連絡をとる手段として、いまや当たり前のツールとなった「LINE」。

グループを作る機能や、スタンプ機能、タイムライン機能などもあり、様々な用途でLINEを利用している人は多いのではないでしょうか?

仲を深めるためには今や欠かせない「LINE」。

LINE交換をしたあと、LINEのやりとりで仲良くなって、恋愛関係に発展していく…なども増えており、LINE交換は、恋愛の第一ステップといっても過言ではありません。

むしろLINE交換はできなったら、その後、恋愛関係に発展する可能性はすくないといえるのではないでしょうか。

そんな、会話のツールとして欠かせない「LINE」。

その中で「脈ありLINE」という単語がはやりつつあるのはご存知でしょうか?何気ない会話の中に、好意が見え隠れしている…そんなLINEのやりとりを、脈ありLINEと言います。

今回は男女別の脈ありLINEについて、具体的にお伝えしていきたいと思います。

️脈ありLINEとは

脈ありLINEとは、その会話のやりとりの裏に好意が潜んでいるLINEのこと。

何気ない会話であったり、スタンプなどに、あなたに好意を抱いていますよ❤というアピールが隠されているんです。

何気なさ過ぎて、きちんと確認をしていないと見過ごすケースもあるくらい。

そんなさりげないアピールの脈ありLINE。

とはいえ、脈ありLINEだと気づいてしまったときには、あなたの胸は高鳴ってしまいますよね?

また、あなた自身が好意を抱いている相手にLINEを送っているとき、何気ないアピールに相手が反応をしてくれたら、とてもとても嬉しいのではないでしょうか?
そんな脈ありLINE。

具体的にはどういう内容なのか説明していきたいと思います。

直接好意は示していない


脈ありLINEで重要なのは、「付き合いたい。」「好き。」など、直接的な言葉で好意を示していないということです。

スタンプや会話などの表現により、(あれ?これって脈があるのかな…。)と感じさせるのが特徴で、曖昧表現なケースが多いといえるでしょう?

さりげないアプローチだからこそ、気づいてもらったときには、恥ずかしい反面、嬉しいと感じてしまう方も多いはずです。

そして、直接顔を見ての会話ではないからこそ、想像を掻き立てられるものもあり、(これってどういう意味だろう…。)とドキドキしてしまう方も多いといえるのではないでしょうか?

意識的なものと無意識なものがある

脈ありLINEには相手に自分の好意を伝えるために意識して送っているものもあれば、感情があふれてしまって無意識に送っているケースもあります。

また、全く好意を抱いていないにも関わらず、相手が勘違いしてしまうようなものを無意識で送ってしまうなんてケースもあります。

特に最近のスマホは便利で、過去に使った単語が次入力したときに、単語の候補として出てくるケースがあります。

急いでいるときの連のときに、その入力候補をよく見ないで送信してしまい、後から見直したときに、誤って脈ありLINEを好意も抱いていない相手に送ってしまっていた…なんてこともよくあります。

脈ありLINEには意識的なものもあれば、無意識なものもあり、特に無意識なものは好意を抱いているケースと、まったく好意を抱いておらず誤って送ってしまうケースもあると思っていいでしょう。

受け取り手が判断する

どちらにせよ、本心は本人しかわかりません。

LINEは顔が見えない会話だからこそ、受け取り手がどう判断するかにかかっています。

受け取った相手が、送られたて来たLINEに対して、ドキッとしてしまうような言葉やスタンプが入っていれば、送られてきた相手を意識してしまうのは当たり前ですよね。

受け取り手が判断するのが脈ありLINEだからこそ、ひっそりとアプローチをしやすいといえるでしょう。

誤解を生むこともある


とはいえ、受け取り手が判断するからこそ、誤解が生まれてしまいやすいツールであるともいえます。

全く好意も抱かず、何も考えずに送っていたLINEに対して、脈ありLINEだと勘違いされてしまうケースも多々あります。

そして、なぜか相手から脈ありLINEが届くようになってしまう…そんな誤解が生まれてしまうケースもたくさんあるのです。

勝手に勘違いされて、自信をもってアプローチをしたら、お門違いだったなんて、恥ずかしいですよね。

相手からしてみても、何とも思っていない相手から、徐々にアプローチをされるようになっていくというのは恐怖以外の何ものでもありません。

便利なツールだからこそ、誤解が生まれないように気を付けて利用するというのも必要なのかもしれません。

脈ありLINEかなと感じても、ここは一呼吸を置いて、冷静な判断をすることが大事でしょう。

勝手に勘違いして舞い上がってしまっては、人間力が下がってしまいますよ。

文面以外にも現れる

そして、脈ありLINEは文章で表現されるだけではありません。

LINEにはスタンプ機能というものがあり、そのスタンプの数は公式スタンプからクリエイターズスタンプまで、いまや何千種類というスタンプが出てきています。

そのため、自分の好意をスタンプで表現する人たちも増えてきているといえるでしょう。

特にスタンプの構成はよくできており、スタンプだけで会話が成立するくらい…(笑)

スタンプは簡単に好意を送る事ができるツールだからこそ、スタンプを購入して、自分なりの愛情表現を行なう人たちが増えてきているといえるでしょう。

男性の脈ありLINE

ではここで、実際に男女別の脈ありLINEの説明をしていきましょう。

性別は関係なく、どちらも一緒なのでは…と思っている方、それは甘いです。

連絡の取り方や優先順位、そして連絡に対する考えは男女によってかなり違いがあり、脈ありLINEは性別によって違うと言えるでしょう。

だからこそ、勘違いが生まれやすいツールなのかもしれません。

では、実際に男性の脈ありLINEの特徴から見ていきたいと思います。

返信が早い

男性は1つの物ごとに集中することが多く、仕事をしているときは仕事のこと、遊んでいるときは遊びの事など、同時並行で複数のことをやらないため、LINEの連絡というのは遅れる傾向にあります。

つまり、LINEの返信が早い場合は、優先順位が高いと感じているということ。

仕事よりも遊びよりも、優先すべき相手だと感じているからこそ、返信が早くなる傾向にあります。

返信が早いということは、それだけあなたのことを大切にしている可能性あ高いといえるでしょう。

特に男性は何かに一生懸命になっていると、そのことがずっと頭の中に残ってしまい、別のことがおざなりになってしまうケースがあります。

マメにLINEがくる

男性はそもそも連絡に対してマメな生物ではありません。

同性同士でも必要な時にしか連絡を取り合いませんし、コミュニケーションを深めるツールとしてあまり利用していないといえるでしょう。

そのため、マメに連絡をしてくるということは、自分のことを知ってほしいと思っているか、自分のことをもう少し考えてほしいと思っているケースが高く、LINEというツールで仲良くなりたいと感じているケースが高いです。

そのため、マメにLINEがくるということは、それだけ自分のことも知ってほしいし、相手のことも知りたいと考えているケースが高いといえるのではないでしょうか?

質問で会話が途切れない

そして、会話を途切らせないために、男性が質問を繰り返している場合はかなりの脈ありLINEです。

LINEが途切れてしまった場合、次に送るLINEの難易度はとても高くなってしまいます。

そのため、質問で会話が途切れないようにして、デートに誘うキッカケを狙っていると考えてよいでしょう。

そもそも、男性が質問をしてくるケースというのは、相手に興味を持っている証拠。

そして相手が好きな物を知り、次のデートにつなげようとしている証拠でもあるといえます。

好意を抱いている相手の事をしっかりリサーチしてからデートにのぞむ男性は多いです。

特に、相手が好きな食べ物や好きな場所はしっかりと確認して、相手に満足していただけるようなデートプランを組む男性は多いはず。

そのため、質問も女性の好きな食べ物や趣味などのことが多い場合は、脈ありLINEだといえるのではないでしょうか?

普段より絵文字が多い

男性同士のLINEのやりとりというのを見たことはあるでしょうか?連絡は簡潔で、絵文字は少なく、素っ気ない内容が多いのが特徴です。

つまり、絵文字やスタンプなどは女性に対しての愛情表現のためのもの。

男性が絵文字などをたくさん送ってきている場合は、あなたに気に入られたいという好意の現れといれるでしょう。

絵文字を使うことにより、トークの内容優しく見えますし、相手へ誠実な対応をとっているという印象を与えられます。

逆に絵文字をつかわないと、相手に対して冷たい対応をしていると勘違いさせてしまうケースも…。

そのため、絵文字をわざわざ使って、連絡をしてきているということは、優しい人と見られたい、冷たい人と思われたくないという気持ちから送付してくるケースが高く、相手がそれくらい気を使って連絡をしてきてくれているといえるでしょう。

特に絵文字が笑っている絵文字の場合は、あなたに良く思われたいと考えている証拠。

好意を持たれていると自信を持っていいと言えるのではないでしょうか。

通話の回数が多い

そしてLINEには通話の機能があります。

何気ないときに通話の連絡をしてきて、さらにその回数が多いということは、あなたの声を聴きたい。

また、文字のやりとりだけではなく、もっと仲を深めたいと考えている証拠といえるのではないでしょうか。

そもそも男性は連絡無精な生き物。

そして通話というものは殆どしません。

そのため、わざわざ通話をしてきているということは、そのくらいあなたに対して興味を示しているし、自分のことも知ってほしいという気持ちが高いといえるでしょう。

また会話を通じてもっと仲良くなりたいと思っているケースも高いといえるでしょう。

スタンプがふざけてないかわいいもの

スタンプの種類としては、かわいいものもあれば、ウケ狙いのようなもの、決してかわいいとはいえないようなもの…など沢山の種類があります。

特に男性同士のLINEのやりとりのスタンプだと、女性からみるとふざけたスタンプだと思われるようなものを使っているケースが多いです。

そのため、かわいらしいスタンプを送ってきている場合は、女性向けのスタンプだといえるでしょう。

遊ぶ予定を入れようとする

大概の男性は、連絡を重ねたうえで、好意を抱いている相手とデートしたいと考えております。

そのため、LINEでのやりとりは、全てデートの約束をするためのプロローグに過ぎません。

相手の好きな食べ物や趣味などを頑張って聞き出した後に、遊ぶ予定を組もうとしているといえるでしょう。

失敗しないデートプランを組むためにも、相手の好みや趣味、好きな食べ物、嫌いな食べ物をしっかりと聞き出してから望みたい。

そのくらい男性の脈ありLINHは真剣なのです。

仕事中でも返信をくれる

っそもそも男性は仕事のときは仕事のことしか考えられない状態になっており、連絡が遅れてしまう生き物です。

そのため、仕事中でも返信をくれるということは、仕事よりも優先したい相手だと考えていること。

仕事中でも返信をくれるということはそれくらい相手のことを大切に思っているといえるでしょう。

例えば、付き合った彼氏が付き合いを続けていくと、マメではなく連絡もあまりくれなくなった…というケースはありませんか?この場合は、あなたとの恋愛関係に安心をし、安定していると感じているからこそ、優先順位が下がってしまったケースが高いです。

逆に付き合う前にかんしては、なんとしてもこの彼女を落とさなくてはいけないと考えているため、仕事中であろうが、遊んでいる最終であろうが、だれよりも優先しなくてはいけないと考えているケースが高いといえるでしょう。

女性の脈ありLINE

ここまでは、男性の脈ありLINEについて説明をしてきました。

次に女性の脈ありLINEを見ていきたいと思います。

女性は恋愛においては、男性からアプローチを受けるケースが高く、自分から積極的なアプローチをする女性は少ないといえます。

そのため、脈ありLINEは男性よりもわかりづらいケースが高く、間接的なアプローチが多いといえるのではないでしょうか?

もちろん中には積極的な女性もいますが、大概はわかりづらいアプローチが多いのが女性の特徴。

では、具体的に女性の脈ありLINEについて確認していきましょう。

返信が早い

まず男性と同様返信が早い場合、脈ありLINEといえます。

男性と違うのは、基本的に女子は同時並行で複数のことを行なうことができる生き物。

メイクをするとともに、ご飯をたべたり、テレビをみたり、そしてLINEもすることができます。

そのため、基本的には返信が早い場合が多いといえます。

つまり返信が遅い場合は、興味がなくて返信するのが面倒くさい。

または返信する内容に困っている。

このまま、連絡を遅らせて、連絡を少なくしていきたいと考えているケースが多いと言えます。

また、女性は好きな人から連絡がくると嬉しくなってしまい、すぐに返信をしたくなってしまう生き物。

また、好きな人から連絡がこないかなぁと待ち焦がれているケースも沢山あります。

そのため、好意を抱いている場合、返信早くなるケースが高いと言えるのではないでしょうか?

文章が丁寧

そして、文章が丁寧な場合は、相手に対してきちんと伝えたいと考えているケースが高く脈ありだといえます。

女性はどうでもいい相手程、連絡が適当になります。

連絡が簡潔、またスタンプのみという場合は脈がないケースが高いです。

逆に、長文で丁寧な文章を送ってくる場合は、相手に対して気を使っており、好意があるケースがたかいといえるでしょう。

特にLINEを長引かせたくない相手であったり終わりにしたいと考えている場合は、LINE内容は非常に短くなり、絵文字も少なくなり、スタンプすら送らないケースが増えてきます。

女性からの連絡が妙にビジネスチェックで、シンプルで、冷たい内容になった場合は、完全に脈がないといえるでしょう。

寝る前の時間に多い

女性が一番寂しくなる瞬間が寝る前の時間。

そんなときに好きな人と連絡をとりたいと思う女性はとても多いです。

そのため、寝る前の時間に連絡が多いとしたら、それは脈ありな証拠かもしれません。

特に女性は、寝る前は好きな人とつながって、「おやすみ」を言い合いながら、幸せな気分にしたりながら寝たいと考える生き物。

寝る前の時間、特にベッド入ってからは、好きな人の事を思い出してしまう時間と言えます。

そのため、好きな人に連絡をしてしまったり、声が聞きたいと考えることが多く、寝る前に連絡が来る場合は脈ありといえるのではないでしょうか?

通話が長引く

また、女性は会話が好きな生き物ですが、どうでもいい相手とは無駄な会話をしたくないとも考えています。

そのため、女性が楽しそうに会話をしてくれたり、質問などをしてくれたり、笑ってくれたりして、長く話してくれているケースは脈があるといえるでしょう。

逆に「眠くなっちゃった。」「今日は疲れているから早めに寝たい。」といって電話を切ろうとしているケースは脈があまりありません。

女性は好きな人と話していれば、眠気は吹っ飛びますし、睡眠よりも好きな人と話す時間を優先しようとします。

そのため、睡眠を優先しようとしている場合は、脈が高いと言えるのではないでしょうか。

朝相手から送ってくる

そして夜眠るときに好きな人を思い出すことが多いのと同じくらい、朝起きた時に好きな人の事を思い出すのが、女性という生き物。

朝、女性の方から「おはよう。」「今日も仕事を頑張ろうね。」という連絡が来ているようであれば、それは脈ありの証拠といえるのではないでしょうか。

女性は離れていても繋がっていたい生き物。

そのため、朝の挨拶、夜の挨拶というのはすごく大事にしますし、繋がりを感じられるからこそ安心して仕事もできますし、1日を頑張ろうと思える生き物なのです。

逆に、好きな人との連絡が来なかったり、連絡が少なくなってしまったら、ソワソワして、仕事も手につかないほど。

男性は仕事のときは仕事のことしか考えられないので、恋愛のことは忘れてしまう傾向になるのですが、女性は仕事をしながらでも好きな人のことを考えられる器用な生き物なのです。

スタンプがかわいい

また、かわいらしいスタンプを送ってくることが多い場合、それは女性としてアピールをしている可能性が高いかもしれません。

LINEのスタンプは、かわいいスタンプも多いのですが、正直女性同士でかわいいスタンプを送りあうということはあまりありません。

かわいらしいスタンプを持っているということは、異性にアピールをするときに使うために購入したケースが高く、用途は脈ありLINEに使うためという場合が多いといえます。

そのため、女性がかわいらしいスタンプを送ってきている場合、あなたに対して少なからず好意をいだいているといえるのではないでしょうか。

また、女性は好きな人には変な人と誤解されたくないため、ギャグ要素が高いスタンプを送ることはあまりありません。

気になる方は、女友達のスタンプを見せてもらうといいかも!?女性はスタンプを使い分ける術をもっているというのがわかるのではないでしょうか?

恋人の有無を聞く

確実に脈ありといえるのが、恋人がいるかの確認を女性からされたとき。

正直、女性は気になっている人にしか、恋人が有無の確認はしません。

正し、会話の延長上で、恋人の有無を確認するケースはあるかもしれません。

また女性に恋人の有無を確認したあとに、「〇〇君は?」と確認してくる場合は会話の延長というケースが高いかもしれませんが、唐突に恋人の有無を聞かれた場合は、あなたの恋愛関係を気にしているケースが高いといえるでしょう。

恋人の有無を確認しているときは、相当な脈ありLINE。

「いない。」と答えたあとに、何かしらのアプローチが女性の方から送られてきた可能性が高いといえるのではないでしょうか?

食べ物などの写真を送ってくる

女性にありがちなのが、料理やおいしそうなご飯の写真を送ってくるケース。

男性同士だと写真を送りあったりしないため、びっくりしますよね。

これは女性にとってのアピールの証拠。

料理であれば、【私、料理できるんだよ!】というアピール。

ご飯であれば【今度一緒に行こうよ!】という遠まわしなデートのお誘いを待っているケースが高いといえるのではないでしょうか。

脈ありLINEと勘違いしてはダメ!

とはいえ、判断が難しいのが脈ありLINE…。

勝手に勘違いして、浮かれていても、実際相手はあなたのことは何とも思っていなかった…なんてケースもたくさんあります。

女性が写真などを送ってくる場合、一度男友達だと思っている人に送って反応を見てから、好きな人に送るという場合に使っているケースも高く、写真を送ってきたからといって一概に全てが脈ありLINEである場合は少ないといえます。

好きな人に送りたいけど、きれいに撮影できているか不安、また男性の反応を事前に知りたい。

そんな時に送るケースも沢山あります。

女性は基本的に無意識

勘違いをしてはいけないのは、女性はわりかし無意識に男性が気になってしまうようなLINEを送ってしまうことがあることが多いです。

特に、女性は暇な時や寂しいと思った時に、男友達にふと連絡をしてしまう時があります。

その時の連絡は何気なく、フランクな内容を送っていることが多いのですが、連絡無精の男性で、連絡のやりとりをほとんどしない男性にとっては、「脈があるのかな…。」と勘違いしてしまうケースも高くありません。

女性は頻繁に連絡をとる生き物であるということ。

そして脈ありLINEを無意識に送っていることもある生き物であるといえるでしょう。

特に、フランクな会話が多く、恋愛話をあまりしない。

どうでもいい会話が続く場合は、女性が暇つぶしに連絡を取っているというケースが高いといえるのではないでしょうか。

駆け引きで遅く返信する場合も

また男女ともに早く返信をするのが脈があるLINEとお伝えしましたが、恋愛の駆け引きとして遅く返信をする場合もあります。

遅く返信をすることで、(なんで返信をくれないだろう。)とドキドキさせたり、また早く返信をすることで、こちらの恋心がばれてしまうから少し置いてから返信をしよう…そんな駆け引きをしているケースもありえますので、LINEの返事が遅いからと言って、100%脈がないとも言い切れません。

LINEには既読・未読機能というものがついており、連絡を待ちわびていたのにも関わらず、すぐに既読をつけてしまうと、待ちわびていたのがばれてしまう…というのを恐れて、既読が付かないようにしている人たちも沢山います。

また、返事を遅らせることで、LINEのやりとりを長期間継続したいと考えている人たちも男女ともいます。

忘れたころに思い出してもらう…そして長くやりとりをする。

そんな恋愛の駆け引きとして、遅く返信する場合があるというのも認識しておく必要があるといえるでしょう。

誰にでも返信が早いだけの人もいる

そして、連絡に対して即返事をすることがポリシーの方もいます。

実際に、仕事ができる方は返信が早いと言われていますし、連絡をすぐに返すのが当たり前だと思っている人たちも老いのが事実。

そのため、返信が早いからといって、脈はあると思い込んではいけません。

とはいえ、返信が早いということは、連絡内容も簡易的な物が多く、あまり感情がこもっていないケースも多いです。

本当に興味を持っている相手であれば、そのような連絡はあまりしないはずです。

内容が、簡易的で感情がこもっていない場合は、恋愛対象とは思われていない可能性が高いといえるのではないでしょうか。

暇なだけの人に注意する

またLINEというツールを暇つぶしにだけ使っている方もたくさんいます。

頻繁に連絡がくるな。

気があるのかな…。

と勘違いしてしまう人もたくさんいますが、暇つぶしというケースも多々あるというのを認識しておいた方がいいでしょう。

特に女性は、どうでもいい相手に対して、フランクなLINEを送る傾向にあります。

むしろ好きな人に対しては緊張して連絡ができない生き物です。

そのため、女性から頻繁に連絡が来る場合は、脈ありのケースもありますが、大概暇つぶしに連絡を送ってきていることもあるので注意しましょう。

脈ありLINEがきたら…

とはいえ、脈ありLINEだと勝手に勘違いしてしまっても…なんて不安な方も多いはず。

もしかしたら自分のことが好きなのでは?と勝手に浮かれてしまい、後々勘違いだと知ってがっかりするなんてことを経験した方も多いのではないでしょうか?

では、勘違いを起こさないためにも、脈ありLINEがきたらどのような対応をしたら良いのでしょうか?

具体的に説明していきましょう。

こちらも同様のサインを出して様子をみる

まず、大事なのはこちらも同様のサインを出して相手の反応を見るということも大事です。

脈ありかなと思う質問がきたら、同じ質問を返す、スタンプがきたら同じようなスタンプを返す。

それによって、相手がどのような反応にでるか見てみましょう。

脈がない場合は、同様のサインを送った場合は、スルーされるか何事もなかったかのように別の会話になってしまうケースが多いです。

逆に脈がある場合は、もう少し深堀をした反応が相手からくる可能性が高いです。

たとえば、スタンプであればもう少し愛情表現豊かなスタンプ。

質問であれば、更に詳しい質問がされるケースが高いといえるでしょう。

別の人から同じ文が来た場合を想像してみる

また、別の人から同じような質問やスタンプが来た場合、自分はどう感じるかを考えてみることも大事です。

自分が好意を持っている相手から脈ありLINEのような連絡がきたら、良い方に考えてしまうのが人間というものです。

とはいえ、ここは冷静な判断が必要。

例えば、女友達など別の異性から同じ内容が送られた来たときに、どう思うか想像してみる。

やっぱり脈があるのではないかと感じるのであれば、そのLINEは脈ありLINEの可能性が高いといえるでしょう。

逆に、勘違いかも…と感じるのであれば、いいように解釈しているケースが高いといえるのではないでしょうか。

あえて脈ありの部分には反応しない

そして、脈ありの部分にはあえて反応しないというのも1つの手です。

反応をしなければ、相手からなぜ反応をしないのかという突っ込みがあるかもしれませんし、突っ込みがなかったとしても後日同じようなアプローチを再度してくる可能性があります。

反応をしないことで、相手の反応をするというのも1つの手段といえるでしょう。

反応をしないことで、相手は(伝わりづらかったかな…。

)と感じ、更に分かりやすいアプローチを送ってくる可能性も高まります。

また、「さっきのはこういう意味だけど気づいている?」と確認をしてくる可能性もあります。

そのため、あえて脈ありの部分に反応せず、相手の反応をみるというのも重要だといえるのではないでしょうか。

noの場合ははっきり意思表示

直接的な言葉を言ってくれないからこそわかりづらい脈ありLINE。

とはいえ恋愛対象以外の相手から送られてきた場合は、どうしたらよいかわからないのも事実。

あなたが相手に興味がない場合は、脈ありの部分に関してはスルーし続ける。

また連絡をそっけなくする。

たまには返さない等、noという意思表示をしっかりすることが大事といえるでしょう。

勝手に勘違いされてしまうことも多い脈ありLINEだからこそ、あなたの意思表示が大事だといえます。

特別なLINEは気になる人としかしたくないですよね。

また、誰に時間を使うのかというのもとても大事な選択の1つ。

LINEは好きな時に送ることができますが、未読か既読かわかってしまったりもするので、相手への返信もとても気を遣うツールであることは確かです。

だからこそ、はっきりとした意志表示が大事なツールだといえるでしょう。

便利なツールだからこそ、ツールに縛られるような日常生活を送るのはもったいない。

あなたの時間はあなたのために使いましょうね。