皆さんの恋人が顔色の悪い時って心配しちゃいますよね。

身体の調子が悪いのではないか?何か隠し事をしているのではないか?などと色々なことを考えてしまうでしょう。

恋人といっても付き合いが長くならなければ、相手の行動や性格もそれほど知っているわけではないので不安な気持ちも出てくると思います。

そして、自分が心配で声をかけたときに相手の反応がいつもとは違う時ってありませんか?

なんだかキョドってるような隠し事をしている感じの時ってありますよね?

変に愛想笑いなんかするとますます怪しいって思っちゃいますが、そういうときは自分の気持ちも落ち着きません。

恋人でも自分の知らないことはたくさんあるのですし、自分のことも相手が知らないことは出てきますがキョドるっておかしくないですか?

こっちは心の底から心配しているのに何かを必死になって誤魔化そうとする態度はちょっと許せませんよね。

楽しいデートのはずが相手の態度一つでムカツクようなことになる経験をした人もいるかと思います。

こういった相手の態度って何なんでしょうね?「恋人なんだから困ったことがあれば相談してくれればいいのに」などという気持ちも生まれてきますよね。

そこで今回のテーマですが、顔色が悪い時に相手の態度がおかしかったら疑うべきことについてのお話しになります。

こういう時は相手の自分への気持ちも現れてしまうもので、その態度によっては色々なことを考えることも必要になります。

恋人同士であればお互いに助け合う関係を作り上げていくのが理想的でもありますし、ほとんどの方はそのように思っているはずです。

顔色が悪い時って本当に体調が悪いか、自分に隠し事をしているかのどちらかであるとも言えますよね。

そんな時はこういった事を疑うというのも必要になってきます。

顔色が悪い?!大丈夫?

彼氏でも彼女でも顔色が悪いときはとても心配になります。

どこか具合が悪いのかなどの不安な気持ちになってしまい会っていることを十分に楽しむことができなくなります。

こうした時ってなにかしらの理由というものがあるはずですよね?昨日の夕飯が食べ過ぎたからお腹の調子が悪いとかなど、顔色が悪い原因さえ自分も安心することができますがそうではない時もあります。

声をかけるとなにかビクっとするような態度をとってしまうことはないですか?

こちらには知られたくないようなことでもあるかのように急に態度が変わる時ってありますよね。

こちらは心配だから声をかけているのにやけに慌てているような態度をとられたらこっちまで不安になってしまいます。

こんな時は相手も何かを隠しているのかもしれません。

恋人の顔色が悪いときに疑うこと12個


自分の恋人を疑うなんて嫌という人もいるでしょうが、理由をきちんといってくれなければ恋人の関係って長くは続いてはくれません。

隠し事をお互いに許していたらそれは他人と一緒ですよね?

どんなことでも二人で解決したいと思うのが普通ですし当たり前のことだと思っていたのに相手が何か挙動不審な態度をとったら、もしかすると悪いことをしているのかもしれません。

実際に相手の顔色が悪いときはこういった事が原因になってきますので参考にしてみて下さいね。

体調が悪い

相手も仕事などで疲れているときがありますよね。

休みの日でも疲れが十分に抜け切れていない場合などは顔色も悪くなってきます。

自分が心配して声をかけたときにちょっと態度が違ってくるのはあなたに心配をかけたくないという気持ちが強いからですよね。

休みのデートは前からの約束で、きっと楽しみにしていたのだろうといった気遣いがあると体調が悪いとは言いにくいと思います。

ちょっと我慢すれば良くなることもあるし相手もなるべく普通の態度をしようと努力しているのだと思います。

優しい人って知らないうちに無理をしてくれている時が出てくるのではないでしょうか?

自分よりも相手のことを気遣ってくれる人ってありがたいとも思いますが、恋人が体調の悪さが原因で顔色が悪いとわかったときはすぐに帰って休むようにして下さいね。

そして、お互いに体調などが悪い場合は家で休むことを優先しないといけませんよね。

無理をしてもデートは楽しくありませんし、相手の体調がますます悪くなれば自分も責任感を感じてしまいます。

それはお互い望んでいない結果にもなってくるのでやめるようにしましょう。

顔色が悪くなるほどに体調がおかしいときは安静にしていることが大切になってきます。

もしもそういった事になったら、相手を家まで送ってあげたり休ませるような行動をとりましょう。

また、二度とそういったことはしないように相手に言い聞かせなければいけませんよね。

具合が悪いのに会いにきてくれても嬉しくはありませんし心配する気持ちの方が強くなってしまいます。

恋人だからこそ、こういった体調の変化があったときはきちんと伝えることが大切になってきます。

よろしくないことが起きてる


顔色が悪い時には自分の身に良くないことが起っているような場合もありますよね。

理由はわからないけど次々と変なことが起ってしまい、気分的にも落ち込んでいるかもしれません。

相手もそういった時には言ってくれないとわかりませんよね?

不安な気持ちが強ければデートにも集中できませんし頭の中では良くないことが起る原因などしか考えていないはずです。

こういった場合は相手も相談するということが大切ですし、自分もその解決策などを一緒に考えてあげるようにして下さい。

恋人と言えど言っても良いのかどうか迷ってしまう場合があります。

自分がそのことを言えばせっかくの休日が台無しになってしまうなど、色々なことを考えてしまい言い出せないような状況なのかもしれません。

付き合い始めの頃って案外とこういったことも多くなるかもしれませんよね。

相手への気遣いのつもりが余計に心配をかけるような原因を作ってしまうときが出てきます。

恋人同士であれば不安な気持ちをきちんと伝えるということをしないと相手にも理解はしてもらえません。

二人で考えれば良いアイデアが浮かぶかもしれませんし相手だって頼って貰えれば嬉しいと思うはずです。

1人で考え込んでいても解決法など思いついてこない時の方が多いのではないですか?そうであれば恋人を頼るということも絶対に必要になってきます。

霊的現象を体感した

自分に霊感がないとわかりませんが周りに霊が見えたり不思議な現象を体験したことがある人はいるでしょうか?

そういった人は何度もそのような経験をするようです。

恋人が急に顔色が悪くなって不審な行動をとった場合、霊的なものを見ているという可能性も出てきます。

見慣れているような人でも急に固まって言葉が出てこないような時もありますので、相手の目線が一定の位置を見続けているような場合は霊現象を見ている可能性が強くなってきます。

このような場合は顔を近づけて自分はここにいるということをわからせてあげましょう。

相手はその現象から目をそらしたくてもできない状態になる場合が多く、どうしていいのかもわからないはずです。

そして、相手の意識が戻ったのであればその場からすぐに離れましょう。

一度霊的な現象が起こるということはまた同じような事にもなりかねませんので安全と思えるところまで非難するようにして下さい。

相手もその頃には気持ちも落ち着いて話せる状態にまでなるでしょうから、話を聞くのであればそれからゆっくりと聞いてあげるようにしましょう。

霊現象なんて見てしまえば心からゾッとしてしまいますよね。

相手が明らかにいつもと態度や行動が違って、何かを見続けているような状態であると感じたならば霊というものを疑って下さい。

お腹が痛い

皆さんも経験があると思いますが急にお腹が痛くなることってありますよね。

さっきまでは何ともなかったのに激痛がお腹に走るようなことって男女共にあることになります。

そういう時はほとんどの人が話すことが出来ませんよね。

顔色も悪くなってきてしまいには冷や汗も出るくらいの痛みで耐えられないような状況にもなってきます。

相手がうずくまってしまったりすればそれは腹痛のサインでもあります。

話しかけても何も言えない状態になっているとすると下手に動かすことが危険である場合もありますのですぐに救急車を呼ぶようにして下さい。

腹痛でも話せるような状態であれば身体を休めるためにも家へ送ってあげるようにして安静にしていてもらうことが大切です。

腹痛の場合は痛みの度合いによって相手の行動なども色々な変化が出てきますので話せないような状態のときは救急車ということも考えるようにして下さい。

悩みがある

自分でもそうだと感じることがあると思いますが悩みがあるときは気分が乗りませんよね。

その悩みが大きくなっている場合には不安な気持ちしか出てこないはずです。

例えば恋人と会っている時でも話は上の空ですしデートを楽しむ余裕もないのではないでしょうか?そのような場合はあまり会うということは避けた方が良いかと思います。

相手も心配しますしその悩みを素直に打ち明けられるような状態でしょうか?

そうであれば相談することも大切になってきますし、自分で何かしらの解決策を見つけるのであれば会わないようにして恋人に心配をかけないことも大切になりますよね。

別れ話をしたい

相手が別れ話をしたい場合なども顔色が悪くなってきます。

どういった言葉で切り出せばいいのかという事もありますし、一番は別れる理由ですよね。

単に自分に好きな人が出来たという理由では納得してくれませんから色々と考えていくうちに気分も悪くなってしまいます。

恋人の顔色が悪くなっているときに声をかけても返事などを渋るような時は別れ話という可能性が高くなります。

こういった場合は二人で話し合う以外に方法は見えてきませんよね。

お互いに直せるような所は言いあってみたりとするしか方法は出てこないと思います。

浮気している

顔色が悪いことで一番嫌だと思うのが浮気です。

相手にしても感情に流されてしまう場合もあり顔を合わすのも辛いという状況かもしれません。

自分にしてみれば何も知らないことですので声をかけますよね?

その段階で相手は申し訳なさそうな表情になった場合には間違いなく浮気をしたということになります。

そこから先は二人の会話でしかありません。

今後はどうしていくのか決めるのも二人の判断でしか決めることは出来ません。

あなたが相手を許すのであれば相手も今後は真面目になるかもしれませんが、一度浮気をする人は同じことを繰り返すということも頭に入れておいて下さい。

浮気心の強い人は簡単にやめられるものではないということも認識して下さい。

会いたくない人とすれ違った

恋人にもあなたの知らないことはたくさんあると思います。

例えば前に付き合っていた人などもそうですよね。

デート中に相手の顔色が突然悪くなり下をうつむくような行動をした場合、会いたくない人とすれ違ったという可能性が高くなります。

それが前に付き合っていた人であればそういった行動もわかりますよね。

前の恋人が間の前にいたら動揺する気持ちもわかります。

その可能性というのは自分もあるわけですし、相手を気遣ってあげることも大切かもしれません。

違うことを考えている

恋人が何か違うことを考えているときも顔色が悪くなり挙動不審になる時があります。

その時点であなたの行動や言葉というものは見えていないかもしれませんね。

相手にとってみればあなたといるよりも大事なことなのでしょう。

恋人がこのような行動をしているときはあまり愛されていないと思っても仕方ありませんよね。

相手の考えていることが二人にとって大切なことであれば何かしらの相談などもあるはずですが、一人で何かを考えているような場合が多くなれば別れることを考えていたり、気になる異性のことを考えていたりとする可能性が高くなってきます。

恋人の前での考え事は誰かとの比較するということもありますから、気になる人を思っている場合も当然多くなりそのことを知られたくないと思うとキョドってしまうのですね。

そのような恋人は自分にとっても良い影響はありませんので考え直すということも大切です。

自分の幸せを最優先に考えるようにして自ら別れる選択を選ぶのも必要になってきます。

家族の身に何かあった

恋人の顔色が悪い場合でも相当悩んでいるような状態であれば家族に何かあったのかもしれませんよね。

相手もあなたもことを気遣って平静を装っていますが、声をかけたときにいつもとは違うような作り笑いをしているときは何かしら不安なことを抱えている時です。

このような場合は相手の話を聞いてあげるようにしましょう。

相手も話してしまえば楽になるかもしれませんし、言い出しにくい気持ちもわかりますよね。

自分が同じような状況のときにも顔色が悪くなるかもしれませんので、優しく対応してあげることが大切です。

仕事で失敗した

仕事ということも不安で顔色が悪くなる原因になります。

自分の任されていることで失敗をした場合などは特にそうですよね。

恋人が責任感の強い人であればデート中でも仕事の失敗の反省などをしている場合がありませす。

相手も最初は話さないかもしれませんが何度も聞いていれば話してくれるかもしれません。

仕事の失敗は考えていても解決することはありませんし、自分の気持ちを切り替えていくしか対処のしようがないということを知っておいて下さい。

悩んだからといって失敗が元通りになるはずもないので、考えすぎることも問題になってきます。

思いきった行動が出来なくなってしまいますます仕事への恐怖や不安な気持ちを作り出す原因ともなりますので注意して下さい。

会社をやめさせられた

仕事の失敗の最悪な結果がこういったことに繋がってきます。

元々の素行などが原因であれば自分がそういったことを作っていると同じですし、失敗することに恐怖心が出てしまい仕事のできないようなことになれば会社をやめされられるということも十分に考えられます。

会社としても一度や二度の失敗ではやめさすようなことは考えません。

その後の対応に問題があるからやめさせるという行動に移るのです。

こういった事も恋人に話していたら違った結果になったのかもしれませんよね?クヨクヨしていても何も解決はしませんし、新しく気持ちを切り替えるということも大事だとこの時になって気がつくはずです。

恋人と話をすれば解決する方法も見つかったかもしれません。

こういった場合は今後の付き合い方を良く話し合うということが大切になってきます。

顔色が悪い原因の殆どは病気の可能性が?

顔色が悪いときでも顔の色によっては病気という可能性も出てきます。

ここではそういった時の対処法についてお話ししていきたいと思います。

赤い顔色

まずは赤い顔色の時になりますが、あまり良い体調ではないということを疑ってみることが大事です。

このような場合には血圧などにも影響が出ている状態ですので恋人の顔が赤いと思ったら何かしらの対処をすることになります。

その中でも気を付けたいのが次の2個の項目になってきます。

高血圧

赤い顔をしている時は血圧が高い状態であることを疑うようにしましょう。

この時の相手の様子で動悸や息切れといった苦しそうな場合はすぐに病院へいく必要があります。

高血圧の場合はこのような症状が続いてしまえば合併症を引き起こすような場合もありますので医師の診察を受けるようにして下さい。

自分たちの判断だけでその後の行動を決めてしまうと後から取り返しのつかないような事にもなりかねません。

まずは病院へ行き、きちんと診断してもらうようにしましょう。

発熱

相手が息切れなどはしていない場合は熱があるということも考えられますよね。

自分では平熱だと思っていても気がつかないという場合もあり、知らない間にかなり高熱になっているということも考えられます。

額に手をあててみて熱を感じたならばすぐに病院へ行くようにして下さい。

熱などもそのままにしてきちんとしなければ肺炎などにもなる可能性が出てきます。

そうなってしまえば自分も責任を感じてしまいますし、相手も同様なことを考えます。

お互いに辛い思いをすることになるので熱があるとわかった時点で病院で診察してもらうようにして下さい。

次は顔色が青い場合になりますが、このような場合はかなり危険な状態の場合もあり早急な対応が必要になってきます。

青い色

恋人の顔色が青く具合が悪そうなようすであれば、すぐに対応しなければいけない状態かもしれません。

ここでは次のことを疑うようにして下さい。

血液循環の低下

これは必要な栄養がきちんと循環していないという状態になっています。

この原因となってくるのはストレスなどによる心の疲労などです。

この状態が続くと貧血を起こしたりめまいを起こしたりと良い状態ではありません。

何かしらの原因があるので取り除く必要がありますが、一番先に考えるべきことは病院へ行くということです。

貧血というものですがそのうち治るという甘い考えは危険になることを認識して下さい。

貧血はその症状によってはとても怖い病気でもあります。

そして最悪の場合には死に至ることもある怖いものでもありますので適切な処置をするようにしなければいけません。

黄色い顔色

人の顔色でもやけに黄色っぽいという時もありますが、このような時は胃腸などが悪いということが考えられます。

そして、この時に注意してもらいたいのは手なども一緒に見るようにして下さい。

顔や手といった全身が黄色の場合には肝臓や胆のうが悪い状態になっており、すぐに医師に診てもらうことが必要になります。

黒い顔色

恋人の顔色がやけに黒っぽい場合には腎臓や肝臓が弱っているという可能性があります。

きちんと老廃物を排出できない状態になっていると顔も黒っぽくなってしまいますので、このような場合も病院へ行くようにしましょう。

恋人の顔色についてですが、一番最初に思うのが相手はどこか具合が悪いのではないかということですよね。

顔色によっても考えられる症状は様々ですがいずれの場合も病院ということが最優先になってきます。

場合によっては入院しなければいけないような状態になっているかもしれませんので、自分たちで判断するようなことはせずにすぐにでも医師の診断を受けるようにして下さい。

それでは顔色が悪いときにはどのようなことをすれば良いのかについてもお話ししますので参考にして下さい。

恋人の顔色が悪い時の対処法

恋人の顔色が悪ければ自分としてはとても心配になってしまいますよね。

身体の調子が悪いのかどうかもわかりませんし、どう対応してよいのかもわからなくなってしまいます。

見ていても顔色が一向に良くならない場合には色々なことが必要になるときも出てきますので、こういった場合にはどのような対処法をしなければいけないのかも知っておく必要があります。

相手がもしも入院の一歩手前だとすれば頼れる人はあなたしかいません。

顔色によってはすぐに救急車を手配するということも出てくるかもしれませんし、どういったことをしていけば良いのかを見ていきましょう。

理由を聞く

一番初めは相手に何かあったのかを聞いてみることです。

顔色が悪いということは何かしらの問題が発生している可能性が高いですよね?
それは悩みかもしれませんし別れ話かもしれません。

あるいは全く理由のない場合もありますが、それが病気の可能性です。

相手自体が理由をわかっている場合は話し合いを行うなどの方法が考えられますが先ほどお話ししたような病気になっている場合は本人が気がついていない場合も出てきます。

ちょっと疲れが溜まっているだけと考えてしまう時もありますよね?

次の日に睡眠をしっかりとれば大丈夫と思う時は誰でもあるはずなのですが、人から見て明らかに顔色が悪い場合には病気の可能性が高くなってきます。

このような場合はすぐに病院へ行くようにしなければ手遅れになることもありますので注意するようにしましょう。

皆さんも恋人と会う時って身体の調子がちょっと悪くても大丈夫だと言い聞かせて出かける時もありますよね?せっかくの休日デートで楽しみにしていたものであれば尚更です。

気持ちが興奮しているときには身体もなんとか持ってくれているのですが、デートのメインも終わりちょっと気が緩んだときなどは身体への影響は急に出てきてしまうので、体調があまり良くない場合には相手に言っておくことも大事なことですよね。

入院などになれば自分も相手も辛くなってしまうのでこういったことにはお互いに注意をするようにして下さい。

無理させない

どのような理由であっても理由を聞いたのであれば無理はさせないということも大事になります。

デートはいつでもできますが相手の心に余裕がなかったり、体調がおかしかったりする時には中断して家へかえり休ませるということも大事なことです。

また、悩みなどがある場合は相手の気持ちが落ち着いた場合は何かしら話を聞いてあげるとよいです。

誰かに話をすることで気持ちも楽になるかもしれませんし自分も頼りにされれば嬉しい気持ちになりますよね。

相手にあまり無理をさせてしまうのもお互いが楽しめなく原因にもなりますので注意するようにしましょう。

水を飲ませる

恋人の顔色が悪く落ち着きもないようでしたら水を飲ませてあげましょう。

悩みなどがある場合にはどうしても血圧が上がってきます。

一度そのことから離れさせる意味でも水などを飲ませて落ち着かせるようにして下さい。

その上で悩みを聞いてあげるのも必要ですよね。

デートが無理な場合には落ち着いて話を出来る場所へ移動したり相手のペースに合わせてあげることも必要になります。

休憩させる

具合が悪く顔色が良くないという場合には一度休憩をして様子を見ることも大切です。

その上で熱はないか・心拍数に異常はないかなど、調べられることがあれば対応して下さい。

相手は自分で気がついていない場合なども考えられますのでそういった時に対処をしなければいけないのはあなた自身になってきます。

ちょっとでも病気の可能性を感じたときにはすぐに行動しなければいけませんので、きちんと対処できるような気持ちを持つようにして下さい。

恋人の体調がすぐれないといった場合には本来であればゆっくりと休養をしていることが大事になってきますが、すでに出かけている場合には頼りになるのは自分しかいないのだという自覚も持つようにしましょう。

顔色が悪いことに気づいたらすぐに対処して!(まとめ)

今回は恋人の顔色ということについてお話しをしてきましたが、ほとんどの場合は悩みごとがあったり身体の調子が悪かったりすることが多くなってきます。

まれに浮気などで挙動不審な行動をする人もいますが、こういった人は今後は相手にしなければいいだけですから放っておいても構いませんよね。

あなた自身が許せるのであれば今後も付き合いをしていけばいいですし、裏切りを許せなければ別れるだけです。

このような人の場合は割り切りも早く答えも簡単に出ますが相手が病気の場合には、一刻を争うといった場合も出てきます。

顔色では色々な体調の不調を見ることが出来ますが場合によっては救急車というものも考えておくことが必要になります。

また、病院へ行くことも考えられますので相手を休憩させている間に近くの病院などを調べる必要も出てきます。

このようになってしまった場合はすぐに対処することが必要ですので自分も慌てないように行動をするようにして下さい。

相手が熱や痛みといったものが出てきてしまえば冷静な判断は出来なくなってしまいます。

この時にきちんと動くことができるのは自分しかいませんので慌てることなく行動をするようにしましょう。

恋人の顔色が悪いときは本当に心配になりますよね?

自分が無理をさせているのではないかなどと色々なことも考えてしまいます。

そして、相手の様子が辛くなってきていると感じてきたらまずは休憩して相手の身体をチェックしてみることが大切になります。

その時の状態ですぐに病院へ行かなければいけない状況になっているかもしれませんし、自分の手に負えない場合などは救急車を呼ばなければいけません。

とにかく落ち着くことを考えて相手にも動揺させないようにすることが大切です。

顔色ってその時の心の中や身体の様子がわかる目安にもなりますよね。

自分の大好きな人であれば顔色が悪いときは何かしらのサインが出されているのだと思うようにして下さい。

このサインを見過ごしてしまえば二人にとっては思いもよらない哀しいことが待っているかもしれません。

そうならないようにするには、顔色を常に見ていることも大切なことなのです。

これは自分だけではなくお互いが気をつけていくことになります。

一人が顔色に対して頑張っていても相手が適当では困ってしまいますよね。

恋人は二人が助け合いながら成長してくものですのでこういったことも二人で共有していくようにして下さい。

二人で互いに気をつけていけば二人の関係もより良いものへなっていきますし、何かあった場合でもすぐに対処することができます。

二人の仲がこれまで以上に良いものへなるきっかけにもなりますし何かを補い合いながら成長する恋って素晴らしいですよね。

これからは少し相手の顔色にも気をつけてみませんか?

その事がこれからの二人の関係を決定する大きなことの始まりになるかもしれませんよ。