皆さんは、昼間しっかりと活動する事ができているでしょうか。

というのも最近は夜中にしっかりと眠っているはずなのに、昼間眠くて仕方が無いという方が増えているようなのです。

これにより、日中に強烈な眠気に襲われてしまう方が多く、しっかりと日中に活動ができていないという状態になっているようなのです。

損の様な状態では、仕事や私生活にも影響が出てしまいますし、朝起きるのも辛い状態ですから、寝る事が億劫になってしまいそうです。

今回はそんな寝ても寝ても眠い原因についてご紹介します。

寝ても寝ても眠い人は必見!実はこれが原因かも?

寝ても寝ても眠い状態は、確かに辛いですから、ストレスにすらなってしまいそうです。

そんな眠いという症状の原因は眠れていないという事の原因は8個ほどありそうなのです。

8個もあるのかと驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、中には現代人ならではの原因があるようなのです。

寝ても寝ても眠い原因とは?

寝ても寝ても眠い原因としては8個ほどあるとお話ししましたが、一体何が原因なのでしょうか。

実はこの原因は、生活習慣のみでは無く、その他にも原因があったのです。

その原因とは、皆さんにも当てはまりそうな物もあるため、現代人であればいつでもなり得る可能性を秘めているようです。

それでは1つづつご説明していきましょう。

寝る直前にスマホを触っている


まず1つ目の理由は、スマートフォン(スマホ)による不眠症が原因という物です。

寝る前にスマートフォン(スマホ)をベッドに入って寝る寸前まで挿話をしているという方も少なくは無いのでは無いでしょうか。

じつはスマートフォン(スマホ)の

ブルーライトとは、スマートフォン(スマホ)やパソコン等の画面から出ているのですが、このブルーライトには脳を覚醒させてしまうのです。

ブルーライトの被害が増加している理由としては、LED液晶パネルが増えている事が原因です。

そんなブルーライトによって、、脳が覚醒してしまうと、睡眠の質が悪くなるなどの弊害が出てしまいます。

最悪の場合一時的に、眠気が無くなる等の可能性もあるのです。

スマートフォン(スマホ)による不眠は現代人には特に多い原因の1つと言っても良いでしょう。

そこで、寝る時にはスマートフォン(スマホ)を布団やベッドから話した位置で充電をする様にする事で、スマートフォン(スマホ)を寝る時に触る事ができませんので、簡単に改善できる事でしょう。

またパソコンやスマートフォン(スマホ)を使用する際にはブルーライトカット眼鏡を利用するのも1つの手段として有効です。

寝る前に食事をしている

眠れない原因として考えられる要因の1つとして食事のタイミングという物があります。

食事のタイミングは人それぞれでしょうと言われそうですが、これは確かに理由があります。

食事の後というのは、胃や腸が活発に動きます。

その為、就寝の前に食事をしてしまうと、寝ている間に胃や腸が動きますので、脳は眠っていても、体の仲は動き続けてしまうのです。

胃や腸が動いているという事は、体組織が動くという事です、これは体力が使われてしまう為、寝て体力の回復をしていても別のところで回復した体力を使用するため、疲れが抜けなくなってしまう事になってしまうのです。

そこで、しっかりご飯を食べて寝たいのであれば、食事の時間を考える「ことが大切です。

しかし、食事のタイミングを考えると言っても、交代勤務やサービス業に従事している方の中には帰りが遅く食事の時間が遅くなってしまうと言う方がいらっしゃいますよね。

ですが、そのような方も食事のタイミングを見直す事で、対策は可能なのです。

それは、就寝の2時間前までに食事を済ませるという事です。

食事をして、入浴をしてとしていると2時間から3時間は経ってしまうでしょうから、食事から済ませて入浴をすると胃や腸が寝ている間に動くという事を低減する事ができるのです。

熱い風呂に入っている

人間の体という物は、昼間に体温を上げ、夜になると体温が下がるという傾向にあります。

ですので就寝前には、体温が高くなると言われていますが、実は昼間よりも体温が下がっていくのです。

しかし、就寝前に熱い風呂に入ってしまうと、体温が高いまま布団に入る事になってしまい、高い体温が保温されてしまいます。

そうすることで、熱いためになかなか眠れないという状態になってしまうのです。

そこで、40℃くらいのお風呂に入浴をして、入浴の後30分は就寝しないようにしてみてください。

たったこれだけのことで、体の火照りが取れますので、ゆっくり眠る事ができるのです。

運動不足


眠れない原因の1つに、運動不足があるのですが、これは交感神経と副交感神経の関係が原因と言われているのです。

というのも、昼間活発に活動するためには交感神経が活発になっています。

また逆に、就寝の時には副交感神経が活発になります。

しかし、運動不足の場合にはこの神経の関係が真逆になっている可能性があるのです。

その為、交感神経が働いている為に布団に入っても眠れないという原因になってしっまうのです。

何故真逆になってしまうのかと言うと、副交感神経を活発にするためには、筋肉や血管をほぐしてリラックスをする必要があります。

運動不足になってしまうと、人の体は硬くなってしまう為に、筋肉などが強張ってしまうという事になってしまいます。

そうすると、寝る体制になっも体はリラックスできない為に眠れないのです。

適度な疲れは適度な睡眠に繋がりますので、適度に体を動かして筋肉をほぐすようにしましょう。

体を動かす時間が取れないという方にはストレッチなどでも良いかもしれませんね。

【運動不足を解消するための簡単な方法は、こちらの記事もチェック!】

ストレスがたまっている

ストレスが溜まっている際にも不眠になってしまう事があります。

というのも、ストレスには交感神経を活発にする働きがある為、脳を活性化させてしまう効果があるのです。

交感神経が活発になってしまうと副交感神経が働かなくなってしまうのですが、この副交感神経には眠りへと誘導する効果があり、その副交感神経の働きが鈍くなるという事は必然的に眠れなくなってしまうという事なのです。

そもそも寝るという行為自体は脳を休める効果があるのですが、ストレスを感じると、脳が興奮してしまいノルアドレナリンやドーパミンという物質が分泌されてしまいます。

このノルアドレナリンやドーパミンには大脳に熱を持たせるという作用がある為、脳は休むという体制にはならなくなってしまうのです。

更に、人間の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠との2つを90分周期で繰り返していますが、ストレスが掛かると、レム睡眠とノンレム睡眠の周期を壊してしまうのです。

特に脳が覚醒状態になっていますので、脳が休んでいないレム睡眠の状態が多くなってしまう為、寝ていても疲れが取れないという状態になってしまうのです。

うつ病かも

不眠の有名な症状の中にうつ病があります。

ストレスが過度に掛かってしまうと自律神経が乱れてしまいうつ病になってしまうのですが、うつ患者のおよそ9割の方がうつ病と同時に不眠症を抱えていると言われています。

うつ病になると様々な欲求が低下するのですが、睡眠欲という物も低下してしまいます。

また睡眠を促す物質として有名なセレトニンも低下したし舞う為に、必然的に不眠へと向かってしまう傾向があるようです。

最近眠れないという場合には、心の病気である可能性もありますので、一度病院を受診する必要があるかもしれません。

生活習慣が悪い

眠れない、寝ても眠いという場合には単純に生活習慣の乱れが原因の場合もあります。

というのも、ガッツリ昼寝をしたり、一日中ゴロゴロしていると、勿論眠くなるわけはありません。

更に、生活習慣が乱れていると、体内時計が乱れてしまう為に、眠るべき時間に眠れないという状態になってしまうのです。

寝すぎ

寝すぎも良くはありません。

良く「寝溜め」という言葉を聞きますが、睡眠は溜める事はできません。

更に言うと、昼間で寝ていて、昼食を食べ、昼寝をする何て事をしていたら、体内時計は直ぐに狂ってしまいます。

その為、夜寝れず昼間に眠くなるといった状態になってしまいます。

そうすると、また昼間に眠ってしまい、夜眠れないという悪循環を引き起こしていしまい、眠れないという状況になってしまうのです。

病気の可能性もあります・・・

寝ても寝ても眠いという場合に、生活習慣や寝るまでの習慣を見治してみても、思い当たる節がなかったり、生活習慣やリズムを改善してみても何も変わらないという方もいらっしゃいます。

そのような場合には、病気の可能性もありますので、早めに医療機関を受診する必要があると言えるのです。

しかし、病気で眠れない何て無いだろうと言う方も少なくは無いでしょう。

確かに、病気の時には自己治癒力が働く為に、通常は眠気が襲ってきたリしますので、信用できないという方も多いでしょう。

では病気ではなく、故障という風に言い方をかえてみてはいかがでしょうか。

風邪などの病気は外的な物を体内から体外へと追い出すために、熱が出たり眠気が増したり します。

しかし、例えば細胞単位で病気(故障)してしまうと勿論か体の異変にも気づかないままに、知らない間に病気になっている事があるのです。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠が浅くなってしまい、疲れが残りやすい有名な病気に睡眠時無呼吸症候群という物があります。

これは寝ている間に、呼吸が停まってしまうという病気なのですが、重篤な場合には死に至る可能性のあるとても危険な病気なのです。

睡眠時無呼吸症候群の特徴としては、大きないびきがあります。

睡眠時無呼吸症候群になる原因としては、肥満やアレルギー等の原因があり、これといった原因が自分では分からないという事があります。

この睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に突然呼吸が止まってしまう病気の為に、勿論苦しく脳が一時的に起きてしまうという事から睡眠障害の1つと言われています。

更にこの病気の厄介な点は、もし患っている場合でも、本人には自覚症状が無いという事が多い事なのです。

その為、一人暮らしの方などは睡眠時無呼吸症候群になっていても気付く事が難しいため、改善が難しいのも、この病気の特徴なのです。

レストレスレッグス症候群

不眠の原因として、身体の末端の不快感や傷みによって慢性的な病態であるレストレッグス症候群
も上げらます。

レストレッグス症候群とは、じっといている時に足がむずむずしてしまう病気なのですが、その症状は、「痒み」「不快感」「火照り」「ヒリヒリ」など不快感を表す言葉だけでも多くの物があり、いかに辛い症状なのかという事が分かります。

レストレッグス症候群はまだまだ研究中の疾患であり、発症の原因等はまだ詳しく解明されていませんが、主に、神経伝達物質であるドーパミンの機能低下と鉄分の不足による代謝異常の2つが原因だと言われています。

というのも、それらが不足する事で、脳から脊髄、抹消神経に至るまでの経路に何かしらの不具合が起きてしまう様です。

このほかにも、遺伝的な要因もあるようで、日本では人口の2%~5%の方が発症している疾患でもあるのです。

肥満肺胞低換気症候群

肥満肺胞底喚起症候群とは、睡眠時無呼吸症候群とよく似た症状が表れます。

その症状には、 昼間の強い眠気や全身のだるさ、起床時の頭痛等があります。

睡眠時無呼吸症候群との違いとしては、息切れやチアノーゼ、心臓のポンプ機能が低下した右心不全がある場合には、頸静脈の怒張、下肢の浮腫をきたす事もあるのです。

この肥満肺胞低換気症候群の原因としては、病名にもありますが、肥満が原因とされています。

というのも、肥満によって腹壁や腹腔内、胸郭に脂肪が沈着する事で、正常な状態よりも呼吸がしづらい状況になる事で発症してしまうのです。

喚起が能力が低下するために体内のCO2濃度が上がってしまい、息苦しさが感じられるのです。

勿論、息苦しい為に睡眠環境としては、最悪の状況下で睡眠をしてしまう為に、睡眠の質が低下してしまい疲れが抜けなくなるのです。

鬱病の人の眠いの特徴も知っておこう

うつ病になると眠れないと良く聞きますよね。

その為うつ病の人は眠気が突然襲ってくるなどの害が出てしまいます。

これは、うつ病により自律神経や生活り済むが乱れている事が原因で夜不眠となってしまう為です。

夜眠れない為に勿論昼間に強い眠気が出てしまい昼間に眠くなってしまう為に、昼寝をしまた夜眠れないと言った悪循環に陥ってしまうのです。

そんな辛い悪循環によって、夜の不眠症がそのまま生活リズムの乱れと昼間の眠気に繋がってしまう為に、うつ病の方はなかなか夜の不眠症から抜け出せなくなってしまうのです。

そんな辛いうつ病の眠い状態についてもご紹介します。

寝れば寝るほど眠くなる

基本的に、うつ病は寝れば寝るほど眠くなってしまいます。

これは、昼間に強い眠気が来てしまう為に、昼間に睡眠を取ってしまいます。

そうする事で夜眠る事が出来ずに昼間に眠いという状態が続いてしまいます。

更に、夜眠っているにも関わらず眠いのは、うつ病により自律神経が乱れている事と、うつ病になるほどの精神的なストレスを受けた状態では、頭がさえている為に、脳の疲れが取れる事が無く、常に眠い状態が続いてしまう原因となってしまうのです。

そんな状態では、なかなか昼間に活動をする事ができず、生活に支障をきたしてしまうという状態になってしまうのです。

ノンレム睡眠が取れてない

うつ病の眠気の裏側には、ストレスなどの影響で、熟睡状態であるノンレム睡眠がとれていないという事があげられます。

ノンレム睡眠とは何?という方もいらっしゃるかと思うのですが、ノンレム睡眠とは俗に言う熟睡状態の事です。

ノンレム睡眠がとれていないという事は脳がしっかりと休息を取れていないという事になります。

その為、眠気がいつまでもいつまでも続いてしまうという事が多いのです。

そもそもノンレム睡眠が取れない理由としては、ストレス強く、副交感神経の働きが悪くなっている為という事が挙げられます。

副交感神経の働きが悪くなり、交感神経の働きが活発になるのですが、その為体は眠っているのに、頭(脳)は起きている状態だと言えるのです。

その為、脳がゆっくり休めていない状態になってしまい、眠っても眠っていない状態になってしまうのです。

寝付きが悪い

うつ病になってしまうと寝つきが悪いという話を良く聞きます。

これも、ストレスによる副交感神経の働きが鈍くなっている事に起因しています。

というのも、副交感系とは体へのリラックス効果等を与えてくれるものなのです。

通常眠る時には体がリラックス状態になって睡眠へと落ちていくものなのですが、リラックスができない状態では、なかなか眠る事ができませんので、勿論寝つきも悪くなってしまうのです。

副交感神経以外にも、寝つきが悪くなってしまう原因は、うつ病によるセレトニンの分泌不足だとも言われています。

その為、寝つきが「悪い場合には、セレトニンが摂取できるようなサプリを使う事も必用なのかもしれません。

寝つきが悪いと気付けば朝になっているなんて事もありますから、大変なのです。

寝付きは良いが、朝なかなか起きられない

たとえ寝つきが良くても寝起きの悪いと言割れるうつ病の方も少なくはありません。

これは、マイナスな事ばかり考えてしまうからだと言われているのですが、基本的に午前中は気分が晴れませんが、午後になると元気になっている方が多いようです。

これは自律神経の乱れによるものの可能性もありますが、基本的には夜中眠っている時の睡眠の質が悪いと考えている方も多いようです。

抑うつの症状を抱えている方に多く見られる症状なので、うつ病とは若干の違いはあるのですが、これも1つのうつの症状という事を知っておくという事は、自分の心を守る上では大切な事なのです。

実はこのタイプの方は10時間以上寝ても寝起きが悪く、寝たからと言ってスッキリと起きられるということはありません。

寝ても寝ても眠いのを対策する方法

寝ても寝ても眠いのは日常生活にも支障をきたしてしまいますし、仕事にも支障をきたしてしまいます。

その為重要なのは、眠気が取れないという事をほったらかしにしておく事ではなく、対策を取るという事が重要なのです。

しかし、どのように対策を取れば良いのかわからないという方も少なくは無いでしょうから、お勧めの対策をご紹介します。

早めに就寝する

やはり寝ても寝ても眠いのであれば早めに就寝する事が大切です。

特に質の良い眠りを取りたいのであれば10時から0時までの間には就寝する様にしましょう。

というのも、良質な眠りを手伝ってくれるセレトニンの分泌は9時~0時頃までがピークと言われています。

特に0時を境にセレトニンの分泌は極端に減少してしまいます。

そうなってしまうと、なかなか質の良い眠りを取る事ができなくなりますので、ゆっくりとした睡眠が取れなくなってしまうのです。

ですから、質の良い睡眠を取れためにもセレトニンが多く分泌されている時間帯に就寝するという事が大切なのです。

ちなみに0時まではセレトニンが分泌されているからと言って0時に寝ても意味は無いので注意しましょう。

というのも、通常人が寝付くまでには早くても30分かかると言われています。

その為、就寝から30分後にもセレトニンの分泌が行われている必要がありますので、遅くても11時を目安にすると良いでしょう。

ツボ押し

眠気を刺そうという事で言えば、ツボを押すという事はとても理にかなっていると言えるでしょう。

というのも、人は就寝に連れてリラックスをして就寝するとご説明しましたが、ツボを押す事でリラックス効果が期待できるのです。

特に不眠に効くと言われる百会や安眠というツボを刺激する事で、リラックス効果が期待でき、ゆっくり眠る事ができるのです。

百会は頭頂部のちょうどブヨブヨと押すとへこむ当たりが百会です。

眠る前に1分ほど刺激するとゆっくり眠れます。

安眠は耳の後ろのやや下側にあるのですが、その名の通り熟睡ができる様になるツボと言われています。

自分でツボを押しながら眠るのも良いですが、人に押してもらった方がリラックスできるため、ゆっくり眠る事ができますよ。

カフェインを摂取

眠る前にカフェインを摂取すると勿論眠れない等の睡眠への悪影響がありますので避けるべきなのですが、起床した後には頭をスッキリさせるためにカフェインを摂取する事も大切なのです。

カフェインを含む飲み物と言えばコーヒーが有名ですが、その他にもコーラ等があります。

何故カフェインが眠気が強い時に有効なのかと言うと、カフェインには昼間に活発に働かなければいけない交感神経を刺激し、興奮状態の様にしてくれます。

もしも、夜まで交感神経の興奮状態を維持し、そこから就寝までに徐々に興奮を抑える事ができれば、交感神経と副交感神経のバランスを整える事ができるのです。

ストレッチ、体操を行う

ストレッチや体操を行う事で、快適な睡眠が期待できます。

それは、ストレッチにより筋肉の硬直や血液の流れを正常にする事ができる為、睡眠時のリラックス効果を与える事ができるのです。

特に入浴後に3分で良いので背中や足と言った部分をストレッチによってほぐす事で、一日の疲れを取る事もできますし、疲れが翌日に残らないというメリットもあります。

特に、筋肉の硬直が解消され、血液の流れが正常になる事により副交感神経が働きが活発になるので、ゆっくりと眠る事ができるのです。

起きてすぐにシャワーを浴びる

朝が苦手だという方にも寝ても寝ても眠いという方にもお勧めなのですが、朝からシャワーを浴びると如何でしょうか。

実は朝からシャワーを浴びると、シャワーの刺激により交感神経が活発になります。

そうする事で脳が覚醒状態になりますので、目が覚めるといった効果があります。

更に、睡眠中に下がった体温がシャワーを浴びる事によって上昇しますので体が活動状態に移行し易くなるなどのメリットがあるのです。

特に交感神経を刺激できるため、スッキリとした目覚めを手に入れる事ができるのです。

その他にも、眠気を覚ますと同時に寝ぐせも解消できる等の効果もありますので、若干面倒そうに感じるかもしれませんが、結果的には効率が良く目覚めるということにつながっているのです。

午後3時までに15分程度の仮眠をとる

昼食を食べた後の午後の時間は、決まって眠くなるという方も少なく無いでしょう。

そんな時に少しでも仮眠をする人と無理をして仕事を続ける人とでは、集中力や作業効率に違いがある事をご存知でしょうか。

眠気は行動を制限してしまう為、効率が低下したり集中力が著しく低下してしまう等の悪影響をもたらします。

ですので、眠ければ少しでも良いので寝る様にしましょう。

お勧めは15分程度です。

これ以上寝てしまうと、夜に眠れない事がありますので15分以上は寝ない様にしましょう。

また、余り遅い時間帯に寝るのも夜の睡眠を妨げてしまう原因になるため、遅くても15時までに仮眠をする時間を確保する様にしましょう。

一番良いのは昼休みの時間帯かもしれません。

仕事内容によっては、業務中に仮眠をする事ができないような場合もありますので、休憩時間に午後の業務に備えて仮眠をする様にしてみては如何でしょうか。

ガムを噛む

ガムを噛む事で眠気が和らぐというのは有名な話ですよね。

これは、ガムを噛む事で脳の中の血液循環が促進され脳の動きを活発にさせる事ができるために眠気が緩和できるのです。

更にガムを噛む事で、夜の眠気を促進する効果があるという事はあまり知られていないのですが、笑う、歌う等の行動がストレスを発散するという事は、多くの方が知っている事では無いでしょうか。

これは、口を動かす事でストレスの発散が期待できるとのことなのですが、口を活発に動かす事で脳が刺激され、副交感神経が刺激されるのです。

副交感神経が活発になる事で、心がリラックスしますので、ストレス緩和にはもってこいなのです。

また一定のリズムでガムを噛む事で、セレトニンが分泌され、セレトニンがメラトニンに変わる事で質の良い睡眠ができる様になるのです。

食生活を見直す

食生活を見治すのも1つの方法と言えるでしょう。

というのも前述したように、就寝前に食事をすると胃や腸が活発に動いてしまう為に、眠っている間にも消化活動を行います。

そうすると、脳は寝ていても体が眠っていない状態になってしまう為、疲れが取れません。

疲れが取れないという事は、次の日に疲れが残ってしまい結果眠気が残ってしまうという事なのです。

そこで、就寝の最低2時間前に食事をとらないという方法でこの消化活動による、妨害を無くし睡眠の質を高める事ができるのです。

しかし、仕事によっては夜遅く食事をしなければならないという事もありますので、就寝の2時間前に食事が必用な場合にはスープを飲む等消化の良い物を取る事で若干の睡眠の妨げを防ぐことは可能なのです。

仕事のスタイルを見なおす

仕事のスタイルを見なおす事で多くの人が、質の良い睡眠や、仕事の効率アップができる事でしょう。

しかし多くの方が、今まで培ってきた仕事スタイルという物を見なおす事はしたくないという事でしょう。

それは、新しい取り組みであるからという理由もあるでしょうし、仮眠を昼に取るという事を悪だと決めつけている会社や管理職の人たちがいまだに存在している事が原因だと言えるでしょう。

しかし、自分の休憩時間に15分仮眠を取る事が本当に悪い事なのでしょうか。

仮眠を取る事で、効率も集中力も高まるのですから、むしろ仮眠を促進する事が必用なのです。

この様に仮眠をとるという仕事スタイルを取る事で、夜もしっかりと眠る事もできる様になりますので、是非会社や上司の圧力に屈することなく仕事スタイルの見なおしをしてみてください。

会社の上司などがうるさい時には、上司にも集中力が向上するらしいという旨を伝えてみるのも1つの手段かもしれませんね。

寝ても寝ても眠い人は是非実践してみてください♡(まとめ)

この様に睡眠を妨害する事とそれを緩和する方法というのは必ずあるものです。

寝ても寝ても眠いという状態は、かなり辛い状態ですよね。

しかし、眠くても会社に行かなくてはならず、休むわけにはいかないという方も少なくは無いでしょう。

スチレスやブルーライトという物は現代人にとっては上手に付き合っていかなくてはならないものなのではないでしょうか。

そんな上手に付き合うという事が、しっかりと眠るための行動と言えるのです。

夜眠くても眠れない時には、きっとストレスやブルーライトと上手に付き合えていない時が多いと言っても過言ではありません。

その様な時には今回ご紹介した方法をいくつか試してみてはいかがでしょうか。

質の良い睡眠は質の良い仕事をするための最低条件です。

更に質の良い仕事は、質の良い生活にも直結してきますので、是非質の良い睡眠を手に入れてみてくださいね。