日本人って「血液型特集」とか大好きですよね☆ 

雑誌やテレビで血液型による性格診断といった特集が組まれると、大きな反響を受けることも多いです。

実際に、自分と他の人の恋愛や結婚、人間関係がうまくいくかを判断する材料の一つに、血液型で相性を判断するという人は意外と多いようです。

血液型で性格を分析する考え方は、日本独自の独特の考え方だとも言われています。

日本以外の外国では、自分の血液型を知っているという人自体少ないようです。

科学者や医者が実際に検証したことに基づき、血液型と性格の因果関係には科学的な根拠は一切ないという結果も出ているにもかかわらず、これほど血液型で性格を分析したがる人が多いのはどうしてなんでしょうか。

それは自分もだし、周りにいる家族や友人、恋人の性格を血液型で照らし合わせてみると、あまりに合致しすぎる点が多いことに気付くからではないでしょうか。

ここでは、科学的根拠うんぬんは別としても、4つのそれぞれの血液型で診断できる性格の特徴と、それぞれにどう付き合うとうまくいくかを取り上げていきたいと思います。

️血液型で性格が丸裸に!

ある人から、「もしかしてあなたって◯◯型でしょ?」とか、「血液型なに??」と聞かれた経験を持つ人がいるでしょうか。

「◯◯型だよ」というと、「あ~やっぱり!そうじゃないかと思った」と返されて、自分でも知らないうちに、その血液型の特徴に当てはまる言動をしていることに気付かされることもあるかもしれません。

血液型だけでそんなに性格が分かっちゃうものなの??と思うんですけど、でも自分が思う以上に当てはまり過ぎる部分が多すぎて、いつの間にか血液型で性格が丸裸にされている、なんてことも☆

血液型で自分や好きな人の性格を分析


「B型の女の人はワガママだ」とか、「A型の男の人は几帳面すぎて合わない」と言う人に会ったことはありませんか?

もしかすると、自分自身が血液型で好きな人の性格を分析していることがあるかもしれません。

また逆に、「私、◯◯型だから仕方ないの」などと、自分の短所やマイナスな部分を血液型のせいにすることもあると思います。

A・B・O・AB、4つの血液型を診断

血液型にはA型、B型、O型、AB型の4つがあります。

親が何の血液型かによって遺伝される血液型はそれぞれ違ってきます。

兄妹の間でも違うこともあるでしょう。

国によってどの血液型の人が多いかは異なるようです。

日本はこの4つの血液型を持つ人がみないますが、その割合には違いもあります。

そうした割合も見ながら、4つの血液型からどんな診断ができるのかを取り上げていきたいと思います。

️血液型で性格診断


初対面の人や、まだ知り合って日が浅い人から「あなたってA型っぽいね」とか「もしかしてB型でしょう??」などと言われたことはありますか?

血液型で性格を診断したり判断することは、科学的にも根拠はないと言われています。

それでも一般的にこの血液型の人はこんな性格の人が多い、という統計に自分が当てはまるところがたくさんあって、つい血液型で性格を分析したり診断してしまう人は多いことでしょう。

これから、それぞれの血液型の人が持っていると言われる特徴や性格について取り上げます。

全員が絶対にそうだ!と決めつけるのではなく、ある程度は性格の傾向として持っているという観点で見てもらえたらと思います。

️A型さんの性格

ではまずA型さんの性格から見ていくことにしましょう。

A型の人は日本人にはもっとも多く、人口の比率で割り出すと全体のうち38パーセントはA型のようです。

A型の人は真面目で、何事にも几帳面で細かいというイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。

日本人そのものの特徴にも当てはまりますが、A型がいちばん多いという結果からそれもうなずけることかもしれません。

他にもA型の人の特徴として挙げられるのは、気配り上手、神経質なところがある、完璧主義、我が強い、責任感が強い、人目を結構気にする、意外とめんどくさがりなところがある、というものが思いついた方もいるでしょうか。

こうした性格の特徴から分析して、A型の人は公務員とか事務仕事、先生のような“型”にはまったような仕事が向いている、という人もいます。

ではこれからいくつかのA型さんの性格を細かく見ていきましょう。

・完ぺき主義
・神経質
・実はめんどくさがり

この3つを代表として取り上げます。

そのあとで、A型さんと上手に付き合う方法も考えたいと思います。

完璧主義

A型の人は男性女性に関わらず、自分にも他の人にも厳しい、いわゆる「完璧主義」な傾向を持つ人が多いと言われているようです。

恋愛においても仕事においても、お金の使い方に関しても、堅実さや几帳面さ、真面目さが現れているので、「完璧主義」な人というイメージにつながっているとも言えるのかもしれません。

たとえば時間や締め切りは、かならず厳守して守ろうという姿勢を持ちます。

段取りや段階をきちんと踏んで物事に取り組みたいという人が多いです。

お金の使い方も堅実ですし、物事の進め方もいろんなものに手を出すというより、一つのことが終わってから次に進むことで、失敗を少なくしようとします。

なのでお金を取り扱う仕事や、事務職、公務員に向いているのも分かる気がしますよね。

完璧主義なところがあることで、頑固だとか冒険心がなくつまらない人だと思われてしまう事もあるようですが、その性格のおかげで相手に尽くしたり、一途に思ってくれる良い一面となることもあります。

神経質

神経質と聞くとマイナスなイメージを持ってしまう人も多いんじゃないでしょうか。

実際にA型の人は「神経質だ」と決めつけられるのを嫌がることが多いようです。

真面目に一生懸命やりたいだけなのに、「そんなに神経質にならなくてもいいんじゃない?」と言われて傷つくこともあります。

一般的に神経質というと、「細かいことにこだわりそうだ」とか、「いちいちやることにチェックを入れてきそうだ」というイメージが先行して、楽観的な人からすると「神経質=面倒くさい」と思ってしまうのかもしれません。

確かにあまりに神経質過ぎると、自分の価値観やルールを他の人に押し付けたり、何事も完璧にまじめにやらないと気が済まないということにもなりかねません。

それは仕事や、家事や子育てに現れてしまう人もいるかもしれませんね。

逆を返せば、非常に責任感の強い性格だともいえるわけですが、精神的に追い込まれたり疲れてしまっているように周りには思われて、「もっと肩の力を抜いて、気楽に考えたらいいのに」と言われてしまう事も多いのがA型の特徴でもあるようです。

実はめんどくさがり

完璧主義で、真面目で、神経質で…という性格ばかりが強調されることの多いA型ですが、意外なことに実はめんどくさがりなところがあるのもA型なんです☆

たとえば何かの幹事とかリーダーを任されることも嫌がります。

目立つことをやるのは嫌だし、めんどうに感じるからです。

さらに、何ごともコツコツ取り組む性格のように感じますが、実は「追い込まれ型」です。

部屋の片づけや掃除も、こまめに神経質に、いつでもきっちりとやっているように思われがちですが、意外とやる気が出るまで時間がかかることが多いようです。

もちろんいったんやる気が出てしまえば、持ち前の完ぺき主義や真面目さが顔を出しますから、やると決めたことを最後まで責任をもってやり通すのもA型です。

️A型さんとの上手な付き合い方

完璧主義なところがあり、神経質で几帳面、責任感や真面目といった特徴や、それでいて意外とめんどくさがりなところもあるA型さんですが、上手な付き合い方はあるでしょうか。

もちろん、A型さんといっても、男性か女性かによって付き合い方は変わってきます。

でも一般的なA型さんの特徴をある程度つかんでおくと、「あ~こんな感じで寄り添うといいんだな」とか、「こうしてもらいたいんだろうな」というのが見えてくるかもしれません。

もちろんすべてのA型さんに絶対的に当てはまるものだとは考えないでください。

一般的に、A型さんの性格の傾向として言われている事柄のなかで、判断できる点を挙げています。

長期戦で仲良くなる

A型の人は堅実ですし、とっても慎重な人が多いと言われています。

なので、同性か異性かに関わらず、いったん仲良くなれればとことん深い付き合いができますし、一途にその人を想う性格ですが、そこまでに至るには時間がかかります。

頑固なところがあったり、柔軟性に欠けるところもあるので、世渡り上手に周りに接することはまず苦手です。

なので、世渡り上手に振る舞っている人も苦手に感じてしまいます。

そうした人に、無理にペースを合わせたりもできませんし、刺激やスリルのある生活ではなく、穏やかで平凡な暮らしを望みます。

ですからA型さんにはあまりグイグイ距離を縮めようとするのではなくて、恋愛も人間関係もゆっくりと着実に進めていくようにしましょう。

信頼関係を少しずつ築き、長い目で物事を見て仲良くなるのが、A型さんとの上手な付き合い方の一つといえます。

悩みや本音を引き出す

A型の人は周りに非常に気を遣う性格なので、心の中では嫌だとか辛いと感じていても、それを外には見せない傾向を持っています。

良く言えば気配り上手で、気を遣える人なのですが、悪く言ってしまうと外面の良い、いわゆる八方美人的なところを持っています。

ということは、表面上ではニコニコ明るく振る舞っていても、心の中は違っていることも多いということになります。

みんなにいい顔をしなきゃ、と考えたり、周囲の評価を非常に気にするので、辛いとか悩みを人には出さなかったり、自分でも気づいていないことさえあります。

でも真面目で几帳面なところがあるので、心に溜めてしまうものも多く、悩みやすい性格でもあります。

なかなかその悩みを言おうとしないかもしれませんが、普段とは違う表情とか、雰囲気を感じ取ってあげて、辛抱強く悩みや本音を引き出すようにしてあげてくださいね☆

️B型さんの性格

さて次に考えるのは、B型の人の性格や特徴です。

B型は日本ではA型やO型と比べると割合は少なく、全体の22パーセントを占めています。

「私、B型なんだ~」と言うと、勝手なマイナスイメージを持たれやすくて嫌だと感じている人もいるんじゃないでしょうか。

B型の人は厄介で付き合いづらいとか、ワガママだという偏見を持たれやすいことが多いようです。

それはB型の特徴として一般的に言われる傾向に関係しているのかもしれません。

一般的に言われるのは、マイペース、好奇心旺盛、楽観的である、自由気ままに振る舞う、飽きっぽくおおざっぱなところがある、プレッシャーには強い、団体行動が苦手、などが挙げられています。

自由気ままで好奇心旺盛、団体行動が得意ではないというところを踏まえてなのか、画家とかデザイナー、芸能関係の仕事に向いている血液型であるとも言われているようです。

マイナスで偏見のイメージを持たれやすいB型さんですが、ここで3つ、B型の人の特徴を取り上げてみましょう。

・楽観的である
・自由気ままなところがある
・おおざっぱである

一つずつ詳しく見ていきたいと思います。

楽観的

B型の人は、楽観的な人が多いのがまず挙げられます。

「何とかなる」とか「とりあえずやってみよう」「ここから挽回していける」などと、超ポジティブに物事をとらえます。

あまりに気持ちの切り替えが早いので、周りの方がついていけずに戸惑ってしまったり、イライラしてしまう事も☆

でも、その楽観的でポジティブな思考が雰囲気を良くしたり、周囲のムードメーカーとして活躍できることもあるようです。

良い意味でも悪い意味でも、周りを振り回せるポジティブ思考を持てるのが、B型の特徴とも言えそうです。

自由気まま

「B型の女の人ってワガママだよね~」

こんな意見を聞いたことはありませんか?そうなんです、B型の人が厄介だと思われてしまうことが多いのは、この「自由気まま」な性格が影響していると考えられます。

「自分は自分、人は人」というところがあるので、マイペースに行動します。

自分のその時の感情を大切にしようとします。

自分がしたくないと思ったことは、どんなに周りの人が当たり前にやっていることでもやりませんし、人に合わせることもしません。

こういうところが、ワガママだとか、自分勝手、空気が読めない、周りの気持ちを考えないなどと思われてしまう要因のようです。

日本人は多数意見に従う傾向が強い国民性なので、このように自由気ままな発言や行動を取る人を煙たく思ってしまうことが多いのかもしれないですね。

おおざっぱ

B型の人は、おおざっぱで細かいことはあまり気にしないところがあります。

ですから、計画的に行動するより、行き当たりばったり的な行動が多いようです。

だいたいで、とかおおよそで考える傾向が強いので、適当に済ませられない仕事や物事を行なうのは向いていないと言えるかもしれません。

また、つい最近までは夢中になっていたことや取り組んでいたことがあっても、おおざっぱなゆえに「やっぱり向いてないや」とすぐに飽きてしまうところもあるようです。

興味のあることしか関心がないので、関心が無くなるとすっぱりやらなくなります。

巻き込まれる周囲の人の方が混乱したり、たいへんに感じてしまいそうですね。

さらには自由気ままなので、束縛されることを嫌がる傾向があるようです。

たとえばメールの返信もマメではありません。

返事が何日も後になってからということも結構多いようです。

こまめに返事が欲しいと言われると、おおざっぱで自由が好きなB型は苦痛に感じてしまうこともあるみたいですよ☆

️B型さんとの上手な付き合い方

一見すると深く付き合うのが面倒に感じてしまいそうなB型さんですが、性格をよく知ってしまえば非常に付き合いやすいですし、人間関係の探り合いや、ドロドロした感情などをいっさい考えなくても良いのがB型の人の特徴でもあるんです。

そのために不可欠なのは「こちらが振り回される」のではなく、「B型の人を手の上で転がす」くらいの心の余裕を持って接することです。

「なんでみんながやっていることを一緒にできないの?!」とか、「もっとこうしてよ」といった考えや気持ちは、基本的にB型の人には通用しないことを肝に銘じておきましょう。

ではB型の人と上手に付き合うための2つのポイントを取り上げてみることにします。

一つは「ペースを合わせること」、もう一つは「意見を押し付けないこと」です。

ペースを合わせる

B型の人は「自分は自分、人は人」なので、自分から周囲の人の行動ややり方に合わせるということはまず考えません。

また、自分がこうだと思ったら、そのやり方を曲げられないところも持っています。

なので、こちら側のペースに合わせてもらうことは期待しないようにしましょう。

だからといって、B型さんの自由気ままな行動やペースに真剣に向き合って、何でも合わせてあげようとすると、こちらが振り回されたり疲れ切ってしまう事にもなりかねません。

B型の人は細かいことは気にしませんし、気になったとしてもすぐに忘れてしまえる良い性格を持っているので、こちらも軽~い気持ちで接することです。

つまり柔軟に対応するということです。

たとえばせっかく一緒に時間を過ごしているのに、急に別のことに夢中になって周囲が見えなくなってしまうことがあるかもしれません。

そういう時はイライラしたり、気にするのではなく、こちら側も気にせず放っておくのです。

そうやってB型の人のペースに寄り添ってあげることができます。

意見を押し付けない

B型の人は自由気ままが好きで、束縛されることが嫌いです。

ということは、意見を押し付けられたり、命令口調で指示されることも嫌がります。

「普通はこうだよ」とか「みんなやってることだよ」ということを言っても、まずB型の人には響きません。

“みんなと同じ”ようにすることに何のメリットも感じていないからです。

こちらが無理に意見を押し付けようとして、B型さんがへそを曲げたりやる気をなくしてしまうと、もう二度と気持ちを立て直せないと思ってください。

命令口調や、意見を押し付ける言い方ではなく、「お願いしたい」という口調で下手に出るのが賢明です。

これがB型の人とうまく付き合っていくための方法です。

️O型さんの性格と上手な付き合い方

O型の人も日本では多く、A型に次いで比率が31パーセントと、二番目に多い血液型となっています。

O型の人は周囲から好かれたり、好まれる傾向があります。

おおらかで付き合いやすい人だと思われることが多いです。

明るく社交的であったり、ロマンチストな一面を持っていたり、小さなことでくよくよ悩まないところがうらやましいと言われることも多いです。

そうした長所が表面に出ることが多いO型さんですが、一方でおおざっぱでガサツなところがある、とか、お調子者だったり独りよがりな一面も持っていて、トラブルメーカーになりやすいとも言われることがあるようです。

では、O型の人の特徴と言われている、「ガサツなところがある」「結構ロマンチスト」「独りよがりなところを持っている」という3つの性格を一つずつ取り上げてみましょう。

ガサツ

おおらかでのんびりマイペースといわれることが多いO型さんですが、これは逆を返せば「ガサツ」なところがあるとも言えるのかもしれません。

おおらかなので、細かいことにこだわりませんし、気にも留めません。

良いところだと思いますし、神経質に何でも見えてしまう人からするとこれはうらやましく感じる性格でもあるでしょう。

しかし、たとえばA型の人のように細かいことに気づく人からすると、やることや発言内容にもう少し気配りや気遣いが合っても良いのに…と感じてしまって、そうした言動がガサツだと感じてしまうことがあるのかもしれないですね。

【ガサツな女がやりがちな男に引かれる行動や態度は、こちらの記事もチェック!】

ロマンチスト

O型の人は現実主義的な人が多いですが、こと恋愛に関しては結構ロマンチストな考え方や見方をする人が多いと言われています。

特に女性の側に多いようです。

たとえばドラマのような恋愛の展開に憧れたり、理想を高く持つ傾向があります。

誰かに恋をしたら一直線にのめり込み、一途に相手を想い続けるところも持っています。

ストレートに好きという感情や愛情を表わしたり、アプローチもストレートで非常に積極的です。

そうした積極的過ぎるアプローチが、相手には重すぎると思われたり、引かれてしまう原因になってしまう事もあるくらい、恋愛には情熱的でロマンチストなのがO型さんに多く見られる特徴のようですよ☆

ひとりよがり

O型の人は周りからの信頼も厚く、周囲を引っ張れるリーダー気質の人が多いです。

曲がったことが嫌いなので、そうしたまっすぐな性格がみんなから頼りにされるところでもあります。

そうしたリーダー気質は自信の表れともなって、一歩間違うと、自分勝手に行動したり決めてしまうといった、独りよがりな行動に現れてしまう事もあります。

他の人を自分の思うように動かそうとして、強引な態度に出てしまうこともあるようです。

特に男性の場合だと、こうした独りよがりな性格は、恋愛においても表れてしまうことがあって、自分の中でだけ勝手に気持ちが盛り上がって、相手の気持ちを思いやれなかったり気づけない、なんてこともあるみたいですよ☆

分かりやすい性格なので嫌われることは少ないと思いますし、「俺についてこい」タイプの男性がいい♪という女性の方にとってはO型男性は合うかもしれませんね。

️O型さんとの上手な付き合い方

それでは、ちょっとガサツなところや独りよがりな一面があったり、ロマンチストでもあるO型の人と上手に付き合っていく方法を考えていきましょう。

二つのポイントに絞って取り上げます。

「立ててあげる」事と、「おおらかに対応する」ことです。

立ててあげる

O型の人はリーダー気質に優れており、引っ張ることが好きな人が多いです。

特に男性は、男気が強かったり、「守ってやらないと」「支えたい」といった、大黒柱やリーダーとしての使命感のようなものを強く持っている人が多いと言われています。

なので、素直に甘えたり頼られたりすると喜びます。

リーダーとして一生懸命その役割を果たそうとしてくれますから、意見や指示を仰いで「立てる」とさらに発揮してくれます。

「すごい!」とか「いいですね!!」といった誉め言葉や、「ありがとう」「本当に助かる~」といった信頼の言葉を上手に使いましょう。

おおらかな対応をする

O型の人自身がおおらかで細かいことは気にしないので、几帳面なことを求められても行動に移すのは難しいでしょう。

たとえば、メールや電話が来てもすぐに返信したり、頻繫にれんらくを取り合うのも苦手です。

だからすぐに返信や連絡が来ない!とイライラするのではなく、こちらの側もおおらかな気持ちで対応するようにしましょう。

また優柔不断ですぐに決められないところもあるので、気長に待ってあげるのもうまく付き合っていくには大切です。

さらに実はこだわりが強かったり、頑固で譲らない一面も持っているO型さんなので、同調したり意思を尊重してあげることも、うまくやるための秘訣といえそうです。

️AB型さんの性格

最後に考えるのはAB型の人です。

AB型の人は日本人の中では割合が最も低く、わずか9パーセントしかいないようです。

こだわりが強かったり、センスが良いことから天才肌と言われたりします。

変わり者であるとか、感受性が強い、要領が良い、ナイーブなところがある、べたべたした付き合いが苦手といった特徴もAB型には多いようです。

では代表して3つの性格を一つずつ見ていきたいと思います。

変わり者

変わり者だ、というとあまり良いイメージを持たない方も多いかもしれませんが、これは決して変人だという意味ではありません。

考え方や物事のとらえ方にマイルールを持っていて、それが他とは違って個性的な人が多いのがAB型の特徴です。

気分や思い付きでパッと行動することもあるので、周囲は戸惑いを感じて変わり者と判断するのかもしれません。

でも逆を返すと、個性的だということはそれだけ才能に優れているということでもあります。

天才肌なので、芸能関係に向いているとも言えるかもしれませんね。

こだわりが強い

こだわりが強いというのは、決して頑固で柔軟性に欠けているというわけではありません。

むしろ、見た目や外見へのこだわりや理想とするものが高い、というのがAB型の人に多く見られる特徴のようです。

たとえばそうしたこだわりはファッションやヘアスタイルに表れます。

独特のファッションやヘアスタイルを好んだり、トレンドにとらわれることなく自分なりのセンスを大切にします。

好きな人に求めるタイプや理想もハッキリしていることが多いようです。

それは外見だけというわけではなく、こうあってほしいという理想がハッキリしているということのようです。

センスが良い

ファッションやヘアスタイルへのこだわりがハッキリしているだけでなく、センスが良いのも特徴です。

こう考えるとすべて天才肌に結びつきますね。

美容関係とか、ファッション系の仕事など、芸術的センスが必要とされる仕事に向いていると言えそうです。

️AB型さんとの上手な付き合い方

こだわりやセンスが独特の感性を持っている、天才肌の人はやっぱり変わり者が多いように感じて、一歩引いて見てしまいたくなるかもしれません。

でもそんなAB型の人ともうまく付き合っていく方法はあります。

「趣味や思考を理解すること」そしてもう一つは「束縛や制限をしない」ということです。

趣味や思考を理解する

AB型の人は、周りとは違った趣味を持ったり、理解されないような思考を持つ場合があります。

みんなと同じように行動したりせずに自分らしさを貫こうとするので、理解されないことも多いかもしれません。

確かにクセやこだわりは他と違っていたり、強かったりするかもしれませんが、それが思わぬ才能の開花につながる場合もあります。

周りとは少し違う独特の趣味や思考であっても、その人らしさを認めて、理解してあげることが大切です。

束縛や制限をしない

AB型の人はベタベタした付き合いをすることが非常に苦手なようです。

それは友人関係においても恋人同士でも同様です。

なので、深い付き合いを求めて束縛するのではなく、適度な距離感で付き合うようにしましょう。

また、AB型の人は気分屋な人が多く、思い付きで行動することも多いと言われています。

いちいち気にしてしまうと、振り回されてしまうだけです。

予定していたことも急に思いつきで変更されることがある、ということも頭に入れておくことも、うまくつきあっていくために大切といえるでしょう。

️血液型で相手と仲良くなるコツをおさえよう

いかがでしたか?自分の血液型で当てはまるところもあったかもしれませんし、近くにいる人で、やっぱり血液型と性格が関係しているように感じる人もいたことでしょう。

もちろん血液型だけでその人のすべてを判断したり、決めつけるようなことがあってはいけません。

それには何の根拠もないからです。

でも相手の言動で理解できないところがあった時や、もっと仲良くなりたいと思う時に血液型が分かると、相手の性格をもっと理解してあげられて仲を深めることもできるようになるかもしれません。

【血液型の相性については、こちらの記事もチェック!】