容姿が微妙…言い方は悪いですが、いわゆるブスな女性でも素敵な彼氏がいる人はたくさんいますよね?

もちろん、それが悪いという訳ではないですし、こんな事を思うのもの凄く失礼な事だとは分かっていますが…、彼女の人柄を知らない人から見れば、「どうして、この2人がカップルに…?」と思ってしまう事も正直あるのではないでしょうか。

しかし別の見方をすれば、そういう女性には男性達に「恋人にしたい!」と思わせるだけの魅力があるという事です!

では、その魅力とは一体何なのでしょうか?

そこで、男性達がブスな彼女に惹かれる理由や、ブスな彼女を連れている男性の特徴をまとめました。

自分の容姿に自信がない女性も、素敵な女性を恋人にしたい男性も、これを見れば理想のパートナーが見つかるかもしれませんよ?

ときどき見かけるイケメンとちょっとブスなカップル

美女と野獣とはよく言いますが、彼氏の方がイケメンで彼女の方は特に美人でも可愛くもない…と言うか、ちょっとブス?

そんな、逆パターンのカップルもたまに見かける事があるのではないでしょうか。

見た目は決してお似合いとは言えないのに、本人達は凄く幸せそう…。

そういうカップルを見ると、「どういう経緯で付き合ったの?」だとか、「相手のどこに惹かれたの?」とか、様々な疑問が浮かんでくると思います。

ですが、2人の事を知れば「なるほど。

すごくお似合いかも!」と印象がガラリと変わるかもしれませんよね。

どうして可愛い子と付き合ってないのか不思議


性格もすごく良くて女性からもモテモテなイケメン男性なのに、隣にいるのは何故かブスな彼女。

彼の事をよく知っている人も知らない人も、「どうしてもっと可愛い子と付き合わないんだろう?」と不思議に思ってしまうのは、正直仕方のない事とも言えます。

「付き合うならイケメンがいい!」という女性が多いのと同じで、「恋人にするなら、美人や可愛い子がいい!」というのが男性の本音なんじゃないの?と思っている女性も多いでしょう。

確かに美人で可愛い女性はモテますが、「付き合ってみたら色々大変だった…」という男性意見も少なくありません。

何が大変なのかは後でも説明しますが、例えば、容姿がいくら優れていても性格が最悪だったら一緒にいても全く楽しくありませんし、モテ過ぎると他の男性に横取りされたり彼女が浮気をする心配も出てくるでしょう。

美人で可愛い彼女を隣に置きたい男性の気持ちも分からなくはないですが、容姿が良い彼女だからこその苦労を考えると、必ず幸せになれるとは言い切れないのかもしれません。

それを理解しているからかは分かりませんが、恋人を顔で選ぶ男性は、女性が思っているよりは少ないかも?

ブスな彼女と付き合うワケ

恋人としての彼女の良さは、彼氏である男性本人にしか本当の意味では分かりませんよね。

そして、異性として意識をして恋人として付き合う様になったきっかけもカップルによって様々です。

いくら周りがブスだと思っても、彼氏である男性にとってはその女性の顔がすごく好みだったり、何か事情(美人恐怖症など)があって美人や可愛い女性とは付き合えない、という場合もあるでしょう。

ですが、どんな理由にしろ、男性が「この女性を恋人にしたい!」と思うだけの魅力がなければ、カップルは成立しないわけです。

人によりけりですが、恋人に求める条件として容姿が重視される事もあります。

しかし、美人でも可愛くなくてもそれを上回るだけの魅力を持っていれば、彼女候補として見てもらえるだけでなく、顔が良いだけの女性に勝てる可能性だって出てくるのです!
場合によってはブスだからこそ、有利になる事も!?

では、男性に「ブスでも彼女にしたい!」と思わせる魅力とは具体的に何なのでしょうか…?

…一応言っておきますが、お金、とかではないですよ?
女性の顔が特にタイプな訳ではないのだとしたら、考えられるのは人柄や恋人としての素質でしょう。

この事については後で詳しく説明します。

それでは話を元に戻して、男性がブスな彼女と付き合うワケ…すなわち、男性が惹かれたブスな彼女の魅力についての具体例を見てみましょう!

内面に惹かれた

「人は見た目ではなく中身が大事」とよく言いますよね。

恋人もそうですが特に結婚相手となると、外見よりも内面を重視する男性が増えるのではないでしょうか?

見た目はメイクや努力次第で変える事が可能ですが、性格を変えるのはなかなか難しいです。

それに、今は美人で可愛い女性も、歳をとったりオシャレに使う時間が減れば、どうしても見た目が変わってしまいます。

つまり、恋人も結婚相手も見た目だけで決めると、最終的に後悔する破目になる可能性が高い、という話なのです。

…少々話が逸れましたが、美人で可愛いけど酷い性格の女性がいる様に、ブスだけど性格は完璧という女性もいますよね?

因みに前者について言えば、性格の悪さが見た目で許されるのは正直、若い内だけです。

いい大人になれば、年下男子や周りの男性から”イタイ女”のレッテルを貼られてしまう事だってあります…。

一方で、容姿がそこまで整っていなくても性格が良ければ、そこに惹かれる男性がいても不思議ではありません。

実際、見た目はあまり可愛くないのに周りの男性からモテる女性の殆どは、性格がパーフェクトで男性だけでなく女性からも好かれる特徴があります。

それから、女性としての魅力は見た目だけ、とは限りませんよね?

容姿端麗でも下品で不潔な女性と、ブスでも上品で清潔な女性の二択なら、どちらが女性として魅力的かは明白でしょう。

内面に惹かれたという男性の中には、彼女の女性らしさに魅力を感じた男性も多いはずです。

ブスが好き

「好みは人それぞれ」と言われる様に例え周りがイマイチと感じる見た目でも、人によってはその顔がとても魅力的に見える事だってあります。

”ブスが好き”と聞いて勘違いしがちなのが、”不細工な顔立ちだから、魅力を感じる”と解釈してしまう事。

これは、「ブサカワイイのが好き」という解釈が間違っているという訳ではなく、厳密に言うとそれだけが理由ではないという話なのです。

他の男性が顔のバランス(良し悪し)に注目するのに対し、ブス好きな男性は女性の表情の豊かさに注目(本人は無意識かもしれませんが)しているのかもしれません。

例えば、顔が整った人形に対して「綺麗」「可愛い」とは思っても表情がワンパターンだとすぐに見飽きてしまいますが、不細工な人形に対して「可愛くない」とは思っても表情が何パターンも変わればそちらの方が見てていて飽きませんよね?

また、”ブスが好き”という理由からは少し離れてしまいますが、顔全体ではなく顔のパーツが好みという場合もあるでしょう。

例えば、その女性の目が好きだったり、唇の形に魅力を感じたり…。

もしくは顔ではなく、好みの体型や理想的な声といった、その男性のフェチ(性的嗜好)に当てはまったという可能性も考えられます。

美人で失敗した経験がある


ブスな彼女と付き合うワケとして、男性の方に何かしらの事情があるパターンも。

その中でも多いのが、”過去に美人で失敗した経験がある”と言ったケースです。

例えば、美人な彼女と付き合って元彼や周りの男性に妬まれたり横取りされただとか、美人に騙されたり遊ばれたり、酷い振られ方をしたとか…そういうトラウマを一度でも抱えてしまうと、いくら面食いの男性でも「もう美人と付き合うのは懲り懲りだ…」と思うのではないでしょうか?

一方、ブスな彼女相手なら”そういう失敗”も少ないはずです。

特に一度失敗している男性はそれ以上自分のプライドが傷付かない様に、安全で安定した恋愛を求める傾向があるのかもしれません。

自分の事を大切にしてくれる

これは恋愛に限った事ではありませんが、常にチャンスが巡ってくる状況に自分が置かれたとしたら、「失敗してもまたやり直せる」「また次があるからいいや」という気持ちが心のどこかに必ず生まれます。

美人や可愛い女性は恋愛において、まさにその様な心理状態に無意識に陥っている可能性が高いです。

だから、彼女の方がよっぽど彼にベタ惚れではない限り、彼氏に対する執着心も弱いと言えます。

しかし、ブスな彼女の場合はチャンスがそこまで多くない事を自覚している分、彼への執着心が強い(※束縛や依存ではない)ので、とにかく彼氏を大切にする傾向があります。

さらに、恋愛は経験よりも他人を見て学ぶ機会が多いので、そこで鍛えた洞察力の高さで男性の気持ちを正確に汲み取る事が出来るのです。

彼氏が彼女に求めるポイントをバッチリ把握&実践しつつ、彼を何よりも大切にしてくれる女性って、男性にしてみればかなり理想的な彼女と言えるのではないでしょうか?

笑いのセンスが抜群

話上手や聞き上手な女性は男性からモテると言われていますが、中でも話が面白い人は男女問わず多くの人に好かれますよね。

やはり「一緒にいて楽しい!」と思える人は、異性としてだけでなく人間として魅力的に映るものです。

…実は、美人よりもブスな方が面白い人が圧倒的に多いんです!
これは、女芸人を参考にすると分かりやすいかもしれません。

例えば、美人や可愛い女性が自虐ネタを披露しても周りが気を遣ってイマイチ笑いに発展しなかったり、下手をすると「残念な美人」「イタい女」という印象を与えてしまいがちなのですが、これがブスな女性になると不思議と笑えるのです。

もちろん、ブスだから笑いが取れるという訳ではなく、笑いのセンスが高いという事は、どうしたら皆を楽しませる事が出来るかを分かっている…つまり、相手の立場で物事を考える能力に優れていると言えます。

ブスな彼女は彼氏を大切にする上で、「彼を楽しませたい!」という気持ちから自然と笑いのセンスも磨かれていくのかも?

それだけでなく、知的で柔軟な発想の持ち主でなければユーモアは生まれません。

男性がブスな彼女に惹かれた理由として、彼女の笑いのセンスに隠れた頭の良さや、周りを笑いで和ませ様とするムード―メーカーな人柄もあるのかもしれませんね。

一緒にいて楽

美人や可愛い彼女の雰囲気に圧倒され緊張で上手く話せない=一緒にいても落ち着かない、と感じる男性も少なくないのだとか。

確かに、相手が飛び抜けて美人だったり可愛いと「自分と一緒にいて「つまらない」と思われたらどうしよう…」と不安になったり、「嫌われない様に最高のエスコートをしなきゃ!」と気を遣い過ぎてデートが全く楽しめない…という事もありそうですよね。

その点ブスな彼女の場合は、良い意味で緊張もせず過度に気を遣わなくて済むので、一緒にいて楽=長く付き合いやすい、と言えます。

やはり、一緒にいて居心地の良い相手じゃないと長続きはしませんよね。

彼女がブスな男性の特徴

「ブスだけど彼氏が欲しい!」…こういう場合は、すばりターゲットを絞るべきです。

手当たり次第にアプローチを仕掛けるのは正直時間の無駄ですし、成功する確率もあまり高いとは言えません。

ここは”彼女がブスでもOKな男性”を積極的に狙うのがポイント。

そこで、彼女がブスな男性の特徴をまとめてみました。

これを参考にすれば、どんな男性をターゲットにすればいいか分かるかもしれません!

ブス専

中には、ブス専と呼ばれるブスな女性を好む男性もいます。

女性にもB専と呼ばれる、イケメンよりも不細工な男性に魅力を感じる人がいますが、感覚としてはそれと似ているかもしれませんね。

彼女にしてみれば、ブス専の彼氏に「好き」「可愛いよ」と褒められても、微妙な気持ちになってしまうかもしれませんが、彼が彼女に魅力を感じている事には違いないので、そこはポジティブに捉えておきましょう。

それに、自称ブス専男性の彼女でも、周りから見たら「普通に可愛いじゃん!」というケースも珍しくありません。

内面重視で人を見る

顔ではなく内面重視で彼女を選ぶ男性ももちろんいます。

歳を重ねると今までの経験から「外見よりも中身が大事」なのが分かってくるので、内面重視派は特に大人な男性に多いかもしれませんね。

一方、恋愛経験が浅かったり、付き合った人数は多いけど長続きしない男性は、彼女を外見で選ぶ傾向があります。

人を見かけで判断しない男性は、誰にでも平等に接し付き合った彼女とも長続きする特徴があります。

また、彼女だけでなく友達選びにおいても内面重視なので、広く浅い付き合いより狭く深い人付き合いを好む傾向があるかもしれません。

それから、内面重視で彼女を選ぶという事は、付き合う前に自分の性格と合うかどうかをしっかり見極める必要があるので、付き合う事になったという事は、彼が彼女の性格を凄く気に入ったという証拠でもあります。

女性関係でトラブルの経験がある

誰だって同じ失敗は繰り返したくないですよね?
過去に女性関係のトラブルで痛い目に遭っている男性は、恋愛にも慎重になりがち。

なので、一目惚れをして即告白!…なんてキケンな行動はなかなか取りません。

彼女候補を選ぶ際も、相手の女性をよく吟味してトラブルなく良い恋愛を送れそうな相手かどうかを見極めるのです。

色んな女性を見ている内に、恋愛経験が豊富で男性からモテモテな彼女よりも恋愛経験が少ないブスな彼女の方がトラブルもなく安心して付き合えるという答えに行きつきます。

そうして実際に付き合ってみても、ブスな彼女は一途で彼氏を大切にしてくれるので幸せな恋愛が送れるのです。

癒しを求めている

彼女に癒しを求める男性は多いですよね。

そういう男性がハマるのがブスな彼女の優しさ。

他人の気持ちを敏感に察して気配りもバッチリなブスな彼女は、一緒にいて凄く居心地が良いのです。

そもそもブスな彼女にとって、彼氏に嫌われる言動は絶対NG。

「甘えれば構ってもらえる」「おねだりすれば我儘を聞いてもらえる」といった図々しい考えは持ちません。

例えば、彼氏が疲れている時に空気を読まず「かまって~」とせがんだり、「今から買い物に(荷物持ちで)付き合って!」と無茶なお願いをしたり…。

空気を読まず面倒くさい彼女より、癒し上手な彼女の方が男性に好印象なのは当たり前ですよね。

とにかく彼女が欲しかった

「誰でもいいから彼女が欲しい!」「とにかく彼女が欲しい!」という男性もいるでしょう。

こういう時、美人や可愛い女性よりも、フリーな女性か彼氏を欲しがっている女性をターゲットにするのが成功率が高いと言えますよね。

中でも、自分でも手に入れられそうだったのがブスな女性だった、というケースもあります。

こういう理由で彼女になった女性は、失礼な話だと怒れればいいのか彼氏ができてラッキーと喜べばいいのか複雑な心境だとは思いますが、それがきっかけで幸せに過ごせているのなら結果オーライなのかも?

ブスだからこその良いところ

上でもちょこちょこ触れてはきましたが、ブスな彼女だからこその良いところもいっぱいあります。

美人や可愛い彼女はそれなりに苦労しますが、ブスな彼女は苦労どころか彼氏にとってはメリットだらけ!…と言えるかも?

これを見たらブスな彼女への偏見もなくなるはずです。

これを見ている男性の皆さん、「俺は外見重視だから」とブスを彼女候補から外して、損をする事になっても知りませんよ?

それでは早速、”ブスだからこその良いところ”をチェックしていきましょう!

小さな事でもすごく喜ぶ

男性経験豊富な美人や可愛い女性は、男性に喜ばせてもらう事が当たり前。

多くの男性からのエスコート&アプローチを受けている分、ちょっとした事ではなかなか喜びません。

逆に男性経験が浅いブスな女性の場合、女性扱いはもちろん、男性に何かをしてもらう事自体あまり経験がないので、ちょっとした彼女扱いにもすごく喜んでくれます。

例えば、「デートの帰りに彼が家まで送ってくれた」だとか、「彼が自分の好きな物を覚えていてくれた」とか、彼氏にしてみたら凄く些細な事でも、彼女にとっては彼氏が自分の為にしてくれたすごく特別な事なのです。

本当に何気ない事に驚く程喜んでくれるので、彼氏も「こんなに喜んでくれるならやって良かった」「次は彼女の為に何をしよう」と思うはず。

彼女にここまで喜んでもらえると、彼氏冥利に尽きますよね。

尽くしてくれる

ブスな彼女は、とにかく一途で彼に尽くす傾向があります。

これは「もっと彼に好きになってもらいたい」「大好きな彼の為に自分が出来る事をしたい」という気持ちがあるから。

もしくは容姿に自信がない分、こうやって彼に尽くす事で自分の魅力をアピールしているのかもしれませんね。

洞察力が優れてている上に、彼氏と一緒にいる時は気配り度が常にMAXなので、彼の様子から思っている事を瞬時に読み取って完璧な気遣いをする事も珍しくありません。

その様子は、誰が見ても”理想の彼女”でしょう。

仮に気持ちが空回りして失敗してしまったとしても、好きな人に尽くそうとする女性の姿は健気に移るものです。

精神的な支えを求めている男性にはぴったりの彼女だと言えるかもしれませんね。

浮気の心配がない

お互いの浮気の心配が原因でカップルの仲が悪化した、という話もよくありますが、ブスな彼女なら他の男に取られる心配も少ないので、安心してお付き合いができます。

特に遊び相手の女性を選ぶ場合は、内面よりも外見を重視する男性が多いです。

よっぽどチョロそうでない限り、ブスな女性はそういう男性からも狙われにくいでしょう。

さらに彼氏に一途なブスな彼女なら彼を裏切る様な事は絶対にしません。

普段から彼女に大切にされている事を実感できるはずなので、心配性な男性もこれなら安心できるでしょう。

謙虚

ブスだという自覚のある女性は、見た目に自信がない分とにかく謙虚です。

その為、人に褒められれば凄く喜びますが、それで調子に乗る事はありません。

自分の事を客観的に評価出来るだけでなく、欠点は努力や他の面でカバーしようと考えています。

彼氏の為に綺麗に可愛くなろうと日々頑張るのもブスな彼女の良いところでしょう。

そして、自身が見た目にコンプレックスを抱えている為、他人の劣っている部分を非難したり、見下したり傷付ける様な事はしません。

逆に他人の良い所をきちんと見てあげられる心優しい性格の持ち主とも言えるのです。

【謙虚な人のついては、こちらの記事もチェック!】

気楽に付き合える

男性経験が多い美人や可愛い女性の場合、多くの男性を見てきているので彼氏に求めるスペック(理想)も自然と高くなっています。

しかしブスな彼女の場合は、(良い意味で)そこまで頑張らなくても気楽に付き合えるのです。

ブスな彼女の前で下手に格好つけたり見栄を張らなくても良いのは、「素の自分でも彼女なら全て受け入れてくれる」と彼が分かっているから。

そんな気楽さに居心地の良さを覚えて、「いつまでも彼女と一緒にいたい」と思えるのかもしれませんね。

やはり、他人が長く一緒に居続けるには気楽さというのはかなり重要なポイントになるのでしょう。

彼氏の事を愛してくれる

一途で彼氏に尽くすのがブスな彼女の良いところ、という話をして来ましたが、ブスな彼女は本当に彼の事を大切にします。

それも、彼への愛故です!

彼女の愛情には、彼を好きな気持ちはもちろん、自分を彼女として選んでくれた彼氏への感謝の思いも含まれています。

だからブスな彼女は、彼氏にとって良い彼女であり続ける為に彼に尽くし、彼の事を心から想っているのです。

男性が付き合いたくなるブスの特徴

ここまでの話を見てきて、”ブスだから彼氏が出来ない””ブスだとモテない”という考えは大間違い、だという事に気付いてもらえたかと思います。

では、彼氏がいるブスと、彼氏が欲しくてもなかなかできないブスの違いとは何なのでしょうか?

自分に自信がないから?恋愛に対して消極的だから?…もちろんそれもあるでしょう。

しかし、その他にもっと単純な違いあったんです。

しかも、モテるブスとモテないブスの差は、努力と意識を変える事でグッと縮められます!
…ここまで言われると、どうすれば男性にモテるブスになれるのか、気になりますよね?

そこで、”男性が付き合いたくなるブスの特徴”をまとめました。

これをおさえれば、顔に自信がなくても素敵な彼氏をゲットできるかもしれません!

常に笑顔でいる

見た目にコンプレックスがあると上手く笑えなかったり、「どうせ笑っても可愛くないし…」と卑屈になりがち。

だからといって、人前でちっとも笑わず無表情なままでは、ちっとも魅力的に見えませんよね?
しかも最悪の場合、「無愛想な人だな」と周りを不快にさせてしまう可能性も…。

笑顔は人を魅力的に見せます。

それは、美人もブスも同じ!
上でも話しましたが、顔が整っていなくても表情が豊かなら魅力的に見えるものです。

気になる男性の前だけでなく、人前では常に笑顔でいる事を心掛けましょう!

表情がいつもより明るくなるだけで、その人の印象もガラリと変わるものです。

それに、いつもニコニコしている人の周りには自然と人が集まってくるもの。

その中に笑顔に惹かれた男性も現れるかもしれません。

笑顔を作るのが苦手な人は、鏡の前で練習してみましょう。

最初は上手く笑えなくても、練習を重ねれば必ず形になるはずです。

それに、鏡を見ている内に「この角度なら少しは可愛く見えるかも!」なんて発見もあるかもしれませんよ。

料理が得意

男性の胃袋と一緒にハートもゲット!…という話もよくありますよね。

料理上手な彼女だと、自分の好きな料理を作ってもらえるし、周りにも自慢が出来るので、男性にとってかなりポイントが高いと言えます。

1つのジャンルを極めるのも良いですが、リクエストに応えられる様に和洋中、幅広いジャンルの料理を習得しておくといいかもしれませんね。

もし料理の腕に自信があるなら、手作りのお菓子を周りに配ってさり気なくアピールするのもアリです。

最近は、料理だけだなく家事全般が得意な男性が増えてきているので、”家事が人並みに出来る”程度では、男性にもあまり刺さらない場合があります。

なので少々苦労するかもしれませんが、「得意!」と断言出来る程度には料理の腕を磨いておきたいところです。

頼りがいを感じる

男性には「頼られたい」という思いがある一方で、「支えてくれる存在が欲しい」「甘えさせてくれる存在が欲しい」という気持ちもあります。

その為、頼りがいのある女性に魅力を感じて惹かれる事もよくあるのです。

因みに、頼りがいがある女性とは、立ち振る舞いがきちんとしていたり、自分の考えしっかり持っていて周りに流されない様な人。

ただし、頼りになる女性を演じ様として、お節介を焼いたり周りからの親切を断る行為は逆効果なので、絶対にやめましょう。

タイミングを見極めて適度に、頼りがいのあるところをアピールするのがポイントかもしれませんね。

色気がある

ブスでも色気があれば男性を魅了出来ます!

色気と聞くと、肌を無駄に露出したり男性に媚びた態度を取ったりするのをイメージするかもしれませんが、ここで言っているのはもっと上品な色気の事です。

そういう色気は、仕草や振る舞いに現れます。

イメージとしては、”落ち着いた大人の女性らしい動き”を想像してもらうと分かりやすいかもしれません。

上品かつ、しなやかで洗練された仕草や振る舞いは、独特な色気を感じますよね。

姿勢がピンと伸びた女性や、指先の動きが綺麗な女性も男性の目を引くので、少し意識してみるといいかもしれません。

雰囲気が優しい

雰囲気が優しい人は親しみやすい雰囲気もありますし、一緒にいて癒されそうですよね。

こういう人は、男女問わず好かれる傾向にあります。

実際、好印象なブスは雰囲気が柔らかかったり人当たりが良いという特徴があるのです。

逆に雰囲気が固いと、「人付き合いが嫌いなのかな?」「話しかけにくいな…」という印象を与えてしまう事も。

実は、優しい雰囲気は意外と簡単に演出する事が出来るんです!

例えば、髪を明るい色に染めてふんわりと巻いてみたり、パステルカラーなど明るく淡い色の服を着たり、石鹸やフローラル系の優しい香りを身につけたり、話し方を少しゆっくりにしたり、目があったらニコッと微笑んだり…。

どうですか?
優しそうな雰囲気の女性がイメージ出来たのでは?

話が面白い

ブスでも話し上手だったりユーモアのある女性は、「一緒にいて楽しい」「もっと話していたい」と感じますよね。

例え顔がタイプでなくても、そういう気持ちが恋愛感情に変わる事も珍しくありません。

話が面白いというのは話の内容に限らず、人を引きつける話し方が得意だったり、ユーモアのある言い回しが上手、なども含まれます。

もし周りに話し上手な人がいるなら、その人の話し方を真似てみるといいかもしれませんね。

愛嬌がある

「女は愛嬌」ということわざがありますが、やはり愛嬌がある女性は例えブスでも愛らしく見えるものですし、実際男性にもモテます。

因みに愛嬌とは、にこやかで可愛らしい様、または周りの人が喜ぶ様な言葉や態度の事。

人を喜ばせるには、相手を褒めたり感謝の気持ちを持って接するといいかもしれませんね。

【愛嬌については、こちらの記事もチェック!】

自分磨きを頑張っている

男性にモテるブスは、自分磨きを怠りません。

もちろん、外見と内面の両方です。

ブスな女性の中には「自分磨きをしても大して可愛くならないし…」と卑屈になったり、努力する事を諦めたりしてしまう人がいます。

実は、それが一番のモテない原因なのです!

卑屈で自信がないブスより、明るくて自信つけようと努力しているブスなら、圧倒的に後者の方が好感が持てますよね?

男性もその違いをちゃんと見抜いているのです。

それから、「自分磨きをしても無駄」と思っている女性に言いたいのが、ブスだからこそ自分磨きの成果が実感できる、という事。

例えば、美人や可愛い女性がオシャレを頑張っても、男性にとっては「ちょっと変わった」程度にしか見えませんが、これがブスになると「すごく変わった!」「いつもより可愛い」となるのです。

努力がきちんと結果に現れるので、その分本人にも自信がつくでしょう。

内面が美しければモテるのに外見の善し悪しは関係ない

ブスな彼女について色々とお話してきましたが、女性としての魅力や男性を惹きつける要素として、外見よりも内面の方が大事だと分かってもらえたのではないでしょうか。

内面の魅力に惹かれて好きになってくれる男性は必ずいる!

例え顔に自信がなくても、恋に消極的にならずに前向きに考える事も大切ですよ。

それに結局、見た目よりも内面に惹かれたというカップルの方が圧倒的に長続きするので、恋人を選ぶ時は相手の性格が自分と合うかをしっかり見極めて、お付き合いをするか決めましょうね。