あなたは今の自分の会社の待遇が良いと感じていますか?

自分の会社の待遇に対して満足していると答えているのは一握りの人達だけだと思います。

なぜならば、大半の方達は今の待遇に対して満足していないと感じているはずだからです。

もちろん待遇が良いからといって絶対に良い会社であるとは言えません。

待遇がよかったとしても中身を見てみれば、様々な問題が存在している会社もあったりしますので、一概に待遇が良いからといって良い会社であると判断するのは難しいですが、大体の場合が待遇が良ければ中身も良いことが多かったりします。

もちろん待遇が悪い会社よりも待遇が良い会社の方が圧倒的にそれだけで魅力的な会社にもなりますので、たとえ中身が悪かったとしても待遇だけが良い会社の方が魅力的なので、行きたいと考える方もたくさんいると思います。

それくらい私たちにとって待遇が良いという事はとてつもなく大切な事なのです。

誰だって待遇が良い会社で働いて充実した仕事の環境に就きたいと思っているのです。

では待遇が良いとは具体的にどのような事が関係しているのかと考えてみると、一般的に考えられるのは給料の高さだと思います。

しかしながら、待遇の良さに関しては様々な要因が関係しています。

人によっては様々だ手当が存在しているかどうかが待遇の良さを表していると感じる方もいるかもしれません。

そんな手当の中にはたくさんの方が魅力的だと思っているような手当が存在しています。

今回はそんなたくさんの方が魅力的だと思っている手当である住宅手当をテーマにして、住宅手当とはどのような精度なのか、具体的な意味合いなどを簡単にご紹介していきたいと思います。

会社の福利厚生について考えよう!気になる住宅手当編

今の自分の会社の福利厚生が良いと考えているのであれば不満に思うようなことは少ないかもしれません、大多数の方がいま自分が所属している会社の福利厚生に対して不満を持っている方が多いと思います。

なぜならば、大企業にしか存在していないような福利厚生などが世の中には存在しており、中小企業などには就いていないような福利厚生などもたくさん存在しているからです。

それを踏まえて考えてみると、家の中で働いてる方の大多数の方は中小企業に勤めていますので、当然ながら不満に思っている人は相対的にたくさんの人数が存在すると考えることができるからです。

そんな大企業にしか備わっていないような福利厚生の中庭住宅手当というものが存在しています。

福利厚生について詳しくない方でも住宅手当という言葉などは聞いたことがある言葉だと思います。

しかしながら、大企業で勤めた経験がない方は福利厚生として住宅手当を受け取ったことが無い方の方が圧倒的に多いため、住宅手当が具体的にどのような制度なのか、自分たちにとってどのようなメリットがあるのかということをよく知らないまま生きている方が多いと思います。

そこで、今回は住宅手当とはどのような制度なのかという事をたくさんの方に知って頂くきっかけにしてもらいたいと思います。

もし今転職活動をしていたり、これから就職活動を行おうと思っている方がいるのであれば、この福利厚生の部分をしっかりと知識として身に付ける事によって、充実した会社選びができるようになる可能性がありますし、知っておいて損になるような事はありませんので、頭の中に知識として吸収してください。

住宅手当って何?


先ほどご紹介したように自分がこれまで経験してきた環境によって住宅手当という制度の特徴を知っている知っていないということが分かれると思います。

ですのでこの機会に住宅手当という言葉を簡単にご紹介していきたいと思うのですが、住宅手当とは名前から簡単に予想がつくように住宅に対する手当の事を意味しています。

つまり、「住宅費の高騰による生計費の圧迫を緩和するために支払われる手当」だと説明することが出来ます。

事実、この住宅手当に関しては1999年の調査によれば、従業員が1000人以上を超えているいわゆる大企業に関しては56.5%支払われており、その時点で存在しているすべての企業平均になると49.2%の割合で支払われていると言われています。

なので、半分以上の方は住宅手当を得ていないというような状況になっているのです。

そう考えると、世の中に存在している大多数の中小企業に勤めている人間は住宅手当を受け取っていないというような状況がすぐに理解いただけるはずです。

では、そんな大企業にしかついてないような制度である住宅手当には、具体的にどのような手当の内容になっているのかという事をここからはご紹介していきます。

手当の内容

住宅手当の内容ではどのような内容なのかと考えた時に、一般的な内容で考えると「従業員がもしもマイホームを持っているのであればそのマイホームに関わるローンの返済を補助するような手当の内容」になっているのです。

ある程度の年齢になれば当然結婚して家族を設けることになると思うのですが、家族ができた場合は家族と一緒に住むマイホームを将来的に購入するようになる場合が多いと思います。

しかしながらマイホームを手にするためには相当な金額が必要になります。

ピンキリなので具体的な値段については千差万別ですが、一般的には1~2千万円などは必要になる場合が当たり前です。

高級住宅地に関してはそれ以上かかるケースが当たり前です。

そんな大金を一括で支払うのは普通に考えれば困難極まりないですよね。

なので、ローンにして、マイホームを手に入れている方の方が圧倒的に多いのです。

それを踏まえて考えてみると、先ほどご紹介した住宅手当の意味なのかよくわかるようになると思います。

つまり、毎月支払わなければいけないマイホームのローンの一部を会社が負担してくれるような制度であるということが簡単に理解できるはずです。

住宅手当と家賃補助の違い


実は住宅手当に関してはもうひとつ別の内容を持っている可能性があり、どのような内容なのかと言いますと「会社が自分の会社に所属している社員に対して賃貸物件の家賃を一部のみ負担してあげる内容」である場合もあるのです。

これはどういう内容なのかと言いますと、会社に所属している会社員の中には当然年齢が若い方も存在しており、マイホームを買うにはまだまだ早すぎるので賃貸物件で家を借りて住んでいるような方もたくさんいると思います。

なので、そのような方に対しての手当の内容を示しているということになります。

マイホームを持っている人だけに住宅手当を補助してあげるのは考えてみれば差別になってしまいますので、賃貸物件に住んでいる方に関してもきちんと補助をしてあげるという意味で取り入れられている制度でもあるのです。

そして、今ご紹介した「家賃補助」と「住宅手当」は一見すると言葉も違いますので、違う制度であるように感じるかもしれませんが、これらはすべてまるまる住宅手当という言葉だけで表現できる制度であり、厳密には同じなのです。

しかしながら、呼び名などが違う理由としては、企業によって呼び名を変えているだけであり、実質は同じだと考えるのが当たり前なのです。

しかしながら、場合によっては若干程度の違いが存在する可能性もあり、住宅手当に関しては会社によって細かい条件が存在している可能性があります。

その条件を満たした人間に対してのみ手当として渡されている可能性などもありますので、一概にすべてが同じではない可能性がある事も理解しておかなければいけません。

住宅手当の支給基準

住宅手当は会社によって支給するかどうか審査基準が存在すると先ほど伝えました。

この審査基準を満たすことができなければ残念ながら住宅手当をもらうことができないような企業も数多く存在しているのです。

人によってはとても曖昧な制度で腹立たしさを感じるような気持ちになる方もいるかもしれませんが、残念ながら住宅契約に関しては法律関係においても最低基準などは特に設定されていないのが事実上、現実となっています。

なので、どのような基準にするのかという事などは経営者の判断によってすべて任せられており、基準も金額なども好きに決めて良いという風になっているのです。

なので企業によって様々な判定基準が存在していますので、必ずこの項目が存在しているとは言えないような部分になるのですが、審査基準に関してはある程度どの企業も同じような項目で考えられている場合が多いです。

そこで、ここからは住宅手当の支給基準について詳しくご紹介をしていきたいと思いますので、もしもこれから就職をしようと思っている方、もしくは転職をしようと思っている方は、自分が魅力的に感じている企業の住宅手当が審査基準が設けられている場合は考える参考にしてみてください。

正社員であること

まずはじめにご紹介する住宅手当の支給基準としては「正社員であること」が基準として考えられる場合が多いです。

なぜ正社員であることが基準になっているのかと考えた時に、会社に所属している人間全員が正社員なのであればそこまで問題はないかもしれませんが、時と場合によっては会社に所属している人間が契約社員であったり、派遣社員であったり、アルバイトであったりする可能性も十分考えられます。

そのような雇用形態の方にまで住宅手当を支給するとなってしまいますと、当然ながらたくさんの人間を雇用している大企業からしてみれば大幅な経費になってしまいます。

さすがにそこまでするのは企業にとっても大きなデメリットになってしまいますので、ある程度線引きをしなければいけないのが現実です。

なので、正社員限定という形で住宅手当を支給するというような形態をとっている企業の方が圧倒的に多いのが現実なのです。

もしもこれが正社員でなおかつ役職が上の人間のみとなってしまった場合は、人によっては大きな不満が出てくる可能性もありますし、大企業に関しては役職につける人間などが少ない場合も多いので、統率が見られてしまう可能性も考えられます。

しかしながら、正社員とする事によってある程度は反発なども防げますし、正社員ではない立場の人間もそれはしょうがないという考え方も持っていますので、上手く均衡が取れている状況になると考えることが出来ます。

扶養家族の有無

次にご紹介する住宅手当の支給基準としては「扶養家族の有無」が基準として考えられる場合が多いです。

扶養家族の有無とは具体的にどのような意味なのかと考えた時に、扶養家族とは「生活の面倒を見なければいけない家族」という意味です。

つまり、結婚して奥さんを養っているのであれば奥さんが扶養家族になりますし、子供がいるのであれば子供の人数分扶養家族が増えると考えることができます。

つまり、結婚して奥さんがいる場合のみであれば扶養家族が一人であり、結婚して子供が一人いる場合は扶養家族が二人存在していると考えることになるのです。

扶養家族が有無でどのように住宅手当が変わるのかと考えた場合、扶養家族がたくさん存在する場合は住宅手当が大きくなったりするような可能性もあるのです。

なので会社によっては金額が高額になる場合もありますので、その件は事前に確認をしておいた方が行き違いなどを防ぐことができますので、しっかりと福利厚生の基準を確認していきましょう。

賃貸or持ち家

次にご紹介する住宅手当の支給基準としては「賃貸or持ち家」が基準として考えられる場合が多いです。

これはどういう事かといいますと、賃貸or持ち家のどちらかに絞られる場合があるという事です。

例えば、企業によっては持ち家のみ住宅手当の対象とすると判断しているような場合があったりしますし、場合によっては賃貸の方のみ対応するというような場合などもあるという事です。

こればかりは企業の考え方によって違う為、どちらが正解という事もありませんし、どちらが良いという事もありません。

もしも自分が所属している会社の住宅手当の支給基準が分かれている場合は、必ず確認をしておくようにしてください。

勤務地

次にご紹介する住宅手当の支給基準としては「勤務地」が基準として考えられる場合が多いです。

これはどういうことかと言いますと私たちが住んでいる日本に関しては様々な都道府県が存在しており、その都道府県によって当然ながら家賃などは変動するようになっているのです。

例えば、家賃のみを考えるならは地方に住んでいるよりも都会に住んでいる方が家賃が高くなるのは当たり前ですよね。

同じような物件で同じような間取り買ったとしても知方であれば3.4万円で住めるのに都内だと10万円近いような金額が掛かる場合なども十分考えられます。

なので、地域によって格差などが存在しているのです。

それを踏まえて考えてみれば、全国に支社があるような大企業の場合、一部地域のみ住宅手当を出すという風に決めている場合も十分考えられるのです。

なので、結論として住宅手当の支給基準として勤務地が基準になる可能性があるということになります。