日本語には色々な言葉があります。

普段から使う言葉もあれば、全く使わないような言葉もある事でしょう。

普段使わない言葉も、これから先年齢によって使うようになるかもしれません。

その為、使うか使わないかに関わらず言葉に興味を、持つことはとても大切な事です。

言葉は常に変化しています。

その為、興味を持って生活していないと新しい言葉を知る事が出来ません。

他人の話を聞く際も、わからない言葉に対して興味を持つかどうかによって、その後のボキャブラリーに追加する事が出来るかどうかが、変わって来るのでしょう。

幾つになっても、常に勉強する気持ちを持つ事は大切な事です。

時代が違うなどと自らが心を閉ざしてしまえば、そこで成長は止まってしまうでしょう。

新しい言葉を覚え、使うことにより頭は常に活動し、老化を防いでくれる効果もあります。

若い方々の場合は、人間としての厚みを増すことも出来るでしょう。

その為、自分が普段使うか使わないかに関係なく様々な言葉に興味を持って行きましょう。

例えば「感慨深い」と言う言葉もその1つです。

年代によっては、この言葉は余り使う事は無いでしょう。

ですが、これを使いこなす事が出来れば、ちょっと大人っぽく見せる事が出来るかもしれません。

そこで今回は「感慨深い」と言う言葉についてご紹介させて頂きます。

既に年齢的に、今更人に聞けないと言う方も、これを読むことによって、より分かりやすくなる事でしょう。

誰にも気が付かれる事なく、ここでひっそり勉強してみては如何でしょうか。

よく耳にする「感慨深い」

「感慨深い」と言う言葉は、日常的にもよく聞く言葉の一つでしょう。

その為、なんとなく意味が分かってるような気持ちになっている事もあるかもしれません。

日本語は、その言葉の意味が分からなくともその前後の言葉を考えることによって、内容を推察する事が出来ます。

その為、必ず一語一句言葉の意味を知らなくとも困る事は無いでしょう。

「感慨深い」と言う言葉は、一体どんな時によく聞く言葉でしょうか。

ここで少し例を挙げてみたいと思います。

インタビュー

人に意見を聞かれるのがインタビューです。

自分がどう考えて、どう思ったのかを伝える事が重要となります。

しかしながら、自分の気持ちを言葉にする事は意外と難しい部分もある事でしょう。

何か考えている事があったとして、それを文章にして人に伝えようと思うと無駄に話が長くなってしまったり、誤解を招くような言い方になってしまう事も。

また、大人になるにつれて話す言葉にも気をつけなければならなくなります。

年代に合わせた話し方が出来るようになる為には、自分の努力が必要です。

自然と出来るようになるものでは無いのです。

その為、勉強をして居ない人はその場に合わせたコメントをする事が出来ずなんとなくの雰囲気でしか話しをする事が出来ません。

そんな時に役立つのが、感慨深いと言う言葉です。

感慨深いと言うことによって、なんとなく素敵な事を言っているように見せる事が出来ます。

対した事を考えて居ないとしても「感慨深いです」と伝えるだけで、雰囲気的に素敵な形に見せる事が出来るのでは無いでしょうか。

だからこそ、多くの人が、感慨深いという言葉を使っているのでしょう。

人に賢くみられたい。

そんな願望は、だれの心にもある事なのかもしれません。

記者会見

テレビで「感慨深い」という言葉を聞く時には、記者会見の場が一番多いのではないでしょうか。

何かを謝罪したりするさい、実際にはなんとも思ってなかったとしても謝らなければならない事もあります。

ですが、ただ『ごめんなさい』と伝えた所で、なんだか信憑性が足りず相手に伝わらない事もあるでしょう。

そんな時も『感慨深い』という言葉を使うだけで、内容がぐっと締まったものにする事が出来ます。

たとえ同じ話をしてたとしても、言い方によって相手の印象は全く違ったものになります。

より相手に深く謝罪の心を伝えたいと思うのであれば、言葉選びにも慎重にならなければなりません。

そんな時にも『感慨深い』という言葉はとても便利に伝えることができるのです。

スピーチ

芸能人やスポーツ選手は勿論、一般の方々でも、時折スピーチをしなければならない事があります。

大きな会議室などで行われる事もあれば、子供の行事の際に行う事もあるでしょう。

ですが、多くの方の場合スピーチをする事に慣れて居ません。

その為、どう話をしたら良いのか分からなくなってしまう事もあるでしょう。

その場をこなす事が出来ず、恥ずかしい思いをしたり落ち込んだりする事もあるかもしれません。

そうならない為にも、何と無くそつなすこなす事は大切です。

『感慨深い』などという、ちょっとかしこまった言葉を使用することによって、普段の話し方とは違った印象を相手に与える事が出来ます。

話している内容は大したことではなかったとしても、話している雰囲気だけで、相手に好印象を与える事が出来るでしょう。

結局、人の印象はイメージです。

内容どうこうより、いかに素敵に自分の話をする事が出来るかどうかにかかって居ます。

その為にも、ちょっとかしこまった言葉を使えるようにしておく事も大事な事と言えるでしょう。

「感慨深い」ってどういうこと?

様々な場面で使われているのが『感慨深い』という言葉です。

普段何気なく使っている方も多いのではないのでしょうか。

実際、言葉の意味をしっかりと理解していなかったとしても会話を続けることは出来ます。

前後の文章から、内容を読み取る事も可能でしょう。

ですがそれを続けていても、その言葉を自分の物にする事は出来ません。

言葉を身に付ける為には、それだけきちんと意味を理解する必要があります。

意味を理解していないと、どこで使用して良いかわからないからです。

また、なんとなくの雰囲気で使用してしまうと、間違った使い方をしてしまう事もあります。

知ったかぶりをしつつ言葉を間違えてしまうほど恥ずかしい事はありません。

そうならない為には、言葉をきちんと学ぶ必要があるのです。

言葉は常に新しい物が登場してきます。

それを学ぶ事は、いくつになっても必要な事です。

学ぶ事を止めてしまっては、そこで成長が止まってしまいます。

今の時代の言葉を覚える事を止めてしまっては、それからの成長を望む事は出来ないでしょう。

言葉を知らなければ話題にもついて行けません。

いつの間にか社会から取り残されてしまう事もあるでしょう。

そうならない為にも、きちんと言葉の意味を考える事はとても重要な事なのです。

「感慨深い」の意味

『感慨深い』という言葉には、『深く心が動く事。心の動き』などという意味があります。

その為、『感動』『悲しみ』など具体的な意味がある訳ではありません。

その状況に合わせて様々な解釈をする事ができるのです。

会見やインタビューの場合には、自分の揚げ足を取られないように最新の注意を払って話をします。

その為、多くの意味として多用に考える事が出来る『感慨深い』という言葉は、大変便利な言葉なのです。

様々な場面で使用される、この『感慨深い』という言葉。

その大きな理由には、意味が断定されて居ない所にあるのかもしれません。

日本人は、白黒はっきり付けて意見を伝える事が苦手です。

出来るだけオブラートに包んで話を進めたいと思って居ます。

そんな事なかれ主義の日本人だからこそ、自分の意見をハッキリと伝える必要の無い『感慨深い』という言葉が好きなのかもしれません。

しみじみと心に感じること

『感慨深い』とは、基本的に断定的な意味がある言葉ではありません。

その為、状況に合わせて自分の気持ちを伝える事が出来る言葉として使用されています。

例えば、とても感動し心が熱くなった事を伝える際にも『感慨深い』と言う言葉が使われます。

『感動した』というだけでは、どうしても軽く聞こえてしまう気持ちも『感慨深い』という言い方をする事により、もっと激しい気持ちを伝える事が出来るようになります。

人の気持ちを言葉にすると、どうしても実際より下になってしまう事もあります。

なかなかその時の状態を伝える言葉が見つからずイライラする事もあるでしょう。

そんな時も、この言葉を使用する事によって状況を相手に推察して貰う事が出来るようになるのです。

一語一句全てを伝えるのではなく、相手に想像させることによってより簡単に気持ちを伝える事が出来る様になる場合もあります。

情緒深く浸ること

自分の気持ちを言葉にする事は、以外にも難しい事も多々あります。

気持ちとしては色々な事を思っているのにも関わらず、それを言葉にする事が出来ないせいで相手に上手く伝えられない事もあるでしょう。

そんな時にも『感慨深い』という言葉はおすすめです。

情緒を感じた時などは、特に言葉にして伝える事が難しくなかなか気持ちを伝える事が出来ない場合もあるでしょう。

そんな時も言葉にならない状況を『感慨深い』という言葉に含ませる事によってそのニュアンスを相手に伝える事が出来るようになるでしょう。

相手もまた、状況を推察しあなたの気持ちをくみ取ってくれるようになるかもしれません。

非常に感動すること

物事に対して、時には心を揺さぶられるような大きな感動をする事もあるかもしれません。

ですが、その高ぶる気持ちを『感動した』という言葉だけにまとめてしまうと、どうしてもあつい熱量を伝える事が出来ません。

どうしても、白々しく聞こえてしまうのです。

ですが、『感慨深い』という言葉を使用しあえて言葉に出さない方が感動を相手に伝える事が出来る場合もあるでしょう。

何事も、全てを言葉にすれば良いと言う事ではりません。

言葉に出さないからこそ、伝わる思いもあるのです。

その為、自分の気持ちを全て言葉にしようとする必要はありません。

時には相手の想像力に頼ってしまっても良いのでは無いでしょうか。

物事の深い味を感じたときに使う


生きていると、時に自分のボキャブラリーでは表現する事の出来ない深い感動を感じる事もあるでしょう。

それを誰かに伝えたいと思ってもなかなか伝える事が出来ズず、モヤモヤする事もあるかもしれません。

そんな時にも『感慨深い』という言葉はおすすめです。

本当に感動した事を、つたないボキャブラリーで表現ひようとしても無理があります。

安っぽくなってしまいその思いをきちんと伝える事が出来なくなってしまうでしょう。

そうならない様にする為にも、『感慨深い』という言葉を使いあえて具体的な話をしない事が大切です。

そうする事によって表現する事が出来ない程感動しているという状況を伝える事が出来るようになるからです。

なんでも感でも言葉にだして伝えればいいと言うものではありません。

時には、自分の言葉に頼らず、ニュアンスを伝える事により相手に想像力を働かせて貰う事もおすすめです。

大人っぽく見える「感慨深い」のシチュエーション


使用する言葉によって、年齢層を想像する事が出来ます。

つまり、難しい言葉を使っている人は、それだけ多くの経験や知識を身に付てけており年配の方が多いと考えられていると言う事です。

しかし、若い方の中でも言葉をしっかりと勉強している人の中には様々な言葉を知っている人も沢山居ます。

その人たちは、実際の年齢よりも年上に見え落ち着いて見得る事でしょう。

仕事をしていても、しっかりとした言葉遣いをする事が出来る人は、例え年齢が若かったとしても、安心して仕事を任せる事が出来ます。

それだけ言葉は、その人の内面を測るバロメーターとなるのです。

その為『感慨深い』という言葉も、使用するだけで大人っぽく見せる効果があります。

落ち着いて見える事もある、実際の年齢よりも上に見せることが出来ます。

若い事を理由になかなか仕事で結果を出す事が出来ない人も、言葉遣いを返るだけで相手の印象をガラリと返る事が出来る事もあるかもしれません。

大人っぽく見せたいと思うのであれば、言葉遣いを注意してより年上の方にも伝わる言葉使いを身に付けて行きましょう。

その際、いくら言葉を覚えたとしても、使うシチュエーションがましがって居れば、あなたの気持ちを表現する事が出来なくなってしまいます。

そうならない為にも、言葉の意味を覚えると共に使うシチュエーションもしっかり自分の中に留めておきましょう。

昔の思い出に浸りながら

昔の思い出と言うものは、時が経てば経つほどいい思い出ばかりが心の中に残るものです。

ですが、実際は良いものばかりではありません。

時には、辛く悲しい出来事もある事でしょう。

何らかの拍子にそれを思い出すと、なんともいたたまれないような気持ちになる事があります。

その時にこの『感慨深い』と言う言葉を使用するのです。

そうする事によって、自分のなんとも例える事の出来ない複雑な気持ちを言葉にする事が出来るのです。

昔の思い出を振り返る際、他人には伝えにくいなんとも言いにくい事もあるかもしれません。

そんな時も『感慨深い』と言う言葉を使用する事によってイメージを覆す事無くその場をまとめる事が出来るでしょう。

親戚の子の成長ぶりをみて

『感慨深い』と言う言葉の中には言葉にする事が出来ない熱い気持ちと言うものが込められて居ます。

それは自分だけに関係する事では泣く、他人に対しても感じる事もあるでしょう。

例えば、自分の親戚や知り合いの子供の成長をみてなんとも嬉しいような寂しいようなきもちになる事もあります。

そのなんとも言えない気持ちも、この言葉を利用することによって表現する事が出来るようになるのです。

小さいうちは自分の子供で無くとも、無条件に可愛い物です。

ですが子供はいずれ大きくなってしまいます。

その際に一抹の寂しさを感じる事もあるでしょう。

嬉し気持ちと寂しい気持ちが重なる。

そんな時にも、この言葉を利用する事が出来ます。

感謝の気持ちを述べるときに

自分の気持ちを素直にあいてに伝える事はとても大事な事です。

『ありがとう』や『感動した』『ごめんなさい』などなど、それらの気持ちを相手に伝える事によって相手の気持ちもまた嬉しい気持ちになる事でしょう。

ですが、大人になるとどうしても自分の気持ちを素直に伝える事が出来なくなってしまいます。

また、友達でも無い人にいきなり『ありがとう』と言う事は相手に対して失礼になってしまう事もあります。

そうならない為にも、『感慨深い』と言う言葉を使用する事によって、相手の気持ちを損なわずに自分の気持ちを伝える事が出来るようになるかもしれません。

失敗経験を活かせたとき

失敗は成功の元といういい方をします。

ですが、実際はそう簡単に成功のきっかけにする事が出来る物ではありません。

何度も何度も繰り替えす事によってようやく出来る様になるのです。

難しい出来事だからこそ、実際出来るようになった時に感動はひとしおです。

涙が流れてしまう事もあるかもしれません。

失敗する事が好きな人など殆ど居ませんが、失敗を恐れて何もしなければいつまで経っても成長する事は出来無いままです。

失敗は恥ずかしい物ではありません。

その時は、暗い気持ちになってしまう事もあるかもしれません。

しかし、後々はあなたを支えてくれる素晴らしい経験になる事でしょう。

イイ話を聞かせてもらったとき

いい話とは、自分で決める物ではありません。

周りの人が考え、指摘してくれる言葉でしょう。

ですが、人によっては自らいい話をすると宣言して話を初めてしまう人も居ます。

そうした人の話を聞いていると、時には全く感動せず。

めんどくさいとさえ感じてしまう事もあるかもしれません。

ですが、感動しなかった事にたして素直に感動しなかったと言う事が出来る事はそうそうありません。

関係性によっては、それもありかもしれませんが大抵の場合はダメでしょう。

そんな時、『感慨深い』と言う言葉を知っていればその場を乗り切る事が出来ます。

感慨深いと言う言葉を使う事によって、あえて具体的な言い方をしなくとも感想を相手に伝える事が出来るでしょう。

実際には感動していなかったとしても、感動しているように見せかける事も出来ます。

話もしている本人も、具体的な感想を求めている訳ではない物の何も反応されなければ面白くないと感じてしまう事でしょう。

そうならない為にも、とりあえずの感想として『感慨深い』と言う言葉を相手に伝えて見ましょう。

少し難しい映画や本を見て

どんな物に感動して何を感じるかは、その人自身んも問題です。

生きてきた環境が違えば同じ作品を見ても感動する人も居ればしない人もいます。

どちらが正しいと言う事ではなく、違っていても良いのです。

ですが、誰しも感動する話題作として紹介されていた作品を見て、何も感じなかった場合何だか自分が悪いような気持になってしまいます。

内容を把握する事が出来なかった用にも感じ、何だか恥ずかしい気持ちになってしまう事もあるでしょう。

その為、どうにかしてその場を取り繕うとしてしまいます。

そんな時に役立つのが『感慨深い』とい言葉です。

この言葉を利用する事によって、あえて具体的な感想を言う必要がなくなんとなくの雰囲気だけで乗り切る事が出来る様になるでしょう。

博物館などで歴史を学んで

感慨深いと言う言葉は、言葉ではなかなか言い表す事の出来ない難しい事柄に対して使用する場合が殆どです。

博物館などに言った際に、展示されている物を見る事によって感動する事もあるでしょう。

ですがそれを言葉にして表現する事は難しくなかなか自分の思った通りに話しを進める事が出来ないなんて事もあるでしょう。

そんな時も、『感慨深い』と言う言葉を使用する事によって自分の気持ちを上手く表現する事が出来るようになるでしょう。

使いどころの多い「感慨深い」

感慨深いという言葉は、それを使うだけで相手に大人っぽい知的な印象を与える事が出来ます。

大人になると、自分をきちんとした人間に見せる為に言葉遣いを意識して治す人も多く居る事でしょう。

ですが、何から何まできちんと整理する事は難しく気持ちを伝える事が出来ない場合もあります。

そんな時に『感慨深い』と言う言葉を使用する事によって、その伝える事が出来ない気持ちをまとめる事が出来るようになるかもしれません。

意味のハッキリとしていない言葉ですが、その分使うタイミングが意外と多く皆自分の思った通りの状況で使う事が出来れば、イメージをガラリと変える事も出来るかもしれません。

覚えておくと便利な言葉

『感慨深い』という言葉は、意味を知らないとなかなか使いにくい事ばかもしれません。

大人っぽい言葉だからこそ、間違った使い方をすると恥ずかしいと感じてしまう事もあるでしょう。

その為、そうならない為にもまずはきちんと内容を把握しておく事が重要です。

言葉の意味を理解しておけば恥ずかしい思いをする事無く、自然と使いこなす事が出来るでしょう。

言葉は、一度覚えればその後は自分の言葉として使う事が出来るようになります。

最初はぎこちなく感じる言葉でも、諦めずに使い続ける事によって相手のイメージを変える事が出来るので、大変おすすめです。

簡単なのに大人っぽくも感じる

一つの文章の中に『感慨深い』と言う言葉を入れて見ましょう。

するとどうでしょうか。

自然と大人っぽく聞こえるような気がしませんか?

人の印象など、対してあてにならない物です。

同じ人間出会ったとしても言葉一つで全く違った印象を持つ事もあるかもしれません。

どうせなら、より大人っぽく素敵な印象をもって欲しい物です。

その為にも、『感慨深い』と言う言葉を使い相手のもつイメージをより良いものにしていきましょう。

こう使うと幼稚に見える!感慨深いの注意点

どんなに素晴らしい言葉も使い方を間違えてしまえば、相手に幼稚な印象を与えいい結果をうむ事はありません。

同じ言葉であってもそれをどう使いこなすかによって、相手に与える印象は全く違う物になるからです。

その為、これから『感慨深い』と言う言葉を使用しようと思っている方も、是非内容しっかり確認し失敗の無いように行動してください。

どうでも良いモノや人に使う

『感慨深い』と言う言葉は、それだけ重要な物や人に対して使う言葉です。

ですが、さほど重要な物でも無いものに多用していると、相手に対して安っぽい印象を与えてしまう事になるでしょう。

そうする事によって、せっかく覚えた言葉もチープな印象になってしまいます。

大人っぽい言葉であればある程、使い方を間違てしまうととても安っぽい印象になってしまいます。

そうならない為には、使うタイミングを間違えない様にしてください。

単純明快なものに使う

『感慨深い』と言う言葉は、それだけ言葉にする事が出来ず深い感情を表す言葉です。

上手く言葉にする事が出来ないからこそ、この言葉で代用しているのです。

ですが、それを単純明快な事に使ってしまっては意味がありません。

そんな言葉も分からないのかと失笑されてしまう事もあるかもしれません。

大人っぽい話し方を目指す事は悪い事ではありません。

それによって、自分のボキャブラリーを増やして行く事も出来、人間としても成長して行く事が出来るかもしれません。

感想を感慨深いしか言わない

自分の気持ちを言葉にする事は意外と難しい事です。

特に大人になると『すごいと思った』『楽しかった』『感動した』だけでは、その場がまとまらない事もあります。

出来るだけ良い事を話したいと思う事でしょう。

そんな時も、『感慨深い』と言う言葉を使用する事によってより大人っぽい印象を与えつつ相手に気持ちを伝える事が出来ます。

ですが、それもここぞという時に使用するからこそ意味があるのです。

なんでも感でも、とにかく感想を『感慨深い』とバカの一つ覚えのようい多用してしまう事は、正にバカな印象を与えてしまいます。

本当に何か考えているのであっても、何も考えて居ないような印象を相手に与えてしまう事でしょう。

それではこの言葉を使うメリットが何もありません。

相手にいい印象を与えようとしてこの言葉を使用するのであれば、是非気も付けて欲しい物です。

感慨深いを連発する

『感慨深い』と言う言葉には、多くの意味が込められて居ます。

それを使用する事によって自分の言葉に出来ない感情を相手に伝える事が出来るようになるでしょう。

それは、どこか大人っぽい印象を与え、相手により良いイメージを持って貰う事も出来ます。

しかし、それはここぞという時に使用するからこそ意味があるのです。

どんなに素敵な言葉でも、何度も何度も使用してしまえば効果は薄れます。

最初は大人っぽい印象をもった方も、余りにも簡単に使用している所を見たら『意味が分って居ないのかもしれない』と思ってしまうかもしれません。

覚えたての言葉を使いたい気持ちも分かります。

しかし、それを無駄に使用する事によって結局相手からの印象を下げてしまっては意味がありません。

そうならない為にも言葉の使い方には最善の注意を払ってください。

感慨深いは使いどころを押さえると大人っぽい!

日本語には沢山の種類があります。

年齢によって使用する言葉は変わってくるようなイメージはあるものの、結局自分でそれを変えようとしなければ変わる事は無いでしょう。

日々学び、新しい言葉を取り入れる事が大事なのです。

言葉は生き物です。

使わない間に新しい意味として浸透してしまっている事もあります。

また、次々に新しい言葉が登場しているのでその事に気が付かず自分の世界を広げないままに生活しているとあっという間に世間から取り残されてしまう事になるでしょう。

そうなってしまっては、社会と上手く交わって行く事が出来ません。

どんなに長生きしても、自分の社会の中だけに留まっていては楽しさも半減してしまいます。

是非多くの言葉を自分の物にしてみてください。

最初は使い慣れない言葉でも、何度も使って行く事によって自然と自分の言葉として使用する事が出来るようになります。

そうする事により、違和感なく使う事が出来るようになるでしょう。

『感慨深い』と言う言葉も、年代によっては余り使い慣れないと言う事もあるでしょう。

もしかしたら、意味をきちんと理解していない事もあるかもしれません。

ですが、しっかりと意味を学び使いこなせるよになる事によって、自分のボキャブラリーの一つとして使用する事が出来ます。

普段子供っぽいと言われてしまう方も、この言葉を使用する事によってチョット大人な自分をアピールする事が出来るようになるでしょう。

それだけ言葉には、人の印象を変える大きな意味合いが含まれているのです。

今までなかなか自分の言葉として使う事が出来なかった方も是非この機会に利用してみてはいかがでしょうか。