「給料日まであと1週間以上もあるのに、財布の中がもうスッカラカン…」「これからどうしても現金がいるのに、今手持ちがない…」なんて経験はありませんか?

どうしてもお金が必要なのにお金がないときってかなり焦りますよね。

お金を工面する方法は古本や服をリサイクルショップで売ったり、日払いのバイトをするなどたくさんありますが、売るようなものがなかったり、仕事の関係でアルバイトが禁止されていたり、何より「今すぐに必要」だというときは無理ですよね。

物を売ったりバイト以外に何とかしてお金を作らないといけないと悩んだときにパッと思い浮かぶ手段の1つに「お金を借りる」という選択肢があります。

「借金だけはしたくない」「お金を借りるのはいよいよダメになったときの最終手段」と思っている人も多いでしょうが、そうは言っていられないときがあります。

そして単純にお金を借りるといっても「誰から(どこから)借りるか」「いくら借りるか」なども考えないといけないし、いざというときのために色々知っておきたいですよね。

そういうときのために、今回はお金を借りる方法についてお伝えしていきたいと思います。

いざというときのために覚えておいて損はありませんよ!

金欠でとにかくヤバイとき


社会人になると色んな付き合いや事情があってお金がいくらあっても足りませんよね…1人暮らしている人なら住居費やそれに関する光熱費、食費などだけでも大きな額ですよね。

結婚している人なら自分1人だけでなく家族の生活費が必要なので、若いうちはいくら稼いでもお金がすっ飛んでしまうものです。

それでもどうにかして暮らしてくのが大人というものですが、予定していなかった急な出費などがあると「ヤバい!本気でお金が足らない!」となるものです。

こんなときは本当に焦ってしまうものですよね…

お金を気軽に借りられたら…

「このままでは生活ができない」「必要なお金が支払えない」など、どうにもならないときに「何処からか気軽にお金を借りれたらなぁ」と思いますよね。

「お金をくれ」というのは非現実的ですし、人として問題があるので問題外として、ちゃんと借りたものは返すから気軽に借りられるようなことがあってもいいのではという思いはあるはずです。

色んなお金を借りる方法教えます

「お金を貸す(借りる)」ということはとてもデリケートなことです。

「消しゴム貸して」「貸した漫画、返して~」なんかとはちょっと毛色が違うのです(消しゴムや漫画もお金で買っているので大切なものですが…)。

現金というのは、それだけ誰にとっても重要でシビアなのもなのです。

結構多くの人が「誰に対してもお金は貸さない」「友達だからこと、貸し借りはしない」という考えを持っています。

しかし、世の中には色んな人や商売があるので、みんながみんな、お金を貸すことに否定的なわけではありません。

「お金をあげるのは無理だけど、ちゃんと返してくれるなら…」という人もいれば、「低金利でお金をすぐに借しますよ」という企業があります。

どうしてもお金に困ったときのために、ここでは色んなお金を借りる方法についてまとめました!

お金を借りる意外な8個の方法

どうしても現金が必要なシーンってありますよね。

クレジットカードで支払えるような出費ならなんとかなりますが「現金オンリー」となると困ってしまう人は少なくないはずです。

支払いを待ってもらうという手もありますが、それが許されないような場合は誰からかお金を借りる以外に道はないでしょう。

そんなときにお金を貸してくれるのはどんな人や場所なのかということをまとめましたので参考にしてみてください。

周りの人に借りる


お金がどうしても必要なのだけど、「消費者金融やクレジットカードでキャッシングするのはどうしても抵抗がある…」「お金を借りた経歴がどこかに残るのはイヤだ」という人は多いことかと思います。

最近ではとてもカンタンにキャッシングすることができるのですが、知識がないとどうしても不安がぬぐえないものです。

そんな人は、周りの人をお金を貸してもらえるように頼んでみるという道があります。

関係性がちゃんとできてる相手なら利息なしで貸してくれる、気持ちよく貸してくれるというメリットもありますが、個人を相手にお金を借りるときにはデメリットもあります。

それをちゃんと理解と覚悟をしたうえで、お金を貸してくれるか聞いてみましょう。

親に借りる

お金の問題のようなデリケートなお願いをしやすいのが自分の両親でしょう。

困ったときに相談したり頼ったりするのは親だという人は多いです。

子供が困っているとなれば、親御さんもよく話を聞いてお金を貸してくれることでしょう。

親と子という間柄なので、多少大きな額でも貸してくれることが多いでしょう。

ですが、社会人の人が親からお金を借りると「今の会社の給料だけでは暮らしていけてないのか」「何かヤバい遊びをやっているのではないか」と、とても心配されます。

「たまたま今月は物入りでお金を使いすぎただけだから、借りるのは今回だけ」「アパートの更新が今月だということを忘れていた、次からはちゃんと覚えておく」「ギャンブルとか、心配されるようなことでお金は使っていないから大丈夫だよ」などちゃんと事情を説明して出来る限り安心させてあげましょうね。

お金を気持ちよく借りるには「相手の納得」が不可欠なので、出来るだけ正直に、そして詳しく説明するようにしましょうね。

実際に親に言えないような事情でお金は必要なときは「親に嘘をつきとおす覚悟」をするか、親以外の別の方法を探しましょう。

兄弟に借りる

「親に心配をかけたくない」「親も生活がカツカツ」だという人が2番手でお金を借りやすい人というのは兄弟姉妹でしょう。

兄弟姉妹は幼いころは同じ両親のともで育ち、ともに生活してきた身近な存在です。

同じ生活環境にいたのでアナタのことをよく理解してくれていることでしょうし、兄弟仲が良ければお金がとても借りやすいでしょう。

しかし、あまりにも身近な存在で頼りやすいからといって何度もお金を借りたり、返済を踏み倒したりなどしてはいけません。

兄弟の付き合いはずっと続いていくものなので、きちっとやっていくようにしましょう。

また、親にバレたくないから兄弟からお金を借りたのに、心配した兄弟が親に報告するおそれがあります。

お金を借りた身で色々お願いするのは心苦しいかもしれませんが、親バレを防ぐためにも兄弟に口外禁止のお願いをしっかりとしておきましょうね。

友達や同僚に借りる

親や兄弟に事情があって頼めないときは、友達や同僚から借りるという人も多いでしょう。

関係性にもよりますが、友達などからはあまり大きな額を借りないようにしましょう。

もし、頻回にお金を借りていたり、大きな額を借りたりすると友情にひびが入ることだって少なくはありません。

金銭面でとても潔癖な人だと「お金を貸して」とお願いするだけで引いてしまう人も多いです。

また、友達や同僚にお金を借りてしまうと、その貸してくれた人が共通の知人やほかの同僚に「私、あの人にお金貸しているんだよね」とうっかり言ってしまう危険があります。

もともとお金を借りるという行為はネガティブなイメージがありますし、人のウワサの怖いところ(スゴイ早さで拡散する、尾ひれなどがついて話が1人歩きする)が手伝って、周りからのアナタの評判が急降下することがあります。

これも友達や同僚からお金を借りるデメリットとして、しっかりととらえておきましょうね。

友達や同僚とと一緒に食事や遊んでいるときに手持ちが少ないことに気付いて「次あったら返すから、ここの支払い分借りてもいいかな?」などは仕方ありませんが、それ以外ではなるべく友達や同僚からお金を借りるのは控えたほうがいいでしょう。

上司に借りる

仕事でとても頼れる人生の先輩である上司。

もし、部下が困っているとなれば出来る限り助けてあげたいと思ってくれる人もいるでしょう。

ですが、やはり友達や同僚と同様で、お金の話となればちょっとシビアになる人は多いです。

ちゃんとした事情があれば快く貸してくれる人もいますが、浪費などだと不信感を抱かせてしまいます。

下手をすると、今後の会社での評価に関わってきて、昇進に響くおそれがあります。

お金の管理が甘い部下に対して、今後どのような感情を抱くかということをよく想像してから上司にお金を借りるようにしましょう。

親戚に借りる

家族や友達から借りることができないなら、昔からよく可愛がってくれていたおじさんやおばさん、お金持ちの遠縁の親せきの人などにお金を借りるという選択肢もあります。

親や兄弟姉妹よりは関係が遠くて、友達や同僚などよりは関係が近い、ある意味とても「ちょうどいい距離感」の相手なのでお金の話はスムーズにいくことがあります。

しかし、裏を返すと「微妙な距離感」とも言えます。

「お金を借りるときだけ頼ってくる甥っ子(または姪っ子)」「これまで盆や正月くらいしか顔を合せなかったのに、何故突然お金の催促を…」など、マイナスな感情を抱かれてしまうこともあるので注意しましょう。

銀行に借りる

同じ「お金を借りる」という行為でも、消費者金融よりも安心感があるのは銀行でしょう。

銀行といえば企業相手への貸付や住宅ローンなどの大きな額を取り扱っているイメージがありますが、それ以外でも貸付を受けることができます。

もし、車が急な故障で買い換えないといけないときなどのまとまった額が必要な場合は、銀行のカーローンという貸付を受けるなどするといいでしょう。

しかし、銀行は貸付の審査が厳しめなので場合によってはお金を借りることができないこともあります。

カードローンに借りる

用途を問わず、気軽にお金を借りたいという人はカードローンをお勧めします。

銀行で小口の借り入れをしたいときはこのカードローン(または、フリーローン)になります。

限度枠内であればいつでも借り入れが出来て、とても便利です。

しかし、その便利さ故に借り入れを常習化してしまうことがあります。

最初は「この1回だけ」「今後は本当に困ったときだけ利用しよう」と思っていたのに、手元にカードがあるとちょっと困っただけでも気軽に使うようになってしまします。

カードローンとの付き合い方は間違ってしまうと返済地獄に陥ってしまいますよ。

カードのキャッシングで借りる

カードローンとよく似た性質のキャッシング。

こちらも気軽に利用できるのがメリットです。

クレジットカードの機能としてついているので、キャッシングを実際行いたいタイミングでキャッシングの利用を申し込むと使えるようになります。

しかし、カードローンと同様に手軽さ故のデメリットがあります。

また、カードローンに比べて金利が高めなので返済のときには気を付けないといけません。

市役所で借りる

市民を助け、安心して生活できるようにしてくれる市役所。

色んな業務を行っている市役所ですが、まさかお金まで貸してくれるなんて思いもよりませんよね。

実際に市役所では「生活福祉資金制度」というものがあり、お金に困っている市民にお金を貸してくれます。

どんな人がこの制度を利用するのかというと、失業者や低所得者、高年齢者、障害のある人などです。

低所得でキャッシングやカードローンの審査が通りにくい、または審査が通らない人、高齢のため働けない人、心身に障害があって働けない人などが市役所からお金を借りられます。

しかし、この条件に該当するからといって即座に生活福祉資金制度が適用されるわけではありません。

働ける環境の人は「まずは就活しましょうね」などのアドバイスをされて帰されることもあるのです。

国に借りる

「国から借金する」というと、何だか大層なことをしているイメージですよね。

よっぽどの事情がないと借りれなそうな感じですが、実はそんなことはありません。

条件や審査などに必要な提出書類がとても多いでが、無事に審査を通過して融資が受けられると相手は国なのでとても安心ですよね。

国が行っている貸付は、具体的には「総合支援資金貸付」「緊急小口資金貸付」などがあります。

特に、急にお金が必要になった人は後者の緊急小口資金貸付をよく知っておいたほうがいいでしょう。

緊急小口資金貸付とは、その名前のとおり急に小口の現金が必要になったときに貸付を受けることができる制度です。

対象者は低収入者であることのほかに「たった今の生活に困っている人」「返済が出来る人」などです。

貸付が行われるケースとしては急に入院することになって入院費用が必要になった、給料を紛失して当面の生活費に困っている、失業や休業で収入が減ってしまったなどがあります。

詳しく知っておくといざというときにとても助かるのでよく調べておきましょうね。