キスとはどういう意味があるのでしょうか?唇と唇がくっつくのがキスですが、キスにもいろいろなやり方がありますし、状況もあります。

そんなシチュエーションだったり、場所、仕方で全くの別物になってしまうのが不思議な魅力でもあります。

Hをするための順番的な行為と思ってしまうとそれは違うので、キスについていろいろ紹介をしたいと思います。

恋人とのキスは特別!

キスをする相手はやはり好きな人でなければ心が動きません。

感情からくる接触は手を繋ぐだけでもどきどきしてしまいます。

そんなどきどきを一番感じるのはキスです。

好きな人だからこそ意味があるのです。

触覚の中でも唇は脳に感じる刺激の度合いが違います。

もちろん舌なども使うとより一層刺激が強まります。

だからキスをしただけで頭の中が真っ白になったりもします。

それが好きでもない相手だとどうでしょうか?きっとただの行為にしか過ぎないと思います。

外国でのあいさつ程度にしか感じないでしょう。

そこに感情というものがなければキスに何も感じないのです。

ただ唇が触れるだけの行為なのに相手が違うとこうまで感覚が変わってしまうのがキスです。

特に女性はキスが好き

女性はHの方が好きだろうと勘違いする人が多いと思います。

しかしそれは二の次です。

やはりキスが好きなのです。

それは愛されているということを分かりやすく感じる行為だからです。

相手の優しさや愛情を表現したものがキスに表れるのです。

もしも相手のことを不快に思ってキスをしたり、なんとなくではキスの仕方も違ってきますし、相手に伝わる感情も違います。

相思相愛のキスが一番気持ちよく、相手の愛情を感じることのできる最高のキスとも言えます。

女性は愛されたいのです。

だからキスが好きで、愛情をキスで表現しなくてはならないのです。

キスの上手さで好感度も上がる

愛情を計る行為でもあるキスですが、それはキスが上手ければうまいほど相手に対しての好感度も上がります。

キスが上手いということはそれだけ相手のことをよく分かっているということでもあります。

下手な人はそれが顕著に表れてしまいます。

愛情を相手に注ぐことを恐れて気持ちが萎縮してしまうとキスもどことなくぎこちなくなったりただの行為でしかなくなったりします。

女性を喜ばせるためにもキスは工夫して、考えてやるべきです。

キスの仕方が上手になると女性の扱い方も変わってきます。

どうしたら女性を喜ばすことができるのだろうか?もっとこうしたらこの人は嬉しいのではないか?

と相手を満足させることを考えてくるので、その分だけ女性に対する接し方が分かってくるのです。

キスは女性の扱い方を学ぶ上でも大事な行為であり、そこから分かることも非常に多いのです。

それだけではなく、上手なキスができていると相手もその人のことを認めて、愛情を同じ分だけ返してくれるでしょう。

女性に与えることをしないと自分の望むものは返ってはこないのです。

上手なキスの仕方

上手なキスができる人はモテるのもそうですが、女性にも好印象を持たれます。

しかしどのようにしたらいいのでしょうか?どんなキスが喜ばれるの?

キスは状況もそうですが、緩急だったり、目線だったり、仕草などでいろいろなパターンを演出することができます。

それも演出する本人次第ではありますが、その女性に合わせたものが必要となってきます。

女性によって荒々しいキスが好きな人もいれば、ソフトな感じ、抱きしめたり腕をからめてと違ってきます。

それは性感帯と同じで個人個人で違ってくるのです。

だから毎回同じようなキスをしていてもそれが正解かと言えばそうではありません。

相手に合わせたキスだったりその時の状況を大事にして見極めて行いましょう。

そこでこの人はこれが合うはずだ!と分かるようになれば、上手なキスができることは間違いありません。

相手を想う気持ちがまずは大切であり、そこから自分で探すことが必要になってきます。

1、唇へのキス

一般的にキスと言えば、唇にするものです。

ただし角度や強さなどいろいろ考えるところがあります。

真っ直ぐするか斜めに傾けてするか、強めにいくのか優しくいくのかなど変化を持たせることができます。

ただ唇にキスをするというのではなく、どのようにしようかと考えることも大事です。

相手がどのようにしたら喜んでくれるのだろうか?そういったことを念頭に置きながらするだけでも全然違ったものになっていくるのです。

そのためにも自分の唇を意識しなくてはなりません。

がさがさだったり、ひび割れてしまっていたら相手は満足のいくキスをしてもらえなかったと感じるかもしれません。

たかが唇ごときと軽く見ると女性にも嫌われてしまうので唇のケアも大事にしましょう。

乾燥してしまう季節ならリップクリームを塗る、もしもひび割れて血がでていたり、吹き出物がでてしまったらすぐに処置をするなどエチケットを気にしましょう。

そして最悪なのは口臭です。

ここがキスをする上でも最も気を付けなければならないエチケットかもしれません。

歯磨きをしてからとまではいきませんが、口臭のきつくなるようなものは抑えたり、ガムを噛んだり、フリスクなどを噛んで気を使いましょう。

今日はキスをしようと考えているのならそういったエチケットも含めて計画性のある行動を取るべきです。

焦らす事が基本

キスの仕方ですが、すぐにちゅっとしてしまうだけでは味気ない感じになってしまいます。

女性からしても「え?」と思うかもしれません。

じっくりとゆっくりとすることで相手も待ちきれなくなってしまったり、キスに対しての期待度が増していきます。

どうやったら焦らすことができるのでしょうか?それはキスをしそうであえてしないということを繰り返すことです。

お互いにキスをするんだという雰囲気にも係わらずにそこであえてしない。

しかし拒絶するのではなく、しそうな距離で軽く離すことで相手の不意を突きます。

その上で相手の目を見るとわざとやっているんだよというアピールにもなります。

そうすることで相手は焦らされ、それならこっちからやってやるわと言う気持ちになりキスをしてきます。

そういった駆け引きをすることでいつもと違うキスの演出をすることができますし、相手にも刺激になって違った一面を見ることもできます。

腕をまわして抱きしめる

体に触れることもキスをする上で大事なことです。

相手に触れないでキスをすることの方が逆に難しいかもしれません。

温もりをあたえながらキスをすることで相手の高揚感も高まり幸せな気持ちになるのです。

だから抱きしめるという行為は包み込み温もりを与えるという意味で理にかなっています。

そこで更にキスをすると相乗効果で気持ちが高まっていきます。

裸じゃないから温もりは伝わらないのではないか?と思うかもしれませんが、衣類を着ていても抱きしめるという行為はそれだけで温もりを感じます。

触覚の問題ではなく、心の問題なのです。

安心感を与えてからキスをするということになるので、シンプルですが好感度の高いキスの仕方です。

最初は軽く、徐々にハードに

緩急を付けるキスの仕方も時には大事です。

同じリズム、距離のキスは何とも平凡で楽しくもないキスになってしまいます。

そこでどのように緩急を付ければいいのでしょうか?入りは軽く唇に触れるだけの動作を何度かします。

それからだんだんに強くしていきますが、キスだけ強くしていくのではなく抱きしめる手にも力をいれましょう。

強く抱きしめることで相手の気持ちも高ぶってきますし、荒々しさもより一層増してきます。

気持ちが高ぶるということはそこから一気に畳み掛けることにも繋がります。

誰もがそうですが、いきなりエンジンを全開で回して発進することはできません。

徐々にギアを上げていくことで全開に持っていけるのです。

恥じらいというものが必ず初めにあるので、それを少しずつ脱がせる行為だと考えてください。

軽めに始まりギアを上げていくと、どんどん大胆になっても大丈夫なんだという認識になっていくのです。

全開になった状態になってしまうと、相手の知られざる一面を見ることができるかもしれません。

2、耳や首筋へのキス

唇だけがキスではありません。

女性にも感じやすい場所というのがあります。

それは首筋と耳です。

感覚が敏感な場所だけに唇で触れられるだけでぞくぞくっとしてしまいます。

それが性感帯の人もいます。

男性にも同じようなことがいえますが、そこを刺激されると興奮してしまいます。

性感帯と同じ場所を攻められると不思議な感覚になり平常心を保っていられなくなります。

中にはがくがくして震えてしまう人もいます。

しかし気を付けなくてはならないのは、その場所が性感帯ではない人もいます。

ただただくすぐったくて気持ち悪いという人も勿論います。

だからその場所を攻める時には相手の反応を見ることが大事です。

嫌がっているような様子だと早々に諦めましょう。

攻めることで甘い吐息を漏らすようならそこはつぼになっていると判断しましょう。

ただしそこばかりを攻めていると飽きられてしまいますので、適度なところで止めましょう。

あくまでも軽く済ませることがコツになります。

甘噛みや息を吹きかける

キス以外にも甘噛みという行為もあります。

これはどの場所を甘噛みするの?と思いますが、唇でもいいですし、耳でも良いです。

柔らかい部分をキスした後に甘噛みすると効果的です。

甘噛みの行為は野性的な部分を思わせるので相手にとっても効果的で興奮する行為になります。

しかし本当に噛んではだめです。

勢い余って強く噛んでしまうと嫌われてしまいます。

あくまでも軽く歯を当てる程度です。

歯で皮膚を刺激するぐらいにしておいて、更に息を吹きかけることも良いです。

息を吹きかけるとは、ふーと吹くわけではありません。

軽くふっというイメージです。

これをする場合は首筋や耳にします。

唇にしてはあまり意味がありません。

逆に唇にふっと息を掛けられると冷めるかもしれません。

首筋がいちばんぞくぞくする場所なので効果的と言えます。

しかしこれも個人差があるので気を付けてください。

首筋や耳に息を吹き替えられるのが嫌だという人もいます。

感じているのかそうでないかは見極める必要がありますので、嫌がったり我慢しているなと思ったら切り替えていきましょう。

後ろからするのもおすすめ

後ろからされるキスというのはなかなか経験のないことで、不意を突かれた感じがします。

後ろからされる行為というのは背徳感を感じるので興奮すると言われています。

後ろから抱きしめられそのままキスをする。

普段味わったことのない状況だけに相手も驚きと共に嫌な感じはしません。

相手の顔があまり見えないという難点はありますが、それでも後ろから包み込むということだけで満足感があり、

その上でキスをされるとどこかいけないことをしているような感覚にもなります。

どきどきすることを望んでいる女性からするといつもと違うことをするというのが大事なので後ろからするキスもお勧めです。

続けていると快感UP

男性からするとキスに対して何度もするのはちょっとと思う人も多いのですが、女性はキスを大事にしています。

だから何度もするようなものではないと言わずに、毎回してあげましょう。

キスは重ねれば重ねるほど快感が増していきます。

それは感覚としてはっきりと残っているからです。

どんな状況で、どんな感じで、どんなキスをしたのかを体の芯で覚えているのです。

だからあの時の印象が忘れらないといったように思い出のように残っています。

キスだけでも回数を重ねるだけでも快感が増していきます。

もういちどあのキスをしてみたい、あんなキスができたらという願望が女性にはあります。

快楽を満たしてあげるのは肉体関係だけでなくてもできるのです。

3、指や手の甲へのキス

外国人がやる仕草で手の甲にキスをするのはちょっと恥ずかしいというのがあります。

しかしそうでもありません。

キスは露出している部分にすることで刺激は十分得られます。

露出している部分と考えると、手か顔、首しかありません。

手を握られたり、指を絡ませるだけでもどきっとしてしまいます。

それを唇で行うとどうなのでしょうか?

指で行っている感覚とはまた別の感覚を味わうことになります。

唇が手の甲に触れるだけでどきどきしますし、まさかそんなところをといった意外性もかなりあります。

唇や舌先でソフトに舐める

どのような形で手を舐めたら良いのでしょうか?流石に唾液をたくさん出しては相手に嫌われてしまいます。

ソフトに攻めるのが得策でしょう。

だから唾液を押さえて唇や舌先で軽く舐めることが良いです。

舌先で攻める時は指先でやさしく触ることをイメージしながらいやらしく舐めましょう。

あくまでも舌先を使うようにして舌の広い部分で舐めてはいけません。

犬ではないのでべろべろと舐めてしまうと感覚として当る部分が大きくて刺激にはなりませんし、相手に不快感を与えてしまいます。

焦らしながらゆっくりの方が効果があるので、さっさと済ませないで時間をかけましょう。

ただしこの時も相手の反応を見ながら行ってください。

自分の世界に入り込んでその場所だけを責め続けることは相手にとっても辛い行為になってしまうので、ある程度の見切りをつけて次のステップにつなげましょう。

4、体へのキス

体にするキスはかなり刺激的です。

普段露出されている部分は手か首、顔しかありませんが、衣類を脱いでしまえばキスをする箇所も増えます。

首元、胸、お腹、いろいろな場所があるのでどこにしていいのか悩んでしまいますが、性感帯の個人差があるのでその人に合った場所を探すことが求められます。

じっくり焦らすのがポイント

体へのキスも焦らすことがポイントです。

強くするのではなく、優しくソフトに触れるような感じで体の場所も同じ場所ではなく上から下へと移動したりすると効果的です。

鎖骨、胸、腹部といったように陰部に向かっていくと刺激を受けやすいです。

人によっては脇だったりも感じたりしますが、これもくすぐったい人からすると気持ちのいいものではなかったりします。

二の腕や腿といった普段刺激されないような場所も効果的だったりしますので、ゆっくりとじっくり攻めていきましょう。

適度な刺激と適度な間が快感を生み出すことになるので女性も次第に興奮してきます。

キスで体を攻めることは、指で攻めることよりも刺激的になり、女性にとっても私の体を愛してくれているというサインにもなります。

体に触れながらすることも忘れないでください。

抱きしめながらするのも良いですし、体のどこかに触れた状態で行った方が相乗効果もあります。

胸は女性にとっても敏感な場所でありますが、ブラジャーをつけている状態でもキスは可能です。

胸元だったり谷間だったりキスをすることができます。

すぐに脱がせてしまいたい気持ちがあるのは分かりますが、そこをあえてしないでキスに時間を掛けると女性も「早く早く」と求める気持ちが強くなります。

焦らすというのは女性の普段隠している性への欲求の蓋を開いてしまう効果があります。

舌先で刺激を与える

唇で軽く触れたら、舌先でも刺激を与えていきましょう。

舌先は指先よりも尖っているのと湿っているということで、指で触るよりも刺激を与えることができます。

強く舌先で押すのではなく、軽くなでるような感じで攻めていきます。

その際に気を付けることはべろべろと舐めない、唾液を出しすぎないということです。

相手にとっても体をべろべろ舐められることはあまり好ましくない状況でもあります。

始まってからの流れの一環なら良いかもしれませんが、そういった行為をする前なら軽めに攻めるのが良いです。

脱がせてしまった後のキスの仕方では胸が一番攻めやすいポイントかもしれませんが、腹部や

絶対に満足させれるキスのテクニック


女性を満足させられるキスにはテクニックが必要です。

最初からいきなり満足のいくようなキスをするのはかなり難易度が高いです。

それなりに経験を繰り返さないと難しいかもしれませんが、要点を押さえておきさえすれば初めてでもこれからでも一味違ったキスをすることができます。

たかがキスくらいでと思わないで、何事も大事にこなしていくことが大切なので女性の心を掴む上でも

お互いの気持ちを高めるためにも知っておいて損はないはずです。

キスをする上でまず大事なことは相手の気持ちを考え、愛情を込めて行うことです。

これが根底に無い状態では相手を満足させるキスなどできません。

緩急さを付ける

キスで大事なことは駆け引きです。

押してばかりでは駄目だし引いてばかりも駄目です。

緩急をつけることでお互いの気持ちの駆け引きになっていくのです。

やさしく、ゆっくりからはじまり次第に激しく強引にといったように変化を持たせることで気持ちが高ぶっていきます。

ただ数回して終わりではあっさりしすぎています。

キスに掛ける時間というものはどのぐらいがいいのか?そう考えてしまいそうですが、丁寧に行えばじっくり時間を掛けても相手は不満を言いません。

しかし時間を掛けるということは同じことばかりをしていると飽きられてしまうということになるので、緩急という変化を用いることが大事になってきます。

一辺倒のキスだけでは相手を満足させることなどできません。

心地よいリズム感が大事

緩急を付けるということを念頭におきつつ、次に大事なのはリズムです。

ゆっくりなんだけどどこか等間隔で刻むようにキスをしたり、激しくなっていくけどそこでも変な間を空けない、といったようにリズムを意識していきましょう。

キスをしていてもお互いに呼吸もしています。

ずっと口を塞がれているとお互いに息が苦しくなり、どこかで大きく息を吸わなくてはならなくなります。

そういったことが起こってしまうと白けてしまいます。

だから適度な呼吸をしながらキスをするのがリズム感の取れたキスの仕方です。

そのためにも等間隔だったり互いの呼吸に合わせてすることが必要になります。

音楽に例えると前奏、Aメロ、Bメロ、サビ、後奏といったような流れでキスをしていきます。

静かに始まり、メロで一気に盛り上がり、最後に静かに終わる、しかしリズムを乱さずに流れに乗っている。

そういう考えで、互いの呼吸を合わせてキスをしましょう。

最初から舌は入れない

いきなりキスで舌を入れるのは女性にとっても「え?」と思われてしまいます。

前戯もなくいきなり本番が始まるのと同じ行為です。

これは女性を雑に扱っているとも思われる行為なので順番を考えましょう。

女性は強引な方が好きに決まっている、という間違った考えからそういう行為になってしまうこともあるのですが、強引なのといきなり舌を入れるのは違います。

強引に攻めていったとしてもキスの段階を踏んでいくのです。

やさしく、ゆっくり、それから強引にという緩急の話です。

舌を入れるキスについて必要?と思う人もいるはずです。

舌を使うことで高揚感が得られるのは間違いありません。

ただしこれもやり方です。

いきなり入れられては準備段階ではないので、戸惑うばかりですが、少しずつ解きほぐしていってから徐々に舌を入れていくと興奮度が増してきます。

舌はお互いの意思でからませますが、ここでも呼吸を忘れるぐらい必死にやりすぎると酸欠になってしまいます。

だから舌を入れたとしても適度な間隔を保つことが大事になってきます。

舌を入れたことで興奮しすぎて、目先のことが見えなくなってしまうこともありますがあくまでも冷静さも保ちながら進めるようにしてください。

独りよがりの荒々しいキスになってしまうと相手は逆にどんどん冷めていってしまいます。

リズムカルに角度を変えてみる

キスの角度を変えるということも考えてください。

角度によって唇の当たる部分が変わって感触が違ってきます。

同じことばかりをしないのが上手なキスのコツなので角度を変えるということも大事です。

ただしあまり過剰に角度をつけすぎたりしてしまうと、かえって変なキスになってしまったり相手も戸惑ってしまうのでつける角度はほどよくしましょう。

優しく、とても大切なものの様に扱う


女性とは何か?ということをまず考えましょう。

考え方から始まり、体の骨格や触感は男性とは違います。

男性は征服欲や支配欲が強すぎて、性や愛に対しての考え方が女性と全く異なります。

やってしまえばこっちのもの、という男性も多いはずです。

それでは女性に嫌われてしまいます。

まずは意識を変えることが大事になってきます。

女性は男性に従う人ではありません。

対等の立場なのです。

力では相手は自分に敵わないから自分の方が上だ、といった傲慢な考え方は捨てましょう。

かよわいからこそ大事に扱う、自分が守ってあげるといった思いで女性に触れなければいけません。

考え方ひとつでキスの仕方もがらりと変わってきます。

唇以外にキスするのも◎

唇以外でのキスも効果的です。

毎回同じキスばかりではどうしていいのか分からなくなります。

そんな時は唇以外も攻めていきましょう。

頬、耳、首元、手の甲、指、それ以外は服を脱がさなくては無理ですが、違った場所にすることで更なる刺激を求めることができます。

キスしながら髪を撫でる

キスと同時に行う行為は何が良いでしょう?もちろん、抱きしめるのが一番効果的ですが、その他にも髪を撫でたりすることも良いです。

手のひらで毛先に向かって撫でたりすることも良いのですが、ロングヘアーとショートヘアーでそれも、難しくもなったりします。

だから指に絡ませたり、首筋からかきあげたりしたりと髪型からも工夫して触れたりしましょう。

髪を触れられることは女性にとって敏感に反応する部分でもあるので、相乗効果が期待されます。

頭ポンポンも効果的

頭を軽くポンポンするのも効果的だったりします。

頭を撫でられたり、ポンポンされるのは幼少期からある記憶で心地の良いものとして残っています。

だから大人になってもされることで安心感を与えられる行為でもあります。

安心感を与えながらのキスは女性にとっても嬉しいものです。

そして何より、好きの気持ちを込めてキスするのが大事!

キスをする上で一番大事なのが好きという愛情表現です。

これが欠如してしまうとただの挨拶程度のものにしかなりません。

そこまで深くする必要もないし、ぱっぱと済ませればいいという感覚ですね。

キスから伝わる感情というのものが確実にあります。

大事に丁寧にキスをされれば相手は自分のことを大事に思っているんだと感じます。

それが雑に数回キスをして済ましたり、いきなり舌を入れたりすれば「私は物か!」と思ったりします。

そういった心情はキスで分かりやすく伝わるのです。

好きという気持ちを言葉以外で表すことがキスなのです。

だからキスをする時には好きという感情を込めてしましょう。

「キス上手い!」と思われれば2人の仲はもっと深まる

恋人になって初めてのキスという時、失敗したくはないはずです。

しかし女性のことをしっかりと考えて、要点を押さえておけば盛り上がるキスをすることができます。

男性から見るとキスは意外と重要視されない行為ではありますが、女性からするととても大事な行為です。

キスされるだけで幸せという人もたくさんいます。

だからこそ、キスを真剣に考えなくてはなりません。

ありきたりなキスでは女性も満足しません。

変化や刺激を求めている部分があるので、緩急をつけたりリズム良く、キスをする部分を変えたりして違ったキスの演出をしましょう。

そこにシチュエーションがプラスされることでより一層興奮できるキスになります。

そんなキスにするためにも男性側が努力をして、相手の気持ちを考えて、愛情を込めてしましょう。

キスが上手いと思われるだけでも二人の仲はもっと深まりますし、愛情表現がしっかりとできていることにも繋がりますので信頼関係にも繋がります。

そしてたったの数回しただけで飽きて止めるのではなく、これを継続させていきましょう。

毎回キスをする時はマンネリ化するのではなく、じっくりと丁寧に優しく行いましょう。

もう自分のものになったからいいやと雑になるのが一番いけない考えですので、いつでも初めて行うキスというつもりでしましょう。

男性が努力をすると、女性もそれに応えるように自らも考えてキスをしてくる場合もあるので、お互いに高めて盛り上がりましょう。