私たちが小さい頃、必ず家族が作ってくれたお弁当を食べた記憶があると思います。

例えば、小学校や中学校、そして高校などでお弁当を持参しなければいけない学校であれば食べた経験があるはずですし、運動会などでは家族で昼食を食べたりしていたと思います。

毎日お弁当を食べていた方であれば、毎日同じような味付けで飽きてしまっていた方もいたかもしれませんが、大人になって自分で自炊をしたり、外食が中心になったりしたときに、ふと家族の作ってくれたお弁当や、手料理などが懐かしく感じることなどがあると思います。

そんな私たちにとって思い入れのあるお弁当ですが、一般的にお弁当を想像してみると普通の見た目のお弁当を想像したりすることが多いと思うのですが、最近話題になっているのがちょっと一風変わったお弁当が話題になっています。

どんなお弁当なのかと言いますと、お弁当はお弁当でもかなり工夫された愛情のあるお弁当が話題になっているのです。

そこで、今回は嫌がらせ弁当をテーマにして、嫌がらせ弁当のやり方を詳しくご紹介していきたいと思います。

️嫌がらせ弁当って知ってる?

あなたは嫌がらせ弁当という言葉を聞いたことありますか?

おそらく毎日お弁当を作っている主婦の方であれば聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

小学校や中学校に関しては場合によっては給食などが支給されている可能性もありますので、お弁当を作ったりする機会というのはあまり多くはないのかもしれませんが、高校生なのになると義務教育から外れますのでお弁当を持参しなければいけないという学校はかなり多いと思います。

学生の立場の方からしてみれば毎日お弁当があって当たり前と考えているかもしれませんが、そのお弁当を作っているのはたいてい母親や父親であり、毎日早起きしてお弁当作ってくれているからこそお弁当があるのであって、お弁当があるという事はとても感謝しなければいけない事なのです。

しかしながら毎日お弁当を作ったりするということはかなり根気が必要なことになりますし、実際にお弁当を作っている立場の方からしてみればその大変さがよく理解できると思います。

だからこそ、毎回同じようなお弁当になってしまったり、手軽な食材ばかりが入ってしまって大抵の場合は子供から飽きられてしまうようなお弁当になってしまいがちなのですが、嫌がらせ弁当はそんなお弁当の中でもしっかりと作り込まれていながら、ユニークで毎日飽きることがないような楽しいお弁当なのです。

具体的にどのようなお弁当なのかということについて簡単にご紹介をしていきたいと思いますので、この機会に嫌がらせ弁当がどのようなお弁当なのかということを理解してみてください。

️ネットで話題になった嫌がらせ弁当


嫌がらせ弁当とはどのようなお弁当なのかと考えた時に、これはインターネットで話題になったお弁当の言葉であり、今現在ではインターネットの世界を飛び越えて現実の世界の本屋にまで並んだりするようなレベルまで認知度が上がっている言葉です。

一見すると嫌がらせ弁当という言葉を聞くと悪いイメージを想像してしまいがちかもしれませんが、実際には嫌がらせと言っても愛情のある嫌がらせのお弁当であり、作りこまれたお弁当ということで主婦の間でかなり話題になっているのです。

もともとの発端はある主婦がインターネット上お弁当の画像などをアップし始めたことが発端となっています。

自分が作ったお弁当をインターネット上にアップし続けたことによって、たくさんの方がそれを見てだんだんと知名度が上がっていき、最終的にたくさんの方が真似るようになったといわれています。

ttkkさんの嫌がらせ弁当

嫌がらせ弁当が有名になった発端としてはインターネット上でお弁当の画像をアップしたことが発端になったとご紹介しましたが、そのブログにアップした主婦とはハンドルネームでttkkさんと呼ばれている八丈島に住むシングルマザーのお母さんなのです。

そのttkkさんが個人ブログにお弁当の画像をアップし続けたことが有名になるきっかけであり、そのブログとは「ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」という名前で知られています。

名前の通り嫌がらせのために作ったお弁当の画像をアップするブログなのですが、ttkkさんの人柄とその個性的なお弁当の写真がすぐに広まり、たくさんの方が閲覧するようになったといわれています。

元々2012年の6月から2015年の1月までの間にかけてお弁当の画像をアップし続けており、自分の娘に対してお弁当を作っていました。

しかしながら、なぜ娘へのお弁当にわざわざ嫌がらせをしなければいけないのかと考えた時に、娘が反抗期に入ったということが一番のきっかけなのです。

子供を育てた経験がある親ならばわかると思いますが、反抗期に関してはとても大変な時期で、特にシングルマザーであるttkkさんからしてみればとても大変な時期ですよね。

そんな時期だからこそ嫌がらせ弁当を作ったりすることでコミュニケーションをうまく通わせられたという事も大きいのかもしれませんね。

単純においしいだけではなく、見た目もユニークで楽しい、話題になるようなお弁当だからこそ、話題になり、たくさんの方に魅力的に感じられたのかもしれませんね。

ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログで話題に


「ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」に関しては、かなりの反響を呼んでおり、なぜこれだけたくさんの方に話題になったのかと考えると、毎日個性的なお弁当をアップするということもそうですが、先ほどお伝えしたようにブログの文字などから子供に対する愛情なのがしっかりと感じれるという点がとても大きいです。

また、毎日違ったデザインになっているので、とてもバリエーション豊かで見ているこちらも楽しい気分になったり、飽きない工夫があるからこそ、勉強になりますし、新しい表現方法が知れて楽しいからだといえます。

反抗期の子供とコミュニケーションを交わしたりするのはとても難しいですし、毎日子供のお弁当を作ったりするのはとても大変なので、そんな主婦たちのひとつのモチベーションの高め方でもあり、同じ境遇で頑張っている同じ立場の人間をみることでどこか勇気づけられる部分があったりすることも一つの大きな理由になり得ると言えます。

もしもいま自分の子供に対してお弁当を毎日作っているという方に関しては、ttkkさんのブログなどを見ていただくときっと何か勉強になるようなことがあるはずです。

暖かい気持ちにもなれますし、見ていただくと何か得られるものがあると思いますので、実際に一度確認していただいて、今回ご紹介するお弁当の作り方なども知識として吸収していただくと、より魅力的なお弁当が作れるようになるはずですよ。

️ttkkさんの嫌がらせ弁当の10個のやり方

すでに嫌がらせ弁当はどのようなお弁当なのか知っている方に関しては、ある程度想像を働かせることができるかもしれませんが、まだ嫌がらせ弁当を実際に見たことがなかったりする方に関してはどのようなお弁当なのか全くわからなかったりすると思います。

そこで、ここからはttkkさんが作っていた嫌がらせ弁当の中でもかなり反響が大きかったものをいくつかピックアップして、どのようなお弁当なのかということをご紹介しながら、そのお弁当のやり方などに関してもご紹介していきたいと思います。

今現在子供のお弁当を作っている方の中で、これからもう少し凝ったデザインのお弁当を作ってみたいと思っているような方は参考にしていただくとより魅力的なお弁当が作れるようになりますので、作り方などをこの機会に知ってみてください。

呪いの弁当

まず初めにご紹介するttkkさんの嫌がらせ弁当のおすすめとしては「呪いの弁当」が挙げられます。

呪いの弁当はどのようなお弁当なのかと考えたときに、一見するとかなり怖いようなネーミングになるのですが、実際はそこまで怖いようなお弁当ではなく、まず一般的なお弁当の姿を想像してみた時に、ご飯の箱とおかずの箱に別れると思います。

それぞれ分けられたお弁当のご飯の箱の方に、工夫を凝らしたお弁当になります。

おかずの方に関しては一般的なお弁当とそこまで変わりはないのですが、ご飯の方はまず大きなおにぎりを二つ箱の中に入れた状態で、一つが呪いの貞子の顔になっており、もうひとつのおにぎりが呪いという感じを一文字表しているようになっているのです。

なので、呪いのお弁当といわれており、たくさんの方から反響を呼んでいるお弁当になります。

呪いのお弁当はどのように作るのかといいますと、先ほどお伝えしたようにまず大きなおにぎりを二つ箱の中に入れた状態を作ります。

そして、まず呪いの貞子の顔を作らなければいけませんので、不気味さを演出するために昆布などを使って演出をします。

具体的にどのように作るのかと言いますと、昆布を使って、不気味な貞子の髪の毛を作り上げます。

昆布自体がある程度うねりがあり、長いものになりますので、単純におにぎりの上の部分に乗せるだけで髪の毛を演出することができるようになるのでそこまで難しくはありません。

そして、呪いの漢字が入ったおにぎりに関しては、まず呪いという漢字を作るために乗りを上手に切り取り、その呪いという漢字の周りをご飯がそのまま見える状態にして枠を取って、それ以外の部分をのりですべて作り込むようにすれば呪いという漢字一文字が浮き出てインパクトがあるように見えますので、それだけで簡単に呪いの弁当を作ることができるようになります。

ちょっとこだわったデザインのお弁当を作りたいと思った初心者の方に一番おすすめのお弁当であり、ちょっと時間があれば簡単に作れるようなお弁当になりますので、嫌がらせ弁当にチャレンジしてみたいと思っている方は是非一番初めにチャレンジしてみてください。

食パン弁当

次にご紹介するttkkさんの嫌がらせ弁当のおすすめとしては「食パン弁当」が挙げられます。

食パン弁当はどのようなお弁当なのかと考えたときに、その名前の通り食パンのお弁当なのですが、食パン弁当に関してはとてもアイディアが詰め込まれているお弁当であると言えます。

具体的にどのようなお弁当なのかと言いますと、食パンがまるまるひとつ入ってるよなインパクトがありながらボリュームのあるお弁当であり、食べ盛りの子供などにはとてもおすすめのお弁当などです。

しかしながら、ただ食パンがひとつ入っているような簡素なものではなく、きちんと栄養バランスなどが考えられながら、なおかつ可愛いデザインのお弁当になっていますので、特に女性の方からは好まれるようなお弁当に仕上がっています。

食パン弁当はどのように作るのかといいますと、まずまるまるひとつ食パンを用意していただく必要性があります。

そして食パンを用意していただいた状態で、食パンの片面の部分だけ、4辺のうち1辺を残した状態でそれ以外を切り込みを入れます。

そうすると一辺だけがくっついた状態になりますので、食パンの上の部分が蓋のような状態になりますから、その中に具材などをいれるようにするのですが、食パン弁当に関しては目玉のついたウインナーなどが入っており、そのウインナーがしゃべっているように吹き出しを作って「頑張れ」の文字が入っています。

ウインナーの目玉と吹き出しの部分はチーズであり、私の中の文字に関してはのりを切り取って作られています。

あとは小鉢に食パンに合うようなサラダや卵などを飾っておけば完成となります。

ちょっと一手間かかる中級者向けのお弁当になるかもしれませんが、慣れてくればそこまで時間をかけることなく作ることができ、食パンがまるまるひとつ入っていますのでそれなりに食べごたえがあって腹持ちも良いと思いますので、学生にはもってこいのお弁当ですよ。

視力検査弁当

次にご紹介するttkkさんの嫌がらせ弁当のおすすめとしては「視力検査弁当」が挙げられます。

視力検査弁当はどのようなお弁当なのかと考えたときに、その前の通り視力検査をテーマにしてお弁当であり、とてもユニークなお弁当となっています。

視力検査に関してはある程度の年齢になってからは必ず誰しもが経験するようなことになると思うのですが、一般的な方法としてはボードに描かれているようなマークの空きがある部分をあてるという方法になると思います。

そんな視力検査をしっかりとリアルに表現しているお弁当になります。

視力検査弁当はどのように作るのかといいますと、まず視力検査のボードを作るために、土台となるチーズを用意していただく必要性があります。

チーズに関しては四角形のチーズなどがスーパーなどで販売されていると思いますので、それを購入した状態でご飯の上に乗せて、そのチーズの上に視力検査のマークなどを作り上げていきます。

やり方としてはチーズの中でリアルなボードを作っていく必要性がありますので、近くのチーズの中にのりを使って枠組みを作り、その枠組みの一番左の足の部分に視力の元となる数字を作って、その横にその数字に比例した大きさのマークを作っていくだけで簡単に作り上げることができます。

ttkkさんのお弁当に関しては、それ以外にもかなり作り込まれており、ウィンナーに顔をつけて、ウィンナーが喋っているように吹き出しで左という感じを入れて、ウィンナーが杓子で目を隠しているような部分までデザインされて作りこまれています。

ちょっと時間はかかるかもしれませんが、慣れてくるとそこまで時間をかけずに楽しく作ることなどもできますので、お弁当作りが楽しくなりますし、お弁当を開けてみた時に楽しい気持ちになることができますので、家族にお弁当を作ったりする時にはチャレンジしてみてください。

木工用ボンド弁当

次にご紹介するttkkさんの嫌がらせ弁当のおすすめとしては「木工用ボンド弁当」が挙げられます。

木工用ボンド弁当はどのようなお弁当なのかと考えたときに、名前で聞くとそこまで美味しそうに感じないようなお弁当になるかもしれませんが、実際はたくさんの食材が使われてリアルに木工用ボンドを表現している美味しいお弁当であり、蓋を開けた時に木工用ボンドが前面に押し出されているインパクトのあるお弁当になっています。

木工用ボンド弁当はどのように作るのかといいますと、まず木工用ボンドを表現するために、一般的な木工用ボンドのイメージを想像してください。

一般的な木工用ボンドに関しては黄色や白、赤などの色が想像できると思いますので、まずはこの部分にどのような食材を割り当てるのかということを正しく理解する必要があります。

ttkkさんのお弁当に関しては赤色の部分はかにかまを使っており、黄色の部分に関しては薄く焼き上げた卵焼き、そして白の部分に関してはチーズを使って表現されています。

それ以外の文字の部分もそれぞれの色に合わせた食材を切り取って表現されています。

あとは目玉のついたウインナーやそれ以外のバランスの良いおかずなどを合わせてあげれば完成となります。

最初はどのような部分に食材をおいてどのように切り取ったりしなければいけないのかということなどを考えたりしながら作ると、それなりに時間がかかるかもしれませんが、ある程度慣れてくると作ったりするのにそこまで難しく感じたりすることがなくなりますので、これまでにご紹介してきたお弁当を一度作っておけばそこまで時間をかけずに作ることができるはずです。

タモリさん弁当

次にご紹介するttkkさんの嫌がらせ弁当のおすすめとしては「タモリさん弁当」が挙げられます。

タモリさん弁当はどのようなお弁当なのかと考えたときに、その名前の通りタモリさんがテーマにされたお弁当であり、お弁当のご飯の上にタモリさんの顔を見られて作られているウインナーや、タモリさんが喋ってるような吹き出しを作ったり、タモリさんの冠番組の一つのコーナーだったテレフォンショッキングなどの文字を作ったりしているようなお弁当です。

タモリさん弁当はどのように作るのかといいますと、まずメインとなるタモリさんの顔を作らなければいけませんので、これに関してはこれまでにご紹介していたウインナーを工夫して顔を作る工程を考えていただければそこまで難しいものではありません。

ttkkさんはウィンナーの上にのりで作ったサングラスを貼り付けて、タモリさんのような髪の毛ものりで貼り付け、後は鼻と口などを色の違う魚肉ウインナーやかにかまなどを使って作り上げています。

あとはタモリさんが話しているように吹き出しで文字を入れたり、その下にチーズの土台でテレフォンショッキングという言葉をのりで作ったりしています。

タモリさん弁当の一番のポイントとしては、タモリさんも主役ではありますが、タモリさんがしゃべってる吹き出しの部分に「勉強してるぅ?」と嫌がらせのような言葉などを入れたりすることです。

そうすることで、嫌がらせ弁当として楽しめるようになっていますので、相手に伝えたい言葉などをここに書くようにすればコミカルに相手に伝えたいことを伝えられるようになり、子供と良いコミュニケーションを取ったりすることができるようになるはずです。

赤ずきん弁当

次にご紹介するttkkさんの嫌がらせ弁当のおすすめとしては「赤ずきん弁当」が挙げられます。

赤ずきん弁当はどのようなお弁当なのかと考えたときに、その名前の通り赤ずきんちゃんがお弁当のテーマになっており、どちらかといえば嫌がらせというよりかはむしろ可愛いデザインで女性からは絶対に喜ばれるような可愛いお弁当となっています。

赤ずきん弁当はどのように作るのかといいますと、まず一番のポイントがある赤ずきんちゃんを作る必要性があるのですが、難しく考える必要性はありません。

赤ずきんちゃんのまず顔を作って最後にトレードマークとなる赤ずきんを作成するだけで簡単に描くことができるようになります。

やり方としてはまず顔に見立てる必要性がありますので、人間の顔になるように小さいおむすびを一つ作るようにします。

小さいおむすびを作った後に顔を作る必要性がありますので、目玉と鼻と口をのりで切り、貼り付けて顔を作成するようにします。

そして、あとは赤ずきんからはみ出た髪の毛を作る必要性がありますので、これものりで作成しておき、あとは赤ずきんになるように赤いかにかまを載せるだけで出来上がりです。

ttkkさんのお弁当にはそれ以外にも、くまなどの動物なども併せて作られており、ttkkさんはくまを描いています。

くまは赤ずきんちゃんと同様におむすびを作って、後はそれをのりで真っ黒にして、最後にチーズを土台にしてその上にのりをのせて、目玉と鼻と口を作り上げています。

たったこれだけで簡単に可愛らしいお弁当を作ることができますので、小さいお子さんがいる家庭では作れば必ず喜んでくれますので、可愛らしい工夫のあるお弁当を作って下さい。

母の日弁当

次にご紹介するttkkさんの嫌がらせ弁当のおすすめとしては「母の日弁当」が挙げられます。

母の日弁当はどのようなお弁当なのかと考えたときに、これは母の日をテーマにしたお弁当であり、ttkkさんの場合は母の日を忘れられたことによって嫌がらせ弁当を作ったことがきっかけになっています。

一般的に考えると母の日にはカーネーションを渡してたりして、母親に対する感謝の気持ちを伝えたりする日でもありますよね。

それを踏まえて母の日弁当は作られており、母の日にちなんだ工夫がなされています。

母の日弁当はどのように作るのかといいますと、まずごはんの箱とおかずの箱に分けられており、おかずの箱に関してはそこまで変わりはないのですが、ごはんのほうにデザインが行われています。

ご飯の箱に関しては、まず母親の顔を見立てるためにウインナーに昆布を載せて髪の毛を作り、あとは土台でチーズに切り取ったのりで目をつけています。

そして、あとはチーズで土台を作って「随時受付中」という感じを書いて、横に花を作っています。

花を作るのがとても難しく感じるかもしれませんが、花の幹の部分などをのりで作り、先の花の部分を梅干しなどで着色して変化をつければ簡単に作れるようになります。

意外と慣れると簡単にできますが、アイディアとテクニックが詰め込まれた上級者向けのお弁当です。

ミサワ弁当

次にご紹介するttkkさんの嫌がらせ弁当のおすすめとしては「ミサワ弁当」が挙げられます。

ミサワ弁当はどのようなお弁当なのかと考えたときに、地獄のミサワという漫画をテーマにしたお弁当です。

地獄のミサワについて知ってる方はかなり多いと思うのですが、知らない方のために簡単にご紹介をすると、コミカルなタッチで描かれている人間が実際によくある面白い言葉を喋っているような漫画です。

実際にインターネットなので地獄のミサワと検索してみれば様々な画像が出てくるのですが、とても面白い画像がたくさんありますので、それを一度見ていただければミサワ弁当のテーマがすぐに理解いただけるはずです。

では、ミサワ弁当はどのように作るのかといいますと、まずポイントとしては地獄のミサワの特徴的な顔を作り上げる必要性があります。

なので、先ほどご紹介した赤ずきんちゃんと同じように、まず基本の顔となるおにぎりを作るようにしてください。

そして、おにぎりを作った状態で地獄のミサワの特徴である顔のパーツ全てが顔の中心に寄っているようなことを意識しながら、のりで顔をつくりようにしてください。

あとは髪の毛をのりでつくりあげていけばそれだけで簡単に作ることができるようになります。

それ以外のおかずなどに関しては一般的なおかずで問題はありませんので、様々なアレンジをしてきたことがある方ならばちょっと工夫するだけで簡単に作れるようになりますので、比較的中級者向けのお弁当になります。

テスト前日弁当

次にご紹介するttkkさんの嫌がらせ弁当のおすすめとしては「テスト前日弁当」が挙げられます。

テスト前日弁当はどのようなお弁当なのかと考えたときに、その名前の通りテストを控えた日に作られるお弁当であり、テストの前日やることを自分の子供に伝えたりする目的で作られるお弁当です。

テストの前日であることを認識することによって、より勉強に励んでほしいという気持ちを表したお弁当であり、子供からしてみればちょっとプレッシャーがかかってしまうお弁当になるかもしれませんが、常日頃から勉強してほしいという親の気持ちを再認識してくれる良いお弁当であると言えます。

テスト前日弁当はどのように作るのかといいますと、ttkkさんはチーズの土台にのりを切り取ってテスト前日という文字を入れています。

それ以外にはかわいい動物のアレンジなどを加えられており、ttkkさんは鹿を作っています。

鹿の作り方は、まずいなりずしを作り、それを顔の土台にしながら、あとはチーズにのりをはりつけて目や口を作り、ポイントとなる赤い鼻は梅干しやかにかまを押しつぶしたものなどを使えば簡単に実現することができます。

あとはツノの部分をウインナーに切り込みをいれるようにすれば出来上がりであり、ちょっとほかのものに比べると手間はかかりますが、慣れれば苦労することなく作れるようになりますので、かわいい子供にテストを頑張ってほしいと思ったときには工夫してみるとよいと思いますよ。

弁当箱出せ弁当

次にご紹介するttkkさんの嫌がらせ弁当のおすすめとしては「弁当箱出せ弁当」が挙げられます。

弁当箱出せ弁当はどのようなお弁当なのかと考えたときに、まさに母親の気持ちを体現しているようなお弁当であり、食べ終わったお弁当箱をそのままにするのではなく、きちんと家に帰ったら出してもらうようにお願いをしているお弁当です。

毎日洗い物などを行っている主婦の方であれば分かると思うのですが、子供が持ち帰った弁当箱を出してくれなくて、弁当箱のストックがなくなってしまったり、衛生的に悪い状態になってしまうのでとても困ってしまいますよね。

なので、そのような凡ミスを防いでほしいというユニークなお弁当です。

弁当箱出せ弁当はどのように作るのかといいますと、まずポイントとしては怒っている顔を作ることと、後は吹き出しを作って「弁当箱出せ」の文字を作成するだけです。

顔に関してはttkkさんはウィンナーにチーズの土台で目を作り、あとは鼻などをかにかまなどで作ったりして、文字はのりで巻いたおにぎりの上に吹き出しを作って作成しています。

これまでにご紹介してきたお弁当のテクニックを使えばそこまで難しいものではありませんので、後はどのようなことを伝えたいのかということやアイディアなどがあれば簡単に作ることができますので、ある程度作りなれてくれば、普段自分が伝えたい言葉などに置き換えるとアレンジなどもできると思いますよ。

️ある意味愛情が詰まった嫌がらせ弁当でした♪

たくさんの嫌がらせ弁当をご紹介していきましたが、どれも嫌がらせ弁当という名前ではありつつも、たくさんの愛情がこもった素晴らしいお弁当ばかりです。

ちょっと手間はかかるかもしれませんが、その分毎日のお弁当が楽しみになり、自分の子供に対してしっかりと愛情を伝えることができるようなお弁当にもなりますので、かける手間以上のメリットを得ることができる素晴らしいお弁当です。

不器用な方に関しては最初は作ったりするのが難しく感じるかもしれませんが、ある程度慣れてくることによって簡単に作れるようになりますし、自分自身のアレンジ力なども身につくようになりますので、子供に喜んでもらいたいという思いがあるならば是非チャレンジしてみると大切な思い出までも作れると思いますよ。