みなさんが思う”美人な人”ってどんな人ですか?

顔はもちろん整っていてるでしょう。

でも、顔はまあキレイなんだけど、なんか美人に見えない・・・って人も中にはいますよね?

それって、どうしてなんでしょうか?

「美人だよね~」って言われる人の特徴、雰囲気ってどんな感じなのでしょうか??

キレイになりたい、美人って言われたい人必見の、美人の特徴を、いろいろな角度からご紹介していきたいと思います♪

美人の特徴を知って、GETしよう♪

みなさんの周りにも、「あの人いつもキレイだな~」とか「本当に美人だな~」って思う人はいますか?

見ているだけで、こちらもなんだか幸せな気分になったり、うっとりしたり、逆にその人のオーラに気が引き締まることもありますよね。

美人な人は、そこにいるだけで人目を引きますよね。

人って、やっぱりなんだかんだ言って外見を最初に見るので、美人な人ってすごくお得な気がします。

美人なだけで、男性からも喜ばれるし、女性として丁寧に扱ってもらえますよね。

そして、やっぱり女性はいつまでも「キレイになりたい」、「美しくなりたい」って思っていて、いつも美人に憧れているものですよね。

「あの人みたいに美人だったらな・・・」と想像することもあるのではないでしょうか?

美人になれれば、自分に自信をもって生きていけそうだし、自分のことが好きになりそう。

では、どうしたらそんな「美人」オーラをまとうことができるのでしょうか?

もともとの外見は自分で選択して生まれてきたわけではないから、全部を変えるのは難しいけど、それでも努力できるところはしていきたいですよね!

それに、外見だけでなく人のオーラというのは、その人の生き方とか普段の生活スタイルが関係しています。

なので、顔だけが整っていても美人にはなれないことも多いです。

ということは、美人オーラをまとうために今から努力できるところっていっぱいあるのではないでしょうか?

というより、今でこそ美人な人たちというのは、じつはものすごく努力した結果そのオーラをまとっていて、美しさをキープするために多大なる努力を今でも積み重ねているのかもしれません。

それで、今から美人の特徴を調べて、少しでも美人になるための一歩を踏み出しましょう!

美人特徴はこれ!26選


美人な人というのは、普通にそこにいるだけで、なんだかとても目立ちますよね。

美人オーラというのか、その美しい雰囲気をまとっているので、いつも人目を引くんです。

しかし、顔がキレイだからといって、みんながそのような美人オーラをまとっているわけでもなかったりしますよね?

逆に、顔はあの人の方がキレイな気がするけど、こっちの人の方がすごく美人に見えるのはなぜ??と思うことってありませんか?

つまり、美人というのは顔立ちはもちろんなのでしょうけど、その人の立ち振る舞いとかしぐさとか、その雰囲気全体が関係してくるような気がします。

ということで、今回は「美人だよね」と言われる人の特徴を、様々な角度から徹底解説していきたいと思います♪

目がキレイ

「この人美人だな~」と思う人というのは、みんな目がキレイです。

いつまでも見つめていたくなるような目をしています。

例えば、女優さんたちの目でみなさんが好きな人はいますか?

みんなそれぞれ好きなタイプがありますけど、最近のランキングで20代・30代の美人女優として選ばれているのは、新垣結衣さんとか、武井咲さんさらに北川景子さんや仲間由紀恵さんなどがいます。

どうですか?

みなさん、目が吸い込まれそうなくらいキレイですよね?

そして、目が澄んでいるような気がしませんか?

目が濁っているとか、目に力がないという人もたまにいますけど、目に生命力とか人としての魅力が現れるので、やはり目がキレイな人というのは引き付けられますよね。

他にもたくさんの美人な女優さんたちがいらっしゃいますけど、やはり一般人の方でも、目がハッキリとしていて、キレイな形で、そして目に力がある人は「美人」と見られるでしょう。

見た目的に言えば、目がハッキリとしていて、たれ目よりもちょっとキリっとした目の人のほうが「美人」とみられやすいです。

たれ目の人の場合は「可愛い」系になりやすいでしょう。

顔のEライン

横顔美人の特徴として、顔のEラインについて聞いたことはありますか?

Eラインとは、美容整形とか歯の矯正などでよく言われるラインのことなのですが、もともとアメリカの矯正歯科のロバート・リケッツという先生が、横顔の美しさの基準として発表したものです。

この先生が言うには、顔が美しいかどうかというのは、輪郭の形できまり、得に横顔の形がとても重要であるということです。

その横顔の美しさを測るために重要なのがEラインなのですが、ではどこがEラインと呼ばれるかというと、横顔のときに鼻と顎を結んだ直線ののことで、その直線をエステティックライン(略してEライン)と言います。

この鼻の先端と顎の先端を結んだ直線の中に、唇が収まっていると”美人”と言われています。

つまり、鼻から顎にかけての輪郭というのが、美人になるためにかなり大事ということなのです。

しかし、日本人と外国人では骨格が少し違いますよね。

日本人は鼻も低いし、平面的な骨格をしています。

それで、外国人の場合はこのEラインの中に唇が収まっていると美人と言われるのですが、日本人はこの直線に唇がタッチしていてもOKとのことです。

日本人で、このEラインの中に唇が収まっている人というのは少ないらしいのですが、芸能人で言うと、北川景子さん、満島ひかりさん、のんさん、剛力彩芽さんと言われています。

確かに、皆さん驚くほどの横顔美人ですよね!

このEラインというのは、整形しなければ手に入らないのか!?と思いきや、なんと整形しなくても、自分の呼吸とか、顎の筋肉を鍛えることとかを見直すことによって、何とかなる場合もあるらしいです。

だから、口が前に出てしまっている人はどうしてそうなっているのか、ということをまず知って、それから改善方法を見つけると、周りが見とれる横顔美人になれるかもしれませんよ。

キレイな肌


肌がキレイな人は、やっぱり美しさを感じますよね。

一方で、お肌が荒れているとなんだかもったいない・・・。

顔は美人でも、肌がガサガサだったり、ぶつぶつなだけで美人度はぐっと下がってしまいます。

お肌の色は人それぞれの個性がありますけど、美しい肌というのはキメが整っていて、つるっとしています。

脂っぽくギトギトしていることはなく、でもちゃんと保湿のされた滑らかな肌です。

そして透明感があります。

女性は、ホルモンバランスの乱れでお肌が荒れたりすることもありますけど、そうゆう自分の肌に起きやすいトラブルを知っておくと、それをできるだけ防ぐための手段を見つけることもできます。

それで、普段のスキンケアがとても重要となるでしょう。

自分に合ったスキンケアコスメを見つけるのも大切です。

いろいろなスキンケアの方法がありますけど、そのどれもが自分にとって効果的と言えるわけでもないと思います。

他の人にとっては効果的な方法でも、自分のお肌のタイプでは合わない方法であることもあります。

なので、まずは自分のお肌のタイプをよく知って、自分に合うスキンケアを心がけましょう。

さらに、外からのケアだけでなく内からのケアも必要です。

お肌の老化を防いだり、トラブルを防ぐために新鮮で栄養価の高い食事を摂ることを意識しましょう。

いつもインスタントやコンビニの食事では、お肌もくすんできてしまいます。

お肌のケアは、何年後、何十年後の自分に帰ってきます。

それで、今キレイな滑らか肌を手に入れるためと、今後のお肌のために、丁寧にケアをしましょう。

鼻と口の距離が近い

鼻と口の距離が近い、ということも最近注目されている美人の特徴の一つなんです。

え?鼻と口の距離??って思うかもしれませんけど、じつは美人な人というのは鼻と口の距離が短い人が多いらしいのです。

昔から、眉毛と目の間が狭いと外国人風で美人に見えるとは言われていましたけど、鼻と口の距離が短いほうがいいなんて、なんとも新しい発見ですよね。

しかし、これはちゃんと研究でも実証されているようで、まあ美人という研究ではないらしいのですが、イギリスので行われた第一印象に関する研究では、鼻と口の間の長さが短いほど親しみやすさがでるそうです。

人の印象を決めるパーツとしては目が一番大きいと言われていますけど、目元というのは全体の印象を左右するのに対し、なんと鼻から下というのは年齢の印象を決めるらしいです。

確かに・・・、言われてみれば鼻から口の距離が長いと、なんだかしまりのない顔になる気がする。

でも、そこの距離が短いと整った顔という印象が強いかもしれません。

では、短いとはいってもどのくらいが理想なのかというと、美人の条件としてよく、「鼻から上唇までの距離:下唇から顎までの距離=1:2」が理想と言われています。

つまり、鼻から口までの距離は、口から顎までの距離の半分くらいでいいということですね。

これを実現するために、上唇をちょっとオーバーリップぎみにメイクするといいみたいで素よ。

鼻筋が通っている

鼻筋が通っていると、それだけでキリっと美人顔に見えますよね。

鼻は人の顔の中央に位置しているので、鼻の位置が変わったり、鼻の形一つで顔の印象も変わります。

鼻筋が通っていて、小鼻が小さいと顔全体がすっきりと見えます。

理想としては、鼻が始まる位置はうわまぶたの位置で、小鼻の大きさは目幅と同じくらいが良いとされています。

日本人は、鼻が低くて丸っこい形をしていることが多いので、シュッと鼻筋の通った鼻を見ると憧れちゃいますよね。

横から見た時に、まっすぐに伸びているかまたは少しだけへこんでいるくらいのラインが美しいらしいですよ。

小顔

顔の輪郭というのも、人それぞれですけど、小顔の人はどんな髪型をしても似合いますよね。

そして、小顔の人は女性らしくて、身体全体とのバランスもいいですよね。

できるなら、顎がシュッとしている小顔さんになりたいもので、みんなファイスラインがすっきりとするように、一生懸命リンパマッサージなどもしているのではないでしょうか?

小顔美人と言えば、桐谷美玲さんとか、最近では中条あゆみさん、満島ひかりさんがいます。

顔が小さくてパーツがバランスよく整っているというのが最高ですね。

歯がキレイ

美人の笑顔というのは、ものすごい破壊力がありますけど、残念なのが口を開けた時に歯が汚い人です。

顔は美人なのに、歯並びががたがただったり、さらには歯が黄ばんでいるとすごくガッカリしますよね。

歯並びは矯正などで治すことができますけど時間もかかります。

なので、できれば小さい頃に直しておけると一番いいですよね。

そして、歯の色も気になるところです。

歯が黄ばんでいると、不潔に見えたり、だらしなく見えるし、いくらキレイにお化粧していても、歯があまりにも黄ばんでいるとなんだかすごく残念です。

口元が美しくないと美人とは言えないので、歯並びがよく白い歯なのがポイントですね。

涙袋

涙袋があると、目元がキラキラして見えますよね。

だからこそ、整形などでヒアルロン酸注入して涙袋をつくったり、メイクなどで強調したりしますけど、やっぱりもともと涙袋がある人は、笑ったときの目元がすごく魅力的ですよね。

なんと、人の第一印象というのは目元で90%も決まると言われていますけど、涙袋があると目が大きく見えます。

それは、目の下にも存在感があることと、目元がより立体的になるからです。

そして、目が大きく言えることによって小顔効果が生まれます。

涙袋が”フェロモンタンク”なんて呼ばれることもあるほど、魅力的であり、笑ったときの顔が魅力的な女性の象徴とも言えるポイントです。

口角が上がっている

キレイな人はだいたい、口角が上がっています。

口角が上がっていると、明るいイメージになり、さらに幸せオーラを感じさせます。

逆に口角が下がっている人の顔は、なんだか不満そう、不幸な感じ、さらには怒っているの!?と思われてしまうことも多く、得に不機嫌なわけでもないのに、人に不快な印象を与えてしまうことがあります。

口角を上げるために口元のエクササイズなどもできますが、自然と口角が上がっている人というのは、やはりいつも笑顔の人でしょう。

それで、笑顔でいることを意識すると、それだけで人に与える印象が変わり、幸せそうで優し気な美しい人と見られると思いますよ。

好感度は絶対にアップします。

身だしなみに気を遣っている

いくら顔が整っていても、身だしなみに気を付けていない人は、だらしなかったり、なんだか惜しい人ですよね。

しかし、いつも自分の身だしなみに気を付けている人は、清潔感があり、人に与える印象がとてもいいです。

身だしなみを整えるというのは、自分と周りの気持ちに影響を与えます。

だらしない恰好をしている時には、気持ちもだらけてしまったりしますけど、ちゃんと整えると身が引き締まりますし、周りの人も気持ちのいいものです。

清潔でキチンとした服装、ちゃんと整えられた髪型、幸せを運んでくれそうな靴など、身に着けるものは自己表現する一つのアイテムですので、美しい人は自分も周りもHAPPYにしてくれるようなものを選んでいます。

いつも笑顔

いつも笑顔、という特徴もあります。

人はいろいろな表情をしますけど、笑顔はその人を一番美しく見せてくれる表情と言えるでしょう。

実際、あるアンケートでは男性に「女性の好きな表情は?」という質問をしたそうです。

そうしたら、なんと男性全体の90%以上の人がみんな「笑顔」と答えました。

つまり、10人中9人の人は笑顔に魅力を感じています。

笑顔を見ていると癒されるしドキドキするとか、明るくてとにかく可愛い、などの意見があるように、笑顔の女性というのは人を幸せにしてくれるのです。

確かに、笑顔の人と一緒にいるとこちらまでなんだか笑顔になれるし、楽しい気持ちになれますよね。

そして、こちらも幸せになれるから、その人のことがすごく魅力的に感じます。

美人に笑いかけられると、ドキドキしない人はいないかもしれませんね。

やりすぎないメイク

美人だと言われる人は、メイクが上手です。

女性はメイクでだいぶ印象が変わります。

メイクをとったら別人・・・!なんてこともしばしばあるのですが、美人の特徴はやりすぎ感の無いメイクをしていることです。

つまり、ナチュラルさを残しつつ、自分の顔の良さを最大限に引き出し、隠したいところを上手に隠すメイク術を持っています。

ギャルメイクなどは、可愛いですけど、やっぱりその盛り感が美人とは感じさせません。

ギャルなどが急にナチュラルメイクにすると「美人!」と驚かれることがあるくらいなので、メイクはあまり濃すぎず、やりすぎないくらいが美人と言われるためには必要なんですね。

まつげがダマダマになっていたり、素肌感が全くなかったり、おてもやんのようにまっピンクなチークとかは、美人というよりも個性的な女子の分類に入れられてしまうか、がさつなイメージを与えます。

言葉遣いや話し方

すごく見た目がキレイな人が、「きも!」とか、「ウザイ」「死ね」という汚い言葉を話しているのを見たことがありませんか?

なんだかガッカリしませんでしたか?

本当に美人な人というのは、そうゆう自分の品格を落とすような話し方や言葉遣いをしません。

言葉遣いや話し方というのは、その人の生き方やその人の性格、普段の態度を表すこともありますよね?
美しい言葉を使い、丁寧な話し方をしていると、それだけで気品を感じます。

得に女性としては、穏やかな口調や優しい話し方をするとモテるみたいです。

さらに、話す内容ということも関係してきます。

いつも消極的だったり、批判的、否定的だったりして、話せばいつも人の悪口をいっていたり、不満や不平ばっかりが口から出てくる人よりも、積極的で他の人が聞いていて気持ちのいいことを話せる人の方が魅力的だし、一緒にいたいと思えますよね?

美人は、口から出す言葉も美しいのですね。

食生活が良い

美人オーラを出せる人というのは、内面から美しいと言えます。

それで、基本的な食生活もちゃんと良いものに保たれています。

栄養価が高く、バランスの良い食事ができている人は健康的で肌ツヤもいいですよね。

やはり人は健康でないと、美しさを保てません。

健康の基本は食事ですし、食事というのは毎日のことであり、その積み重ねで自分の体ができているわけです。

それで、いつもインスタント食品ばかりだったり、添加物の塊のようなものばかりを食べていたり、身体に悪い食生活をしていると、お肌もくすみますし、健康が損なわれてなんだか輝きが足りない見た目になってしまいます。

スタイル維持や体調管理

「美人はいつもキレイでいいな~」って思っている人も多いと思いますけど、美人だって努力なしでそれを維持しているわけではありません!

女優さんたちだって、その美しさを保つために多大なる努力をして、あの美しさをキープしているんです。

若いころには何もしなくても美人でいられるかもしれませんけど、やはり20代後半にもなるといろいろとお手入れを一生懸命にしなければ、お肌だってどんどんと劣化するし、スタイルを維持するためには食事制限をしたり、運動をしたり、筋トレなどの努力が欠かせません。

そのようなスタイル維持のための陰の努力や工夫をしているからこそ、その美しさをキープできているのです。

体調管理もそうです。

先ほどの食生活がよいということも、結局は自己管理であり努力です。

体調が崩れると、見た目にも影響することをよく知っているので、しっかりと自分の体と心の健康を守り、限界を超えないように自分を管理しています。

忙しいときでも、体調管理をしっかりとしているのでキレイでいられるのです。

姿勢がいい

日本人は猫背が多いと言われていますけど、猫背はだらしなく見えたり、自分に自信がなく、申し訳なさそうに見えたりして、見た目の印象が悪いですよね。

それに比べて、美人は姿勢がいいです。

ちゃんと胸を張っているので、前向きなイメージになるし、自分に自信を持っているように感じるので、人として存在感もあります。

姿勢で人の性格がわかると言われるくらいですから、姿勢はその人の人間性を表すものでもあるということで、やはりちゃんと見た目に気を遣っている人は姿勢にも気を付けていると言えます。

背筋がちゃんと伸びていると、さわやかな印象にもなりますし、スタイルもよくなります。

逆に姿勢が悪い人は、スタイルも悪くなるので、どんどんと美人とはかけ離れた見た目になってしまいます。

気配り上手

見た目ではありませんが、人として美しいと思われる人、魅力的な人というのは気配り上手なんですよね。

気配りができる人というのは、周りの人の必要などを察知して、先々を見越して率先して行動できる人です。

そうゆう人は、やはり周りをよく観察しています。

そして、他の人が次に何を必要とするのか、何をしてほしいと思うか、何をすれば助けになるかということを考えることができます。

なので、イチイチ言われなくても率先して行動できるのです。

さらに、人を観察しているので他の人のいいところなどを褒めることもできます。

つまりは、他の人に対する関心があり、思いやりのある人が気配りができるということですね。

そして、自分から率先して動けるということで、自分で考えて行動する習慣を持っているということでしょう。

そうやって、人を陰で支えたりフォローしたり、他の人に配慮して助けになれること、喜ばれることが率先してできる人は愛されますし、「いてくれてありがとう」と周りから感謝される存在でしょう。

人や仕事、趣味に恋する

美人な人って、なんだかキラキラした、またはイキイキしたオーラを放っていると思いませんか?
どうしてなのかというと、それは一つに恋をしているからかもしれません。

みなさん、人は恋をするとキレイになるって本当だったのを知っていますか??
それはホルモンの働きによると言われています。

人に恋をすると、女性はもっと女性らしくなったり、人に優しくなったり、肌のキメまで整いますよね。

きっと、自分でも恋をすると心の高揚を感じることでしょう。

そうゆうドキドキ感、ワクワク感というのを最近感じているでしょうか?

人にだけでなくとも、仕事や趣味に恋をすることができれば、人としてもっとイキイキとしていられるし、もっといろんな感情やドキドキ感が心に満ちるので、自然と美しくなります。

人のオーラというのは、人の心の状態があらわれるものですよね。

幸せなら、幸せなオーラがでるし、恋をしていると恋をしている女性特有のオーラが漂います。

それで、いつもつまらない毎日を過ごすのではなく、自分からドキドキできる、ワクワクできる、夢中になれるような何かを見つけるのも、美しさを保つ秘訣ですね。

向上心、好奇心がある

向上心や好奇心がある、ということもいつまでも若々しくて、イキイキとした人として輝ける理由かもしれません。

何かにいつも一生懸命になっている人、何かに夢中になれている人というのは、大変なこともいっぱいありそうなんだけど、その分充実感とか満足感、というものを感じているのでしょう。

そうゆう、心が満たされている状態とか、人生に目的ややりがいを感じている人というのは、内面から出る美しさがありますね。

自分をよく知っている

美人の人って、自分をよく知っている人だと思います。

それは外面的なことも、内面的なこともそうです。

外面的に言えば、自分の良さを知っていてそれを思いっきり生かすことができています。

自分に似合うメイク、自分に似合う服、自分に似合うスタイルというものを熟知していますので、自分の魅せ方が上手です。

さらに、内面的にも自分を知っているということは、自分をコントロールできているということです。

自分の強み、弱点など、どんな性格でどんな傾向を持っていて、どんな波があるのかということをよく知っていれば、自分という人間とうまく付き合っていくことができるでしょう。

そうすることで、自分の良さを最大限に引き出すことができるのです。

自分も周りも大切にする

自分を大切にできていない人は、キラキラ感があまり感じられません。

そして、自分を大切にできていない人は、他人のことも大切にするのが下手です。

そうすると、人に対して否定的だったり、他人を認めることができなくて、どんどんと醜いオーラが出てしまいます。

自分のことを好きになり、大切にして、さらに周りのことも大切にできる人が美しい人なのではないでしょうか。

気持ちに余裕がある

自分を知っていることや、自分も周りも大切にできることなどとも関係していることだと思いますが、気持ちに余裕がある人はいつもキレイですよね。

心にゆとりがあるので、見た目もオシャレに気を抜かないし、いつもイライラしていたりすることもありません。

そして、人に対して優しい態度や穏やかで、落ち着いた対応ができます。

逆に余裕がない人というのは、いつも焦っていたり自分のことでいっぱいいっぱいの雰囲気で、周りの人にギスギスした印象を与えるし、笑顔も少なくなるし、人にも厳しくなります。

周囲の整理整頓ができる

雰囲気も美人な人は、普段の生活も整っていると言えます。

それで、自分の部屋、仕事のデスクなどもちゃんと整理整頓ができています。

そのような普段のきちんとした生活態度がその人の雰囲気に出るんですね。

部屋が散らかっている人というのは、精神が乱れているとも言われていて、部屋の状態と心の状態が関係していることは有名ですね。

それで、安定感のある美人は、周囲の整理整頓もできている人が多いです。

男女平等で良い人間関係

人として、差別的ではなく一人ひとりに同じ対応ができる人は、魅力的であり美しさを感じます。

人を見て態度を変える人ってやっぱりなんかイヤですよね。

それに、男性の前にだけ媚びを売るような女性もわかる人にはわかります。

男女平等で、誰とでもよい関係を築くように自分から努力している人は、性格美人でもありますね。

周りの人の悪口を言わない

本当に性格も雰囲気も美人な人というのは、周りの人の悪口を言わない人です。

もちろん、誰でも人間ですから文句を言いたくなるときとか、他人に感情を害することはあります。

でも、だからと言ってだれかれ構わず周りの人の悪口を言いふらす人って、なんだか雰囲気もいつも不満そうで、不幸なオーラも出ていますよね。

一方で、人間関係でいろいろとあるとしても人に対しても積極的な見方ができるとか、悪口よりも楽しいこととか、もっと積極的なことを口にしている人の方が明るくて、楽しそうです。

感情表現や表情が豊か

いくら顔が美人でも無表情だと、その人のことが魅力的とは感じないようです。

あるアンケートによると、「美人だけど無表情の人と、顔は普通だけどよく笑う人とではどちらが魅力的か?」という質問に対して、なんと80%以上の男男性が「顔は普通だけどよく笑う女性」を選びました。

笑った顔が一番なのはもちろんですけど、無表情というのはそれだけ人としても魅力を低下させてしまうものなんですね。

いくら顔が整っていても、やはり表情が豊かな人には負けるということは驚きです。