私たちはある程度の年齢になると、生きるためにお金を稼がなければいけないので仕事をするようになると思います。

世の中には様々な仕事の形態がありますので、一概に全員が会社に就職するというわけではありませんが、それでも会社に就職して会社員として仕事を行っていくという流れが一般的だと思います。

では、会社に就職するためには何が必要になるのかと考えた時に、当然ながら会社の採用試験に合格したり、その会社の一員としてふさわしいと認定されるために面接を突破しなければいけません。

これは考えてみれば当然のことだと思いますが、会社員として雇うということになれば、簡単には解雇などはできませんので、きちんと適正を図って、採用しても問題がない人物かどうか見極めるのは当たり前のことですよね。

だからこそ、採用試験などが設定されているのですが、世の中には様々な会社が存在しており、あまり有名ではない会社もあれば全国的に有名な会社も存在しています。

全国的に有名な会社は一般的に大企業になりますので、当然ながら有名ではない会社よりも待遇が良かったりします。

しかしながら、知名度がありなおかつ待遇が良い会社というのはたくさんの方が応募するので、自然と倍率が高くなってしまいます。

採用する側からしても、たくさんの人間を審査しなければいけませんので、とても大変な作業になってしまうことが予想されます。

そこで、言われているのが学歴フィルターという言葉です。

就職活動を行っている学生の方に関してはこの言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、初めてこの言葉を聞くという方もいるかもしれませんね。

そこで、今回は学歴フィルターをテーマにして、学歴フィルターの実態に迫り、本当にあるのかどうか、そしてもしあるのであればどのような大学から選定されるのかということについてご紹介していきたいと思います。

学歴フィルターとは?


あなたは学歴フィルターという言葉を聞いたことがありますか?

名前からしてあまり良い印象を持たないという方もいるかもしれませんが、その名前の通り学歴に関する言葉なのです。

人によって学歴に関する考え方や価値観などは全く異なりますので、一概に全員がそうとは言えませんが、今の世の中では学歴が重要視されているのは事実です。

なぜならば、良い大学を出ている人の方が優秀であり、無名の大学を出ている人間の方が持っているというような価値観がはびこっているからです。

実際には無名の大学を出ていたとしても、社会で通用するような人もたくさんいたりするのですが、就職採用試験の時のように、たくさんの人間が集まった時に、一人一人の人間の全てを見極めたりするというのはとても困難ですよね。

なので、たくさんの人間を選定する時にはどうしても学歴から判断してしまいがちになりますので、やはり良い学歴を持っている人間は就職にも有利であるということは明白なのです。

だからこそ良い学歴を持っていれば有利であるのは事実であり、たくさんの方が良い大学に入って卒業したいと思っているのです。

だからこそ学歴が重要視されている風潮になっており、この風潮を象徴しているような言葉が学歴フィルターという言葉につながっています。

では具体的に学歴フィルターという言葉がどのような意味を持っている言葉なのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

意味

学歴フィルターという言葉がどのような意味を持っているのかと考えた時に、学歴フィルターという言葉は「就職活動などにおいて採用する側が応募してきた学生をそれぞれの卒業した大学名によって取捨選択をする行動のこと」を意味しています。

これはどういうことなのかと言いますと、先ほどご紹介したように有名企業などに関してはどうしてもその企業に入りたいという志願者の方が多くなりがちなので、志願者が多くなるということは面接の工程がとてつもなく大変なことになってしまうことになるわけです。

これは企業からしてみてもとても嬉しいことかもしれませんが、それと同時にとても大変な作業であることには変わりありませんよね。

実際に志願者一人一人に会って話を聞いて質問をしてというような作業を繰り返した場合、相当な時間がかかってしまいますし、そんなにたくさんの時間を避けていては本来の業務を行ったりすることもできませんよね。

なので、学歴フィルターを使ってある程度志願してきた人間を区別化することによって、志願者の取捨選択を行って手間をかけないようにするということになるのです。

事実として学歴フィルターを使うことによって、ある程度優秀な人間だけをピックアップして面接を行ったりすることも出来ますし、大幅に時間の節約をすることができるからです。

志願者の人間からしてみれば非常に不快な話にはなるかもしれませんが、大企業に関しては残念ながらこのようなことなどを行っている可能性がとても高いのです。

もちろん大企業が学歴フィルター行っているということを公言しているわけではないのですが、個人の学生が学歴フィルターが存在していることを検証したりもしていますので、まったくないとは言い切れず、暗黙の了解のような状態になっているのは事実なのです。

学歴フィルターの大学区分

学歴フィルターの基本的な意味を理解いただいたところで、ここからは学歴フィルターの大学区分についていくつかご紹介をしていきたいと思います。

学歴フィルターとは先ほどお伝えしたように、それぞれの人間の卒業した大学名によって取捨選択をする、つまり学歴によってフィルターをかけるという行動になるのですが、フィルターをかけるということは必ずそれぞれの大学が基準になるので、その大学はどのようにして判断されているのかということが気になる点だと思います。

そこで、どのような大学は優遇されて、どのような大学までのラインが優遇されやすいのかということについて詳しくご紹介をしていきたいと思いますので、これから就職活動を行うと思っている方は一つの参考にしてみてください。

コンサル系エリート

学歴フィルターの大学区分を考える際に、まず考えていただきたいのがコンサル系エリートを目指す場合の事例です。

コンサル系エリートとは、大手のコンサルタント会社に就職したいと考えている場合の指標として考えてください。

コンサル系エリートとして就職をしたい場合に、コンサル系企業がどのような学歴フィルターを行いやすいのかご紹介していきます。

東大

まずはじめにご紹介する学歴フィルターの大学区分の一つとしては「東大」が挙げられます。

東大は言わずと知れた日本の中でも超名門の大学であり、東京大学といえば日本のトップクラスの大学と言っても過言ではありません。

一般的には東京大学か京都大学がトップと言われており、人によって価値観は違うかもしれませんが東京大学がトップだと感じている方の方が若干数多いと感じられています。

日本トップクラスの大学でもあるため、当然ながら東京大学が優遇されている存在というのは大抵の方が認知している事実です。

国立大学の中では東京大学と京都大学がトップクラスの偏差値であり、60後半~70までを有しているため、まさに大学の中でも一目置かれる存在なのです。

なので、東大は学歴フィルターの中でも最も優遇されやすい存在なのです。

京都大学

次にご紹介する学歴フィルターの大学区分の一つとしては「京都大学」が挙げられます。

京都大学に関しても、わざわざ説明する必要はないかもしれませんが、一般的な認知度がかなり高い大学として知られています。

先ほども触れたように京都大学に関しては東京大学と肩を並べているような日本の中でもトップクラスの国立大学です。

偏差値に関しても東京大学と同様の偏差値を持っており、人によっては東京大学よりも京都大学の方が優秀な人間が多いと判断しているような人も多く存在しています。

それぐらい認知度と実績がある大学なので、当然ながら東京大学と同じように学歴フィルターによって優遇される存在であることは言うまでもありません。

京都大学を卒業したような人間は大企業に就職する形がほとんどなので、圧倒的に学歴フィルターで優遇された状態で就職試験を突破しているような人間も多いと思いますので、学歴フィルターの優先的な大学に該当すると考えることができます。

早慶大学

次にご紹介する学歴フィルターの大学区分の一つとしては「早慶大学」が挙げられます。

早慶大学とは、早稲田大学と慶応大学の二つの大学の呼び名であり、この二つの大学に関しても日本の中ではとても有名な大学であり、高学歴の代名詞の一つとして知られています。

先ほどご紹介した東京大学と京都大学に関しては国立の大学であるのに対し、慶應義塾大学と早稲田大学に関しては私立系の大学として知られています。

そして、私立の大学の中では慶應義塾大学と早稲田大学に関してはトップクラスの学歴であり、偏差値に関しては60後半~70と言われていますので、偏差値だけで言えば先程ご紹介した東京大学と京都大学には負けていない数字になっています。

それぐらい実力のある大学なので、当然ながら学歴フィルターでの優先的な大学に含まれている大学であると判断することができます。

有名な大学を卒業していればその分優遇されやすいので、やはり大企業に就職しているような人間はこの大学を卒業している人間たちで構成されている場合が圧倒的に多いです。

最低ラインの大学

学歴フィルターによって優遇される大学に関しては、どんな方でも知っているような大学ばかりですが、それよりもどれくらいのラインまでだったら優遇されるのかというようなlラインを知りたいという方の方が圧倒的に多いと思います。

そこで、ここからは学歴フィルターによって優遇される大学の最低ラインの大学についていくつかご紹介をしています。

これを理解しておくことによって、どれくらいのラインまでならば優遇されてチャンスがあるのかということなどを見極めることができるようになります。

しかしながら、あくまで学歴フィルターがあればの話であり、学歴フィルターがない場合はチャンスが眠っている可能性がとても高いため、諦めずにしっかりとチャレンジをするということは忘れないように意識してください。

あくまで一つの指標として考えていただければ幸いです。

MARCH

学歴フィルターによって優遇される大学の最低ラインの大学としては「MARCH」が挙げられます。

MARCHとは、大学の頭文字で構成されている言葉であり、それぞれの大学をご紹介すると、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学の頭文字から構成されています。

これらの大学に関しては偏差値として、60~60後半程度の数字だといわれています。

大体これらの大学に関しては学歴フィルターによって優遇される大学の最低ラインだと言われていますので、これらの大学に属している方は大企業に就職するチャンスがとても大きいと判断することができる。

しかしながら、先ほどから何度もお伝えしているように、あくまで学歴フィルターがあればの話になりますので、これだけで自分の価値を決めつけてしまわないようにしてください。

学歴フィルターの偏差値

ここまでは学歴フィルターの大学区分についてご紹介をしていきました。

学歴フィルターの大学区分を確認していただければわかると思いますが、ある程度高学歴の人間しかチャンスが与えられていないということがお分かりいただけたと思います。

学生の方からしてみれば本当に不快な話だと思うのですが、しかしながら自分が実際に会社を経営する代表の立場からしてみると、学歴フィルターを設けて優秀な人間を採用するという行為に関しては完全に否定できない部分も存在してしまいますよね。

では、学歴フィルターの大学区分について理解いただいたところで、ここからは具体的に学歴フィルターの大学の偏差値について少し触れていきたいと思います。

どれくらいの偏差値になってしまうとチャンスを与えられなくなってしまうのかということについてくれていきたいと思いますので、これから大学進学を考えているという方であったり、有名企業に応募したいと思ってるような方については参考にしてみてください。

60以上がほとんど


学歴フィルターの偏差値についてですが、基本的には先ほどご紹介した大学区分を考えてみれば、偏差値が60以上というのは条件の一つとして考えることができます。

あまり偏差値について詳しくないという方については理解しにくいかもしれませんが、一般的に考えて偏差値が60以上というのはかなり高い数字であり、優秀な人間ばかりが揃っていると考えることができる数字です。

もちろんあくまで偏差値なので、それがすべてというわけではないのですが、たくさんの人間が詰まった時に測る基準の一つとして考えるには十分の数字であると考えられます。

当然ながら学部によっても偏差値などは変わってきたりしますので、あくまで先ほどご紹介した大学区分に関してはひとつの基準として受け止めていただければと思います。

30以下はOUT

学歴フィルターの偏差値に関して、どれぐらいの偏差値だと逆にアウトなのかと考えてみると、細かい部分については多少変化するとは思うのですが、一般的に考えて、偏差値が30以下に関してはアウトだと言われています。

なので、この考え方をしてみると偏差値が30以下に関しては有名企業に就職することができないというような結論に至ってしまいがちなのですが、これはあくまで学歴フィルターが存在していればの話にすぎません。

確かに学歴フィルターが設けられているような有名企業もあるかもしれませんが、先ほどもお伝えしたように学歴フィルターというのはあくまで企業が公言しているわけではありませんので、絶対に存在するというわけでもないのです。

なので、実際にあまり良い学歴ではないという方でも有名企業に所属しているような人間をたくさん存在していますので、夢企業に就職できる可能性がゼロというわけではないということはきちんと理解をしておいてください。

むしろ自分自身が諦めてしまうことが一番悪いことであり、それをしてしまった時点で可能性はゼロになってしまいますので、あくまで学歴フィルターの一つの基準という話として受け取めるようにしてみてください。

学歴フィルターの手法4つ

学歴フィルターとは「就職活動などにおいて採用する側が応募してきた学生をそれぞれの卒業した大学名によって取捨選択をする行動のこと」という意味をご紹介しましたが、意味は理解できると思いますが、実際の企業の行動について想像してみると、どのような行動を取るのかということを疑問に感じる方もいるかもしれません。

そこで、ここからは学歴フィルターを使って企業がどのようなことを具体的に行っているのか?ということについてご紹介をしていきたいと思います。

これをある程度知っておくことによって、人によっては学歴フィルターによる被害を受けてしまった時に現実を受け止めることができるようになると思いますので、決して無駄な知識にはなりませんのでこの機会に理解してみてください。

書類選考で落とす

まずはじめにご紹介する学歴フィルターの手法の一つとしては「書類選考で落とす」ということが挙げられます。

なぜ書類選考で落とす必要性があるのかと考えた時に、先ほど触れたように大企業はたくさんの人間が就職したいと思って志願者が殺到する傾向にあります。

たくさんの志願者が殺到するということは企業からしてみれば嬉しいことかもしれませんが、それと同時に志願者一人一人に面接を行ったり、個別で質問行ったりするというのは時間がいくらあっても足りません。

企業としても、優秀な人材を獲得したいということは事実ですが、そこにたくさんの時間をかけられないというのも紛れもない事実なのです。

だとすれば、たくさんの人間に会う時間はないので、ある程度優秀な人間のみをピックアップした状態で会うというのが企業にとっても得策であると判断できますよね。

それを考えてみれば、応募してきた時点で相手の情報としては学歴という大切な情報が入手できていますので、その学歴によってふるいにかけて、優秀な大学の人間のみをピックアップして書類選考突破の連絡をしたほうが効率が良いわけなのです。

確かに有名な大学ではないにしても、優秀な何かを持ってるような人間はたくさん存在していますので、そのような行為をすることによって優秀な人間を見落としてしまう結果につながる可能性があるのも企業は十分理解しています。

しかしながら、それを捨てても効率の良く、さらに優秀な人間を確保できる可能性が高い方法を選択したいという企業は学歴フィルターを行使すると判断できますので、学歴フィルターの一つの手法であると判断することができます。

セミナーに参加させない

次にご紹介する学歴フィルターの手法の一つとしては「セミナーに参加させない」ということが挙げられます。

ここで言うセミナーとは就職セミナーのことであり、就職セミナーとは簡単に言えばその業界を知っていただくための場と考えていただければわかりやすいと思います。

実際に自分たちの業界がどのような業界であるのかということを説明する場を設けることによって、たくさんの人間が興味を持って応募してくれるようになりますので、優秀な人材が集まりやすいという結果につながるので行っているのです。

そんな就職セミナーですが、その就職セミナーですら、低学歴の人間は参加できないという可能性が生まれているのです。

書類選考なので落とされるというのはまだ人によっては理解できると感じる方もいるかもしれませんが、就職セミナーにすら参加させないというのはあまり企業のイメージとしては良いものではなく、このようなことを行っている企業に入りたいとはあまり思えませんよね。

しかしながら、実際にこのようなことを行っている企業は存在しており、有名な話としては実際に学生の方がこれを検証してTwitterにその結果をアップしています。

実際にその学生が行った行動としては、郵政グループ株式会社ゆうちょ銀行の業界研究セミナーに申し込みをした際に、無名の大学のアカウントと東京大学のアカウントを使い分けて応募した際、無名の大学のアカウントに関しては予約がいっぱいだと表示されたのに対し、
東京大学のアカウントに関してはそのあとに応募したのにも関わらず、予約可能という表示が出たとのことです。

これに関しては証拠の画像なども出回っているため紛れもない事実であると判断することができます。

なので、学歴フィルターを行っているような企業は存在しており、セミナーに参加させないということは学歴フィルタの手法の一つであると判断することができるのです。

リクルーターをつけない

次にご紹介する学歴フィルターの手法の一つとしては「リクルーターをつけない」ということが挙げられます。

そもそもリクルーターという言葉について知らない方がいるかもしれませんので、簡単にリクルーターの意味からご紹介していきます。

リクルーターとは簡単に言えば、自分たちの会社に入社したいと思っている希望者の方と接触して、自分たちの企業の良いところをアピールしたり、志願者からの質問に答えたりするような人物のことであり、一般的にはその大学のOBなどが抜粋されるような場合が多かったりします。

それを踏まえて学歴フィルターと絡めて考えてみると、例えば、ある企業に関しては東京大学出身者の人間がよく採用されるというようなことがあれば、東京大学に在籍している志願者の方に説明の場を設けやすくしたりするということになるのです。

しかしながら、無名の大学であったり、あまり自分たちが企業に在籍していないような卒業大学に関してはリクルーターをつけないというようなことがあるようです。

リクルーターの仕事としてはただ単に説明をするだけではなく、リクルーター経由で独自の選考ルートを行ったりということなども存在していたりするので、とても存在感が大きい分、それが平等に行われずに、学歴フィルターで行使されているというのはあまり喜ばしくないですよね。

しかしながら、実際に優遇されている大学などは存在していますので、残念ながら学歴フィルターの手法の一つであり、事実として存在しているのです。

連絡先の優先順位を下げる

次にご紹介する学歴フィルターの手法の一つとしては「連絡先の優先順位を下げる」ということが挙げられます。

これはどういうことなのかと言いますと、例えば有名企業に関しては面接を行ったり、何らかの質問会などを行ったりするというような状況になると大学に連絡が行くようになり、その日程スケジュールなどを伝えたりすることがあります。

その日程スケジュールに関する連絡が、大学によって優劣がつけられているということになるのです。

例えば、東京大学京都大学などの比較的優秀だとされているような大学に関しては早い段階で連絡が入っているのに対して、それ以外の大学に関しては連絡が遅かったりするという状況があるということです。

残念ながらこれも学歴フィルターの手法の一つとして存在しており、授業の視点から考えてみると優秀な人材に関しては早い段階で確保しておきたいと考えていますので、当然優秀な大学に在籍している人間に関しては早い段階で連絡をして、少しでも人材確保のパーセンテージを上げたいということが狙いの一つであると判断することができます。

実際に東京大学の友人には早い段階で連絡が来ていたのに、無名の大学に在籍している自分には連絡が遅い段階であったということなどがあるようなので、このようなことなどが起こりえるということを知っておいてください。

学歴フィルターがあるのはなぜ?

人によってはなぜ学歴フィルターと呼ばれるような喜ばしくないものが存在するのかと疑問に感じる方がいるかもしれませんね。

残念ながら私たちが過ごしている社会に関しては平等な世界ではありません。

細かい部分まで目を向けてみると、理不尽なことであったり、不平等だと感じるようなことが世の中には蔓延しているのは事実です。

しかしながらそのような社会を恨んだところで何も始まりはしませんので、まずはきちんとそれが当たり前に行われているということを理解した上で、その中で自分がどのように行動していくのかということが一番大切になります。

なので、学歴フィルターがなぜあるのかという意味を理解し、様々な視点で物事を考えられるようになれば、一段階自分を成長させることができると思いますので、それも踏まえたうえで学歴フィルターがなぜあるのかということを知ってください。

学歴が高い=仕事ができる

まずはじめにご紹介する学歴フィルターが存在している理由に関しては「学歴が高い=仕事ができる」ということが挙げられるからです。

なぜ学歴が高い=仕事ができるという定義が存在するのかと考えたときに、一般的に考えて学歴が高いということは頭が良いということになりますよね。

頭が良い人間と頭が悪い人間を比べてみると、頭が良い人間の方が様々な発想力が身についていたり、物事の理解度が高かったりする場合が多いので、基本的に優秀な人間が多い可能性が高いのです。

もちろん無名の大学を出ていたり高卒、もしくは中卒だったとしても優秀な人間が存在するのは事実です。

しかしながら、それをひとつひとつ見極めるために時間を使っていては時間がいくらあっても足りません。

それなのであれば、あるけど優秀な人間をピックアップした状態で、ふるいにかけた方が優秀な人材をより多く取得できる可能性は当然大幅に高くなります。

なので、学歴フィルターを使ってふるいにかけることによって、優秀な人材を確保することができる可能性がとてつもなく高くなるので、学歴が高い=仕事ができるという構図も成り立つようになるのです。

即戦力になるから

次にご紹介する学歴フィルターが存在している理由に関しては「即戦力になるから」ということが挙げられるからです。

なぜ即戦力になるからということが学歴フィルターを行う理由につながるのかと考えた時に、先ほども触れたように学歴フィルターを行うことによって優秀な人間をより多く確保することができるようになります。

優秀な人間を確保することができるようになれば、当然ながらその人間が即戦力になってくれる可能性というのはとても高くなります。

なぜならば、優秀ではない人間に関しては仕事を覚えるまでにたくさんの時間がかかってしまいますし、仕事を覚えたとしても基本的な考え方ができていなければ、仕事にミスが発生してしまいやすいので、優秀な人間と比べて圧倒的に戦力になるまでに時間がかかってしまいます。

しかし、優秀な人間はその反面すぐに戦力になってくれる可能性が高いですよね。

なので、それを踏まえて考えてみると優秀な人間を確保しやすくする学歴フィルターを行うことによって、結果的には即戦力になってくれる人材を確保することができるということになりますので、学歴フィルターを行う理由の一つとして判断することができます。

学歴フィルターは実在する!でも負けないで!(まとめ)

今回は学歴フィルターについてご紹介をしていきましたが、人によっては学歴フィルターという存在がとても不快なものに感じる方もいるかもしれませんね。

しかしながら、あくまで学歴フィルターが存在する企業での話であり、学歴フィルターが存在していないような企業などはたくさんあります。

なので、学歴だけではなく自分の内面などもしっかりと見てくれるような企業はたくさんありますので、学歴フィルターに該当しなかったとしても、自分をしっかりと見てくれる魅力的な企業を見つけて応募してみるようにしてください。

そうすることで本当に良い意味で自分に合った会社を見つけることができるようになると思いますので、自分のことをきちんと正当に評価してくれるような魅力的な会社を探し、楽しい社会人生活を目指して頑張ってください。