女性にとっては髪は命と言われていますよね。

髪型によって受ける印象もかなり変わりますから、どのような髪形にするかというのはとても大切なものです。

髪型のチョイスは人に与える印象も変えますし、自分のアイデンティティを表すものでもあります。

そんな髪型だからこそ、自分が一番きれいに見えるような髪型を作ろうと女性は頑張るのでしょう。

もちろん、女性が一番に迷うのは自分の髪の毛を長くするのか、それともショートにするのかということでしょう。

そして次に迷うのは、自分の前髪をどうするかなのではないでしょうか。

前髪を作るのと作らないのでは、かなり顔の印象が変わってしまいますよね。

さらに言えば、その前髪の雰囲気で顔は変わるはずです。

特に自分の顔の形にコンプレックスがある方は、その二つを変えるだけでコンプレックスが隠れるということもあるので、髪型を考えるときにはかなり悩むのではないでしょうか。

ここでは、丸顔の人が似あう髪型、特に前髪について見てみることにしましょう。

丸顔の人の前髪はどのようなものが似合うのでしょうか。

️丸顔に似合う前髪を決める!

 丸顔の人にはいったいどのような髪形があるのでしょうか。

丸顔の人の場合には、自分の顔の形がコンプレックスとなっている人多く、できるだけ丸顔が目立たないようにしようと思っている方が多いものです。

そのために、そういった輪郭の人が髪型を変える場合には、まずは自分の顔の欠点を隠して、顔の良いところを目立たせるようにしなければいけません。

最も、丸顔と言っても人によって印象は異なりますし、自分のなりたいイメージによっても選ぶべき髪型は異なっているはずです。

ですが、それでも、丸顔の人と前髪の印象の結びつきが大きいのは同じでしょう。

丸顔の人は、前髪を変えることでかなり印象が異なりますので、自分のなりたいイメージと自分の顔の欠点・長所をきちんと考えて丸顔に似合う前髪を探してみてください。

️丸顔ってどんな顔?


 髪型を決める前に、自分に似合う髪型を見つけるためには自分の顔立ちについて詳しく知っていなければいけません。

自分の顔立ちの欠点も特徴も知っていなければ、自分の顔立ちを最大限よく見えるようにしなければいけないのです。

自分の顔立ちの欠点はあまり知りたくないかもしれませんが、きちんと自分の顔を見つめて、特徴を分かっておくようにしましょう。

その上で、どの部分を活かすのか、どのようなイメージの顔にしたいのかなどを考えなければいけないのです。

髪型を考える前に、まずは自分の顔について知っておくことが必要ですよね。

それでは、丸顔の特徴というのはどのようなところにあるのでしょうか。

丸顔の特徴については曖昧に「何となく顔が丸い」という特徴しか知らない人の方が多いからでしょうから、しっかりと詳細に自分の顔について見てみてくださいね。

輪郭が丸い

 丸顔の人の特徴の大きなものとしては、何よりも輪郭が丸いというものがあるでしょう。

顔の輪郭が全体的に丸くなっているので、それが丸顔と呼ばれてしまう原因です。

丸顔の原因としては、頬に肉がついているからというものもあれば、全体の骨格が丸いからというものもあります。

全体的に顔の骨格がシャープなものでなければ、丸顔の印象からは離れることができないでしょう。

痩せているか太っているかということが問題なのではなく、輪郭が全体的に丸いので、そこはどうしようもないところですね。

全体的に顔の輪郭丸いというのは、頭も含めて丸いというイメージですね。

顎が尖っていない


 丸顔の人は顎が尖っていないという特徴があります。

もちろん全体の顔のイメージが丸いのですから、顎が尖っていないのは当たり前と言えるかもしれません。

これは、全体的に顔の肉付きが良いからというだけではなく、輪郭がそもそも丸いからだと言えますね。

もちろん、丸顔の人でも全体的に本当に正円のように丸い人もいれば、全体の印象が何となく丸いだけという人もいます。

全体的に正円のように丸い人は、そもそも顔の肉付きが良いところがあるかもしれません。

ですが、痩せたとしても顎が尖っておらず、骨格を変えることができなので、丸顔の印象は抜け出すことができないでしょう。

特に、顎が尖っていないというのは、丸顔のイメージを作り出す大きな要因となっていそうです。

全体的に輪郭が丸いというのは変わりがないので、あまり顎が出ていなくて、そして尖ってもいないという方は、骨格が原因の丸顔ということになりますね。

頰がふっくらしている

 丸顔の人は、どこか頬がふっくらしているような印象もあるでしょう。

これは骨格の問題ではなくて肉付きの問題ですね。

特に若いころはなかなか顔の肉が落ちないので、頬がふっくらして全体的に丸い印象が強くなってしまっているのではないでしょうか。

頬のふっくらしているような様子は、骨格による全体的な丸顔を、さらに立体的に丸く見せるような効果を持っています。

また、頬がふっくらしているせいで、全体的に少し太っているように見えてしまうこともありますね。

頬の部分の肉付きの良さというのはそう簡単に変えることができませんので、若いころにはその全体の丸い印象がコンプレックスという人もいるのではないでしょうか。

縦幅と横幅がほぼ同じ

 丸顔の人の場合には、ただ単に全体の輪郭が丸い、頬の肉付きが良いというだけではありません。

特徴の一つとして縦幅と横幅が同じくらいであるというものがあります。

もちろん前髪を上げたときの顔の全体の印象ですが、額から顎までの距離と、耳から耳までの距離が大体同じくらいなのです。

そのせいで、全体的に正円を描いているように見えるのでしょう。

少し比率が違っていると正円のようには見えませんが、同じくらいになっているので、全体的に円の印象ができてしまうのです。

顔を見たときにとてもバランスが良い顔立ちではあるのですが、縦幅と横幅が同じくらいであるために、全体的に丸い、そしてバランスの良い正円であるというイメージになるのではないでしょうか。

童顔に見える

 童顔に見えるという特徴もありますね。

全体的に可愛らしいイメージのある人が多いですね。

小さい子の場合には、肉付きのおかげで丸顔になっている子が多いものです。

成長すると面長になっている人も、卵型の顔立ちになる人も、全体的丸いイメージなので小さい子の持っているような可愛らしさから抜け出すことができない印象になってしまうのです。

いつまでたっても大人っぽい顔立ちにならないというところが悩みの種となってしまいそうですよね。

丸顔であるということ自体が可愛らしい顔立ちであるということのタグ付のようになっているので、丸顔である以上はそこから逃れることができないので、それがかなりのコンプレックスのように感じてしまう人は少なくありません。

小顔に見える

 これは丸顔の人の中でも意見が分かれてしまうかもしれませんが、全体的に小顔である印象の人も多いですね。

顔の横幅と縦幅が同じくらいなので、どちらの幅も小さい人の場合には、全体の顔が小さく見えてしまうのです。

最も、どちらの幅も大きめという人もいますから、それは人によって異なりますが、全体的に丸顔であるせいで顔が小さく見えてしまうという人もいるでしょう。

特に前髪を作っているような場合には、顔の面積が小さくなってしまうのでさらに小顔に見えるのではないでしょうか。

小顔で全体的にかなり顔が小さくなっているのに、頬に肉付きがあるような場合には痩せて見えないというところもありますね。

️丸顔の髪型を考えるポイント

 丸顔の髪型を考えるポイントとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

丸顔の髪型を考えるときには、どのようなことをすれば良いのでしょうか。

丸顔の場合には、髪の毛の印象でかなり全体の印象が変わってしまいますので、髪型を決めるときにも、しっかりとポイントを押さえておくことが大切ですね。

なりたいイメージを考える

 丸顔に似合う髪型を考えるときには、自分の好きな髪形をすぐに選ぶのではなく、なりたいイメージをまずは考えた方が良いですね。

ヘアスタイルの本を見て自分の雰囲気を決めるのではなく、なりたいイメージを決めることが大切なのです。

自分のコンプレックスの部分を隠したいというようなものでも良いですし、全体的に「大人っぽくなりたい」「この服が似合うような女性になりたい」というような具体的なものでも構わないでしょう。

これらの明確なイメージを持っていることで、必然的に選ぶ髪型が決まってくるはずです。

これが決まっていなければ、なかなか自分に合う髪型を決めることはできないでしょう。

自分のなりたいイメージがしっかりとしている人は、その次にようやく、どのような髪形でイメージを実現することができるのかを考えてみましょう。

美容師さんに相談するのも良いですが、美容師さんとイメージが異なってしまうと大変ですから、全てをお任せするのではなく、ある程度は自分でも決めておいた方が良いでしょう。

丸顔を解消したい場合

 まず、丸顔を解消したい場合の髪型について見てみることにしましょう。

丸顔の人にとっては、それを解消するというのは難しい話ではありますよね。

丸顔であるという特徴はそう簡単に変えることはできないものです。

実際に丸顔であるという事実は同じなのですが、それをいかに印象を薄れさせるかというところがポイントになりますよね。

丸顔の特徴についても考えて、その特徴を消すような髪型にしてあげることが大切です。

それにはいくつかのポイントがありますから、その中から自分の顔に合うものを選んでみると良いでしょう。

縦ラインを意識する

 丸顔の印象を薄れ冴えるような髪型をする場合には、まずは縦ラインを意識することが大切です。

縦のラインをきちんと作ってあげれば、丸顔の印象は少なくなるでしょう。

丸顔の特徴の一つには、縦幅と横幅が同じくらいであるというものがありました。

これをわざとゆがめてあげることで、少し丸顔の印象がなくなるのです。

縦に視線が流れるような髪型を作ってあげることで、縦幅が少し長く感じるようになりますから、丸顔だとは思われにくくなるのです。

メイクなどでも縦のラインを意識することが大切ですが、髪型でも視線が流れるようなポイントを作ってあげると良いでしょう。

視線を分散させる

 視線を分散させるということも大切ですね。

丸顔の場合には、綺麗な声援を描いていればいるほど、その形に目が向いてしまい、全体の丸顔の印象がとても強くなってしまうのです。

それを避けるためにも、視線を分散させてあげるような特徴を作ることが大切です。

例えば視線が完全に中心に集中しないように、髪の毛を遊ばせるようにすることも良いですね。

全体的にストレートにしていたり、あまりにもまとまりのある髪型にしていると、全体のイメージが集中してしまうので、丸顔だという全体の印象が強くなります。

視線を分散させるような髪型を作ってあげて、さらにはメイクの力も借りて全体的に注意を分散させることができれば、「丸い!」という印象はなくなるのではないでしょうか。

ひし形を意識する

 ひし形を意識するということも大切なのではないでしょうか。

これは、顔で作るというよりも髪型できちんとひし形を作ってあげるのです。

前髪を2:8くらいで分けてあげて、さらには端が少し跳ねているようにすれば、顔の面積で作っている図形がひし形になるでしょう。

これは小顔に見える髪型なので、ぜひ丸顔の方は行ってみてください。

童顔を解消したい場合

 童顔を解消したい場合にも髪型はきちんとポイントを考えておく必要がありますね。

童顔の場合でもメイクで大人っぽさを演出することができますが、やはり、髪型でもその大人っぽさを作ることが大切なのです。

大人っぽい髪型というのは全体の印象としてすぐに変えることができますので、童顔を解消したい時には髪型をきちんと考えるようにしてください。

また、ベースの髪型を大人っぽくするのには限界もありますから、その限界を超えるためにも自分でヘアアレンジを練習するなどの努力の必要があるかもしれませんね。

大人っぽさを意識する

 童顔の方の場合には、やはり髪型を考える際にも大人っぽさを意識するということが大切です。

大人っぽい髪型をしていると、やはり全体の印象がぐっと変わります。

大人っぽいところがあればあるほど、少し年齢が上に見えますので、まずはベースの髪型の作り方で大人っぽさを出してあげてください。

ただし気を付けなければいけないのは、丸顔の人が元々は童顔であるというところです。

元々が童顔なので、丸顔の人はあまりにも大人っぽい髪型をしていると、アンバランスさが目立ってしまうということが多いでしょう。

あまりにもアンバランスになってしまうと、髪型だけが浮いているように見えます。

これは端的に言うと「似合っていない」ということになりますね。

それでは髪型のチェンジが失敗しているということになるので注意してください。

大人っぽさを意識しながらも、自分の顔の幼さとバランスが取れているようにしなければ、髪型だけが浮いてしまうものです。

ヘアアレンジで雰囲気を変える

 大人っぽさを出すためには、ヘアアレンジをすることも必要でしょう。

ただ髪を下ろしているだけでは、子どもっぽい雰囲気が消えることはありません。

ただし、ヘアアレンジをしていると、その印象が薄れるのではないでしょうか。

例えば、少し髪を巻いてあげるだけでもだいぶ大人っぽい雰囲気になるはずです。

現在流行しているような「ゆるふわ巻き」をしていると、少し年齢が上に見えてくるものなのです。

さらには、色々な編み込みのアレンジをしてアップスタイルにすると、さらに都市が上に見えるのではないでしょうか。

アップスタイルは、昔のイギリスの上流社会などでは、ある程度の大人にならなければ許されない髪型でした。

だからこそ、きちんとまとめ上げていることで大人っぽい雰囲気を出すことができるのです。

少し遅れ毛を出してあげるなどのこなれ間を演出していれば、さらに雰囲気が変わったように思われるのではないでしょうか。

ベースの髪型だけではなく、少し自分の工夫で髪型を変えることも必要ですね。

️丸顔さんに似合う前髪7選

 丸顔さんの場合には前髪の印象でも、全体のイメージが変わってきます。

丸顔の場合には顔の面積や縦幅や横幅が全体の印象を決めているので、それらをきちんと意識して前髪を作ってあげる必要があります。

前髪はただ単に下ろしているだけでと思われる方もいるかもしれませんが、実際には丸顔に似合う髪型にはいくつか種類があります。

自分でアレンジしてみるのも良いですし、それらを実現できるようなベースの前髪に切っておくことも必要です。

自分で前髪を変えるような場合には、ある程度のバリエーションを持っていると、毎日のように印象を変えることができて楽しいかもしれませんね。

ここではいくつかの前髪のバリエーションをご紹介するので、ぜひ勉強してみてください。

また、自分に合うものを見つけることができるように、色々なものを試してみると良いですよ。

厚み前髪

 丸顔さんに似合う前髪の一つ目としては、まずは厚みのある前髪がありますね。

厚みのある前髪の良いところは、顔の額の部分が完全に隠れてしまうというところでしょう。

額の部分がはっきりと全部隠れてしまうと、顔の印象はかなり変わりますよ。

丸顔の顔の面積が変われば、縦幅と横幅の比率もいつもとは違うように見えますので、丸顔の印象も少なくなるでしょう。

集めの前髪を作るときには、全体の印象が重くなってしまうということが心配ですから、その髪型に合わせて、全体の髪型も決めなければいけません。

また、集めの前髪の場合には長さも決めておく必要がありますね。

いわゆる「きちんと前髪がある」髪型ですから、そこの部分が綺麗に見えるように、きちんと朝にはセットするようにしてください。

そうすることで、常に綺麗な前髪でいることができるでしょう。

センター分け

 センター分けの前髪に吸うという方法もありますね。

完全に固めてしまうのでなければ、縦のラインができますから、丸顔に悩んでいる人でもセンター分けの前髪で丸顔を少し隠すことができるようになるのではないでしょうか。

ただし、センター分けの前髪は似合う人と庭ない人ではっきり分かれますから、自分に本当にそれが合うのかどうかは、きちんと考えてからセットした方が良いと思います。

センター分けの前髪が似合うような人は、横顔に凹凸が綺麗に出ている人、さらに言えば顔のパーツがすべて見えているのに、そのパーツがすべて整っている人だけです。

顔のパーツが綺麗な位置にあり、さらにはそれぞれの形が整っていれば、センター分けの前髪をしていても可愛らしく見えるのではないでしょうか。

センター分けが似合うという丸顔さんにはお勧めの髪型ではありますが、実際にしてみると、かなり難しい髪型であるともいえるかもしれません。

【センター分けが似合う女性の条件は、こちらの記事もチェック!】

オン眉前髪

 オン眉の前髪は現在は自分の眉毛の上で前髪を切ってしまったことを言います。

これはかなりの注意を引きますので、顔全体の丸顔は気にならなくなるのではないでしょうか。

また、直線的なところを入れることで、顔全体の輪郭からくる「丸さ」が、少しは緩和されるはずです。

ただし、ぱっつんの前髪も印象的なものになりますが、オン眉というのは、メイクも難しくなりますし、その人の印象を強くするものです。

全体的にはモダンな可愛らしい雰囲気にはなりますが、なかなか本当に似合う人というのは見つけることができない髪型の一つですから、本当に自分の顔立ちに合っているのかを考えましょう。

シースルーバング

 シースルーバングは軽く作った前髪のことを言います。

しっかりと前髪は作っているのですが、額が見えるようなまさに「シースルー」の状態のことを言いますね。

前髪を作るのは良いけれど、全体的に重く見えてしまうのが嫌だという方は、ぜひこのシースルーバングを作ってみてください。

丸顔さんの場合には顔の面積の比率が変わって見えるような前髪の作り方が良いですが、重いバングだと全体の印象が重くなってしまう可能性がありますよね。

また、丸顔さんは顔がすっきりしているわけではないですから、重めの前髪にすると、シャープな印象がさらになくなってしまうという恐れがあります。

そういったシャープな印象を少しでも作り、スタイリッシュなものにするためにも、ぜひシースルーバングに挑戦してみて下さい。

自分でも着ることができますから、自分でいつも前髪を切っている人でも簡単に行うことができますよ。

かきあげ前髪

 かきあげ前髪も流行っていたので、やって見たことがある方もいるのではないでしょうか。

このタイプの前髪も丸顔さんにはちょうど良いでしょう。

かきあげ前髪というとセクシーなイメージがありますよね。

セクシーで全体的に色っぽい大人の雰囲気を出すことができるはずです。

童顔に悩んでいる方にはぴったりの前髪かもしれません。

また、全体的に縦のラインを作ることができるというのも良いポイントなのではないでしょうか。

丸顔っぽさが消えて大人っぽくなることができるのであれば、丸顔の方は一度は挑戦してみることをお勧めします。

前髪が短いという方でも癖付けをすることでかきあげ前髪風にすることができますから、ぜひ挑戦してみてください。

ぱっつん前髪

 前髪としては、ぱっつんの前髪も考えられますね。

ぱっつんの前髪の場合には、最近ではオン眉なども流行っているようです。

バッサリと直線状に切った前髪の場合にはモードな雰囲気を作るにはぴったりですね。

さらに、厚みのある前髪を作っているときと同様に、顔の面積を変えるような効果もありますから、丸顔の印象を薄れさせることもできるでしょう。

顔全体の雰囲気も変わりますから、ぱっつんの前髪を作ってあげることでイメチェンをするのも良いかもしれませんね。

オン眉の髪型を作る場合には、自分の顔に本当に似合っているのかなども考えてみた方が良いかもしれません。

また、ぱっつんの前髪自体がかなりインパクトのあるものですから、自分の手持ちの服などを見て、有っているかどうかを考えてみてくださいね。

一度替えてしまうと、なかなかぱっつんの前髪を戻すことは難しいですから、自分のイメージに合うのかどうかということは事前に考えておいた方が良いでしょう。

【ぱっつん前髪の男子ウケについては、こちらの記事もチェック!】

ギザギザ前髪

 ぎざぎざの前髪という方法もあるようですね。

この前髪の場合にも、注意がそれてしまうので、あまり自分の顔の丸さは気にならなくなるはずです。

また、ぎざぎざにしているところからも視線が流れてくれるので、全体的に縦の多淫ができるというところからも丸顔さんには良い前髪だといえるかもしれません。

ただし、ギザギザの前髪の場合には、素人がすると「失敗した前髪」のように見えてしまうという危険性もあります。

最初はきちんと美容師さんに切ってもらって、その印象を保つことができるようにしてください。

また、ぎざぎざの前髪を作るときには、その長さに注意する必要もあります。

なさが短すぎても浮いてしまいますし、長すぎても顔が隠れてしまいます。

ちょうど良いポイントを見つけておくことで、うまく丸顔から視線を分散させることができますよ。

️思い切って前髪ナシもアリ

 ここまで、どのような前髪が似合うのかということについて見てきました。

確かに、前髪をきちんと作っておけば、顔の印象を整えることができるでしょう。

顔のサイズが気になっている人でも、顔の面積が小さくなったように感じますので、前髪を作ることで小顔効果を期待することもできるはずです。

ですが、いつでもそうして前髪を作っていると、それはそれで飽きてしまうこともありますよね。

前髪はセットをするのも大変ですし、時には気持ちを変えたいなと思っている方もいるはずです。

そんなときにはどうすれば良いのでしょうか。

そのように前髪の種類に飽きてしまったという方は、ぜひ思い切って前髪をなしにしてみるのも良いのではないでしょうか。

何となく丸顔の人は前髪をなしにするのが怖いという方も多いかもしれませんが、時には気持ちが変わって良いのではないでしょうか。

美容師さんに相談してみれば、意外と自分に似合う前髪なしの髪型を考えてくれるはずです。

大人っぽい印象になる

 丸顔の人が前髪なしの髪型にした場合には、いったいどのような印象になるのでしょうか。

丸顔の人の前髪なしの髪型は、意外と大人っぽい印象のものとなります。

そもそも、前髪なしの髪型にした場合には、どこか大人の雰囲気が出ますよね。

丸顔自体は童顔に見えるものですが、その若干のアンバランスさが、前髪ありの髪型よりも不思議な雰囲気を作り出します。

顔だけを見ると幼い印象があるのに、全体の印象が大人っぽいものとなるので、大人のような雰囲気が出ていながらも少し可愛らしさを残した女性の印象を作り出すことができるようになるのです。

いつもとは異なる雰囲気を出したいと思っているのなら、ぜひ前髪を伸ばしてみると良いのではないでしょうか。

時折はイメチェンをしてみたいと思うはずなので、失敗したと思ったらすぐに前髪を切れば良いのですから、ぜひ挑戦してみてください。

️丸顔さんのヘアスタイルは前髪が決め手!

 いかがでしたか?
 丸顔さんのヘアスタイルの場合には、前髪をきちんと決めておくことが必要になります。

前髪の印象でかなり顔の印象も変わりますから、どのようなものがあるのか、どれがどのような印象を作り出すのかを勉強しておくと良いかもしれませんね。

また、自分の顔立ちがどのような特徴を持っているのかということもきちんと考えなければいけません。

そして、その上で自分がどのような女性に見られたいのかについても、きちんと考えておかなければいけないでしょう。

どこか幼い印象もある丸顔の人の場合には、自分のなりたい印象によって選ぶべき髪型異なるので、そこを間違えないためにも、自分がなりたい印象を決めておくことが大切なのです。

自分では前髪を選ぶことができなかったとしても、それは美容師さんに相談することができますよね。

丸顔さんのヘアスタイルは決めるのが難しいので、どうしてもわからないという方は、美容師さんと一緒に考えてみてください。

自分で選ぶよりも適切な髪形を選んでくれるでしょう。

その際には、なりたい印象や、自分の顔の隠したい欠点を伝えておくと良いのではないでしょうか。

髪型だけでかなり自分の印象が変わりますから、選択を間違えないようにしてくださいね。