社会に出るようになると色々な書類などを書く機会が増えてくると思いますが、皆さんの場合はいかがでしょう?

入社手続きにもあれば仕事の書類なども含めるとたくさん字を書くような場面も出てきます。

昔から自分の字が汚いということを思っていた人は大人になってから後悔することって多いですよね。

役所などの書類の書き込みといったものでも字が汚いとなんだか相手に笑われそうで嫌じゃないでしょうか?

それでも何日かたつと忘れてしまうのが人間というものです。

3日後あたりには自分の字の汚さなどはすっかり頭からなくなってしまい普段通りの生活に戻っていくパターンが多くなります。

普通であればそれで良いのかもしれませんが段々と仕事を任されるようになると、字の綺麗さは自分にとって大事なことになってきますが、この時点ではまだ気がつきませんよね。

取引先などに出向くようになれば印刷された書類ばかりではありません。

このような場合は自分でもサインなりの文字を書かなければいけなくなってきます。

人はそういった大事な場面にならないと自分の悪い所をなんとかしようとは思いませんし、恥ずかしい思いをしなければ行動に移すこともできないという方がほとんどです。

字の汚いことに対して初めて改善しようと思っても少し遅かったかもしれないと思ってしまいます。

文字の綺麗さはその人の人物を表すともいいます。

字を見ていくと性格なりがわかるというものですよね。

クセ字であったり何を書いているのかわからないような文字では相手も信用することが難しくなるのではないでしょうか?

そして自分が他人の文字を見た場合にも同じようなことを考えるはずですよね?

見にくい文字を書く人と気持ち良く仕事をしようと思いますか?なんとなくその人の態度など信頼していいのだろうかという疑問なども浮かんできてしまいます。

そこで今回のテーマですが文字を綺麗に書くための注意点ということについてお話ししていきたいと思います。

文字は相手が読めなければ意味のないものになります。

それは自分にとってマイナスにしかならないものであり、決してプラスの要因にはなってきません。

自分でも字を綺麗に書きたいと考えたことがあれば綺麗に書くための努力をしてみてはいかがでしょう?

大人になると子供のころのような素直な気持ちも薄らいできますよね?

あの頃は先生の言うことを素直に聞いていたという人がほとんどではないでしょうか?

その中で「字は綺麗に書くように」などと言われたことはありませんか?

自分の字に対して自信がない人はもう一度素直な気持ちに戻って字の練習をしてみましょう。

それは自分の為にもなりますし綺麗な字の人は人からも信頼される証になるはずです。

文字を書くときの注意点ですが、今からは以下の11個のことについて意識をしながら書いてみるようにして下さい。

️字を綺麗に書くための11個の注意点

男性でも女性でも字が綺麗な人は上品なオーラなどがあると感じませんか?字を書くときに必要になってくるのは心の余裕になります。

きちんと綺麗な文字を書こうと思えば焦ったり急いでいては書くことは出来ません。

字が綺麗な人などを見ているときちんと落ち着いた状態で書いていることがわかります。

それは心に乱れることがない状態であり焦りなどは感じません。

一方で字が汚い人の特徴はとにかく急いで書こうとしています。

気持ちも乱れていますのでどうしても雑になってしまい、人が読めないような字になってしまうのです。

これから字を綺麗に書く練習をするかたは、最初に気持ちを落ち着かせるようなことも考えていかなければ綺麗な字を書くことはできないと言えます。

練習の前には深呼吸をするようにして気持ちを落ち着かせて下さい。

そして心がスッキリとしたところで改めて字を書く練習をするようにすれば、上達のスピードも全く違ってきますので取り入れるようにして下さいね。

それでは、深呼吸で気持ちが落ち着いたら実際に練習をしていくわけですが、最初は基本に対しての意識を高めていって下さい、

姿勢を正して書く


文字を書く場合の基本として姿勢が出てきます。

きちんとした姿勢をするとだんだん気持ちが集中できるようになってきます。

今まで字が汚かった人というのはこの時点で間違っていることが多いので気をつけるようにして下さい。

足を組んでみたり、足を投げ出してみたりといった体制になってしまうと意識は集中できなくなります。

また、姿勢が悪いということは身体のバランスも悪くなっていることが考えられます。

右に重心がズレている人は真っ直ぐな線なども書きにくいと感じるはずです。

それは左に重心がズレていても同じことで、きちんとした姿勢をしなければ真っ直ぐな線を書くことさえ難しくなってしまいます。

今までは身体がどこかしら曲がっていた状態で書いている人が多いと思いますのでこれから最初に意識することは姿勢ということに気をつけていって下さい。

これが直らないといつまでも綺麗な字書くことは難しくなってしまいます。

筆記具を正しく持つ

姿勢について自信がついてきたのであれば次は筆記用具についても見直してみましょう。

自分の持つフォームというのは正しいでしょうか?自分流のクセのある握り方などをしていかをチェックしてみて下さい。

こういった握り方というのも悪筆の原因になってきます。

正しい持ち方をしないと指が疲れてきてしまい集中力が低下していきます。

そして早く書こうという焦りになり字が汚くなるケースがとても多くなります。

自分で少しでも握り方が変だと思ったらそれはきちんと矯正するべきです。

正しい握りをしなければ途中から字は汚くなってしまいますので注意して下さい。

基本となる握りからですが、親指と人差し指・中指の3本の指できちんと支えている状態になりますので、確認してみて下さい。

これが2本だけや変な形で支えているようですと指が疲れてきて集中できなくなります。

細かい部分だと感じる方もいるでしょうが字を綺麗に書くには事前準備がとても大切になってくるのです。

こういった小さなことを大切にしないと字を綺麗に書くということも途中で諦めてしまうはずですのでご注意下さい。

次からのことですが、実際に書いていくときに意識して頂きたいことになります。

文字を書く練習はゆっくりかくようにして急いで書かないようにして下さいね。

丁寧に書く意識を持つ


ここからは主に気持ちの問題になってきます。

丁寧に書く意識を持続させていかないと途中から元の書き方に戻ってしまうので注意しましょう。

1行書いていったならば自分で確かめてみて文字が曲がっていないだろうかなどを気をつけるようにして書き進んでいきましょう。

そうは言っても丁寧に書く意識を持つことも慣れなければ大変に感じてしまいますよね。

簡単な方法としては恋人や大事な人に対してラブレターなどを書いてみてはいかがでしょう?

きちんと気持ちを伝えるには相手に読んでもらわないと意味はありません。

そして字も汚いままですと気持ちも伝わってくれませんよね?

字の練習をする場合ですが、どうしても練習帳などを使っていくと飽きるということになっていきます。

最初こそは張り切っていますが何日かたつとやめてしまうかもしれませんよね。

そういったことを防ぐためには実際に手紙などを書くことも必要になります。

気持ちの入れ方が違ってきますし、きちんと相手に読んでもらうように自分の気持ちも字に集中してきますから練習する際にはこのような事も取り入れていくと上達が早くなります。

とめ・はね・はらいをちゃんと書く

過去に習字などをした方はわかると思いますが、1字1字きちんと丁寧に書いていましたよね?

その時に注意することは「とめ・はね・はらい」という筆づかいになります。

字を書く基本というのはどれもかわりはありませんので、練習するときはこの点に注意して書いていくようにしましょう。

この事に気をつけるようになると不思議と字が上達していくのが早くなってきます。

その理由ですが1字を書くということにきちんと集中できてるからです。

字を書いていく場合ある程度かいて読み直すということが普通だと思いますが1文字づつの書き方に集中していくと文字の綺麗さが全く別に変わるのです。

ある程度の文章を書いていたころはあまり字の「はね」などは気にしませんよね?書いている文字もバラバラな状態なので全体を見たときに汚くなってしまうのです。

きちんと「とめ」などの基本を守るようになっていくと文字のバランスも良くなっていきます。

それは全体のバランスも良くなることに繋がり綺麗になっていきますので練習する時はこういったことも気をつけるようにして下さい。

右上がり気味に書く

皆さんも美しい文字を色々な場所で見た子ことがあると思いますがほとんどの場合が、右上がり気味に書かれていると思います。

文字を書いていく場合には水平に書くということが難しいという人もいますよね。

実際に水平な文字を書き続けていくということは大変になってきます。

文字を書く時のクセというものもありますので中々直ってはくれませんが、右上がりということに関してはだいたいの人は出来るのです。

さらに横の線の角度がそろっていれば綺麗にも見えますから最初から右上がり気味に書いていくことを覚えて下さい。

書き始めの方は角度がバラバラになってしまっても仕方ありません。

書く練習をしていくうちにだんだんと角度も揃ってくるはずです。

自分が書いた1行がとても満足いく字が書けたと感じた場合には、すでに文字を書くことに集中している状態になっています。

1文字のバランスと次の文字とのバランスなどが自然にわかってきている状態ですので、そこでやめることなくさらに練習を続けていって下さい。

右下に重心を持たせる

右上がり気味の文字を書くようになると次に考えたいことは文字のバランスです。

文字自体が右へあがると右下部分が若干落ち着きがなくなって見えます。

例えば「夫」などの字を右上がり気味で書く場合には右下になる部分を若干長くして低くなるようにして下さい。

これが右下に重心を持たせるということになり文字のバランスが良くなります。

文字全体が右上がりになっているので右下になる部分は低くなるように意識していくと字が綺麗に見えるようになりますので、これらのことは意識して練習をして下さい。

隙間を均等にする

漢字の場合には字によって隙間が多くなる文字もたくさん出てきますよね。

「日曜日」なども文字も隙間だらけの文字ということがわかります。

これを実際に書くとどうしても隙間の感覚がバラバラになり綺麗に見えません。

線と線との間の隙間を揃えるということを意識するようにして下さい。

またこの隙間ですが水平方向だけではなく垂直方向の隙間にも同じ事が言えます。

自分が文字を書いていく中で隙間が均等になっていない場所はどこかということを探しながら練習することも上達への近道になってきますので、隙間に関しても均等に書けるようにしていきましょう。

字のバランスを良くする

この辺りまでくれば文字を書くことにもだいぶ慣れてきてずいぶんと綺麗な字になっていると思いますが、次からのことはひらがなも混ぜた文章全体で注意することになります。

一文字で綺麗に書くことは基本になってきますが、その文字は綺麗でも文章になると別の問題も出てきてしまいます。

手紙でも書類でも最初に目に飛び込んでくるものは全体になってきますよね。

この全体のバランスが悪いと文字そのものは綺麗だとしても汚く見えるという結果になってしまいますので、この辺りのことにも注意が必要です。

それでは具体的にどのようなことを注意すればよいのかお話ししていきます。

漢字は大きめに書く

文章全体でのバランスを考えていく場合には漢字は大きめな文字で書いてあげる必要がでてきます。

全てを同じ大きさにするのではなく漢字とひらがなは区別して書くようにして下さい。

この事で文章にしたときには見栄えが良くなり全体で見ても綺麗になってきます。

文字を練習すると最初は同じ大きさになる人が多いのですが、最終的には漢字とひらがな、そしてカタカナも出てきますね。

これの比率ということにも注意していくとより綺麗な文章となっていきます。

このことがしっかりと分かれていると引き締まった見栄えの良い文章になってくるので何度も練習するようにして下さい。

ひらがなは小さめに書く

では実際にどの程度の比率が良いのかとことになりますが、漢字を10とした場合にはひらがなは8の大きさにして下さい。

さらに言えばカタカナは6になります。

この大きさの感覚を覚えるまでは少し時間がかかってしまうかもしれません。

最初は文字を綺麗に書くということだけでも十分です。

少し自信がついてきたならば文字の大きさを分けるということも意識してみて下さい。

このバランスができるようになると全体を見た時の印象がまるで違ってきます。

同じ大きさですと手書きの場合は締まりがなく文章全体がだらしなく見えてしまいます。

これを漢字とひらがな・カタカナの大きを変えていくことにより引き締まった文章へ変わってしまうのです。

印刷物のようなものではこういった効果は難しいですよね?

これは手書きだからこそできるものであり、手紙などを貰った相手にしても読みやすく綺麗な文だと感じるはずです。

文字間隔を均一にする

次に大事になることは文字間隔になってきます。

漢字とひらがななどの文字同士の感覚にも気を使っていくことで全体のバランスが良くなっていきます。

この感覚が最初の事はどうしても上手にできないと思います。

間が広くなってしまったり逆に狭まってしまったりと色々なパターンが出てきますが、根気強く直すようにして下さい。

こういったことを考えていくのも読む側への配慮になってきます。

読みやすい文章であれば最後まで読むということも疲れませんが、バラバラの文章は読む側も見ていて疲れてしまいます。

それでは文を書いた意味はありませんよね?

せっかく文を書くのであれば最後まで読んでもらう文章でないといけません。

面倒な作業でもありますし小さなことかもしれません。

ですが、こういった事の積み重なりというものは相手にもきちんと伝わることになります。

自分が綺麗な文字で読みやすくかかれた手紙などをもらった場合を考えるとイメージは湧くのではないでしょうか。

こんなに丁寧に書いてくれてありがとうといった感謝の気持ちも生まれてくるはずです。

字の隙間や大きさの比率、そして文字同士の感覚といったものは文章全体に影響を与えるものになってきますので大事な部分であるということを忘れないようにして下さい。

線はまっすぐガタガタさせない

字が汚いという人の特徴にまっすぐに線を書かない人がいます。

これは読む側にすればとても見にくい文字になってきます。

クセ字のような感じでもありどうしてもまがったりガタガタとなってしまう人は、まっすぐに書く練習をする必要があります。

漢字でもひらがなでもぶれている文字というものは読む気を失くさせてしまいます。

自分が字を書いたときにまっすぐにならない場合などは、ここから練習していくのも上達への一歩になってきます。

後になって修正するとなるとかなり面倒でもありますよね。

自分のやる気も削がれてしまうかもしれませんし出来るだけ早い段階で直すようにして下さい。

この事をクリアするだけでも練習への意欲というものは違ってきます。

せっかく文字間隔まで来たとしても線がまっすぐでなければ全体的に読みにくい文になってしまいますので最初の段階で直すようにしましょう。

カーブを綺麗にスッと書く

文字を書くときのカーブについても注意しなければいけないことがあります。

このカーブですが途中でとめてしまったりするとガタガタの線になってしまうのでスッ書くようにしましょう。

綺麗に書こうとすると最初のころはペンが止まってしまうかもしれませんが、苦手と思う字を見つけたならば何度も練習してみることです。

文字を綺麗にする方法で一番大事なことは根気強く続けるということが大切になります。

始めてからすぐに字が上達するわけでもありませんし、書いているうちにいろいろと自分の字のクセというものもわかってきます。

そのクセを一つづつ直すようにしていかないと最終的に綺麗な字には到達できません。

それができるようになるまでには時間もかかってきますので、最初は綺麗に書くことが難しくても諦めないで続けるようにして下さい。

以上が綺麗に書くための注意点になってきます。

かなり色々なことに対して気をつけていかないといけないことがわかりますよね。

字を綺麗に書くということは簡単なようで難しいと感じた方が多いかと思います。

読みやすい字を書いていくということは本当に大変な作業にもなり、いかに自分が相手のことを考えるかによって上達のスピードも個人個人で差が出てきます。

最後は自分の文章をきちんと最後まで読んでもらいたいと思った人が綺麗な字を書けることになるのではないでしょうか。

そうした読む側に配慮した気持ちになることが出来れば、
きっと綺麗な字を書けることになりますので諦めずに続けていきましょうね。

それでは次からは実際に字を書く時の練習方法についてお話ししていきます。

️綺麗な字の練習法

実際に字を書く練習法ですがここからは地道な作業になってきますので途中でやめていまわないようにすることが大切になります。

字を綺麗に書くということはこれまでの書き方を全て変えることになり、人によっては長い時間を費やさなければいけなくなります。

クセ字などが習慣になってしまえばそれを直すことにも時間はかかりますので、根気強く取り組むようにして下さい。

それでは最初の方法ですが、馬鹿らしいと思わずに真剣に取り組むようにしましょう。

お手本をなぞって書く

お手本という言葉を聞くと本当に小学生などの頃を思い浮かべてしまいますが、自分のこれまでのクセはなかなか抜けてくれません。

いきなり書いていっても変なクセが再度ついてしまうことになるので、お手本をなぞることから始めて下さい。

大人になってお手本をなぞるなんて想像もしなかったでしょうが綺麗な字を書くためには、綺麗な字の感覚というものを覚える必要もあります。

ひらがな一文字にしてもお手本は色々な情報を教えてくれています。

右上がり気味であったりカーブの書き方であったりと、自分が今まで書いてきたものとは全く違うはずですので、お手本という言葉を馬鹿にせずなぞることから始めるようにして下さい。

この作業がある程度慣れてくると字を書くという感覚が少しづつわかってきます。

綺麗になぞれるようになったならば次の作業へ移るようにして下さい。

見本を横に置いて見ながら書く

次にする練習法は実際に見本を見ながら書いてみることになります。

この段階では1行の文章を何度も書くようにして文章の文字の感覚なども同時に覚えていくようにして下さい。

これも飽きのくるような作業ではありますが、なぞることは上手に出来ても実際に書いていくと自分の苦手とすることがわかってきます。

カーブの書き方などは人によってはかなり苦戦する所にもなりますので、見本と見比べながら練習するようにして下さい。

そして、文章全体に気をとられてしまうと、字の隙間などが疎かになってきます。

書いているうちに忘れてしまう部分なども出てきますので完全に書けるようになった段階で次の文章に移るようにして下さい。

一番ダメな例はすぐに次の文章へ移ってしまうことです。

これでは字の練習も文章のバランスのとり方も覚えることができません。

完全に納得できるようになるまでは次の文章へ移るといったことはしないようにして下さい。

せっかく字を綺麗にしようと思っても意味のないことをしてしまうとそれだけ時間も無駄になってしまいます。

ドリルで練習する

次に必要なのはドリルでの練習になります。

これは漢字の書き方やひらがなの書き方の補足などがついているものを選ぶようにして下さい。

ある程度は自分で意識することができても補足などがついているものは上達も早くなります。

自分流の独学でしようと思うとかなり時間がかかってしまいますので注意して下さい。

何度も繰り返して定着させる

小学生のころなどは何度も消しゴムで消して書き直すという作業もしてきましたよね。

字の練習などは繰り返し行うことによって自分の身体が覚えてきますので、何度もドリルなどを使って練習して下さい。

この繰り返すことも字を綺麗にする際には大切な行動になってきます。

飽きてしまったから次のことをしようという考えですとあまり字は上達しません。

自分の持っているドリルなどは全て書けるくらいにまでやり続けなければクセ字も直りませんし綺麗な字を書くということも難しくなってきます。

何度も繰り返し書いてみることで書き方も安定してきますので辛いと思うこともあるでしょうがあきらめずに続けてみるようにしましょう。

マスのあるノートを使う

字の大きさなどを自分で把握するにはマスのあるノートが便利になってきます。

マスがあると隙間や空間などがわかりやすくなりますので練習するときはこのようなノートを使うようにして下さい。

最初は色々と書きづらいと思うかもしれませんが、こういったものは全て慣れによって解決します。

何度か書いているうちにマスの大切さというものもわかりますし、綺麗に字を書く為にも始めはマスがあると便利です。

練習する際にはこういった書くことをサポートしてくれるノートを選ぶようにして下さい。

ペン字の講座をとる

自分での学習がうまくいかない場合にはペン字の講座をとる選択もあります。

講座は段階的に進んでいくので自分で計画を立てるよりも楽になってきます。

自己流でも構いませんが今は字を綺麗に書きたいと思う人がたくさんいますので講座などの内容も充実しています。

自分の性格が飽きっぽく、途中で投げ出してしまうようなおそれがあるならばこういった講座で練習することも大切なのかもしれません。

教室に習いに行く

時間があるような場合には教室で習うということも考えていきたいですよね。

これの効果ですが周りにも自分と同じ境遇の人がいるということです。

一人でやっていると続けることも難しいと感じてしまう時が出てきます。

こういった場合は途中で諦めてしまう可能性が高いので、自分の性格が飽きっぽいということであれば最初から教室などを利用して下さい。

周りの人からの影響もあり自分も早く字が綺麗になりたいという気持ちに変わっていくかもしれませんし、仲間も出来て楽しい時間を過ごす事にもなりそうですよね。

字を綺麗に書くという趣味を持ったと思えば気分的にも違ってきますし焦らないで楽しんでやれる方法をとるということも大切になってきます。

️字が汚いとちょっと恥ずかしい

学生までは字が汚くてもとくに問題などはありませんが社会に出るとそうもいきません。

色々な場所で字を書くということは出てきますので汚い字を書いていた人は早めに直した方がいいのです。

自分の名前や住所を書く時にもちょっと恥ずかしいと思ったことはありませんか?

書類などを書く場合でも字が汚いと読む気がしないという人もいますよね。

恥を書くことに慣れてしまうと自分もそれ以上は成長できません。

字はその人自信を表す目安にもなり、汚い字のままであればそれなりにしか評価されないことにもなってきますのでご注意下さい。

大人になると字の汚さというのはかなり目立ってくるようになります。

名前一つ書くにしても綺麗なものと汚いものでは印象も変わってきてしまうことがあり信用問題などにも影響が出る場合もあるのです。

️綺麗な字を書けるようになるには根気が大事!

大人になるとやならければいけない事が多くなり自分の字の汚さというものも後回しになる人がいますが、出来るだけ早い段階で直すようにしないといけないのではないでしょうか?

その理由の一つに大事な時に恥ずかしい思いをするということです。

誰かの結婚式などでも名前や住所を書きますが汚い字のままで恥ずかしいと思わないでしょうか?

もう少し綺麗にかけたらと思う時が必ずでてきます。

20代までならなんとか笑って済ませてくれることでも30代をすぎてくると字が汚い人は周りから評価されにくくなってきます。

雑な字であれば本人の性格なども雑に見られますし、クセ字が凄い人は同じようにクセのある人間という風に思われます。

字が汚いということはそれだけで損をしてしまう場合が多くなり良い点というのは見つからないと思われます。

どんなにそれ以外で頑張っていたとしてもその評価は変わってこないかもしれませんし、直せるのであれば早めにとりかかったほうが自分の為にも良いと言えます。

自分の字に自信がないという方は綺麗な字を書くことを始めてみましょう。

字を綺麗に書くということは全ての人が書けるようになりますが、一つだけ必要なものも出てきます。

根気よく続けられるということだけですよね。

例えば綺麗になる為に1年かかってしまってもそれからは恥ずかしい思いをすることはありません。

その1年は自分にとっても新しい発見などがあり成長できたのではないでしょうか。

こういった努力の積み重ねはいずれ自分にとって大きなチャンスへも繋がってきます。

大人になって字が汚いのは良いことは全くありませんので綺麗に書けるようになっていきましょう。

自分の字が汚いと思う人は綺麗に書く練習を始めてみてはいかがでしょう?

その努力はいつか自分に返ってくることになり今後の幸せにも繋がるかもしれませんよ。