皆さんは浮気をどこからどこまでのラインだと考えますか?

浮気というのは判断が難しいもので、実は人によってどこからが浮気かという境界線が違うようです。

そこは恋人と考えなければいけませんね。

もっと難しいのは、友人同士でのお付き合いの場合です。

浮気であるとすれば、恋人がいるのに、他の人と恋人になってしまうことももちろんですし、他の人との「恋愛関係でなければしてはいけないこと」をするということもあります。

ですが、そこには確実に一つに重要なポイントがあり「恋人」というキーワードがあることが分かりますよね。

ですが、友人同士の付き合いの場合にはどうでしょうか。

異性の友人関係というのは、恋人にとってはとても判断が難しいものです。

恋人がいるのに異性の友人関係を持っている場合、その友人とどのように付き合うのか、また、恋人がその異性の友人関係のことをどう思うのかというのは、頭が痛い問題です。

この「異性の友達」というのがどのようなトラブルを起こすのか、また、異性の友達が「ありか?なしか?」という議論について、ここでは詳しくご紹介します。

恋人の考え方がよく分からないという方も、これからの付き合いについて頭を悩ませている方も、ぜひここで勉強してみてください。

まだまだ終わらない「異性の友達は成立するか」論争

異性の友達は成立するのか、という論争はどこかで聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

この論争はよく見かけるものではありますが、それが終わりを見せる気配はありません。

異性の友達というのは扱いが難しいものですから、それぞれが別の考え方を持っていた場合、なかなか妥協点を見つけるのは難しいものですよね。

それでは、どのような点で異性の友達というのが問題になってしまうのでしょうか。

「異性の友達は成立するか」という論争について詳しく見てみることにしましょう。

友達同士の会話でよく見かける

異性の友達が成立するかどうかという論争自体は友達同士の会話の中でよく見かけるものです。

これは、恋人同士の間での論争ではなく、友達同士の間で行われることが多いものですね。

友達同士の間なら、異性の友達がいてもいなくても、大して問題はありません。

お互いの友達に関係もありませんから、気軽に話をすることができる問題点なのでしょう。

最も、その中でも、全く違う考え方を持っている人が相手の場合には、論争が終結しない可能性が高いですね。

お互いの考え方を理解することはできても、だからと言って自分の考え方が簡単に変わるような話の内容ではないからです。

特に、女性の場合には「生理的に無理な考え方」と思ってしまう可能性もありますから、論理的に理解するということが必要な部分ではないのです。

友達同士の間で議論が白熱している場合、この「異性の友達論争」が原因かもしれません。

恋人同士だとトラブルのもと


恋人同士で「異性の友達がありかなしか論争」が行われないのは、トラブルのもとになるからです。

もちろん、恋人同士で個々の部分をきちんと話し合うことは大事でしょう。

ですが、友達同士のように議論を戦わせるようなことにはなりません。

議論を戦わせるようなことになった場合には、恋人同士の場合、関係性にまでひびが入ってしまう可能性が高いからです。

そこの部分を分かっているので、自分の考え方を押し付けたり、議論をしようとしたりはせずに、相手と妥協点を見つけようとするカップルは多いですね。

成立する派と成立しない派が付き合うと厄介

恋人同士の間でトラブルになるのは、特に異性間の友達関係が「成立する派」と「成立しない派」に分かれてしまっている場合です。

どちらがどちらであったとしても、異性間の友達が許せるか許せないか、極端な立ち位置にいますので、なかなかそこの部分で分かり合うことはできないでしょう。

異性の友情関係が成立すると思っている方は、どうして自分の友人関係を理解してくれないのかと思いますし、異性の友達が成立しないと思っている方は、浮気の心配で不安が多いでしょう。

表面上は妥協した様子を見せていたとしても、実際はお互いに火種を抱えてしまっているので、トラブルが起きやすい状態にあると言えるのではないでしょうか。

異性の友達が多いと嫉妬につながることもある

異性の友達が多いということは、それだけ相手が自分に対して嫉妬をすることが多くるということでもあります。

異性の友達が多ければ多いほど、彼らと深くかかわる機会も多くなるのですから、異性の友情が成立すると思っている人であってさえも、嫉妬してしまうのは止められないのではないでしょうか。

異性の友達が多いことで嫉妬されるのは、嫉妬される方としては気持ちが良いものかもしれません。

嫉妬されているということは愛されているということでもありますからね。

ですが、嫉妬する方としてはたまったものではありません。

異性の友達が多いことで嫌な気持ちをすることが多いのなら、それだけで恋人同士としての信頼感や恋愛感情が消えてしまうこともあるのではないでしょうか。

あなたは異性の友達はアリ?ナシ?

あなたは異性の友達はありでしょうか、なしでしょうか。

これは人によって完全に異なるものなのではないでしょうか。

同性同士であったとしても、答えがはっきりと分かれてびっくりするということもあるかもしれません。

この異性との交遊関係についてははっきりとした答えを持っている人が多く、それも、極端な考え方の人が多いように思えます。

あまり「どちらでも良い」という人は見かけませんよね。

なぜそう思えるのでしょうか?

基本的に、違う立場に立っている人のことは理解をしがたいものです。

特に、男女間の恋愛関係や友情関係と言ったものは、理論的に理解するというだけではなく、感情的にも理解をしなければいけない部分なので、違う管変え方を持っているという人を完全に理解するのは難しいものですよね。

さらに言えば、その考え方に寄り添おうと思うのは、できないという方が多いのではないでしょうか。

最も、なぜ相手がそのような考え方をしているのかが分かれば、完全に理解することはできなかったとしても、相手の気持ちを想像することができるはずです。

また、どうしてそのように二分された考え方が生まれているのかということについても、想像してみると、少しは相手のことを理解できるような気持ちになることができるのではないでしょうか。

異性の友達アリナシは環境や価値観で決まる

異性の友達がありかなしか、という問題ン関しての考え方を決めるのは、その人の育ってきた環境は価値観が大きく出るでしょう。

その人の周りに「異性間の友達がありだと思う人」が多いのなら、その人たちの考え方に感化されているだけかもしれません。

または、自分の中に確固たる信念や考え方がある可能性もありますし、考え方の背景もかなりばらばらなのではないでしょうか。

その人の育ってきた環境に根差した価値観というのもそう簡単に変えることができないですから、そう言った人が二人で付き合い始めると、確かにトラブルになってしまってもおかしくはないのかもしれません。

異性の友達がアリな場合・ナシな場合それぞれの特徴

異性の友達がありかなしか、というのは議論になるだけあって、それぞれにきちんと理由があります。

理由もなしに「異性との交遊関係はありだ、だってそうしたいから」「異性との交遊関係はなしだ、だってそれが当たり前だから」というのでは、恋人を納得させることはできないでしょう。

また、恋人の気持ちを理解することもできないはずです。

異性との交遊関係を禁じるというのは、理由があってそうするはずなのです。

きちんとその理由が分かれば、相手と歩み寄ることもできるかもしれません。

必ずしも相手の言い分を理解する必要はないかもしれませんが、理由を知っておくことは大切ですよね。

ここでは、異性の遠田地があり、なしと考える理由、そして特徴を5つずつ見てみることにしましょう。

異性の友達がアリな場合


異性の友達がありだと考えている人の場合には、いったいどのような理由でそう考えているのでしょうか。

異性との交遊関係に厳しい人からしてみると、どうして許されるのかが分からない異性の友達ですが、それを許してしまうことができるような状況というのも確かにあります。

異性の友達が許されるというのは実は、あまりありません。

許してくれたとしても、それは嫌々ということもありますよね。

まずは、異性の友達がありだと考えている人の理由について見てみましょう。

異性との交遊関係で恋人と喧嘩をすることが多いという方は、せめて「あり」だと考える理由が分かれば、少しは気持ちがマシになるかもしれません。

異性の友人が当たり前な環境にいる

異性間の友情がありだという考える一つの理由としては、異性の友人がいることが足り前の場所にいるということが多いのではないでしょうか。

男女比がかなり偏ったところにいるのだとすれば、それだけで友人関係も男女比が偏った状態になってしまいますよね。

誰もが環境を選ぶことができるわけではないですし、異性の友人がいないことの方がおかしい環境というのも確かにありますよね。

異性の友人が当たり前の環境にいるときには、確かに、全てを禁止してしまうと、相手がかなり苦しい思いをすることになってしまうかもしれません。

また、異性の友達との交流を禁止された段階で生活ががらりと変わってしまうということもありますので、その場合には、異性の友人との交流関係は確かにありなのかもしれません。

また、環境的に異性の友人が当たり前な男女比の偏りがなかったとしても、趣味で作ったグループの中に異性がいることはよくありますし、友人が同性同士であることにこだわりがない人だとすれば、異性の友人がいないと言う方がおかしいかもしれませんね。

グループ内恋愛なら特に当てはまる

グループ内で恋愛が始まったような場合には、異性の友人がいてもおかしくはありませんし、異性間の友情関係が成り立つという考え方でもおかしくはないでしょう。

男女のどちらも含めたグループの中では、良く恋愛関係が成り立っています。

元々、他の男女も含めた友人同士のグループの中で付き合いがあったのですから、付き合い始めたからと言って異性との交流を禁止する方がおかしいでしょう。

お互いがどのような環境にいたかが分からない状態で始まった交際であるのなら、確かに異性間の友情についての考え方が割れるかもしれませんが、付き合い始めたからと言ってグループ内での友情関係にも歪みが生まれてしまうのはおかしいですよね。

家族ぐるみの付き合いの異性の幼馴染がいる

家族ぐるみの付き合いの異性の幼馴染がいるような場合にも、異性間の友情関係がありだと思っている人が多いのではないでしょうか。

そもそも家族ぐるみでの付き合いなので、兄弟のような感覚になってしまって、友人という想いも抱いていないかもしれません。

当たり前のように家族としての付き合いがあるような感覚なので、異性間の友情がなしだと思っている人の考え方がよく分からないでしょう。

家族ぐるみでの付き合いというのは難しく、たとえ付き合いをやめようと思っていても、家族としての付き合いがあるのなら、そう簡単に交流をやめることなどできませんよね。

だからこそ、異性の幼馴染というのは排除しにくいものですし、ある意味で一番近いところにいる異性との付き合いをやめていないのですから、それより希薄な異性の友人関係をわざわざ辞める必要はないと思っている人も多いでしょう。

しかし恋人は我慢している場合が多い

家族瑠組の付き合いのような場合には、たとえ恋人が「異性間の友人関係はなし」だと思っているとしても、認めざるを得ません。

家族ぐるみであるのなら、恋人がその幼馴染と交流することをやめたとしても意味がないからです。

また、恋人の家族に悪く思われるのは嫌だと考えている人もいるかもしれません。

ですが、だからと言って完全に認めているわけではないということは覚えておいた方が良いかもしれませんね。

異性間の友情がなしだと思っている人にとっては、家族ぐるみの付き合いがある幼馴染など、一番いてほしくないタイプです。

自分よりも恋人の家族になじんでいるような相手は、できる限り排除したいと思っているはずなのです。

認めてくれていると言っても、かなり我慢しているということは覚えておいた方が良いかもしれません。

自分にとっては兄弟のような間柄であったとしても、恋人にとっては「自分の恋人と必要以上に親しくしている幼馴染」以外の何物でもないのです。

恋人ができて、その恋人が異性間の友情関係を為しだと考えている様子なら、それまでの幼馴染との付き合いは少し考え直した方が良いかもしれません。

恋人の優しさに甘えすぎないことが前提

恋人は基本的に相手に対して優しくしようとするものです。

また、相手の家族にも良い印象でいたいと思っているものです。

家族として付き合っているような相手の幼馴染であったとしても、恋人にしてみるとただの恋敵のようになっているのではないでしょうか。

ただでも、異性間の友情関係というだけで認めがたいというのに、家族ぐるみでの付き合いのある異性の幼馴染など勘繰ってしまってもおかしくはない存在です。

それでも、その付き合いを許してくれているのだとすれば、それは恋人の優しさだと言えるでしょう。

その優しさに甘えすぎずに、恋人ができた場合には異性の幼馴染との関係を見直してみることが必要です。

それでも幼馴染がべたべたしてくるようなら、自分が気づいていないだけで、かなりおかしな関係になっているということなのかもしれませんね。

恋人や配偶者に紹介済みで仲良くなっている

異性間の友情関係であっても、比較的穏やかな関係であるというのは、もう既に恋人や配偶者に照会が住んでいるというような状態です。

また、自分の恋人と異性の友人が仲良くなっているような様子なら、それは確かに異性間の友人関係がありだと思ってもおかしくはありません。

最も、自分の恋人が本当には相手に対してどのようなことを思っているかは分かりませんが、少なくとも険悪な関係でないのだとすれば、その友人との友人関係を続けても認められるでしょう。

明らかに恋愛対象外な異性の友達

明らかに恋愛対象外内政の友達であるのなら、異性間の友人関係が認められやすいですし、また、それがありだと思っていてもおかしくはないですね。

例えば、その異性の友達が同性愛者であるような場合も、恋人とその異性の友達の間には恋愛関係というものが生まれないと考えられますので、認めやすくなるのではないでしょうか。

また、その友人に熱愛中の恋人がいるというような場合にも、第三者から見て分かるほどの熱愛状態なのだとすれば、恋人と異性の友人の間での恋愛関係はないだろうと考えられますので、その間の関係を認めやすくなります。

中には、友人として付き合うには良いけれど、恋人にするのはちょっとという異性の友人もいるでしょう。

そう言った人とは、恋人がいても友人として付き合っていきたいものですよね。

その「恋愛対象外なところ」を恋人にも認めてもらうことができれば、その異性の友達との関係も続けていくことができるでしょう。

必ず複数人で遊ぶ学生時代などの異性の友達

複数人で会うときには遊ぶけれど、一対一では交流をしないというような友達もいますよね。

そう言った、複数での付き合いしかない相手の場合には、その交流が認められることもよくあるでしょう。

必ず複数人でしか合わないので、そこの間に恋愛関係が生まれることがないと考えられるからです。

学生時代の異性の友達には同性も異性も混じっていることがほとんどだと思われますが、だからこそ、相手の交流関係を禁止することはできないと思っている人もいるでしょう。

また、グループ間での付き合いなのだから、そこまで気にしないでほしいと考える人も少なくないのではないでしょうか。

2人きりで会うことが絶対にない

複数人での付き合いだからこそ認めるというのは、異性間の友人関係を認めるかどうかの中ではボーダーラインの一つとなります。

二人きりで会うことがないからこそ認めているのです。

異性の友達がなしだと思っている人にとっては、どんな友達であったとしても、二人きりで会うのは認めないということが多いでしょう。

複数人で会っているときに認めてくれているから、と言って二人きりで会おうとするのは話が違うので気を付けてくださいね。

異性の友達がナシな場合

異性の友達はナシだと考えている人もたくさんいます。

仕事の同僚であれば仕方がないけれど、異性の知り合いならまだしも、友人として持っているだけでアウトだと考える人もいるのです。

これは一見すると厳しい考え方のように思えますが、実はその理由を見てみると、それほど厳しいことを言っているわけではないことが分かります。

異性の友達がナシだと言われるとかなり苦しいと感じてしまう人もいるかもしれませんが、まずは、どうして異性の友達がなしであるのかという理由について聞いて見ると良いでしょう。

意外と納得できる答えが返ってくるかもしれません。

まずは、以下に挙げる理由を見てみてください。

すでに結婚している

すでに結婚している場合には、独身時代とは違う制約がたくさん生まれることになります。

自分の結婚相手から「異性の友達と遊ばないでほしい」と言われるのは当たり前の話なのではないでしょうか。

結婚してしまうと、独身時代とは異なって、結婚相手への明確な関係が生まれます。

恋人同士の時には書類のない契約をしているような状態ですが、結婚してしまうと明確に法律の下で書類のある契約をすることになります。

結婚相手に対しては誠実にいなければいけませんし、疑いのある行動をして悲しませるのは論外なのではないでしょうか。

すでに結婚してしまった場合には、ある程度の不自由を感じるかもしれませんが、それが結婚するということなのです。

きちんと結婚相手に対しての誠実な行動をとるようにして、同僚であっても友人としての付き合いをしないなどの明確なラインを引くようにしてください。

2人で会うことはもちろんNG

すでに結婚してしまっているような場合には、異性の友人と二人きりで会うのはもちろんNGです。

既婚者と二人きりで会おうとするなど、周囲から誤解されかねない行動となります。

もし、既婚者が異性の友人と二人きりで歩いているところを周囲の人が見たら、「あそこの方、浮気しているのね」と思ってしまうでしょう。

二人きりでの交流は絶対に禁止で、もし交流をするのなら、お互いの配偶者がいるときでなければいけません。

自分の結婚相手を悲しませないようにするというのはもちろんのことですが、結婚してしまった後なのだとすれば、きちんと周囲の目も気にしなければいけないのです。

家庭を優先させなければならない

そもそも、異性の友人と二人で会おうとする時間を作ること自体がおかしいでしょう。

結婚したのなら、恋人としてのときとは異なるのですから、家庭を優先させるのが当たり前です。

仮定を優先させることをせずに、自分の友人関係を優先しているのであれば、それは同性の友達であったとしても認めがたいと思っている配偶者は多いでしょう。

きちんと自分が結婚しているという事実を自覚していれば、そう簡単に異性の友人との交流をしようとは思えないはずです。

自分の立場が明確に変わってしまったのだということを、きちんと頭に置いて行動をすることが必要になりますね。

家庭をきちんと優先させることを考えてください。

恋人の嫉妬心が強く束縛が激しい

恋人の嫉妬心が強く、さらには束縛が激しいという場合にも、異性の友人との交流はNGだと考えてしまうでしょう。

自分が駄目だと考えているというよりも、恋人の考え方に合わせなければいけないので、NGになってしまうという理由が大きいのではないでしょうか。

自分の行動が束縛されているので、そもそも交流しようにもその手段がなくなってしまったという人もいるかもしれませんね。

あまりにも束縛されているような場合には、恋人間でのDVに当たるような場合もあります。

このような場合には、恋人との関係を見つめ直した方が良いでしょう。

ですが、軽い焼餅のような場合には、毎回のように嫉妬されるのが面倒くさいので、自分から異性の友達との交流を絶ってしまうというケースもありますね。

異性関係でトラウマを経験している

異性関係でトラウマを経験しているような人は、異性の友人との交流を絶対に嫌だと思っているのではないでしょうか。

相手に浮気された経験のある人などは、新しい恋人がそのようなところがないと分かっていても、トラウマが消えずに相手の行動を制限してしまうのです。

異性関係でのトラウマでは、人間不信になってしまうことがありますから、そんな恋人を持った人の場合には自分から行動を制限して安心させてあげた方が良いのではないでしょうか。

過去には異性間の友情がありだと思っていた人であっても、異性間でのトラブルがトラウマになると、ガラッと考え方が変わることがよくあります。

自分の恋人が「異性間の友情は絶対にダメ」だと思っているのなら、その理由を聞いて見ると良いかもしれません。

意外と、トラグルに根差した深い理由があるかもしれませんし、そのような状態では、自らの友人関係を優先する必要はないと思えるのではないでしょうか。

浮気がバレたことがある

浮気がバレたことがあるという人の場合には、異性間の友人関係を自ら排除してしまった方が良いですね。

そもそも、異性間の友人関係があるからこそ、浮気をしようという気持ちになったのです。

恋人が許してくれたとしても、その恋人が完全に相手のことを信用しているわけではありません。

相手が浮気していたという事実は絶対に消えないですから、どこか、自分の恋人のことを不信感を持って見つめているに違いないのです。

浮気がバレた経験がある人は、すぐにその事実を忘れてしまうのではなく、異性間の友人関係を絶ってきちんと恋人に向き合うようにしてください。

そもそも、浮気していたことがバレたのに、いつまでも付き合い続けていることの方がおかしいのです。

恋人がいきなり「異性間の友情関係はNG」という考え方になったからと言って、そこで相手のことを責めるような子とはしないでくださいね。

誠意として異性の友達関係は控えるべき

異性間の友情関係を絶つことは、自分の友達関係の中では大きいかもしれません。

ですが、恋人に浮気していたことがバレたのなら、誠意を見せるためにもそれくらいのことはするべきですよね。

友人関係は一生ものだと言っていい逃れようとしても、恋人に対する食材にはなりませんし、恋人からの不信感は一生消えないでしょう。

浮気をしたということは、恋人からの信頼をすべて失ったということにもなります。

きちんと誠意を見せなければ、恋人が許してくれることはありません。

浮気がバレたことがあるのにいつまでも異性間の友人関係を続けて許されると思っている方がおかしいですね。

異性の友達、改めてあなたはどう思いますか?

いかがでしたか?
異性の友達については扱いがとても難しいところであるのは間違いないでしょう。

恋人がどのようなスタンスかというのももちろんですし、自分が恋人にどこまで許すのかということも問題になりますよね。

「異性の恋人があり」だと考えている人の考え方ももっともですし、「なし」と考えている人も正論だと思ってしまう方もいるでしょう。

もちろん、最後には恋人の考え方に合わせるというのが一番です。

どんなに正論を振りかざしていても、恋人が嫌がっているのなら、その正論は振りかざす意味がなくなってしまうからです。

どうしても自分の考え方を貫きたいと思っている方は、恋人と妥協点を探すしかないでしょう。

最も、一番トラブルがなく解決できるのは「厳しい方に合わせる」という方法ではありますが、お互いに納得できる方法であればそれが一番です。

一番避けなければいけないのは、恋人には許さないのに自分には許すというダブルスタンダードです。

そのようなことをしていては、恋人の心が離れて行くばかりとなりますので、気を付けなければいけませんね。

一歩間違えばただのトラブルの元となりかねない「異性の友人」は、扱いに慎重にならなければいけません。

特に付き合い始めのころには、しっかりとそのスタンスについて話し合うことにした方が良いのではないでしょうか。