私たちが普段使っている日本語には様々な日本語が存在しており、意味が分かりやすいものもあれば、意味がわかりにくいような言葉もたくさん存在しています。

もしも日常的に読書をする習慣があるような方であれば、ある程度難しい言葉に関しても理解している可能性は高いのですが、普段から読書をしていない方や、難しい日本語についてあまり詳しくないような方などは分からない言葉がたくさんあると思います。

日本に生まれて日本語を子供の頃から使っているのにわからない日本語があるというのは考え方によっては少し頼りないと感じてしまうかもしれませんが、どうしてもすべての漢字を学校などで習うわけではないですし、全ての日本語を理解していないのは当然です。

難しい言葉などは大人になっても存在するのは当たり前ですし、たくさんの方が同様の環境にあるのです。

しかし、一般的に使用頻度が高いような言葉を知らないというのは恥ずかしい場面に遭遇してしまう可能性もあります。

なので、もしも知らない言葉があるのであれば、知れるように努力をする事が一番大切なのです。

もしもわからない言葉があれば、すぐに調べて理解する癖を身に付ける事で、知らない言葉を段々と少なくしていく事もできますし、知識を増やしていく事も可能なので、自分の成長を意識してどんどん知っていけるようしましょう。

そこで、今回は一般的に説明するのが難しいと言われている日本語であるおこがましいという言葉をテーマにして、正しい意味や正しい使い方についてご紹介していきたいと思います。

おこがましいという言葉を正しく適切に使えるようになると、グンッと自分の印象を良くすることが可能なので、この機会に身に付けておきましょう。

️口で説明するのが難しい言葉

あなたはおこがましいという言葉を日常的に、今自分がいる環境で使用していますか?
日常的に使用していると感じている方もいれば、そうでない方もいらっしゃるかと思います。

人によって個人差があるように感じる言葉遣いになるかもしれませんが、なぜならば一般的にはビジネスの場面において使われることの多い基本的な日本語として用いられているからです。

なので、社会人経験が豊富な方は使われることもあるし、実際に自分が使ったこともあるような言葉になると思うのですが、おこがましいという言葉は何となくの理解で使われている場合が多い言葉でもあります。

具体的に言うと、おこがましいという言葉を口で説明しなさいと言われると上手に説明をすることができないですが、適切な場面で言葉の選択はできているような状況ということです。

このような口で説明するのが難しい言葉というのはおこがましいという言葉以外にも様々な言葉が存在しています。

しかしながら、一人の社会人として考えると、自分が口にしている言葉の意味もわからないまま言葉にしているのは、知識が乏しく、責任感が希薄である可能性があります。

自分の口に出した言葉にはしっかりと責任を持てるようにするためには、正しく意味を知り、しっかりと適切な言葉であると確信をもって使用しなければいけません。

なので、正しい日本語の意味を知ったり、使い方を知るという事は自分自身のスキルを挙げるという事にも繋がりますし、自分の魅力を高める事にも繋がるという事を理解してください。

なんとなくの意味で使われてる言葉がたくさん


なんとなくの意味で使われている言葉はたくさんあるのですが、先ほども触れたように自分がよく意味を知らない状態で言葉を使ってしまうというのは、時によってはそれが命取りになってしまうこともあります。

なぜならば、言葉の意味を正しく把握していない状態で使うことによって、言葉を発した側と受け取った側の間に差異が生じる可能性も十分考えられます。

さらに、その時言葉を発した側が言葉の使い方を間違っていた場合は、場合によっては損害が生じるような事などもあります。

そのため、自分が使っている言葉に関しては正しく理解した状態で使う事が求められるのです。

だからこそ、先ほどお伝えしたように、言葉の意味を理解していない状態で言葉を用いるのは責任感が希薄な状態だと言われても仕方がないのです。

一人前の社会人として活躍をするのであれば、そのような事は極力無くしていく必要性がありますので、これから少しずつ時間をかけてなんとなくの意味で使っているような言葉は少なくしてきましょう。

️「おこがましい」を説明できる?

おこがましいという言葉は先ほど触れたように口に出して説明をする時に、難しいと感じてしまいやすい言葉になります。

おそらく日常的におこがましいという言葉を使っている方でも、意味を正しく理解して使っている方はとても少ないはずです。

ある程度理解しておけば、基本的には相手から突っ込まれることも少ないと思いますし、日常生活に支障が出るということはあまりないとは思うのですが、それでも正しく意味を理解しておいた方が必ず自分にとっては損はありません。

そこで、まずはおこがましいという言葉の基本的な意味などの解説から行っていきたいと思います。

おこがましいという言葉がどういう意味を持っているのか、そしてどのような使い方をするのか、実例をあげながらご紹介します。

「おこがましい」の意味


おこがましいという言葉の基本的な意味合いについてご紹介していきたいと思います。

おこがましいという言葉に関しては、一般的には相手に対して気遣いをするときに使うような言葉として知られています。

つまりは、相手の方が立場が上な状況で使われる言葉であると考えることができます。

なので、ビジネスのためにおいては自分よりも相手の方が立場が上の場合、目上の立場の人間に対して使うような言葉であると言われています。

おそらくこの点は誰もが想像つくと思うのですが、肝心なのは具体的な意味です。

この部分を間違って理解していると、恥ずかしい状況になりかねませんし、言葉の意味をよく理解している人からすれば不快な気持ちになってしまう可能性がありますので、まずは肝心な言葉の意味を理解してみましょう。

身の程知らず

おこがましいという言葉の基本的な意味合いを考えてみると、該当する意味合いとしては
「身の程知らず」というような意味が存在していると考えることが出来ます。

身の程知らずとは、その名前の通り自分の身の程をわきまえていないような様を表しているような言葉になります。

具体的にどういう意味なのか考えてみると、身の程知らずという言葉を使うのであれば、自分自身が身の程知らずなのを知って、相手に話そうとしている状況だといえます。

つまり、とても謙虚な姿勢を相手に対して示しているという印象を持つことが出来ます。

なので、自分を低く魅せて、相手を持ち上げるような言葉であると考えることが出来ます。

具体的に使う状況を想定してみると、相手に対して何かしらのお願いをしたりするような場面でよく用いたりするような言葉と理解してください。

なぜならば、相手に対して何かをお願いしたりするというのは、相手に対して何かを行ってもらうということになりますので、当然ながらこちらがお願いをする、そして下の立場になるという事が当たり前になるのです。

なので、おこがましいお願いなのですが…という風に文章の頭に付ける事により、謙虚な姿勢を示しながら、相手に対して話を通す事ができるようになるのです。

考えてみれば、一種の言葉の礼儀という感覚をもって頂くと分かりやすいかもしれませんね。

差し出がましい

おこがましいという言葉の基本的な意味合いを考えてみると「差し出がましい」というような言葉の意味も存在していると考えることが出来ます。

差し出がましいという言葉もなかなか口に出して理解したりするのが難しい言葉になると感じるかもしれませんが、意味を簡単に解釈するとすればで「しゃばるような、おせっかいなような」というような意味として考えていただければわかりやすいと思います。

つまり、文章の頭におこがましいという言葉をつけることによって、相手に対して(でしゃばるようなことかもしれませんが)というようなニュアンスを伝えることが出来るのです。

このような言葉を一言付け加える事によって、相手が受ける印象というものは大きく変化するようになります。

例えば、場合によってはこの一言がある、ないで大きな問題に発展する可能性があるないという事にも関わるほどです。

なので、良い丁寧な接客をしようと思ったり、ビジネスの場面においてより丁寧に相手に言葉を伝えたいと思うような場面では、おこがましいという言葉を使うことによってより丁寧な言葉に仕上げることが可能になるのです。

この部分をきちんと理解しておけば、間違った敬語を使う可能性はとても少なくなり、相手に好感を持ってもらえるような話し方を身に付けることができるようになるということです。

生意気

おこがましいという言葉の基本的な意味合いを考えてみると「生意気」というような言葉の意味も存在していると考えることが出来ます。

生意気という言葉は一般的に「自分の年齢や能力を考えず出過ぎた行動をすること」を意味している言葉です。

つまり、自分の年齢がまだまだ幼いのに、相手に対して出過ぎたような行動をしてしまうことを予め相手に伝えることによって、相手に対して気遣いをすることができる言葉なのです。

例えば、文章の頭におこがましいという言葉をつければ、(生意気なのですが…)というようなニュアンスを付加する事が出来るという事です。

このちょっとした一言で先ほども触れた通り全く相手に与える印象が変わってきますので、正しい言葉遣いをすれば相手に信頼できる人間だと思ってもらえるかもしれませんし、少なくともきちんとした日本語を使うことができる知識のある人間だという印象を与えることが出来るのです。

まさに自分に大きなメリットをもたらしてくれるような魅力がありますので、もしも知らなかった場合は、この機会に覚えておきましょう。

一見悪口のよう…

おこがましいという言葉を考えてみた場合、改めてその意味を理解してみようとすると、かなりネガティブな言葉な印象を受け取ることになると思います。

もしもこの言葉を相手に対してネガティブな意味で使ったと考えるのであれば、もはや暴言に近いレベルだと思います。

実際にドラマなどでのワンシーンで相手に対して「おこがましいぞ!」と相手に対して叱責したりするような場面はよく見かけると思います。

しかしながら、一般的にビジネスの世界で使う場合は、相手に対して使うような事はほとんどありませんので、誰に指し示す言葉なのかという事を勘違いしないようにしてください。

一般的には先ほどから触れているように、自分に対して使うような言葉として知られていますので、相手を傷つけるための使用用途などはありません。

使い方を間違って相手に使うような事は基本的にはないと思いますが、もしも相手に使った場合はビジネス上、信頼関係を無くすような大問題になるような結果となりますので、その点は注意をするようにしてください。

自分に対して使う言葉

おこがましいという言葉は一般的には相手に対して使う言葉ではなく自分に対して指した言葉であると触れました。

自分に対して指し示すように使うことによって、相手とのコミュニケーションを円滑に測っていくような効果を見込むことができるようになります。

特に相手が目上の人間であったり、それなりの立場を持ってるような人間に対してきちんとこの言葉を使うことによって、相手の気分を良くすることが可能になる魔法の言葉でもあります。

仕事ができるようなビジネスマンに関しては言葉の使い方なども当然正しく身に付けて、適切な場面で適切な言葉をチョイスする能力は最低限必ず身に付けているはずです。

それを踏まえて考えてみると、社会で活躍したいのであれば、必ず言葉遣いに関してはきっちりと理解しておく事が大切なので、使う状況なども正しく把握しておくようにしましょう。

そのためにもここからは具体的に使用する細かい状況などをご紹介していきたいと思いますので、今後使用しようと思っている方は正しい使用状況を頭に入れるきっかけとして利用してください。

謙虚な姿勢を見せたいとき

おこがましいという言葉を自分に対して使う状況を考えてみると、言葉を使う状況としては相手に対して「謙虚な姿勢を見せたいとき」が該当する状況だと判断することが出来ます。

これが最もおこがましいという言葉を使う一般的な状況として考えることができますが、基本的にビジネスの場面において相手と接する場合は自分が目下の立場になり相手が目上の立場になると考えた上で接するようにするはずです。

それを踏まえて考えてみると、ビジネスの場面全般的に、おこがましいという言葉を使用することができる状況だと判断することができます。

謙虚な姿勢を見せることによって相手に失礼のない態度をとることができるようになり、相手からしてみればきちんと礼儀をわきまえている素晴らしい人間だという印象を持ってもらえるようになります。

この印象が時にはビジネスの場面で大きな結果を左右する大切な要素になる可能性があります。

なぜならば、相手に対して良い印象与えた場合は、ビジネスにおいて有利になるような結果を見込む可能性が高まりますし、悪い印象を与えてしまった場合はビジネスが失敗になってしまう可能性も十分考えられます。

なので、ビジネスを成功させるために必要不可欠なスキルであり、大切な存在であると考えることが出来ます。

普段から正しい礼儀ある言葉を身につけておくことによって、目の前のチャンスを生かすことができるようになりますので、自分のスキルを上げるという意味でも適切な使用状況は理解しておきましょう。

最初に申し訳なさを表現するとき

おこがましいという言葉を自分に対して使う状況を考えてみると、相手に対して「最初に申し訳なさを表現するとき」が該当する状況だと判断することが出来ます。

これが当てはまる状況としては、例えば自分が相手に対して何かしらのお願いをしたりするような場面、もしくは礼儀知らずだと捉えかねないような行動や言動をする前に気遣いをするために用いる場面が考えられます。

具体的には、相手に面倒かけるようなお願いをしたりするような場合であったり、相手に対して失礼だと捉えられるような言葉を使う前に枕言葉にして、おこがましいという言葉を使用するという事です。

例えば、「おこがましいのですが、~していただけないでしょうか?」や「おこがましいのですが、私どもには出来かねます」などの例文を想像することが出来ます。

もしもこのような例文におこがましいという言葉がつかなかった状況を想定してみると、相手に対してお願いをするとなるとまるで自分たちの方が相手よりも立場が上だと示しているようになりますし、相手の要求を拒否するということは相手に対して失礼な態度だと認識されかねません。

しかし、いずれにしても頭におこがましいという言葉が付いていれば自然と相手は納得してくれる可能性が高まります。

なので、言い換えてみれば自分たちを守るためにもこのような言葉を使っていると捉えることが出来、相手に自分たちの気持ちを理解してもらうためにより工夫された言葉遣いであると理解することが出来ます。

️おこがましいの語源

おこがましいという言葉を考えた時に、どのようにしておこがましいという言葉が生まれたのかということが気になる方もいると思います。

世の中に存在している日本語に関してます全て成り立ちがあります。

なので、ここからはおこがましいという言葉がなぜ生まれたのか、その語源についてご紹介していきたいと思いますので、一つの知識として身に付けてください。

名詞の「おこ(をこ)」

おこがましいという言葉の語源を考えた時に、おこがましいという言葉が生まれたきっかけは昔の言葉である「おこ」が由来していると考えられています。

このおこという言葉が派生して現在の形になったと言われています。

なので、この「おこ」という言葉がどのような意味を持っているのか簡単にご紹介していきます。

馬鹿げていること

「おこ」という言葉の意味としては「馬鹿げていること」という意味が存在しています。

この言葉に関してはかなり昔から使われている言葉であると言われています。

なので、「おこ」自体の成り立ちなどに関してはまだまだ不明だと言われていますが、このおこから派生して、現在のおこがましいという言葉になったと言われています。

馬鹿げていることを表す言葉が、馬鹿馬鹿しいという言葉に転じて、それから生まれていると解釈されていますので、根本的な意味合いなども似ている言葉だと容易に判断することが出来ます。

愚かな様子

「おこ」という言葉のもう一つの意味としては「愚かな様子」という意味が存在しています。

この言葉に関しても同様に、かなり昔から使用されていた言葉になりますので、語源などは不明とされていますが、先ほどの馬鹿馬鹿しいという意味と同様に意味がかなり似ている言葉であると判断することが出来ます。

なぜならば、おこがましいという言葉自体が生意気という意味を持っていますので、愚かな様子とほぼ同様の意味として解釈できるのが、まさに一つの証拠であると判断することが出来ます。

️おこがましいの使い方

おこがましいという言葉の基本的な知識を身につけていただいたところで、ここからはおこがましいという言葉の正しい使い方を例文を交えてご紹介していきたいと思います。

おこがましいという言葉の意味を正しく理解していたとしても、間違った使い方や使い道をしていると相手に対して失礼な言動になる可能性もありますし、信頼をなくしてしまったり、言葉も正しく使えない人間だと判断されてしまう可能性があります。

それを無くすためにも、例文を交えて一般的な使い方を正しく理解するようにしましょう。

「おこがましいお願いなのですが…」

まずはじめにご紹介するおこがましいという言葉の使い方を表した例文は「おこがましいお願いなのですが…」です。

この例文の意味をまず考えていくと、この例文の意味は「(身の程知らず・差し出がましい・生意気)なお願いなのですが…」という意味になり、使われる状況としては、ビジネスの場面などにおいて相手に対して何かをお願いしたりするような状況であると考えることができます。

具体的には、ビジネスの場面において何かの取引をする時に、自分の会社にとって都合が良いようなお願いを相手にしてもらったりするときに使われたり、単純に相手に対して何かのお願いをしたりする時に自分が立場が下の場合であれば用いるといった使い方が予想されます。

一般的には相手にお願いをするということは相手に負担をかけてしまったり、余計な行動をしてもらわなければいけない場面に値しますので、難しいことを考えずに相手に対して何かのお願いをしたりするときには枕言葉におこがましいという言葉をつけると間違った使い方は基本的にならないと思います。

逆に言えば、きちんとおこがましいという言葉をつけておかなければ、相手からしてみれば自分の都合ばかりを考えている自己中心的な人間だと判断されてしまいかねませんので、必ず自分と相手の立場を考慮している証として、頭にこの言葉を使うように注意してください。

「私が言うのもおこがましいけど…」

次にご紹介するおこがましいという言葉の使い方を表した例文は「私が言うのもおこがましいけど…」です。

この例文の意味をまず考えていくと、この例文の意味は「私が言うのも生意気ですが」というような前置きをしている言葉だと考えることが出来ます。

なぜ前置としてこのような言葉を使っているのかと考えた時に、この言葉を前置きとして使うことによって、相手に対してなるべく失礼がないように心がけていると感じさせることができるのです。

いきなり相手が自分に対して批判的な意見を述べてきた場合、言葉を受け取る側としては相手に対して不信感を持ったり、礼儀を感じさせないような印象を受けてしまいますよね。

そうなってしまった場合、人によっては関わりを持ちたくないと思って避けられてしまったり、場合によっては激怒させてしまったりするような状況になりかねません。

なので、予め言葉の前置きをしておかないと相手が勘違いした印象を持ってしまうと察した場合におこがましいという言葉をつけなければいけない状況になると考えることができます。

一般的な使用状況としては相手に対して何らかの意見を物申したり、相手の行動や言動
を否定するような場面において特に使用されがちな性質を持っていますので、使用状況を見極めて、前置きする必要性のある言葉として正しく使うようにしてください。

「おこがましいことをしてしまいました」

次にご紹介するおこがましいという言葉の使い方を表した例文は「おこがましいことをしてしまいました」です。

この例文の意味をまず考えていくと、この例文の意味は「生意気なことをしてしまいました」というような意味として解釈することが出来ます。

この例文を使うような状況を考えてみると、相手に対して失礼だと捉えられるような言動や行動をこちらがしてしまった後に付け加えるような補助的な使い方をする場面が想定できます。

例えば、一般的に考えて自分が取った行動や言動が相手に対して生意気だと捉えられるような内容だったり、自分の身分をわかっていないような差し出がましいような行為だと感じた場合は、このような言葉を用いて、相手にこちらの意図を伝える事で勘違いを防いでくれるような効果を期待することが出来ます。

きちんとこのような言葉を相手に対して使うようにする事で、相手と良い関係性を築くことが出来るようになります。

逆に、一言添えるのを忘れていた場合は、人によっては勘違いしたままの関係性となってしまい、悪印象を与えてしまったままになる可能性がありますので、自分が行った行動や言動客観的に判断することができるように常に意識する癖を身に付けておきましょう。

「あいつはおこがましい奴だ」

次にご紹介するおこがましいという言葉の使い方を表した例文は「あいつはおこがましい奴だ」です。

この例文の意味をまず考えていくと、この例文の意味は「あいつは生意気な奴だ」というような意味として解釈することが出来ます。

これは、これまでご紹介していきた例文と決定的に違うポイントが存在しており、この例文に関してはおこがましいという言葉を自分ではなく、相手に対して向けている例文になります。

なので、一般的にビジネスの場面で使われるような例文ではないのですが、プライベートなので自分がいけ好かないと感じている人間に対して使うような例文になります。

相手が自分に対してしてきた行為や言動などが自分にとって腹立たしいものであった場合に、使うような状況を考えることが出来、憎しみや怒りの感情を表す時に使用される場合が多いです。

ネガティブな印象の言葉でもありますので、あまり使用するのはおすすめはできませんが、自分の気持ちを表現する時の一つの方法でもありますので、使い方の一つとして理解をしておくようにしてください。

「おこがましい発言をしてしまい申し訳ありません」

次にご紹介するおこがましいという言葉の使い方を表した例文は「おこがましい発言をしてしまい申し訳ありません」です。

この例文の意味を考えていくと、この例文の意味は「生意気な発言をしてしまい申し訳ありません」というような意味として解釈することが出来ます。

この例文を使用する状況を考えてみると、自分が相手に対して失礼だと捉えられるような言動を行ってしまった状況を想定する事が出来ます。

つまり、相手に対して失礼な印象をなくすために後から付け加える補助的な役割を持った例文であると考えることが出来るのです。

日常生活を送っていると、どうしてもボタンの掛け違いのようなことはよく存在してしまいがちです。

大切なのはそのような言動や行動を取ってしまった後にすぐさま相手に対して訂正をしたり、誠実さを示すことが出来るかどうかです。

きちんと相手の立場に立って物事の印象を客観的に感じる事が出来る人間ほど、このような正しい言葉遣いが出来る可能性が高いので、相手の印象を常に想像しながら、必要な場合はこの言葉を付け加えるようにしてみてください。

️おこがましいを正しく使って謙虚さを表そう

おこがましいという言葉は一見すると説明するのが難しかったりする難解な言葉ではありますが、今回ご紹介した内容を踏まえて考えてみればある程度正しい知識を身につけることができたと思います。

間違った言葉を間違ったまま使ってしまうのが一番怖いのですが、逆に少ししか知らない状態で使ってしまうのも間違いを誘発してしまう可能性もありますので、危険です。

正しく使い、謙虚さをしっかりと相手に対して示す事が出来れば、言葉の持っている力を最大限発揮することが出来るようになります。

言葉の持っている力はとても強力なので、正しく身につける事でとても大きな力となってくれます。

なので、これまでに知らなかった言葉の知識が存在していれば、これをきっかけに正しい知識を身に付けるようにしてみてください。

きっとあなたにとって様々な場面でプラスの効果をもたらしてくれるはずですよ。