キスというのは様々なものがありますよね。

例えば唇で合わせるだけのキスというものもあれば舌を絡めさせる大人のキス、いわゆるディープキスなんていうのもあると思います。

キスをすると頭がぼんやりしたり、蕩けるような感覚にもなってしまいますよね。

人によってはキスをする際に上手いというものと下手というものがあると思います。

キス上手は相手と虜にさせてしまうものが多いと思います。

キスが上手いとキスをするだけで気持ち良いという感覚になってしまうのです。

その様な感覚を持つのであれば相手の虜になっているということにもなります。

他にもキスというのは唇同士ではないかと思います。

頬っぺたであったり、首であったり、掌であったりとすることもあるでしょう。

キスが上手い人というのはその様なところにもキスをしたりして相手を虜にしてしまいますよね。

今回はそんな上手なキスのやり方を教えたいと思います!

キスだけが上手というのではなく、キスの後も大事だということは皆さんご存知でしょうか?

相手のことが好きでしょうがなくキスをしてしまうなんていうこともあるでしょう。

ですがキスが上手ければより相手を魅了することもでき、長続きするかもしれませんよ?男でも女でもキス上手な人というのはモテる傾向にあります。

例えどんな仲であってもキスをすることで相手との距離を一気に縮めることもできるのではないでしょうか?

キスをするというのは外国ではフレンドリーな人に対しての挨拶としてすることも多いですよね。

そのキスというのは軽い感じのものが多いです。

いきなりディープキスというのはないですよね。

仮にいきなりディープキスをされたらどの様に思いますか?ちょっと強引すぎると思う人も多いかもしれません。

そう感じるのであれば、自分からキスをする時も強引にするのではなく、軽く唇が触れるような形で直ぐにキスをすれば相手もよりあなたのことを意識するようになるでしょう!
好きな人とのデートの時や、恋人と一緒にいる時などキスをする場面というのは必ずあると思います。

特に不意をつくキスというのは相手の心を掴むのにはとても大事なことです。

そんなキスを上手にすることでより長続きするようになるでしょう!

ではどの様な人のことをキス上手と言うのか、その後のアクションというのは何が大事なのかを詳しく見てみたいと思います。

皆さんも今の彼氏や彼女、相方との関係を調べてみてはいかがでしょうか?

キス上手は虜にさせる

キス上手は虜にさせることができます。

キスというのは蕩けるほどのような感覚を持つことができ、その様なものがないということは相手に対して何も感じないのと同じになるのではないでしょうか?

キスをする際はいつもどの様にしていますか?

例えば唇同士をつけるのか、仲の良い関係であれば舌を絡めたりするのではないかと思います。

相手との関係によりどの様なキスをするのかということもあるでしょう。

またキスをしない人もいますよね。

その原因は様々ですが、一番気にしてしまうのはやはり口臭なのではないでしょうか。

口臭が臭いという人は口の洗浄液を持っていたり、ガムなどを日頃噛んでいたりしてみてはどうでしょうか。

キス上手というのは相手を虜にさせるものなので、相手の気持ちをガッチリと掴むことができるようになります。

男でも女でもキス上手はモテる


このキス上手というのは性別問わずにモテることができるのです。

よく男の人に対して使うことが多いと思います。

キスが上手いとよく遊んでいるのではないかとか、マイナスな印象を持つことが多いでしょう。

ですが男性からしても見ると女性のことを同じように思っているかもしれません。

お互いが上手いと感じることもあると思います。

その様な関係の場合はそのままずっとキスをし続けたくなるというような関係になるのではないでしょうか。

女性の場合もキス上手な人というのはいます。

キスが上手いほどより相手のことに熱くなったりする人も多いですよね。

また、カップルなどではディープキスをしない人達も多いですが、関係をより深めるのであればそちらもオススメをします。

いきなりディープキスというのは相手も驚くので受け入れてくれる可能性はありません。

お互いが受け入れてからこそディープキスをするようにしてみてはいかがでしょうか。

手放したくなくなる

キス上手な人とキスをすると気持ち良いですよね。

そのため相手とずっとキスをしてたくなるなんていうような事があると思います。

家にいる時は常にイチャイチャとしているカップルの人達もキスをしてしまうとずっとしてしまうなんていうような事はありませんか?手放したくなくなるというようなものは、ずっとキスをしていたいという気持ちが強いということなのです。

心当たりがあるという人もいるのではないかと思いますが、手放したくないということであれば抱きしめるということだけではなく、キスなどもして相手との距離をより近づけるようにしましょう。

手放したくなくなると相手に思わせ自分もそう思うのであれば、結婚などもあるのではないかと思います。

相手のことを思う気持ちというものが一番大事になるので覚えておくようにしましょう。

上手なキスのやり方


では上手なキスのやり方というのはどの様なことがあるのでしょうか?

これはキスをする際の口の動きなどではなく、その前後の過程に問題があるということになります。

例えば雰囲気を作るというのはキスをする上では大事なことですよね。

雰囲気無しにいきなりキスをするというのはロマンチックではないようにも感じるかもしれません。

またスキンシップを取るということもあるでしょう。

スキンシップというのは肌を触れ合いさせるということです。

例えば手を繋ぐということもそうでしょうし、抱きしめるといったことも同じです。

スキンシップがあってからこそキスをすることができると言っても良いかもしれません!
他にも様々な注意をする点というのがありますが、上手なキスというのはこの様なことを言うのです。

相手をそう感じさせるというところはいかにロマンチックであるかどうかということになります。

どんな時でもキスをするというのはドキドキしますよね。

ドキドキするからこそ相手、特に女性の方ではロマンチックな雰囲気というのを大事にします。

実はこれ、男性も同じようなことを考えており、いかに喜んでもらうのかというのを考えているのです。

上手なキスというのは唇の動きだけではなく、その経緯や過程というものが大事になってくるということなのです。

ではどの様なことに気をつければ良いのか見てみたいと思います。

普段キスなどをしている時、どの様なタイミングでしていたりしていますか?

雰囲気作りが大事

雰囲気作りが大事になるでしょう。

雰囲気というのはいかにキスをするタイミングを作ることができるかということと同時に、寂しいと思う時に最も効果的なことなのです。

寂しいということは離れたくないということになりますよね。

好きでしょうがない相手と離れるというのはとても寂しいものだと思います。

雰囲気を作る際には、様々なシチュエーションが必要になると思います。

雰囲気ができていないとその様なキスなども思い切ってできないですよね。

相手のことを考えて行動をすると自然とキスをできるような雰囲気になる時がきます。

いかに相手のことを考えるかが重要にもなりますが、この様になりたいという気持ちがそのまま行動に起こすと良いのかもしれません。

相手の心を更に掴むには大事なことだと思います。

雰囲気を作るというのは難しいかもしれませんが、キスを上手にするにはこの事が必要不可欠になるでしょう。

【キスの雰囲気作りについては、こちらの記事もチェック!】

キスの前にスキンシップをとる

キス前にスキンシップをとるということも大事です。

いきなりの不意打ちのキスをするというのは中々勇気がいりますよね。

例えば手を繋いでいるということでも良いです。

相手との距離をより近づけることが大切です。

キスをするタイミングというのは相手のことが愛おしいときか、寂しいときなど様々あると思います。

キスをするぞ!と思っていても中々うまくいかないこともありますよね。

そんな時にスキンシップを取ることでお互いがキスをしやすくなるのではないかと思います。

距離が近づけばドキドキしますよね。

相手も同じようなことを思っているはずです!誰もいないような人気の少ないところでするということを意識するとより成功しやすくなるのではないかと思います。

スキンシップが無い状態とある状態では相手の心も受け入れてくれる可能性に大きな違いがあるのです。

なのでキスの前にスキンシップを取るように心がけましょう!

一旦寸止めする

一旦寸止めをするなんていう方法もあります。

キスをしようとして止めるなんていう方法を取ると相手を戸惑わせたりするかもしれませんよね。

ですが上手なキスというのはその時ではなく他のタイミングでもあるかもしれないのです。

一旦寸止めをするということは相手がどの様に思っているのかを確かめることができます。

それは顔を見るということです。

仮に2人きりになった時にキスをしようとして相手が嫌がっている顔なのか受け入れてくれる顔なのかを見ることが大切になります。

お互いが仲の良いカップルや仲の良い夫婦であれば逆効果になってしまうかもしれませんが、相手を確かめたいということであればこの方法はとても有効的です。

仮に寸止めをして相手からきた場合は受け入れてくれたということになりますよね。

ですが寸止めをしてキスされるかと思ったとビックリした場合は直ぐに離れるのではないかと思います。

離れるかどうかで決めるのも良いでしょう。

一旦寸止めという方法はいわば諸刃の剣の状態でもあります!

いちかばちかという方法で上手なキスをするというのも相手を魅了させる方法の1つになるのです。

ですが頻繁にこれをしてしまうと遊ばれていると思われても仕方ありませんので、寸止めをする際には数回に止めておくようにしましょう。

相手に合わせてキスする

文章
相手に合わせてキスをするなんていうこともできると思います。

上手なキスというのは相手がキスをする際にどの様に思うのかが重要になるでしょう。

相手に合わせてキスをしたりするというのは相手が受け入れてくれている、キスをしてくれていると思ってくれるのでこちらからもキスをする際には相手に気を使うのが大事になるでしょう。

キスをする際には相手から来るのを待ってみても良いです。

向こうから何かアクションをしてきたらそれに合わせるというのもキス上手な人のテクニックだと思います。

自分からガツガツと行くのではなく、相手のペースに合わせることが大事です。

徐々に濃厚にしていく

キスは最初は軽くでという意識をし始めて、お互いが受け入れている状態であればどんどん濃くなっていくと思いませんか?

最初は軽いキスだったのにいつの間にかお互いにディープキスをしていたなんていうこともあるのではないかと思います。

最初は軽く、そして相手が求めるのであればじょじょに濃厚にしていくのもキス上手なテクニックです。

これは日をまたいでも大丈夫でしょう。

例えば軽いキスをして次にまた会う際にも軽くして、でもその次の日は少し時間を長くキスをしたりしてという風に段階を踏んでいくことが大切になるのです。

段階を踏むことで2人の関係というのもどんどん濃くなっていきますよね。

キスもそれと同じです。

じょじょに濃厚にしていくことで相手との距離をより近づけることができるのではないかと思います。

唇以外に上手にキスするコツ

キスと聞くと唇同士のことを想像しますよね。

ですが唇以外でもキスをする場所があります。

どこだか思いつきますか?例えば耳やうなじでもそうですし、指や掌にキスをする、頬にキスをしたり首にキスをするなんていうこともあるのです。

唇以外に上手にキスするのは難しいようで実は簡単なのです。

唇同士より簡単なのかもしれません。

ですがいきなりしてしまうとやはり相手を驚かせたりしてしまいます。

特に首や耳などに関してはあまり聞かないなんていう人もいますよね。

唇は良いけれど首などはダメだという人もいるかもしれません。

ですがいざ唇以外にキスをする機会というのはあると思います。

そんな時のために上手にキスをするコツをお教えしたいと思います。

唇以外の箇所をキスするとしたらどこをキスしますか?

耳・うなじ編

耳やうなじにキスをするなんていう人もいます。

耳やうなじというのはキスをしにくい場所と思われますが、実は簡単にすることもできますよね。

頬にキスをする感覚だと思えば良いのではないかと思います。

耳やうなじなどはよほど仲の良いカップルでないと成功する確率は少ないものだと思ってください。

いきなりしてしまうと相手を驚かせてしまいますし、普通は唇にするものですよね。

なのでゾッとしてしまったなんていうこともあるかもしれません。

上手にキスをするコツというのは、まず相手との関係をどれほど仲良くしていられて、ラブラブな関係なのかということが重要です。

後ろから抱きしめるときにうなじにキスをしたりするのも良いかもしれませんね。

さりげなくする事が重要です。

ガッツリすぎると相手から嫌な思いをされるかもしれません。

さりげなさというのはとても大事なことなので覚えておくようにしましょう!

指・掌編

指や掌にキスをするなんていうのもありますよね。

よくテレビでのドラマやアニメなどで貴族の人がキスをする際に手の甲にキスをするなんていうこともあるのではないかと思います。

この場合は唇や他の所にキスをするよりハードルが一番低いものなのです。

よく挨拶でも指にキスをしたりする人もいますよね。

それと同じような感覚で捉える人もいるかもしれません。

コツとしては相手の正面などに立ちすっと片手を持ってするのが良いでしょう。

素早く動くことがコツです。

アニメやドラマの様な感覚に相手を思わせることもできるかもしれません。

人前でするのは恥ずかしい気持ちにさせてしまうので、人前なのではなく、ちゃんと誰も見ていないところ、自室や人気のないところでするようにしましょうね。

お互いが恥ずかしい思いになってしまいます。

首編

首にキスをするなんていう人もいるのです!首の場合はどちらかというとキスだけでは終わらないなんていうこともあるかもしれません。

熱々のカップルの場合はよく首などにキスをされるなんていうこともあるかもしれまんね。

ですが首筋のキスというのは相手からしてみると愛されていると思わせることもできます。

上手なキスというのは相手の心をガッチリと掴むようなことも言います。

首にすることで本当に愛している気持ちということを伝える際に首にキスなんていうこともあるのです。

キス後のアクションも大事!

キスだけではありません。

キス上手な人というのは前後が大事だと言いました。

キスをする前の話をしましたが後にも重要なことがたくさんあります!

キス後のアクションに何もない場合は遊ばれていたりすると思わせられてしまうので何かしらのアクションをして初めてキス上手な人ということになるのです。

例えばキスをした後は恥ずかしいですよね。

その様なリアクションを取ったり、まだキスをしたいという気持ちをアピールすることも大切です。

もう帰らないといけない時間だというのに引き止めてキスをしたりするなんていうドラマやアニメなどを見たことはありませんか?
その様なことをされるとドキドキしますが、その後のアクションも大事ですよね。

ではどの様なアクションがあるのか詳しく見てみたいと思います。

恥ずかしそうにする

恥ずかしそうにするというのは大事なことです。

相手も恥ずかしいのに自分は恥ずかしくない態度を取っていては遊ばれていると思わせてしまう可能性があります。

恥ずかしそうにすることでお互いがキスをしたということをしっかりと思わせることができるのです。

恥ずかしそうにするだけでは意味がないです。

会話も続けるようにすることが大切になるでしょう。

相手をどの様に思っていて、今どの様な気持ちなのかを言うと効果的かもしれません。

キス上手な人というのはその様なシチュエーションを考えていたりもします。

自分はどうなんだということをハッキリと相手に伝えることがキスの後は大切になるでしょう。

まだキスしてたいとアピールする

まだキスをしていたいとアピールすることも重要です。

さりげなく「まだしてたい」というようなことを言っても良いでしょう。

相手が受け入れてくれるのであれば「うん」の一言で済むはずです。

「恥ずかしい」という言葉を言っているのであれば嫌がってはいないということになります。

さりげないアピール方法は他にもあり、言うだけではなく実際にキスをしようとしてみると良いかもしれません。

キスをしていたいという気持ちを存分に出すことが成功への鍵になるでしょう。

「大好き」と言う

大好きと言うことも大切です。

相手を虜にさせることができる言葉でもありますよね。

キスをすることができるということであれば相手もあなたの事を思ってくれているという証拠にもなります。

とても嬉しいですよね。

相手のことを愛おしく感じるかと思います。

そんな時に「大好き」と言うことで更に相手をこちらに夢中にさせることができるのではないでしょうか?

また相手も同じ気持ちであればそのまま付き合うなんていうこともできますよね。

相手の気持ちを確かめる言葉でもあるので、キスをした際には相手にどのような気持ちなのか聞く上で「大好き」と言うようにしてみればどうでしょうか?

「幸せかも」と言う

「幸せかも」と言うことが大切です。

相手に対してどの様な思いなのかを伝える際には自分は悲しい気持ちでキスをしているのではなく、嬉しい、幸せだという気持ちでキスをしているということを相手に伝えなくてはいけません。

それは行動で相手に表すこともできますが、やはり一番は「言葉」です。

言葉でこの様なことを言うことで相手もどの様に思うのか聞くことができるようになるでしょう。

抱きつく・抱きしめる

抱きついたり、抱きしめるというのも効果的だと思います。

離れたくないという気持ちを表す方法としては一番効果的ですよね。

相手の顔は見れないものの、本気だという気持ちを伝えることができる方法としては抱きしめるというのが一番です。

相手をキュンとさせる行動の1つでもあると思います。

また抱きつくということをすることで相手も抱きしめてくれるなんていうこともあるので、男女問わずこのアクションは使えるものだと思います。

その時に先ほどの一言を言えばとても良いかもしれませんね。

「大好き」でも良いですし「幸せ」という一言だけでも良いです。

それに対して相手も応えてくれるので、キスの後はこの様なことをすると良いでしょう。

笑顔を見せる

何よりも大事なものというのは笑顔だと思うのです。

笑顔がなければその様なことはできないものだと思います。

また、悲しそうな顔というのは絶対にしないようにしましょう。

嬉しいという気持ちを表しているのが笑顔なので、嬉しいのに悲しそうな顔をするというのはお互いにとって辛いように思ってしまう可能性があります。

笑顔というのはお互いを幸せに思わせてくれるものでもあるので、笑顔がないということが無いようにすることが大切です。

キス上手な人というのは笑顔が絶えないですよね。

いつも恋人に対しては笑顔を振る舞っていると思います。

お互いが幸せなのであれば自然と笑顔が出るので、笑顔を出すというのはキス上手な人でもあるということになります。

キスする際に気を付ける事

ではキスをする際に気をつける事というのはどの様なものがあると思いますか?

気になるものがあるとすれば人前でいきなりしないということ、後は口臭などを気にする人もいると思います。

相手の様子を見てからキスをするのですが、相手が嫌がっている中で更に無理やりするというのはNGですよね。

相手のことを考えることが大切になります。

キスをすれば良いというものではなく、気をつけることがたくさんあるのです。

ではどの様なものに気をつければ良いと思いますか?詳しく見てみたいと思います。

強引にキスしない

まず強引にキスをしないということがあがるでしょう。

強引なキスは相手を嫌わせてしまったり嫌がられてしまう原因になります。

強引というのは力づくでということなので、相手が嫌がっているときには素直に止めるようにすることが大切になります。

初めてでディープキスはNG

よくキスと聞くと唇の軽い感じではなくディープキスをイメージさせる人が多いです。

ですが初めてキスをするとなった時にいきなりディープキスをするというのはNGです。

ディープキスは本当に相手と愛し合うときにするもので、軽いキスなどは触れ合う程度で良いでしょう。

初めていきなりディープキスをする場合は相手のことを驚かせたりしてしまう可能性もあります。

また、嫌がる人も中にはいるので空いてのことを考えてキスを選ぶようにすることが大切です。

口臭

皆さんが一番気になるところは口臭ですよね。

その日にデートで何かにんにくが入っているものを食べてしまった、たまねぎなど食べて匂いが残るとなればキスをするとなっても少し辛いと思うかもしれません。

そんな時はいつでも常備しておける洗浄液であったり、ガムなどを用意しておくと良いでしょう。

相手にも渡すことができるので、お互いが気分爽快な状態にもなりますし、キスをする時も問題なくすることができると思います。

口臭というのは人により残ったりすることも多いですよね。

人により個人差というものがあり、ずっと残ってしまうという人は必ず常備をしておくようにしましょう。

仮にお互いが同じ物を食べていた場合はあまり気にならないかもしれませんね。

唇は潤っているか

唇は潤っているかどうかを見ることも大切です。

特に寒い時期などでは乾燥してしまい唇がカサカサの状態でキスをするということになりますよね。

せっかくのキスなのに唇がカサカサ状態になってしまっては恥ずかしいと思います。

なのでリップクリームなどを常備しておくことも大事でしょう。

人前でしない

人前でしないというのは何よりも大切なことです。

キスをするとなった時には人前でしないようにすることでお互いが素直な気持ちになれます。

なのでホテルなどでも良いでしょう、お互いの部屋でするのも良いと思います。

人前ではしないようにして、お互いの気持ちに素直になるようにすることが大切になるのです。

身長差を考える

身長差を考えることも大切です。

キスをする際に相手が低ければどうするのか、高ければどの様にキスをするのかを考えることが大切になります。

身長差というのは人によりネックになることが多いです。

背が低いから、背が高いからと思っている人に対してもちゃんと届くような位置ですることが大切になるでしょう。

仮に相手が高い人であれば「少し屈んで」という風に声をかけることで解決できるのではないかと思います。

がっついたキスしない

がっついたキスをしないようにすることも大事です。

いきなりのキスはディープキスをするのはNGと言いましたがそれと似たようなことで、がっついたキスをしないようにしましょう。

最初はなるべく軽い感じで抑えてじょじょに濃厚にしていくことが大切になるのです。

いきなり熱いものでは相手も驚くことでしょう。

相手の様子

相手の様子を伺うというのが何よりも大事になります。

キスをしようと思っていても相手がどの様な感じなのかを見極める必要がありますよね。

例えば相手がそわそわとしているのであれば落ち着かせてからキスをするでしょうし、泣いているのであればその原因が終わるまではアクションを起こさない方が良いです。

相手の様子を見ずにそのままがっついたキスなどをすれば効果は悪くなってしまいます。

キス上手というのは雰囲気なども大事にするといいましたが、それは常に相手に気を配っているということにも繋がります。

なのでキス上手な人のように相手のことを気にかけるということを第一におくようにしましょう!

キスが上手くなれば長続き出来る

いかがでしたか?キスが上手くできるようになれば関係なども長続きしてそのままゴールすることだってできるのです!

キスというのはお互い気持ちよければ良いほど相手を放したくなくなります。

キスが下手であれば直ぐに終わったりすることでしょう。

キスをしたいという気持ちを起こさせるにはこの様な方法を使うと良いです!キス上手になって関係をより深めていきましょう!