皆さんは手相の占いって信じたりするタイプですか?

色々な占いの中でも手相を見ることって自分でも出来そうだし興味を持っている人もいますよね。

自分である程度の手相が見れればかなり人生の生き方も違ってくるし、どういった事に気をつけていいのかもわかります。

この手相ですが7大手相というものがあり、その中でも生命線と呼ばれる手相があります。

手相を知らないという方でも生命線という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?

テレビ番組などで手相占いが流行っていたときも生命線という言葉はよく出てきましたし、命にかかわるような感じで興味も沸いてきますよね。

手相を信じるか信じないかは別として、自分である程度の手相を見れるということはかなり役に立つ時も出てきます。

それは友人関係であったり仕事関係とあらゆる時に必要になってくるかもしれませんよね?

手相好きな人がいれば共通の話題として話を繋げることも出来ますし異性と仲良くなれるきっかけにもなります。

自分がそれほど手相には興味がなくとも色々とメリットは出てくるということになるのであれば、少しくらい覚えておくという事も大切なのかもしれません。

また、手相には前から興味はあったけれど覚える時期を逃してしまっていたりという方もいるかと思います。

生命線は特に大事と言われている手相ですから、自分なりに見れるようになればかなり違ってきますよね。

女性であれば誰でも手相というものにはある程度の興味を持っています。

また、男性でも手相を気にする人がたくさんいるように誰でも手相自体は気になるものです。

そこで今回のテーマですが、手相で生命線を見る方法について詳しくお伝えしていきます。

手相の中でも生命線というものはかなり重要な意味をもつ場合があります。

自分の生き方であったり健康にも関わってくる大事な手相です。

その手相を見ることができるようになるのは自分にとってもプラスなことしかありません。

自分はこれからどのような生き方をしていくのかなどがわかると、今すべきことは何か!という考えにもなってきます。

無駄な時間などは1秒もありませんから、自分の人生を有意義にすることも考えられますよね?

そして、手相を見るということは決して占いなどだけではありません。

自分の成長のきっかけにもなってくれるものとしても捉えられています。

手相にちょっとでも興味がある方は生命線を見るということから始めてみてはいかがでしょう。

7大手相の一つ、生命線見方とは?


この7大生命線の一つである生命線についてですが、自分の健康状態や今後の生き方などを見ていくことができる大切なものになっています。

どのような生き方をするのかってかなり興味の出るものだと思いますが、皆さんはどうですか?

自分の20年後などを知ることで、今必要となってくるものなどの参考にはなりますよね。

また自分の健康状態を知ることが出来れば、色々な予防をしていけるようにもなり体を事前に守っていくということも出来ます。

手相はこういった意味からも多くの人に信頼されるものでもあり、生命線を見れるだけでも全然生き方というものが変わってきます。

それでは初めに、生命線とはどのようなものを見ていくのかをお話ししたいと思います。

生命線とは?

生命線というものについてですが、私たちは手に色々な線が刻まれています。

そのなかでもハッキリとした目立つ線が出てきますよね。

そういったものの一つに生命線というものがあります。

ここでは自分がどのようにして生きていくことができるかという判断をすることが出来て、寿命であったり生き方というものを判断することになってきます。

これがわかることで自分がするべき行動を決めていったりとできるようになり、人生を有意義に使っていくことにもなるのです。

自分の寿命などを知るのは嫌だという方もいますが、こういった事を知ることで健康への意識も高くなりますよね?

何もしなければ自分の寿命は生命線のようになってしまうかもしれませんが、意識を変えてあげることで長生きできる人生へと変わっていくのです。

手相からのメッセージを自分で読み取っていけば生活も変わっていくと思いませんか?

手相というものはそれらの事を伝えてくれるものですので、見方によってはこれからの人生に対する考えを変えるきっかけになってくれます。

それでは生命線を見るときにはどのような所に注意しながら見ていけばよいのかをお話しします。

これはとても重要なポイントにもなってきますのでしっかりと把握するようにして下さい。

手相で生命線を見るときのポイント


この生命線では自分の身体に関する情報などがたくさん現われています。

それは線の太さであったりカーブに仕方など様々なことが関係してきます。

全体の手相というものを見るのは大変でも生命線という一つの線だけに集中すれば誰でもある程度は見れることになっていきます。

そして自分の人生を変えていくということにも繋がっていき、自分の生き方というものを見つめ直すことも可能になっていくのです。

最近、身体の調子が悪い場合などは不安になってしまうときも出てきますよね?

そういった時に生命線を見ることが出来れば、今からの生活にはどのような事を気をつけていけばいいのかわかってきます。

また、自分が病気や怪我というものに関する情報も知ることができますので生活する上でも事故などに注意するという意識を持つことができるようになっていきます。

これらのことを見ていけば、自分の健康ということを知ることにもなり、意識改革ということもできるようになってきます。

生命線が示すものはあくまでも参考であり、それを変えるように出来るのは自分しかいません。

行動を起こさなければ生命線の人生になってしまうかもしれませんが、見ることが出来ればどのような悪い情報だとしても変えるようにしていくことが可能になってくるのです。

このような重要な情報を教えてくれる生命線ですが、線の起点となる場所から見ていきましょう。

生命線の起点と終点

生命線の起点ですが親指と人差し指の中間となる位置にハッキリとした線が手首に向かって伸びていることがわかりますよね。

この太い線を生命線と呼び起点となる位置はこの辺りになります。

そして線の終点ですが、起点から伸びている線が完全に終わっている場所は見つかるはずです。

その場所が生命線の終点となり起点から終点までの線を生命線と呼ぶことになります。

生命線の張り出し具合

この張り出しでは主に長さやカーブについて見ていくことになります。

きれいにカーブを描いている場合の意味ですが、かなり珍しい手相にもなってきますが健康で老後も幸せというような理想の人生を過ごせることになります。

また生命線が短いという人も出てきます。

この場合の意味ですが人生が短いということにはなりませんのでご安心下さい。

しかし、生命力に関しては弱いということが言えます。

このことを知っていることによって行動自体にも変化が起きますよね?

生命力が弱いということは体力がないということを示していますので、運動する習慣をつけていくということが望ましいと言えます。

家に籠っている時間が長い人はこういった手相の線になっていますし、外へ出るということも必要となります。

自分で運動をすることができる状態であれば、身体を鍛えることを始めていき体力をつけるようにしましょう。

生命線を見ていくときには最初のこの張り出しの形や線の長さについてを調べていくことで人生の豊かさを知ることができます。

このことを自分できちんと認識していけば今からの人生においてやるべきことが見えるはずです。

線が太くなかったりすれば何かしらのサインが出ている証拠でもありますので、改善する方法も見つけられますよね。

次のポイントになりますが、生命線にかかる障害線というものも出てきます。

このような場合の意味をお話しいたします。

生命線上に障害線はあるか?

自分の生命線を見ていった場合に大きく線を横切る障害線が出る場合があります。

この線の意味ですが、その時点での環境が変化するという意味を伝えています。

生命線は起点から鎖状になっている場所ら辺までを25歳までの情報、親指の上がわの付け根から平行に生命線まで伸ばした位置が35歳までの情報、親指の外側の付け根から平行に生命線まで伸ばした位置が55歳までの情報とおおよその年齢が刻まれていることになります。

もし、生命線を35歳の位置で大きく横切るような障害線があるとすれば自分の人生でその辺りにかなりの変化が起こることになります。

この変化ですが健康に関わることであったり今の生活が劇的に変わるようなことであったりと様々なことが考えられます。

自分の生命線にそのような線が出ている場合には生命線の年齢との位置を把握することで気持ちにも余裕が生まれますし、病気や怪我などに対する考えも生まれてきます。

どのような事が起こるのかまでは知ることはできませんが、自分の人生を大きく変えることだけは確かなことになりますので、どの年齢で起るのかということはしっかりと確認するようにして下さい。

生命線上に開運線はあるか?

生命線を見ていく場合で、開運線というものにも注目していくようにしましょう。

これは生命線から人差し指の方向に向かう短い線が出ている場合があります。

人によっては中指の方向・薬指の方向・小指の方向とあり、生命線から上へ昇っていく線を開運線と呼びます。

この場合にも生命線のもつ年齢が大きく関係してきます。

35歳の位置に開運線が出ていれば、その時期に大きな意味をもつ変化が訪れます。

以下にそれぞれの指へ向かった時にどのようなことが期待できるのかを簡単に説明致します。

人差し指へ向かっている時

この開運線は向上の意味があり、自分にとって情熱の注ぐことができるものを見つけたり頑張れるような出来事が待っています。

この線の持ち主は頑張り抜くことが出来る努力家でもあり将来へ向かっての成功を成し遂げられる人物にもなります。

中指へ向かっている時

これは自分が今までしてきたことが報われる意味を持つ線になり、自分の頑張ってきた結果が花開く瞬間でもあります。

この線が出ている人は開運を信じて努力することをやめないようにして下さい。

薬指へ向かっている時

この線は自分が大きな名誉であったり富を得るという大きな出来事が起こる線になります。

そして薬指には太陽の波動を受ける丘があり、そこへ向かっていく線は、自分の成功を手にすることを意味しています。

小指へ向かっている時

この線は金銭に絡む出来事が起こる線になり、商売の繁盛や財産を得るようなお金に絡む出来事が起こります。

自分の才能などが花開く線でもあり大きな富を得るようになっていきます。

いずれの開運線の場合も線の濃さや長さに比例した出来事になってきますので効果は人それぞれ違ってきますが、大きな出来事が待っているとも言えますので開運線が出ている方は努力することをやめないようにして下さい。

次からは生命線の持つ意味についてお話ししていきますので、自分の生命線を見てチェックするようにしましょう。

それぞれの生命線の意味

生命線はその線の濃さや長さなどによって色々と意味も違ってきます。

この線の特徴などを自分で理解することによって、これから先の人生にはどのようなことが必要になってくるのかが分かるはずです。

体力のない人であれば運動を普段からの生活へ取り入れるようにしたりすることで、健康的な暮らしを楽しむことが出来ますし自分にとっての良い行動というものが考えられますよね。

この生命線の意味を知らなければ自分の健康などにも大きな影響が出てくる可能性もあり、病気などの予防もすることが難しくなってきます。

せっかくのメッセージを自分で無視するようなことをしてしまえば、後で後悔することになるかもしれませんよね?

そういったことにならないように生命線を自分で見るということは大切ですし、今後の将来にも影響してきますのでしっかりと確認するようにして下さい。

生命線が長い人

この線が長い人というのは生命におけるパワーが蓄えられているといった状態になり、全てのことに対しての生命力が強いと言えます。

最も良い線は手首にまで届く生命線となり、行動力もある方ですので、自分で起業する方も出てきます。

いずれにせよ生命線が長ければ自分の持つパワーというものがあると思っていいでしょうし、そこから仕事などを考えていっても良い結果が生まれます。

手相の本質はこのように自分に適した職業であったり生き方についてヒントを与えてくれることが目的ともなってきます。

そのメッセージを受け入れていくのも自分次第になってきます。

同じ人生を歩むのであれば良い生活を過ごしていきたいというのは誰しも願うことでもありますし、そう考えるのが自然でもあります。

生命線という手相を見るだけでこれだけのことがわかってくるようになりますので、自分でも活用するようにしていきましょう。

生命線の濃い人や薄い人

自分の生命線を見てクッキリとした濃い線の人はバイタリティに溢れる人であり、他の人よりも精力に関するものが強いことを示します。

この精力ですが性的なものを含め、どのような事に対してもやり抜くといったスタミナを意味しており大きな成功へと導いてくれる線になります。

こういった人の特徴はとにかく遊ぶことも大好きであり、異性へも積極的にアタックしていきます。

そして、仕事に関しても努力することを忘れませんから成功者になるというパターンがとても多くなってきます。

逆に生命線が薄い人の場合は自分が持っている生命力が少し弱いということを意味しています。

こういった人の場合は寿命などを考えるのではなく、職業などについて工夫をしていくことをおすすめします。

生命力が弱い人の場合は仕事などをする時には精力が強い人と一緒になるような職業は選ばない方が良いと言えます。

これは精神的なダメージを受けてしまう場合が多くなってきますので一緒の土俵には上がらないということを優先して考えることが必要です。

生命線が途中で切れている

このような人の場合切れている位置における年齢をチェックする必要があります。

もし、生命線が35歳ごろで切れているような時は病気や怪我といったことに注意するようにして下さい。

この生命線の長さによって自分の健康状態などがわかることになってきます。

途中で切れているということは何かしらの大きな出来事が待っていると思って間違いありません。

そのことを知っていれば注意してその時期を乗り越えられるということも出来ますよね?

このように自分の人生におけるターニングポイントを示してくれることが多くなってきますので、職業選びや健康への配慮といったことを考えていく上で、生命線を見ていくことはとても有効な手段となってきます。

起点が鎖状になっている

生命線の起点の位置が鎖状になり乱れているという場合ですが、成人前までの期間で身体の不調を知ることができます。

幼い事から風邪をひきやすかったり喘息などの症状がでることが多いなど、そういった状態が多いと鎖状になっていきますが、この部分に関してはほとんどの人が乱れるということになってきます。

その理由としては成長期を迎えることによる乱れが起ります。

これは健康には関係ないことですし心配することもありませんよね?

ですから起点の乱れが多いからといって不安になることはありませんので心配する必要もなくなってきます。

生命線が二重になっている

この生命線が二重になっている人はかなりのタフさを備えた方と言えます。

このような人は無理をしても身体を壊すようなことがなく、非常に健康的な身体を持っていると言えます。

このように二重になっている場合には仕事などでも人よりも多くのことをこなせていく事が出来ますので出世ということにも繋がってきますよね。

生命線の事を知らないままであれば、自分の健康が心配になってしまい身体のことを優先してしまうかもしれませんが、かなりの無理をした状態になってもきちんと回復できるパワーを持っていますので心配する必要なありません。

仕事を人一倍こなしても壊れない身体があればかなり得をするようにも感じますがいかがでしょう?

もし、このような意味を知ることなく過ごしていたのでれば自分にとってかなりの損をしていると思ってしまうかもしれません。

手相にあまり興味がないという方であっても、一通りの基礎知識を覚えているだけで何かしら役に立つことも出てきますし、自分の人生を大きく変える出来事も出てきます。

生命線という手相だけでもこれだけの効果を期待できるのですから、手相の全てを見れるようになれば、これまでの人生とは違ってくるのも当たり前のことになります。

上手に人生が変わる時期を見逃さなければ誰にでも大きなチャンスは起ってくるという結果にもなりますよね。

自分が最近手相について興味を持ってきた人であれば、このような事を覚えておけば必ず人生の転機というものが起ってきますし、色々な成功へのきっかけも掴むことが可能になります。

ですが、今までもこれからも手相には興味が持てないという人はせっかくの好機を逃してしまうといった事も出てきてしまうのです。

それでは生命線を見るときに注意しなければいけない点をお話ししていきます。

自分が手相を見る場合にはこういった考えをもつことも必要になってきますので参考にして下さい。

生命線を見る時の注意点

自分が手相などに興味を持ち始めた場合にちょっとした考え違いと起こすことが出てくるのですが、手相というものはあくまできっかけということを常に忘れない必要が出てきます。

何かの手相の本に書いてあったから自分の人生がその通りになるとは限りませんし多くの場合は自分が努力をしてきた結果、成功や富・健康な身体を手に入れることになるのです。

生命線の場合も自分の健康の状態や開運の時期など色々と教えてくれる大事な手相になってきますが、全てにおいて手相のような人生になるとは限りません。

必要な時期に努力をしなければどのような優秀な手相を持っていたとしても成功への道は遠ざかっていきますし、健康を無視した生活を続けていけば生命線がどんなに濃く長いような人でも病気へのリスクはかなり高くなってきます。

これは自分の日頃からの行動が誤っているから結果が変わっていますよね?生命線が示すような努力をやめなければ違う結果というものも待っていた事になります。

それでは、こういった生命線を見る場合には自分はどのような事に注意するべきなのかを見ていきましょう。

信じ込まない

手相を見るようになると色々な効果が期待できると思ってくるのですが、全てそのような結果になることもありませんのであまり信じすぎるという事には注意が必要です。

例えば生命線に開運線が出ていたと気がついて、そこで今までしてきた努力をやめてしまえばどうなるでしょう?

あまりにも手相ということにとらわれすぎてしまい自分でチャンスを逃してしまう結果になりますよね?

あくまでも手相というものは注意や努力をするきっかけだと考えるようにして下さい。

運を切り開いていくことも手相がするわけではありませんよね。

自分がこれまでやってきたことであったり、これから情熱をもってやろうとしていることなどを決めるのは自分しかありません。

手相がハッキリしていて濃い線であり、手首まで長く続いていたとすれば黙ってても幸せは訪れるのでしょう?

人は努力することをやめてしまえばそこからの成長というものは全く望めなくなってしまいます。

最終的に自分を成功へ導くのは自分の意思しかありません。

手相はその頑張る時期や怪我などに注意する時をさりげなく教えてくれるだけですので、手相にあることが全てだというような考えにはならないようにして下さい。

そして、手相についてですがこういったことも覚えておくようにして下さい。

手相は変わる

手相占いなどをした場合、昔と言われたことが違うといった経験をした方はいないでしょうか?

確かに20代の時に言われたことはボロボロだったのに、最近言われた内容は昔よりも良くなってたような経験です。

手相というものですが簡単に言えば手のシワですよね。

人は顔にもシワが出来ますがそれも年齢と共に増えていきます。

そのようなことが手で起っても不思議でありませんよね?

そしてそういった手のシワは仕事の内容などによっても濃くなったり薄くなったりと変化してきます。

手をよく使う力仕事などをする人は深く濃い線となって現われますし、室内でも作業が主になりあまり手を使わないような仕事であれば線も薄くなっていきます。

また、学生から社会人になり一人暮らしなどを始めた場合、それまでの生活とは大きな変化も出てきますよね。

洗濯や食事の用意・掃除なども自分でするようになれば、自然と手を使う機会が増えることになってきます。

こういった生活がガラリと変わるときには手相も変わっていくと考えて下さい。

ですから、自分で手相の結果が悪かったからといって落ち込むようなこともありませんし、これから手相を変えていけば良いだけの話なのです。

あまりにも手相の意味にとらわれてしまうと普段の生活も楽しくなくなってしまうことも起ってきます。

あくまでも手相の意味することは人生の補助的な役割と持つと考えるようにして、手相が人生を決めているようなことは考えないようにしていきましょう。

それでは手相が変わるということがわかったところで、運命というものに対しても注意すべき点が出てきます。

運命は自分で変えられる

生命線というものの意味を捉えていくとある時期には気をつける必要が出てくる人や、こういった時期から開運に入るという人が様々出てきます。

そうした中で自分は開運線がないから一生何も起こらないという考えは捨てるようにしましょう。

手相の意味は確実なことを伝えているわけではありません。

その頃に起きるであろうという予測でしかなく確証された情報ではないのです。

あまりにもそういったことに惑わされてしまうと、今やっている自分の努力も無駄に終わってしまうことがあります。

最終的に運命を変えるのは自分であり、手相ではありませんよね?

手の線が運命を全て決めてしまうことは絶対にあり得ないことですので、自分の手相を見た結果があまり良くなかったとしても落ち込んだりはしないようにして下さい。

そして手相を見るということが初めての人はこのようなことに関しても注意が必要となります。

参考程度に見る

手相を見れるようになると色々と楽しくなってきてしまい自分でも調べるようになる人がいますが、こういった場合でもあくまでも参考として捉えていく事が大事です。

手相は生命線の他にも色々とあり、線の形や長さなどによって様々な解釈の仕方が書かれていますが、何度もいうように最終的に運命などを決めていくのは自分だということを忘れないで下さい。

こういった手相の意味というのはあまりにのめり込んでしまうと普段の生活にも支障が出てくる場合があり、手相にとらわれ過ぎた生活になれば人生を楽しむことなど出来ません。

自分の手相を初めて見るという人は、これらのことに注意するようにして下さい。

自分の生命線を分析してみよう!(まとめ)

今回は自分の生命線を見るということでお話ししてきましたが、手相には面白い情報がたくさんあるのだということがわかって頂けたのではないでしょうか。

そこには人生における体力であったり運命であったりと普段では決して考えないような内容も含まれていたと思います。

そして自分の手相が開運などを引き起こすような線であればかなりの興奮も出てきますよね?今まで苦労してきたかいがあったと思う人も出てくると思います。

ですが、手相というものはその人の全てを変えるまでの力は持っていません。

運命を変えるきっかけを与えてくれたとしてもきちんと自分が努力を続けていかなければ開運なども起こりません。

ただし、そういったきっかけを見つけられなければ自分も開運のチャンスを逃してしまうということになってきますよね。

そういった意味で考えてみると手相をある程度わかっていることは人生を豊かにいきていくテクニックのようなものだと言えます。

このテクニックをどのように使っていくのかは自分次第です。

きちんと生かしていくのかどうかは自分の考える結果によります。

もしも、自分が努力を忘れてしまったのであれば開運どころかドンドン運は下がってしまうことにもなりかねませんので、手相に頼るということはやめて下さい。

私たちの手には色々な線が出ていますよね?その線は自分が歩んできた歴史でもありこれからも変化を続けていきます。

手相というものはこれまでの自分の姿でもあり未来を予測できるものでもあります。

生命線という手相は比較的わかりやすい手相となっていますので見ていくこともそれほど苦労はしません。

これからの自分の生き方を少し見直してみたい方はこういった手相を取り入れたものを利用することも大切になってきます。

そして、必ず開運するという意思を持つことも大事ですよね?

自分の努力次第ではどのような手相であっても変化していき開運へ近づくことが可能になってきます。

ですが、そういったことも手相を始めてみなければ何も変わってはきません。

あなたが今、ちょっとでも環境を変えたちなどと思っていたら、生命線という手相を見ることから始めてみませんか?

その線たちはあなたにとって心から待ち望んでいた答えを持っているかもしれませんよ。