一人暮らしをしている時に必ず目標となるものを誰もが決めると思います。

その目標とはどの様なものなのかというと貯金です。

大学生活の最初、一人暮らしなどをしているという人もいるのではないでしょうか。

社会人になって一人暮らしを始めたという人もいると思います。

最初はこのお金で大丈夫なのだろうかと不安になることもあるでしょう。

大学生であればアルバイトをして何とかお金を貯めるというようなこともあると思います。

その時にふとした目標を決めるのではないかと思います。

それがお金です。

お金を◯◯円まで貯めようと思ったりするのではないかと思います。

その際にお金を貯めようと思っていても中々難しいことはありますよね。

まず一人暮らしという点では様々なところにお金がかかってしまいます。

まずは食費もそうですが、家賃や敷金・礼金などにもお金がかかってしまいますし、光熱費やスマホ代、ネット代などもかかってしまいます。

それらを全て引かれた上で貯金をするというのはとても難しいと感じる人もいるのではないかと思います。

家賃などは一定の額で決められていますが、光熱費などはその月にどれだけ使用したかで大きく変わりますよね。

また食費というものもかかってきます。

いつもコンビニ弁当などですませてはいませんか?

一人暮らしをする際にはとにかくお金を使うというようなことが多いのです!

でもそれでも貯金をしたいという人は必ず多くいると思います。

一人暮らしでも実はお金を貯めることが可能なのですが、それには気をつけるべきことや方法というものがあります。

普段は気にしていないところに気を配るだけでもだいぶお金の使い方に敏感になり、そしてどんどんお金が貯まっていくのではないかと思います。

今回はそんな一人暮らしで貯金額を増やすために必要な10個の方法についてお教えしたいと思います。

今現に貯金をしたいけれど一向に貯まる気配が無いという人、これから一人暮らしをしようと思っていてお金を貯めたい人には必見なことばかりです!

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

️一人暮らしで貯金ってできるの?

一人暮らしで貯金というのはできるのかという疑問が出てくると思います。

先ほども言ったように一人暮らしで貯金というのはとてもではありませんが辛いと感じる人が多いでしょう。

これが実家などで暮らしているということであれば、家賃などもなく、光熱費などもある程度出すということだけですみますが、一人暮らしではそうはいきません。

ある程度お金を持っている状態から一人暮らしをして、アルバイトや仕事などをしてお金を貯めるということになります。

ですがそこで引かれるのが家賃などになってしまうのです。

この様なことを聞くと貯まらなくて逆に出ていくのではないかと思う人も多いでしょう。

ですがそれは私達がどの様に使っているかにもかかるのです。

一人暮らしだとお金が貯まらない…


一人暮らしだとお金が貯まらないということが多いと感じる人も多いのではないでしょうか?

目標の金額を決めていても一向に貯まらずどんどん減っていったり、元に戻ったりするというようなことはありませんか?

一人暮らしをする際には光熱費などは月によって変動をしたりするので、お風呂に入るということが多くなると光熱費がかかってしまうでしょう。

その時にどれだけ長風呂をしているのか、どれだけ電気やガスを使っているのかで大きく関わってきます。

例えば光熱費だけで1万円を軽く超えてしまうなんていう人も中にはいるのではないかと思います。

一人暮らしの際には家にいればいるほどお金がかかってしまうのも特徴的ですよね。

また食費に関しても朝と昼と夜でどれくらいお金をかけているのかによります。

例えば朝、昼、夕で2000円だとすれば1ヶ月で60000円にもなってしまいます。

1000円だとしても1ヶ月で30000円もかかるという計算になります。

一人暮らしをするというのはとても大変なのでお金が貯まらずにそのまま出ていくという考えの人も多いのではないかと思います。

️一人暮らしで必要な費用

では一人暮らしで必要な費用というものはどれくらいあるのでしょうか。

代表的なものは家賃、敷金・礼金、管理費、水道やガス、光熱費、食費などですよね。

これに加えてネット代やスマホ代もかかるでしょうし、日用品、その他の雑貨なども購入しなくてはいけません。

そのため1ヶ月の間で費用を抑えることができるのは家賃や敷金礼金、管理費以外の項目であるということを忘れないようにしましょう。

仮に更新の際に交渉をすることで家賃を下げてもらうということもできますが、一人暮らしで必要な費用というのは他のものは月によってバラつきが多く出ます。

それでも家賃なども高いところに住んでいるのであれば多く費用を出すことにもなりますし、敷金もあると安心がありますよね。

ではどの様なものがあるのか、具体的に見てみたいと思います。

家賃


まずは一人暮らしをするとなればマンションかアパートなどの賃貸を借りることになると思います。

木造なのか鉄筋コンクリートの場所なのか、地域はどこで駅からどこまでかかるのかと決めたりすることになるでしょう。

その際に家賃というのは住む前に決めると思いますが、条件がよければ良いほど値段が高くなる傾向があります。

例えば家賃が高いところの特徴というのは駅に近くて交通の便が良いというのもありますが、何より鉄筋コンクリートのマンションなどが多いという点です。

鉄筋コンクリートと木造の大きな違いは防音などもありますし、どれだけ生活音が出ないのかということにもよります。

また耐震性なども高いので鉄筋コンクリートのマンションなどは比較的に高い傾向があります。

そして駅に近いというところでも高めに設定されているポイントです。

基本的に電車での移動、都市部への移動が便利だというものは家賃が高く設定されているでしょう。

そのため、便利なところであればあるほど家賃は高くなるという事になります。

敷金・礼金

家を決めたり一人暮らしでマンションやアパートを決める際に必ずかかるものがあります。

それは敷金と礼金です。

これはどういう事かというと、まず敷金というのはマンションなどを借りるという事で一旦相手に預けておくお金です。

いわゆる保証するお金ということになります。

敷金が例えば2ヶ月ということであれば家賃分+更に2か月分引かれるということになります。

一方で礼金というのは大家さんに貸してくれてありがとうというお礼の気持ちをこめた意味合いで出すお金のことを礼金と言います。

敷金と礼金は同じと思う人もいるかもしれませんが実は別でお金がかかったりもします。

ですが敷金の方に関しては利点があります。

それはそこのマンションを引っ越しする、出て行くとなった場合に敷金からそのマンション関連のお金を引きおろすという形になります。

例えばクリーニングなどもその敷金に加わるということです。

なので敷金の場合は出る際に費用がかからないという場合は戻ってくる可能性があるお金ということも覚えておくようにしましょう。

主にこの2つも一人暮らしをする際に最初にかかってしまうお金です。

最近では敷金礼金が0円という物件もありますが、いかにキレイに部屋を使うかで値段の変動が大きく変わることになるでしょう。

0円ということはクリーニング代や部屋のお金など、退去する際にかかるお金を全てこちらが払うということになります。

敷金があるとそこまでの分を払うことができますが、酷い状態になると倍以上かかってしまうなんていうこともあるのです。

敷金・礼金のこともよく考えてからマンションやアパートを決めると良いでしょう。

管理費

管理費というのもあります。

管理費というのはいわゆる共用して使う部分になります。

例えばマンションに住んでいるという人はエレベーターなどがありますよね。

また掃除をするというような人もいると思います。

その様な費用を使う場所が管理費になるのです。

管理費は基本的に家賃と一緒に払われることが多いですよね。

例えば家賃50000円+管理費or共益費3000円となれば合計で53000円かかるということになります。

管理費というのは皆が使う部分ということなので必ずかかるものです。

家賃にもう既に含まれているというような所もあるでしょう。

必要な費用の中では値段変動が一切無いので、一定の額を支払わなくてはいけませんが、それでも1年となると12か月分にもなるのでお金がどんどん減るようにもなるのではないでしょうか?

水道・ガス代

水道・ガス代もかかる費用の1つですよね。

水道というのはどれだけ水を出しているかで値段が変動をしてガス代も同じようにどれだけ使っているかにもよります。

水道やガスはあまりかからないイメージがあるという人も多いと思いますが、実はそうではありません。

いつも出しっぱなしにしていたり、長風呂をしていたりしていませんか?ガスなどは熱湯を使う際にも使われるので注意をするようにしましょう。

また水道やガス代というのは別で払われることもあります。

例えば水道使い放題のところというのもあり、その場合は家賃に含まれていたりするということになります。

それは共益費に繋がるものですよね。

光熱費

光熱費も必要な費用ですが大きくかかる原因の1つです。

家にいればいるほどかかってしまうのが光熱費でしょう。

よく家にいるという人は光熱費が多くかかったり、エアコンなどをつけているとその月が10000円を超えてしまったなんていうこともあるのではないでしょうか?

光熱費は基本的に他の水道やガスより多く消費をするイメージがあります。

どれだけ電気代を抑えれるのかが鍵となるでしょう。

また熱という言葉も入っていますが、最近のマンションではガスではなく電気で熱を出しているところもあります。

なのでガス代という概念がなく、水道と光熱費だけというようなところもあるでしょう。

地域により様々ですが、全てが電気の方が安いと感じる人も多いのではないでしょうか?またガスの方が安いと感じる人も中にはいます。

人それぞれですが、光熱費というのは電気とガス両方を兼ね揃えているという風に捉えて大丈夫だと思います。

食費

食費も必ず毎月かかってしまうお金の1つですよね。

飲み会などが頻繁にあるとなれば尚更かかってしまうこともあるでしょう。

食費というのは基本的に朝、昼、夕の3食分のものをどれだけかけているかによります。

先ほども言ったように1ヶ月ではとても多くのお金になってしまいます。

また食費はコンビニで買っているのかスーパーなどで買っているのか、食材を買っているのか弁当なのか、外食は多くなっていないかなどでも変動します。

一番変動するものが食費になりますが、その月でどれくらいと決めておくのが対策になるでしょう。

日用品代

日用品代というのもかかりますよね。

ですがこれは他の費用に比べると低いものだと思います。

例えば洗剤やシャンプーなどの洗顔用品もそうですし、ゴミ袋なども買わないといけません。

トイレットペーパーやティッシュなどもそうでしょう。

全て日用品に当てはまりますが、これらは月に2~3回程度の買い物で大丈夫かと思います。

日用品に多くのお金をかけているということであれば節約を少ししなくてはいけません。

無駄に多く買っているのを減らしたり他のもので代行をしたりということをしないといけなくなるでしょう。

ネット代

皆さんがSNSやネットなどをするのにも実はお金がかかっているのをご存知でしょうか?必ずネット代というものがありますよね。

もしWifiがついていなければそのWifiも購入しなくてはいけません。

ネット代は月に3000円程度から5000円程度ですが、一人暮らしにとっては大きな額にもなってしまいます。

少しでもネット代を浮かせたいということであれば様々な工夫をしてみてはいかがでしょうか?

スマホ代

スマホ代もお金がかかってしまう1つだと思います。

特に何かを携帯で購入したとなった際に携帯の料金と一緒に支払うことができますよね。

例えばLineをする際にスタンプというものがありますがそのスタンプを購入したり、有料の会員などになったりとあると思います。

それにもお金がかかってしまい、月に10000円近くなったりするのではないでしょうか?

基本的にスマホ代というのは携帯の本体の料金さえ支払うことができれば劇的に安く使えるようになります。

ですが分割などで払っている場合はとても大きな額になってしまうこともあるので注意をすることが必要になる費用です。

もしかすると今ならもっと安くできるのではないかと思うこともあるかもしれません。

【スマホ代を安くする方法は、こちらの記事もチェック!】

その他雑費

その他雑貨でお金をかけるというのがあります。

例えば机や物置などもそうですが、引っ越ししたてというのは何もない状態ですよね。

ある程度の家具や物が揃うまではお金が減ってしまいますが、揃ってしまえば買うことは無いのでこの中の費用で少ない費用の1つになるのではないかと思います。

️一人暮らしはとにかくお金がかかる!

一人暮らしにかかる費用についてお話しをしましたが、とにかくお金がかかるという印象を持ったのではないでしょうか?今の一人暮らしの環境で必ず支払うものばかりですよね。

例えば実家などであれば数人ほどいるのでそれを割り勘して払ったり、シェアをしているのであればそれほど安くなったりするようなところもあります。

ですが一人暮らしをしている人というのは全てを自分で払わなくてはいけないという難点があるのです。

これはとても辛いことになるのではないかと思います。

特に月に値段が変動するというものは自分ではあまり気付きにくいです。

食費なども毎回違うものを購入するでしょうし、雑貨や日用品などもその月によって変動が大きく変わることになるでしょう。

とにかくお金がかかるというのが一人暮らしの印象だと思います。

それでも貯金をしたい!

でも、それでもお金を貯めて貯金をしたい!という気持ちがあるのではないかと思います。

何とかして貯金をする方方はないか試行錯誤をして実践しているという人もいるのではないかと思います。

貯金をするというのはとても良いことで、将来のためのお金を貯めるということにもなるので、貯金はどんどんするようにしましょう。

でもいざしようとすると難しいですよね。

貯金をしたいのにどんどん減っていってしまうという人は多く、いつのまにかずっと減り続けているということも多いです。

️一人暮らしで貯金額を増やす方法10選

では一人暮らしで貯金額を増やす方法の10選についてお教えしたいと思います。

今すぐに実践できるものもあれば、少しだけ時間をおいたり、時には大掛かりなこともあるでしょう。

ですがそれをすることによりお金はどんどん貯まっていくようになるのです。

例えばスマホの料金を見直すというのも良いでしょうし、スーパーなどで買い物をする時にはセールを利用して行ったりするということもあるのではないかと思います。

また何よりも一番良いのが家計簿です。

家計簿というのは月にどれだけお金を使用しているのか計算をするものですが、それをこまめにすることによりどれくらいお金を使ったのか、何に使っていたのかが解るようになります。

なので何が原因でお金を使いすぎているのかという所を突き止めることができるので、面倒だとは思わないように家計簿を常につけてみてはいかがでしょうか?この様に様々な方法で増やすことができます。

ではどの様なものがあるのか詳しく見て見ましょう。

家賃の安いところに住む

まず大掛かりなことにはなりますが家賃の安いところに住む、引っ越しをするという方法があります。

これは注意することが必要で例えば3月などの付近になると引っ越しの数というものがとても多く、それに伴い料金も高くなる傾向があります。

賃貸側からするとその時期を狙って引き上げるというようなこともあるのです。

ですが逆にその時期から外れている、例えば5月や6月、10月などの時期というのは家賃が安くなっている傾向があります。

この時期などは引っ越しするという人や一人暮らしをするという人が少なく、人を集めるために家賃を安くしているのです。

なので時期をずらして家賃の安いところに住むというのはとても良い方法かと思われます。

また、敷金礼金などもある程度ある方が退去時に何かあった際に大きくかかってしまうことを防ぐことができるので、その様なところにも目をつけてみてはいかがでしょうか。

敷金礼金に関しては人により向き不向きがあると思います。

よく考えて安いところに住んでみてはどうでしょうか?

家電の節約をする

家電の節約をするというのもあります。

例えばですがコンセントがありますよね。

そのコンセントを使わないときは抜くというような事をするとより節約できて光熱費を抑えることができるようになります。

コンセントにずっと挿しっ放しにしているものってありませんか?

例えば家にいない時にネットの電源などを落としておいたり、レンジなどの電源を常に抜いたりとすることで費用を節約できるようになるのです。

実はコンセントの挿しっ放しというのはそれだけでもじょじょに光熱費を使っている傾向があり、それを抜くことで完全に使わない状態にすることもできるのです。

なので、コンセントを常に繋げっぱなしにしてしまうレンジや炊飯器などのコンセント、外出している時でもネットなどは繋げていると思いますが、これを抜くだけでだいぶ節約をすることもできます。

大きな差になると1000円ほども節約できる可能性もあります。

電気というのは様々なところで流れているので、コンセントを抜くだけでもだいぶ変わってくるのです。

スマホの料金を見直す

スマホの料金を見直すということも貯金額を増やす1つの方法でしょう。

例えばプランを1つ落としてみたり料金などを見直すことでスマホ代を節約することができます。

あまり使っていないのにプランが大きいものになっていたりしていませんか?

仮に直ぐに上限になってしまうとなれば家ではWifiを使うようにするだけでも節約になりますし、定額制のプランなど様々あると思います。

常に使う、見るという人も一度はプランの見直しをしたり、セールで安いという時もあるので、料金を変更してみても良いかもしれません。

まれに何年継続している人には安くなるということもありますよね。

その機会を狙ってみるのも良いでしょう。

スーパーの特売やタイムセールを利用する

スーパーの特売やタイムセールを利用するという方法もあります。

例えば夜の6時に行くとセールをしているのであればそれに行って、買い物をするというようなことをすると食費なども浮いたりするのではないかと思います。

特に遅い時間帯になると半額で貼られている食材などもありますよね。

その様なものを買って貯めておくというのも1つの節約術になります。

通常買うところが半額になるというのはとても大きいです。

セールなどを利用して購入をしてみてはいかがでしょうか?

チラシやHPは要チェック!

チラシやHPは要チェックをするようにしましょう。

特にセールをするという時間帯などは行けるようにしておくと得をすることが多くなるのではないかと思います。

コンビニはなるべく避ける

コンビニはなるべく避けるというのも1つの方法です。

これはコンビニに行ってしまうと弁当などを買ってしまったり、便利だからつい行ってしまって買うというような事を防ぐためです。

例えば弁当で1000円使うより、食材を買って1000円以内に収めるようにすると、余った食材は次の日にも使えたりするのでとてもお得になりますよね。

料理が面倒だからといってコンビニに行ってしまうというような人も多いとは思いますが、その様なことがないようにしましょう。

通販でお得にまとめ買いする

通販でお得にまとめ買いをするというようなこともできるのではないかと思います。

例えばネットでの通販などは比較的に安く買うことができますよね。

ネットでもセールというものをしていると思います。

通販でお得にまとめ買いをするというのはとても便利で、実際に買いにいかなくても時間の指定をすればきてくれるというようなこともあります。

これは食材もそうですし、服や日用品なども同じようなことが言えるでしょう。

通販を利用するという人は様々なものを駆使してお金を節約するようにしてみてはいかがでしょうか?

定期預金をする

定期預金をするというのもあります。

定期預金というのは簡単に言うと一定の間お金を預けるというような事です。

例えば10000円預けるということであればその10000円は1年間一切降ろすことができないということになります。

またそれに付け足すということもできません。

定期預金とはその間は一切何もできない金額ということになります。

よく自由に降ろしてしまうというような人がいると思いますが、その様なことを防ぐために使用をするというのも良いでしょう。

またそれに伴い、定額預金の場合は金利が少しだけ発生します。

わずか0.1%などのところが多いでしょうが、定額預金をしてお金を節約するということもできるので1つの選択肢として覚えておくようにしましょう。

お金の割り振りを決める

お金の割り振りをきちんと決めることで節約に繋がります。

例えばこのお金はこれに使う、このお金はこれまでしか使わないというようにきちんと決めることが大切になります。

例えば食費は20000円まで、光熱費は10000円いかないようにするというような計画を立てるということですね。

アドバイスとして自由に使えるお金というのも決めておくと良いでしょう。

例えば何円までは自由に使う、というようなことをすると趣味にお金を当てることもできます。

ですがこのお金は必ず貯金をするというのも決めなくてはいけません。

割り振りだけでなく、キチンと決めるようにしましょう。

家計簿もきっちりつける

家計簿もきっちりつけることが大切です。

何にどれほど使ったのかと解る方がよりどれけ使っていたのかと実感をすることができます。

よく家計簿をつけないという人もいますが、家計簿をつけることで計画性を持ってお金を使うこともできるようになります。

家計簿は必須だと思うので是非使うようにしましょう。

飲み会や遊びの付き合いを減らす

飲み会や遊びの付き合いを減らすというのもあります。

よく会社での飲み会や友達と遊びに行くというような事があると思いますがその機会を減らすことでお金の出費を抑えることができます。

飲み会や遊びというのはとにかくお金を使うことが多いですよね。

例えばボーリングやカラオケでもお金がかかってしまったり外食をするというだけでもお金がかかります。

その頻度が多ければ多いほどお金が出ていってしまうので、その様なことにならないように注意をすることも必要になるのです。

お風呂はシャワーで済ます

お風呂はシャワーで済ませた方が実はガス代などがかからないことはご存知でしょうか?ですが注意をすることがあります。

仮にシャワーだとしても長く当たっているとなれば逆にお風呂を貯めておいた方が得をする場合もあります。

人によりますが、シャワーをして直ぐに出るという人はシャワーの方が良いでしょう。

服は古着で買う

服は古着で買うというようなこともできます。

古着は基本的に安く売られているので、古着屋に行って良いものがあればそれを購入するという形を取ってみてはいかがでしょうか?服に限らず他のものでも中古で売っていることが多いです。

安く入れるためにその様なことをしてみても良いのではないでしょうか?

️この方法なら一人暮らしでも貯金ができる!

いかがでしたか?様々な方法があったと思います。

ですがこのあげ方法なら一人暮らしをしても貯めれるのではないかと思いますよね。

実際に貯めることができる方法でもあるので、一人暮らしをしているという人やこれからするという人は是非この方法を試してみてください!

方法の中には時期を待ったほうが良いものや、時間をかけて節約をするようなものも多くあると思います。

ですが継続して続けることで効果が出るので、諦めないようにしましょう!

続けていればきっとお金がどんどん貯まるようになります!

一人暮らしでも貯金ができるので是非実践をしてみてください!

【節約貯金術については、こちらの記事もチェック!】