最近「忖度」という言葉をよく耳にしますよね。

流行語大賞などにも選ばれて国民の間でも広く広まったとされる言葉です。

ここで疑問になってくるのですが、皆さんは普段の生活の中で忖度という言葉を使っていますか?

流行語や新語として認識はされている言葉ではありますが、その使い方や意味といったものはあまり理解がされてはいないということが本音ではないでしょうか?

この言葉は生活に使っていくには言葉のもつ意味というものをきちんと理解した上でないといけませんよね?

流行語だからといってむやみやたらに使ってしまうと自分の評判や信頼を下げてしまうといったことにもなりかねません。

それでもこういう言葉ってやっぱり人との会話で話したくなるのも正直な気持ちでもありますよね?

話題のことは話をしていても楽しいですし、会話での共通点も見つかってきて初めて会う人との共通の話題にもなってきます。

友人だけではなくこういった言葉ビジネスでも大いに活躍してくることから、情報には常に敏感になっていくことも大事になってくるのです。

出世することが上手な人というのはこのような話題提供に対してかなり早く行動を起こすことになってきます。

何かしらの予兆が出てくると使い方を調べてみたりとかなりの行動力をもって物事に接していきます。

こういった態度は本当に感心できることでもあり見習いたい部分でもありますよね?

忖度という言葉一つでも自分を動かせる力があればどのような環境でも自分をアピールすることができる人間にもなってきます。

そこで今回のテーマになりますが、最も注目されている言葉の一つ「忖度」とはどういう意味なのか、色々と考えていきたいと思います。

人との会話で利用していくのも良いですし、仕事でも使えそうですよね。

話題に敏感になればそれだけ人との繋がりにも幅を持たせられることになってきます。

こういった意識はこれからの時代を生き抜く為には本当に必要になる部分であると感じます。

たかが一つの言葉に過ぎませんが、この言葉一つで自分の人生にも大きな変化が出てくるとすればどうでしょう?意味を知らなければ一生この言葉を使いこなすことはできませんし、話題にするといったことにもなってきません。

仕事でもこういった話題が出れば、自分だけ会話に混じれないといったことにもなりかねませんよね?

友人関係でもこのようなことに敏感な人はいると思います。

そういった場合も言葉の意味を理解していなければ会話を楽しむことができないのです。

注目されている言葉だけにその意味をいうものを正しく理解して使っていくことが必要となってきますが、普段は聞き慣れないこともあり使い方自体がわからないという方が多いと思います。

色々な意味でチャンスになるかもしれない「忖度」という言葉を理解していき、自分の評価を上げるようにしてみましょう!

最近よく見かける「忖度」

ニュースや新聞、ネットでも話題となっている忖度ですが、普段からよく使われているような言葉ではありませんよね?この言葉が広まった理由は森友学園の問題が絡んでくることになります。

安倍首相が言った言葉の中に「忖度」というものが出てきて、この事について国会では議論が繰り広げられました。

考えてみると政治家の皆さんは私たちは普段聞き慣れないような言葉を使っている場合が多いですよね?何か不満に思っていることに対しては「誠に遺憾だ」というように、私とは違った言葉を使い、気持ちを表現してくることがあります。

この理由の一つに普通の言葉で話してしまうと誤解を招く恐れがあるといった問題があります。

国会議員などは何かを失言してしまうとかなり国会開催中に質問責めにあうといった事になってしまいます。

そういった事態を防ぐためにも難しい曖昧な表現を使っていくといった事が普通になっているのだと思います。

国会では大事な審議を繰り広げる場でもありますから、自分の失言で時間を使うことは避けたいと思うのは当然ですよね?

その審議自体が私たち国民の生活に影響してくるものであれば尚更そういった失言などは避けなければいけません。

今回の忖度という言葉にしても曖昧な意味も含まれており、この事が話題となるきっかけにもなったようです。

では、この忖度という言葉にはどのような意味が含まれているのかをお話ししていきます。

「忖度」ってなに?

この忖度という言葉ですが、このように話題になったことにも理由があります。

森友問題ということが今年はかなりニュースで話題となっていましたが、安倍首相のあるジョーク発言が発端になっていることがわかるのです。

色々なことが森友学園と安倍首相の妻である昭恵夫人との関係が噂されました。

そうした中で安倍首相が忖度を使ったジョークを東京の銀座のある式典に出席された際に発言したのです。

「よく私が申し上げたことを忖度していただきたい」

このジョークがこの言葉をここまで広めていくことになろうとは安倍首相でも予想はできなかったでしょう。

それほどにインパクトのあるジョークだったことは間違いありません。

このような事を言えるのも安倍首相ならではないかと思います。

それではこの言葉がなぜこれほど国民にウケたのかを知りたいと思いますよね?

普通であればなんだか難しい言葉が入っているだけで、何も面白いとは思わないと考えますが忖度にはこういった意味が隠されているのです。

忖度の意味


忖度の意味になりますが、人の気持ちをわかって下さいというような意味があります。

簡単に言えば「気持ちを察する・理解する」というような意味を持っています。

これを普段の会話で使うとなるとちょっと堅苦しい言葉になるので参考までにご覧ください。

私は彼の、私に対する愛情を忖度して結婚することに決めました。

なんだかあまりしっくりとはきませんよね?

普段の会話で使うというとかなり無理が出てくるような言葉になってしまいます。

普段の言葉で言い換えれば「私は彼の、私に対する愛情を理解できたので結婚することを決めました」このような感じになりますよね。

これならば意味も解りますし彼の気持ちを考えた上での決断なのだということもわかってきます。

忖度という言葉はこのような意味を持ち合わせていますが、やはり私たちの普段の言葉で使うということはかなり難しいのではと考えてしまいます。

ですが、安倍首相が言われたジョークはまさにそういった難しさも感じさせなく絶妙なタイミングでもあり、これ程にまで話題になったのです。

それでは忖度が急激に広まった背景ということについてもお話ししていきたいと思います。

ナゼ忖度が流行っているの?

今年の流行語にもなった忖度ですが初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか?

普段はこのような難しい言葉を使っての会話というものはしませんよね?

ですが、国会の森友学園のニュースはほとんど毎日とも言えるほどに報道されてきました。

忖度自体はわからなくとも森友学園の問題は聞いていた人もかなり多いと思います。

この問題の中心になってくるのが安倍首相の妻である昭恵夫人になります。

この中で問題となってくるのが100万円の寄付金になります。

それではこの部分について詳しく見ていくことにしましょう。

森友学園問題がきっかけ

森友学園の前理事長でもある籠池泰典氏が土地取引の問題では、財務省の官僚たちが昭恵夫人の意向を「忖度」したから早く取引することが出来たということを語っています。

このような問題があり忖度という言葉が世に広まるきっかけにもなるのですが、籠池夫妻が逮捕されたことからもわかるように昭恵夫人のそのような忖度はなかったものだと考えるのが妥当になってきます。

こうした問題は最終的にはうやむやに終わってしまうことが多くなり、どのような関係があったのかという事は気にはなりますが、忖度という言葉が広まった事件として理解しておけば良いのではと感じます。

そして、先ほどの安倍首相のジョークに話を戻しますがここでの発言が広く一般に広まったことは事実になってきます。

この時の状況ですが、安倍首相は銀座の商業施設式典のあいさつということで出席なされていました。

その際に挨拶の原稿で各地域のお菓子や名産品が挙げられていたのですが、安倍首相の地元である山口県の名産品が挙げられていませんでした。

その際に発せられた言葉がこちらになります。

「原稿には書いてありませんがおそらくあるんだろうと思います。よく私が申し上げたことを忖度していただきたいとこう思うわけであります。」

自分の出身地である山口県の名産品は原稿には書いてないけれど、店頭には出てるはずだというジョークを、問題となっている忖度という言葉を使って上手に表していますよね。

森友学園の問題がここまで大きくならなければ忖度という言葉自体も興味は惹かれませんが、連日報道されるほどの大きな自体になってしまえば安倍首相としても無視することはできません。

そしてこのジョークは森友学園の問題には関係していないという意思表示もかねているように感じますよね。

何かしらの関与があるとすればこういったジョークを言えるほどに余裕はないと考えます。

この時の発言がニュースなどでも放送され、忖度という言葉が急速に広まっていくことになったのです。

その後は先ほどもお話ししましたが、籠池夫妻が逮捕という結果になり森友学園問題も一応の終息を迎えるわけですが、いずれにしてもこのことが浮上しなければ忖度という言葉自体は流行語になるまでには至りません。

今年の大きな問題でもあった森友学園は色々な意味で私たちを驚かせてくれたようです。

さらに今年は忖度という言葉が話題になったおかげで色々なものが商品化されるほどにもなっていきました。

次はどのようなものが実際に商品化されたのかを見ていきたいと思います。

忖度が商品化…?

森友問題から始まった一連の騒動ですが、色々な影響が各地で出ていますよね。

流行語としても忖度は取り上げれらましたし、新語としても注目されるという結果になっています。

まさに2017年という年は忖度という言葉が広まり、私たちの生活にも影響するほどの広がりと見せてくれたといって良いのではないでしょうか?

そんな中で忖度という言葉を使用し商品化するという企業も出てきています。

やはり流行りのものは商売をする上でも重要になってきますし、今だからこそ商品化するということにもなってきますよね。

それが例え言葉だとしても、こういったことを利用していくことはビジネスを仕掛けていく上でも大事なセンスにもなってきます。

話題となってる言葉には人を惹きつけるパワーというものがあり、これを実際に商品にするということも色々なパワーを必要とされます。

誰もやったことがないことですから成功するか失敗するかは未知数になり、商品化するという決断には大きな悩みなどもあると思いますが、実際に行動に移すことができる人は素晴らしいビジネスセンスの持ち主でもあり、そのような柔軟な考えをもっていくことも大切なのだということがわかりますよね。

その時の話題を瞬時に活かすということは誰にでも出来ることではありません。

なぜならば、そこにはリスクというものが存在するからです。

どのようなことを実行するにしても何かしらのリスクを背負わなければいけませんよね。

この行動が成功するかしないかはやってみなければわからなっからです。

忖度という話題のキーワードでも同じことが言えるでしょう。

その言葉自体は確かにニュースなどに取り上げられて多くの人が耳にするようになりましたが、商品化して売れるということまではわからない状態です。

それでも商品化を進めるということは必ずリスクも存在してきます。

こういった方はそのような事にも立ち向かえる勇気も持ち合わせていることがわかりますし、時代に流れに対してとても敏感であるとも言えるでしょう。

こういったビジネスセンスを持つということは今後はとても大切なことにもなり、自分を助けてくれるきっかけにも成り得ますので流行語に対しての意識を強く持つということは必要な時代なのかもしれません。

それでは忖度という言葉はどのような形で商品化されたのかについてお話しします。

大阪発祥忖度まんじゅう


森友学園問題の場所でもある大阪で忖度まんじゅうが商品化されました。

これは大阪の商売人ならではの発想でもあり、まんじゅうという誰にでも親しまれるものを選んだことも参考になる実例ですよね。

まんじゅうであれば何かの話題としてのお土産にも出来ますし、近所でのお茶請けでもいいですよね。

大阪の人は話をすることが大好きな方ばかりですし、こういったものがあれば色々と楽しい会話にも広がっていくと考えたのでしょう。

これが一歩間違えてしまえばせっかくの商品化というのも失敗してしまいますよね。

まんじゅうという物の価格設定など、商品化までには色々なことをクリアしていかなくてはいけません。

企画を立ち上げた段階で採算がとれる見込みがなければ商品化までには至りませんし、まんじゅうという一般の好まれるものを選んだのも発案した人の知恵なのかもしれません。

そしてこのまんじゅうの売り上げもかなり好評となったようで2017年10月には黒忖度まんじゅうも発売されることになった程です。

大阪の方ならではのユニークは売り文句もあり、ヒット商品となった大阪発祥忖度まんじゅうですが、上手に消費者のニーズを捉えた商品化ではないかと思います。

このまんじゅうを売り出した時期もかなり絶妙だと言えますよね。

6月の中旬にはすでに商品化されて関西のお土産店などの店頭にはすでにあるという状態でかなりの話題を呼びました。

リアルタイムで報道される森友学園問題をフル活用したものでもあり、忖度という言葉を広げていくことになった商品でもあります。

自由な発想は多くのビジネスチャンスを迎えることができますよね。

何か新しい取引先などに持っていっても楽しい商談が出来る気もしますしユニークな発想だと感じました。

そして、コンビニでもそういった動きが出てきます。

全国チェーンでもあるファミマが忖度の商品化へ乗り出すことになります。

ファミマも忖度を商品化へ

大手コンビニチェーンでもあるファミリーマートですが2017年11月21日に「忖度御膳」を数量限定で発売することを発表しました。

コンビニも今ではかなり売り上げ対策には頭を悩ませているようです。

次々と新しい試みが企画され商品化へと繋がっていくのですが、忖度御膳というお弁当も少し気になりますよね?

どこでも購入出来るわけではありませんし、コンビニならではのお弁当ということでかなりの期待もあったのではないでしょうか。

この背景にあるのはお客様へのニーズに応えるということがきっかけとなっています。

コンビニというビッグビジネスもお客様のことを考えなければ売り上げも利益も見込めません。

何よりも大切になってくるのが、この商品は果たして受け入れられるのかということになります。

そういったことを考えた場合、コンビニの経営者での独自の判断は間違った方向へと進んでしまうかもしれません。

時代の流れや消費者のニーズに応えない企業はどんどん見放されるという世の中に変化しているからです。

ファミリーマートもこういったことにはかなり敏感になっていて、忖度御膳を発売するに至った経緯というのも、かなりお客様を意識したことがわかります。

実際に購入するのは店に訪れるお客様であり、忖度まんじゅうのようにお土産などの販売というのは難しいですよね。

コンビニならではのお弁当というものに目をつけたことも正しい判断であると言えますし、それを商品化するまでのアイデアも素晴らしいことがわかります。

それではこの「忖度御膳」を商品化するために行ったこととはどのような事なのかをお話ししたいと思います。

アンケート投票で決定

この商品が出来上がるまでの経緯ですが、元々ファミリーマートは年の瀬のふさわしい商品として「けものフレンズ」と「忖度」という2点にしぼっていました。

ここで以前のように会社で企画を決定するようなことになれば、ここまでの話題にはならなかったと言えます。

ファミリーマートはこの絞り込んだ2点で消費者に対してアンケートを実施したのです。

年の瀬という一年でも大事な時期でもあり、各社から注目されるものが次々と出てくる季節ですよね。

そういった事に対抗するためにも消費者は何を求めているのかを聞くといった姿勢も必要になることがわかった良い例ではないでしょうか。

この「けものフレンズ」もかなり話題となりましたし色々な商品も次々と発売されました。

そして忖度にしても先ほどのまんじゅうという成功例がありファミリーマート陣営もかなり悩む結果になったのでしょう。

そのことを解決するために行ったのが公式のTwitterでこの2点の内どちらを商品化してほしいというアンケート投票だったのです。

このアンケートというもの時代を上手に捉えた手法ではないでしょうか。

どちらも話題性としては充分であり、自分たちで商品化に乗り出しても結果は出ると思いますがあえて消費者の意見を取り上げたことで再度話題になってきますよね。

忖度自体の言葉も少し忘れかけていたことでのこのようなアンケートは再び忖度ブームに火をつける結果となったに違いありません。

投票によって忖度の商品化が決定し、ファミリーマートは忖度御膳の開発に取り組むわけですが、その内容というのがまた話題を生み出しました。

コンビニのお弁当というと手軽に購入できるイメージですが、忖度御膳の場合はパッケージからして高級感に溢れています。

しかも中身には高級魚でもある金目鯛などが使用され価格も800円近くと普通のお弁当に比べて倍の値段となっています。

但し、こういった話題性のあるものでも意外な結果となっている地域もあるようで、ファミリーマートの滋賀のある店では2日で13個中12個を廃棄処分にしたということもわかっています。

地域によっては完売している場所も多くなりどのような結果になっていくのかは未知数ではありますが、購入しない理由としては「値段が高い」「森友学園問題で良いイメージがない」といったことが言われています。

同じ商品化でもまんじゅうとお弁当ではかなりの差が出てくることがわかります。

忖度という聞きなれない言葉も全ての人に受け入れられるわけではなく、タイミングなども重要になってくるのではないでしょうか。

忖度ブームは止まらない

森友学園問題から忖度という言葉が注目を浴びていますが、色々な意味でブームは止まらないとも言えますよね。

今年の流行語や新語にも選ばれた忖度はこれからも色々な商品開発も進められていくのではないかと感じます。

こういった時代の流れに乗るということはビジネスでもとても大切になってきますよね。

今現在求められているものは何か?ということを考えていくと、このような話題となっているものに焦点を当てていくことが正しい判断になっていくケースが多くなります。

ですが、この判断というのも全てにおいて成功するとは限りません。

大きなリスクを背負う場合もありますし、失敗してかなりの負債を抱えてしまうことも考えられます。

このように言葉一つでこれほどまで影響を及ぼす事態になることは誰も考えてはいなかったのではないでしょうか?ニュースなどの連日の報道はあったにせよかなりのスピードで国民へ広がっていったと言えます。

これから先もしばらくは忖度というワードには注目していきたいですよね。

色々な企業がこのワードを使ったものを考えていくでしょうし忖度ブームは未だ終了してはいないと言えます。

今以上に素晴らしい商品やアイデアが期待されますし、しばらくは忖度という言葉から目が離せませんよね。

それでは実際に忖度を使った例文を挙げてみることにします。

普段では使わない言葉ですが色々と活用法もあるかもしれませんので参考にしてみて下さい。

忖度の身の回りの事例

私たちは普段つかう言葉で「忖度」という言葉は多用しませんよね?

今回森友学園の件で国民に急速に広まった言葉ではありますが、実際に使用するとすればどのように使っていったらよいのでしょう。

あまり使わないような言葉であっても、いざという時に役に立ってくる知識になるかもしれませんよね。

一応このような使い方があるということを知っておいていただければよいので例文を挙げてみます。

指示が少ない上司

私の上司は自分の気持ちを忖度してくれと言わんばかりの指示が少ない上司である。

社長は何も私たちに言わないが、この前の朝礼での内容から忖度し今度のプロジェクトを企画した。

恋人への対応

自分は彼女の心を忖度していたと考えていたが、それは大きな誤りであった。

彼女の日頃の態度や話の内容から忖度し、誕生日プレゼントは調理セットに決めた。

親の気持ち

私は父親の話すことから忖度し国立大学への受験の意思を固めた。

私は両親が夜に話し合っていたことから忖度し、家に入れるお金を増やそうと決心した。

このように使われる事柄に対してはかなり狭まったことになってくるのがわかります。

あくまでも例ですので実際に使っていくことはないと思いますが、意味として捉えておいてほしいのが「相手の気持ちを考える」ということになります。

普段の生活では忖度という言葉を無理に使う必要もありませんよね。

実際に使ってみても相手に伝わらなければ会話の意味はありませんし、相手も困惑してしまうかもしれません。

仲間同士でゲーム感覚のように使用するなど、自分なりの忖度の使い道を考えてみるのも楽しそうで良いですよね。

それでは最後に忖度の考え方とはどのようなものなのかを考えていきたいと思います。

日本特有の考え方、忖度

忖度という言葉は普段あまり耳にしませんが、その意味としては人の気持ちを察することや理解するということがわかります。

この考え方ですが日本は人に対して思いやりの気持ちを持った民族になります。

どういった状況であっても他人などを思いやる気持ちの持てる人が多く、そういった意味で考えていくと忖度という言葉はピッタリなのではないでしょうか。

確かに森友学園の問題で発生した忖度へのイメージというのは決して良いものではありません。

何かしらドロドロとしたようなものを思い浮かべてしまいますが、忖度の意味が全くちがってきますよね。

そこには自分の利益などは考えず、相手の気持ちを理解しようとする思いやりの心があります。

日本人はこういった優しさの持てる民族でもあり東日本大震災でも他人を思いやる姿が数多く目にすることができました。

あのような行動は基本的に気持ちが優しくなければできませんし、自分のことを中心に考える人では無理だということもわかりますよね。

他人であってもお互いに尊重しあえる人たちだからこそできる行動であって、それが日本人の素晴らしい点でもあり誇りに思えることではないでしょうか。

忖度という言葉も人に対してとても優しさを感じる言葉の意味が含まれています。

相手の心を理解するということは自分が優しくなければ出来ません。

そういった気持ちを持てるのも私たちが暮らしている日本という国が平和であり、争いがない場所だからですよね。

多くの国では国同士の争いが頻繁に起こり、人々も他人を思いやるような余裕は持つことが出来なくなっています。

自分の命や生活を守ることが大切であり他の人の気持ちなど考えることは不可能だと言えるでしょう。

そうした環境にあれば忖度のような言葉があっても実際に行動できる人はとても少なくなると思います。

ですが日本であればそういった行動や考えも出来ますよね?

世界でトップクラスの平和な国でもあり、他人であっても思いやることのできる日本人であれば忖度という言葉はとても素晴らしい意味をもっているのだと気がつくはずです。

聞き慣れない言葉であっても今年は忖度ということを何度も耳にしてきました。

商品化されてますます目に留まるようにもなった言葉です。

そして、忖度するということは人の気持ちをわかってあげることになります。

知らない人だとしても忖度の輪が広がっていけば、今よりもさらに住みやすい環境へ変わっていきますよね。

互いに気遣いをしあうような世の中になっていけば国民全員が幸せになれるということも夢ではありません。

今回、忖度という言葉について初めて意味を知った方は自分でも忖度の気持ちを忘れないようにして下さい。

これは日本人にしか持てない心でもあります。

知らない人でも互いに助け合うという特別な思いがあればこそ、このような素晴らしい言葉が残っているとも言えますよね。

争いのない生活を求めるには忖度のような気持ちを持ち続けることが大事ですし、持ち続けなければいけないと思うのです。

私たちは素晴らしい言葉を今回手に入れることが出来たと感じないでしょうか。

忖度という言葉は私たちの未来を決める言葉でもあり、これからもこの心を忘れないようにすることが大切ですよね。

相手を理解する優しい言葉として忖度という言葉があります。

私たちがこの言葉を常に意識していけば今よりも素晴らしい未来が待っているものと信じます。

忖度についてあまりわからなかった方も一始めてみませんか?

言葉は使わなくともその気持ちさえ持っていれば、明るい未来へ変わるきっかけになってくれるのですから。