手土産として何か持っていく際に何を持っていって良いのか迷ったときはありませんか?

今回はそんなお悩みを解決するための手土産に悩まない手土産のおすすめとはなんなのかをご紹介していきます。

たかが手土産されど手土産ですよ。

️手土産のチョイスはセンスを問われる

手土産のチョイスにはセンスが問われます。

例えば最初に手土産を渡す場合には第一印象を与えるものとなります。

手土産のチョイスによってあなたの性格などが判断されてしまうのです。

例えば先方が甘いものが苦手と分かっているにもかかわらず流行っているからと何も考えずに甘いものを手土産としてしまった場合には嫌がらせ?と思われてしまいますよ。

最後に手土産を渡す場合でもあなたの最後の印象が手土産となる為それまでがどれだけ良い印象であったとしても手土産で一気に台無しになってしまう場合もあります。

手土産のチョイスであなた自身のセンスや印象が相手に残ってしまうのです。

しかも手土産にはチョイスする物だけでなくどこで買ったのかも以外と重要なことになります。

例えば近所のスーパーで買ってきたようなやっつけ感満載の手土産だった場合には近所で慌てて買ってきたんだなと思われてしまいます。

大切な接待のクライアントであった場合には商談がうまくいくものも手土産によって逆にうまくいかなくなってしまう可能性もあります。

この様な場合にはかえって手土産なんて無かった方が良い場合もあります。

手土産を最後に渡す場合にも最後の置き土産として帰ってから中身を確認して何だったのか確かめますよね。

その時に近所のスーパーの大福だった場合どうでしょうか?

近所で売ってるいる物をここに来るついでに買ってきただけで私の為を思って先に買ってきた手土産では無いんだな。

なんて思われてしまいます。

手土産には手土産そのもののチョイスと同時にどこで買っていくのかもとても重要なことなのです。

接待に欠かせない手土産


接待の場では手土産は非常に重要な役割を持っています。

先の手土産による印象の変化でも分かるように相手に与える印象はモノとして残る手土産がかなり重要な役割を担っています。

手土産があるのとないのとではそれはある方が良いに決まっていますが、上に記載の相手が受けとる印象の様に相手のことを思って手土産を買ったのかそれとも買わなければいけないから買ってきたという接待の義務感での手土産なのかは相手はすぐに見抜きます。

貴方の印象は手土産によって左右していると言っても過言ではありませんよ。

たかが手土産されど手土産と思って相手のことを思って手土産を選びましょう。

そんな面倒なことをしていられないと思う人は相手のことを考えられずに多くの損をしている可能性も多いです。

自分の知らないところで価値がどんどん下がっている可能性がありますよ。

相手のことを思って手土産を選ぶことは相手を理解することになります。

相手を理解することが出来れば商談もスムーズに行えますよね。

という事は相手のことを思うことで成功率が上がるという事なのです。

さらには手土産を選ぶ際に相手のことを考えて選んだものであれば話題がなくなってしまい気まずい雰囲気になったとしても手土産についての話題で盛り上がることができます。

先方もそこまで思って買ってきてくれたのかと好印象を与えることができますね。

手土産は選ぶ段階もとても重要なのです。

手土産で印象アップ

手土産があるのとないのとでは相手が受けとる印象は大きく違ってきます。

自分が受け取る場合でも手土産を持ってきた人と持ってきていない人がいた場合には手土産を持ってきた人の方に良い印象を受けますよね。

ただ、手土産のチョイスや物によってはバカにしているのか?という悪い印象を与えてしまうモノも存在します。

印象をアップさせるどころか逆に印象をダウンさせてしまいます。

手土産を持っていく際には先方のことも考えてチョイスする事ができたら最高ですね。

相手に与える印象を良くするためには相手のことを理解して何を上げたら喜ぶかな?迷惑で無いかな?など相手のことを考えることが重要です。

まずは手土産そのものを選ぶよりも相手のことを考えて何がいいかなと考えるようにして下さい。

そうすることで買う場所で迷わずに事前にある程度コレと決めることができます。

ある程度手土産が決まっていたら迷う時間の無駄も無く先方に対しても手土産について明確な理由や話題として話すことができます。

️手土産におすすめな19個のモノ


手土産としておすすめなものを具体的にご紹介していきます。

なぜおすすめなのか逆におすすめなものでも注意点があるものもありますので相手に失礼にならないかなと考えながら選ぶことができるように各注意点も一緒にご紹介しています。

おすすめと言われて持っていったのに相手に良い印象ではなく逆に悪い印象を与えてしまった経験のある人は特に必見です。

何がいけなかったのかが分かりますよ。

お茶

手土産として間違いの無いものと言えばお茶です。

日本人外国人問わずお茶は手土産として好印象を与えることの出来るアイテムです。

ただ、お茶といっても種類は本当に沢山ありますよね。

ウーロン茶に麦茶、緑茶に煎茶、ごぼう茶など種類を上げたらきりがないほど沢山あります。

沢山あるお茶でも特におすすめなのは日本茶と呼ばれるお茶の種類です。

ウーロン茶や麦茶でも良いのですが近所のスーパーで売っているような大容量お茶パックを手土産にしたらどうでしょうか?

悪い印象は受けませんが良い印象も受けませんね。

確かにウーロン茶や麦茶はどれだけあっても困らず飲むことができますので良いのですが…
特別感は無いですよね。

この特別感が手土産にとっては重要なのです。

あなたの為に特別に選んで買ってきた(持ってきた)という事が相手にとって好印象を与えることになるのです。

ということは普段から口にしているお茶(ウーロン茶、麦茶、緑茶)ではなく普段あまり飲むことの無いお茶が手土産としては良いのです。

もっと簡単に言ってしまえばコンビニエンスストアでペットボトルやお茶パックとして売っていないお茶が手土産には良いということです。

分かりやすいですね。

でも、お茶だよね…なんて思っていませんか?
例えば旅先のホテルや旅館で飲むお茶ってちょっと格別な感じがしませんか?
あのお茶を想像して頂くと良いです。

一杯一杯特別感を演出して飲む事の出来るお茶が手土産としては喜ばれますよ。

コーヒー

コーヒーは最近では老若男女問わず幅広い層でたしなまれています。

種類も豊富で選ぶ楽しみもありますね。

先方も今まで飲んだことの無いコーヒーを手土産に頂けたら次の話題作りにもなって最適ですね。

もちろんその場の話題作りにも一役買ってくれます。

ただ、コーヒーの手土産には少し注意点があります。

先方の好みによっては全く飲んでくれない可能性もあります。

また、コーヒー豆そのものを手土産とするのか引いた豆、バックに入った豆、インスタントなど様々な形態があります。

お洒落なだけで選んではそのコーヒーを飲むためのマシンなどが無く返って先方に気を使わせてしまう場合があります。

先方にあるコーヒーマシンを把握してバックの形状や豆のひき方などを選ぶことも重要です。

また、同じマシンでもレギュラー用とエスプレッソ用と異なる場合もありますのであいまいな場合や自身のない場合は専用マシンでなくても飲めるコーヒーにして下さい。

もし不安でコーヒーを手土産にする際に先方の好みやこだわりがあるのでは…などと迷ってしまったらお砂糖もおすすめですよ。

ただのお砂糖ではなくハートやお花、リボンなどを型どった可愛いデザインシュガーなどがあります。

カップの淵に掛けるハトなどもあり男性女性問わず幅広い層におすすめできます。

コーヒーをブラックでしか飲まない人でもお砂糖であれば他の用途にも幅広くお使い頂けますので喜ばれること間違いなしですよ。

コーヒーに迷ったらちょっと特別なお砂糖も有りですね。

紅茶

紅茶もコーヒーに負けず劣らず多くの人にたしなまれている嗜好品ですね。

コーヒー同様に老若男女問わず手土産として最適な品物です。

紅茶は接待以外にも友達やパーティーなど幅広い手土産としても最適です。

種類も豊富でなかにはミルクティー専用の紅茶などもあります。

先方がミルクティーを良く飲まれているのであればミルクティー専用の紅茶を手土産として選ぶことで特別感を演出できて好印象を与えること間違いなしですね。

中でも紅茶の手土産としておすすめなのがタガロングです。

タガロングは紅茶好きな人は知って見えるかと思いますが、はじめて聞く人も多いのではないでしょうか?
タガロングとはTagalongと書きTagとAlongが語源の言葉です。

といっても分かりづらいですよね。

もっとシンプルに言うと一緒についていくなどという意味の言葉なのです。

自分の好きな紅茶を持ち歩いて好きな時に嗜むことの出来る紅茶ということですね。

という事は手土産として相手に気を使わせることなく手渡せる手土産としても最適というわけなのです。

タガロングはそのケースがとってもお洒落で紅茶をあまり得意としない人もタガロングを集めるために購入する人もいるほどです。

最近のSNSやインスタ映えする手土産といっても良いですね。

チョットしたインテリアにすらなってしまうほど可愛くお洒落な紅茶ですよ。

種類も本当に豊富で味などで迷ってしまったらタガロングのデザインでアレンでも良いですよね。

このデザインが似合うと思って手土産で持ってきましたなんて話題作りにもなりますね。

価格もお手頃で800円前後での販売が主流となります。

容量も持ち運び用の可愛いケースには3~5サシェが定番となります。

場合によってはタガロングを数個一緒に手土産にするなんていうのも良いですね。

人数が多いところへの手土産としてはTAGALONGではなくTINCANなども良いですね。

TAGALONGが3~5サシェでTINCANは15~20サシェが入っています。

紅茶専門店ならオリジナルのタガロングがあると思いますので覗いてみても良いですね。

手土産としてではなく自分が欲しくなってしまうかもしれませんよ。

ジュース

ジュースは手土産としてコーヒーや紅茶が苦手な人にも最適な手土産となります。

ただ、手土産としてのジュースは先にもお伝えしましたが特別感が無いと手土産としては良い手土産とはなりません。

コンビニエンスストアや自動販売機で購入できる様なジュースでは手土産としてもらっても悪い印象は受けませんが良い印象をあたえる事もありません。

せっかく手土産を用意するのであれば相手に好印象を与える手土産が良いですね。

例えば自分の地元でしか手に入らない地域限定のジュースなどはかなり良い手土産となります。

例え味がどうあれ話題作りにできますよね。

手土産として持っていった人はもちろん手土産を貰って飲んだ人も他の人にこんなジュース貰って飲んだらこうだったなんて話してくれます。

そこで新たなお仕事や人脈が広がる可能性もありますよね。

特に地元が一緒だった人なんかは好印象間違いなしです。

味は二の次で良いんです。

地域限定の地域色の強いジュースで相手に自分の地元アピールが出来て相手に強い印象を与えることもできます。

名前で埋もれてしまう人や覚えて漏れない人に対しては最適な手土産です。

他にはフレッシュな特別感あるジュースなど普段あまり飲む機会のないジュースが手土産としては最適です。

ただ、ジュースには注意点があります。

アレルギーもちの人に対しては手土産として持っていってしまうととんでもない事になってしまう可能性があります。

ジュース特にフレッシュなものを手土産として選ぼうと思っている場合には先方にアレルギーが無いのか事前にチェックして下さい。

お酒

お酒もお酒好きな人に対してはかなり好印象を与えることの出来る手土産となります。

ただ、お酒を手土産とする場合には注意点があります。

必ずお酒を手土産にする場合にはお祝い事など喜ばしい際の手土産の場合にすることです。

お酒はめでたい席で飲まれることが多く場合によっては非常識ととらえかねない手土産となります。

いくら先方がお酒が好きだからといっても手土産として最適なのか判断して下さい。

お酒を手土産として選ぶ場合にも特別感のあるお酒が良いですね。

何処でも買えるお酒やビールですと喜ばれはしますが普段当たり前に飲んでいるお酒が増えたな程度の印象で良い印象をあたえるまでとはなりません。

良い印象を与えるためにはジュース同様に地域限定のお酒はかなり好印象を与えることができます。

お酒も好き嫌いはありますが地域限定のお酒であればたとえ好きでは無くても限定のお酒を飲んだという事に意味があるのです。

他の人に話題として話すこともできるのです。

あのお酒は強かった、私には合わなかったやもの凄く美味しいから行った際にはぜひ飲んでみてなど話題作りに貢献します。

そこで運が良ければあなたの話題にもなって知らないところで人脈が広がる可能性がありますね。

お酒といっても日本酒からビール、ウイスキーにウォッカなどたくさんの種類があります。

日本以外でも海外限定のお酒や日本のモノが海外で売っているパッケージ違いなど特別感のある手土産が良いです。

クッキー

クッキーは手土産としては定番中の定番ですね。

定番だからこそ特別感のあるクッキーを手土産として選びたいですよね。

例えばクッキーのパッケージデザインがとてもお洒落なものや可愛いものを選ぶとそれだけでテンションがあがりますよね。

相手にも好印象を与えることができます。

さらに外観が神精ではなく缶などでお洒落なクッキーは場合によっては食べ終わった後にも見えるところで利用して頂けてナニコレ可愛い、なんて話題になった際にはあなたから貰ったクッキーだよなんて知らない間に良い印象を沢山の人に与えることになるかもしれません。

クッキーそのものも重要なのですが意外と食べ終わった後にも使って頂けるクッキーはセンス高い手土産になりますよ。

いや、クッキーは味が大切だっていう人もいますよね。

もちろんその通りです。

いくらパッケージが可愛くても味が残念ではもったいない手土産となってしまいます。

中のクッキーとパッケージ両方が良い物が最適ですね。

このクッキーは皆さんのイメージですとサクサクのイメージですよね。

多くの人はクッキーというとポケットで割れるクッキーを想像します。

そこでクッキーのイメージを裏切ることの出来る生クッキーがおすすめです。

クッキーというよりも口どけの良いケーキやスイーツを思わせる生クッキーは手土産には最適です。

生クッキーはパッケージにもこだわりがあるものも多く一目で何か違うな感があります。

ただ、生クッキーのパッケージの多くは館ではなく紙製のパッケージとなります。

この辺は先方に合わせて選ぶと良いですね。

他にも形が個性的な物や味が和風のクッキーなど非常に多くの種類があります。

相手に合わせて同じクッキーでも変えることができますね。

マフィン

少し前からこのマフィンをはじめとする焼き菓子は手土産や差し入れなどで多くなってきています。

現在では焼き菓子は手土産などの主流になりつつもありますね。

今の時代の手土産としてはかなり印象の高いセンスの良い手土産として好印象を与えることができます。

マフィンはカップに小分けになっていることも食べやすさなどを見ても好印象を受け取れます。

ただ、手土産としてマフィンを選ぶ際にはやはり普通のマフィンではなく特別感があるマフィンが最適となります。

ただの差し入れ程度ではどんなマフィンでも大丈夫なのですが、手土産となると相手へダイレクトに印象をあたえる事になります。

普通のマフィンではなく特別感が欲しいですよね。

そこでおすすめなマフィンはスカフィンなどと呼ばれているサクサクマフィンです。

スカフィンは知っている人も多いと思いますがはじめて聞くなんて人もいますよね。

スカフィンとはスコーンとマフィンが一緒になったマフィン(スコーン)のことなんですね。

スコーンのサクサク感が表面にあって中はしっとりマフィンという2度楽しむ事の出来る特別感あるマフィンです。

他にも味やパッケージで他のマフィンと差が出ているマフィンが手土産として最適ですね。

マドレーヌ

マドレーヌも焼き菓子を代表するお菓子ですね。

マドレーヌはもはや誰でも知っている焼き菓子だからこそ特別感のあるマドレーヌは好印象を与えることの出来る手土産になるのです。

例えばその形に特徴を付けたマドレーヌは数多くあります。

通常はまるや四角い形状のマドレーヌですがハート形や星型など個性的なマドレーヌも数多くあります。

ハート形のマドレーヌは手土産としては女性同士であれば良いのですが異性間では勘違いをしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

中でもおすすめなのが三重県などで販売されているシェルレーヌというシェル(貝殻)を形どったマドレーヌは地域限定色もあって好印象を与えることができます。

他にはマドレーヌと似た焼き菓子のフィナンシェもおすすめです。

金塊をかたどった焼き菓子で元物はフランスの金融関係の人向けにボロボロこぼれないお菓子としてつくられた焼き菓子なのです。

こういったフィナンシェの形は~という話題やオシャレなパリジャンに似合う焼き菓子のフィナンシェは◯◯さんにピッタリと思いましてなんて持ち上げることもできますね。

カステラ

カステラもその高級感から手土産としては多く用いられています。

現在ではカステラもコンビニエンスストアでも購入できてしまうほど身近な焼き菓子となりました。

手土産としてお渡しするカステラは特別感が欲しいですよね。

カステラの特別感の演出で一番効果的なのはそのパッケージです。

高級なものほどパッケージにこだわりを持っているものが多く木の箱に入っているカステラもあります。

他にも竹に包まれているものや様々な工夫がされてパッケージデザインがあります。

先方に合ったパッケージデザインを選ぶことが出来たら最適ですね。

他には定番のカステラとは違う変わり種のカステラも印象を強く与えることができます。

とてもカラフルなカステラや変わった味のカステラもありますので話題作りとして手土産にするのも良いですよ。

カステラで迷ってしまったらパッケージや変わり種を選ぶと失敗が無いです。

それでも迷った場合には焼き印付きのカステラです。

焼き印があるだけで心理的な特別感が出るんですよね。

ブラウニー

手土産として女性が選ぶ場合にはお菓子やケーキなどや先ほどの焼き菓子などがおすすめですが、中でもブラウニーは女性が(特に女性へ)持っていく手土産としてはおすすめです。

ブラウニーはお菓子的な要素のチョコレートと焼き菓子のような食感にケーキのような見た目と女性の欲しがっているものを一度に味わうことができます。

また、ブラウニーはお店によってフレーバーなどで特徴も出しやすく特別感を演出しやすい事もあり手土産としてはおすすめとなります。

また、小分けになっている手土産用商品も数多くありますので色々な種類を詰め合わせたブラウニーセットなども特別感があって好印象です。

このチョイスは私がしましたなんて話題作りにもなりますね。

女性同士の手土産の場合にはブラウニーは外れることの無い鉄板手土産と言っても良いですよ。

何にしようかなと迷っているのであればブラウニーはおすすめです。

饅頭

お饅頭は手土産として古くから親しまれている定番商品です。

しかし最近ではその出番は少なくなっては来ています。

その理由としてお饅頭は若い人には不人気となっている為です。

どちらかというと年配の人や昔ながらの考えを持った人向けの手土産と考えた方が良いかもしれません。

という事は年配の人や目上の人などに手土産として何を持っていこうと迷った際にはお饅頭を手土産として持っていくことは相手には礼儀が分かっている人だと好印象を与えることができます。

何もお饅頭が好きっていうわけではないのですが昔からの礼儀を重んじる人にとってはどんな洋菓子よりもお饅頭を手土産に持っていった方が好印象を与えることができます。

人に合わせて手土産のチョイスを変えることができると相手に好印象を与えられますね。

大福

大福は手土産等いうよりもどちらかというとお供え物的な意味合いが強いです。

その為帰省などの際の手土産として最適な手土産となります。

頂いた人はすぐには食べずにお供え物としてお供えしてから食べるのことが多いですね。

この為お仕事などの接待の手土産として大福は適していません。

先方がお待ちや大福が大好きというのであれば手土産用になっているお大福を手土産として選んで下さい。

お供え物を手土産として持っていっては場合によっては悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

相手を選んで考える必要がありますね。

どら焼き

どら焼きは和風の焼き菓子のような存在ですね。

手土産としては少し軽い印象を当てることになりますので目上の人に対してはあまり良い手土産ではありません。

相手が受けとる印象としいては少しフランクな印象となってしまいます。

友達や親しい人への手土産として選びましょう。

という事は接待などでの手土産としてはあまりおすすめでない手土産となります。

どら焼き好きな人には良いのですがもしどら焼きを選ぶ場合にはおパッケージデザインなど考慮して手土産として最適なものを選んで下さい。

ケーキ

ケーキは手土産として最適ですね。

ケーキといっても基本的な手土産はホールケーキではなくカットしてあるケーキが多いです。

ケーキを手土産として選ぶ場合にはその種類をできるだけ多く選ぶようにして下さい。

1種類だけで同じケーキを何個も手土産にするのはあまりいい印象を与えません。

手土産として持っていった際に選ぶ楽しみを与えることで好印象を与えることができます。

また、1種類だけのケーキでは嫌いなケーキの場合には複数の種類のケーキを手土産とすることでリスク回避にもなります。

ただこのケーキの手土産は定番と言えば定番となりますので悪い印象をあたえる可能性は低いのですが良い印象や印象に残る手土産かというと若干薄い手土産となります。

相手に強い印象を与えないようにしたい場合の手土産には最適です。

例えば車税の際の手土産などには複数種のケーキを手土産にすると謝罪がスムーズにいく場合が多いですね。

ゼリー

ゼリーの手土産はケーキ同様に相手に対して強い印象や良い印象をあたえる事は少ないのですが悪い印象も与えることは少ないです。

可もなく不可もなくと言った手土産となります。

その為冠婚葬祭やお中元、お歳暮など様々な場合に使われています。

いわば迷ったらゼリーを選んで持っていったら悪くは思わないよねっていう手土産です。

どうしたら良いのか分からない場合にはゼリーですね
小分けになっていることもあり多数の人数がいる人への手土産には最適です。

フロランタン

フロランタンは片手で気軽に食べることの出来る焼き菓子で多くの人に好まれます。

小分けになっている場合が多い為大人数のところへの手土産としてはおすすめです。

フロランタンはその形状なども多くの種類がある為変わった形のフロランタンなどは手土産として特別感がありかなりおすすめの手土産となります。

もちろん通常通りにカットされたフロランタンも良いのですが特別感を出すには変わった形状のフロランタンを手土産としましょう。

チョコレート

チョコレートは手土産としてお勧めできる商品です。

最近ではチョコレートと言っても非常に多くの種類があり渡す人の個性を簡単に演出することができます。

相手のことを考えてこのチョコレートがあっているなと選ぶことの出来ますし自分の個性を押し出してそれを手土産として自分を知ってもらうツールとしても使用することができます。

甘いものが苦手な人にもチョコレートは手土産として最適です。

このチョコレート甘くないんですよなんて話題作りもなりますね。

見た目やカカオの種類など本当に足したようなチョコレートがありますので自分のアピール材料から相手へ良い印象を与えるためのツールとしてなど幅広く手土産として使うことができます。

はちみつ

はちみつは実は非常に多くの種類があり話題になったマヌカハニーなど身体によいとされるものが非常に多くあります。

砂糖等の代わりとしても使用でき容器などもお洒落なものも多くあります。

蜜を作る際の環境や花の種類などでも味や見た目が大きく異なる為とくべつかんのあるはちみつも数多くあり手土産として最適な蜂蜜も多いです。

はちみつを手土産とする場合には相手がアレルギーが無い事は必ず確認して下さい。

場合によってはアナフィラキシーショックなどに陥ってしまう危険性もあります。

ハム

ハムは手土産として悪くはありませんが手土産というよりもお中元やお歳暮の印象が強くあります。

あっハムの人だってやつですね。

ハムそのものは手土産としても良いのですがお中元などとしての印象が強い為手土産として良い印象は与えにくいです。

悪い印象は与えることはありませんが好印象ではないことも確かです。

どちらかというと私に来た義務感の方が強く出てしまいます。

個性的なハムなどがあれば良いのですが中々難しいですね。

ハムはお中元やお歳暮として扱いましょう。

️手土産は相手の好みに合わせて

手土産としておすすめな商品をいくつかご紹介させて頂きました。

基本的には通常のものよりも特別感が演出出来るモノが手土産として最適なものとなります。

相手のことを思って考えて手土産のことで話題が広がってさらには人脈を広げることの出来るようなものが最適な手土産です。

渡さなければいけないという義務感で渡す手土産と相手のことを思って自分が選んで渡す手土産とでは相手に伝わる印象には雲泥の差があります。

手土産一つで知らない間に多くの得をする状況になるのかもしれません。

逆に手土産一つで相手からの印象も悪くなってしまう可能性もあります。

たかが手土産なのですがされど手土産でもあります。

相手のことを思って自分だけしかできない手土産を渡してみませんか?