大人の女性になりたいと願っているそこのあなた!

しかし、大人の女性になる、魅力的な女性になるためにどのようなことをすればいいのか分からないと感じている方もいるのではないでしょうか?

そんなあなたは”淑女”を目指すべき。

また、既に淑女になりたい、そのような女性になりたいと感じている方もいるのではないでしょうか?

そんなあなたのために、この記事ではどうすれば淑女になれるのか、を淑女な人を例にあげてご紹介していきます。

また、淑女になるために注意しておきたい事項もお伝えしていくので、淑女を目指す際にはぜひそのことを頭にいれておいてくださいね!

この記事を読めば、あなたも立派な自信のある淑女になれることでしょう。

淑女を目指す貴女へ

淑女になりたい・・・現代になって、そのように感じる方は少なくなってきているかもしれません。

しかし、現代ではなんでもかんでもSNSにアップし、プライベートをさらすのが当たり前の社会になっていますよね。

そのため、淑女のようなおしとやかな雰囲気を持つ女性は減少しているといっても過言ではありません。

だからこそ、淑女になりたいと思っているかもしれませんね。

周囲の流れにとらわれずに自分の気持ちを大切にしたいと思うあなたの力になりたい!そんな気持ちでこの記事を執筆することとなりました。

淑女という概念は古い?


でも、淑女という言葉自体を理解できない若い女性が増えているんですよね。

淑女というのは、簡単にまとめるとしっかりとしたおっとりした人の性格をさす言葉ですが、なかにはアダルトな意味を含む悪いことをあらわしているのではないかと思っている方も多いんです。

要するに、現代では淑女という概念はあまり世の中に広まっていないということなんですね。

しかし、あなたのようにそのような現代のなかでも淑女になりたいと思い、行動している人も少なからず存在するんですよね。

希少価値のある淑女だからこそ、今この時代に淑女になることができれば周りとの差をつけ、モテる可能性もグンとあがること間違いなし。

古いと思われている概念こそ、今この時代に復活させるべきなんです。

昔でも淑女という女性が多くの人に愛されていたように、現代でも愛されることは間違いないからなんですよね。

だからこそ、淑女という概念は古いかもしれないから目指すのはやめよう・・・と思うのはやめてください。

ぜひ、淑女という夢を叶えましょう。

それに夢・・・というほどまでに深く考えなくても、淑女を目指す女性であればすぐにでもなれることでしょう。

淑女とはどういう人?

しかし、淑女を目指しているからといっても淑女が実際にどのような意味を持っているのか分からないという方が多いのではないでしょうか?

さきほどお伝えしたように間違えた意味で、悪いことをあらわしているから検索するのもやめようと思う方までもいるんです。

しかし、あなたは一歩踏み出して今この瞬間に淑女について検索してきたのですよね。

さすがです!誰かがやらないことをやる、それが前に進む秘訣でもあります。

ここでは、淑女とはいったいどのような人をさしているのかをご紹介していきます!

1.身だしなみがきちんとしている


淑女とは、身だしなみがきちんとしている人のことをさしています。

身だしなみがきちんとしているということは、TPOにあった服装をしており、さらにはその服装にシワなどはよっていないんですよね。

外出する前の身だしなみチェックはもちろんのこと、少しでも乱れているところがあれば発見した際にすぐにでも直す癖がついています。

また、髪型もボサボサなんていうことはなく、お手入れをしっかりしているのでツヤツヤの髪の毛、そして美容院でのケアも欠かしていません。

お肌のケアも身だしなみの一部、さらにはカバンのなかのソーイングセット、ハンカチ&ティッシュなども身だしなみと考えているんです。

女性であれば、身だしなみに男性より気を遣っているものですが最近では減ってきていますよね。

あなたはどうでしょうか?自分の身だしなみを二の次にしていませんか?どんなときでも身だしなみには気を遣い、見た目だけでもキレイに見えるようにしましょう。

それが淑女になるための第1歩といえます。

2.化粧や持ち物がけばくない

のちほどお伝えしますが、淑女というのはおしとやかな性格をしています。

おしとやかな性格をしている女性を頭に浮かべてみてください。

そのような性格をしている人って、派手な服装をしていないし、化粧もしていないですよね。

持ち物も派手なものではなく、どこかシンプルでワンポイントが輝いているものを持っていることがあります。

派手な性格の人というのは、自分を本当の自分よりも大きく見せたいと思っているものです。

そのため、派手な化粧をしたり、派手な持ち物をしているんですよね。

例えば、明らかにふわふわすぎるファーバッグ、ヒョウ柄のものなど派手な持ち物ってたくさんありますよね。

また淑女というのは、自分のよさを一番に自分で理解しています。

そのため、化粧も”悪いところを隠す”のではなく”良いところを生かす”ようにしているんです。

そのため、派手なメイクになりません。

素朴だけれども、どこかきっちりしている、そんなお化粧をしているのです。

それに派手な化粧をしていたり、持ち物が派手な人はなかなか近づきにくいものです。

3.物を大切に扱う

淑女は、どのような物でも全てを大切に扱います。

何に対しても丁寧なんですよね。

そのため、持ち物は長持ちしているものが多いですし、「こんな昔のものをまだ持っているの!」なんて驚いてしまうこともあるかもしれません。

物を大切に扱うことが出来る人は、人に対しても大切に接することが出来る人ですよね。

物を扱う姿勢というのは、その人の本当の性格を現します。

女性だけではなく、男性でも”物を大切にする”人はとても魅力的ですよね。

だって、愛にあふれている性格をしているように感じるからです。

あなたは、物を大切にしていますか?
物を大切にしているけれども、いらなくなったら捨てればいい、新しいものを買えばいいなんて思っていませんか?

淑女というのは、自分の気に入ったものを購入し、それを長い間、こわれるまで丁寧に大切に扱うのです。

もしも、今は物を大切に扱うことが出来ていないと感じるのであれば、今からでも遅くないので物を大切に扱えるようにしましょう。

4.話し方がおしとやか

淑女というのは、話し方がとてもおしとやかです。

おしとやかということは、早口でもないですし、きれいな言葉を使っているということになります。

現代では、”若者語”というものが流行しますよね。

毎年新しいものが出回り、そしてその言葉を使わなければおかしいという風潮までおきていることがあります。

あなたもそのような小さな社会で暮らしているのではないでしょうか?

しかし、淑女というのはその言葉を使うこと自体に何も意味をもたないことを理解しています。

そのため、若者言葉で「了解」をあらわすような「り」なんていう言葉は使いません。

きちんと「分かりました」もしくは「了解しました」という言葉を使います。

言葉遣いはその人の品格をあらわすものです。

これまでの生活のなかできれいな言葉遣いをしている人のなかで生きてきた人が、言葉遣いの悪い人と出くわすととても違和感を感じるものです。

違和感どころか”一緒にいたくない”と思うこともあるでしょう。

とても居心地が悪いんですよね。

そのため、言葉遣いをきれいにしておくこと、そしておしとやかに話すようにしておくことによって相手に安心感を与えることが出来るのです。

”モテテク”なんていうWEBサイト、書籍には必ず「ゆっくり話すようにする」というワンポイントアドバイスがあるのは、相手を安心させることができるからなんですよね。

あなたは、日ごろの会話が早口になっていませんか?

伝えたいことが山ほどあるから、そのようになってしまっているんですよね。

しかし、早口で話しても相手にはしっかり届きません。

要点をまとめ、おしとやかに話せるように練習しましょう。

5.言葉遣いが丁寧

一つ前の項目でもお伝えしましたが、淑女というのは言葉遣いがとても丁寧なんです。

というのも、あなたは”言葉遣いが丁寧”というのは、どのような言葉遣いのことを思い浮かべますか?ずばり、それは汚い言葉を使わずに相手に不快な気持ちをさせない話し方になります。

例えば、言葉遣いが丁寧ではない人というのは、人が不快になるような言葉を平気で話します。

とはいっても、その言葉を使うことがその人の常識になってしまっているからなんですよね。

言葉遣いも周囲の人への態度も、育ってきた環境、今いる環境に左右されてしまうんです。

そのため、言葉遣いの悪い家庭で育てば、必然的に言葉遣いの悪い子どもになってしまいます。

しかし、あなたがもしもそのような状態だったとしても親御さんやまわりのせいにするのはやめましょう。

もう大人なのですから、言葉遣いくらい丁寧なものに変えることが出来るはずです。

それに社会人になれば、口調や言葉遣いに対して注意を受けることもあるでしょう。

言葉遣いは変えることが出来ます。

それに言葉遣いを変えることが出来れば、ぐっと淑女に近づくことも出来ますし、周囲から好印象を受けることも出来るでしょう。

6.人間関係を大切にする

淑女は、どのような人間関係でも大切にします。

あなたは、関わった全ての人を大切にできていますか?

例えば、「仕事関係だから表向きだけでいいし、軽い付き合いでいいや」とか「この人といても何もメリットがないから、軽くあしらっておこう」なんて思っていませんか?この世界では、たくさんの人が過ごしていますね。

また、その人がいるからこそ私たちは便利な暮らしを営むことが出来ています。

それにチャンスというのも人が運んできてくれるものであるからこそ、どんなに自分にメリットのないと思える人でも大切にすべきなんです。

とはいっても、人間関係に対して”メリット・デメリット”で考えるその考え方を改めなくてはいけないでしょう。

そのような考えが少しでもあると、どのような人間関係でも大切にすることができません。

しかし、淑女というのはそれがきちんとできることなんです。

かかわりの少ない人であっても、きちんと相手の話を聞き入れ、真摯に会話に向き合うことができるのです。

また、全ての人間関係を大切にしていることを周りの人はこっそり見ています。

その姿をみて「いい子だなぁ~」なんて思われているんですよね。

とはいっても淑女は、そのように思われるために人間関係を大切にしているのではありません。

基本的に人間が好きなので、人間関係を大切にするんですよね。

7.ゆっくり動く

おしとやかな行動をするのが淑女です。

何か行動するときには、機敏に動くのではなくゆっくりと動きます。

ゆっくり動く人ってどこか安心させてくれると思いませんか?

それに物を大切にしているようにも感じられますし、ゆっくりと動くことによっておしとやかな印象を与えることが出来るんです。

話を聞いているときの頷くはやさ、何かものを運ぶときのはやさ、ちょっとして手の動きなどもゆっくりと動くことによって”守ってあげたくなる女性”になることができるんですよね。

さきほどと同じく本物の淑女というのは、守られたいがためにゆっくり動いているわけではありません。

また、ゆっくり動くというのはお水の世界(夜の世界)でも売れるための必須条件となっているので、モテテクとしても使ってみてくださいね。

8.立ち振る舞いが丁寧

ゆっくり動くということは、必然的に立ち振る舞いが丁寧なことになります。

立ち振る舞いが丁寧ですと、品格そのものをあげることができます。

品格そのものがあがれば、その人自身の雰囲気そのものを格上げすることができるんですよね。

例えば、立ち上がるとき、座るとき、何かを取り出すとき、カバンを背負うとき・・・などなど細かい動作までも、立ち振る舞いが丁寧なのです。

京都の舞妓さんを想像してもらうと分かりやすいかもしれません。

何をするんもゆっくり動き、さらに立ち振る舞いがおしとやかで丁寧ですよね。

どんなに顔が美しくなくても、動作だけでも美しく、立ち振る舞いを丁寧にすることによって”美しさ”を出すことが出来るんですよね。

淑女というのは、外面ではなく内面からの美しさが出てるんですよね。

9.部屋や身の周りが整理整頓されている

また、淑女は自分自身の管理をしっかりすることができています。

部屋の中はいつも整っていますし、いつでも身の周りも生理整頓されているんですよね。

どこに何があるのかを把握できているし、物を大切にしているので物をなくすようなことがありません。

それに掃除好きなことも多いので、いつも誇りのないキレイな環境であることも。

部屋のきれいさは心の中を比例するものであり、鏡といわれています。

要するに、部屋をきれいに保つことが出来ているといことは、自分自身の意見をしっかり持って生きているということなんですよね。

少しでも心になにかズレを感じると人は部屋を掃除できなくなってしまうものですし、汚い部屋に安心感を感じてしまうんですよね。

しかし、どのような人でも汚い部屋よりはきれいな部屋のほうが好きなもの。

それに何かをする前に毎回のように片づけをしていては、ラチがあきませんよね。

淑女になるにあたって、これからは週1日は必ず掃除機をかける日などを決めてみてはいかがでしょうか?

10.何事も一生懸命誠実に取り組む

淑女は、どんなに小さなことでも一生懸命に取り組むことが出来ます。

そして、ただやみくもに一生懸命に取り組むのではなく、誠実に取り組むことができるんですよね。

人は、誠実に対応してくれる人に安心感を感じ、さらには好印象をもつことができるんです。

小さなことには手抜きをし、大きなことだけにチカラを入れていませんか?

その姿勢は、誰にもばれていないかと思いきや誰にでも見てわかるものです。

淑女は平等に物事を扱うことが出来る人です。

あなたも、何かをなすときには全て平等に一生懸命に、そして誠実に行なうようにしましょう。

11.少しはかなげ

少しはかなげな雰囲気をもっているのも淑女の特徴です。

はかなげというのは、どことなく頼りなさそうにみえて、何かに付けてお手伝いをしたり手助けしてあげたくなるようなタイプのことです。

あなたの周りにも、なんだか危なっかしくて目線を奪うような女性がいるのではありませんか?
淑女は、自分のことはしっかりできるような芯の強さを持ち合わせているのでそれは周りの人がなんとなく”はかなげな印象だな”と思っているだけで、本当は強い女性なんですよね。

とはいっても、見た目や雰囲気がはかなげなために何かお手伝いしたくなってしまうんです。

そのため、男性からは魅力的に見えますし、同性からもなんだかそばにいてあげたいと思う女性なんですよね。

要するに、男女ともに人気を博しているということになります。

12.天然なところがあり守ってあげたくなる

性格的には、おっとりとしているだけではなく、どこか天然な部分があります。

人によっては天然な相手をうっとおしく感じてしまうかもしれませんが、ほとんどの方は天然な方に心惹かれてしまうことが多いんですよね。

だって、なんだかそっとしておけないし、一人でいるのは危ないような気がしてしまうからなんです。

これもはかなげな雰囲気も一緒に考えると分かりやすいかもしれないですね。

また、本人に「あなたって天然だよね」なんていうと自覚がないので、天然といわれることに怒ってしまう方もいるのでご注意を。

13.大きな音をたてない

ずさんだったり、ガサツな女性というのは何かをするにしても大きな音を立ててしまいますよね。

また、深夜など大きな音をたてるべきではない状況でもかまわずに大きな音をたててしまいがちです。

そのような人と一緒にいると、誰でも気持ちが落ち着きません。

なぜならば、一緒にいる人までも同じような人だと思われてしまうからなんですよね。

また、安心できる相手ではないことははっきりと分かるはずです。

しかし、淑女というのは大きな音をたてません。

深夜など大きな音をたてるべきではないところをしっかり理解していますし、それに物を大切に扱うので何か大きな音をたてるようなシチュエーションになることがないんですよね。

ですから、淑女タイプの女性が大きな音を発することになったときには何か悩みを抱えていていつも通りの彼女でいることができていないことを理解してあげる慈悲深さも大切でしょう。

とはいっても、カンペキな女性であるのでそんなちょっとしたことで責めるような人はいませんが・・・。

14.料理や家事が得意

淑女は、家庭的な人がとても多いです。

というか、幼い頃からお母さんのお手伝いをしていたり、趣味で料理をしているからなんですよね。

また、家事もなんなくこなすことができます。

とはいっても、家事のやり方には人それぞれの方法がありますよね。

淑女は、常識的だと思われることであれば完全な家事や料理をこなすことができます。

男性にとっては、料理が上手でそして家事もできるような家庭的な女性というのはお付き合いする相手だけではなく、結婚相手にもしたいと思えるものです。

現代では夫婦ともに、男性も家事や料理をする時代になってきましたが、やはり料理や家事は一通りはできるようにしたいものですね。

もしも家事や料理が苦手であるならば、講座に通ったり、お料理教室に通えるようにしてみてはいかがしょうか?

15.彼や夫に尽くす

大好きな彼氏、そして夫に見返りを求めずに尽くすことが出来るのも淑女の特徴のひとつです。

淑女は、自分の愛を惜しみなく相手に伝えることが出来るんですよね。

そのため、「ああしたのに、こうしてくれなかった」なんていうことがありません。

それに誰だって尽くしてもらえるのは嫌な気持ちがしないものです。

彼や夫に尽くすことで自分自身が幸せになり、さらにもっと相手に尽くしてあげたいという気持ちになれるんですよね。

淑女になるための5個の注意点

これまでに淑女の特徴、淑女とはいったいどのような人なのかを簡単にご説明してきました。

まだ、淑女の形に程遠いという方もいるのではないでしょうか?

しかし、諦めずに淑女になるために行動しようとしているんですよね!

そんなあなたに、ぜひ気をつけて欲しいことが5つあるんです。

淑女になることができても、この5つの注意点を頭に入れておくことが出来なければあなたの淑女になる作戦は失敗におわってしまうかもしれません。

身も心も淑女になるために、ぜひ以下のことを気をつけてみてくださいね!

1.女を強調した服装をしないこと

淑女というのは、おしとやかな”大和撫子”を思い浮かべるととても分かりやすいかと思います。

そのため、女性らしさをアピールしすぎた服装を着ることはありません。

女性らしさをアピールするというのは、胸元がぱっくりあいてしまったような洋服だったり、短すぎるミニスカートなどですね。

かといって、いつもパンツルックスのような男性らしい服装をすることも少ないのです。

女を強調しすぎると体を目的とした男性が近寄ってくるだけではなく、自分自身の価値を下げることにもなりかねません。

自分を安売りすることになってしまうんですよね。

淑女は決して自分を安売りするようなことはしません。

自分の体を大切にし、そして自分のよさをアピールすることにできる自分の好きな洋服を身に着けているのです。

上品な色気を見に付けることがポイント

では、どのような服装をすればいいのか気になってしまいますよね。

ずばり”上品な色気”を目標にしてみてください。

胸元がパックリあいているような服装は、はっきりいって上品な色気をだしているとはいえません。

まさにムンムンな色気で男性陣の心を落としてしまおう、と思っていると男性には思われてしまうんですよね。

また、スカートとはいってもひざ丈にすることによって上品らしさをかもし出すことが出来ます。

お手本にすべきなのは、ニュース番組で活躍している女子アナ。

清楚かつかわいらしい、そして上品な服装をしていることが多いですよね。

ぜひそれらを参考にしてください。

また、お色気ですがしっかりと自分のよさを出すことの出来る服装、メイク、立ち振る舞いをすることによって誰でも出すことが出来るので安心してくださいね。

無理にだそうとすると、いやらしい色気しかでないので注意が必要です。

2.感情をむき出しにしないこと

淑女は、感情をむき出しにすることがありません。

どんなに嬉しいことがあっても、どんなに悲しいことがあってもいったん心の中で受け止め、心のなかで落ち着かせてから言葉として表現します。

ゆったりと行動する、おしとやかに発言するからこそ自分の気持ちをしっかりと受け止めているってことなんですよね。

怒ったり泣きわめいたりするのは非淑女のすること

しかし、世の中には感情のままに怒りに身を任せ激怒してしまったり、泣きわめいたりする方がいますね。

「感情は全てさらけ出すべきだ」だとか「気持ちはストレートに伝えたほうがもてる」なんていう情報が出回っているので、そのようにしてしまっているのかしれません。

でもはっきりいいますと、そのようなままではモテることはありません。

それどころか淑女になることができないのです。

淑女は、全体的に”静”の雰囲気を身にまとっています。

感情にまかせてそれをあらわにしてしまうのは、”動”の雰囲気を感じさせますよね。

たしかに時には、気持ちを爆発させることも大切かもしれません。

その中でも一度自分のなかに落とし込み、相手に伝えやすいようにかみくだくことができるのが淑女なんです。

それに大人になってまで感情に任せて怒ったり、泣きわめいたりするのは恥ずかしいことなので自分の状況や立場をしっかり理解するようにしましょうね。

そうすれば、そんなことはできなくなるはずですよ。

3.あまり目立たないような言動をすること

何か思ったことがあれば、すぐに発言していませんか?

そのようにハキハキと意見を主張するのはとても気持ちがいいですし、その場の状況を変えることが出来ますよね。

しかし、淑女というのは目立つような発言をしません。

それどころか控えめで、自分の意見をはっきりと述べないという性質があります。

バリバリのキャリアーウーマンとして働いてきた方、誰にも頼らずに生きてきた方にとっては難しいことかもしれません。

そんなときは、目立たないような言動にするようにしてみてください。

それだけでもかなりの印象がかわります。

ミステリアスで奥ゆかしいことが魅力につながります

では、なぜ目立たないように発言すべきなのでしょうか?

ずばり、ミステリアスな雰囲気を出すことが出来るからなんですよね。

男女ともに、多くを語らない人については「どんなことを考えているんだろう?」「どんな過去を生きてきたんだろう?」なんて考えることになるものです。

そのため、その人のことをもっと知りたいという欲望につながるんですよね。

また、自分のことをベラベラと話さない人というのは、奥ゆかしい雰囲気を感じることも出来ます。

そこで、この人をゆっくり知っていきたいという魅力につながり、異性だけではなく同性にも興味をもたれやすくなるんです!

4.あまりペラペラしゃべらない

さきほどもお伝えしましたが、淑女というのはペラペラと話しません。

話すときは話しますが、いつでもベラベラ話しているようなことはないんです。

相手が話しているときには、しっかりとその話をききます。

そして、アドバイスなどを求められたら話すのです。

この世の中には、おしゃべり好きな女性が多いですよね。

そんなあなたは、どこが重要なのか?ということを見極めて話すようにしてみてください。

そうすると、必要ではないところで発言をしなくてもいいということが分かるはずです。

特に人の噂や悪口は絶対にNG!

また、特に悪口などは絶対に話さないようにしてください。

淑女というのは、人間を愛しています。

さきほどもお伝えしましたが、人間を大切にしているんですよね。

そのため、人の悪口をいうこともないですし、欠点を欠点と捉えることがありません。

もしも、誰かの悪口をどうしてもいいたくなってしまうこともあるでしょう。

そのような時は、その悪い点をよい点に変換してください。

もしも、誰かに「あなたってダサいよね」と言われたことによって腹を立てたとしましょう。

しかし、その発言を知ることによってあなたはファッションを改善することができるかもしれないのです。

新しい自分になることができるかもしれないのです。

新しいチャンスをもらえた、ってことですよね。

5.あまり生真面目になり過ぎないこと

淑女の性格や特徴をさきほどご紹介しましたが、どこか”マジメすぎる”と感じる方もいたのではないでしょうか?

たしかにそのように感じることがあってもおかしくありません。

さきほどご紹介したのはほんの一例であり、淑女といってもジョークをいうこともあるし、いつもニコニコしているものです。

真面目過ぎると周囲に人が寄って来なくなる

また、マジメすぎて過ごしているとあなたの周囲に人がやってこなくなってしまうことも。

マジメすぎると、カタいイメージを与えてしまうんですよね。

いつでも誰からでも話しかけられてもいいような”ふんわりとした雰囲気”をイメージしましょう。

これであなたも淑女です

今回は、淑女についてご紹介してきました!なんだかなれそうな気持ちがしてきたのではないでしょうか?

また、淑女というのは”女性の鏡”といっても過言ではないでしょう。

現代の若者言葉や流行に惑わされず、淑女であれば必ずよいことがやってくるはずです。

ぜひ、今回ご紹介したことを参考にしてあなたも淑女になってくださいね!

【淑女になるために身につけるべきことは、こちらの記事もチェック!】