいいのかということまで考え始めます。

こういう時って何も解決方法はみつからないと思いませんか?

あれこれと自分なりに対処法を考えていったところで実行できなければ結果がわかりません。

こうすればいいのでは?などと思っているうちに朝になってしまうケースが多くなってしまいますのでやってはいけません。

睡眠をとるということは身体を休めるためにも必要ですが脳を休ませるということにも繋がってします。

休ませるはずの脳を使ってしまえば十分な休息は取れません。

次の日は全く休息していない状態で物事を考える状態になってしまい、正しい判断が出来なくなってしまいますよね。

そういった状態で一番損をしてしまうのは自分だということを認識して下さい。

きちんと睡眠をとることは人間にとってかなり重要なことになるので、何かを考えるという行動はしないようにしましょう。

お風呂につかる

寝れないときにお風呂に入る人もいますがこれもNG行動です。

お風呂に入れば身体が温まり余計に寝れなくなってしまいます。

睡眠の基本的なことになりますがお風呂に入った場合は身体が冷えてこなければ眠気が出てきません。

寝れないからといってお風呂に入ってしまうと身体が温まり余計に目が冴えてしまうのでやめるようにして下さい。

シャワーを浴びる

お風呂と同じでシャワーも身体を温めますよね?身体が温まってしまえば冷やすのにも時間がかかり眠ることが難しくなってしまいます。

こういった行動は睡眠の質を下げることにも関係があるのでやってはいけません。

睡眠についてお話ししますが、人に必要となる睡眠時間は最低でも6時間はとらなければいけません。

お風呂やシャワーで身体を温めてしまうと冷えるまでにも時間がかかり睡眠時間も減っていくことになります。

これではきちんと脳が休めない状態になってしまいますよね?

次の日にもかなりの影響がでてしまうでしょうし、睡眠時間というものを意識した行動をとる必要が出てくるのです。

寝る時間が少なくなれば身体にも影響は出てきてしまいます。

ダルさが一日中抜けませんし日中は睡魔も襲ってくることになります。

昼間に少しでも仮眠できる状態であればまだ良いと言えますが、全く取れない場合などはそのままの状態で一日を過ごさなくてはいけませんよね?

正しい判断ができない状態というのは自ら危険を招くという可能性も出てきます。

車の運転をするようであれば事故の可能性もありますのでかなりのリスクを背負った状態です。

きちんと睡眠をとることを考えるようにしなければいけませんしお風呂やシャワーなどは次の日にもかなり影響が出てしまうのでやらないようにして下さい。

身体を冷やす

お風呂などと反対に身体を冷やすということも考えられますがこれもいけませんしやらないで下さい。

一度身体を冷やしてしまえば体温を上げるのに時間もかかってしまいますしそこから快適な睡眠に入るということも難しくなってしまいます。

また急激に身体を冷やしたりすることは風邪をひく原因にもなってしまい、身体への負担を考えていった場合にはやめた方がいいと言えます。

電気をつける

寝れないときに電気をつけるということも目が冴えてしまい眠れなくなる原因を増やしてしまいます。

このような行動をした場合には完全に起きること前提としたものになりますよね?起きてしまったら本を読んだりテレビを見たりと寝れない原因を作ってしまいます。

また、何かを始めた場合には身体も起きてしまうということになり寝ることは非常に難しくなるでしょう。

基本的に睡眠をとるときは電気を消すということが一般的になりますが、これにも理由があるのをご存知でしょうか?電気をつけてしまうと身体が起きていると錯覚してしまい眠れなくなる原因になってしまうのです。

一度電気をつけてしまえば眠くなるまでにも時間を要しますし、正しい行動ではありませんのでやめるようにしましょう。

タバコを吸う

タバコを吸う習慣がある人の場合ですと寝れないときに吸ってしまう方もいますよね?タバコは興奮作用のあるものですから眠気防止のために吸うことが正しい行動になります。

自分が寝たいのにタバコを吸うということはますます興奮してしまい寝れない状態を生み出してしまいますよね。

そこからはニコチンが切れてくるまで寝れない状態が続いてしまうので睡眠時間もかなり短くなってしまいます。

このような行動は身体にとって負担の大きいものになってしまうので注意が必要です。

タバコ自体が身体には良い影響を与えません。

また、タバコを吸うとコーヒーを飲みたくなる人もいますよね?

これは本当に朝まで起きてしまう結果になるので絶対にしないようにしましょう。

タバコの興奮とコーヒーのカフェインとで目は完全に覚めた状態となり身体も起きてしまいます。

どうしてもタバコが吸いたいと思ったのであればその欲求を抑えるように水を飲んでみるなどしてタバコを吸わないような行動をして下さい。

宿題や課題をやる

寝れないときに宿題などをやるのもNG行動になってきます。

夜中は頭の回転も鈍くなっていますので宿題をしてもミスをする可能性が高くなってきます。

それでも続けていくと今度は脳が疲れてしまいますよね。

しかも身体は完全に起きた状態になり疲れだけが残ってしまうという結果になります。

宿題などはミスをしても後から挽回できますが脳の疲れと身体への負担は避けられません。

このような行動は自分にとっても有益なことにはなりませんのでやめるようにして下さい。

悲しいことを思い出す

寝れないような時に悲しいことを思いだすと余計に悲惨な状況になってしまいます。

人は後悔するような気持ちになってしまうと自分を責めてしまうので睡眠どころではなくなってしまいます。

さらに悲しみは脳の興奮を引き起こす原因にもなり眠る妨げとなってしまいますので注意が必要です。

眠れないことに焦る

寝れないときにやってはいけない行動の中でも一番悪い状態が焦ってしまうことになります。

人は焦っている状態になると段々と落ち着きもなくなってきますよね?

このような状態では絶対に眠ることはできません。

さらに時間が過ぎていけば睡眠時間が減っていきますます焦りも大きくなっていきます。

やってはいけない行動でも一番よくないパターンになりますので注意するようにしましょう。

コンビニに行く

寝れないからといって外出してしまうのは身体を起こしてしまうのでやめるようにしましょう。

コンビニなどは色々な誘惑がたくさんありますよね?

食材を見てしまえば何か食べたくなる気持ちにもなってしまいますし、マンガなどを見てしまえば読みたくなり買ってしまうことになります。

何かを購入したら食事をしたり読書をしたりと必ずしてしまいますよね?

これでは睡眠をとるということはできませんし、寝ることは無理になってきます。

コンビニなどの外出する行動はそれだけで身体を起こすことにもなり、寝ることができなくなってしまうのでやめるようにして下さい。

ここまでやっては駄目な行動を色々とお伝えしてきましたが自分でもやってしまっているものはあったでしょうか?

良かれと思っていたお風呂や運動といったものも最終的には眠ることを妨げてしまうことになってしまいます。

それではどのようなことをすれば寝ることができるのか知りたいですよね?どのような行動もNGであるのならば自分ではやれることが見つからないかもしれません。

どうしても寝なければいけないといった状況になったときに一番有効となる行動をご紹介したいと思います。

️眠れないときにする行動は呼吸法

私たちは日頃から仕事などで大きなストレスを抱えており、脳も身体も疲れている状態です。

夜には快適な睡眠をとる必要があり、その寝る行為によって健康を保っているのですよね?

問題となってくるのは寝れないときになります。

どうしても目が冴えてしまい布団の中でアレコレと眠るためのアイデアを考えてしまう方が非常に多いと言えます。

基本的なことになりますが考えるということは脳を使っていますよね?

その状態ではいくら考えても寝る状態にはなりませんし、逆効果になっているのを理解して下さい。

それならば何か行動をしては?と思いがちですがなにかをすれば身体自体が起きてしまいます。

その行動によっては完璧に脳も働き始めてしまい、寝るということが無理になってきてしまうのです。

そうしたときに必要になってくるものですが、寝れないときに一番効果的なものは呼吸法ということになります。

呼吸ということに集中すれば考える必要はなくなってきますよね?心の中で「吸って~吐いて~」などを繰り返していけば段々と気持ちが落ち着いてきます。

さらに呼吸の良い点ですが心臓の動きも正常に戻してくれることに繋がってきます。

寝れない場合は脈も乱れていますのでこの辺りも直していかなければ眠れる状態になってきません。

呼吸法は考えることを抑止することにもなり自律神経の乱れも直してくれます。

さらに心臓などの動きを正常にして気持ちをリラックスさせる効果があるのです。

眠れない状態でアレコレ考えてみたりお風呂に入ったりするよりも簡単で楽だと思いませんか?

結果的にやってはいけない行動をすればますます身体は起きてしまいますよね?呼吸法であれば身体を睡眠へと導くことしか起きません。

寝れないようなときに本当にやるべき行動というものは呼吸法だけでいいのだということを認識するようにして下さい。

これ以外のことでは身体に負担をかけてしまうことになりますし、脳も起きてしまいます。

睡眠時間も少なくなってしまい身体も休まりません。

そして次の日になれば疲れが取れない状態でも仕事などになってしまいますよね?こうした状況では良い仕事も出来ませんし、色々な危険に出会うリスクまで背負ってしまうことを忘れないようにして下さい。

一番簡単で効果的になるのは呼吸に集中することになりますので、今まで色々な行動をしていた方は呼吸法を行うようにしましょう。

️眠れないとき、やってしまっていませんか?

今回は眠れないという状況になってしまった場合にやってしまいがちになる間違った行動をお伝えしてきました。

色々な状況が出てきてしまい、眠れない原因というのも人それぞれちがってきます。

食事もNGですしテレビを見るのもダメ、考えることは論外ですし焦ってしまっては最悪に結果になりかねません。

私たちが快適な毎日を過ごすためにも良質な睡眠というものを考えていかなければいけませんよね?

例えNGの行動で眠れたとしても疲れのとれない浅い睡眠になっているはずですので次の日はかなりキツイ一日になってくるはずです。

人の行動というものはクセになってしまうことが多くなり、寝れないようなときには似たようなことをしてしまう人が多くなります。

その結果ですが、やってはいけない行動をしてしまう人はかなり身体を傷めつけているのと同じ状態になっていることに気がついて下さい。

そのような行動を続けていけば必ず大きな健康被害にもなってしまい睡眠障害ということにもなりかねません。

そのような結果にならないためにも呼吸法というものを利用していきましょう。

一番簡単でもあり確実に寝ることができるものになりますので、身体に良いとされることを始めるようにして下さい。

あなたが眠れない夜を過ごしていたのならがやってはいけない行動はしてはいけません。

そしてやるべき事はただ一つになります。

目を瞑って呼吸に集中するだけです。