私たちの体は年齢を重ねるとともにだんだんと様々な問題が発生してくる可能性が高まります。

比較的年齢が若い場合に関しては自分の体に関して何かしらの問題を抱えたりすることは圧倒的に少ないと思うのですが、年齢を重ねていくことによってだんだんと自分の体に関する様々な問題が発生しがちになります。

もしも、いま自分の年齢がまだ若いのであれば、この気持ちは全くわからないかもしれませんが、ある程度年齢を重ねている方に関してはよくこの気持ちが理解できると思います。

なぜ年齢を重ねることによって様々な問題が発生するのかと考えると、単純に年齢を重ねることによって自分の体が老化してくるということも関係していますが、それ以上に私達が日々過ごしている生活習慣が原因で様々な問題を引き起こしている可能性があります。

だからこそ、私たちはなるべく早い段階でこの事実に気づき、日常的にどのように過ごすべきなのかということを改めて考える必要性があります。

そうしなければ、必ず後からもっとこうすればよかったと後悔する現実が待っている可能性が高いからです。

今回は年齢を重ねて発生する問題の中でも、比較的たくさんの方が頭を抱えている問題である下腹をテーマにして、下腹のぽっこりを解消する対策、そしてエクササイズをご紹介していきたいと思います。

もしも今現在自分の体に悩みを抱えているのであれば、問題を野放しにしないで改善できるために何ができるのか?ということを考えて行動してみましょう。

下腹ぽっこりが気になる…

年齢を重ねることによって自分の体型の変化に驚きを隠せないでいる方も多いと思います。

特に、20代後半~30代前半の年齢に位置している方に関しては、過去の自分の体型と今の自分の体型を見比べて大きなショックを受けているような方も多いはずです。

なぜならば、比較的年齢が若い時に関してはそこまで自分の体の大きな変化などは発生しづらく、多少なり乱れた生活を送ったとしてもそこまで大きな問題にはならなかったからです。

先ほどご紹介した年代に該当している方は、前までは綺麗な体型だったのに気づいたら下腹ぽっこりになっていたということなどはとても多いと思います。

下腹ぽっこりに関しては、毎日鏡を見ているような方でなければなかなか気づけない体の悩みになるので、気づかないうちに体が変化していたということなどを引き起こしやすいので、体系に関して高い意識を持っている人間でないとすぐには気づけないのです。

ある程度美意識を持っているような人間はたくさん存在しているのですが、今の時代は仕事がとてもハードでストレス社会と呼ばれていますので、長時間労働や残業は当たり前の時代だからこそなかなか日々運動を行ったり、気づいていても改善できないような場合などはとても多くなっています。

なので、多くの方が見て見ぬふりをしているというのも事実ではあります。

また、私たちの体に関してはとても正直です。

私たちの体が変化しているということは、当然ながら私たちの体が変化する要因を私たち自身が作ってしまっているということに他なりません。

理由もなくいきなり下腹がぽっこりするようなことなどは普通はありえないのです。

では、どのような理由が存在しているのかたくさんの方が気になると思います。

そこで今回は下腹がぽっこりとなってしまう理由について簡単にご紹介をしていきながら、それに基づいた対策などについてもご紹介していきますので、日常生活の中で活かせる点があれば導入して悩みを解消できるように工夫した生活を送ってください。

下腹ぽっこりの原因

今の自分の体系に悩んでいる方は、まず一番初めに自分が下腹がぽっこりしている原因を知ることが大切です。

なぜ下腹がぽっこりしている原因を知ることが大切なのかと考える時に、この原因を正しく理解することによって、下腹ぽっこりの問題を解決することができるようになるからです。

先ほどお伝えしたように、自分の体はとても正直で存在になりますので、自分の体の変化しているということは自分の体の変化する要因を自分自身が作っているということになります。

それがまさしく下腹がぽっこりする原因であり、その原因を改善することによって下腹がぽっこりしない美しい体を手に入れることができるようになるのです。

なので下腹がぽっこりする原因を知るということは、下腹のぽっこりしない体を作るために必要な知識であり、原因を知るということは問題を解決するヒントになりえるのです。

それを踏まえたうえで下腹がぽっこりすると考えられる原因をいくつかご紹介していきますので、自分が該当している状況を自分なりに考えてみてください。

自分が該当している状況があるのであれば、それが下腹ぽっこりの悩みにつながっている可能性がとても高いので、それに基づいて改善策を日常生活の中で導入するようにしてみましょう。

姿勢の悪さ

まずはじめにご紹介する下腹がぽっこりする原因は「姿勢の悪さ」です。

なぜ姿勢の悪さが下腹がぽっこりする原因になりえるのかと考えると、姿勢が悪くなることによってそれに比例して自分の体の筋力が低下してしまう可能性があるからです。

例えば、どのような姿勢が悪い姿勢なのかと考えた場合に、該当する姿勢としては猫背などは悪い姿勢になります。

それ以外にも日常的に足を組んだりして自分の体が本来あるべき姿になっていなかったり、左右のバランスが均衡に取れていないような場合などは悪い姿勢になります。

これらの姿勢がどのような悪影響をもたらすのかと考えてみると、例えば猫背に関して考えてみると猫背は自分の体が前傾姿勢になって背中が丸くなります。

一度この姿勢をとってみるとわかると思うのですが、この姿勢を取ってみると自分のお腹周りの筋肉を全く使わなくなり、脳活お腹の周りに脂肪がたまってしまうような姿勢になります。

これを日常的に行ってしまうとお腹の筋肉がなくなってしまいますので、腹筋の筋力が低下してしまい、お腹を支える筋肉がなくなってしまいます。

そして腹筋がなくなってしまうことによって自分の体の肋骨が下がってきて、下がってしまった肋骨が自分の下腹を押し出してしまって最終的に見た目が下腹が押し出された状態になってしまうのです。

そして、足を組んでいる場合も左右のバランスなどが悪くなってしまっている場合も自然と猫背になりやすくなります。

なので、姿勢が悪いということは下腹がぽっこりする原因になり、改善すべき原因の一つになりえるのです。

長い時間デスクワークなどを行っている方はどうしても姿勢が乱れやすくなってしまいます。

しかしながら、きちんとした姿勢を保たないと、必ず悪い姿勢が身についてしまうと悪影響が出てくる可能性が高まります。

腰痛や肩こり、それ以外にもむくみなどの原因を作り出す可能性もありますので、姿勢には十分気を付けた上で日常生活を過ごすように気を付けてください。

筋力の低下


次にご紹介する下腹がぽっこりする原因は「筋力の低下」です。

なぜ筋力の低下が下腹がぽっこりする原因になりえるのかと考えると、先ほどご紹介したように自分の体の筋力が低下してしまうことによって自分の体の肋骨を支えられなくなり、肋骨が押し出されて下腹が出てくるようになります。

それ以外にも、自分の体の内臓が本来あるべき位置よりも下の位置にくるようになってしまい、それが原因になる可能性もあります。

そうなることによって見た目が下腹がぽっこりするようになってしまいます。

なので、筋力が低下することによって下腹がぽっこりしてしまうと判断することができるのです。

毎日意識的に筋肉を鍛えているような人間であればそこまで困るようなことはないかもしれませんが、なかなか筋肉を鍛えようと行動している人は全体的に考えてみると少ないです。

特に女性に関してはもともと筋肉が男性よりも少ない体の構造しており、筋肉が身に付きにくいということもありますので、下腹がぽっこりする悩みを抱えている女性の方はとても多いはずです。

自分の体の筋力が低下していることに気づいている方は、しっかりと筋力を身につけることによって下腹ぽっこりの問題を解消することができるようになりますので、筋力の低下が下腹がぽっこりする大きな原因になっているということを改めて認識して受け止めてください。

骨盤の歪み

次にご紹介する下腹がぽっこりする原因は「骨盤の歪み」です。

なぜ骨盤の歪みが下腹がぽっこりする原因になりえるのかと考えると、骨盤が歪んでしまうことによって自分の体の中を支えている機能がなくなってしまい、内臓が下がってしまい、下腹が出るようになる可能性があるからです。

これは原理としては先ほどご紹介した筋力の低下とそこまで変化はしていません。

結局は自分の体の中にある器官が本来あるべき位置よりも下になってしまい、それが原因で一番下にある部分が圧迫されて下腹がぽっこりするようになるのです。

日常的に乱れた姿勢などを取っていると骨盤が歪んでしまう可能性があり、デスクワークなどを行っている方で足を組んで仕事をしていたり、左右のバランスが偏ってしまうような姿勢をよくとってしまうような方に関しては骨盤が歪んでしまう可能性がとても高いです。

しかしながら、人によっては自分の骨盤が歪んでいるのかどうなのかよくわかっていないような方も多いと思います。

そこで、簡単に骨盤が歪んでいるかどうかをチェックする方法がありますのでご紹介します。

まずやり方としては仰向けに全身の力を抜いた状態で寝てみてください。

その状態で自分の両足を伸ばして両足のつま先の部分がどのように開いているのか角度などをチェックしてみてください。

この時に左右の足の長さが違っていたり、角度が80~90度ではなかった場合は問題がある可能性が高いです。

角度に関しては開きすぎもNGですし、閉じすぎもNGなので、シビアに判定してみてください。

脂肪の蓄積


次にご紹介する下腹がぽっこりする原因は「脂肪の蓄積」です。

なぜ脂肪の蓄積が下腹がぽっこりする原因になりえるのかと考えると、単純に脂肪が多いと重力に負けてしまって自分の体が垂れ下がってしまうからです。

例えば自分の体を想像してみてください。

自分が若かった時のことを思い出していただくと、おそらく自分の体の肌などに関しては張りがあり、きめ細やかな肌だったと思います。

しかしながら、ある程度年齢を重ねたりすることによって、自分の体の肌などが若干ながら垂れ下がっているような感じを感じませんか?

例えば顔のお肉などを想像してみると、おそらく若い時の写真を見比べると今現在は肌がたれ下がっているような感じを受けると思います。

これは顔の脂肪がなかったことや、肌に張りがあったから昔は若く見えて、今は老けて見えるようになっているのです。

それを考えてみると、年齢を重ねることによって生活習慣が乱れてしまったり、運動が不足してしまうことによって自分の肌が老化気味になったりすることで下腹がぽっこりするのは考えてみれば当然の話なのです。

なので下腹がぽっこりする原因としては脂肪が蓄積してしまうことが該当すると考えることができるのです。

そして、この脂肪に関しては2種類に分けられますので、その種類についてご紹介します。

皮下脂肪

私たちの体に備わっている脂肪の中には皮下脂肪と呼ばれるものが存在しています。

これはその名前の通り、皮膚の下にある脂肪なのですが、具体的には皮膚の下にある組織に身についているような脂肪なのです。

例えば、自分のお腹のお肉が気になったりしている方がたくさんいると思うのですが、そのような形は大体お腹をつまんで見ると脂肪がつまめますよね。

これが皮下脂肪と呼ばれる脂肪であり、一般的に多くの方が気になっているような脂肪のことです。

皮下脂肪に関しては一般的には衝撃から身を守ってくれたり、脂肪として自分の体に蓄えておくことによっていざという時にエネルギーに変換することができるため、自分の体を守るための役割として存在しているのですが、自分の見た目を気にしている方からしてみれば邪魔な存在でしかありません。

そして皮下脂肪に関しては自分自身の下腹がぽっこりしてしまう原因の一つにもなります。

見た目を悪くしてしまう原因の一つになりますが、これは大体の場合が運動不足や加齢による代謝機能の低下などが引き起こしている問題である場合が多く、しっかりと意識的に工夫することで改善できる場合も多いので、注意するようにしてください。

内蔵脂肪

私たちの体に備わっている脂肪の中にはもう一つ種類が存在しており、それは内臓脂肪と呼ばれるものになります。

先ほどご紹介した皮下脂肪ととても似ている存在にはなるのですが、決定的に違うのは先ほどご紹介した皮下脂肪に関してはしっかりと指でつまむことができるのに対し、それに反して内臓脂肪は私たちは指でつまむことができません。

なぜならば、私たちの体の中にある器官である内臓に身についている脂肪であるため、つまむことができないのです。

そして、この内臓脂肪に関しても下腹ぽっこりの原因になりやすく、また生活習慣病などを招いてしまう厄介な存在なので気をつけておかなければいけません。

先ほどご紹介した皮下脂肪に関しては、ある程度蓄積することによって自分の見た目が変化することもあり、比較的気づきやすい脂肪であるのに対し、こちらの内臓脂肪に関してはあまり見た目には変化が現れにくいので気づきにくいという性質を持っています。

いわゆる隠れ肥満と呼ばれるような人に備わっていることが多く、見た目はあまり太って見えないのに、なぜか下腹だけが出ていたり、肥満気味であると判断されているような人間はこの内臓脂肪が多く備わっている可能性が高いです。

この内臓脂肪を放置してしまうと動脈硬化や糖尿病などを招いてしまう可能性がありますので、早い段階で改善できるように努力が必要になりますが、先ほどご紹介した皮下脂肪に比べて内臓脂肪は落ちやすい場合が多いです。

なので、意識的にトレーニングなどを行ったりすれば皮下脂肪よりもすぐに落ちますので、気になる方は意欲的に運動などを取り入れて、健康的な生活習慣を送るようにすれば改善できる可能性が高いので安心してください。

便秘

次にご紹介する下腹がぽっこりする原因は「便秘」です。

なぜ便秘が下腹がぽっこりする原因になりえるのかと考えると、便秘になってしまうことによって自分の体の中に老廃物が溜まってしまっていたり、その老廃物が発生するガスなどが変わってしまうことにより下腹がぽっこりして見えるようになるからです。

男性の方はそこまで多くはないかもしれませんが、一般的に考えると女性の方の方が圧倒的に便秘に悩まされている確率はとても高いです。

ではなぜ便秘になるのかということを考えてみると、便秘の症状に関しては病気などが原因である可能性や、運動不足や偏った食事がストレスなどが原因である場合が多いです。

女性が多いという点を見てみると、考えられるのは腹筋の筋力低下が可能性として高いです。

しっかりと腹筋を鍛えることによって便秘を解消することができる可能性が高まりますし、健康的な体を手に入れられるようにもなりますので、普段から便秘で悩まされているという方はしっかりと体の筋力を向上させられるような工夫を取ってください。

なので、下腹がぽっこりする原因としては便秘が考えられ、ひとつの理由として判断することができます。

気にしなくていい下腹ぽっこりの原因

ここまでは下腹がぽっこりしてしまう原因についていくつかご紹介をしていきました。

想像以上に様々な原因が考えられることがお分かりいただけたと思うのですが、人によっては気にしなくてもいい下腹がぽっこりしてしまう原因が存在しています。

これに気付かずに下腹について悩んでしまっていたり、必要以上に気にしてストレスに感じてしまうような人などはとても多いです。

しかし、気にしなくてもよいことに関してはなるべく気にしないようにしないとただストレスを生み出すだけになってしまいますので、原因の中には気にしなくてもよい原因があることを理解してもらうために、気にしなくてもよい原因をいくつかご紹介していきます。

自分がもしも以下の原因に基づいた下腹の悩みがあるならばそこまで難しく考えないようにしてください。

生理

まずはじめにご紹介する気にしなくていい下腹ぽっこりの原因は「生理」です。

なぜ生理が原因による下腹ぽっこりは気にしなくてもよいのかと考えた場合に、それは生理という一時的な現象によって引き起こされている状態であり、日常的な問題が理由によるものではないため気にする必要がないということになります。

ではなぜ生理の時に下腹がぽっこりしてしまうのかと考えてみると、生理の時期に関しては黄体ホルモンが働くことによって、自分の体が妊娠をすることを備えて様々な栄養素を自分の体の中に溜め込もうと働きます。

その結果、栄養素を溜め込む部分に力が働くようになってしまい、自分の体の中の腸の働きが低下してしまうようになります。

腸の働きが弱まると、自然と私たちの体の中の消化機能が低下してしまうことになりますので、腸の中に溜まっている老廃物からガスが発生しやすくなったり、機能低下による便秘などが発生しやすくなったりします。

そして便秘が発生するということは先ほどご紹介したように下腹がぽっこりする原因に繋がるようになりますので、生理が起こると下腹がぽっこりするということに直結するようになるのです。

もしも生理が来た時だけ下腹がぽっこりする悩みを持っているのであれば、それは女性であれば発生して当然の悩みになりますので、そこまで神経質に考える必要性もありません。

自分だけではなく周りの女性の方も同じような悩みを持っている、そして同じような環境に立っているということになりますので、危惧したり、難しく考える必要性はないのです。

なので、整理の時による下腹ぽっこりは気にしないようにしてください。

病気

次にご紹介する気にしなくていい下腹ぽっこりの原因は「病気」です。

なぜ病気が原因による下腹ぽっこりは気にしなくてもよいのかと考えた場合に、病気による原因の場合はある意味仕方がない問題になりますし、それを気にしていても根本的な原因の解決にはならないため、下腹を気にするよりも病気の問題解決を気にするべきだからです。

では、どのような病気が下腹ぽっこりさせてしまうのかと考えていると、様々な病気が存在しますが一般的には卵巣腫瘍、卵巣がん、子宮がん、子宮内膜症、子宮筋腫、大腸がん、肝硬変などが該当しています。

どの病気に関しても深刻な病気であり、きちんと医師の診断をうけるべきなので、少しでも自分の体に違和感を感じたり、先ほどご紹介した原因が該当しない可能性を感じた場合は医療機関へ足を運ぶようにしてください。

下腹ぽっこり4個の解消方法

下腹がぽっこりする原因をある程度理解いただいたところで、ここからは下腹がぽっこりしている方のために解消する方法をご紹介していきたいと思います。

下腹がぽっこりする原因を知ることを知り、それに基づいた解消方法を行うことで初めて効果的な下腹に対する対策を行うことができます。

きちんと原因をしてそれに基づいた解消方法を行わないといつまでたっても下腹がぽっこりしている問題を改善することはできませんので、自分がなぜ下腹がぽっこりしているのかということをよく理解した状態でこれからご紹介する解消方法を日常生活に取り込んでください。

ドローイン

まずはじめにご紹介する下腹ぽっこりの解消方法としておすすめなのが「ドローイン」です。

ドローインとは一体何なのかと考えたときに、ドローインとは腹筋を鍛えるトレーニング方法の一つだと思ってください。

具体的にどのような方法で鍛えるのかと言いますと、ゆっくり空気を吸い込みながらお腹を膨らませて、その後空気を吐く時にしっかりとお腹をへこませていくトレーニング方法です。

実際に立った状態でこれを行ってみると、その効果も実感していただけると思います。

意外と単純な動作ですが、意識的に行うと負荷がかかり、それなりに疲労感が蓄積するほどしっかりとトレーニングすることが可能になります。

ドローインは自分のお腹の筋力が低下してぽっこりお腹を招いている方にはおすすめなトレーニング方法であり、どこでも気軽にできるというメリットのある方法です。

椅子に座った状態でも可能であり、気を付けるのは肩甲骨を寄せながらしっかりと深く息を吸ったり吐いたりして、おなかの筋肉に意識を集中することを意識するだけです。

たったこれだけ気をつけることによってしっかりとお腹の筋肉をトレーニングすることができますので、お腹の筋力が低下している方は日常的にドローインを行うようにしてみてください。

プランク

次にご紹介する下腹ぽっこりの解消方法としておすすめなのが「プランク」です。

プランクとは最近話題の体幹トレーニングの一つとして知られており、体幹トレーニングの代表的なトレーニング方法の一つと言っても過言ではありません。

体幹トレーニングはたくさんの種類がありますがその中でもフランクは自分のお腹の体幹を鍛える方法として知られています。

プランクのやり方はまず、自分の腕を床につけてしっかりと足を伸ばした状態にして、四つん這いに似た状態を保ってください。

その状態で肘が肩の真下にくるようにして頭の先から自分の足までがまっすぐになるように姿勢を意識した状態でキープしてください。

これを最初は1分程度を目標にして保ち、だんだんと長い時間を継続できるように意識するだけで鍛えることができます。

自宅ですぐに行うことができるトレーニング方法であり器具なども必要ないのでだれでも行えるよい方法です。

おなかの筋肉が低下している方には絶対におすすめの解消方法なので取り入れるようにしてみてください。

摂取カロリーを抑える

次にご紹介する下腹ぽっこりの解消方法としておすすめなのが「摂取カロリーを抑える」です。

なぜ摂取カロリーを抑える方法が下腹ぽっこりの解消方法としておすすめなのかと考えたときに、摂取カロリーを抑えることによってダイエット効果を促して、脂肪の蓄積による下腹ぽっこりを解消することができるようになるからです。

とにかく肥満で下腹がぽっこりしてしまっているという方に関しては、体の中に溜まっている脂肪を燃焼させることが必要になります。

体に溜まっている脂肪を燃焼させるためには、シンプルな考え方としては摂取カロリーを低くして、消費するカロリーの方を大きくするという考え方です。

これを継続することによって自然と体の中に溜まっている脂肪を燃焼することができ、後は継続すれば痩せることができるはずなので、なるべく摂取カロリー抑えるために低いカロリーはものや糖質が低いメニューを摂取するように心がけてください。

極端に食べないようにすると継続して行うには難しいので、あくまで継続することを前提として無理のない食事メニューにするようにしてください。

姿勢を正す

次にご紹介する下腹ぽっこりの解消方法としておすすめなのが「姿勢を正す」です。

なぜ姿勢を正すことが下腹ぽっこりの解消方法としておすすめなのかと考えたときに、自分の姿勢が悪いことによって下腹がぽっこりしている方には最適な解消方法だからです。

もしも姿勢が猫背になっていたり、足を組んでいたりする姿勢を日常的にとっているのであれば、下腹の筋力低下や骨盤のゆがみなどを誘発する可能性があるので、姿勢を正すように意識をしてください。

姿勢を正すグッズなどは1.000円~で通販で簡単に購入できますが、一番大事なのはやはり自分自身の意識を高く持つということです。

どんなに便利なグッズなどを利用しても自分の内面が変わらないと行動は変わりませんので、常に姿勢をよくすることを意識できるよう意識に刷り込むことが一番大切だと理解してください。

しっかりと背筋を伸ばして、下腹に意識を集中して筋肉が働いているかどうかを意識するとかなり変わると思いますので、下腹に意識をもってきて姿勢を正すようにしてみてください。

【姿勢を良くするためには、こちらの記事もチェック!】

生活に取り入れて下腹ぽっこりを解消しよう

自分の今の体型に関して何かしらのコンプレックスや違和感を感じているような方に関しては早い段階で改善方法を取り入れることによって、なるべく時間をかけずに理想の体を取り戻すことができるはずです。

見て見ぬふりをして、取り返しがつかない状態になるまで放っておくよりも、少しでも気になった時点で行動に移すことによって早い段階で意識改革をすることが出来ますし、理想の体を手に入れるまでの努力も最低限の努力で済みます。

なので、少しでも自分の下腹が気になるという方も今回ご紹介した対策を日常生活の中で積極的に取り入れていただいて、理想の体を手に入れるために努力を行ってみてください。

継続して行うことによって必ず効果が現れるようになりますので、諦めずにまずは継続することを目標にして楽しく理想の体を手に入れられるように行動しましょう。