あなたは決断することについて、どんな思いがあるでしょうか?

大切でしょうか?

また必要なことだと思うでしょうか?

おそらくどちらも思うことがある人が多いと思います。

しかし、決断することの大切さが分かっていても決断力がない場合があります。

何かを決める時にしっかりと決められたらいいのですが、すぐに決められないこともあることでしょう。

誰もがそんな決断力が欲しくて、そして決断力がある人に憧れていますよね!

でもどうしたらそんな人になれるのか、実際には分からないことだらけだと思います。

そこで今回は「決断力がある人の22個の特徴」を紹介します。

この特徴からは、とても参考になることがありますし、その特徴をぜひあなたも取り入れてみてはどうでしょうか?

まずはお手本となることを知ってみて、それを真似することであなたもきっと決断力のある人になれますよ♪

人生は決断だらけ!みなさんはどう決断する?

人生は実は決断だらけだと思いませんか?

普段の生活の中でも、決めなくてはいけないことはたくさんあります。

「今日はどの服にしよう?」「今日は何を食べよう。」

そんなことも決断の一つですよね。

また何か買い物をする時も、仕事をしていて先に何をするのかも。

そんな決断だらけの毎日は、みなさんはどう決断するでしょうか?

なんとなく選ぶこともあれば、しっかりと考えて選ぶこともあると思います。

しかしサクっと決められる人は実はそれほど多くなくて、決められている人でもなんとなくだから決められていることがあります。

なので、決めるのに時間がかかったり、適当に決める人が多いと言えます。

どうして?決断力がある人に共通すること

ではどうして、決断力がある人は物事を決められるのでしょうか?

時間がかかることはあまりないですし、適当に決めることでなくて、しっかりと決めることができています。

それには多くの共通することがあり、特徴として知ることができるのですよ!

いったいどんな特徴があるのか、決断力のない人からすると、とても気になりますよね。

それでは早速ですが、その特徴について見ていきましょう♪

なんでも決めるのが早い

決断力がある人は、何にしても決めるのが早い傾向にあります。

しっかりと決断をするためには、ある程度の時間をかけることも必要です。

しかし、あまり時間をかけてしまうと、かえって決められなくなる時がありますよね。

そうならないのが決断力のある人で、すぐに決めてしまうから、悩んだりしすぎなくていいのです。

小さなことでも、ある程度考えれば決めることができます。

そうやって時間をかけないことが、決断力が鈍らないことでもあるのですね。

自分の考えを持っている

理論的なことだけではなくて、自分の考えもあることが大きな特徴だと言えるでしょう。

決断力というものは育てることができますが、そもそも自分の考えを持っていることもまた大切です。

例えば「自分はこれにしたい」「この方がいい」という風なことですが、そんな考えが根本的にあるからこそ、根拠のある決断ができて、迷うことが少ないのです。

いいと思ったからする。

その考えとさらに「決断する心」を日頃から育ててあるので、決断力のある人は、しっかりと決めることができるのです。

言動がブレない

決断力のある人は「言動がブレない」のも特徴です。

それは言動というものをブレさせることが多いと自分が信じられなくなります。

気がついていない場合もありますが、それが物事を決められない原因になっているのです。

自分がこう決めたからとそれを貫いていると、結果がどうであれ、自分のことを信じられるようになります。

継続できること、成し遂げられること、ダメでもまた頑張れること。

そんなことは自分が決めたことをやり遂げたりすることで、身に付いていき、それを知っているからこそ何かにチャレンジしたり、始めることがしやすいのです。

日々そのようなことができていない場合は、できるかな?と不安になることが多かったり、またダメだったらどうしようと考えてしまうのですね。

なので、言動がブレないことをしているからこそ、自分を信じることができて決断力は育っていくのです。

コミュニケーション能力がある

コミュニケーション能力があることも、決断力がある人に多く共通しています。

まず、人と話したりすることは、その人との関係を上手く行かせることでもあります。

またコミュニケーションを取っておくことで、安心感がその場その場で生まれます。

例えば「職場で人と上手くコミュニケーション」できていると、余計な人間関係で悩むことは少ないでしょう。

そうすると仕事の中で決断力が生まれやすくなります。

また、プライベートで例えると「買い物」などでは、お店の人とある程度のコミュニケーションを取ることで、その商品の詳細がすっと頭に入ってきます。

そして、あまり話し込みすぎないこともコミュニケーション能力で、お店の人と話しすぎないので、買う方向を自分で決めやすくもなります。

そのようなことを自然とできているのが、決断力のある人の共通していることの一つです。

人のことを意識すればするほど、何かを決断することは鈍ることがあるので、人とコミュニケーションを取っておいたり、ある程度のコミュニケーションを取ることがいいでしょう。

仕事ができる


決断力のある人は、もちろん仕事ができるのです。

仕事というのは、業種によってその数は違いますが、決断の連続です。

1日の業務の中でたくさんの事を決めることでしょう。

「この方法でしよう」「この人に聞いてみよう」「これは後でやろう」

そんなことがあると思いますが、そこで決断力のある人は、すぐにしっかりと決める事ができます。

そうすることで、仕事が進みますし、良い結果にも繋がります。

なかなか決められないでいると、仕事の流れを止めてしまいますし、またチャンスも逃げていきます。

決断力のある人は、仕事の流れを止めすぎずに、そしてチャンスを掴めるように、ある程度考えたりすると、決断しているのですね。

失敗を恐れない

やはり「失敗を恐れない」事が決断する上では重要になってきます。

何かを決めるのに迷ったとき、それは上手く行かせたいからですよね。

また失敗するのが恐いからです。

しかし、そこで迷ってばかりだと何も決められませんし、前に進みません。

決断力のある人は失敗を恐れないことを大切としています。

むしろあまり失敗をイメージしすぎていないのです。

リスクマネジメント、つまり失敗した時のことは考えるのですが、やる気がなくなるまで考えないのです。

そこまですると、決められなくなり問題解決や新しいことを始めることができなくなり、前に進めないから。

その様なことをしっかりと分かっている人が、決断力のある人には多いでしょう。

責任感がある

大きな決断をする時というのは、決して簡単なことではありませんよね。

そんな時に味方になってくれるのが、責任感です。

責任感があることで、なかなか決められないことも、最後には決めることができたりします。

決断力のある人は、責任感もあることで、そこから決めるという心理になりやすいのです。

決めることは簡単なことではないこともありますが、しかし何も決めないことは、責任逃れなときもあります。

時の流れだけに任せたり、人の気持ちだけで動いたり。

そんなことをすることばかりは、無責任になってしまい、決断力のある人は責任感があるので、その状況にはなりません。

しかし、責任感が強いあまりに、無理に決断をしてしまうこともあるので、決断することだけが正しい方法、効果的な方法とは言えないでしょう。

時が過ぎることなどに任せて、決断することをしないことも大切なのですね。

【責任感がある人については、こちらの記事もチェック!】

情報をゲットしている


情報量が多いことも決断力を高くしていることがあります。

いくら決断力のある人とはいえ、やはり根拠のない決め方ばかりはできません。

しかし情報を持っているからこそ、根拠があって「これにしよう」と思えることができます。

そんな人は情報をどこかで集めていたり、必要な情報は必ずゲットしています。

そうすることで、物事を決める目安になるからです。

もし決断力を高く持ちたいのであれば、情報を持つことが大切ですね。

しかし、何でも知って入ればいいと言うわけではなくて、必要なことに対しての情報はゲットしましょう。

例えば、パソコンを買う時だと、自分が必要なポイントを押さえておきます。

そしてそれがあるパソコンを探して、このパソコンいいと思ったら、そこでそのパソコンについてある程度の基本情報をゲットします。

「自分が必要なことは揃っているか」「必要なことは揃っていても、それとは逆に自分にとってマイナスな機能はないか」

そんな風に要点を押さえて情報をゲットすれば、これにしようと決めることができます。

このように情報という根拠があれば、高い買い物も決めることができます。

頼れる存在

決断力がある人は、頼れる存在とも言えますね!

そもそもリーダーなどと頼られている人は、何かを決めてくれることが多いです。

みんなで行動する時に何をするか決めてくれたり、場所を決めてくれたり。

やはり、集団の中で何かを決めるということは、得意ではない人が多いでしょう。

なので、そんなことをしてくれると自然と信頼が集まりますし、頼れる存在になっています。

しっかりとした印象を持つことにもなり、この人がリーダーと言われていることもあるでしょう。

また直感からして、物事を決めることができる印象のある人は、頼り甲斐がありますよね。

そんなことが頼られることに繋がっていて、決断力の高い人が持っている特徴だと言えます。

ものすごい行動力がある

ものすごい行動力があることも、決断力がある人の良い特徴です。

決断したからには行動する。

そんなことが自然と身に付いていて、行動することで決断の先に進めています。

行動をして結果を出したり、また悪い結果が出たり。

何にしても行動をしなければ意味がないことを知っています。

そんな決めたことを行動で現実化していくことができると、また決断する力が育っていきます。

また行動するからこそ、先でまた決められることに繋がっているのです。

他の人にはない個性を持つ

決断力の高い人は他の人にはない個性を持っています。

それは決断するということは、自分の意志があってことだとも言えるからです。

意志があるからこそ、その人の個性がでるものです。

逆に個性がない人は意志が弱い傾向にあります。

意志が弱いからこそ、自分を出すことができずに、また何事も決めることに時間がかかってしまうのです。

個性というものは、意志がないと出てこないものなので、決断する意志がある人からすると個性が出ていて当然なのですね。

1人で決めることができる

決断力がある人は、1人で決めることができます。

誰かに情報をもらったり、手助けをしてもらうことはあっても、基本的に自分で何かを決めることができるのです。

簡単なことで言うと、誰かと食事をする時にすっと自分のメニューを決められることがありますね。

またここぞという時には自分の意志を持ってその場に残ることができたり、その場から離れることを選びます。

そのおかげで後悔をすることが少ないとも言えます。

やはり後悔をしてしまうのは、意志がはっきりしないまま、何かが過ぎ去って結果が出てしまうことが多いのです。

しかし、1人で何かを決めることができる人は、自分の意志をしっかりと持って自分で進んで結果を出しにいくのですね。

なので、宙ぶらりんのまま進むことをしない傾向にあるので、後悔も少ないと言えます。

自信を持っている人が多い

決断力がある人は、自信を持っている人が多いことが特徴です。

やはり何かを決めるということは、自信がある方が決めやすいです。

これから決めたことを継続していける自信、決めたことをできる自信、そして以前何かをしっかりと終えたことのある自信。

そんなことが決断力を作っていると言え、大切な場面ではそれが問われることでしょう。

決断と自信は実に比例していて、片方があるともう片方も高まります。

決断をすることで、まず自信がつきます。

そして何かをして自信を手に入れることで、決断力も高まります。

このように決断を普段からできている人は自信を育てていることができていて、そして自信を持てることからさらなる決断ができるようになるのですね。

やったことに後悔をしない

やったことに後悔をしないことが決断力のある人の特徴です。

これは多くの決断力のある人が共通してことで、後悔をすると決断力が鈍ることがあります。

後悔をして反省をすることは、とても大事なことで、そうしなければ成長できないことでしょう。

しかし、後悔することばかりだったり、後悔を引きずったままでいると、物事が決められなくなります。

何かをする時に不安がよぎってしまい、決めることに迷いが生じてしまうからです。

その点、決断力のある人は、やったことに後悔をしすぎないので、また決断することができるのです。

それは自分が決めてしたことだからこそ、後悔を持つことがないと言えます。

先ほどの復唱になりますが、後悔というのは、自分の意志が弱いままに何かをした後に強く起こります。

しかし意志を持っている状態で行動するからこそ、物事がうまく行きやすいですし、自然と後悔をすることも減ります。

なので、やったことに後悔をしないためには、自分の意志で決めることがとても大切なのですね。

たとえ後悔したとしても、意志があればそれも反省になり、また次に繋げていけることでしょう。

過去を整理している

決断力のある人は、誰しもが人生を順調に進んできたわけではありません。

過去に大きな失敗をしてしまったり、誰かを傷つけてしまったり。

もしくは逃げ出してしまったこともあるでしょう。

しかし、そこで過去を頭の中で整理することで決断力というものは光り出します。

迷いというものは、実は自分の過去から来ていることがあるからです。

そこで、過去を頭の中で整理しておくことで、何かを決める時に迷いは生まれづらくなります。

たとえ迷いが生まれたとしても、決められない程ではないはずです。

決断力のある人は、全てがうまく行っているから決められる。

意志が強い。

そんな人もいるでしょうが、中には自分の過去を整理して、人生を歩いている人もいるのです。

決断力は過去で良くも悪くもなることでしょう。

しかし、自分の中で整えておくことで、その過去が経験にしっかりとなってくれて、新しい決断をすることができるでしょう。

責任感が強い

決断力のある人に共通することとして、責任感が強いということがあります。

こちらは、論理的に考えるより、気持ちとして責任感が強いことが決断する動機になっているのですね。

その気持ちがあると、何かを決められないということにはなかなかならずに決めることをしていけるのです。

責任感が強い場合は何か決めなくては行けないことから逃れることをしません。

決めて前に進むことをして、責任を重んじています。

それは時に苦しいことでもありますが、その気持ちがなければ決められないこともあるのですね。

決断力のある人は、苦しくても責任感があるので何かを決めることをするのです。

とっても魅力的

決断力のある人は共通して、魅力的なことがあります。

何かをすっと決めることができたり、大きな決断をすることができる人は、迷いがあったり意志が弱い風に見えないので、頼りがいがあったりして魅力的なのですね。

また芯が強いイメージを持ってもらえることもできて、好感度が高いと言えます。

そして決断をすることができていると言うことは、前に進んでいる人だとも言えます。

つまり前向きな姿勢があったりするので、その姿勢には魅力を感じることができますね。

前に進み続けて、今を充実させていることから、その人の顔や雰囲気に強さや明るさが出ているのです。

それが魅力的であり、異性からも同性からもステキな人だと印象を持ってもらっているのですね。

時間に余裕がある

決断力のある人は、多くの人が時間に余裕があります。

それは物事に対して迷う時間が少ないからで、その積み重ねが時間に余裕をもたらしてくれます。

時間というのは、迷っている時や決められない時には思ったより過ぎていることがあります。

そして最終的に決めたことでも、あまり最初に思ったことを変わらなかったりするのです。

しかし決断力のある人は良い意味で、その時に決めてしまうので、その分時間に余裕を持つことができます。

またその決めたことを覆さないので、余計に時間がかかることもないのですね。

継続力がある

継続力があることも、決断力のある人が共通して持っている特徴です。

何かを始めることを決めた後、それを継続することは、自分の意志をしっかりと持つことでもあります。

途中でやめてしまうと、どうしても意志が弱くなったり、そのことから次に決断することが億劫になっていまいます。

しかし、継続することで意志を強く持つことができて、そして決断力も落としてしまうことはありません。

そんなことから、決断力のある人でい続けられることができて、みな共通することと言えるのです。

【継続力については、こちらの記事もチェック!】

無駄なことを嫌う

無駄なことを嫌うことも、決断力が高い人の共通することです。

決断したからには、有意義にすることだったり、その決断したことにプラスになることをしたいと思ったりします。

それが無駄なこと、自分にあまり関係のないことだとすると、それが嫌になってしまうのですね。

決断をあまりしない場合は無駄なことでも、あまり不快には感じないのですが、何かを決めた以上、その枠にはまって行動する傾向にあるのです。

それは目的を達成する上ではとっても良いことでしょう。

仕事などでも無駄なことをしないようにできるので、いいと思います。

しかし、恋愛やプライベートに置けることで決め事ばかりしていると、その枠の中で過ごすことになり、楽しめないことがあるのですね。

なので、恋愛やプライベートなどでは、深い決め事などをしてしまうことは、大事なことでもありますが、行動をせばめたり、心を開放しづらかったりすることでもあります。

しかし、本当に直したいと思うことなどには、直すと決める方がより効果的でしょうし、そこに決断することは必要でしょう。

ちょっとせっかち

決断力の高い人はちょっとせっかちなところもあります。

これを決めたから次、と感覚的になっていることがあり、なかなか前に進まないことにせっかちになっていまいます。

こちらも仕事においては、スムーズにそして早く終わらせることに関しては有効なことでしょう。

しかし、プライベートでは逆にせわしなくなってしまったりして、もっとゆっくりしたいこともあります。

なんとなく決めることや、ゆっくり決めることもそんな人には良いことだと言えて、自分の全ての時間をせわしなくしないように、また誰かといる時にせわしなくしないように、そこは心がけたいものですね。

先のことを深く考えない。今に集中する

決断力のある人は先のことを深く考えないことがあります。

それは決断する意志が強いことから、先の困難なことに負けない気持ちがあるからです。

また自信もあり、そこで決断することができるのですね。

そして、決断したからこそ、先のことばかり考えないで今に集中しなければ、中途半端になることも、心のどこかで分かっています。

そのことから諦めが悪いとも言えますが、その時決めたことに後悔することはないのです。

また今に集中することでしか、きっと決めたことを貫くことはできないので、目の前のことをクリアしていこうと思えるのですね。

決断力がある人の習慣

決断力がある人には、多くの共通することがあることが分かりましたね。

実に勉強になることもあれば、少し苦しい面もあるということも分かったと思います。

しかし、やっぱりそんな決断のある人になることは、生きていく上でとても大事なことだと言えるでしょう。

前に進むために、また後悔をしないためにも、自分の意志を持って何かを決めることは必要なのですね。

ここではそんな決断力がある人の習慣について紹介していきます。

日頃からこんなことをしているからこそ、決断力が育っていて、またそれを持ち続けられる理由があります。

いったいどんなものがあるのか、実際に見ていきましょう!

積極的に失敗する

決断力がある人は積極的に失敗をしています。

それは失敗をすることで、また成長することができることを知っているからです。

あれこれ考えることも必要なこともあります。

しかし、行動して結果が出ないと本当はどうなのか分かることができません。

そしてその結果が答えを教えてくれて、その人にとってかけがえのない根拠になってくれるのです。

その根拠があると決断することがまたできますし、経験を積んで決断する根拠を増やしているのですね。

何かと運がいい

何かと運がいいことも、決断力のある人の習慣と言ってもいいでしょう。

時に運がいいことで物事が進むことがあります。

それは自分がしたことではなくても、その運で乗り切ることができれば、またそういう時もあることが考えられるようになります。

自分ですべてをコントロールしようとすると、決断はできません。

そんなことをしようと考えていると、しなくてはいけないことや考えなくてはならないことにキリがなくなるからです。

しかし運が良いことで、または周りの力を借りることで、物事が運ぶことを知っていれば、自然と決断もできるのです。

自分ができることから始める

決断力のある人は、基本的に自分ができることから始めています。

そうすることで無理がなく、そして確実に結果を出せるからです。

結果を出すことができれば、自分に自信が持てます。

またそもそも自分ができることから始めると、できることに充実したり、また自信がもてます。

そうすることで得た結果がまた次にすることへの決断をしやすくしているのですね。

なので、基本的に自分ができることから始めていると、自信がついていくので、決断力のある人は日常的にしているのです。

問題にも積極的に取り組む

何か問題があった時に、決断力のある人は積極的に取り組みます。

それは早めにそして確実にその問題を解決しないと、次に迷いが生じたり決められなくなる心理になることを知っているからです。

そうなると目の前のことに集中できなくなるので、そこで解決できるように、まず問題を
見てみます。

そしてできると思ったらすぐに解決するために行動し始めるので、それが結果解決することになり、またその後に迷ったりせずに決断していくことに続かせているのですね。

問題を宙ぶらりんにしていたり、そのままにしておくと後で面倒なことになります。

そのまま過ぎ去るのを待つことも大切ですが、自分で解決できる問題ならばすぐに解決することが、次の行動の邪魔にならない秘訣なんですよね。

人の目を気にしない

決断を邪魔することとして、人の目を気にすることがあります。

自分はこうしたいと思っていても、周りから見ると最低だと思われたり、そんなことしかできないのかと思われる。

そんなことを目に入れることは大切ですが、気にしすぎると自分のためになりません。

こうすると決めたら誰かに何か言われることを意識しすぎては、決断できないでしょう。

常識や思いやりを持つことは大事なことですが、何かを決断する時最終的に決めることができるのは、自分の意志があるからです。

その意志を組むことが一番決断できることになっているのですね。

決断力のあるかっこいい大人になろう♪(まとめ)

いかがだったでしょうか?

「決断力のある人」について、あなたは詳しく理解することができましたか?

何かを決断をすることって、多くの人がすることには抵抗があることでしょう。

しかし、それをすることの大切さもきっと多くの人が分かっているとも思います。

何かを良くしようとしたい時には、ただ日々を過ごしていくというのも必要だと思います。

でも、大きな決断がある時にしっかりと決めることで、前に進んだり、物事がしっかりと解決する方に向かうことがあります。

そんな決断力のあるかっこいい大人にあなたも少しずつなっていきませんか?

今回たくさん紹介している、決断力のある人に共通していることや習慣をまずは参考にしてみてください。

少しずつでも何か決断するためのきっかけにしてみてください。

そしてまた忘れたらまた見に来てくださいね。

そうすることで、きっとあなたも決断力のある人になっていけるでしょう。

まだまだ成長することができることでしょう。