キスとはどういう意味があるのでしょうか?唇と唇がくっつくのがキスですが、キスにもいろいろなやり方がありますし、状況もあります。

そんなシチュエーションだったり、場所、仕方で全くの別物になってしまうのが不思議な魅力でもあります。

Hをするための順番的な行為と思ってしまうとそれは違うので、キスについていろいろ紹介をしたいと思います。

恋人とのキスは特別!

キスをする相手はやはり好きな人でなければ心が動きません。

感情からくる接触は手を繋ぐだけでもどきどきしてしまいます。

そんなどきどきを一番感じるのはキスです。

好きな人だからこそ意味があるのです。

触覚の中でも唇は脳に感じる刺激の度合いが違います。

もちろん舌なども使うとより一層刺激が強まります。

だからキスをしただけで頭の中が真っ白になったりもします。

それが好きでもない相手だとどうでしょうか?きっとただの行為にしか過ぎないと思います。

外国でのあいさつ程度にしか感じないでしょう。

そこに感情というものがなければキスに何も感じないのです。

ただ唇が触れるだけの行為なのに相手が違うとこうまで感覚が変わってしまうのがキスです。

特に女性はキスが好き

女性はHの方が好きだろうと勘違いする人が多いと思います。

しかしそれは二の次です。

やはりキスが好きなのです。

それは愛されているということを分かりやすく感じる行為だからです。

相手の優しさや愛情を表現したものがキスに表れるのです。

もしも相手のことを不快に思ってキスをしたり、なんとなくではキスの仕方も違ってきますし、相手に伝わる感情も違います。

相思相愛のキスが一番気持ちよく、相手の愛情を感じることのできる最高のキスとも言えます。

女性は愛されたいのです。

だからキスが好きで、愛情をキスで表現しなくてはならないのです。

キスの上手さで好感度も上がる

愛情を計る行為でもあるキスですが、それはキスが上手ければうまいほど相手に対しての好感度も上がります。

キスが上手いということはそれだけ相手のことをよく分かっているということでもあります。

下手な人はそれが顕著に表れてしまいます。

愛情を相手に注ぐことを恐れて気持ちが萎縮してしまうとキスもどことなくぎこちなくなったりただの行為でしかなくなったりします。

女性を喜ばせるためにもキスは工夫して、考えてやるべきです。

キスの仕方が上手になると女性の扱い方も変わってきます。

どうしたら女性を喜ばすことができるのだろうか?もっとこうしたらこの人は嬉しいのではないか?

と相手を満足させることを考えてくるので、その分だけ女性に対する接し方が分かってくるのです。

キスは女性の扱い方を学ぶ上でも大事な行為であり、そこから分かることも非常に多いのです。

それだけではなく、上手なキスができていると相手もその人のことを認めて、愛情を同じ分だけ返してくれるでしょう。

女性に与えることをしないと自分の望むものは返ってはこないのです。

上手なキスの仕方

上手なキスができる人はモテるのもそうですが、女性にも好印象を持たれます。

しかしどのようにしたらいいのでしょうか?どんなキスが喜ばれるの?

キスは状況もそうですが、緩急だったり、目線だったり、仕草などでいろいろなパターンを演出することができます。

それも演出する本人次第ではありますが、その女性に合わせたものが必要となってきます。

女性によって荒々しいキスが好きな人もいれば、ソフトな感じ、抱きしめたり腕をからめてと違ってきます。

それは性感帯と同じで個人個人で違ってくるのです。

だから毎回同じようなキスをしていてもそれが正解かと言えばそうではありません。

相手に合わせたキスだったりその時の状況を大事にして見極めて行いましょう。

そこでこの人はこれが合うはずだ!と分かるようになれば、上手なキスができることは間違いありません。

相手を想う気持ちがまずは大切であり、そこから自分で探すことが必要になってきます。

1、唇へのキス

一般的にキスと言えば、唇にするものです。

ただし角度や強さなどいろいろ考えるところがあります。

真っ直ぐするか斜めに傾けてするか、強めにいくのか優しくいくのかなど変化を持たせることができます。

ただ唇にキスをするというのではなく、どのようにしようかと考えることも大事です。

相手がどのようにしたら喜んでくれるのだろうか?そういったことを念頭に置きながらするだけでも全然違ったものになっていくるのです。

そのためにも自分の唇を意識しなくてはなりません。

がさがさだったり、ひび割れてしまっていたら相手は満足のいくキスをしてもらえなかったと感じるかもしれません。

たかが唇ごときと軽く見ると女性にも嫌われてしまうので唇のケアも大事にしましょう。

乾燥してしまう季節ならリップクリームを塗る、もしもひび割れて血がでていたり、吹き出物がでてしまったらすぐに処置をするなどエチケットを気にしましょう。

そして最悪なのは口臭です。

ここがキスをする上でも最も気を付けなければならないエチケットかもしれません。

歯磨きをしてからとまではいきませんが、口臭のきつくなるようなものは抑えたり、ガムを噛んだり、フリスクなどを噛んで気を使いましょう。

今日はキスをしようと考えているのならそういったエチケットも含めて計画性のある行動を取るべきです。

焦らす事が基本

キスの仕方ですが、すぐにちゅっとしてしまうだけでは味気ない感じになってしまいます。

女性からしても「え?」と思うかもしれません。

じっくりとゆっくりとすることで相手も待ちきれなくなってしまったり、キスに対しての期待度が増していきます。

どうやったら焦らすことができるのでしょうか?それはキスをしそうであえてしないということを繰り返すことです。

お互いにキスをするんだという雰囲気にも係わらずにそこであえてしない。

しかし拒絶するのではなく、しそうな距離で軽く離すことで相手の不意を突きます。

その上で相手の目を見るとわざとやっているんだよというアピールにもなります。

そうすることで相手は焦らされ、それならこっちからやってやるわと言う気持ちになりキスをしてきます。

そういった駆け引きをすることでいつもと違うキスの演出をすることができますし、相手にも刺激になって違った一面を見ることもできます。

腕をまわして抱きしめる

体に触れることもキスをする上で大事なことです。

相手に触れないでキスをすることの方が逆に難しいかもしれません。

温もりをあたえながらキスをすることで相手の高揚感も高まり幸せな気持ちになるのです。

だから抱きしめるという行為は包み込み温もりを与えるという意味で理にかなっています。

そこで更にキスをすると相乗効果で気持ちが高まっていきます。

裸じゃないから温もりは伝わらないのではないか?と思うかもしれませんが、衣類を着ていても抱きしめるという行為はそれだけで温もりを感じます。

触覚の問題ではなく、心の問題なのです。

安心感を与えてからキスをするということになるので、シンプルですが好感度の高いキスの仕方です。

最初は軽く、徐々にハードに

緩急を付けるキスの仕方も時には大事です。

同じリズム、距離のキスは何とも平凡で楽しくもないキスになってしまいます。

そこでどのように緩急を付ければいいのでしょうか?入りは軽く唇に触れるだけの動作を何度かします。

それからだんだんに強くしていきますが、キスだけ強くしていくのではなく抱きしめる手にも力をいれましょう。

強く抱きしめることで相手の気持ちも高ぶってきますし、荒々しさもより一層増してきます。

気持ちが高ぶるということはそこから一気に畳み掛けることにも繋がります。

誰もがそうですが、いきなりエンジンを全開で回して発進することはできません。

徐々にギアを上げていくことで全開に持っていけるのです。

恥じらいというものが必ず初めにあるので、それを少しずつ脱がせる行為だと考えてください。

軽めに始まりギアを上げていくと、どんどん大胆になっても大丈夫なんだという認識になっていくのです。

全開になった状態になってしまうと、相手の知られざる一面を見ることができるかもしれません。

2、耳や首筋へのキス

唇だけがキスではありません。

女性にも感じやすい場所というのがあります。

それは首筋と耳です。

感覚が敏感な場所だけに唇で触れられるだけでぞくぞくっとしてしまいます。

それが性感帯の人もいます。

男性にも同じようなことがいえますが、そこを刺激されると興奮してしまいます。

性感帯と同じ場所を攻められると不思議な感覚になり平常心を保っていられなくなります。

中にはがくがくして震えてしまう人もいます。

しかし気を付けなくてはならないのは、その場所が性感帯ではない人もいます。

ただただくすぐったくて気持ち悪いという人も勿論います。

だからその場所を攻める時には相手の反応を見ることが大事です。

嫌がっているような様子だと早々に諦めましょう。

攻めることで甘い吐息を漏らすようならそこはつぼになっていると判断しましょう。

ただしそこばかりを攻めていると飽きられてしまいますので、適度なところで止めましょう。

あくまでも軽く済ませることがコツになります。

甘噛みや息を吹きかける

キス以外にも甘噛みという行為もあります。

これはどの場所を甘噛みするの?と思いますが、唇でもいいですし、耳でも良いです。

柔らかい部分をキスした後に甘噛みすると効果的です。

甘噛みの行為は野性的な部分を思わせるので相手にとっても効果的で興奮する行為になります。

しかし本当に噛んではだめです。