転職したい!働いて何度か考えたことがあったという人はいるかもしれません。

しかし、なかなかタイミングを見つけられずに転職をできないままの人もいると思います。

まずもって転職を考えようとした時に転職をしたことがない人がほとんどなので、つまり初体験になってしまうので、どうしたらよいかわからないという方が多いのです。

また、自分に合った職業は何なのかという点にも引っかかる方が多いと思います。

転職は人生を変える選択とも言われ、それに賛成する人が少ないのも事実です。

特に親や親族などは凄く反対するので、転職に踏み込むことができない人もいます。

しかし、一度きりの人生!しかもその人生は親の物でも他人の物でもありません。

あなたの物です。

故に他人に反対されても関係ないのです。

転職をするしないはあなたが判断することです。

そこで今回こちらの記事では、転職のタイミングなどに関しての情報をまとめましたので、ぜひ、あなたの転職活動の参考になっていただけましたら幸いです。

転職を反対する人は転職をしたことがないから反対するのです。

転職にとって人生が変わったと言う人もいれば、やっぱ失敗だったと言う人もいるので、一概に正解か不正解かはわかりません。

要は転職した後にご自身がどう思うかだけです。

つまり、転職は相手の意見に流されてはいけないのです。

転職のタイミングはいろいろ!

転職をしたいと考えるのはどんなことがきっかけになるでしょうか?

主に聞かれるのが「給料が低い」「会社の雰囲気が良くない」「仕事が向いていない」など不満からくることがあったり「引っ越しのため」「親の介護のため短時間の仕事の切り替えたい」など外的要因が関わることもあります。

しかし、転職に踏み切れる人は少ないです。

その主な理由は「タイミングがわからない」「転職するタイミングではない」などタイミングを理由にする方が多いです。

けど、よくよく考えてください。

丁度いいタイミングと言うものは定義されていますでしょうか。

おそらく定義されていないと思います。

つまり、転職に良いベストなタイミングはないのです。

では、良いタイミングとはと聞かれますと、それは人それぞれで違います。

つまり、タイミングは自分で計らないといけないのです。

故にタイミングを理由に転職をしないというのは、ただ単にタイミングを言い訳材料にしているだけです。

自分で転職すべきと思った時が実は転職のベストタイミングなのかもしれません。

しかし、世に言う社会的なタイミング!要は相手ともめないために転職をするためのタイミングを気にする方が多いのです。

つまり、みなさんが気にしているのは相手の顔色を考えたうえでのタイミングなのです。

転職によくあるタイミング


それではここからは転職のタイミングについて説明したいと思います。

要は外的なことに関してから考えるタイミングになります。

転職の時にどうしても気になってしまうのは、相手の顔色です。

今までお世話になった人に別れを告げるようなものなので、それなりに勇気が必要になってくるケースもあります。

会社が忙しい時に転職したりすると、相手が嫌な顔をするのは目に見えていると思います。

そんなふうになりたくないという人は、ぜひ、参考にしていただけましたらと思います。

できれば円満に別れた方が後に一緒に仕事をすることがあった時などは苦労しませんよ。

また、転職先を考えての場合のタイミングもあります。

これからって時の会社に定年間近な人が来ても会社が嫌がる可能性もあります。

そのようにご自身がみじめにならないようにするためにタイミングについて学びましょう。

年齢による転職タイミング

一般的に転職するなら30代になる直前だというふうに言われています。

これは雇う会社としても扱いやすいかどうかで判断してそのように言われています。

中途半端に年齢がいった人の場合、全く人の話を聞かない人もいれば、頭が固い人などもいたりするので、まだピュアに近い20代は好まれます。

しかし、これは数年前の話で、最近では年齢に関係なく、どう考えて動いているかなどを見るようになっています。

これは、かつては手となり足となり動いてくれるイエスマンを望んでいた会社が多かったのです。

近年は自分の考えを持って動いてくれる人がいないと会社が生き残れないと考えているからです。

つまり、年齢的には20代と言われていますが、年齢は関係なくなってきています。

未だに20代をベースに考えている会社がありましたら時代遅れの可能性もあります。

年間のイベントによる転職


最近では転職も珍しくなくなったので、求人広告会社や求人紹介会社などが転職イベントなどをしている時があります。

つまりは以前よりは転職に寛容になっているのです。

また、今勤めている会社によってはボーナスや社員旅行などのイベントがありますので、それを前に辞めるのは勿体ないと思います。

そこでここからは、会社や年中あるイベントなどのタイミングについて説明していきたいと思います。

別にそれに関係なく転職しても問題はありませんが、できるなら活かした方が後悔はありませんよ。

外的要因として遠方に転職することになった場合、賃貸に住んでいた人が更新料を払った後に引っ越すことになって、お金を無駄にしてしまったという方もいます。

このように損をするよりは得をした方がいいですよね。

ぜひ、参考にしましょう。

求人が出やすいシーズン

転職する際に求人が出やすいシーズンはいつなのだろうかと考える方が多いと思います。

一般的には新卒と一緒に入社ができる4月1日に合わせて求人を募集するケースが多いですが、これはあくまで想像にすぎません。

実際は、4月1日に新卒と一緒に来ると会社としても負担が大きいので、実は転職組はできるならもっと早く来てほしいと考えています。

特に多く求人が出るのは、年末に向けて対策を取りたいと考えるので9月もしくは10月入社にタイミングを合わせて求人を募集される企業は多いです。

つまり、6月から8月にかけて実は転職を考えた方に向けた求人が多く出ます。

よく春から新規一点と言いますが、企業の勝負は年末です。

つまり年末に勝負できる人が欲しいのです。

春から入社して年末までに育てるより、秋ぐらいから入って少し教えて勝負できる社員になってくれる方が企業としては、助かるのです。

春を嫌がるのは教育する時間は十分ですが、人件費が掛るので、人件費と教育の時間をバランスよく取れるのが秋口の採用なのです。

ボーナスを貰ってから転職

会社によってボーナスがないところもありますが、あるところはぜひ、ボーナスをもらってから辞めるべきです。

これはもらえるものはもらっておくと言う理論です。

会社としては上げたくないのではないのかと思いますが、実はあげた方が会社にとって有利になる可能性もあります。

1つは税金対策になるので、あげた方が良いと思っている会社はあります。

また、転職後に「前の会社はボーナスがあった」と言うように口にしてくれれば、会社として表面的にはよく見えるからです。

ボーナスをもらってから辞めた場合は、同僚や少し上の先輩が嫌な感じで見てくるのです。

意外と上司は嫌な顔をしません。

つまり、辞めようと思っても、ボーナスの支給が近い場合は、どうどうともらって辞めた方がいいのです。

年末調整に合わせて

源泉徴収が出る年末調整に合わせて辞める方が実は人によっては回収された税金が戻ってくる可能性もあります。

しかし、逆のパターンもあり徴収されてしまう可能性もあるので、ご自身の収入や控除などを考えて年末調整前にするか後にするか考えた方が良いですよ。

転職して収入が下がると、当然、所得税が下がるので、納めている税金が足りなくて徴収されたと言う方も結構多くいます。

また、収入が上がって所得税も増えたので、還付金を受け取ることができると言う方もいますので、今雇用されている会社の給料と転職先の給料を見比べて、年末調整を軸にして転職のタイミングを計るといいと思いますよ。

転職して余計に徴収されてもいいことはないのですよ。

年末調整などを気にしないのは損です。

ぜひ、年末調整も頭に入れて転職のタイミングを計りましょう。

住宅の購入時期によるタイミング

住宅を購入する際にほとんどの人はローンを組みます。

この住宅ローンが実は転職と絡んでいます。

転職すると3年間は住宅ローンが組めないと言うことで、転職前にローンを組んでしまおうと頑張る人はいますが、これが落とし穴です。

転職後の収入などを考えれるかどうかです。

中には転職後に収入が減ってローンが返せないと言う方も多くいらっしゃいます。

このようになると借金を借金で返すと言った感じになってしまうので、良くありません。

そうならないためにも住宅購入と転職はなるべく合わせない方が良いですよ。

ローンが落ち着いてからでは転職が遅いと言う方は、転職して落ち着いてから住宅を購入してローンを組むのが良いかもしれませんね。

住宅を買うと言う方は家族を持っていると思いますので、自分だけで判断しないようにしましょう。

勤続年数によるタイミング

なくなったと言われていますが、未だに根強く、年功序列と終身雇用が残っている会社は多いです。

つまりは勤続年数によっては重役に任命される可能性もまだ残っている場合が多いです。

これは上司が決めることなので、自分では判断できないのですが、職場でおおよそ何年勤めた方が係長になっているか、何年目から上の役職についているかななどを見てみるのもよいでしょう。

そうすればもしかしたら、ご自身が上の役職につけるタイミングになっている可能性はあります。

役職につけば役職手当などもある会社があり、また、仕事の幅も広がるので、スキルアップや給料アップに繋がる可能性が大きいです。

また、勤続年数が長いとそこの会社の癖などが知らないうちについてしまっている危険性があり、企業によっては嫌な顔をする可能性もあるので、気をつけましょう。

出産のタイミング

出産は女性が考えることと思っている男性が多いと思いますが、女性だけの問題ではありません。

男性もよく考えないといけないことです。

子どもが増えることで、かかるお金がありますので、転職によっておむつ代やミルク代、ウイルスの接種大などが間に合いということもあり得るかもしれませんので、出産を控えたタイミングでの転職はリスクが大きいかもしれません。

ぜひ、先を考えて転職をするかどうかタイミングを見計らうべきです。

出産によって子どもの育児などで女性が少なからず働く期間がなくなってしまうので、その分男性が働かないといけません。

そんな時に転職によって収入がもしくは仕事が決まらずにいると、家族に負担が行ってしまいます。

出産のタイミングは女性だけではありません。

男性も考えないといけないのです。

景気の状況で判断

景気が悪いと企業は人を雇いたいと考えません。

人件費がかかり、会社を圧迫してしまう危険性があるからです。

また、不景気によって先の決算などの予測ができないので、雇う気になれないのです。

つまり、不景気の時は求人があまり出ません。

また、仮に求人があっても条件が良い物がない可能性の方が高いです。

つまりは景気を見て転職を考えた方が良いと言う場合もあります。

転職したいと思っても、いい求人がないと転職ができず職を失ってしまう危険性があるので、大変です。

過去に売り手市場と言われていた2008年の就職活動の時期に突然リーマンショックが起きて、求人数が減ったということもありました。

売り手だから安心だと思って就職活動していた新卒組みが焦って就職活動をしていたこともあったので、気をつけましょう。

繁忙期を終えてから

繁忙期を終えてから辞めるのが会社と円満に辞めることはできます。

故に繁忙期を終えてから辞めるのはベストですが、最近では繁忙期だからという理由で退職を逃したり、繁忙期まで利用しようと考える経営者も多いので、実は繁忙期を終えてから辞めても自分にとっては損をしている場合もあります。

心から感謝できてお世話になったといった感じに思える会社なら繁忙期を終えてから転職するのは良いでしょうが、良い気持ちになれない会社ならむしろ繁忙期前に辞めてしまうのが得策です。

そんな会社ではタダ使われるだけの道具にしか見ていないので、いても損です。

そんな会社ほど繁忙期近くになると退職を取り下げようとしますので、早めに手を打っておく必要はありますが、民法上では退職届を出した2週間後に辞めることができるので、いちいち会社の目を気にすることはありません。

転職は何年がベター?

転職をするにも何年目あたりにするのが良いかわからないと言う方が多いと思います。

これは仕方がありません。

転職サイトなどでは3年目などと言っていますが、実際に絶対というものはありません。

最近では1年で会社を変えて行く人もいるほどなので、タイミングはその人次第です。

ただ雑務に使用されるだけの所に転職は3年目からだと思って転職しないでいてもスキルが上がることがないので、無駄な3年間になってしまう危険性もあります。

このように、環境やご自身の考えなどと合わせて転職の時期を決めた方が良いです。

一般的に言われている何年目と言うのはあくまで例であって職場環境によっては適さない可能性もありますので、世間の声に流されてはいけません。

しかし、あくまで参考例として受け取る形でご紹介します。

未経験分野なら3~4年

新たなことにチャレンジすると言うのなら3~4年目がベストと言われています。

これはだいたい3年目を過ぎると新人ではなく、先輩みたいな形になるので、仕事プラス新人の育成他、管理業務なども任される可能性が増えてきて、会社としてもいろいろとキャリアを考えて仕事を任せるようになります。

つまり、会社にとって辞められると困る存在になってしまうと言うことです。

また、会社の癖などが染みついてしまっている可能性も高いので、新しい分野で新しいスキルや知識を身につけるのが大変になってくる可能性もあります。

そんなことはないと思っている方も多いと思いますが、知らず知らずに身についてしまった癖はなかなかハズレないですよ。

しかし、そこで3~4年間ただ働いていたとなれば、特に癖がついてしまっているという可能性も低いです。

むしろそのような働き方の場合は早く転職すべきだと思います。

同業でのキャリアップは5~6年

同業の場合は前の会社で何をしてきたのかが重要になり、なおかつそれを同業の転職先でどう活かすことが大切かが求められます。

5~6年働けば転換期でもあり、会社でも任される仕事が増えてくることもありますが、別の会社で活かしていけるとなれば転職する方も多いです。

むしろ、引きぬきも多いですね。

今より給料を出すなど言ってスカウトしてくる会社は多いです。

5~6年勤めて、何も変化がなければむしろ転職をすべきかもしれません。

変化なきところに進化はありません。

つまり、5~6年変化しないのだからこれから先も変化はしない!故にたどり着くのは倒産などです。

企業は変化することで生き残っています。

5~6年働いて同業で違う会社に行くことで新たな道が開ける可能性もあります。

20代より30代の転職が求められる理由

昔は20代の方が癖もついてなくピュアな感じだから転職するなら早い方が良いと言った感じはありましたが、近年は30代に転職を求めることが多いです。

これは、今の会社にいて先が見えているかどうか30代に問いているのです。

転職の話が来た時に今の会社で●年後にこの役職につき自分はこうしていると明確なビジョンがある人なら無理に転職を進めません。

しかし、仕事ができるのに将来に不安を抱えている人がいるなら転職は進めます。

昔の日本は定年まで1社という考えが強かったです。

終身雇用の影響もありますが、そのせいで会社に変化はなく、むしろいい状態をキープするために不正に走るなど、企業としてのレベルをおちるような事態になってしまいました。

30代は働き盛りです。

ここからは30代に転職が求められる理由を説明します。

即戦力になる

ある程度社会人慣れしているので、仕事を早く覚えるにはどうしたらよいかわかっているので、同業種はもちろん、別業種でも即戦力になる可能性はあります。

ただ、これは柔軟な姿勢を持っている人に限ります。

30代までに前の会社でいろいろと成功をしてしまった人の場合、むしろ頭が固くて調和が取れない危険性もあります。

30代ならまだ40代と違って野心に燃えている可能性もあり、変に悟っていない可能性もあるので、即戦力になると思っている企業の方々が多いのです。

また、精神的にも大人に成長している可能性もあるので、落ち着いて接することができるので、雇う側にも安心感があります。

すぐきて使えるのが即戦力ではありません。

すぐに会社に打ち解けられるのが即戦力です。

マネジメント力もある

30代となるといろいろな人と接してきているし、いろいろな経験があるのでマネジメント力があるとみられています。

つまり、転職先で何人かをまとめられると思われているのです。

所謂、安心して任せられるリーダーと言った感じに見られています。

30代になると野心はあれど落ち着いているので、相手のことも見る余裕があると思われています。

つまりは会社に新たな風を吹き込んでくれる存在になると思っているので、雇いたいと感じるのです。

保守的な企業の場合、このような存在は来てほしくないと感じるので、転職活動中に保守的な企業かどうかもわかるので、ある意味良い転職が行えるかもしれません。

変化を求める企業には来てほしい逸材なのです。

30代を採用したい企業が増えてる

前文にもあるように変化を求める企業は増えてきています。

故に30代を採用したいと考える企業が増えているのです。

これまでだと今の状態をキープするためにとにかく手となり足となり働いてくれる存在がほしく素直な20代を欲しがる企業が多かったのですが、しっかり自分の考えを持っていろいろな経験をしている30代の方が会社を大きくすることができると考えて最近では30代の採用に積極的になっています。

最近ではこれが30代にはチャンスのような形に見えるので、30代でも転職を考える方は多いです。

時代とともに考え方や働き方は変化していきます。

いつまでも昔のままでは会社も生き残れないので、それに気づいた会社が積極的に採用をしていますよ。

企業にとっても個人にとってもある意味チャンスなのです。

転職する前に考えること

ココまでの説明で転職についていろいろと理解できたと思います。

しかし、最終的に転職をする前にはいろいろと考えなければいけないことがあり、それを考えたことによって転職を諦めたという方も多いです。

一見すれば安全な道を選んだと言うような感じにも見えますが、見方を変えればチャンスから逃げたというような見方もあるので、安易に考えてはいけないのです。

では、転職の際にどのようなことを考えなければならないのかここから説明していきたいと思います。

考えなければいいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、考えることで別の発想や違った考え方が生まれる可能性もあるので、じっくり考えることをおススメします。

安易に考えて転職に踏み切ってやってしまった。

転職せずに後悔したという例がありますので、そうならないためにも考えるべきです。

本当に辞めて良いのか

転職したいと思っても本当に辞めてよいのかどうかといった悩みが出てきます。

しかし、この悩みが出てくるのは、ほとんどの場合は他人の顔を気にしての場合が多いです。

よくあるのがお世話になった会社の社長だし…、家族からなんて言われるか…友達から冷たい目で見られそうなど、他人の目を気にして、辞めていいのかどうかを考えてしまう人が多いです。

この場合、真に考えるべきは辞めた後の自分の転職している姿が見えているかどうかです。

見えていない場合は転職は控えるべきです。

見えていないということは目標が定まっていないと言うことです。

また、他人の目を気にしているようでは転職どうのこうのではありません。

辞めていいかどうかは未来を考えて判断しましょう。

資金は溜まっているのか

辞めてから何カ月までは仕事がなくても大丈夫なくらい資金があるかを考えて、計算などしていくうちに嫌になって転職を諦める人がいます。

一見すれば数字に弱いからと思われますが、そうではありません。

既に仕事がなくても大丈夫なことを考えているからそうなるのです。

自分が働きたいと思える職種が見つかっていれば、その職種の会社を探せばいいだけです。

つまりはすぐに転職をする気がなく、でも収入はほしいと考えているからそうなるのです。

資金は溜まっていても働かないと収入はないので、減っていくだけです。

つまり、転職の際に貯金などを考える時点で、転職を遅らせていることになるのです。

転職に考えるべきは自分が何をしたいかです。

お金は後回しで大丈夫です。

両者納得しているか

転職はしたいが自分が辞めることに会社が納得しているかどうか、妻が納得しているかどうかなどを気にしてしまいます。

これは他人の目を気にしすぎているからそう考えてしまうのです。

仮に今いる会社があなたを必要としてくれるのであれば、転職を考えるような環境になるでしょうか?なりませんよね。

また、妻がという言い訳をする男性がいますが、あなたの人生です。

あなたが相手を納得させるだけの言い分や理由を持てばいいだけの話です。

転職の時に相手の目を気にしているのは良くありません。

相手が納得してなくても後に納得させれば良いだけです。

次のキャリアップに繋がるか

転職してキャリアアップができるかどうか考える人はよくいますが、よくよく振り返ってください。

その職種がしたくて転職しようと考えているのはあなた自身です。

つまり、あなたがやりたいと思った職種でキャリアアップできるかどうか考えるのなら、それは不安があるからであり、もしかしたらあなたに向いていないのではないでしょうか。

キャリアアップができるかどうかは大切ですが、転職前に不安に思ってしまっていては意味がありません。

そのように考えてしまう人はたいていうまく行きませんよ。

不安になるならしない方が良いです。

経験を活かせそうか

経験が活かせるかどうかは仕事をしてみないとわかりません。

むしろ活かせない可能性の方が大きい場合もあります。

経験どうのこうのよりもそこで自分が何ができるかが大事です。

もしくは転職先でどうなりたいかが大事です。

過去の経験は一旦置いといて、先の未来を見つめて動くことが大切です。

経験が活かせなくても働けないわけではありません。

つまりは経験は経験でしかないのです。

活かしても活かさなくてもなくなることもなければ変化することもありません。

今すぐにやめたいと思ったら?

働いて何かあるとそう思ってしまう人は多いです。

単純にいますぐ辞めても会社には損害がありませんが、損害賠償などを訴えてくる会社もあり最近ではすぐに辞められない場合がほとんどです。

今すぐ辞めたいと思ったらまずは自分自身と向き合うことが大切です。

自分自身と向き合わずに他人に相談したりして相談からの返事を鵜呑みにしてしまう方が多いですが、これは良くありません。

そのような気持ちになぜ自分がなったのか探ることが大切です。

ここからは今すぐ辞めたいと思った時の対処法を説明します。

職場への不満と冷静に向き合えるようになってから

辞めたいと思うと言うことは職場に不満があると言うことです。

しかし、その不満は何から来ているかまで把握せずに辞めたいと思っている方は多いです。

これでは転職先でも同じようなことを繰り返してしまいます。

まずは不満と向き合いなぜ不満を抱いているのか考えましょう。

もしかしたらあっさり解決できるかもしれませんよ。

次の職場で叶えたい夢があるかどうかを優先する

今すぐ辞めても次のビジョンが頭に入っているかどうかです。

ビジョンがないと路頭に迷ってしまう危険性が高いです。

今すぐ辞めたいと思って先々のことに希望を持てるのであれば、辞めても問題ありませんが、ビジョンがないなら控えた方が良いです。

とにかく上司に相談

辞めたいと思ったことを上司に相談しましょう。

この時注意が必要なのが、上司の意見を鵜呑みにしないことです。

判断するのはあくまであなたです。

上司によって辞めたいと思った理由を聞いて解決方法を導き出してくれるかもしれませんよ。

我慢できない理由を見直してみよう

今すぐ辞めたいと言うことは、そこに我慢できない理由があるからです。

何に我慢できないのか理解せずに辞めてしまうと、次の職場でもそれを理由に辞めてしまう危険性があります。

まずは我慢できない理由を探りましょう。

転職のタイミングは人それぞれ!みなさんも考えてみて(まとめ)

転職するのに今がチャンス!●●歳が絶対と言うことはありません。

つまり、絶対的な定義はないのです。

自分自身どう思っているかが大事になります。

少なくとも言えるのは不安や恐怖などを抱いているうちはしない方が良いと思います。

そんな状態では転職に限らず何も上手く行きません。

故に転職したいと思いましたら、自分自身とよく相談しましょう。

決めるのは自分です。

他人の意見は参考にするだけで鵜呑みにしないようにしましょう。

ぜひ、あなたにとって最高の転職になるタイミングを見つけましょう。