あなたはストレスを感じた時に自分なりにストレスを解消する方法を身につけていますか?

一般的に考えてストレスを解消する方法というものはたくさん存在しています。

例えば、運動やスポーツなどをして自分の体を動かすことによってストレスを解消することを実践している方もいれば、自分がそもそも好きな趣味などを通してストレスを解消している人もいると思います。

趣味は個人差がありますので幅広いジャンルになりますので、挙げればきりがないほど存在しています。

例えば読書をするのが趣味だという方もいれば、一人で知らない土地に足を運ぶ一人旅が好きだという方もいると思います。

そんなたくさんのストレス解消方法の中でも、比較的たくさんの方が行っており、一般的に習慣化されていることといえばお酒を飲むことだと思います。

ストレスがたまる日常生活の場面を想像してみると大体の場合が仕事においてのストレスだと思います。

たくさんの方が平日は仕事に時間を費やし、たくさんストレスを溜めた状態で休みの前の金曜日に居酒屋でお酒を飲んでストレス発散というような構図を見かけると思います。

ありえないほどたくさんの量のお酒を飲んだりするのはあまりお勧めは出来ませんが、適度なお酒に関しては自分の健康に置いても良いと言われていますので、とても良い習慣だと思います。

しかしながら、お酒を飲む方の中にはついつい飲みすぎてしまって、土曜日の朝を迎えた時に二日酔いになってしまうという方がたくさんいると思います。

そこで今回は二日酔いをテーマにして、二日酔いの治し方をまとめてご紹介していきたいと思います。

二日酔いってめちゃくちゃ辛い

お酒がそこまで好きではない方であったり、そもそもお酒が弱いので飲まないという方に関しては二日酔いの辛さなどはよく分からないと思いますが、お酒が大好きな方に関しては二日酔いの辛さがよく分かると思います。

二日酔いの状態になってしまうとかなり辛い状況になってしまうので、何をするにしても意欲が減衰してしまう可能性があります。

そうなってしまいますと、せっかくの休みの日なのに何かをする行動力がなくなってしまって無駄な一日を過ごしてしまいやすくなります。

始まりが肝心であり、始まりがグダグダになってしまいますとその日一日がグダグダになってしまう可能性がとても高くなりますので、結局無駄な一日を過ごしてしまって何もできなかったということはよくあると思います。

そうなってしまうと貴重な時間を有効的に使うことができませんし、悪い習慣になってしまいます。

なので、いつもお酒の飲み過ぎてしまって二日酔いになってしまうという方は飲み方を改めるか、飲み方を改めることができないのであれば少しでも二日酔いを和らげる行いを実践するべきなのです。

出ないといつまでたっても貴重な時間を無駄に失ってしまうサイクルの中で生きてしまいますので、人生においてたくさんの時間を消費してしまう損な過ごし方になってしまいます。

楽しくてついつい飲みすぎちゃう

誰しもが二日酔いになりたいと思ってお酒を飲んでいるわけではないということは分かっていると思います。

大抵の方がこれ以上飲み過ぎてしまったら危ないだろうなと思いながらもお酒を飲んでしまうのです。

なぜそこまで把握しているのにお酒を飲み過ぎてしまうのかと考えると、やはりお酒を飲むことがとても楽しいことだと考えられているからです。

お酒を飲むことによってたくさんのメリットが存在しており、お酒に含まれているアルコールを摂取することによって麻酔作用で自分自身の脳を麻痺させることで、いわゆる酔った状態になります。

そうすることによって脳からはドーパミンという快楽物質が生まれるようになるため、楽しい気分になりやすいと考えることができます。

それ以外にも、ドーパミンが分泌することによって、それに伴ってセロトニンという物質も発生するように促されます。

ドーパミンが分泌することによって今度は自分の心の中に溜まったストレスを解消してくれるようになります。

なのでたくさんお酒を飲んで気持ちよくなりたいと思う方が多いのです。

きちんとお酒の分量を守ってこれらのメリットだけを受け取るのであれば良い行いになるのですが、気持ちがいい分、羽目を外しやすくなってしまうので、気が付けば飲みすぎて二日酔いになっているということが問題になっているのです。

二日酔いは早めに対処を!

お酒を飲むのが楽しいからといって羽目をはずし過ぎて飲んでしまうと結局二日酔いになってしまうのですが、これが日常的になっている人は注意をした方が良いです。

なぜならば、日常になってるということはそれが癖付いてしまっているということになり自分の体に大きな負担をかけ続けているということを理解しなければいけません。

また、日常的に二日酔いになっている人は何度も経験している分、感覚が麻痺していつものことだと思ってしまいがちになりますが、場合によっては二日酔いは深刻な状況を招いてしまう可能性もあります。

それをきちんと踏まえてみると、二日酔いになるということは自分にとって大きなデメリットを与えてしまうということになりますので、二日酔いに関しては早い段階で対処をするようにしなければいけないのです。

二日酔いの症状

二日酔いは避けなければいけないことであるとお伝えしましたが、お酒を飲まない方やお酒が弱い方に関しては二日酔いの症状になったことがない方も多いと思いますので、具体的に二日酔いになるとどのような症状になるのか疑問を抱いている方も多いと思います。

なので、ここからは二日酔いの症状についていくつかご紹介をしていきたいと思います。

なんとか二日酔いになった経験があるような方に関しても、二日酔いになるとどのような症状が起きてどのような状況になっているのかということを把握する意味でも、これからご紹介することを確認していただきたいと思います。

それを確認した上で、二日酔いがどれだけ危険な状態なのかということを改めて理解していただきたいと思いますので、詳しく知るきっかけとして活用してください。

吐き気


まず初めにご紹介する二日酔いの症状として「吐き気」の症状があげられます。

なぜ二日酔いになると吐き気が起こるのかと考えると、吐き気が引き起こされる原因は3つ
存在しています。

具体的にどのような原因があるのかと考えると、脱水症状が起こってしまっている可能性、そしてアルコールを分解する物質に関連した原因、そして低血糖症による原因が考えられます。

まず脱水症状に関する吐き気なのですが、私たちの体はアルコールを摂取すると当然ながらアルコールを排除しなければいけないので利尿作用が引き起こされるようになります。

利尿作用が引き起こされるということは当然ながら自分の体に溜まっている水分が流れていくということになりますので、自然と体の中の水分が減少してしまう状態になります。

そうなると血液の中に含まれている水分も減少してしまうことになりますので、体の中をめぐる血液の水分が減少すると体の各器官に影響が出るようになりますので、体の各器官の機能低下によって吐き気が引き起こされてしまう可能性があるのです。

そして、私たちの体に関してはアルコールを分解する際に出てくる物質としてアセトアルデヒドという物質が存在しています。

このアセトアルデヒドは生まれることによって私たちの体にデメリットを与えるようになり、どのようなデメリットなのかと考えるとそれは吐き気や頭痛などといったデメリットを与えるようになるのです。

当然ながらお酒をたくさん飲むとそれを分解しなければいけないのでたくさんのアセトアルデヒドが生じるになります。

たくさん生まれることによって当然ながらデメリットが起きる可能性はとてつもなく大きくなりますので、たくさんのお酒を飲むことによって相対的に吐き気が催されるようになるのです。

そして、最後に低血糖症による原因ですが、一般的に考えてアルコールを摂取することによって一番体の中で負担が増えるのは肝臓です。

なぜならば肝臓がアルコールを分解している場所になるからです。

しかしながら、私たちの体の肝臓という部分はただアルコールを分解するだけの器官ではなく、それ以外にも私たちの体に糖分を供給してくれる器官でもあるのです。

それを踏まえて考えてみると、たくさんのお酒を飲んでしまうことによって肝臓はお酒を分解する方に力を使ってしまいます。

なので、体の中に糖分を供給してくれるシステムが乏しくなってしまいがちになるのです。

そうなることによって私たちの体は低血糖状態になってしまいやすくなります。

低血糖状態に関しては二日酔いになったことがない方以外でも体験したことがあるはずであり、1日中食事をとらなかったり、一日中炭水化物などを摂取しなかった場合に、吐き気を催したり、体が震えてしまったりした経験があると思います。

これがまさに低血糖状態による吐き気の症状であると言えます。

なので、これら3つの原因が理由で二日酔いの吐き気の症状が引き起こされると判断できます。

だるさ

次にご紹介する二日酔いの症状として「だるさ」の症状があげられます。

なぜ二日酔いになるとだるさが起こるのかと考えると、原因としてはアセトアルデヒドによる影響、そして低血糖状態による影響、酸素不足による影響、そしてメタノールの影響などが考えられます。

アセトアルデヒドと低血糖状態に関しては先ほど吐き気の項目でもご紹介した通りであり、吐き気とだるさが一気に来るので、引き起こされる過程としてはさほど変わりません。

では、酸素不足による影響とメタノールの影響はどのような理由があるのかということをご紹介します。

まず酸素不足ですが、なぜ二日酔いになってしまうと酸素不足が引き起こされるのかと考えると、お酒を飲むことによって人間は眠たくなってしまう場合が多いです。

なので、お酒を飲んでそのまますぐに横になって寝てしまうような人がいると思いますが、お酒を飲んですぐに眠りに入ることによって酸素の吸収量が少なくなってしまうということが一般的に判明しています。

そうなることによって自然と私たちの体には酸素不足の状態が続きますので、酸素が不足すると当然ながら血液に流れる酸素も少なくなってしまいますので、体にだる気が起こりやすくなってしまうのです。

そして、メタノールの影響に関してですが、私たちが飲んでいるお酒の中にはメタノールが入っています。

一般的にはどのお酒にも入っているものになるのですが、ワインなどに関してはかなりメタノールが多いことでも知られています。

それ以外にはブランデーなどにも多く含まれているのですが、アルコールとメタノールに関しては決定的な違いが存在しています。

違いとしてはメタノールはアルコールに比べて自分の体の中に長い時間留まりやすいという特徴を持っており、結果的には次の日にまでメタノールを体の中に持ち越してしまいやすくなります。

そうなってしまいますと、私たちの体の中には異常が発生してだる気を感じやすくなってしまうのです。

なので、二日酔いの症状としてだるさが存在すると判断することができます。

頭痛


次にご紹介する二日酔いの症状として「頭痛」の症状があげられます。

なぜ二日酔いになると頭痛が起こるのかと考えると、頭痛が引き起こされる原因はアセトアルデヒドや脱水症状の影響だといわれています。

先ほどもご紹介した通り、お酒を飲むことによってアルコールを分解しなければいけなくなります。

そして、アセトアルデヒドがアルコールを分解するときに生まれるということになるのですが、アセトアルデヒドがたくさんできるとデメリットが引き起こされるのですがその中のデメリットに頭痛が含まれているのです。

では、なぜ脱水症状によって頭痛が引き起こされるのかと考えると、脱水症状が引き起こされてしまうことによって私たちの体に流れる血液の巡りが悪くなってしまい、血行不良が起こるようになります。

そして、血行不良が落ちてしまうと自分の体の筋肉が収縮してしまうようになり、自然と頭痛が引き起こされるようになるのです。

よく事務職の女性の方が頭痛などに困っているようなエピソードを聞いたりすることが多いと思うのです、これも元々は長時間椅子に座った状態で結構が悪くなり、肩や首の筋肉が凝り固まってしまい、頭痛が引き起こされるということになっています。

なので、脱水症状になることによって結果的には頭痛が引き起こされるようになるのです。

腹痛

次にご紹介する二日酔いの症状として「腹痛」の症状があげられます。

なぜ二日酔いになると腹痛が起こるのかと考えると、胃の粘膜が必要以上に刺激されてしまっているからだと考えることができます。

どうしてい胃の粘膜が必要以上に刺激されてしまうと腹痛になるのかと考えたときに、アルコールを飲んでそのままアルコールが胃に触れることによって、私たちの胃は刺激を受けて胃酸が分泌されるようになります。

そうなった時に、もしも胃の中がある程度食べ物にあふれているのであれば、それが自然な状態なので特に問題はないのですが、何も食べ物などを食べていない状態で直接胃の粘膜に胃酸が触れてしまうことによって胃が荒れてしまい、腹痛になりやすくなるのです。

なので、酒を飲む時にはある程度おつまみなども食べたりして、きちんと胃の中に食べ物が入っている状態を作り出すことによって腹痛を防ぐことができるようになります。

いつもお酒を飲む時にあまりおつまみを食べたりしないという方は、腹痛になりやすかったりしますので、必ずお酒を飲む時にはそれなりにおつまみを食べたりするようにしてみてください。

動機

次にご紹介する二日酔いの症状として「動機」の症状が挙げられます。

なぜ二日酔いになると動機が起こるのかと考えると、動悸が引き起こされる原因としては水分が不足していることが原因であると言われています。

つまり、先ほどご紹介した脱水症状になってしまうと動悸が引き起こされることになるのですが、なぜ水分不足になると動悸が引き起こされるのかと言いますと、水分不足になってしまいますと私たちの体に流れている血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなることによって、自然と体はそれに対して対応するために必死になって血液を体の隅々にまで流し込もうとします。

つまり、血液を体の中に流し込むためには心臓と呼ばれるポンプが作用しなければいけないので、いつもよりも強い力でポンプを押す機能が働くのです。

そうなることによって私たちは心臓がドクドク高鳴るようになりますので、結果的には動悸が起きるようになるのです。

食欲不振

次にご紹介する二日酔いの症状として「食欲不振」の症状が挙げられます。

なぜ二日酔いになると食欲不振が起こるのかと考えると、原因としては胃や肝臓などが荒れてしまっているからだと判断できます。

先ほどお伝えしたように、お酒をたくさん飲み過ぎることによってアルコールが大量に摂取されるため、アルコールを分解するための機能を肝臓が積極的に使ってしまって肝臓に負担がかかってしまいやすくなります。

さらに、食べ物を食べずにお酒ばかり飲んでしまうとアルコールが胃を傷つけてしまって胃酸がでて胃の粘膜を傷つけてしまいます。

そうすると胃に大きな負担がかかります。

この2つの体の器官が傷ついてしまうと食欲が不振になってしまうようになりますので、結果的に二日酔いになると食欲不振が引き起こされてしまうということになるのです。

二日酔いの治し方8選

ここまでは二日酔いの症状についていくつかご紹介をしていきました。

経験したことがない方もこれらの症状を確認してみると、かなり辛い症状が起きるということが分かりいただけると思います。

少しでも自分の体に違和感を感じたりすると、その日一日が台無しになってしまうことも予想されますので、少しでも早く二日酔いに関しては直すように自分なりに工夫をすることが大切です。

しかしながら、どのような方法で二日酔いを治せば良いのかよくわかっていないような方もたくさんいると思いますので、ここからは二日酔いの治し方についていくつかご紹介していきたいと思います。

どれも簡単に行える方法になりますので、いつも二日酔いで困っているという方はこれらの改善方法を行って少しでも早く二日酔いの症状が和らぐように工夫してみてください。

水分をとる

まずはじめにご紹介する二日酔いの治し方は「水分をとる」ということです。

なぜ水分をとるということをするのかと考えたときに、先ほどもご紹介した通り二日酔いになってしまうということはお酒をたくさん飲んでしまって、脱水症状になってしまうということが原因として挙げられます。

なので、水分がなくなってしまった体には水分を補給してあげることで脱水症状をなくすことができるようになりますので、結果的に二日酔いの治し方として水分をとるということが有力な方法として判断することができます。

スポーツドリンクを飲む

次にご紹介する二日酔いの治し方は「スポーツドリンクを飲む」ということです。

なぜスポーツドリンクを飲むということをするのかと考えたときに、スポーツドリンクを飲むことによって脱水症状を緩和してくれる効果を見込むことができます。

先ほどご紹介した水分をとるということも同じく良い方法ではあるのですが、スポーツドリンクに関しては栄養補給という意味ではただ水を摂取するよりもより良い効果を期待することができるのです。

脱水症状が引き起こされる原因としてはたくさんのアルコールを飲んでそれが尿として出てきてしまうからであり、尿として出てくる場合はナトリウムやカリウムなども一緒に流れていってしまいますので、それらを補給してくれるスポーツドリンクの方がより期待できる効果は高いと判断することができるのです。

なので、二日酔いを早く治したいと思う方はスポーツドリンクを飲むことをお勧めできるのです。

フルーツジュースを飲む

次にご紹介する二日酔いの治し方は「フルーツジュースを飲む」ということです。

なぜフルーツジュースを飲むということをするのかと考えたときに、二日酔いの原因を考えてみると低血糖状態になっている可能性が考えられるからです。

低血糖状態になっているということは、言い換えてみれば糖質などを摂取する必要性があるということです。

しかしながら、ご飯などの食事から糖質を摂取するのは人によっては食欲が不振になってる状態は厳しいですよね。

なので、フルーツジュースなどを飲むことによって糖質をジュースから摂取することができるようになるのです。

なので、フルーツジュースを飲んで糖質を摂取することによって二日酔いの原因である低血糖状態を解消することができるようになります。

ちなみに、これは余談ですがフルーツジュースの中でも特におすすめとされているのがオレンジジュースやレモンなどの果糖が入ったものだといわれています。

果糖のほうが摂取が早いという特徴なども持っていますし、酸性のりんごなどのジュースよりもオレンジなどのほうが低血糖症には効果的なので、なるべくオレンジのジュースを飲むようにしてください。

生姜汁を飲む

次にご紹介する二日酔いの治し方は「生姜汁を飲む」ということです。

なぜ生姜汁を飲むということをするのかと考えたときに、二日酔いの原因としては胃酸による影響も考えられます。

先ほどご紹介したように、胃の中に何も入っていない状態でアルコールを摂取してしまいますと、胃の粘膜がアルコールによって刺激されるようになり胃酸がたくさん出るようになります。

その時に直接胃酸が粘膜を刺激して傷つけてしまうようになるので、胃酸が多い状態を改善するために生姜汁が良いといわれています。

生姜に関しては胃の調子を整えてくれ、なおかつ様々な方法で摂取することができる食材なのでとても利便性が高いことが特徴的です。

汁にしても良いですし、食べ物の中に入れてもよいので、何かしら自分が摂取しやすいように工夫して食べるようにしてみてください。

しじみ味噌汁を飲む

次にご紹介する二日酔いの治し方は「しじみ味噌汁を飲む」ということです。

なぜしじみ味噌汁を飲むということをするのかと考えたときに、二日酔いが起きる原因としてはアルコールを大量に摂取することによって私たちの体にアセトアルデヒドがたくさん分泌されてしまうということが理由として考えられています。

アセトアルデヒドがたくさん分泌されてしまうことによって様々なてメリットを引き起こすようになるのですが、しじみを摂取することによってアセトアルデヒドの解毒作用などを見込むことができるようになります。

なので、アセトアルデヒドが原因になっている二日酔いに関してはしじみを摂取することで改善できますので、しじみのおすすめの摂取方法としてしじみの味噌汁が飲みやすいのでおすすめです。

それ以外にも、味噌汁に関しては先ほどご紹介した脱水症状の改善方法としてもおすすめなので、スポーツドリンクを飲まないで味噌汁を飲んでも効果を期待できるため一石二鳥な方法になるのです。

これがしじみの味噌汁を飲むことをすすめる理由です。

カフェインをとる

次にご紹介する二日酔いの治し方は「カフェインをとる」ということです。

なぜカフェインをとるということをするのかと考えたときに、二日酔い起きてしまう症状のひとつには血管が拡張してしまうことによって炎症が引き起こされてしまうというわけが存在しています。

炎症が引き起こされてしまうことによって結果的には頭痛がひどくなってしまうという症状になるのですが、それを防ぐために血管を収縮させることができる成分としてカフェインを摂取しなければいけないのです。

なので、カフェインが多く含まれている飲み物などを積極的に摂取することによって頭痛を改善することができるようになりますので、二日酔いの治し方としてカフェインをとるという方法がおすすめなのです。

可愛いに関しては代表的な飲み物としてはコーヒーを飲むことによってその作用を得ることができますし、もしもコーヒーが飲みたくないのであれば牛乳を飲んでもその代用効果を得ることができますので、どちらかを摂取してみるようにしてください。

とにかく安静にする

次にご紹介する二日酔いの治し方は「とにかく安静にする」ということです。

なぜとにかく安静にしなければいけないのかと考えたときに、自分の体にとって不都合な症状が現れているからこそ自分の体が違和感を感じているのです。

それを踏まえて考えてみると、自分の体が正常な状態になるために必死に戦っている状態であると考えることができます。

なので、その状態で無理な行動をとってしまうと体を良くするための行動が鈍ってしまう可能性が考えられます。

だとすれば、無理な行動をとらずにきちんと休みたいのであればゆっくりと休む時間をからだに与えてあげることが何よりのケアの仕方になるのです。

これまでご紹介してきた二日酔いに効くおすすめの方法を実践した上で、体がだるくて動きたくないのであればきちんと休息をとって体を休ませてあげるようにしてあげてください。

そうすることによって少しでも早く二日酔いが治せる可能性が高まります。

消化に良いものを食べる

次にご紹介する二日酔いの治し方は「消化に良いものを食べる」ということです。

なぜ消化に良いものを食べるのかと考えたときに、まず大前提としてはもしも体が受け付けていないのに無理をして食べようとしているのであればそれをやめてください。

あくまで、体調が悪いけどお腹が減って何か食べたいと思った時には消化の良いものを食べるということを試していただきたいのです。

実際に何かを食べることによってそれがきっかけになってアルコールの分解が進むと言ったメリットもありますので、あくまで食べる元気があれば食べるようにしてみてください。

その場に関しては、消化に良いものを食べる必要性がありますので、おすすめとしては梅干しや卵などを使ったお粥、それ以外にはヨーグルトなどがおすすめです。

これらの食材に関しては胃腸の状態を保護してくれる効果や、二日酔いの症状を引き起こす原因物質の分解作用、そして腸内環境を整えてお腹の痛みを和らげてくれる効果が得られますので、何かを食べようと思った時にはこれらを積極的に食べておいてください。

自分に合う治し方、見つかった?

いつも毎週休みの日は二日酔いになってしまうという方は、自分に合った適切な治し方を見つけてきちんとそれを実践する必要性があります。

しかしながら、逆に考えればきちんとした工夫をすることによって二日酔いを和らげてくれる効果を見込むことができるようになりますので、これまで悩まされてきた悩みを簡単に解消することができるとも捉えることができます。

一番良いのは二日酔いにならないように適切な量のお酒を飲むということにはなりますが、お酒が大好きな方はそれが出来ない時もあると思います。

もしもそれが出来なかった時には今回ご紹介した二日酔いの治し方日常生活の中で実践してみて、その恩恵を受けてみてください。