進学や就職などで地方から東京へ上京される方は多いと思いますが、その際にいろいろと不安に思うこともいっぱいあると思います。

要は、これまでと生活が一変するので、慣れないことや知らないことが待っていると言うことでどうしても不安に思ってしまう方がいっぱいいるのです。

また、テレビなどのメディアで東京の事件・事故などを大げさに報道することもあり、東京は危険な所と言う印象を植え付けさせられている感じもあります。

特に親は東京は危険な所と言う意識が強いので、子どもを東京に送りたくないと言う人が多いです。

しかし、どこに住むかどこで生活するかは本人が判断することで、親があーだこーだ言うのは良くありません。

また、東京は危険な所というのもイメージでしかありません。

プロフィールや歴史などは変えることができなくてもイメージは変えることができます。

つまり、イメージは判断にはならないのです。

上京する時に不安に思うことのほとんどはイメージから来るものであり、それさえ払拭できれば問題ありません。

そこで今回は上京をする人、考えている人に向けて、不安の解決方法などを説明していきたいと思います。

不安に思うと不安に支配されて期待していた新生活も台無しになってしまいます。

ぜひ、不安を取り除きましょう。

ドキドキワクワクの上京をする前に要チェック!

憧れの東京!上京が決まった時にほとんどの方がまずそのような感じでワクワクされると思います。

しかし、いろいろと調べて行くうちに不安が出てくるのです。

また、地方の暮らしに慣れてしまった両親などは、東京のデメリットばかりを口にしてくるのです。

要は、東京に慣れていない人は東京の悪口を言いたくなるのです。

ある意味、ひがみのようなものですが…。

上京が決まってチェックすることとしては、住む場所の周辺の環境や治安、家賃やガス・水道などの光熱費の問題、食費などの生活費の問題など、思いつけばいっぱい出てくるものです。

しかし、いちいちそれを気にしていては前へ進めません。

それが発生するのはもう決まったことなので、始まる前に考えるより、始まってから考えるのが実は最もな手段です。

なぜなら、生活していくうちに自分の行動がわかるので、どこを抑えれば節約になるかなど考えることができます。

上京に限らず何かを始める時は必ず不安などが生じるモノです。

むしろそのような問題が起きることでワクワクするようにした方が余計に上京が楽しくなりますよ。

不安をワクワクに変えるようにしましょう。

上京する人が不安に思っている10個のこと


それでも上京する人は不安を持ってしまいます。

そこで、まず不安はどのような不安なのかから説明していきたいと思います。

要は不安がいっぱいと言っておきながら、では、具体的にどのような不安なのかと言うことを説明できない人が実は結構います。

周囲が不安、不安というために上京=不安というような図式になっているのです。

つまりは上京と言う言葉だけで不安と言うような感じに捉えてしまっている人が多いと言うことです。

よく、東京は危ない!と口にする親は多いですが、なぜ?と聞かれると、とにかく危ない!事件・事故ばかりだ!などあまり納得の行く解答が返されることはありません。

しかし、他人がこのように言うのだからということで不安を起こさせてしまうのです。

そして、不安が起きてからあれもこれもと言った感じに多くの不安が出てきてしまうのです。

中には不安に思わなくても良いことまで不安に思ってしまっていることもあります。

そこでここからは大きくピックアップして上京の時に起きる不安を10個ご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

1.物価が高いのではないか

東京は給料が良いと言われていますが、それは物価が高いからだと言われています。

なぜ、物価が高いかと言うと、東京は他県からの輸入で頼っている割合が大きいからです。

要は東京のスーパーに並ぶものは、多くの業者などを通して流通してきたものが多いので、原価に余計に加わった値段で販売されているのです。

産直などもありますが、地方に比べれば少ないです。

つまり、食品や日用品なども物価が高く売られている可能性が高いので、生活を圧迫すると思われているのです。

しかし、これは家計簿をしっかりつけて予算にあった買い物をすれば防げるのです。

要は計算が面倒や高いから買いたくないといった考えを持っているからそのような不安になるのです。

逆に、お金や数字に強くなれる!ものの価値を見極めることができるかもしれないと思えば損ではないですよ。

2.どこに住めばいいのかわからない


職場から徒歩で行ける所が良いのか、それとも電車で通う方がいいのか、もしくは住みたい町ランキングのトップ10に入っている町がよいのかなど、どこに住めば良いかわからないで困る方は多くいます。

これは、今まで地方の生活で慣れてしまっているので、近くがいいと思ってしまう人もいますが、実際、職場から離れて暮らしている方もいるので、どれが正しいのかわからなくなってしまっているのです。

ただ、どこに住むかで正解か不正解かはありません。

一番いいのはあなたが住みたいと思った場所に住むことです。

東京の場合なら、ほとんど電車でいけないという場所はないに等しいので、遠方でも安心して行けます。

最近では宇都宮や大宮などのベッドタウンに住んで東京に通っている人がいるほどです。

注意すべきはそこに住んで会社や学校に通いやすいかどうかです。

まずは住みたいと思える場所をいくつかピックアップしましょう。

3.家賃や光熱費を払い続けられるか

家賃滞納などよく聞くお言葉ですが、家賃は決まった額なので、まずそのお金を抑えておけば問題ありません。

光熱費に関しましても、2~3カ月でサイクルがわかりますので、その後にこれだけ抑えておけば払えるといった感じになります。

要は計算するのが苦手!払うのが面倒などと思っているから不安になってしまうのであって、しっかり月初もしくは月末に把握できていれば問題ありません。

払うものとしっかり認識していれば、滞納などを起こすことはありません。

払い続けられるだろうかと思ってしまうから滞納などを起こしてしまう危険性があるのです。

払える!もしくは払うべきものだと思っていれば、滞納の心配はありません。

よく、この辺りについて指摘してくる人がいますが、その人こそ、滞納をしそうな人ですので、気をつけましょう。

4.友達ができるか

上京して友達ができるかどうか不安と言った方が多いですが、逆に友達ができないで何か問題になることはありますでしょうか。

また、学生の場合は学校で、社会人の場合は職場で少なからず話す人はいると思います。

友達ができるかどうかはあなたの心がけ次第です。

できないからと言って焦る理由はありません。

できないならできないなりに一人の時間を有意義に使用できると考えればいいだけです。

友達ができても返って気を遣ってしまって、気遣い疲れを起こしてしまって、体調を悪くさせる方もいますよ。

友達ができるならできるにこしたことはありませんが、できても返って疲れるだけだったり、友達でしょうと言った理由からいろいろと利用されることもあります。

大切なのは、しっかりちゃんと相手を見れるかどうかです。

友達ができるかどうかはそんなに重要ではありませんよ。

5.勉強や仕事に集中できる環境か

学生の方は単位を落とさずちゃんと留年せずに卒業できるかどうか心配になってしまいますし、社会人の方は仕事をそっちのけにして遊んでしまわないかといったことを頭に浮かべます。

しかし、これを物凄く心配するのは本人より親です。

くどいほど口にしてきます。

はっきり、言えば集中できる環境かどうかはその人次第です。

どんなに口酸っぱく言っても、最後は自分自身になってしまいます。

そこでよく環境を原因にしてしまう人はいますが、少なからずあるとは思いますが、結局は自分次第です。

環境はいいわけの材料にしかなりません。

集中できるかどうか心配するよりもご自身でしっかり決めることが大切です。

目標を立てずに、もしくは目標を見失うと周囲に流されてしまう危険性が高いです。

それこそ、環境に影響されますよ。

しっかり、決めるようにしましょう。

6.騙されたり誘惑されたりしないか

学生の人が一人暮らしした時に一番の難敵になるのが新聞屋です。

何度もしつこいほど訪問してくるので厄介です。

中には泣き寝入りしてくる人もいます。

学生相手に情けない。

そのような話しを聞くので、新聞以外にもいろいろと誘われてくるのではと心配し、さらにエスカレートして、騙されるまで考えてしまうのです。

誘われたら誘われたで喜ばしいことと思えばいいのではないでしょうか。

よく宗教やセミナーなどの参加を促されますが、最終的に入会するかどうかはあなたが決めることです。

よく断れない性格なのでと言う方もいますが、断る練習が来たと思えばいいのです。

相手を裏切るわけにはいかないと言う方もいますが、断ることは裏切りではありません。

断って連絡が途絶えるならそれだけの関係です。

最終的に自分がどう判断するかそれがしっかりしていれば騙されることはありません。

7.精神的に参ってしまわないか

いろいろと初めてのことが多く、今まで以上に疲れが溜まって精神に異常をきたすのではないかと言われますが、それはそのような不安を持っているからです。

むしろ上京にワクワクしている人にはそのようなことはありません。

いろいろと初めてのことを体験できると思えば、精神的に参ることを気にしていては意味がありませんし、時間が勿体ないです。

それでも精神的ダメージに不安があるという人は、何か気分転換になることや楽しくなることを1つでも2つでも持っていると良いと思います。

ヤバいな~と感じた時にそれを行ってメンタルをやられないようにすればいいのです。

とにかくこれから先起こることにワクワクしながら生きて行こうと思えば精神的に参ることはありませんよ。

あなたの人生なのですから不安に思っても意味がありません。

8.満員電車に耐えられるか

都会=満員電車と言った感じのイメージが強くそれに自分は耐えきれるだろうかと考える方はいますが、満員電車に巻き込まれない乗り方をすれば良いだけです。

もしくは、経験していくうちに慣れてしまうと言う方もいます。

中には満員電車に巻き込まれたことで東京にいるという実感を持てたと言う方もいますよ。

満員電車とは言いますが、毎日どの時間も満員というわけではありません。

耐えきれるかどうかは乗ってみないとわかりません。

満員電車を避けるために始発の駅の近くに住むなどの対応を取られる方もいるので、耐えきれないと思う人は満員電車を避けるにはどうしたら良いかを考えた方が良いかもしれませんね。

まずは、試しに1回満員電車を体験して見てから考えても良いのではないでしょうか。

慣れてしまえば気になりませんよ。

9.騒音に耐えられるか

うるさいイメージの強い東京なので、安心して寝ることができるか。

騒音は大丈夫かという心配はありますが、これは眠らない町・新宿のイメージが強すぎます。

東京のすべてが新宿のようなイメージではありません。

23区内でも静かな場所はいっぱいありますよ。

また、うるさいと言っても慣れてしまえばそんなには気になりません。

それでも静かな場所がいいと言う人は、学校の近くや、住宅地などの場所に住むようにすれば静かに暮らすことができますよ。

まずは東京はうるさい街だと言う認識を取っ払うことが大切です。

うるさい場所だと思うからうるさく感じて騒音なども心配もしてしまうのです。

東京都のすべてが新宿ではありません。

しっかり静かな環境もあります。

騒音が心配なら自分で静かな場所を探してそこに住めばいいだけです。

10.田舎に残す親や兄弟は大丈夫か

上京するにあたり親や兄弟姉妹などを心配する人はいますが、心配したところで何がどうなると言うことはありません。

冷たく聞こえるかもしれませんが、はっきり言えば心配するだけ損です。

よく思ったことは実現すると言われるように心配すれば余計に心配するようなことが起きたりするのです。

過保護に育った方や迷惑ばかりかけた方などはなぜか心配性になってしまっていますが、心配するだけ自分も含め相手も苦しめていることになってしまっているかもしれませんよ。

また、心配するというのは愛情の表れともいいますが、見方を変えれば自信の無さでもあります。

自分がいなくても大丈夫だと自信があればそんなに心配をする必要はありません。

また、度が行きすぎている場合は相手を支配したいといった願望が強すぎるのかもしれませんよ。

上京の不安を解決する方法とは?

上京の際に起きる不安はいかがでしたでしょうか。

既に上京を経験した人ならわかりますね。

これからの人もなんとなくわかったとは思いますが、ほとんどはイメージなどによって起こされている不安です。

つまり、しっかり自分で気持ちを整えることができるのなら問題はありません。

ここからは上京の不安への対策方法をご紹介します。

ぜひ、参考にして不安を取り除きましょう。

ワクワクした気持ちで上京をすれば不安はなく、楽しい気分で新生活を送れます。

そのためにも不安を払拭しましょう。