ひきこもりについてどのようなイメージを持っているでしょうか。

ひきこもりと言うとネガティブな印象があり、暗いイメージを持っている方が多いと思います。

ですが、ひきこもりはただ暗いからひきこもっているのではなく、何か理由があってひきこもっていることがほとんどです。

その理由が分かり、対処すればひきこもりを治すこともできるかもしれません。

子どもがひきこもりになってしまった、恋人がひきこもりになった、と悩んでいる方は、ひきこもりの原因にどのような性格があるのか、
どのような方法で引きこもりを治すことができるのかについて見てみることにしましょう。

原因と対策が分かれば、引きこもりを治すこともできるかもしれません。

諦めずに、まずは色々なことを知ることから始めましょう。

ひきこもりになりやすい性格とは?

ひきこもりは、誰もが鳴るというわけではありません。

ひきこもりになりやすい性格があり、以下の条件の当てはまるような子はひきこもりになりやすいと言われています。

もちろん、色々な精神的な作用が原因なので、必ずしも下記の特徴がある子がひきこもりになるわけではありませんし、

普段は明るくて利発な子でもひきこもりになることがあります。

下記の特徴は指標の一つとしてとらえてください。

おとなしくて優しい子に多い

まず、ひきこもりになりやすいのは、大人しくて優しい子です。

比較的、明るくて利発なこの場合には、外に向けて感情を発散することができるので、ひきこもりにはなりにくいでしょう。

そうした子がひきこもりになるときには、性格さえも変わってしまうようなショッキングな出来事があったときです。

大人しい子は、自分の主張を通すことが苦手なので、何か悩んでいることがあっても、それを自分の中にとどめてしまいます。

まして、優しい子では周囲を傷つけることを怖がるので、自分が本当に思っていることや、本当にしたいことを口にすることができないのです。

外に発散することができない思いが鬱屈して溜まっていくと、それが大きなストレスとなります。

そして、次第に人と会うことが辛くなっていってしまうのです。

相手のことを思っているからこそ、人との交流が苦痛になってしまうのですね。

人との交流が苦痛になってしまうと、最終的にはひきこもりになって、外部との交流を避けようとしてしまいます。

これが問題になるのです。

ネガティブ思考

ネガティブな思考の人もひきこもりになりやすいものです。

ネガティブで相手のことを信じられないので、人間関係を築くのが苦手です。

また、人と交流した後に「この人は自分のことを悪く思ったにちがいない」「もしかしたら嫌われたかもしれない」「笑われているかも」「悪口を言われているかもしれない」と考え始めると、人との交流などできるはずがありません。

人からの評判が気になって仕方ない上に、それが悪い方向にしか考えられないのは苦痛です。

そのため、苦痛の元となる人間関係を断ち切ろうとしてひきこもりになってしまうのです。

また、ネガティブ思考の人は、自分の対応に対する後悔も大きいものです。

人からの評判が気になるだけではなく、相手の言葉に対する自分の言動が正しいものであったのか、間違いがなかったのかということが異常に気になるのです。

そして、過去を振り返って、少しでもダメな点が見つかった時には、「こんな対応を取っていたら嫌われる」と悪い方向に感じてしまいます。

そのため、ひきこもって誰とも交流しない生活をしている方が楽なので、外部との交流を断ち切ろうという気持ちになるのです。

ひきこもりを治すためにやってみたいこと

ひきこもりを治すためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか。

恋人や自分の子どもがひきこもりになってしまった場合に、一般的にとても有効な手段をいくつかご紹介します。

まずはひきこもりになってしまった場合には、これらの方法で相手の心を開かせることを考えましょう。

出てきてほしいとプレッシャーをかけるのは良くないので、以下にあるような方法を利用して、

少しずつ相手がひきこもりから脱してくれないか試してみると良いのではないでしょうか。

1.自分が愛されていることを理解してもらう

ひきこもりの人は、ほとんどの人が人間家系の煩わしさに悩んでいる状態です。

社会生活の中では絶対に人と関わらなければいけません。

その苦痛から逃れるために、外の世界をシャットアウトしてしてしまうのです。

人間関係に傷つく原因はいろいろありますが、相手から拒絶されたり、嫌われてしまったときに、心が深く傷ついて他者を拒むようになってしまうのです。

そのようなひきこもりの人には、愛しているということをきちんと伝えてあげましょう。

世界中の皆が嫌っているわけではなく、きちんと愛してくれる人もいるのだということを分かってもらうのです。

誰か一人でも受け入れてくれる人がいるということは、ひきこもっている人にとっては大きな救いとなるでしょう。

特に、家族の場合には「言わなくても家族として愛していると分かってくれている」と思ってしまいがちです。

ですが、外界をシャットアウトするようにひきこもっている人にとっては、家族の愛さえも疑わしいものです。

そういったときには、しっかりと愛していると伝えて優しい行動をとってみましょう。

相手にきちんと「愛されている」と言うことを理解してもらうことで、固く閉ざされた心が開かれるのではないでしょうか。

2.一人の人間として認めてあげる

ひきこもりの人には、一人の人間として認めてあげるということも大切です。

もちろん、深く傷ついている状態の人を、庇護して上げることは大切です。

ですが、自尊心が傷ついている状態の人を、ただ甘やかすだけではいけません。

一人の人間として尊重しているのだということを示してあげましょう。

特に、ひきこもっているのが小さな子どもの場合には、相手を子ども扱いして甘やかしたり、逆に、厳しくし過ぎてしまうこともあるかもしれません。

ですが、それでは、いつまでも自分のうちに引きこもったところから出てくることができないでしょう。

時には、相手を一人の人間として認め、話を聞いて、相手のことを尊重して上げることも大切です。

ひきこもっている相手だからと言って否定するようなことはせず、だからと言って甘やかしすぎることもせず、

しっかりと一人の人間として扱ってあげているというようなところを見せてあげてください。

3.一人の時間を作ってあげる

ひきこもりの時には、家族は焦ってたくさん話しかけようとしてしまうかもしれません。

それは、相手に引きこもりをやめてほしいからでもありますし、

相手がひきこもりをしている中で自分の殻に閉じこもってしまうのではないかと不安な気持ちがあるからでもあります。

ですが、それが逆効果になってしまうこともあるのです。

ひきこもりになってしまっている人間は、深く思い悩んで、色々なことに傷ついてしまっています。

その傷に苦しんでいるときに、誰かにひっきりなしに話しかけられている状態だと、精神が消耗してしまうでしょう。

悩んでいるときには、一人で静かに自分のことを考える時間を作ってあげることも大切です。

ひきこもりの時に一人きりにするなんて、と不安に感じることもあるかもしれませんが、ある程度話をした後には、少し自分一人の時間を作ってあげるようにしてください。

一人で色々なことを悩んで考えている時間が気持ちを落ち着かせ、引きこもりを解決してくれるかもしれないのです。

4.安心できる場所を作ってあげる

ひきこもりを治すためには、相手が安心できるような場所を作ってあげることが大切です。

ここにいれば大丈夫、ここに帰ってくれば怖いことなど何もないというように思ってもらわなければいけません。

ひきこもりの人は、人間関係から逃げるためにひきこもっていることがほとんどです。

どこにいても安心することができないような空間では、精神的に追い詰められてしまうでしょう。

そして、狭い世界の中に閉じこもってしまうようになるでしょう。

安心できる場所を作ってあげると、そこを足場のようにして、広い世界に出ていくことができます。

安心して自分の本音を話すことができ、そこでは悩みを忘れていられるような絶対的に安心の空間を作ってあげることで、

外で感じた人間関係の煩わしさや悩みを忘れることができるかもしれません。

ひきこもりの人にとって、安心できる場所がなくなってしまうような行動をとるのではなく、

むしろ、家の中や家族の中では心から安心することができるというような状態にしてあげてください。

もし、ひきこもっている状態の時に、家の中でも居場所を失ってしまったら、どうしていいか分からなくなってしまいます。

子どもや自分の家族がひきこもっているときには、どうしてそうなっているのか分らずにイライラすることもあるでしょう。

ですが、その気持ちを抑えて、家の中での居場所を失わせないようにすることが大切です。

5.子供の意見を共感してあげる

子どもがひきこもりになってしまったときには、子どもの意見に共感して上げることも大切です。

子供の意見に反論してしまうと、子どもにとっては味方がいないように感じてしまうのです。

親は、何があっても自分の見方でいてくれるという安心感があってこそです。

子どもが本当に悪いことをしたわけではなく、人間関係に悩んでひきこもりになってしまったときには、その意見に共感して上げることも大切です。

もちろん、親としてはひきこもりなどやめさせたいでしょうから、反論したくなってしまうこともあるかもしれません。

親の目から見ると、ひきこもりの理由が小さなものに思えてしまうかもしれません。

ですが、子どもが本当に悩んでいることを頭から否定してしまうと、子どもにとっては「誰も自分の気持ちを分かってくれない」「一人ぼっちの気分」になってしまうのです。

色々なことを話して、引きこもりをやめさせたいと思うのは当たり前です。

ですが、相手に共感してあげることで、子どもを安心させてあげることも必要です。

本人の気持ちを理解しておく

子どもの話を聞くときには、本人がどのようなことを言ってほしいと思っているのか、想像して聞くことができると良いですね。

子どもが味方になって星と思っているのか、喝を入れてほしいと思っているのか、

また、何に悩んでおり、ひきこもりの原因が何であるのかを理解しておかなければいけません。

ひきこもりの時には精神的に不安定な状態になっていますから、少しでも対応を誤ると、相手がさらに内に引きこもってしまう可能性があります。

相手に理解を示すような言動をとるように注意しつつ、相手の気持ちがどのようなものであるのか敏感に察知できるようにしてください。

6.ひきこもりを否定しない

ひきこもりを治したいからと言って、引きこもりを否定するのはしてはいけません。

確かに、ひきこもりは社会生活を適切に営むことができていないという点ではダメなことでしょう。

世間体も悪いですし、将来のことも心配になってしまいます。

それは、周囲の人間から見れば明らかなことです。

ですが、だからと言ってひきこもりを否定してはいけません。

ひきこもりを否定するということは、ひきこもることで自分の心を守ろうとしている人間そのものを否定するということになってしまいます。

ひきこもりを否定するのではなく、人間は時にはそんなこともあるというように話をするようにしてください。

「ひきこもりをするなんて人間の屑だ」「まともな人間ならひきこもりなんてしない」「みっともないことはやめなさい」と、

相手の人格まで否定するようなことを言うと、ますます自分の内にこもってしまうでしょう。

ひきこもりを見守るのは、見守る側としても辛いことがあるでしょう。

相手のことを責めたくなってしまうことも、諫めたくなることもあるかもしれません。

ですが、相手を否定しないことが大切なので、ひきこもりと言う行為を真正面から否定するような酷なことはしない方が良いでしょう。

きっかけを調べておく

相手にひきこもりを止めるように説得したい時には、ひきこもりの原因やきっかけを調べておくことが大切です。

それは、相手を説得するときに必要になる材料なので、必ずきっかけを調べておきましょう。

何も知らない相手に「ひきこもりをやめろ」と言われても反発を招くだけです。

何も知らないのに、相手のことを説得するのではなく、相手のことをしっかり理解できるように努めましょう。

何も知らないままに引きこもりをやめさせようとすると、相手にとってはひきこもりを全否定の言葉に思えてしまうからです。

7.本音で会話をする

本音で会話をするということも大切です。

相手が本当に心の中に秘めているのが何なのか、何に思い悩んでひきこもってしまっているのかというのは、相手に聞いてみなければわかりません。

相手の辛さを想像して対策をすることはできますが、それでは、相手にとって見当違いの慰めになってしまっているかもしれないのです。

本当にひきこもりの対策を取りたいと思っているのなら、相手と本音で会話をできるように努力しましょう。

ひきこもりになっているとき、ひきこもりになりそうなときには、心を閉ざしてしまっている人が多いようです。

ですが、その心の扉を開くことで、ひきこもりを治すことができます。

また、適切な対策を取るというためだけではなく、相手にとっても本音を話してもらうことは良いことです。

人は、自分の口で語ることで頭の中を整理することができます。

また、内に秘めたフラストレーションやストレスを発散することができるのです。

誰かに本音を聞いてもらうことで、もう一度頑張ろうと思えるかもしれません。

相手が心の内にため込んでしまっている鬱屈とした思いを解放してあげることで、ひきこもりからも解消されるのではないでしょうか。

8.カウンセリングに相談

ひきこもりになってしまっている場合には、心身のバランスを崩してしまっている可能性もあります。

軽い鬱になっていることもありますし、不安症に陥っていることもあります。

何かトラウマがあってひきこもりになっているケースの時には、PTSDや不安症が原因であるということもあります。

広場恐怖症などの症状が出て、家から出られないという可能性もありますので、そう言った場合には専門家の助けを借りることも大切です。

心療内科、精神科と言うと敷居が高いようにも思えてしまいますが、軽い症状の内に精神科に言っておくというのは大事なことです。

本当に心の病気であるのなら、早めの治療が一番良いのです。

何をしても引きこもりを治すことができないというときには、カウンセリングに相談してみましょう。

ただし、ひきこもりが長期化してしまうと、カウンセリングに行くことさえも嫌がられるということもあります。

初期に、本人がきちんと危機感を持っているうちにカウンセリングに連れて行って、ひきこもりを治す努力をした方が良いでしょう。

子供がひきこもりになる原因と対策は?

自分の子どもがひきこもりになってしまったら、そこにはどのような原因があるのでしょうか。

子どもが学校に行かずにひきこもってしまった場合には、親のショックも大きいでしょう。

ですが、ひきこもっている子どもの心情を考えると、親がショックを受けている場合ではありません。

小さいうちのひきこもりが長期化してしまうと、自分の人生を大きく悪い方向に変えてしまう可能性が高いのです。

少しでも早く、元の生活に戻れるように親が方向を示してあげなくてはいけません。

そのためには、原因をまず考えましょう。

子どものひきこもりと一口に言っても、様々な原因があるので、子どもの話や普段の環境を考えて原因を特定しましょう。

原因は一つではない可能性もあるので注意してくださいね。

原因が分かったら、それに合わせた対処をすることができるはずです。

親が無駄にプレッシャーをかけすぎることのないよう、見当違いの対策を取ることがないように、しっかりと原因を見つめてみることが大切です。

【原因】親の期待がプレッシャーになり重荷になってしまう

【対策】期待を押し付けない

子どもの場合には、子どもの世界で広がっている子どもの中での人間関係だけではなく、親との人間関係もひきこもりの原因になります。

特に、小さな子どもの場合だと、親のプレッシャーを真正面から受け止めてしまう子が多いので、

それが重責となって精神的に耐えられなくなってひきこもっているのかもしれません。

小さいうちに大きすぎるほどの期待をかけられてしまうと、親の期待からのプレッシャーがストレスになって、次第に親とのかかわりを持ちたくないと思ってしまうようになります。

外に出て子どもの中で人間関係に加わる前に、家の中での人間関係に押しつぶされてしまうのです。

子どもに期待しない親はいませんが、過度のプレッシャーをかけることで、子どもの精神が押しつぶされてしまうようなことがないように、自分の期待を押し付けるのはやめましょう。

もし、子どもに「期待しているからね」「できないなんて言わないよね」というようなプレッシャーを普段から駆けている自覚があるのなら、まずはそうした点を反省しましょう。

そして、ひきこもり宙の子どもには言わないように気を付けてください。

ひきこもりになってしまうほどに親からのプレッシャーが重いのに、ひきこもった後にまで重荷を背負わされてしまうと、ひきこもりから復活することができなくなってしまいます。

親は自分の言動を改めるようにしてください。

【原因】人より劣っている事を目の当たりにすると深く傷つく

【対策】兄弟や他人と比較しない

「他人は他人、自分は自分」と考えることができるようになるのは、ある程度の年齢がいってからです。

20代くらいになると、ある意味で諦めも含んだ達観の気持ちを手に入れることができるでしょう。

ですが、子どもの場合にはそれができません。

人より劣っているという事実を受け入れるのは大人でも辛いですが、子どもの場合だと、その気持ちをストレートに目の当たりにして傷つくことがあるのです。

子どもの自尊心はむき出しの状態です。

大人のように、自分の自尊心を守る術を知りませんし、自分がどの程度の人間であるのかと言う自覚もありません。

その状態で、人より劣っているということを目の当たりにするのはショックです。

人と比べたくない、人に劣っている自分を自覚したくないという気持ちが、社会をシャットアウトする原因にもなるでしょう。

このことが原因でひきこもりになってしまった子には、兄弟や他人と比較するようなことをしないという姿勢が大切になります。

どうしたって人間は、誰かに劣っているようなところがあるでしょう。

ですが、そこをわざわざ指摘するのではなく、できることを褒めるのです。

そして、劣っている部分が気にならなくなるくらいに自尊心を回復させてあげましょう。

特に、兄弟同士では能力の差は目の当たりにする機会が多いと思います。

ですが、それをわざわざ指摘して、敗北感を押し付けるようなことはする必要がありません。

【原因】親にも理解されない、誰も分かってくれないと思う

【対策】頭ごなしに批判をしない

子どもの内は親は絶対的な存在です。

その親から理解されないというのは、子どもにとっては絶望に近い感情を抱くものとなります。

親から理解されないことで卑屈になって、外に出ていく気にならないひきこもりもあります。

この場合のひきこもりは、自宅殻でないと言うだけではなく、自室から出ない状態になってしまいます。

親の話も気候とはしないでしょう。

親から理解されない自分を自覚したくないために、親との交流も拒んでしまうのです。

そういった傾向のあるひきこもりの場合には、相手のことを頭ごなしに批判するのは辞めましょう。

相手のことを頭ごなしに批判すると、相手は「自分のことを分かってくれない」「受け入れてくれない」と思ってしまいます。

相手のことを受け入れる、理解したいという気持ちがあるということを示すためにも、相手の話を聞きもしないで批判するような姿勢は改めましょう。

その上で、子どもにとっての良い聞き手となる努力をすることがひきこもりの解決の手段となります。

【原因】親の愛を感じれない

【対策】何があっても子供を愛してあげよう

親の愛が感じられないということもひきこもりの原因の一つになります。

これは、精神的に社会をシャットアウトしたいのではなく、親に訴えかける手段の一つとしてひきこもりを行っているパターンです。

子どもとの関係がうまくいっていない時だけではなく、親が仕事で忙しくて、あまりかまってあげられていない時などは、

子どもがいつの間にかひきこもってしまっているということもあるかもしれません。

親の愛が感じられないことが原因のように思えたら、きちんと愛を伝えてあげることが何よりの解決策です。

子どもにとって親は絶対的な存在の一つです。

親からは愛されて当たり前なのです。

その愛情が子どもに蔦渡っていないということは、子どもにとっては大きなストレスになるでしょう。

仕事が忙しい時でも、子どもとのコミュニケーションを取ることは忘れず、しっかりと子どものことを愛してあげるようにしてください。

【原因】ストレスが溜まって精神的に不安定

【対策】運動などでストレス発散の機会を定期的につくってあげる

子どもと言えど、様々なストレスがあるでしょう。

ひきこもりの原因を考えても、大きなものが思い当たらないという場合には、些細なストレスの積み重ねであると考えることもできます。

一つ一つは大きなものではなくても、いくつかのストレスが重なってしまうことで、心が悲鳴を上げるのです。

子どもの場合には、上手なストレス発散の方法も知らないということがありますので、ストレスがたまる一方だということもあります。

 
小さなストレスが重なったことが社会のシャットアウトの原因になっているのなら、ストレス発散の機会を作ってあげてください。

子どもが好きなことを思い切りやらせてあげることも大切ですし、運動などを生活の中に取り入れて発散させてあげることも大切です。

ただし、親のそうした気遣いがストレスの一つになることがないように、子どもの感情をきちんと読み取ってあげてくださいね。

【原因】人間関係がうまくいかない

【対策】学校での人間関係を細かく気にしてあげる

子どものひきこもりの原因として大きなものが、学校での人間関係がうまくいかないというものがあります。

子どもの世界でも社会生活というものがあり、人間関係の中にうまく溶け込むことができなければストレスになります。

また、子ども同士でのトラブルは「大人の解決」「大人の対応」ができないために、ぎすぎすしたものになりがちです。

そうした子供社会でのトラブルが原因でひきこもりになってしまう子には、学校での人間関係を細かく気にしてあげることが大切です。

子どもが学校の中で何を悩んでいるのか、どんな子とトラブルになってしまうのかということは把握するようにしましょう。

その上で、何かアドバイスできるようなことがあればしてあげるようにしてください。

また、もし、子どもがトラブルに巻き込まれて困っている場合には、しゃしゃり出ないように気を付けながらも、子どもの心のフォローをしてあげましょう。

最後に

いかがでしたか?

ひきこもりの対策には上記のようなものがありますので、それを参考にして引きこもりを早めに治すことは大切ですね。

ひきこもりが長期化しないよう早めに行動しよう

自分の子どもや恋人、友人がひきこもりになってしまった場合には、様子を見るのではなく、すぐに行動をすることが大切です。

なぜひきこもるかと言うと、ひきこもっている方が楽だからです。

上述のように、引きこもっていることで煩わしい人間関係に悩むこともなくなり、人との距離を測る必要もなくなるのが楽だからです。

それは一種の逃げだと言えるでしょう。

逃げることは必ずしも悪いことではありませんが、一度逃げてしまうと、なかなか元に戻ることができません。

様子を見ている間に「逃げの楽」を覚えてしまうと、そこから元の生活に戻るのは難しくなってしまうのです。

いきなり学校生活や社会生活に出す必要はありませんが、ひきこもりから長期化しないように注意することは必要です。

相手にプレッシャーをかけないようにしながらも、長期化しないような対策を取る必要はあるでしょう。

時間が経つとどんどん復帰が難しくなる

上述のように、引きこもりは一種の「逃げ」です。

人生の中では逃げが必要になることもありますが、いつまでも逃避している状態では社会生活を営むことはできません。

ひきこもりから時間が経つと復帰はどんどん難しくなります。

ひきこもりを始めたばかりのころは、まだ危機感があるので、誰かの助けがあれば普通の社会生活に戻ることもできるでしょう。

ですが、ひきこもりが長期化すると危機感がなくなって諦めばかりが浮かんでしまいます。

諦めが浮かぶと、元の生活に戻ろうという気概がなくなります。

どんどん復帰が難しくなっていくのがひきこもりなので、長期化しないように早めに手を打つ必要があります。

ひきこもりがどのような原因なのか、どのような対策をとれば長期化しないのか、元の生活に戻すことができるのか。

周囲の人のひきこもりで悩んでいる場合には、その人の気持ちを考えて早めに行動するようにしてくださいね。