お金というのは使っては無くなっていくものです。

マンションなどの賃貸に住んでいる人やローンを組んで家を建てているという人、様々なところでお金というものは使うことになると思います。

ですがその時に問題になるものが家計ですよね。

いくらお金があるからと言っても無駄な出費などは抑えたいです。

夫婦であれば旦那さんが働きに出ますがいつも昼食などは弁当で済ませていますか?それともコンビニ弁当になっていますか?そこを変えるだけでも実は家計の支えになるのです。

ちょっとした事でも家計の支えになることが多いでしょう。

では今そんな家計に悩んでいる人はどのくらいいると思いますか?

誰もが悩むことになると思うのですが、そんな時に試してもらいたい10個の節約術があります!

この節約術をすることで多くの出費を抑えることができるようになるでしょう。

節約と聞けばどの様なものが思い浮かびますか?様々な節約方法があると思います。

お金を抑えるための工夫というのは様々なところであり、それを抑えるだけでも数千円と変わってくるのです。

その様にして見ると大きく抑えていると思いませんか?数十円ということであれば大丈夫だと思う人でも「塵も積もれば山となる」です!小さいことの積み重ねをすることでお金はどんどん貯まっていくようになるでしょう。

他にもお金を少しでも稼ぎたいという人に5個の稼ぎ術をお教えしたいと思います。

例えば今話題の「メルカリ」を使っていらない物を売ったりするなんていうこともできますよね。

捨てるよりかは誰かに使ってもらう、売るという方法を取れば物も喜ぶのではないでしょうか?

他にも小遣い稼ぎとして稼ぐ方法はいくつもありますが、ではどの様なものがあるのか、節約術と稼ぎ術の2つのことについて今回はお話をしたいと思います。

今すぐ試そう!10個の節約術

今すぐ節約をしよう!と思っていても何をすれば良いか解らないという人はいませんか?
生活をする上で大事な出費というのは抑えることもできますが、極限にまで抑える必要はありませんよね?

適度な節約をこなすことでいずれ大きく出費を抑えることができるようになるのが節約なのです。

なので節約術をして直ぐに効果が出るというのは無いです。

1月かけてどれくらい節約をできたかを考えると良いでしょう。

例としてよくコンビニ弁当を買わないという方法がありますよね。

コンビニ弁当を買わずに自炊をした方が結果的には安いということになるからです。

自分で作りさえすれば弁当が1個500円だとしても簡単なものであれば300円程度で作れてしまうからです。

他にも水筒などを持つという方法もあるでしょう。

よく飲み物を飲んでしまうという人は水筒を持参することでペットボトルなどの飲み物を買わずにすみますよね。

最近ではタンブラーの様な簡単な持ち運び用のペットボトルなどもあります。

それを駆使して日頃の飲料にかける値段を少なくするなんていうこともあるでしょう。

この様なことを積み重ね、日々を過ごすことが節約ということになるのです。

これは1週間ではあまり効果が発揮できませんよね。

例えば1ヶ月節約をしてどれくらい総合的に出費を抑えることができたかを考えると良いでしょう。

しかしここで注意することは体調や精神的な面を追い詰める必要はないということです。

節約をしている時にまれにストレスになってしまうという人もいますが、そこまでしないような節約術もあります。

自分に負荷をかけることなく家計を抑えるという方法を取るようにしましょう。

ではどの様なものが具体的にあるのか10個の節約術について見てみたいと思います。

1.安い物も本当に必要か考える。


安い物も本当に必要か考えるというのが1つの節約術です。

これは安い物も本当に必要なのか、使うものなのかということを考えるためです。

高い物でも安い物でもそうですが、買って後悔をした物というのはありませんか?

例えば2つのうちどちらかを買って後悔をしたというのはあると思いますが、安いからと言って両方買ったのに使わなかったなんていうようなことはありませんか?

安い物も本当に必要か考えるというのは大事なことになるのです。

いくら安くても使わなかったら無駄。

いくら安くても使わなかったら無駄になりますよね。

例えば食材なども同じ様なことが言えると思います。

安いからつい買ってしまったけれど賞味期限や消費期限を過ぎてしまった、そのままに置いて腐らせてしまったなんていうこともあるでしょう。

いくら安いものでも使わないと意味がありません。

大切なことは本当に使うのかどうかです。

こうする事ができるというような考え方もあると思いますが、実際に使うのかと言われたら「どちらでもいい」というような考えになりませんか?

その様な状態になるのであれば買わないようにするということが大事になるのです。

2.マイ水筒を持参する。

マイ水筒を持参するというような方法もあります。

例えばいつも飲み物を買ってしまうという人はいると思います。

昔はペットボトルの飲み物でも自販機では150円でしたが今では160円と高いところもありますよね。

またその逆で100円で売られている自販機などもあるのではないかと思います。

会社などで働いているという人は社内の自販機が比較的に安いというようなところもあるのではないでしょうか?

ですが1日に100円をかけたとして月に約20日勤務をしたとなれば毎月2000円もかかってしまうということになりますよね。

普通の160円の計算になれば3200円もお金がかかってしまいます。

それを抑えるようにするための方法としてマイ水筒を持参するということができるのではないかと思います。

飲み物を水だけにしておいたり、お茶などを買う際には2リットルのものを買って家でお茶をペットボトルに入れてから出勤をするなんていうこともできると思います。

出かける際にもつい自販機で買ってしまいがちですが、そこを抑えるだけでも節約になるのです!

買ったつもり貯金をする。


買ったつもり貯金をすると良いでしょう。

水筒を持っていっている時に飲み物を買いそうになっていても「買った」と思うようにすることが大切です。

それで水筒から飲み物を飲むということをすれば良いでしょう。

「買った」と思うことで更に自販機でジュースを買うということが無くなるのでこの方法はとても有効的なのです!

少しでも節約をしたいという人は是非買ったつもり貯金をしてみてはいかがでしょうか?

3.自転車で通勤する。

自転車で通勤するという方法もあると思います。

例えば会社が近いということであれば電車やバスで移動をしなくても自転車で通勤するという方法が取れますよね。

電車やバスの移動の方が楽だと思う人もいるかもしれませんが、自転車で通勤をするということは運動にも繋がると思います。

なので自転車で通勤をするということは運動にも繋がるということになるのです。

電車やバスでも定期代がかかってしまいますよね。

月や半年間での定期券を買うと思います。

ですがそれを自転車で移動ということをすれば、その定期代を浮かすことも可能になるのです!自転車通勤ができる位置に引っ越しをするというのもありでしょう。

通勤は近ければ近いほどより通いやすくなりますよね。

この様な方法も節約術の1つに繋がるので覚えておくようにしましょう!

交通費とジム費用を節約!

交通費とジム費用を節約することもできます!

定期の利点としてはその区間内でしたらどこでも降りれるというような利点がありますが、例えばその区間が2駅などの場合は自転車で通勤をしても良いのではないでしょうか?

その区間の間が長ければ長いほどお金がかかりますが、短いときにまで定期を使用するというのは少し勿体無く感じますよね。

そんな時に自転車通勤をすることで交通費を浮かすことができ、更に自転車に乗るということは運動にも繋がります。

なのでジム費用を節約することも可能になるのです。

4,手作り弁当を持参する。

手作り弁当を持参するというのはよくある方法の1つですよね。

例えば先ほども言ったコンビニ弁当もそうですし、食堂などで食べるという人にも同じことが言えます。

社員食堂があるという人はそちらの方が安上がりする可能性もあるかもしれませんが、実は弁当の方が安上がりするのです。

例えば300円で食べれるものがあるとしても、弁当というのは余った食材や冷凍食品などで作ることが多いですよね。

冷凍食品のものに関しては1個だけではなく5個入り、6個入りといったようなものもあります。

それを弁当にすることで費用をどれだけ抑えれるのかと考えるととても良い節約術だとは思いませんか?

300円を5日間と冷凍食品や昨日の残り物で補うのはどちらが安いかと言われたら弁当の方になりますよね。

作るのが面倒だという人もいますが、これをする事で節約にも繋がるのです。

この様な方法もあるということを覚えておくようにしましょう!

日々のランチ代も塵も積もれば山となる。

日々のランチ代というのは時々でかかってしまいますよね。

レストランでは平日にランチメニューがありますが平均的には700円から1000円前後くらいでしょう。

安いところもあり500円のワンコインで食べれるよううなところもあります。

ですがこれも「塵も積もれば山となる」です。

積み重ねると大きな費用に変わってしまいますよね。

ランチ代が500円でも週に2500円近くかかることになります。

それだけが食費ではなく夜などもかかってしまうので1日辺り1000円以上はかけてしまうということになりますよね。

なのでランチ代も安いからと言って行き過ぎてしまうと多くの出費になるかもしれません。

節約をする時に大事なことは誘惑に負けないことです!

弁当にするということだけでもこちらも「塵も積もれば山となる」状態になり、出費を抑えることができてお金が貯まるかもしれませんよ?

5.広告に惑わされない。

よくチラシやインターネットの広告で気になるものがありますよね。

つい見に行ってしまったり買ってしまったなんていう人はいませんか?広告というのはとても良いところを推していくのが広告です。

本当に必要なものなのか考えたことはありますか?広告などに惑わされずに我慢をすることも時には大切になるのです。

広告に惑わされないということは他の物に目移りをしないということにも繋がります。

例えばどんなに良い商品があっても似たような商品というのは多くありますよね。

それに惹きつけられて買ってしまったなんていう人も多いのではないでしょうか?

でも実際に考えて見ると便利だけれどいらなかったのではないか?と思う人もいるかもしれません。

広告に惑わされないようにするというのはとても大切なことです。

買って後悔をするのではなく、買わないで悔やむ方がダメージが少ないですよね。

特に家電などに関しては数万と使うものも多いはずです。

常に最新の状態にするのではなく、仮に購入して何か不具合が出てしまった際にまた買うということをすれば良いでしょう。

本当のさに必要なものだけ買う。

本当に必要なものだけを買うことが大事になります。

どんな事があっても必要な物と必要でないものというのは多くあると思います。

例えば便利になるという物が良い例です。

便利になるから買うという人も多いですが、買わなくてもどうにかなるという人もいますよね。

それは使っている人がどの程度満足をしているかの差になります。

顧客満足という言葉はご存知ですか?

物を買ってそれに対してどれだけ満足をしているのか表すものが顧客満足度になります。

これが多ければ多いほど買ってよかったと思うような人が多く、つい買おうかなと思ってしまいますよね。

本当に便利でこれを使おうとなれば買っても良いですが、これが無くても今十分にできている、やっていけているという人にとっては無理に買わないでいいですよね。

この様に本当に今の自分達に必要なものかどうか、家庭に必要なものなのかを考えて購入をすることが大事になるのです。

6.残り物を使い回す。

残り物を使いまわすという方法もあります。

これは食材でよく言えることですよね。

例えばカレーを作るとしてその食材が余ったから他のに回したなんていうような事もあると思います。

料理をする人なら解りますが勿体無いところまで使ってしまうなんていうような事もありますよね。

明日の料理に使おう、残ったもので軽い惣菜を作ろうといったようなこともできるのではないかと思います。

残り物というのは工夫をするだけでも使えるようになるものばかりです。

食材以外でも同じような事が言えますよね。

古いものを新たにするという様な、まるでリフォームをしているかの感覚になりませんか?

その様な工夫をすることでも費用というものは抑えることができるようになるのです。