CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

無償の仕事はするべきじゃない!その理由とは?


ここ近年、働き方が多様化し、さまざまなワークスタイルが生まれています。

社員のほか、アルバイトやパート、派遣や業務委託など人によって求める働き方は異なるでしょう。

特に最近では、フリーランスで働く人が増加しています。

デザイナー・ライター・イラストレーター・Youtuberなど、個人の能力を武器に働く人も多いですね。

これだけに限ったことではなく、人が持つそれぞれのスキルやノウハウには、全て価値があります。

国家資格や民間資格のようにハッキリと目に見えるスキルもありますが、自分の中に蓄積した経験というのも立派なスキルです。

こうしたスキルは、いずれも無償で提供するものではありません。

例え知人同士の間でも、軽々しくスキルの安売りをしてしまうと損をします。

最近ではフリーランスの間で、「無償で仕事を請けるな!」「無償で仕事を依頼するな!」というような嘆きを見かけることが多くなりました。

仕事の流れや仕組みを開設して働くことへの対価を正当に求めるよう、‘無償’ということの残酷さを訴え、フリーランスの認知度を高める働きかけをしている人もいるくらいです。

なぜ、無償で仕事をすることに対して、これほどにまで敏感になっているのか、今回は無償ということの恐ろしさを紐解いていきたいと思います。

️無償の仕事、する意味ある?

無償の仕事はする意味があるのか、と聞かれれば答えは「NO」です。

もちろん、無償で受ける仕事が自分にとって価値がある場合は別ですが、そうでない場合、単なる親切心でするものではありません。

無償で仕事をするとは


無償で仕事をするということは、どういうことでしょうか。

基本的に働くという行動には、時給や月給と言った報酬が必ずついてきます。

接客・サービス・事務など、内容は違えども、報酬を得て働くという行動の認識は多くの人が共通して持っている常識です。

働くと言うことは、人の時間を拘束し、人の能力を使うということ。

人の時間と能力に対して対価が支払われているのです。

ですが、場合によっては、‘働く’という意識がないまま無償で仕事をしてしまう人や、無償ということに違和感を感じながらも仕事を請けてしまう人がいます。

無償で仕事を頼む、または請けるというのは、前提としてとても非常識なことだと弁えましょう。

デザインにせよ何にせよ、プロに無報酬の仕事を頼むなんていうのは、以ての外です。

「自分はプロではないから…」と思っている人がいるかもしれませんが、人が自分では対応できずに‘他人に頼むことをできる’という時点で、周りより優れた能力やノウハウを持っていると言うことになります。

自分の持つ能力に価値があることを自覚しましょう。

報酬や対価のない仕事をすること

無償の仕事というのは、報酬や対価が一切支払われない働きのことです。

例えば裁縫が得意な人がいたとします。

知人に頼まれて一度無償で洋服の手直しやリメイクをしてしまったとしたら、次頼まれたときも、他の人に頼まれたときも無償でする羽目になってしまうでしょう。

全く裁縫に疎い人からしたら、裁縫の作業に費やす時間や材料費など想像もつきません。

本来であればこうしたスキルが伴う時間や労力には、全て相当の対価が支払われるべきでしょう。

裁縫に費やした時間、使った材料の原価、そして自分の労力。

この3点において対価を求めるべきなのです。

しかしこれを求めず、無償で働いてしまうというのは働き手にとっては正に骨折り損のくたびれ儲け!貴重な労力を勿体無いことに費やしたことになりますし、頼む側の相手も無責任で非常識ということになります。

ボランティア精神の仕事

ボランティア精神で仕事を無料で請け負ってしまうこともあるでしょう。

「困っているし助けてあげよう」「そんなに手間じゃないし今回は無料でもいいか」…こうした1度の過ちが後々になって自分を苦しめることなります。

仕事はあくまで仕事、ボランティアではありません。

あなたが普段、報酬を得て請けている仕事を、親切心やボランティア精神から無償で提供するとした時、果たしてあなたは仕事として有償で請けている仕事同様のパフォーマンスを発揮しようという気持ちになりますか?対価があるからこそ、本当に価値のあるものが提供できるモチベーションやポテンシャルが生まれるのです。

無償で仕事をしてしまっていませんか?


折角自分の強みとなる武器を、無償で提供してしまうなんてもったいないとは思いませんか?お店の店員や学校の先生だって、給与が発生しなければその場にいないはずです。

仕事ととして対応すればそれ相当の報酬が発生するのに、仕事として対応しなかったがために同じことをしてもただお金にならない時間を過ごすのでは全くわけが違います。

無償の仕事依頼はレアなケース

無償の仕事依頼というのは、全くもって道理にかなっていません。

無償で仕事を依頼をする人は、人が提供するスキル・ノウハウ・サービスをその辺りで適当に買える‘モノ’だと思っているのです。

簡単に量産できるモノであり、当然のように与えられるモノ。

こうした認識
を持っている人は、人が生み出すデザインやイラストなどの作品、はたまたパフォーマンスやマジック、コンサルティングといった無形の創造物が、湯水のようにパッと湧き出ると考えているのでしょう。

そのスキルを装着するために費やした時間や努力、さらにその後、仕事として培ったスキルやノウハウをパフォーマンス化することの複雑さ、具現化するために必要な過程や準備などが想像できないのです。

ページトップ