フェミニストという言葉をご存知でしょうか?

誰しも1度は聞いたことがあるというような言葉なのではないかと思います。

フェミニストというのは簡単に言うと女性の権利拡張を主張する人のことであったり、女性を大切にするような男性という意味でも捉えられることが多いです。

フェミニストというのはニュースにもなるくらい社会的なことで、時には活動をしているという人もいます。

今回はそんなフェミニストというのはどの様な意味なのか、またフェミニストの見分け方についてお教えしたいと思います。

あなたはどの様な意味でフェミニストという言葉を使っていますか?

実は男性が女性のことを大切にするような意味で使うフェミニストというのは海外では通用しないということをご存知でしょうか?日本だけに広まった意味なのです。

日本はこの様な言葉などから新たな意味を生んだりすることも多いですが、本当の意味を知らないという人も多いのではないでしょうか。

難しい言葉で言うと女性の社会的立ち位置の主張となりますが、簡単に言うのであれば男女というものは差別が出てくると思いますよね。

その差別を無くしていこうよというようなことということです。

これは全国どこでもあるような問題ですよね。

男性だからこうだ、女性だからこうだ、というのではなく「男女を平等に見よう」という女性が活動していることをフェミニストと言うのです。

簡単に説明しまたがここで解らないという人も多いと思うのでどの様なことを言うのかもっと詳しく見てみたいと思います。

フェミニストという言葉は昔からあり最近の言葉ではありません!歴史というものがちゃんとあります。

その歴史をしっかりと理解した上でフェミニストというのはどの様なものなのか、見極めるにはどうすれば良いかを見てみたいと思います。

️フェミニストとは

ではフェミニストとはどの様な意味なのでしょうか?

フェミニストには2つの意味がありますが、片方では何と日本でしか広まっていないのです。

これはフェミニストという言葉が元々あることからの派生で生まれた意味でもあります。

全国的に問題になっているフェミニストですが社会的にも活動をしているという人が多いでしょう。

ですが日本でのもう1つの意味では男性に使われる言葉でもありますよね。

「あの人はフェミニストだ」「フェミニストな人は嫌いだ」というようなことを使う人もいるかもしれません。

フェミニストの2つの意味


ではフェミニストには2つの意味がありますがどの様な意味があるのでしょうか。

1つは女性の社会的立ち位置を主張するという意味があります。

そしてもう1つは女性に対して甘い男という意味の2つがあります。

このうち女性に対して甘い男という意味が日本でしか通じない意味になるのです。

仮に海外で同じようなことを言うのであれば、意味が違ってとられてしまったり問題にもなってしまう可能性があるでしょう。

十分に言葉を選んで発言をするように心がけることが大切です。

ではこの2つの意味について詳しく見てみたいと思います。

意味を知っているという人でももう1度確認をしてみてはいかがでしょうか?

フェミニストという言葉はどちらで使用することが多いですか?

女性の社会的立ち位置を主張

まず女性の社会的立ち位置を主張するという意味があります。

これは女性の人が今の社会、特に差別などに関して不満があると言って活動をするというようなものです。

男女平等というような言葉をよく聞きますよね。

女性の社会的立ち位置を主張ということは、男も女も平等に見て欲しいという意味が込められています。

特に女性の方を主張するということは女性にも権利があるということを言っているので、この様な活動というのは全国的におこっているのです。

女性の権利拡張を主張する人


女性の権利拡張を主張する人でもあります。

権利という言葉はよく聞くと思いますが、今の社会では基本的に中心となっているのは男性というイメージが強いのではないでしょうか?

「男はこうだけれど女はこうだ!不満がある!」というような人達が主張をして活動をすることをフェミニストと言います。

なのでフェミニスト自体の意味として女性の権利拡張を主張する人のことを指すのです。

男女平等を訴える人

また男女平等を訴える人という意味もあるでしょう。

男女が平等かという問題は昔から続いていますよね。

中にはその差が激しい国もあるでしょう。

この様なフェミニストは日本だけではなく全国各地にいるので、それを主張するという人は数も多くいるのではないかと思います。

女性に対して甘い男

ではもう1つの意味のフェミニストとは何でしょうか?これは元の意味が主張をする人ということですが、そこから派生をして女性を大切に扱う男性のことをフェミニストとも言うようになりました。

この言葉の意味を持つ国というのは実は日本だけです。

日本にしかこの様な言葉は通用しないのです。

女性に対して甘い男の人というのは多いのではないでしょうか?その様な男性は女性に対して優しい、大切にしているというイメージが強いですよね。

ですが逆に嫌われたり嫌がれることもあります。

女性を大切にするというような男性というのは基本的に多いようにも思えますよね。

ですが極端なフェミニストというのは女性の気持ちを優先したり、女性の考えなどが解りとにかく女性がまずは第一だと考えるような人のことを言うのです。

そのような人を見かけたりしたことはありませんか?

レディーファーストというような言葉もありますが、限度というものがありますよね。

女性に対して甘い男のことを日本ではフェミニストと言ったりもするので、この意味をしっかりと覚えておくようにしましょう。

女性を大切にする男性

女性を大切にする男性というのは女性から見ると魅力のあることなのではないかと思います。

ですが男性から見ると女性を大切にするというのは間違いではないと感じる人も多いはずです。

ではフェミニストと呼ばれる原因というのは何だと思いますか?男性でも中には本当のフェミニストというような人もいるでしょう。

しかし女性を親切に優しく接しているだけという人もいるはずです。

決してフェミニストではないのにその様に思われてしまうなんていう人もいるかと思います。

言葉というのは時には間違った方向で捉えられることもあるでしょうが、女性を大切にする男性というのもフェミニストと言います。

ですが親切や優しさで普通に接しているという人もいるので、言葉を選んでから発言をするように注意をしましょう。

女性をちやほやする男性

女性をちやほやする男性ということでもフェミニストと呼ばれます。

軽く言うとイメージでは盛り上げたり、優先的にさせたりというような行動がやたらと多いという人がいますよね。

よくあるのは紳士的な態度というような表現をすると思います。

ですが女性をちやほやしすぎたりしてしまうと、逆に周りからフェミニストなのではないかという不安がよぎってしまうこともあるでしょう。

フェミニストは良い悪いというのではなく、批判なども多いです。

なのでその様な男性を見て決め付けるということはないようにしましょう。

ですが過度にその様なことをしている場合は、もしかするとフェミニストの可能性があります。

女性の場合はどの様にして相手と接するのかを考えてみても良いかもしれませんね。

この意味は日本特有のもの

この様な意味は日本特有のものです。

フェミニストという言葉の元の意味から派生して出てきた言葉でもあります。

なので意味が2つあるというのも実は日本だけです。

ですがフェミニストということ自体をあまりよく思っていない人達は多いでしょう。

普通に男女平等で良いのではないかと思う人もいるからです。

意味が違えど様々な演説をしている芸能人の人や有名人の人もいるでしょう。

その際は女性を大切にしている男性という意味なのではなく、本当に女性権利拡張を主張している人なのではないかと思います。

フェミニストというのは全国的に問題になっていますが、ニュースにもなるほどです。

今の日本ではあまり重要視されていないようにも感じられますが、世界では大きなところもあるということを忘れないようにしましょう。

️フェミニストの歴史

ではフェミニストの歴史についてお教えしたいと思います。

フェミニストというのは19世紀フランスでフェミニズムという言葉が生まれたことから始まります。

そしてそれは男は外、女は家というような傾向が強くなっていったので世界各地で運動がおこるようになるのです。

そして女性の労働運動もはじまりその後に、フェミニストというものが誕生したということになります。

この様に見るとフェミニズムという言葉はつい最近できたようにも思えるのではないでしょうか?

まず男は外、女は家という傾向は今でもあるかもしれないと思う人もいるでしょうし、なるほどと理解する人も多いはずです。

ですがこの運動というのはあまり良くないようにも思えるという人も多くいるということになります。

そういうものではなく、もっと普通に考えるべきなのではないかと疑問に思う人も中にはいるのではないでしょうか?

19世紀フランスでフェミニズムが生まれる

まずフェミニズムという言葉が生まれたのが19世紀です。

元々フェミニストというのはフェミニズムという言葉からきているのです。

このフェミニズムというのは先ほども意味で言ったように女性の権利などを拡張しようとするような運動、女性の解放をするような運動ということを全て含めてフェミニズムと言うようになります。

これが生まれたのが19世紀ということになります。

この運動により世界などは大きな変化を与えるようになったというのも事実です。

「男は外、女は家」という傾向

男は外、女は家というような傾向があったからとされています。

これはどういう事かと言うと今でも多いと思いますが、男が働いて女は家で家事をするというような家庭が多いですよね?

これを常識と思っている人もいるでしょう。

ですがこの傾向というのを無くして女性も働いて良いのではないか、女性もその様な権利があるのではないかというようなことがあったため、フェミニズムというようなことがおこったのです。

簡単に言うと「女性も男性と同じように働いても良いじゃないか!」というようなことの運動ということです。

今ではもっと主張などの運動もあるため簡単に例を出しましたが、この様な傾向が強い状態にあったためだったのではないでしょうか?

世界各地で共産主義運動

世界各地で共産主義運動なども起こるようになります。

これにより女性の労働などを訴えたり権利などを主張する人も多く現れたのです。

この年代になると世界各地で様々な運動がおこるようになりました。

その影響もあり女性も働いたりしても良いのではといような運動が多くなったのです。

女性の労働運動もはじまる

そして女性の労働運動も始まることになりました。

女性も男性と同じように平等で働くことができて、その影響により更に運動も高まるようになったとも言われています。

ですが今ではこの様な運動をするという人が少ないようにも感じますよね。

現実的に見てフェミニストという人は少ないのではないかと思います。

良いと思っている人も多いですが女性でもそれには反対だと思う人もいるということなのです。

戦後1960年代、女性の労働運動が活発化

戦後の1960年代になると女性の労働運動が活発化するようになります。

これは戦後中に男性がいない中で女性も働くことができるという自信がついたことから更なる運動が出てきたのです。

これ以降に本格的にフェミニストの人達も多くなったり、その専門の政治家や、学者の人達が多く誕生したとも言われています。

日本での歴史的フェミニスト

ではこの様な運動というのは日本ではあったのでしょうか?それは日本でもあったということが正解です。

歴史的なフェミニストとしても名前を知られている人達ばかりだと思います。

では日本でのフェミニストの人達はどの様な人達がいるのか、その代表の3人を見てみたいと思います。

平塚らいてう

平塚らいてうという女性がいました。

思想家でもあり評論家でもあって作家でもあった人物です。

この平塚らいてうさんは戦後に日本共産党の同伴者として活動をしており、婦人運動と共に反戦・平和運動を推進した人物でもあります。

他の地域での反戦運動などにも参加をしており、「女たちはみな一人ひとり天才である」という宣言し運動をしていたと言われています。

この人は代表的なフェミニストの1人なのではないかと思います。

特にこの「女たちはみな一人ひとり天才である」というような言葉はまさにそうなのではないかと思うのです。

上野千鶴子

上野千鶴子という女性もいます。

この人は日本のフェミニストであり、社会学者でもあるのです。

この人は有名な論争でアグネス論争というものがあります。

アグネス論争というのはいわゆる子供を連れて出勤をするというようなものであり、これは大きく批判などもありながら論争が続いたとされています。

その際にこの上野千鶴子さんが加わることで批判派だったのが逆転するほどだったとも言われています。

市川房枝

市川房枝という女性もいました。

この人は日本の婦人参政権運動を主導した人物です。

「国際連合に日本人女性を送り出したい」と考えて実際に加わるように説得しそれを承諾させたというようなこともあります。

️フェミニストの見分け方

昔からあるフェミニストですが、いかがでしょうか?とても難しい問題だと思いますよね。

今でも積極的に活動をしていたりする人もいるのではないでしょうか。

今後もこのフェミニストというのは社会的にも大きく動くこともあるでしょう。

ではフェミニストの見分け方についていくつかお教えしたいと思います。

フェミニストというのは先ほども言ったように主張をしたりする人ということですが、日本では女性を大切にするというようなことですよね。

ではこのフェミニストはどういったことで見分けなどをつけることができると思いますか?例えば偏見で見る人かどうかとうことでも実は見分けることができるのです。

他にも感情的になるかどうかというところでもフェミニストかどうか判断をすることができます。

男性の女性を大切にするような人というのは中々見分けることができないというような人もいるのではないかと思います。

中には判断をしかねないという人もいるでしょう。

また偽フェミニストというような言葉もよく聞くと思います。

偽フェミニストというのは女性を一見大切そうにしているように見えて実はそうでないという人達のことを言います。

よく付き合っている時や結婚した後にわかることですが、本当はこの様に思っているというようなボロがよく見える時期というのがあったのではないでしょうか。

女性からして見る男性というのは優しさだけでは全てが見えないですよね。

本当にそう思っているのか不思議になったりするような人もいるでしょう。

またその様に嘘、偽りのフェミニストが嫌いだという人もいるでしょう。

嫌な思いはしたくありませんよね。

ではどの様なことで見分けることができるのか詳しく見てみたいと思います。

今回のフェミニストは男の人が女性を大切にするという意味のフェミニストについてです。

主張などの意味ではないので注意をするようにして次を見てみましょう。

偏見があるかどうか

まず偏見があるかどうかを見ることが大切です。

フェミニストというのは女性を大切にすると日本ではこちらの意味で捉えられることが多いです。

偏見というのは簡単に言うと偏った判断をしていないかどうかということです。

根拠などもないのにも関わらず相手のことを悪く思ったりするようなことも偏見ですよね。

よく独断と偏見というようなこともありますが、この様な時に使われる言葉でもあります。

偏見があるかどうかでフェミニストなのか偽フェミニストなのかといような見分けもできるでしょう。

ではどちらの方が真だと思いますか?考えてみてみましょう。

偏見で物を見る人

偏見で物を見る人はフェミニストではありません!偽フェミニストの方になってしまいます。

偏見ということは偏った考え方しかできないというようなことですよね。

例えば相手の人はこんな人だから絶対にこうだろうというような決めつけのようなこともあるのではにかと思います。

その様な目で見るという人はフェミニストとは言えませんよね。

常に相手を見下してしまったりするような人は偽の可能性が高いです。

相手を大切にしているのであればその様なことはしないということもあるでしょう。

偏見で判断しない人

偏見で判断をしない人はフェミニストです。

いわゆる真の方にあたります。

偏見で判断をしないということはよくそれを確かめたり、自分で確認をするまでは判断をしないというような人です。

この様な人は基本的に相手のことをよく見て行動をする人が多く、勝手な判断なのでは行動をしないという男性が多いでしょう。

また家でも喧嘩などがあった際には相手にちゃんと聞くというようなことから始まると思います。

常に「こうなの?」というようなことを聞く男性はいませんか?

女性を優先して「こうういうこと?」とちゃんと確認を入れてくると相手も理解してくれると思いますよね。

この様な人は真フェミニストであるのではないでしょうか。

感情的になるかどうか

感情的になるかどうかというところでも見分けることができます。

直ぐにキレてしまったりする人もいるでしょうが、中には冷静になって考えたりするような人もいるでしょう。

ではどちらが真フェミニストでどちらが偽フェミニストだと思いますか?よく感情的になって行動をするというようなこともありますよね。

その感情的というのはいわゆる本心が出てしまうことでもあるでしょう。

感情的というのは何を言っているのか忘れてしまうほどにもなります。

冷静であればあるほど自分のことを見つめなおし、相手のことを理解できたりもしますよね。

直ぐに熱くなってしまい、色々なことを言ってしまうという人いませんか?ではどちらがどうなるのか詳しく見てみたいと思います。

すぐキレる短気な人

すぐキレる短気な人というのは偽フェミニストの可能性が高いです。

相手のことを考えずに自分のことしか考えず、直ぐ感情的になってしまうと相手のことを気にせず酷いことを言ったりするような人もいるのではないでしょうか。

その様な人は偽フェミニストの可能性が高いということを覚えておくようにしましょう。

すぐキレるということは相手に対して不満や不安なことがあるということです。

イライラをしてしまったり、何かあると直ぐに怒るというような態度は女性からするととても嫌ですよね。

また大事にしてくれるというのにも関わらず喧嘩などですぐキレてこの様なことを取っていると本当に大事にしてくれているのだろうかという疑問にも繋がるのではないかと思います。

そんな時はまず他の人に聞いてみたり相談をしたりするのも良いかもしれません。

冷静に理解を優先する人

冷静に理解を優先する人もいると思います。

この様な人は常に相手のことを理解し、自分も落ち着いて冷静になって話すことができるので真フェミニストと言えるでしょう。

冷静になるというのは感情的になるかどうかで言うととても良いことです。

常に物事を冷静に捉えることで様々なトラブルがおこったとしても力になってくれたりするような人が多いのではないでしょうか?

特に男性でこの様なことをしているという人は、女性を大切にしていると同時に他の女性たちからも信頼が厚い傾向があります。

仕事場などでは男女問わずに頼られる存在にもなるのではないでしょうか。

冷静に理解を優先に考えるというのは実はとても良いことです。

家事や育児ができるかどうか

家事や育児などができるかどうかというのにも偽フェミニストか真フェミニストかで分かれると思います。

例えば結婚などをすると必ず家のことはどちらかがしないといけないですよね。

最近では主夫というような人もいるでしょう。

女性が働きに出ていて男性が家事をするなんていうような家庭もいると思います。

家事や育児ができるかどうかというのはとても大事なことであり、家庭を支えるための1つでもありますよね。

ですが結婚をする前に家事もするよと言った人が、実際に働いてみると家事を一切しないというような人が多いのではないでしょうか?

口先だけの人になっていたりしませんか?ですが本当に家の仕事もしてくれるというような人もいますよね。

代わりに掃除や洗濯などをして相手の負担を減らしてくれるなんていう人もいると思います。

では家事や育児ができるかどうかというのはどちらが真フェミニストでどちらが偽フェミニストでしょうか!

もう解るという人もいるかもしれませんが、見分ける方法としては良い方法だとも思います。

口先だけの人

では口先だけの人はどうかと言うとこちらが偽フェミニストになります。

口先だけの人というのは基本的に口では達者なことを言いますが、実際には行動をしない人が多いです。

また、口先だけということはそれほど口ではいろいろと文句を言ったりするような人も多いでしょう。

この様な人は相手のことを何とも思っていないというようなことが多いです。

大変というのは解っていても疲れていてしたくないという人もいるでしょう。

一番良いのは手伝ってくれたりすることですが、全てをやらせるとそれはまた違うことになりますよね。

ですが口先だけで家事などを手伝わない、育児を手伝わないという人は偽フェミニストなのではないかと思います。

家の仕事ができる人

では家の仕事ができる人というのはどうでしょう。

こちらの方は真フェミニストになりますよね。

ですがここで注意が必要なことがあります。

家事を手伝う、育児を手伝うというようなことは大丈夫ですが、一番ダメなのは全て相手に任せるということです。

手伝ってくれるから全て任せるというのはそれはフェミニストというようなものではなく、どちらかというとメイドや執事に近いものを感じますよね。

家の仕事ができるという人は適度に週に数回でも手伝いをしてくれたり相手の負担を減らそうと頑張ってくれます。

ただでさえ仕事にも行っているのにこちらの方も手伝ってくれるような男性というのはとても素敵に思いますよね。

家の仕事ができる人というのは少ないようにも思えますが、もしかするとその様な男性にもめぐり合える可能性があるのではないでしょうか?

️偽フェミニストには注意しよう

いかがでしたか?フェミニストについてお話しをしましたが、多くのことについて知れたのではないかと思います。

フェミニストにはまず2つの意味が日本ではあるということを覚えておくようにしましょう。

そしてその言葉を使う際には使う場所や使いどころを間違わないようにするというのが大事です。

仮に間違えてしまうと批判なども多く出てくるのではないでしょうか?

主張などの意味の方に関してはあまりよく思っていない人もいると思います。

意見はそれぞれ違うので、今後がどの様な展開になるのかというのもあるでしょう。

そしてもう1つの意味である女性を大切にする男性というのは見分け方をお教えしました。

フェミニストには本当にその様な人もいれば、口先だけであったり嘘の偽フェミニストもいます。

女性であれば誰もが手伝って欲しいと感じたり大切にしてほしいと思いますよね。

特に家族の問題ではこの様なことで離婚になってしまうなんていうような案件も多くあるでしょう。

例えば相手が何もしてくれないというような形で喧嘩になりそのまま離婚をするということもあります。

ストレスを抱えてしまうのは片方ではなく両方ということになるので、お互いに亀裂が入ってしまうと取り返しのつかないことになってしまう可能性もあります。

この様なことがないようにお互いのことをちゃんと確認しあうことが大切です。

男性が大切にしてくれるからと言って女性の方も適当にしないというようなことはやめるようにしましょう。

そして偽フェミニストは必ずいる人はいるので注意をするようにすることが大切になります。

フェミニストというのは歴史も多いですが日本ではこちらの意味で捉えられることが多く、海外でこの様な表現はしないようにしてくださいね。

【フェミニストと言われる人の特徴は、こちらの記事もチェック!】