「婚活」と聞いて、あなたはどう感じますか?

少し前までは、婚活をしていることを周りに伝えるなんて恥ずかしい…と思われており、こっそりと婚活をしている女性が多かったのです。

SNSの普及や婚活イベントの拡大とともに、昨今、SNSと連携したお見合いサイトや婚活パーティ、街コン、結婚相談所などが増えてきており、婚活市場は盛り上がりを見せています。

あなたの周りでも、婚活宣言をしているという女性は増えてきているのではないでしょうか?

しかし、婚活市場の拡大ともに増えてきているのが、「こじらせ女子」。

恋愛慣れをしておらず、自分に自信もないため、婚活市場でも躓いている女性が多いのです。

SNSの普及や婚活イベントの拡大に伴って、婚活は容易に始めることができるようになりました。

とはいえ、中身が「こじらせ」てしまっていては、婚活に幾度となく参加しようが上手くいくわけありません。

今回は、こじらせ女子が婚活で失敗する理由についてお伝えしていきましょう!

こじらせ女子と婚活について

「こじらせ女子」。

この単語を聞いたことがある方も多いのでしょうか?

自分に自信がなく、褒め言葉に対しても(きっと、社交辞令だ。)と思い込み、なかなか素直に受け入れることができない。

周りのキラキラした女子がうらやましいなと思いつつも、自身がキラキラ女子にはなれないため、恨み妬みの言葉が出てきてしまう…。

言葉を発すれば、マイナス発言。

私なんか、私なんか…といつも思ってしまう。

そんな女性のことを「こじらせ女子」と言います。

とはいえ、こじらせ女子も結婚したいのは当たり前。

婚活が容易に始められるようになった昨今、今までは恋愛市場に出没しなかった「こじらせ女子」たちが増え始めてきているのです。

こじらせ女子は婚活で失敗しやすい?

とはいえ、素直ではない性格を持ち合わせている「こじらせ女子」。

日常生活でも、異性と話すことはおろか、キラキラ女子も避ける傾向にあるため、婚活市場に出てきたからといって、婚活がうまくいくわけではありません。

では、こじらせ女子はなぜ婚活で失敗しやすいのか?具体的にお伝えしていきましょう。

こじらせ女子が婚活で失敗する理由

少し前までは「婚活」というのは、恋愛や結婚に縁がない人達が参加するというイメージがあったと思います。

ところが現在、「婚活」を公言するのは当たり前となり、婚活イベントやSNSに参加しているという方は増えてきています。

そのため、婚活に集まる女性たちは増えてきており、恋愛経験豊富な女子やキラキラ女子も、結婚相手の候補を広げるために参加をしています。

【日常生活でも異性から少なからずチヤホヤされている女子】が参加するということは、その分こじらせ女子へまわってくる男性も少なくなってしまいます。

そして、自分に興味をもってくれた男性が現れたとしても、なかなかうまく恋愛に発展することができないのがこじらせ女子の性格なのです。

せっかくのチャンスが現れたとしても、チャンスをつかむどころか、オロオロして逃してしまう状態。

では、なぜこじらせ女子は、婚活で失敗してしまうのでしょうか。

自分をアピールできない


まずこじらせ女子は、自分の自信がありません。

私なんか…と思ってしまう性格のため、自分の魅力を男性にアピールすることができないのです。

婚活で出会うということは、初対面の相手。

初対面の人に、自分自身の魅力を伝えることが出来なければ、チャンスをものにすることもできないですよね。

ですが、こじらせ女子は、自分自身の魅力をうまく言語化することができない。

それどころか、自分自身に魅力なんてないと思い込んでいるため、自分自身を男性に売り込むトークができないのです。

周りの女子に圧倒される

そして、周りは笑顔で異性と話しているキラキラ女子ばかり。

こじらせ女子からしてみると、自分よりもかわいい女性がたくさんいるという状態に圧倒されてしまい、その場から身動きがとれない状態になっています。

焦って結局何もできない

内心、周りが楽しそうに話しをしている状態に、焦ってはいるのですがその場から動けなくなってしまうのがこじらせ女子。

誰かと話さなきゃ…、でも勇気が出ない、そんなジレンマを抱えつつ、結局何もできずにいる状態が続いています。

焦らなすぎというパターンも

また逆に(どうせ、私なんて相手にされない…。)とあきらめの境地にはいってしまい、焦るのをやめてしまうなんてことも。

一番焦らなくてはいけない場面なはずなのですが、諦めが速いのもこじらせ女子の特徴なのです。

自分から話しかけられない


婚活は待っていてもはじまりません。

いいなと思う異性がいたら、積極的に話しかけていく勇気が必要。

素敵だなと思う男性は、その分、周りからの人気も高く、より積極的にいく必要。

ですが、婚活女子は自分から話しかけることができません。

(私なんかに話しかけられたら迷惑だろう。)とか(話しかけても拒否されたらどうしよう。)という自信のなさから、話しかける勇気が湧いてこないのです。

自分が女性だという認識が弱い

また、こじらせ女子は日常生活でも、異性との関わりが少ないため女性扱いを受けたことが少ない状態にあります。

異性から女性扱いを受けたことがないということは、その分自分が女性だという認識が弱く、女性としてのアピールの仕方がわからないということがほとんど。

この認識の弱さが、婚活での失敗にもつながってしまうのです。

会話が盛り上がらない

そして、いざ異性が話しかけてきてくれたとしても、異性と会話をあまりしたことがないため、会話を盛り上げることができません。

異性に対してどんな質問をしたらいいかわからない。

また、異性からの質問に対してもどう解答したらいいかわからない。

結果、何を話そう何を話そうと頭の中がグルグルしてしまい、簡単な返答しかできず、会話終了のパターンに陥ります。

男性の悪い部分ばかり見てしまう

こじらせ女子の特徴は、人の悪い部分ばかり見てしまうというところがあります。

一生懸命話しかけてくれた男性に対しても、(この人裏があるのではないだろうか。)と疑うところから始まり、疑心暗鬼な状態。

そして、ちょっとしたことで確信に変わってしまい、この男性は悪い人だと決めつけてしまう傾向があります。

人には悪い部分が多かれ少なかれあります。

その悪い部分に注目をしすぎてしまうのが、こじらせ女子なのです。

周りの目を気にしすぎ

また、こじらせ女子は周りからどう思われているかを気にします。

自分が積極的にいったら、周りの女子からどう思われるのだろうか?かわいくないくせに頑張っていると笑われてしまうのではないだろうか…などと周りを気にし過ぎてしまうため、身動きができない状態に自分を追い込んでしまうのです。

理想が高すぎる

そんな問題を抱えてばかりのこじらせ女子ですが、異性には完璧を求めてしまうのも特徴です。

メガネをかけていて、色白で、細見で、真面目で…と理想をあげればキリがない状態。

自分のことを棚に上げて、相手には高い理想を求めてしまうのです。

プライドが高すぎる

また、こじらせ女子は「傷つけられたくない。」「人にバカにされたくない。」という強いプライドがあります。

婚活をしていくのであれば、失敗や傷つくことを恐れずに突き進んでいく必要があるのですが、こじらせ女子には傷つく勇気がありません。

【プライドを捨てるためには、こちらの記事もチェック!】

恋愛に結び付けられない

そんなこんなで、異性に対して上手く接することができないため、結局恋愛に結び付けられないのはおろか、友人関係にもなることができません。

恋愛へ発展するステップがはるか遠くの見えない位置にあるという状態になってしまうのです。

褒められても喜べない

そして、素直になれないこじらせ女子の性格。

相手が褒めてくれたとしても、素直に受け取ることができず、感謝の気持ちをつたえることができません。

褒めるにはきっと裏のやましい気持ちがあるからだ…とありもしないことを疑ってしまうため、褒められても喜ぶことができないどころか、疑うということに頭がいってしまうのです。

こじらせ女子が婚活成功する9個の方法

婚活で失敗ばかりのこじらせ女子。

では、こじらせ女子が婚活で成功するためにはどうしたらよいのでしょうか?

自分の良さを見つける

まず、当たり前ですが自分に自信を少なからず持つ必要があります。

そのため、自分の良さを見つけることが大切です。

料理ができる、裁縫が得意…なんでも良いのです。

自分が人よりもできること、また好きな事から自分の良さを見つけていきましょう。

良い部分をアピールする

そして自分の良さを見つけることができたら、良い部分をアピールするという術を身に着けることも大事です。

良い部分をアピールする機会は、実は会話の中に沢山広がっています。

例えば趣味を聞かれたときや週末何をしているかを聞かれたときに、単純に「◯◯です。」と答えるだけではなく、少しでも自分のアピールにつながることを伝えることが大事だと言えるでしょう。

勇気を出して自分から話しかける

また、婚活は待っているだけでは何も始まりません。

勇気を出して自分から話しかけるという努力も必要です。

話しかけるということはとても勇気がいることだと思います。

そのため、きちんと周りを観察して、話しかけるチャンスというのを見極める必要があります。

例えば、一人きりになっている、お手洗いから帰ってきたばかり、端っこにいるなど、話しかけるチャンスというのはよく観察をしていれば、たくさんあります。

相手の言葉を素直に受け止める

そして、相手から褒められたときは、素直に「ありがとう。」といえる謙虚さをもつことが大事です。

人の事を疑ったとしても、その人の本心は本人にしかわかりません。

疑ってもキリがないのだから、まずは相手の言葉を素直に信じることから始めること。

人が褒めてくれるときは、少なからずあなた自身に好意があり、気に入られようとしているのです。

だからこそ、その好意を疑って壊してしまうなんてことをしてはいけません。

まずは、言葉そのものの意味として素直に受け止めてみましょう。

男性を頼ってみる

そして、男性を頼るということもすごく大事なこと。

例えば、ごはんやジュースを取ってきてもらったり、分からないことがあったら聞いてみたり…そんな些細なことでいいので、頼ってみることが大事です。

こじらせ女子は、相手に頼るということにためらいがあるという方が多いと思います。

ですが、頼られて嫌だと感じる男性はいません。

むしろ嬉しいと感じることがほとんどだと思います。

もちろん、頼ったあとは「ありがとう。」と感謝の気持ちを伝えること。

それだけで、グッと距離が近づくことは間違え無しですよ。

小さなことからでOK

大事なのは、小さなことからはじめること。

急に大きなことをしようとしても、なかなかうまくいきません。

小さな一歩から少しずつ慣れていくこと…その繰り返しが、婚活への成功へとつながるはずです。

こだわりを捨てる

また、婚活で大事なのは、今までもっていたこだわりを捨てることも大事。

いくらこだわりを持っても、婚活の成功につながることはありません。

それであれば、一度あなたのこだわりを捨てて、新しい気持ちで取り組むことが大事といえるのではないでしょうか。

現実的な条件で考える

そして理想ばかりあげてもキリがありません。

むしろ、あなたの理想に全て合致する人は、ドラマか漫画の中にしかいないと考えた方が良いです(笑)

現実的な条件に置き換えることが重要。

そして、あなたが絶対に許せないもの、そして妥協しても良いものというのを上げていき、現実的な理想相手の条件を掴むことが大事なのではないでしょうか。

婚活友達をつくる

また、一人で頑張ってもめげてしまうことも多いと思います。

婚活友達を作って一緒に頑張るというのも、頑張りが継続する手段の一つかなと思います。

一緒に頑張っている仲間がいるというのは心強いですよね。

そして、異性と話すのは緊張しても、同性であれば素直に話せることもあるのではいでしょうか?

情報やアドバイスをもらう

そして、婚活友達と婚活の情報交換をもらったり、異性と接する際のアドバイスをもらうというのも、あなた自身のチャンスや魅力を高める方法にも繋がりますよ。

なかなかうまくいかない婚活だからこそ、一緒に協力できる仲間がいたら心強いですよね!
とはいえ、婚活仲間である以上、ライバルであるということも忘れずいることも大事。

そして、片方が婚活が成功した場合、素直に喜ぶことができるという心の広さを持ち合わせることも重要です。

お互いの不幸自慢ばかりして、相手の幸せを喜べない…なんて関係になってしまうのであれば、それはマイナスの関係です。

一緒に切磋琢磨できる関係を築くことができる婚活の友達を見つけるのが大事だといえるでしょう。

会話を楽しむ

婚活というのは相手との会話のやりとりからはじまります。

そこで身構えてしまったり、うまく会話ができない状態ですと、いつまでたっても婚活はうまくいきません。

まずは、会話を楽しむことを大事にすること。

共通の趣味などがあったらその趣味の話で盛り上がればよいですし、あなたが好きな物の話を伝えるのでもよいのではないでしょうか。

この人はどんな人なんだろうか?何が好きなんだろうか?

その人となりを知ろうとすれば、相手に対しても興味が湧いてくるため、自然と会話ができるようになるはずです。

まずは会話を楽しむことを大事にしてくださいね。

人の良い部分を見るようにする

そして、悪い部分を見つけるのではなく、人の良い部分を見つけることが大事です。

悪い部分を見つけることは比較的簡単なことです。

しかし、悪い部分ばかりに注目していては、その人の魅力はなかなかわかりません。

人の良い部分をみるようにして、相手の魅力を見極めることも大事な一つといえるでしょう。

こじらせ女子にとっての婚活は慣れも大切

こじらせ女子の婚活はいかがでしたか?

婚活は最初からうまくいく人なんて一人もいません。

まずは場慣れをしていくことも大事。

そして失敗を恐れずに、少しの勇気をもって、積極的に活動していってくださいね。

きっとあなたに合う異性が見つかるはずですよ。