今は仕事でもインターネットやパソコンといったものを使うことが非常に多くなり、機械の苦手な人にとっては頭の痛い時代にもなっているように感じられます。

そんな中で注目されているのがミレニアル世代と呼ばれる若者たちです。

彼らは生まれた時からネットがあり、機械に囲まれた環境に育ってきました。

少し前の世代であれば子供たちは公園で遊び野球やサッカーなどを楽しんだりと外で遊ぶことのほうが多く、身体を使った遊びなどを楽しんでいましたが、ミレニアル世代の若者は幼少時代からゲームであったりパソコンであったりと機械と向き合う時間が長く、個性的な性格をもつ人が増えてきたようにも感じます。

ここで問題になってくるのがその前の世代との確執になってきます。

仕事をする上では世代ごとに色々な文化があり、そういった社会の決まりなどを大切にしてきましたが、今は昔ほどそういった考えは持たれてはいません。

過ごしてきた環境が違ってしまえば、考え方が変わってくることも当り前の話ですよね。

ミレニアル世代の人が次々と企業に入るようになり、会社の様子も様変わりしてきました。

以前であれば先輩の言うことは絶対に聞かなければいけない・仕事は目で見て盗めなどといったことが当たり前のように行われてきましたが、今の若者にそんなことを言っても通用はしません。

この事によって会社の上司などもミレニアル世代の若者とどう接していけば良いのか悩んでる方も増えていると思います。

彼らの主張が自分たちの頃よりも食い違っていて扱いづらいと感じている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回のテーマですが「ミレニアル世代との上手な付き合い方」の注意点や彼らの特徴について見ていきたいと思います。

彼らがどのようなことを考えているのかが分かれば対応の仕方も自ずと見えてきますし、付き合い方も対策が練れますよね。

これからの時代を担う大事な若者たちですが、きちんと対応してあげなければ実力を引き出すことなど出来ません。

会社の為にも自分の為にも彼らの本当の実力を導き出すということは必要になってくるはずです。

その為にはどのような特徴を持っているのか知ることも大切になってきます。

ミレニアル世代との付き合いは今後もずっと続いていくのですからどういったことを考えているのか理解するようにして下さい。

それでは最初にミレニアル世代とはどのような若者たちを指すのかについてお話します。

️ミレニアル世代って?

ミレニアル世代ですが米国で1980年代から2000年の始めまでに産まれてきた若者の事を指しています。

この時期には地球温暖化の問題や金融危機など様々な事が起きています。

この事によって以前とは違った価値観を持つ若者が増えるようになり、現在の社会にも色々な影響を及ぼすことになりました。

2030年代にはこのミレニアル世代の全てが40歳という年齢を迎えることになり、これらの人たちが社会の中心となることから注目されています。

彼らの実力をいかに引き出すということが社会的にも大切になってきますし、この世代の若者たちが新たな社会のしくみを作っていくことにも期待が大きくなっています。

アメリカの若者を指す言葉から


元々ミレニアル世代という言葉はアメリカの若者を指す言葉から始まりました。

インターネットという今では欠かすことのできない情報網が普及し始めた最初の世代になり、それまでの人との繋がりとは別の考えや価値観を持つ若者が増えるようになり、今までの世代とは違った考えをもつ事が特徴となっています。

それではこの世代の若者はどのような特徴を持っているのか見ていきましょう。

どういった価値観や考え方をしているのかがわかれば、対応の仕方も違ってきます。

まずは若者たちの考えということを理解することで付き合い方も何かしら見えてくるはずですのでしっかりと把握するようにして下さい。

それではこの若者たちの特徴を一つ一つ見ていくことにしましょう。

️ミレニアル世代の10個の特徴

ミレニアル世代は幼少の頃から様々な世界の情勢を見てきています。

そしてインターネットの普及によってこれまでの生活とは違う世界観が生まれてきました。

それまでの生活では情報な主にテレビやラジオといったものが主流になっていて、集められる情報というものもごく限られたものであり、どのようなことが世界で起っているのかわからないといった状態です。

インターネットの発明はこういった生活を一変させてしまい、いつでも世界の動きなどがわかるように時代は変わっていき、まさにこういった時代に産まれてきた若者がミレニアル世代なのです。

彼らの環境は始めからたくさんの情報などに囲まれるという状態ですので、他の世代とは違った感覚を持つことになります。

それでは一つ目の特徴になります。

機械慣れしている


ミレニアル世代の特徴として自分の周りには常に機械に囲まれるといった状況でした。

それはゲームやパソコンなど様々なものがあり、この世代は機械に慣れているという事が言えます。

それ以前の世代では外で遊んだりすることが普通でしたがミレニアル世代となってからは遊びと言えばゲームというものが多くなり、自然に機械に対する慣れというものが出来上がってきたと言えます。

今の社会においてパソコンなどを使用することは当たり前になっていますよね。

企画書などはソフトを使用して作成することが当然の時代になり、会議などはスカイプなどを利用したテレビ会議というように時代も様変わりしました。

ミレニアル世代はこういった事には全く抵抗はありません。

他の世代が機械に弱いと言われる中でこの世代の若者は機械という苦手意識が全くないために、パソコンなども器用に使いこなしますし苦手な世代にとってはかなり頼もしく思えるのではないでしょうか?

色々な情報をネット上から集めることも得意であるミレニアル世代の若者たちは新しいソフトなども上手に使いこなしていきます。

これは横の繋がりを大事にしていくために情報が集まりやすいという事にも関係します。

この世代の若者はスマホであろうとタブレッドやパソコンでも全てにおいて上手に利用することができるという特徴をもっているのです。

これは他の世代であれば考えられないことなのではないでしょうか?今から約20年前の1990年代のパソコンの平均的な価格は24万円ほどになっています。

かなり高価な買い物になってしまうために家庭にパソコンがある家もあまり多くはありませんでした。

それが2000年をすぎてからは大量に生産することも可能になり、2007年の平均価格は12万円ほどにまで下がり、一般の家庭でもパソコンを所有する家がかなり増えてきたとも言えます。

他の世代はこの頃になってやっとパソコンというものに触れる機会ができるのですが、ミレニアル世代は子供の頃から触れられる環境にあります。

機械に強いというのも納得できますよね。

スマホなど機器の所持率が高い

この世代の若者は常にスマホや携帯といったものを日頃から使っています。

若者であれば友人とのやり取りなどでLINEであったりTwitterなどを使いますよね。

こういった事は楽しみながら機械の操作も覚えていき共通の話題をもった友人や知人と知り合うのにも最適にもなってきます。

他の世代でもスマホを持っている人はたくさんいると思いますが、一定のものしか使わなかったりとスマホを使いこなせてはいないのが現実ではないでしょうか?アプリの登録の仕方やソフトの使い方などを比較してみてもミレニアル世代の知識とは雲泥の差が出てきます。

スマホという便利なアイテムを完璧に使いこなしていくのはかなり大変なことになってきます。

色々とわからないことも出てくるでしょうし、何よりも操作を覚えるのが面倒くさいという人もいますよ。

スマホは持っていても家族とのLINEしか使わないといった方もいると思いますが、こういった人はやはりスマホの機能を使いこなせてはいないのだと感じます。

無料のアプリをダウンロードすることによってスケジュール管理やダイエットに関するものなど、様々な楽しいものがありますが、他の世代の方は便利なソフトをあることさえわからなかったという人もいらっしゃいます。

それに比べるとミレニアル世代はソフトなどをかなり活用します。

スケジュールから家計簿なども使いますし、ゲームや音楽なども利用します。

常に機械と戯れることにより機械に対する知識も高まっていきますし、苦手とする考えもなくなってきます。

このような機械に対する考え方もミレニアル世代は独自のものがあり、他の世代では到底考えだすことのできないことも簡単に思いつくという結果にもなってくるのです。

またミレニアル世代の特徴ですが横の繋がりを大事にしていきます。

SNSを活用している

スマホの普及により今ではコミュニケーションをとる場所はリアルのものからインターネットを利用したものとかなり幅が広がってきました。

この中でもSNSというものを使えば世界中の人たちと話すことなども出来てしまいます。

TwitterもそうですしFacebookもミレニアル世代は活用しています。

最近はインスタグラムなどを始める人も多くなってきて、まさに一日中が誰かと繋がっている状態です。

こういった環境にありながらも面倒とは思わずに対処していくのですから、この世代の若者は凄い感覚を持っているとも言えますよね。

他の世代であれば何か一つであれば出来るかもしれませんが、3つも4つもやり続けるのは少し躊躇いも出てくるはずです。

そして他の世代ですとこういったSNSの利用もあまり長くは続きかない傾向があります。

もともとがリアルでのコミュニケーションを得意とするのでインターネットのような顔の見えないやり取りが苦手とも言えます。

やってみると楽しさは感じるけど毎日はやらないでしょうし、同時にいくつのもSNSもしないという方が多いと言えますが、ミレニアル世代はそういう感覚も持ち合わせていません。

TwitterであれLINEであれやることが普通になっているので、抵抗感というものがないのです。

その中で共通の話題をもつ知り合いが出来ればどんどん横の繋がりも広がってきます。

そうしていくうちに自分独自のネットワークを持つことにもなり、色々な情報を瞬時に解決できる状態になっていくのです。

これは他の世代では真似することが難しいと言えるのではないでしょうか。

スマホやインターネットに少しでも抵抗感があれば実現することは不可能ですし、毎日SNSをやり続けることも無理に感じてしまいますよね。

そういった難しいと思われることを簡単にこなしてしまうのがミレニアル世代なのです。

個人主義

ミレニアル世代より以前の人は会社であれば団結といった集団主義に重点を置く方が多いのではないでしょうか。

どんな仕事も誰かがいなければ成立しないといった考えであり、個人主義というものはあまり持っていないことが普通になるはずです。

一方ミレニアル世代はそういった集団主義という考えは持っていません。

仕事でも自分の割り当てが終わってしまえば他の人の仕事が残っていても退社しますし、割とクールな考えをもっていますよね。

日本人の特徴でもある集団主義ですが、誰かが残業などをしていた場合には仕事が早く終わった人は手伝うといった暗黙の了解のようなルールがあります。

これによって集団で助け合いながら仕事を進めていくという考えが広まっていったのですが、ミレニアル世代の場合はこの考えに馴染めません。

あくまでも自分は個人であり自分の仕事が終わればプライベートの時間へと切り替えてしまう人が多くいると感じられます。

仲間意識は強い

先ほど個人主義が多いとお話しましたが仲間意識というものはミレニアル世代は強いという矛盾点も特徴になってきます。

どのような事に対しても自分の考えなどを大切にするのかと思いますが、実はそうでもないことがわかります。

自分と共通の考え方をもっている人たちとの繋がりというものを大切にすることにより、自分なりのネットワークを構築していくのです。

この仲間意識ですが会社という単体でのものは指していません。

あくまでもプライベートの問題になり仕事上で仲間意識を持つという人は非常に稀な存在になってきます。

そして彼らの求める仲間というものはSNSでの繋がりを指しています。

SNS等でのつながりを求める

SNSの特徴ですが、自分の趣味や好きなことをアピールしていくことによって同じような考えの人の集まりが出来てきます。

当然のことになってきますが、誰かと話をしていても共通の話題であれば話をしていても楽しいと感じますよね。

ミレニアル世代はこういった仲間を増やしていくことが得意であると言えます。

この仲間意識ですが非常に強力な力も持っていて、仲間の一人に問題などが発生した場合でも個々のネットワークを使いすぐに問題を解決してしまいます。

こういったことがミレニアル世代ではとても頼もしいと考えるようになり、SNSなどの繋がりを大事にしていくのです。

ボランティアに積極的

ここまでの内容で違和感を感じるかもしれませんがミレニアル世代の人はボランティアにも積極的に参加します。

これは意外に思った人もかなりいるのではないでしょうか?ですがこういったボランティアへ参加する理由もそれなりに存在します。

先ほどミレニアル世代は個人主義であり集団主義のような考えが持ち合わせていないと説明しました。

ボランティアは集団で行動することですが、ミレニアル世代の考え方は自分の考えに合っているかどうかを大事にします。

これは集団で行動することが目的になっているのではなく、あくまでも自分と同じ考えを持っている団体であればその活動に参加しようというものです。

普通であれば誰かの役に立ちたいからボランティア活動をするといったことになりますが、ミレニアル世代の場合はボランティア団体の考えている「この部分」に共感したから参加するということになります。

この部分が他の世代との違いになってくることは間違いなさそうです。

一見すれば自分勝手に思える行動ですが自分という人間を考えた場合、大切なことは何かということを考えていますよね。

いずれの行動も自分の考えという共通点が出てくるように、自分というものをとても大切にしているのがこの世代の特徴となってくるのです。

お金を使わない

ミレニアル世代の大きな特徴とも言えるのがお金を使わないことです。

最近では車に関して興味があるという若者がかなり少なくなってきました。

車って年間の維持費であったり駐車場代など考えるとかなりのお金がかかってきますよね。

こういったお金を使うことをもったいないと考えるのがこの世代の人たちになります。

時計なども高価なものは望みません。

他の世代は腕時計などは自分をアピールする大切なものでありブランド品などを求める人が多くいましたが、ミレニアル世代の考えではスマホに表示される時計で十分になるのです。

自分をアピールするのは自分自身であり物にはあまり頼るといった考えにはなりません、こういった行動がお金を使わないということになってきます。

また、アルコールやタバコへの考えも他の世代とは違いが出てきます。

ひと昔前であれば会社の帰りにどこかでお酒を飲むということも当たり前でしたが、今の若者はお酒を好んで飲むようなことはしません。

それはタバコにも言えることで、健康にも悪くてお金もかかるようなものを毎日吸う行為が信じられないという考えを持っています。

このようにミレニアル世代は今までの意識とは全くちがった考えをもつ若者になっており、これまでは当たり前のように使われていたお金の流通がなくなってきていると言えます。

この考えはこうしたものにとどまらず普段のファッションなどにも影響が出ています。

ブランドに興味がない

日本がバブル時代と呼ばれていた頃、多くの若者はブランド品に夢中で何かしら高価な服を持つことが自分のステータスになっていた時代がありました。

価格も高価なものばかりになり街中がブランドを好む若者だらけでもあり、お金に対する意識が低い時代だったかもしれません。

今の若者の考えは高い洋服などは必要とせず、安いものに自分のお気に入りのアイテムなどを組み合わせるようなものに価値を感じています。

他の世代であればブランドというものに対して何かしらの興味を感じる人が多いと思いますし、ミレニアル世代の考えることも理解は出来ますが全く興味がないということが信じられないようです。

この辺りの特徴も最終的には自分の考えを大事にすることに繋がってきます。

服の価値は値段で決まるものではないという考えを実行しており、個人の価値というものは中身で決まるものだということを大切にしていると言えます。

買い物は通販で

この世代の若者は買い物をするときには通販を利用することが非常に多くなっています。

これはいちいち店舗にいくということを考えると時間を効率よく使えないということにも繋がってきます。

この世代はとにかく効率を求めるようになってきます。

通販を利用するというのも時間的なものを考えた上での行動です。

自分の求めるものが店舗にいってなかった場合は、それだけのために要した時間も交通費も無駄になってしまいます。

一方で通販であれば色々なショップを見てまわる事が出来て効率的ですよね。

何店舗かスマホで検索していけばどれか一つ気に入るようなものが見つかるわけですので効率を考えた場合、こちらの方が圧倒的に有利となってきます。

またSNSを利用すれば誰かしらの情報が得られることもあり、実店舗よりもサイト情報のやり取りが多くなります。

これらのことも関係してきて通販での買い物が主流になってくると言えるでしょう。

転職を考える

この世代の特徴として会社に入っても自分に成長がないと感じた場合は転職を考えることが特徴になっています。

今までの世代の会社への考え方というものは企業に務めたら会社にしがみついてでも働くといったスタイルが主流でしたが、今の時代ではそのような考えは合いません。

自分にとって成長できるかということの方が大切なことになってきます。

ミレニアル世代は会社へ忠誠心のようなものまで考えませんのでいつでも転職をするという考えになっています。

これも極論を言えば効率的な思考の表れだと言えますよね。

会社に嫌々出社して給料を貰い、色々なストレスを常に抱えながらの生活と、自分が成長できる場所で自由に働くとでは時間の使い方も全く違ってきます。

嫌なことをしている時は時間の流れも遅く感じていしまい、効率も悪くなっていますよね。

一方で好きなことをしている時は時間の進みも作業の効率も全くスピードが違ってきます。

ミレニアル世代の考えでいけば同じ時間を使って作業効率が良いものを選ぶ仕事であれば自分の成長へも繋がるはずだということを考えるのです。

ですから会社へ入社したとしても効率の悪い場所だと感じたら転職をしていきます。

今の時代は仕事を探すこともネットで簡単でもありますから、転職に対しての不安もあまりでてきません。

こういった考えをもつミレニアル世代だからこそ、新しい時代には何か大きなビジネス展開が期待できるのかもしれませんね。

仕事では自分を成長させたい

この世代の若者は常に仕事で自分の成長というものを考えています。

自分が将来的に役に立つことであれば興味を示しますが、一つの作業の連続であったり自分にとって利益のないようなものであればすぐび辞めることを考えます。

ここにも効率という考えが生かされてくるのですが、どのような場合においても無駄のないような仕組みを望んでいるのです。

今の職場に魅力を感じなけれなすぐに転職への行動も起こしますし会社にしがみつくような考えもありません。

今までの世代とはこういった割り切りの考え方が決定的に違ってきます。

それでは、このような効率を求める若者とうまく付き合うにはどのような点に注意すればいいのかをお話していきたいと思います。

️大人がミレニアル世代とうまく付き合うには

ミレニアル世代という若者がどのような考えのもとに行動しているのか、特徴をご覧になった方であれば重視しているのは効率というキーワードがでてくることがわかりました。

その他の世代では効率も求める人もいますし、集団主義を大事にする人もいますので考え方というのは一概に同じではありません。

お酒やタバコ・車といったものにも興味がありませんので共通の話題を見つけることにも苦労すると思います。

そういったことがミレニアル世代を扱いづらいという考えに思えてしまい敬遠するようになっているのではないでしょうか?

次からはそのような若者にはこういった行動をすれば良いということをお話していきます。

偏見や固定概念を捨てる

まず最初にやらなければいけないことがあります。

「これだから今の若者は・・・」こういった思ったことはありませんか?

自分の時代と比べてみるとミレニアル世代というのはかなり違った環境で育ってきています。

自分自身がこの時代に産まれてきたとすれば同じような行動をとるはずです。

ですから、ミレニアル世代の若者に対する偏見や固定概念といったものは捨てるようにして下さい。

これがあれば次からの行動も意味をなしません。

若者の心を掴むことも出来ませんし、仕事で良い関係になることもないでしょう。

彼らは転職というものに怖さなどは感じていないために自分が成長できなければすぐに会社を辞めます。

会社としては人を育てていかなければ存続することが難しいですし利益にも大きく影響してきますよね。

若者たちと上手に付き合っていくことで会社の運命も変わってくることを忘れないようにして下さい。

指示を明確に出す

ミレニアル世代に多いのが、以前のように仕事を見て覚えるということをしないことです。

少しイライラとしてしまうかもしれませんが効率を求める彼らはどのような事に対してもマニュアルというものを求めてきます。

彼らにとってマニュアルは仕事をより効率よく進めるためのものであり、失敗しながら覚えるといった考えはありません。

まずはマニュアルというものを作成し、若者たちが自ら仕事をする環境を整えていくことが大切になってきます。

そして指示を出す時ですが、曖昧なものは若者の混乱を招きますので明確な指示を出すようにして下さい。

自分で考えればわかりそうなものでも細かく出してやることでミレニアル世代の若者たちは自分が行動する順序というものを頭で考えていきます。

彼らのいう効率とは頭で考えた行動を実行することで、自分で経験しながら覚えることではないということを理解して下さい。

褒めて伸ばす

今の若者は叱られるということに対して嫌悪感を招く結果になりますので注意が必要になります。

何度も言いますが仕事にも効率を求める彼らですので、叱って同じ作業をやらせるなどの行為は無駄と考えるようになってきます。

時には本当に叱ることも大事ですが、まずは褒めるということを考えるようにして下さい。

ミレニアル世代は自分の行動を褒められれば自然に次の効率の良さを考えだしていきます。

以前であれば叱られたことが悔しくてそれをバネにして成長するなどといった考えでしたが、そういった考えも改めていくようにしなければいけません。

褒めるということはお互いに気分が良いですし、ミレニアル世代の若者たちも仕事の順序さえ自分で考えるようになれば大きな戦力にも変わってきます。

昔とやり方が違ってくるのは時代の流れだと思うようにして、若い世代の考えを尊重していくことも必要です。

彼らの考えを受け入れなければ若者もこちらの考えを受け入れようとしません。

彼らの場合、SNSのような自分と共通の人間には興味を示しますが仕事関係の人間には心開きにくい状態ですので、こちらから歩み寄っていくことが必要になってきます。

ミレニアル世代の話に関心を持つ

この世代の若者はスマホを中心とした情報の収集は非常に得意としています。

ミレニアル世代の考えなどにも関心を示すことで心を開いてくれるきっかけとして下さい。

彼らの場合は全ての基準を効率という事で割り切ってしまう所があります。

自分の考えをわかってもらえないようであれば、いくら話をしたところで無駄な時間が発生すると感じますので、共感するということも大事なのです。

こういった事を繰り返していけばこの世代の若者も段々と会社の考えであったり上司の言う言葉も受け入れるようになるでしょう。

始めからこちら側の人間にしようと思えば必ず反感を買う事になってしまうので注意して下さい。

面倒なことかもしれませんがミレニアル世代というのは自分を大事にする若者たちです。

いきなり組織というような考えを聞かせたところで何の反応も示さないでしょうし、受け入れることはしません。

自分の考えを受け入れてもらうには彼らの話に関心を持つことが一番の近道になるのです。

️ミレニアル世代の若者と良い関係を築こう

これからの将来を考えていくとミレニアル世代と呼ばれる若者たちは今後の未来の鍵になってくることが予想されますよね。

それ以前の世代の考えも確かに納得できることがたくさんありますが、今の時代の変化には追いつけてはいないのが現状ではないでしょうか。

これからも時代は様々なことで変わっていきます。

AIという人工知能も当たり前のように組織の中へ組み込まれるようになってくるでしょうし、機械化ということはどのような分野においても避けられない現実になっています。

そのような時代になった時に一番頼りになってくる存在がミレニアル世代の若者たちなのです。

彼らは機械というものに抵抗を感じない分、AIのような人工知能が導入されたとしても特に困るようなことはないでしょうし、わからないことがあったとしても横の繋がりで順次解決していくはずです。

先のことを考えればこの若者たちとの良い関係を築くということは自分たちにとっても大事なことになると考えるようにして下さい。

彼らは仕事を覚えない・付き合いも悪い・会社に対しての愛がないなどと思われるかもしれませんが、そういった環境で育たなければ考えが違ってくるのも仕方ありませんよね。

彼らを上手に使っていくことを考えれば自分たちの方から歩み寄ることが大切になってくるのです。

これからはミレニアル世代の若者との関係を良好にした会社などがどんどん業績を伸ばすという可能性を秘めており、彼らがもつ力を引き出している企業はほぼ無いに等しいのではないでしょうか。

これからの会社の成長への鍵を持っているミレニアル世代の人たちとの交流は会社にとっても自分たちにとっても、大きな変化を望める大事なこととして捉えていくのが大切です。

自分がこの世代の若者との関係に苦しんでいたり悩みを持っているのならば、彼らのことを認めることから始めてみませんか?

その行動を起こすことで明るい未来にもなり本当の彼らの心を知ることができるはずです。