これから結構考えてる皆さん、こんな結婚ができたら理想だなと思っている結婚はありますか?

「結婚したい!」と思っているのであれば、少なからず理想の結婚というものがあるものです。

確かに、理想に向かって進んでいけるのが1番ではありますが、

やはり現実とすり合わせて理想通りにはなかなか行かないという事はよくあるものです。

著者の過去の反省を含めてですが、よく男性が共働きを勧める時に「家事は半分に」と言いますよね。

だけど、家事と一口に言っても何をもって半分になるのかは大きな問題です。

結果的に女性に家事の負担が多くかかる事はよくあることです。

このように、理想と現実というのは大きく違うものがあるのです。

では、理想の結婚とはどのようなものなのでしょうか。

性別によっても違いますし、年代別によっても違うものがあります。

理想の結婚についてもう少し掘り下げて考えていきましょう。

理想の結婚とは

理想の結婚は、皆さんはどのようにお考えでしょうか。

結婚生活には外せない年収のことでしょうか?それとも働き方などのライフスタイルでしょうか?

仕事の事や子供の事などなど、結婚においてはいろいろなことを決める必要性も出てきます。

確かに、例えお金が少なくても夫婦ともに助け合ってやっていければ1番とは思いますが、それでもやはり限度はあります。

例えば非正規雇用で、男女ともに年収2,000,000円のご夫婦であれば、どちらか片方の収入によって生活していくのは難しい点から、子供あきらめる必要性が出てきます。

(ただし、両親との同居などでそれくらいの年収でもお子さんがいる方もいます。)

このように、現実と理想とのすり合わせ、場合によっては妥協する必要性が出てきます。

では、まずは理想から見ていきましょう。

男女別、年代別によってどのような理想を持っているのでしょうか?

年代によって異なる

やはり、年代によって少々異なるところが出るのは仕方のないことです。

例えばですが、まだまだ社会に出てから間がなくて体も元気な20代であれば、老後の事はあまり想像がつかないものです。

だけど40代になると、だんだんと疲れが抜けにくくなるなど少々若い時に比べて疲れが出てくるのが特徴です。

そのような点から年代別に理想の違いができてきます。

では20代から40代までの男性はどのような結婚に対する理想を持っているのでしょうか?

20代男性

20代男性の結婚の理想についていろいろとリサーチをしてみましたが、

男性は20代後はあまり結構強く意識しない人も多いからか、あまりそのような情報は載っていませんでした。

周りを見た感想にはなりますが、どちらかと言うとお金のことがどうのこうのよりかは、本当に相手が好きで早く結婚したいと思っているような男性が多いようです。

具体的に言うと、20代前半位で早々に結婚する若夫婦は、高校時代など早い時期から出会い、お金がなくても2人で支えやって生活していることが多いようです。

この年代の結婚は、勢いでの結婚というのが非常に多いように思います。

傾向としては条件から入るというよりは、この女性と一緒にいたいから結婚をするという感じであるようです。

30代男性

30代ともなると、だんだんと社会的なのポジションもしっかりとしてくるところもありますし、世間にもまれて現実を見ることもあります。

ですので、20代の時のように、ただこの人と一緒にいたいからと言うだけの結婚と言うが少なくなります。

30代男性の理想の結婚としては、やはり普段着でいられるような飾らない性格の人を求める傾向にあります。

さらには、人生に具体的なビジョンがある人が好まれるようです。

ただ、こちらは非常に個人差があり、そのような強く生きる女性が好きと言うタイプもいれば、あまり自己主張せずおとなしく自分についてきて欲しいと言うタイプの人もいます。

さらには、愛情表現が素直である等、素直さを女性に求める傾向にあるようです。

確かに、素直なほうがわかりやすいですし、衝突が少なくて済みます。

自分のビジョンを強く持っているタイプだと素直でない所があり、素直な女性というのはえてしてあまり自分を押し通すことがない人です。

男性の理想の結婚相手は相反するもの感じますが、それもあくまで理想ですので、結果的にはあなたらしくあることが1番のようです。

40代男性

さらに、40代になると女性に求める条件が増えてきます。

仕事に慣れ重要なポジションにつく人も多く年収が非常に上がっている人が多いです。

ですので、年収が高い人はどちらかと言うと若い女性と結婚したいと思っている人も多いようです。

それはなぜなのかと言うと、やはり出産において女性の若さというのは非常に重要になってきます。

また、女性にとっては「えっ!?」と思われてしまうかもしれませんが、この年になってもまだ容姿のことにこだわりが捨てられない人も多いです。

ですが、決して美人じゃないとということではなく、自分の好みの顔であるかという事です。

さらには、そこそこに家事能力があって欲しいことも加わってきます。

やはり、40代男性が結婚したいと思って婚活サイトの申し込みをしたりするのは、このまま1人で生きていく不安だったりします。

その不安を補える人を求める傾向にあるようです。

女性の場合

それに対し、女性は若い時からずっと結婚に対する理想はあります。

特に顕著なのは、男性に対してどれぐらいの年収があって欲しいかという理想です。

この理想が一部の男性から反感を買っているところもありますが、やはり子供を意識するとどうしても女性が働けない時があります。

ですので、そこはどうしても男女平等ではなりません。

だからこそ、男性にある程度の年収を期待してしまうのはある程度仕方のないことだと思います。

女性はどんなに年収があっても、自分の年収より高い年収を得ている男性を選びたいと思ってしまう傾向にあるようです。

また、そんな女性でも年代によって理想は様々あります。

では、女性の結婚に対する理想を一つ一つ見ていきましょう。

20代女性

20代の女性は、もちろん全ての人がそうであるとは言いませんが、やはりこの時から結婚して子供産んだ時のために男性がどれくらいのお金を稼ぎ出せるかを大変気にしています。

20代の女性であってもアラフォー近くの男性と結婚するという事はよくあるのです。

とある調査によると、アラフォーの男性と20代前半の女性の合コンをした時、20代女性も、この歳の差に抵抗なく受け入れられているようです。

このような、年収について気にするタイプの方はどちらかというと専業主婦を望む傾向にあるようです。

最近は結婚したらすぐに専業主婦になるタイプは少なく、通常は子供ができるまではフルタイムで共働きをし、子供ができたら家庭に入るといった感じです。

もし、そこそこの年収でもいいからということであれば共働きが前提で、基本的に共働きを前提にするとなると、家事能力がそこそこある男性を求められる傾向にあります。

やはり、若い時から女性は非常にシビアですね。

30代女性

このように若い時から女性はシビアな傾向にありますが、もちろん20代の女性であっても、相手が好きだからと言う理由だけで特に年収の事など気にせずに結婚する人もいます。

だけど、30代ともなるとそんな理想ばかりを見ていられなくなる一面があるのです。

男性に求める年収も非常にシビアです。

やはり、年収においては大体30代では68%が年収4,000,000円以上を希望しています。

東京都内であれば、これぐらいの年収は「理想が低いのでは?」と思うかもしれませんが、

地方だとこれぐらいの金額ではなく、むしろ男性でも年収3,000,000円というところもあるのです。

ですので、地方であれば少々ハードルは高くなってきます。

また、普通の男性を理想にしつつ、容姿にもこだわりがある人はなかなか結婚が難しいようです。

40代女性

40代というとかなり現実も見えてきて、理想にもこだわりがあるようです。

やはり、いろいろなところを調べてみても、20代や30代の女性と比べて40代の女性は非常に理想が高くなる傾向にあります。

確かに40代女性となると、出産に関しては少々難しくなるところがあり、残念ながら子供が欲しい男性からは結婚対象として外されてしまうところもあります。

ですが、妊娠の可能性が全くないわけではありません。

そして、妊娠して出産をし、子育てをして…、となると自分は働けない時期もあり、その分ある程度男性に年収求めてしまうのは仕方のないところがあるのかもしれません。

このような高い理想持っているものの、ご自身の年齢の事についても残念ながらハードルが上がってしまい、なかなか結婚に結びつかない人が多いようです。

それ以降の年代

50代以降というとシニア婚活と言われます。

最近お一人様と言うのがブームになっていますよね。

だけど老後1人で過ごすというのは寂しい人も少なくありません。それも無理はありません。

やはりどれだけ友達がいると言ってみたところで、お友達も配偶者の方が病気になれば配偶者につきっきりになります。

ですので友達がどれだけいても、その人は肉親にはなり得ないのです。

誰かいい人と結婚して安定したいと思うのもある意味当然の心理です。

やはり、どのような状況下にもよりますが、若いころのように強いこだわりがというわけではなくてもある程度の経済力を望んでいる方が多いです。

やはり老後は就労による収入増が期待できませんので、そこはどうしても外せないようです。

さらには、安らぎや安心感を与えてくれる人を理想としており、見た目はあまり重視しない傾向にあるようです。

理想と現実のギャップとは

と、このように理想と現実は色々とありますが、やはり世の中うまくいくことばかりではありません。

このような理想いないところで、うまくいっている人というのは非常に少ないです。

では、今度はあまり見たくないかもしれませんが、実際に結婚した人たちの声というのはどのようなものがあるのかというのを聞いてみましょう。

必ず周囲にいる現実とはちがう結婚

全てが理想通りに行けばそれが1番ですが、やはり全てがうまくいかないのが人間です。

先ほども共働きの家事負担率について触れましたが、結果的に半分にならずどちらかと言うと奥さんが多くになっているというケースが多いです。

後は、共働きでやっていかないと豊かな暮らしは難しいような年収の男性であれば、

もし奥さんが病気や思いがけない妊娠中のトラブルなどで仕事辞めてしまえば、結婚生活は非常に経済的に苦しいものになります。

やはり、理想を抱いていても現実はどうなるかわかりません。

では、理想の現実の違いについて見ていきましょう。

会社の同僚や先輩

やはり同年代の同僚であったり、先輩の結構見ていると結婚の現実というのが見えてきます。

著者の例を挙げますと、著者に結婚を押し付けてくるような先輩がいました。

経済的な不安から結婚できないという話をすると彼はいつも口癖のように言っていました。

「上ばかり見ていても仕方がない。ある程度妥協しないと…。」と。

そして、女性が専業主婦をすることに関しては、「女性が楽をすることを考えているからいけない!働いてお互い協力するべきだ!」ということを言っていました。

ある意味非常に楽観的で、楽しい人ではありましたがあまり深く考える人ではないのだなと正直思いました。

ただ、非常にポジティブな人でしたので、そんな苦しい状況であっても乗り越えていくのであろうと思っていたのです。

ですが、その彼は、何かにつけお金のことを細かく気にして発言する人になりました。

例えば、「嫁が金がない金がないと言う。」とか、「嫁に給料が安いと怒られる。」などなどです。

さらには、その彼は営業職なのですが、現地でお弁当が出ると、子供たちにあげると言って余ったお弁当持って帰るようなことまでしていました。

「お金の事は何とかなる!」が口癖の彼が、常にお金の心配を口にするようになったのを見て、やはり理想と現実は違うと改めて思ったのでした。

結婚式は幸せそうだった

そんな彼ですが、事務の方に彼の結婚式の写真が載った年賀状を見せてもらったことがあります。

その時は大変幸せそうでした。

まさかこんな時に、お金のことばかりを気にして悲観しているなんて思いつきもしない位に楽しそうだったのです。

確かに、まだまだ若いですし、これからそんなお金の苦労するなんてあまり思いつきをしないような時期だったのでしょう。

ですが、やはりどうしても現実と言うものは厳しいです。

ある程度妥協して生きていけば…と言うことを言っていても、だんだんとお金がないという事実は非常に辛いものとして突き付けられます。

やはり、お金が全てだとは言わないけれど、お金で解決するものも多く、お金があることで選択肢が増えてきます。

ですので、やはりお金がなくても愛があればと言うのは非常に難しいことが伺えます。

結婚相手の理想

結婚相手の理想というのはさまざまあります。

例えば女性で仕事が好きであれば男性もある程度の家事能力があり、家事負担を厭わず担ってくれる人の方が結婚相手として理想になります。

逆に専業主婦になりたい女性であれば、自分の分までお金を稼ぎ出してくれる男性が理想になるのです。

後は、育児に関して言うと、専業主婦希望の女性であっても、兼業主婦希望の女性であっても男性にも育児に関わって欲しい人が多いです。

実際に子供が生まれるとわかりますが、子供を育てるのを1人で全部こなすのは非常に難しいことです。

やはり子供が育つには多くの人が関わった方が良いのは言うまでもありません。

また、そのような育児や家事の協力体制がないと言うことであれば、せめて実家の近くに住みたいことを了承してくれる男性を理想としている人もいるかもしれません。

パートナーが理想とは限らない

ただ、残念ながらパートナーの方が理想とは限らないところがあります。

例えばですが、共働きを希望していて「家事は半分にしてお互いに頑張っていこう!」と言うことを言われたとします。

だけど、どちらかの家事能力が極端に低いともう1人のパートナーのほうは大きなストレスを抱きます。

あと、家事がそこそこできる二人だったとしても「やらなくちゃ!」と思うタイミングがずれることによって、どちらか一方だけが負担を抱くことがよくあります。

後は、専業主婦になるのを願って年収の高い男性を選んだけれど、

不況のあおりを受けて年収が減ってしまい結果的に共働きになってしまうケースも今の不況の世の中では決して珍しいことではありません。

やはり長い人生、思いがけずその理想を目指したにもかかわらず現実は違ったものになる可能性は多くあります。

理想の結婚と結婚相手の理想は異なる

昨今、男性も色々と結婚についての理想をブログで書く人なども増えてきました。

そのような人の書く記事や、来たコメントに対する返信などを見ると、理想の結婚と結婚相手の理想のズレというものが確認できます。

例えばですが、とあるブログの男性は、専業主婦希望の女性を嫌い、自立した仕事もバリバリとこなす女性を理想にしています。

だけどその一方で自己主張の強い女性を嫌い、素直な従順な女性を好んでいるのです。

バリバリと稼いで、素直で従順な女性というのは基本的にあまりいません。

仕事カツカツとこなすガッツのある女性であれば自己主張の強い人が多いですし、

素直な従順な女性であれば専業主婦のような生き方を希望したり、そのような生き方の方が向いている人が多いです。

女性に関しても同じで、年収が多くて子育てにも協力的な男性というと非常に難しいものがあります。

年収が多いという事は仕事内容にもよりますが激務な人が多いです。

ですので子育ての手伝いが非常に難しいものがあります。

また子育てに協力的にという事であれば福利厚生が豊かな所を除けば、どちらかと言うと年収が低い傾向にあるのです。

この2つを手に入れようと思うと、やはりそのような相手はなかなか見つからず、なかなか理想の結婚と理想の結婚相手の差が埋められないところがあります。

理想の結婚相手とは

では、理想の結婚相手として選ばれるような男性にはどのような人が多いのでしょうか?

もし、できればそのようなタイプの男性に近づければもちろん結婚のチャンスが増えますし、もしどうしても克服できない事はありますよね。

そんなに多くの人から気に入られようとしなくても良いのではないでしょうか。

そんな時は何かでカバーするような気合があればいいと思います。

女性が理想の結婚相手の男性として選ぶものにはどのようなタイプがあるのでしょうか?

男性の特徴

やはり男性はどうしても大黒柱になるということから経済力を求められる傾向にあります。

さらには包容力であったり、性格的なことを求められることが多いです。

確かに年齢が上すぎると言うと少々考えものではありますが、基本的に男性に対して年齢のことをあれこれと言う女性が少ないです。

例外として40代以上と言うことであれば、子供が成人しても成人したときに65歳以上で定年退職を迎えているということから初めから結婚相手として選ぶには不安視される傾向にあります。

では、結婚相手の理想として選ばれるような理想の結婚相手の男性としての特徴を見ていきましょう。

経済的

やはり、男性は先ほども触れたように大黒柱になる可能性が高いことから経済的に恵まれてる人ほど選ばれる傾向にあります。

どのようなライフスタイルを送るのかにもよるので一概には言えませんが、地方では新築の一軒家を買って、子供を大学に出すためのお金もと言うことを考えると、

共働き前提で男性に4,000,000円、専業主婦と言うことであれば、年収6,000,000円から7,000,000円位を求められることが多いです。

ただ、新築の一戸建てを買わないといけない決まりはありませんので、そこを中古物件にすることや、

大学に出すためのお金を1部を奨学金にすると言うことであれば、もちろんそれ以下でもやっていける事もあります。

これが東京都内だったり物価の高いところであると、もっとそれ以上の年収を求められることがあります。

この風潮に反感を持つ男性もいらっしゃるようですが、やはり子供を意識すると、どうしても女性は男性に対して年収を求めてしまうようです。

年齢

男性は女性に比べるとあまり年齢の事について色々と言われる事はありません。

先ほども触れたように、20代前半の方とアラフォーの男性の合コンと言うのがあっても、意外とカップリングすることがあるとか。

ただ、アラフォーの男性があってもそこそこの年収があるということを求められることが多いです。

それは何故かと言うと、もし子供を意識すると場合によっては子供が成人する前に定年退職を迎えてしまうことがあり得るからです。

そのような時は前もって貯蓄をしたり、女性の方が若ければ女性が主に働いていくことで支えていくことも考えなくてはなりません。

そのようなことを視野に入れ、40歳以上の男性となると気にする女性も出てきます。

ですので年齢のことはうるさく言われませんが、どちらかと言うと40代以降は少し女性も男性の年齢を意識し始める傾向にあると見ておいて良いと思われます。

仕事

このようなことから女性は、男性の仕事に対しても色々と理想を持っています。

やはり1番人気は不景気のこの世の中ですので、公務員が圧倒的に人気です。

昨今はそのような男性を集めたような婚活もあります。

普通の公務員ならのみならず、警察官や自衛官などの専用の婚活もあることから圧倒的な公務員人気が伺えますね。

その他にもIT関係などの高収入のお仕事であったり、医師や医者、商社系の会社員なども人気です。

やはり、安定性のあるお仕事や、高収入の方のお仕事に人気が集まっているところがあります。

やはり子供を育てて長く生活していくことを考えると、どうしても男性に安定性を求めてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

安定性がなければ、その代わりに高収入のお仕事が選ばれているのもそのような点にあるのでしょう。

性格

では、年収さえ高ければモラハラをするような男であってもいいのかと言うともちろんそんな事は断じてありません。

性格に関しても理想思っています。

基本的に、短気ではなく怒りっぽくない人が好まれる傾向にあります。

やはり、穏やかに生活して生きるっていうのは心の安定につながりますよね。

後は、落ち着いて話し合いができるのかという点です。

例えば、怒鳴り散らすばかりで話にならないということであれば、大事なことを話し合う事は非常に難しいです。

色々な掲示板を見ていても、激高するタイプの配偶者を持っている人は大変苦労されているようです。

男性となると、力が強いですので暴力を振るような性格の人だと結婚生活は非常に暗いものになります。

どんなに年収が良くても、性格が合わないことで別れた夫婦はたくさんいます。

それほどに性格は結婚相手の理想には外せないものです。

子供好き

子供がすごく好きである必要はなくても、やはりそこそこに子供に愛情を持てる人でないと、結婚して将来子供産んだ時に一緒に子育てはできません。

男性は中には子供好きではない人もいますが、やはり自分の子に対しては関心のある人であることが求められます。

たとえ奥さんが専業主婦であっても、子供の事は夫婦でやらないといけません。

もちろん、ご主人に協力してもらわず奥様だけの力で立派に子供を育てあげる人もいます。

ですが、母親の愛情だけではやはりどうしても偏りがあるのです。

ですので、仕事で忙しいとは思いますが、子供の事には父親も積極的な参加が求められます。

男性も子供好きというのは結婚相手の理想としては求められます。

女性の特徴

もちろん男性も女性に対して結婚相手の理想はあります。

男性の場合は、そこまで女性の年収に対して関心を持っている人はあまり多くありません。

それは、多くの男性は生活できるようなお金を自分で稼ぎ出すことができるので、お金のことを女性にあまり求めないのです。

もし、収入に対しての望みがあると言うことでしたら、不景気な昨今ですので女性にも生活費を稼ぐ協力をしてほしい方もいますし、

そうではなくても自分が働けなくなった時のために女性にも働いてもらっていて、リスクヘッジをしたい人に多いです。

女性に年収の事を求めない代わりに男性は女性に対して家庭的なところを求めているところがあります。

やはり共働きであっても、女性にはそこそこの家事をしてほしいと求めている男性も結構います。

家庭的

最近は男女平等になってきて、家事も分担している夫婦が増えてきました。

だけど料理は奥さんにやって欲しい人もいます。

家事分担をしているような男性であっても、本音部分では家事は女性にやって欲しいなと思っている人も多いようです。

このように言うと「男女平等の時代なのに!」と思うかもしれませんが、男としては家庭的においしい料理を作ってくれて、きれいな部屋を保ってくれる女性がいいなと思うのです。

このような所は男女別で色々と理想がでてきますね。

もし、女性の方で結婚したいと思っているのでしたら、これから仕事を続けていくということであっても料理をする力や、掃除のする力は養っておいた方が良いです。

そうすることで、男性から一目置かれるところはやっぱりあります。

性格

男性であっても、女性は穏やかでいて欲しいと思うものです。

いろいろな男性の悩みを見ていても、妻がヒステリックであれば、男性は非常に思い悩んでいるようです。

男性は基本的にあまり掲示板などを使いません。

そんな男性が掲示板を使って相談してくるという事はそれほどに追い詰められているのです。

確かに、常に穏やかではいられないのかもしれないけれど、極力女性もヒステリックを起こさず穏やかに過ごしてほしいと男性陣は思っています。

ただ人によって違うところがありますが、女性には従順でおとなしくあって欲しいと言うタイプの男性もいれば、どんどんと自己主張してほしいと言うタイプの男性もいます。

そこの性格によるところは男性によって好みのタイプが違ってきます。

もし気になる相手がいるのでしたらどのようなタイプの女性が好きなのかを見極め、その性格に近づく努力をしてみるだけでもだいぶ違います。

子供好き

子育ては夫婦2人でと言うのが基本にはなりますが、やはり乳児の時期はどうしても母親の方が中心になります。

それは、母乳であれば母乳は女性にしか飲ませてあげることができません。

ですので、初めの時期はどうしても子供に対する比重は女性にかかってくるのです。

だからこそ、そこそこの子供好きでないと女性も大変辛い思いをします。

やはり、男性としても出来れば子供を育てるのを楽しんでいる女性を見る方が理想ではあります。

結婚に対する理想として挙げられる前としては、男性も女性も同じく、子供好きであるということをあげられるのです。

お互い必要な金銭感覚

結婚において非常に重要な事は金銭感覚です。

この金銭感覚が大きく違うために離婚してしまった夫婦もいる位です。

金遣いが荒く、借金癖があると言うことであればその人は結婚には向きません。

そこまではいかなくても、例えば異様なまでの倹約妻と普通に生活したいご主人とでは相性はあまり良くありません。

特にご主人の方が大黒柱であると、「なんで俺が稼いだお金を好きに使わせてもらえないんだ?」と思ってしまう事もあります。

著者の嫁の兄が、義理の姉の金銭感覚の厳しさに少々愚痴をこぼすような場面も多くありました。

なんと義兄はそれなりに稼いでいると思われるのに、小遣いが20,000円だと言うのです。

義理の兄夫婦がうまくやっているようですが、やはり金銭感覚の違いというのはそれなりにストレスになるようです。

理想の結婚を求めるには

やはり、結婚には理想と現実というのがあります。

理想の結婚求めるのも非常に良いですが、その分相手の自分に対するハードルが上がることも忘れてはなりません。

ただ、残念なことに年齢のことや容姿のことであったり、簡単に克服できるものではないこともあります。

確かに理想求めるのも良いですが、あまりに理想を求めすぎるとその分自分がつらくなることもあります。

このような言い方も大変嫌なものですが、ある程度の妥協はやっぱり必要です。