日本人は、世界に比べると勤勉だというイメージがあるようです。

勤勉であるから仕事する時間が長く、睡眠時間が短いようです。

勤勉な国民だからと言っても、睡眠はきちんと取りたいですよね。

「睡眠不足」という言葉は、昔から日本で使っている言葉ですが、「睡眠負債」という言葉も最近は聞くようになりました。

「睡眠負債」と言うとなんだかまずいことをしているような気がしてきますが、体に及ぼす影響はかなりのものがあります。

人はなぜ睡眠をとるのか?

科学的や医学的に証明されていることもありますが、人間の体の全てが解明されているわけではありません。

太古の昔から、人間には睡眠が必要でした。

生物でもそうです。

現代になると、いつでもどこでも自分の望むことができるようになり、睡眠時間を削ってまで起きて好きなことをしたり、望むことをしたりすることが多くなってきています。

また、長年続いている不況が、仕事をする時間を増やし、ストレスなどが睡眠を妨げてしまっているということもあります。

ただ睡眠時間を取るというだけでは、体が追いつかないというのが現代で、睡眠時間の確保も大事なのですが、睡眠の質についても気を向けて起きたいところです。

「きちんと寝たつもりでも眠い」というのが多いという方は、ライフスタイルを見直してみて、どうやったら短い睡眠時間の中でも心身ともにリフレッシュし、疲れなどが取れるかというのをじっくり検討してみる必要があると思います。

「眠い」というのは、質の良い睡眠が取れていないということに他なりません。

質の良い睡眠を取ることで、頭もスッキリし、体の疲れも取れます。

たとえ、睡眠時間が短くても質の良い睡眠を取れれば睡眠不足、睡眠負債にはならないのです。

寝たはずなのに、眠いとか疲れが取れていないということのないようにするにはどうしたらいいのか、眠い時に考えられる原因と対策を一緒に考えていきましょう。

いつも眠いと思っていませんか?


きっちり睡眠を取っているつもりでも、毎朝スッキリ感がなく、体がだるいまま仕事に行く毎日。

当然、仕事のパフォーマンスも落ちて行く一方ですよね。

良い睡眠ができていないと疲れが蓄積されていき、良いことは何一つありません。

昼食を食べて、しばらくすると眠気が襲ってくるということは、睡眠がきちんと取れていないということの証拠だと思います。

睡眠時間を長く取るという方法を思い浮かべてしまうと思いますが、睡眠について知ることで、たとえ睡眠時間が短くてもぐっすり眠れて、疲れが取れて、頭がスッキリするということがありますので、睡眠についてもう一度知識を深めるようにしてみましょう。

そうすることで、「今までの自分の睡眠の何がいけなかったのか」というのがわかりますから、今後の睡眠に活かせることができるようになります。

人間の一生のうちに睡眠に割く時間は3分の1と言われています。

他にもいろんなことをしなくてはならない人生なのに、一生の3分の1を睡眠時間に費やしているのです。

どれほど睡眠が人間に必要かということがこれだけでもわかりますよね。

ですが、その貴重な睡眠をきちんと取れていないということが多い世の中に生きているわけですから、睡眠時間に割く時間が無駄にならないようにすることで、人生の限られた時間を無駄にするということがなくなるはずです。

仕事でも遊びでも、何に関してもパフォーマンスが向上するための睡眠を取るにはどうしたらいいのかという疑問を解決することで、普段感じる眠気がなくなってくる可能性があります。

いつも眠いというのは、体が疲れが取れていないし、頭もリセットされていないから、寝ようと言っているのです。

言い方を変えれば、体が「寝て休め」と警告をしていると言っても過言ではありません。

体が発する警告は、無視していて良いことはありません。

意思の力などで少しは何とかなるかも知れませんが、いずれ大きい何かになって帰ってきます。

それは、体調を崩したり、大きな病気になったりという形で襲ってきます。

そう考えると、とても怖いですよね。

何ごとに関しても、体が基本と言われている中で、体が不調をきたす原因になる睡眠の不足や負債。

睡眠に関する知識を深めて、体がいつも調子がいい状態をキープできるようにするのが理想です。

人は何故眠るのか?

では、人は、なぜ眠るのでしょうか?

きちんとした説明ができるのであれば、睡眠に関する知識があるということです。

そのような知識がある人は、あとはライフスタイルを見直して、質の良い睡眠が取れるようにすればいいだけですので、もう少しの努力が必要です。

人が眠る理由は、簡単に説明すると、次のような意味があります。

「脳」

起きている間に、勉強ででも経験であっても、それらを記憶として定着させるために脳は動いています。

それらで使っている脳を休ませないことには、脳も情報の処理能力が追いつかなくなってしまうということです。

また、記憶を定着させるという意味合いもあります。

勉強していると、覚えなくてはいけないことがたくさんありますよね。

学生の頃などは、寝ないと記憶は定着しないということを聞いたことがあると思います。

テスト前には一夜漬けをしたりしていた人もいらっしゃったかと思いますが、一夜漬けで覚えたことを今でも覚えていますか?

私も学生の頃は、全てのテストのほとんどは一夜漬けでした。

案の定、一夜漬けで覚えていたものは、今は何一つ覚えていません。

勉強のこともそうですが、経験したことなどの記憶を定着させるには、睡眠で脳を休ませ、脳内の情報を処理する必要があるのです。

人間の脳というのは、感情や思考で常に働いています。

また、体を動かす司令もしていますし、感覚を脳で処理しています。

脳に関しての専門知識がなくてもその辺は想像できますよね。

その脳を休ませるには、睡眠しかないのです。

また、起きている間にやったことなどの情報を処理するには、睡眠するしかないのです。

人間の脳は、スーパーコンピューターよりも性能が良いので、処理するいろんなことで溢れかえっていると言っても過言ではありません。

その脳を休ませるため、脳内の情報を処理するために睡眠が必要なのです。

次に「体」です。

体を動かしていると筋肉も動かしますし、血液はずっと体全体を循環しています。

その血液を体内に循環させている心臓は、24時間年中無休で動いています。

内臓も血液で動いていますし、細胞も生まれ変わっています。

当然、体全体が疲れてきます。

体の中も外も、それらの疲れを取るベストな方法が、眠るということなのです。

もちろん、心臓は止まることはありませんが、内臓であったり、他の機関を休ませることができるのが睡眠だとイメージしていただければ、わかりやすいかもしれません。

脳も体も質の良い睡眠を取ることで、脳は情報を処理でき、処理できたあとはパソコンで言うスリープ状態になり、体はオーバーヒートしそうになるのを防ぐことができるのです。

もし、それらができないような睡眠をずっと取っていると、当然故障してくる箇所が出てくるというのは、想像しやすいと思います。

睡眠を取ることで、簡単に説明するならば、リセットできるものが、きちんとリセットできていないという事になり、その状態が長く続けば、当然不具合が出てきますよね。

人間が眠るということは、これだけの意味があり、きちんと眠らないと大変なことがある可能性が高くなるということがおわかりいただけたかと思います。

ただ、睡眠時間を長く取るということではなく、質の良い睡眠をきちんと取るということを意識して、実践できるように工夫してみましょう。

そうすれば、脳も体も最高のパフォーマンスができる毎日を送ることができますよ。

脳を休ませるには眠るしかない

先にも少し述べましたが、脳を休ませるには眠るしかありません。

その理由を簡単に言うと、脳内にある情報を処理する時間が必要だからです。

スーパーコンピューターよりすごい性能を持った脳ですから、休ませなくても大丈夫ではないかと思われるかもしれませんが、実際は違います。

コンピューターも、電源を切るということはすると思います。

家にあるパソコンは、電源を落としますよね。

コンセントには繋いでいるとしても、電源を落とすことで休ませるということをすると思います。

また、パソコンには、「デフラグ」や「最適化」というのがありますよね。

「眠る」ということは、脳を「デフラグ」するということです。

「最適化」を寝ている間にしているということです。

パソコンをデフラグや最適化をしないと、動作が遅くなったりしますよね。

それと全く同じだと思っていただいていいと思います。

起きている間に溜まっていく情報を処理しないと脳のパフォーマンスが落ちます。

たとえ、勉強で頭を使っていないとしてもです。

ですから、眠るということは脳に関してとても大事だということを理解していただければ、睡眠についての考え方も変わると思います。

眠いのは脳が休みたがっている

眠いというのは、睡眠時間内で、脳の最適化やデフラグがきちんとできていないと考えていただけると、なるほどと思うかもしれません。

だから、脳は、「休ませて」という信号を出しているんです。

どうしても眠くなってしまうのであれば、10分でも15分でもいいので、眠るようにしてみはどうでしょうか。

それだけでも脳は休むことができますので、スッキリするはずです。

睡眠時間で補えなかった分は、そういう10〜15分くらいの仮眠で補うという方法もありますので、体や脳にはとても良い事になるのです。

本来であれば、眠っている時にきちんと質の良い睡眠が取れているのであればいいのですが、なかなかそうは行かないという方は、仮眠を取り入れるという方法もやってみましょう。

眠らないと人間は死に至ります


人は、眠らないと死に至ります。

その理由として挙げられるのが、体の不調から始まりしまいには病気になるというのがあります。

また、頭も体も休まらないことから、ストレスが解消されることのない状態が続くため、精神を病むということもあります。

それらの原因により、健康を害し、最終的には死に至るという結果になります。

起きている時に、眠いと感じる理由は、様々あります。

ストレスが溜まっている。

体が疲れすぎている。

それらがないとしても、夜に眠れないいろんな原因がある。

これらを一言で言えば、睡眠不足や睡眠負債という言葉になります。

もし、あなたが起きている時に、眠いと感じることが多いのであれば、何故、睡眠不足なのかや、何故、寝ているはずなのに眠いという睡眠負債になっているのかということを真剣に見直すようにする事を強くオススメします。

極端な話しと思われるかもしれませんが、最終的には体を壊してしまうことになります。

軽い病ならまだいいのかもしれませんが、重い病になってしまうという可能性も強くなります。

また、精神を病んでしまうということも十分考えられますので、ライフスタイルなどを見直し、まずは、グッスリ眠ることに工夫をしてみてください。

ノンレム睡眠が重要

先にも述べましたが、ノンレム睡眠が一番脳と体を休ませることが出来る睡眠です。

眠っている時は、ずっとノンレム睡眠だったらいいのですが、残念ながらレム睡眠の後にノンレム睡眠をするというサイクルを繰り返しています。

こちらで紹介したような眠りやすくなる方法などを実践してみて、起きる時はノンレム睡眠が終わる頃になるように目覚まし時計をセットしてみるようにしてみてください。

レム睡眠が終わる頃に起きてしまうと、脳の処理が終わる頃ですので、脳がスッキリとはしていない状態ですし、体の疲れも完全に取れたとは言えない状態になりますから、起きた時に、ダルかったり、重かったりするのです。

入眠しやすくなるような工夫をして、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを把握して、ノンレム睡眠が終わる頃に起きるというのを習慣にしたいところです。

レム睡眠とノンレム睡眠の違い

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。

それらが繰り返して起こるのが睡眠で、レム睡眠の時というのは、瞼を閉じた下で目が動いているのです。

レム睡眠とは、REM睡眠と書きます。

RapidEyeMovementの頭文字がREMということです。

ですので、瞼の下で目が動いているというのは、レム睡眠中であることを示しています。

そのレム睡眠中は、脳内の情報を処理している最中という事になるので、脳にはとても大切な時なのです。

そして、レム睡眠が終わるとノンレム睡眠になります。

そのノンレム睡眠というのは、瞼の下で目が動くことはなく、本当にスリープしている状態ということで、脳が休んでいる状態なのです。

この、ノンレム睡眠がきちんと取れていないと、脳内の情報処理が終わってから休息がない脳は疲れたままになってしまうのです。

また、夢を見ると思いますが、その夢はレム睡眠中に見ていると言われています。

脳が情報を処理している間は、脳が動いているということなので、夢を見ると言われています。

このレム睡眠とノンレム睡眠は交互に繰り返されています。

入眠してから交互に繰り返し、朝方になるとレム睡眠の方が長くなるという事があるようです。

ナポレオンは3時間しか睡眠を取らなかったと言われていますが、もしかしたらナポレオンは、睡眠を理解していて、ノンレム睡眠が終わった時に目覚めるようにしていたのかもしれませんよね。

理論上は、レム睡眠で脳の情報処理をして、ノンレム睡眠で脳を休息させることがきちんとできていれば、ノンレム睡眠を終わった頃に起きても疲れがない状態になると思います。

その辺の見極めと言いますか、ノンレム睡眠が終わった頃に目覚めるというのは至難の技かもしれませんが、考えようによっては可能かもしれません。

ノンレム睡眠中は、脳だけではなく体も休息している事にもなりますので、ノンレム睡眠が終わった頃に目覚められるのは入眠後何時間たってからなのかというのを知ると短時間睡眠であったとしても、頭も体もスッキリしているということが可能なのかもしれません。

よく、眠れない時にやると眠りやすくなるという方法が紹介されていますが、それらを試して自分にぴったりの方法が見つかればそれを習慣にする事で、レム睡眠に入る時間がある程度わかるかもしれませんので、試してみる価値はありそうです。

眠い時に考えられる6個の原因

起きている時に眠い理由は、いろいろあると思います。

眠いと感じるご自身が一番わかっているとは思いますが、中々改善できないというのもありますよね。

ですが、改善しないことには、先にも述べたように、体などにいろんな意味で不具合が出てきますので、頑張って改善するようにしましょう。

1つでも改善する事で、これまでとは違ってきますので、眠く感じる原因を探り、複数挙げられるのであれば、1つずつ改善していきましょう。

改善して、きちんとした睡眠が取れるようになることで、きっと毎日が変わってきますよ。

ノンレム睡眠が足りない

眠く感じるのは、ノンレム睡眠が足りないということも考えられます。

睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠が交互に繰り返すのですが、疲れの度合いなどで、ノンレム睡眠が取れていても、疲れなどが取りきれていないということも考えられると思います。

また、深く眠りに落ちるというような睡眠の質のようなものもありますので、深く眠れるような工夫も必要になってきます。

睡眠導入剤が必要と感じるならば、頼ってもいいと思います。

毎日頼るのは少し怖い気がしますが、頼る時は頼るというスタンスも必要なのかもしれません。

自分に合う方法を試してみて、深く眠れるように工夫してみてください。

女性の場合は生理と関係がある

女性の場合は、男性とは違ってホルモンが関係してくる場合があります。

女性特有のホルモンのバランスを整えるようにして、グッスリ眠れるようにしてみましょう。

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっているということも原因の1つで挙げられます。

現代では、ストレス社会と言ってもいいくらいな中で、仕事や生活をしている訳ですから、誰もがストレスを抱え込んでいると思います。

ですが、人によっては、ストレスをストレスと感じない人もいたり、上手にストレスを発散している人もいます。

自分にとってのストレスは何なのかというのを理解し、ストレスを感じないようにできるのであれば、そうなるようにしてみるなどの工夫や努力が必要です。

思い切って環境を変えてみるというのも1つの手だと思います。

ストレスの解消方法は、人それぞれだとは思いますが、解消出来ないストレスは、害でしかありません。

どうしても避けられない事がストレスになっているのであれば、人の手を借りるという事も大事ですし、思い切って環境を変えることが、これまで感じていたストレスを解消することになるのかもしれません。

いろいろと考えてみて、まずは毎日短時間でもいいので、無になれる時間を作ったり、好きな事をするというような事から始めると睡眠にも影響すると思います。

例えば、仕事で疲れて帰宅したら、仕事とは全く関係ない事をしてみたり、湯船に浸かれなくても、シャワーを頭から浴びるようにして目を閉じ、何も考えないようにするという事であったとしても、少しは効果があると思います。

お酒は一杯か、缶なら一本に留めておくなど工夫して、ストレスが軽減するような事をやってみてください。

そういうことの積み重ねが、少しずつではありますが、良い方向に向かう方法なのだと思います。

ストレスは、すぐに全て解消したり、発散したりしたいところですが、毎日少しずつでも軽減させることができるようになれば、溜まっていく一方よりは良いはずです。

体を酷使している

体を酷使し過ぎても、眠れない原因となります。

ストレスでもそうなのですが、副交感神経が上手く働かない状態になってしまうので、体を酷使し過ぎてしまったら、副交感神経が働くように、ストレッチをしたり、よく言う流すという軽めの運動をするのがいいでしょう。

陸上競技の選手が終わった後にすぐ休むのではなく、軽く走ったりするような流すということを自分なりに取り入れてみてください。

軽めの流す運動と言っても、また運動となると厳しく感じるかもしれませんので、ストレッチをするのが良いと思います。

筋肉や体の疲れ方によって、ストレッチもやり方が変わってきますので、体の状態に合わせてやるようにしてください。

なるべくなら、軽めのストレッチを心掛けてください。

前にも述べましたが、ストレッチもやり過ぎるとアドレナリンが出て、逆効果になる場合があります。

軽めのストレッチで酷使した体と、心をほぐしてみてくださいね。

過眠症の可能性も?

起きている間に、眠くなってしまうのは、寝すぎてしまっているというのも、原因の一つかもしれません。

寝るという事も、結構な体力を使うというのが、なんとなくでもおわかりいただけたかと思います。

生活リズムが狂ってしまった

毎日、規則正しい生活が出来れば良いのですが、中々そうはいかないですよね。

生活リズムが狂ったとか、狂っていると感じたら、なるべく生活リズムを正しくするようにしましょう。

狂ってしまったリズムは、そう簡単に正せないかもしれませんが、正すことはできます。

体内時計という言葉もあるように、生活リズムが狂うと体内時計も狂います。

そういう時は、結構な荒療治かもしれませんが、睡眠時間を短くしてみたりすると良いという事もあります。

そして、朝日を必ず浴びるようにしましょう。

夜型人間の人もいらっしゃるかもしれませんが、人の体は、太陽を浴びることで活動するという反応を勝手に体がします。

ですので、生活リズムが狂ってしまったとしても、正す為には朝きちんと太陽を浴びて、夜は早めに就寝するという生活を心がけてみてください。

狂ってしまった時計は、黙っていては正しい時間を差す事ができないように、人の体も同じだと考えてみて、生活リズムや体内時計を正しくセットしてみてください。

眠い時の6個の対策

眠りを追求している間は、自分のスタイルを確率するまでに時間がかかると思います。

そして、どうしても昼間に眠くなってしまう事があると思います。

そういう時は、いろんな手段を使ってでも対策を取ってみるしかないですよね。

仕事や学校など、起きていなくてはいけない時は、その時々で最適な方法で眠気を覚ますようにしましょう。

1.短時間でも仮眠をとる

短時間でも仮眠を取れる人は取りましょう。

10分でも仮眠を取れれば、それだけでも頭がすっきりしてかなりの違いが出てきます。

もし、可能な状況になったら、そのチャンスを逃す事なく仮眠しましょう。

2.水で顔を洗う

定番は、水で顔を洗うということではないでしょうか。

顔を濡らすことで、気持ちもシャキッとしますし、気分転換にもなります。

夏場であれば、頭から水をかぶるという事も男性であれば可能かもしれませんよね。

女性であれば、お化粧などもありますので、冷やしたタオルや代用できるもので、顔や首を冷やすというのが効果的だと思います。

色々と工夫する事で、可能だと思いますので、試してみてください。

3.ミント系のガムや飴を食べる

ミント系のガムなども効果的ですが、ミント系を食べるのは1〜2回が限界かもしれません。

その理由は、ミント系の味などに慣れてしまう事があるからです。

効果はあるとは思いますが、何度もミント系のガムなどを食べていると味などに慣れてしまって、効果が持たない可能性もあります。

ですので、ミント系のガムなどで効果が薄れたと感じたら、違うもので代用しましょう。

そして、忘れた頃にまたミント系を食べるというサイクル的なものを作っておくと効果があるのかもしれません。

4.濃いめのコーヒーを飲む

定番かもしれませんが、濃い目のコーヒーを飲むというのもありますよね。

甘味はお好みで大丈夫だと思いますが、眠くてどうしようもない時は、脳も働かないと思いますので、脳の栄養素である糖分は少し入れておいたほうが良いのかもしれません。

また、コーヒーのカフェインも取りすぎると効果が薄れてくると感じますので、カフェインの取りすぎにならないように注意してくださいね。

5.周囲の人に衝撃的な内容の話をしてもらう

周りの人と、話すというのもとても効果的です。

そういう時に、盛り上がる話ができるかどうかというのもあると思いますが、話をすることで気分転換にもなりますし、夢中になれる話題だったら目が覚めると思います。

なるべくなら、つまらないと感じない話題でトークを繰り広げられるようにしてみてください。

6.靴や靴下を脱いでみる

靴や靴下を脱いでみるというのも良い方法です。

そういう事ができる状況や環境であれば、という前提問題がありますが、できるならやってみてください。

理想は、ひんやりとする床の何かを踏むなり、青竹踏みをしてみたり、足つぼを刺激するマットを踏みまくってみたりすると一層効果的です。

眠い時はリフレッシュが大切

起きている時に眠いと感じるのは、睡眠に問題があったり、睡眠を妨げる何かの問題があったりするものです。

それらをきちんと理解するのと同時に、どうしても起きていなくてはならない時は、何とかして眠気を覚ますしかありません。

その方法は、自分に合ったものを探すのも大事ですが、その時々で変わってくるものなので、対策を取っておくのが今を生きる我々には必要な事なのかもしれません。

ストレスなど色々と原因を挙げましたが、当てはまると思うものは早急に対策を取っておいて損はありません。

そして、寝る時はきちんと眠れるようにして、今という大切な瞬間を乗り切ってくださいね。