私たち日本人は色々な言葉を日常の生活で使っています。

普段の暮らしの中や仕事場でも様々な言葉を使用してお互いの意思疎通に役立てていますよね。

それでもほとんどの人は意味をよく知らないままで使っているという言葉も存在するとおもいませんか?

なんとなく使っていた・他の人が使っていたから真似てみたなど、自分自身はあまりその言葉についてはわからないという言葉も確かにあるようです。

例えば今回取り上げる言葉が「概要」ということになるのですが、確かにこの言葉は色々な所で目にすることが出来ますよね?

仕事の資料などでも見かけることがありますし、新聞などでも見るときがあります。

では、この概要について詳しく人に伝えられる人はどの位いるのでしょう?

生活していてよく見かけるのですから説明もできると思うのですが、皆さんはどうですか?

概要という言葉でイメージできるものや大まかに考えていることはあるけれど、詳しく説明するとなるとちょっと戸惑いを感じる人もいますよね?

なんとなくわかるような気がするという人も多いと思います。

日本語って簡単なようで難しくもあり、便利ですが複雑な言葉でもあるのです。

自分が小さい頃から日本語というものを使っていて、ある程度の漢字や熟語などを知っていたとしても単独で考えていった場合にはあまり詳しい説明ができないといった事も起きてきます。

そして、どうせならばあやふやなままで使っている言葉もきちんと知っておきたいとは思いませんか?

仕事でも使うことが多い言葉の意味や使い方をきちんと理解しておけば、自分にとって良いことが起きるかもしれませんし、新たな発見があるかもしれませんよね?

そこで今回のテーマになります。

私たちがよく使う言葉の「概要」について詳しくお話していきたいと思います。

本当にこの言葉はあらゆる所で目にすることが出来ます。

週刊誌でもそうですしテレビなどで見る場合もありますよね?ですが、身近すぎて意味のわからない言葉になっていることも確かだと言えます。

あまりにも普段から使ったり見たりしているとなんとなくわかっているから自分で調べるまでもないと思ってしまい、本当の意味などをわからないまま過ごしてしまうことが多いと言えます。

概要という言葉が持つ意味を知れば、それは仕事上でも役に立つ時がありますし普段の生活でもその知識が生かせる場面がやってくるはずです。

それでは身近すぎて意味がわからない概要について見ていくことにしましょう。

️「概要」上手に説明できる?

最初に質問になりますが、皆さんは概要を他人に上手に説明することができるでしょうか?

ここでスラスラと言葉が出てくる人って案外すくないのではないですか?

ちょっと考え込んでしまったり、言葉に詰まったりと知っているはずなのに意味が出てこない言葉ってありますよね?

概要という言葉もかなり頻繁に使われている言葉になります。

ですが、その意味を他人に伝えてみてと言われてしまうと難しいということがわかってきました。

その理由の一つになりますが、意味を完全に理解している人が少ないということが挙げられます。

国語などの勉強で一々わからない言葉に対して辞書を引いていた人はほとんどいませんよね?

また、辞書を引いて意味を調べてみても違った言葉が次々と出てきてしまいどこから調べていけばいいのかが分からなくなってしまいます。

こういったことは誰でも経験していると思うのですが、あまりにも作業が面倒すぎるために自分でだいたいのことがイメージできれば良いという考えに変わってきてしまうのです。

ですから「概要を他の人にわかりやすく説明してください」などと問われてしまうと、自分は意味的なものを把握していなかったと気づかされることになるのです。

日本語は特に色々な読みもあり使う時にも意味が変化してくる場合もありますから難しいと思いますよね。

外国の人が日本語を習いに来て感じることが言葉の意味がわからないということだそうです。

そのような言葉が日本語にはたくさんあり、ほとんどの場合きちんと把握していないままに使っているケースがたくさんあります。

実際に使う頻度の高い概要という言葉をきちんと理解することで何か自分にも変化が出てくるかもしれませんよね?

言葉に対する興味が出てきたり、自分の知らない言葉が出てきたら調べるようにしたりと良い結果に結びついていくかもしれません。

意味の把握が難しい言葉


普段から使っているはずなのに意味の把握が難しい言葉ってたくさんありますよね。

概要という言葉もそうですが、結構などもなんとなくイメージできますが他の人に詳しく説明してと言われてしまうと迷ってしまう人が多いのではないでしょうか。

普段からこういったことはあまり意識はされませんが、確かに意味を把握するのが難しいと思う言葉はかなり出てきます。

今まではよくわからなくても困ることなどなかったから、これからも知らなくていいといった考えもありますが、せっかくのチャンスだから意味をきちんと理解しようという考えも出てきます。

これはどちらも正解だと思いますがポジティブ的にな考えは後者ですよね。

自分が少しづつ意味の把握が難しい言葉を理解していけば、仕事をする上でもかなり有利になってきます。

例えばですが、会社概要という言葉はよく見かけますよね?就職活動の時には嫌となるほど見てきたはずです。

この会社概要を作成するにしても、きちんと概要の意味を把握していないと間違ったものを作成してしまうことになります。

会社としてはそのような仕事は望んでいませんよね?就職を希望する人たちにとってわかりやすい資料を作成してほしいと考えているはずです。

また、その会社概要を見ただけでも自分が入社したいかどうかを決められるといった内容にもしなければいけませんよね。

こういった作業は言葉をきちんと説明できなければ作れない仕事にもなってきます。

会社概要だけでこれだけの問題が出てくるのですから、他にも曖昧に覚えていた言葉を数えていけば相当の言葉を意味をきちんと把握しないままに過ごしてことにもなってきます。

これでは社会人であるならば恥ずかしいとも考えてしまいますよね。

最低でも自分がよく使う言葉の意味は把握しておかなければいけないと思うのです。

意味を説明できるようにしよう

言葉の意味を説明するということは、その言葉自体を完全に自分の知識として取り入れるということになってきます。

私たちは使っている言葉の意味をあまり理解しないままに使用していますが、そういったことが自分の失敗を招くことが出てきてしまいます。

先ほどの会社概要の資料にしてもそうですが、会社などでは取引先に提出する資料も作成しますよね?

その資料を作成する際に意味のわからない言葉だらけで作っていった場合、相手に詳しく説明してくれと問われたらどうしますか?

この言葉の意味はわからないといった返答をしてしまえば会社へのダメージは避けられないといった結果にもなりかねません。

学生のうちはまだそれほど必要にはなってきませんが、社会へ出た人間であれば、言葉の意味をあやふやなままにしておくことはかなりのリスクを背負うことにもなるのです。

会社などが自分を庇ってくれるのも数回しかないでしょう。

同じミスなどを繰り返せばそれこそ自分の居場所さえ失ってしまいます。

概要という言葉をきっかけにして自分の知らないものを調べ始めた時には知識としても増やすことになっていきますし、言葉の使い方というものも改めて勉強できることになります。

きっかけは小さなことであっても自分にとって大きなプラスの意味をもつ勉強にもなってきますので、あやふやなままだった言葉というものをなくす努力をしていきましょう。

それでは話を戻して概要について詳しくお話していきます。

あやふやな意味で捉えていた言葉にはこのような意味が込められているのです。

️身近なところで見かける概要


概要という言葉は本当に身近なところで見かけますよね。

大学などのレポートでも使いますし書籍などでも見かけることがあります。

こうした身近なものだからこそあまり意味を追求しない結果になっているのではないでしょうか。

元々概要という言葉を聞いたり見たりすれば大体のイメージが自分でも持つ事が出来ます。

それが大きく外れていなければ良しとする考えが多くなっていると言えます。

その時はそれで良いかもしれませんが、いざ仕事ということになるとやっぱり意味を知らないことって恥ずかしいとは感じないでしょうか?

新人のうちであればまだいいですが、下に後輩が入りそのことについて聞かれて答えられないとちょっと気まずい雰囲気にもなりますし、落ち込んでしまうかもしれません。

そういったことのないように身近であるからこそ意味のわからない言葉は調べていく必要がでてくるのです。

それでは概要という言葉ですが、どのような形で私たちが必要になっていくかを見ていきましょう。

自分の仕事でも使うことの多くなる言葉ですので今後はこういった事に注意していけばよいといったヒントにもなるかもしれません。

よくわからないまま使っていた人はしっかりと意味を理解していくようにしていただきたいですし、仕事の上でも役立てていただけたら幸いです。

仕事で使う資料

まずは仕事で使う資料などには「概要」といった項目で表していくことが多いですよね。

この時に注意していきたいのが書き方やまとめ方になってきます。

概要の意味をきちんと理解していればとても簡単な作業になってきますがきちんと把握していない場合は、見出しを見ただけでやり直しと言われるケースも出てきます。

資料や企画書といった場合の概要はとにかく項目を短くまとめて、確実に相手に伝える文章を考えることになります。

これを長々と書いてしまうようでは概要ではなくなってしまいますし、資料の中の概要部分は要らなくなってしまいます。

相手が見た時にどのようなことを言っているのか人目でわかる文を、短い語数で表すことが資料の概要を作成する上では必要になります。

これを見てみるとかなり難しそうに見えますが、意味を把握してしまえばそれほど難しいものではありません。

資料の概要を作成する時のポイントですが、企画の始め部分を意識した文章作りを心掛けていけば良いと言えます。

そして概要の文章で多くなってくるのが「〇〇について」などの興味を引きそうな言葉ですよね。

大体の説明を短くすませた文章で表して尚且つ興味を引く言葉で終わらすということが資料の概要を作成する上で必要になってきます。

概要という言葉の意味もこうした仕事を続けていくうちに把握できるようにもなりますし、言葉の意味を利用したビジネスというものも考えられることになってきます。

こうした資料一つにしても概要の言葉自体を把握していなければ作ることも難しいのではないでしょうか?

企画する項目を機械的に並べていっても誰も興味はもってくれませんよね?

そういった資料を企画書として提出してもボツになる可能性が高くなってきます。

きちんと言葉を理解した上でビジネスでの興味を引くというテクニックを応用すれば誰が見ても企画の中身を見てみたいという概要が出来上がります。

社会人であるならば資料一つとってみても自分の将来を大きく左右する大事なものへと変わっていきますので言葉を理解するということに対して興味を持つようにして下さい。

プレゼンや発表のレジュメ

プレゼンという事になってくれば見る相手は企画書よりも大勢の目に触れることになってきますよね。

そしてここで必要になってくるのが概要と似た意味を持つレジュメになるのです。

プレゼンでは自分たちの企画を見てもらい相手に納得してもらうという事が重要ですよね。

その時もレジュメというものを作成することになりますが、これは会社に提出する企画書よりも大変な作業になってきます。

このレジュメ作りですが意識していきたいのが提案する内容の一番のポイントです。

プレゼンではとにかく相手に対して企画のアピールをしなければいけません。

その為にはレジュメで興味を引かなければ同意を得られるという確率が低くなってしまうケースが多くなります。

レジュメも概要と同じような意味ですが、概要よりも少し長く文章を書くことになります。

プレゼンでは全てのことを発表することになりますが、レジュメの場合はその発表を短くまとめて相手に渡すという事になります。

ここでの書き方ですがプレゼンで伝えたい部分を強調して書くような文章構成が望ましいと言えます。

プレゼンの発表者は全てのことを詳しく話していきますがレジュメではその内容の要点となるものをピックアップしてわかりやすく伝えることになります。

こういった事も言葉も意味をきちんと把握していなければ納得できる文にはなりませんし、レジュメに興味を持てないようであればプレゼン自体も失敗の可能性が高くなります。

人に何かを伝える場合にはこのような概要という言葉がついてまわります。

ですが、きちんと意味を把握していなければ興味ある文にはならないのです。

仕事をしていく上ではこういったこともきちんと理解して使用していかなければ自分の将来にも大きな差が出てしまうことになります。

概要という言葉がもつ本来の意味とビジネスにおいて必要なものを組み合わせていくことにより、素晴らしいものを作成できるかどうか決まってきますので言葉の意味は把握していくようにすることが大切になります。