女性にとってキスは印象に深く残るもの、一方、男性にとっても肉体関係は愛情がなくてもできるが、キスは愛情がないと出来ないという意見も多いです。

大好きな相手じゃないとキスは気持ち良いと感じない。

肉体関係になる前にキスをすることは、感情を高ぶらせる為に必要なことです。

お互いの唇が重なることで、柔らかな感触や体温を感じることができます。

キスシーンには、様々なシチュエーションがあります。

2人きりの部屋や教室、旅行先、電車や車の中で、ちょっと強引なキスも萌えるポイントです。

キスのシチュエーションに対して、思いも個々に違うもの。

ただ、確実にいえることは、キスする相手は、愛している相手じゃなきゃ萌えない。

女性なら誰でも、最高のキスを体験してみたいと思いますよね。

女子が萌える最高のキスシーンとは?

女子が萌える最高のキスシーンは、少し強引なシチュエーションでキスをされることです。

例えば、壁ドンからのキスや顎クイからのキス。

少し強引なシチュエーションは、非日常的な雰囲気にしてくれるものです。

刺激のあるキスの方が女性は萌える。

キスをする前にムーディーな雰囲気になってからキスをするパターンもあります。

それはそれで、とろけるようなシチュエーションで女子は萌えます。

逆にキスなんてする雰囲気でもなく、キスする相手でもない関係でありながら、不意打ちのキスをされたり、少し強引に手を引っ張ってからのキスも萌える。

やはり、どちらも気になる相手だからこそ、萌えることができるのです。

女子が萌えるキスシチュエーションはコレだ!


例えば、「今からキスするけど、いい?」や「君がイヤならキスはしない」と言われて、萌えることはできません。

ある程度の予感をしつつも、キスのシチュエーションは相手に任せるのがキスです。

何故、女子が恋愛ドラマや映画、歌詞に共感するのか?それは、物語があるからです。

女性は、ドラマチックな恋愛の中で、キスも思い出に残るものにしたい。

同じようなシチュエーションでは、大好きな相手とキスをしてもマンネリ化してしまいます。

キスそのものよりも、シチュエーションを大事にしたいのです。

女子が萌えるキスのシチュエーションを知ることで、より深い愛に繋がって行きます。

二人きりになったとき

二人きりになったとき、女子は「もしかして」と雰囲気を察知しているものです。

テレビで見るドラマの多くは、今も昔も二人きりになったときにキスシーンは起こります。

例えば、三浦春馬君と新垣結衣さんが演じた「恋空」のように、学生同士であれば二人きりの教室でキスシーンをするのは定番、最近上映された「先生、好きになってもいい」は、先生と学生のドラマですね、二人きりの教室ではキスをしそうな雰囲気になったり、また屋上など誰にも目につかない場所でキスをする。

学生や教師にとっては普段、生活するべき場所でキスすることが刺激的なのです。

OLと女性では、何故か二人きりで残業するオフィスでキス。

かなり昔になりますが、織田裕二さんと矢田亜希子さんが演じた「ラストクリスマス」も今の時期にぴったりなキス。

二人きりで歩く夜道にイルミネーション化が輝くツリーの前でキスは、絶対に萌えるはず。

夢の国で

夢の国でのキスと言えば、エメラルドに輝く南国の海やビーチ。

海辺やビーチで夕日を眺めながらキスのシチュエーションは萌えるポイントです。

誰もいないビーチに波の音だけ静かに聴こえる、そして赤く染まるグラデーションの夕日を見ていると言葉なんて交わさなくてもムーディーな気分になります。

夢の国でキスをするシチュエーションが多いと言えば、断然に洋画です。

トムクルーズ主演の「カクテル」は、まさに南国のビーチに遊びに来た女性客と運命の出会いをして、誰もいないビーチで濃厚なキスをします。

デートで海に旅行に行ったり、海沿いに住んでいる人は絶好のシチュエーションです。

1997年に放送された反町隆史さんと竹野内豊さんの「ビーチボーイズ」も海をテーマにした恋愛物語です。

やはり、海やビーチのシチュエーションは普段と違う、萌えるキスができるかも。

ドライブデートで


ドライブデートは密閉した空間に二人きりでキスするシチュエーションとしては最高です。

そのせいか、芸能人がキス写真を撮られる場所も愛車の中が多いです。

ドライブ中にキスするシチュエーションになるポイントは、3つです。

1つ目は、信号待ちで思わずキス、2つ目は、車を止めて会話しているとき、3つ目は最後の別れ際にキスです。

信号待ちでキスをする場合は、軽いフレンチキスが多いですが、車を止めて会話をしているときは、濃厚なキスに発展します。

最後の別れ際にサヨナラのキスは、キスした後も余韻が残る、とろけるキス。

同じドライブデートでもキスのシチュエーションは違うもの。

ドライブ中にキスを盛り上げてくれるものは、やっぱりBGMです。

ムーディーな気分になれるBGMほど、キスも萌えます。

自宅でさりげなく

自宅でさりげなくキスをする、そこにも萌えポイントがたくさんあります。

ドラマで見ると、現在「奥様は、取り扱い注意」で演じている、綾瀬はるかさんと西島秀俊さんの夫婦でありながらイチャイチャ度が高い、さりげないキス。

また、恋ダンスブームになった「逃げるは恥だが役に立つ」の新垣結衣さんと星野源さんのイチャイチャ感も素敵です。

近い関係同士は、キスするときもさりげなくできます。

でも、近い関係だからこそ、さりげないキスがキュンとする萌えポイントでもあるのです。

自宅デートでDVDを見ながら、まったりとしているときに、横に座っている彼女に、さりげなくキスをする。

さりげないキスは、予想していないだけに萌えます。

観覧車の中で

恋人達のデートスポットの遊園地、特に観覧車はおすすめです。

東京ドームシティー内にある観覧車は、乗車中のBGMが選べて、まさにカップルがキスをするのにピッタリです。

またお台場にある、パレットタウン大観覧車から見る夜景は最高で、レインボーブリッチや東京タワーにスカイツリーまで一望することができます。

日本テレビで放送された、山下智久さん主演の「近キョリ恋愛~SeasonZero~」も彼女と少しレトロな観覧車に乗っているシーンがあります。

観覧車の所要時間は、15~17分の時間、狭い空間で二人きりです。

夜景が広がり、きっとロマンチックなキスのシチュエーションになるでしょう。

帰り際に腕を引っ張られて

ちょっと強引に帰り際に腕を引っ張られてキスをされることに女子は萌えます。

ドラマや映画でもS系男子と女子の物語は人気です。

まして、上司と部下の関係や、友人だった彼がいきなりキスをしてくるとなると、余計にドキドキして、とろけるようなキスができるでしょう。

彼氏とでは、帰り際に腕を引っ張られてキスすることは、あまりないシチュエーションです。

まさか、この相手とキスするなんて・・・と思う相手だからこそ萌える。

昔の月9と言われるドラマや韓国ドラマに多いシチュエーションです。

女性は基本的にM気質なタイプが多い、それだけに帰り際に腕を引っ張られてキスは、余計に興奮するシチュエーションでもあるのです。

「こんな関係になってはダメ」と思いつつも、刺激あるキスを求めているものです。

「キスしていい?」と照れながら

今話題のM系男子、草食系男子に多い、優しいキス。

キスをすることなんて、差ほど覚悟がいるわけでもないですが、「キスしていい?」と照れながら言われると妙に恥ずかしくなり、興奮してしまう。

「キスしていい?」と照れながら言われると、「いいよ」と言うことが当然なのかも知れません。

ですが、女性の立場的に「いいよ」と言わせることも、少しドキドキ。

「いいよ」と言ったときに、改めてキスをすることが余計に恥ずかしさをそそるのです。

もし、女性が「ダメ」と言った場合、それでも彼氏が「キスしたい」と言って、強引にキスしてくるのことも、恋の駆け引きとして萌えるポイントです。

何年も付き合っている恋人同士でも、彼氏が「キスしていい?」と照れながら言ってきたら、何で急に?と、戸惑いますよね。

その戸惑いが、付き合い始めた時期を思い出させてくれる、胸キュンポイントです。

後ろからギュッとキスされる

後ろからギュッとキスされることも不意打ち的で、思わず萌えポイントです。

木村拓也さんのドラマのシチュエーションに多そうなキスです。

キスではないですが、某携帯会社のCMで山崎賢人が彼女の背からギュッと抱きしめている写真を待受けにしていますが、まさに、あれこそ後ろからギュッとキスされるイメージ。

後ろからギュッとキスされることは、少しS系の男性が似合います。

そこそこカッコ良いシーンだけに、少なくても彼女よりは背が高くなりと成り立たない。

女性にしてみれば、顔を横に向けてキスするわけですから、少し無理な体勢です。

でも、女性は、少し無理ぎみな状態や強引系に憧れるものです。

後ろからギュッとキスされることは、確実に女子の心を萌えさせます。

きれいな夜景を見ながらロマンチックに

きれいな夜景を見るだけでも、女子はキュンとなる萌えシチュエーションです。

そんなときに、さり気なく肩に手を回しキスをされたら、とろけてしまいそうですね。

女子はロマンチックなキスも大好きです。

必然的にロマンチックなきれいな夜景を恋人と見ていると余計な言葉は、いらない。

ただ、静かに眺めていることが幸せな気分にさせるのです。

きれいな夜景を見ながらロマンチックにキスをするなら、フレンチキスよりも、少し濃厚なキスが余計に萌える。

とことん、ムーディーなシーンでは、ロマンチックにハマることが一番です。

夜景を見つつ、彼氏とキスをする、そんな自分に酔うことができるのです。

ヤキモチを妬かれ、強引にキス♡

適度な彼氏のヤキモチは、愛されている証拠です。

たまたま男友達から電話がかかってきて、電話を切った途端に彼氏からの強引にキスは、女子としても萌えるポイントです。

過剰なヤキモチは束縛につながり怖いけれど、彼氏の可愛いヤキモチを妬かれて、強引なキスをされると寂しい思いをしていたと反省しますよね。

ヤキモチを妬かれ、強引にキスのパターンは、年下彼氏が多い行動ですね。

「君はペット」など、タイプで言えば、松本潤くんみたいな少しS系男子。

女子マンガでもS系男子は人気です。

ヤキモチを妬かせたいから、あえて演技しちゃう女子も案外多いのです。

すねていながらも、甘えた態度が可愛くて、彼女としては萌えてしまいます。

女子はM系が多いですし、「オレに、ついて来い」的な男性に弱い。

少し前は、草食系男子がブームで、昭和的な男は時代遅れ感がありましたが、結局、恋愛は、まわりまわって、S系男子がモテる。

遠距離で空港で・・・♡

遠距離同士の恋人達にとって、空港や駅は思い出に残る場所です。

また、単身赴任などで、しばらくお別れをする関係でも空港でキスをする恋人達は多い。

ドラマで言えば、かなり昔ですが、男女七人夏物語は空港でのキスが衝撃的でした。

海外に旅立つ、大竹しのぶさんを、明石家さんまさんが空港のターミナルで見送るシーン、このまま2人はお別れと思いきや、まさかの大竹さんが振り返り、走って明石家さんまさんに猛烈で濃厚なキスをします。

恋人達にとって、空港でキスする瞬間は、周囲のザワメキも全く聞こえてこない。

遠距離の恋人達には、空港でのキスを余韻にして、しばらく会えなくなる切ない場所。

そんな切ないシチュエーションでキスをされたら、誰だって萌えます。

また空港は日本人だけじゃない、多国籍の人が行きかう場所です。

だからこそ、恋人達がキスをしていても不思議じゃないですし、恥ずかしさもありません。

それよりも、別れや、再会に感動しているのかな?とドラマチックなシーンも多いです。

空港でキスをすることは、キスシーンとしても絵になるシチュエーションです。

プロポーズのサプライズで!

女子にとって、プロポーズは最高のシチュエーションです。

プロポーズのサプライズで彼氏からキスされると、人生で一番幸せな瞬間のキスになります。

指輪を渡されて、オデコにキスをされたり、お部屋でまったりしているときに「結婚しよう」と言われて、「うん」と、返事をしたときのキス。

プロポーズする男性は、個々にサプライズを考えているものです。

どうしたら、思い出に残るプロポーズになるか、試行錯誤しているものです。

その為、レストランのスタッフさんと協力して、花束をプレゼントしたりします。

アメリカのドラマや映画で多いシチュエーションは、大勢の前でプロポーズすること。

プロポーズが成功したら、周囲が一世に踊り、拍手喝采が起こり、みんなの前でキスをする・・・そんなシーン、良く見ますよね。

喧嘩したあとの仲直りのキス

どんなに仲良い恋人同士でも意見はすれ違って喧嘩は起こるもの。

喧嘩した後に仲直りをしたいものの、言葉が出てこない。

関係したあとに彼氏がチュと仲直りのキスをしてくれると思わず、心も顔も解けて、笑顔になってしまう。

喧嘩したあとに仲直りのキスをされると、喧嘩前の二人よりもラブラブになる。

仲直りのキスは、長く付き合っている恋人同士も萌えることができます。

長く付き合えば、付き合うほど素直に謝ることができない恋人同士は、是非、喧嘩したあとに仲直りのキスをすることがおすすめです。

男性必見!NGなシチュエーションは?

女子は、彼氏にキスをされたら、どんなシチュエーションでも絶対に萌えるわけではない。

大好きな彼氏でもNGなシチュエーションでキスをされると、「空気読めない男」や、嫌いになるキッカケになることもあります。

女子は、人の目を気にするものです。

例えば、新宿や渋谷など繁華街でキスをすることで絡まれることもなくもない。

もし、二人の中で燃え上がってキスをしても、第三者に冷やかされ、絡まれたらキスのムードは、一気にぶち壊しになるでしょう。

NGなシチュエーションでキスをしたことが、その後の二人の未来にも繋がることです。

告白をするときにシチュエーションを大事にするでしょう?それと同じこと。

キスをするときもシチュエーションにこだわることが大事です。

公共の場で

公共の場でキスをすることが好きな男女もいます。

それは、他人に見られることで興奮する、変態タイプです。

そして、残念なことに公共の場でキスをする恋人同士は、イケてない同士です。

おしゃれなカップルや、憧れるようなカップルは、行動もスマートでクールです。

公共の場でキスすることは、「もう、あなたしか見えない」周囲が全く見えないことです。

例えば、電車の中や駅のホームでチュチュしているようなカップルを見てください。

誰もが「カンベンしてください」と思わず、言いたくなるような痛いカップルです。

他人のカップルがキスをしているところを見て、幸せと感じる人がいるでしょうか?そんなことも分からないくらい、自分達のことしか興味がないのです。

公共の場でキスすることは、空気が読めない男です。

そんな彼氏に彼女や女子が萌えるわけがない。

場所に気を遣わない

例えば、観覧車など二人きりの空間でキスをしたり、ドライブ中の駐車場で軽いキスをすることは、場所を考えてキスをしていることです。

公園デートをして、ベンチに座って軽いキスをすることも空気を読んでいます。

ですが、同じ場所でも、駐車場で濃厚なキスをすることは違いますよね、ベンチに座ってロングキスをすることは、場所に気を遣わないことと同じです。

キスをしても場所に気を遣わないことで、微妙な空気になることが多々あります。

せっかく、二人ともムーディーな雰囲気でキスをしても、他人に見られたりして恥ずかしい思いをすることもあります。

完全に二人きりの部屋であれば、どんなに濃厚なロングキスをしても問題はありません。

ですが、場所と同様にキスも、その場所に合うか、考えたいところです。

人前で

例えば、友達が集まっている場所でキスを求めてきたり、彼女の自宅に来ているのに、隙を見てキスを求めてくる彼氏はNGです。

やはり、人前でキスをすることは抵抗があるものです。

人前でキスをしても、キスに集中することができないからです。

人前でキスすることにより、その現場を見て、赤の他人は不快と感じるものです。

常識がある女子であれば、あるほど第三者の考えていることが分ります。

逆を考えれば、人前でキスをしても何も感じない女子は、あらゆることで非常識な行動を起こして行くでしょう。

例えば、デート中に彼氏の両親や、職場の上司と出くわしても彼氏オンリーな状態でロクに挨拶もしないようなタイプです。

人前でキスをすることに抵抗がない女子は、彼氏しか見えない。

人前でキスをしようとして、「ここは、ダメ」としっかり言える女子が長く付き合って行けるタイプです。

強引なキス

少しくらいの強引さは、女性は好きです。

ですが、空気を読まない強引さは不快以外の何者でもない。

例えば、ウトウトと眠りに入っている時に、強引にキスをされると、女子としては、眠りを邪魔されてイライラすることでしょう。

その他のシーンでも、キスをしたい気分じゃない時に、強引にキスされることは不快感しかないのです。

これは、男性だって同じこと、黙々と作業をしている時や、集中力を高めているときに、彼女であろうと、横槍を入れられることはイライラくるはず。

何よりも、女子の大半は、ムードを大事にします。

ムーディーな音楽や、ちょっと照明がトーンダウンしてこそ、キスをしたい気分になるもの。

前座がない状態で、即キスをしようとすることは女子にとってNGのキス。

食事の後

食事の後のキスは、あなり感触的に気持ち良いものではありません。

女性は自分の口の中の息も気になる反面、相手の息も気になってキスに集中することができません。

まして、焼肉や天ぷらなど食べた後は唇同士の感触もヌルっとして気持ち悪さを感じる。

食後のキスは、どんなに愛している相手だとしても抵抗があります。

愛している相手だからこそ、息が臭くて嫌われたくないと思うものです。

潔癖系の女子であれば、尚更、食事の後のキスは考えられないものです。

彼氏としては、「美味しかったよ。

ありがとう」の意味も込めてキスをしても、そのキスが2人の関係を最悪にしてしまうこともあります。

彼女からして見たら、「食後に歯磨きをしていないのに、キスなんて、汚らしい」と思ってしまうかも知れません。

たとえ、感謝の気持ちを込めてキスをしようと思っても、食事の後はやめるべき。

最高なキスシーンにするためには?

女子はロマンチストな生き物です。

やはり、最高のキスシーンをする為には、シチュエーションに最大元こだわるべきです。

極端な話、キスは唇を重ねるだけのことですが、そのキスをより感情的にするのは、シチュエーションです。

例えば、ムーディーなシチュエーションであれば、通常のキスがより濃厚になります。

ムードに酔えるか、酔えないかでキスシーンは変わってくるのです。

男性だけがムラムラしてキスをしたいと思っても、彼女はキスがしたくない状況かもしれませんし、逆に女性がキスしたいのに、彼氏がキスをしたくない気分の時もあります。

キスは二人の呼吸が合ってこそ、最高のキスシーンになるのです。

タイミングを見計らおう!

キスも告白も恋愛感情に関しては、全てタイミングと言っても過言じゃない。

タイミングがズレてしまえば、良い結果も悪い結果に変わってしまう。

ただ本能のままに、今キスがしたいから、キスをするじゃダメです。

やはり、頭で考えてタイミングを計ることが大事、だからこそ、恋愛はハラハラしたり、不安になったりするのです。

キスのタイミングは、二人きりの部屋でテレビを見ていて横並びに座ったとき、会話が途切れて思わずキスをする。

キスをするタイミングは二人でいると何度となく訪れるもの。

沈黙になるとき、それは彼女も少しキスをされるのを予感しているときでもあるのです。

ぼんやりしていたら、タイミングは逃してしまいます。

彼女といるとき、彼女もサインを出していることを忘れないようにしましょう。

相手に合わせて

一方通行の気持ちでは、最高のキスシーンはできない。

相手に合わせることがキスは大事です。

もちろん、女子だけの気持ちに合わせていることも、男性としては窮屈に感じてしまいます。

女子も男性に合わせる必要があるのです。

相手を気遣うことをしないと、唇が重なる感触も不快に感じてしまいます。

キスは、とってもデリケートな物です。

何となく二人きりで会話が途切れたり、ソファーに並んで座っていたり、手を握ってきたりすれば、相手はキスをしたい時かも知れません。

最高のキスは、相手を思いやることでもあるのです。

相手に合わせて最高のキスをしましょう。

下心が丸出しにならないように

男性は特にキスから先のことを想像したくなるものです。

キスをしたらベッドインすることは当然と思っていませんか?下心が丸出しになっているとキスも非常に荒々しくなるのです。

最初から濃厚なキスをして強引になりがちです。

大好きな彼氏とエッチすることが女子は嫌なワケじゃない、でも、ムードもない下心が丸出しのキスはドン引き。

エッチをするにしても、ムードあるキスをすることは大事です。

軽くキスして、彼女がキスに酔ってきたら、少し濃厚なキスに進んで行くシチュエーション。

キスにも段階があるのです。

ロマンチックなキスをすることで、相手を官能的にさせることができる。

その為には、下心が丸出しにならないようにしましょう。

唇のケアを怠らずに

キスをして幸せに感じること、それは柔らかな唇の感触です。

柔らかな唇が重なるから、もっと触れ合いたくなるのです。

ですが、冬場など乾燥している時期は、唇もカサカサとしやすくなります。

キスをした瞬間にカサッと唇の皮が触れると一気にキスのムードも台無しになります。

例えば、男性だって女子の口紅がベットリと付いている状態でキスすることは抵抗あると思いますし、唇ケアをしてないで荒れている女子を見てキスをしようとは思わない。

それは女子も同じことです。

乾燥してカサカサしている唇だと、ムーディーな気分になれない。

冬は、女子だけじゃなく男性も唇ケアを忘れずにしましょう。

ストーリー性のあるシチュエーションで

女子は恋愛ドラマが好きですよね?

ドラマのようなストーリー性のあるシチュエーションに憧れているのです。

例えば、クリスマスに二人でデートして夜景を見ながらキスをすることや、自宅のソファーでDVDを見ながら、キスをする。

イチャイチャしているときに、女子はキスをしたい。

ベタな展開でも、「ここでキスするタイミング」は、必ずやってきます。

そのタイミングを逃すことなく、二人だけのロマンチックなストーリーにしましょう。

男性は、どちらかと言えば本能で動くタイプです。

ロマンチックなシチュエーションを考えるよりも、キスをしたい気分だからする。

ストーリー性のあるシチュエーションを作らないと最高のキスと女子は感じません。

キスをする前に、キスしたくなる雰囲気を作りましょう。

映画やドラマのシーンを参考に

ロマンチックなキスやムーディーなキス、イマイチ難しいと感じている男性や、マンネリ化のキスに困っている恋人同士は、映画やドラマのシーンを参考にしましょう。

例えば、恋愛ドラマでは強引な壁ドンからのキスも、少し強引に抱きしてからのキス、優しい頭ポンポンからのキスなど、たくさんのシチュエーションがあります。

彼女が仕事で疲れているときも、相談役になりつつ、頭を撫でて優しくキスをすることで、彼女もフンワリした気持ちになることができます。

特に、キスが日常茶飯事に行われる洋画では、ムーディーなキスの展開も多いです。

フレンチキスからのディープキスの運びも違和感ない。

キスは写真や画像よりも、映画やドラマのシーンが参考になります。

普段と少し違う展開でキスするだけで、彼女は絶対に萌えるはずです。

【参考にしたいキスシーンは、こちらの記事もチェック!】

やりすぎ注意!

キスを安売りしすぎるとキスの有り難味がなくなります。

よくあるキスのパターンが、「行ってきますのキス」「お帰りなさいのキス」「おやすみなさいのキス」と全てをパターン化して義務つけてしまうこと。

感情とは関係なく、キスを当たり前に行動化することでロマンチックなキスではないのです。

キスしたい気分だから、キスをすることで感情的で官能的な気分になれる。

キスをやりすぎてしまうことは、キスを安売りしていることと一緒です。

一ヶ月もするとキスしても感動さえしなくなることもありえます。

キスの仕方で愛情が分るとも言われます。

一連の流れだからキスをするのではなく、愛しているからキスをすることが大事です。

どんなに愛しい大好きな相手でも、毎日一緒にいるとケンカも起こるし、飽きてきますよね?それと同じようにキスも、やりすぎると飽きてしまうのです。

最高のキスシーンで彼女をキュンキュンさせよう♡

恋人達にとって、片思い同士にとってもキスする瞬間はキュンキュンときめきます。

キスはエッチをする以上にムードやシチュエーションが大事です。

唇を重ねることで、相手からの愛情が伝わります。

キスをすることで、それ以上の関係になりたい、官能的な気分にもなる。

最高のキスシーンは、相手とのタイミングです。

相手とキスをするシチュエーションを事前に考えて実行して行くことで、ロマンチックなキスをすることができます。

特に冬は空気も澄んで夜景も美しく見えますし、イルミネーションも多くなります。

最高のキスシーンは、その時の季節のイベントも大事な演出のヒトツです。

最高のキスシーンをすることで、より二人の関係は熱くなります。

女子は、いつでも最高のキスシーンを待っているのです。